文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2005年 [平成17年] 5月

新聞・雑誌等

5月25日(インタビュー)原 英夫(血管性痴呆研究部)NHK テレビ「おはよう日本」

杉浦 実,中村美詠子(疫学研究部) みかんと健康<30> 広報みっかび 2005;609:16

疫学研究部 NHKテレビ 平成17年5月26日 ニュースほっとイブ 大府市万博パートナーシップ事業 日豪高齢者体力比べ

疫学研究部 NHKラジオ 平成17年5月26日 お昼愛地球博 大府市万博パートナーシップ事業 日豪高齢者体力比べ

疫学研究部 中日新聞 平成17年5月27日朝刊 豪の自転車冒険家・ジャクソンさん 91歳 腹筋50歳 脚力は70歳 万博会場→広島 走行仲間と体力測定 大府・国立長寿医療センター

疫学研究部 読売新聞 平成17年5月27日朝刊 自転車封建下の91歳 体力は60歳代 会場→広島1000キロ走行後に

疫学研究部 朝日新聞 平成17年5月27日朝刊 91歳驚異の体力

論文発表等

原著論文

Kumamoto K, Arai Y (長寿政策科学研究部)Hashimoto N, Ikeda M, Mizuno Y, Washio M.
Problems family caregivers encounter in home care of patients with Frontotemporal Lobar Degeneration. Psychogeriatrics 4(2) 33-39, 2004.

Kanno, Y ., A. Ishisaki, M. Yoshida, H. Tokuda, O. Numata, and O. Kozawa.(口腔疾患研究部)
SAPK/JNK plays a role in transforming growth factor-beta-induced VEGF synthesis in osteoblasts. Horm Metab Res 37:140-145, 2005

Matsushita, K., C.N. Morrell, and C.J. Lowenstein. (口腔疾患研究部)
A novel class of fusion polypeptides inhibits exocytosis. Mol Pharmacol 67:1137-1144, 2005

Morrell, C.N., K. Matsushita,K. Chiles, R.B. Scharpf, M. Yamakuchi, R.J. Mason, W. Bergmeier, J.L. Mankowski, W.M. Baldwin, 3rd, N. Faraday, and C.J. Lowenstein.(口腔疾患研究部)
Regulation of platelet granule exocytosis by S-nitrosylation. Proc Natl Acad Sci U S A 102:3782-3787, 2005.

.Nakajima, K., K. Hirade, A. Ishisaki, H. Matsuno, H. Suga, Y. Kanno, E. Shu, Y. Kitajima, Y. Katagiri, and O. Koza(口腔疾患研究部)
Akt regulates thrombin-induced HSP27 phosphorylation in aortic smooth muscle cells: function at a point downstream from p38 MAP kinase. Life Sci 77:96-107, 2005.

Tancharoen, S., K.P. Sarker, T. Imamura, K.K. Biswas, K. Matsushita, S. Tatsuyama, J. Travis, J. Potempa, M. Torii, and I. Maruyama.(口腔疾患研究部)
Neuropeptide release from dental pulp cells by RgpB via proteinase-activated receptor-2 signaling. J Immunol 174:5796-5804, 2005.

Yasuda, E., H. Tokuda, A. Ishisaki, K. Hirade, Y. Kanno, Y. Hanai, N. Nakamura, T. Noda, Y. Katagiri, and O. Kozawa.(口腔疾患研究部)
PPAR-gamma ligands up-regulate basic fibroblast growth factor-induced VEGF release through amplifying SAPK/JNK activation in osteoblasts. Biochem Biophys Res Commun 328:137-143, 2005

Yoshida, M., Y. Kanno, A. Ishisaki, H. Tokuda, K. Hirade, K. Nakajima, Y. Katagiri, K. Shimizu, and O. Kozawa.(口腔疾患研究部)
Methotrexate suppresses inflammatory agonist induced interleukin 6 synthesis in osteoblasts. J Rheumatol 32:787-795, 2005.

Fukata, Y., , AV., , JC., Fukata, M., Burlingame, AL., Nicoll, RA., and Bredt, DS.(遺伝子蛋白質解析室) (2005)
Molecular constituents of neuronal AMPA receptor. J Cell Biol. 169: 399-404.

Stadelmann C, Ludwin S, Tabira T(所長室), Guseo A, Lucchinetti CF, Leel-ÖssyL, Ordinario AT, BrückW, Lassmann H.
Tissue preconditioning may explain concentric lesions in Baló's type of multiple sclerosis. Brain 128: 979-987, 2005.

Xu W, Fazekas G, Hara H(血管性痴呆研究部), Tabira T(所長室)
Mechanism of natural killer (NK) cell regulatory role in experimental autoimmune encephalomyelitis. J Neuroimmunol. 163: 24-30, 2005.

Uchida Y, Nakashima T, Ando F, Niino N, Shimokata H(疫学研究部)
Is there a relevant effect of noise and smoking on hearing? Int J Audiol, 44(2), 86-91, 2005.

Asano K, Nomura H, Iwano M, Ando F, Niino N, Shimokata H, Miyake Y (疫学研究部)Relationship between astigmatism and aging in middle-aged and elderly Japanese. Jpn J Ophthalmol. 49(2): 127-133, 2005.

道用亘小坂井留美安藤富士子下方浩史、布目寛幸、池上康男(疫学研究部)
中高年における歩行動作の特徴.総合保健体育科学 28(1); 37-45. 2005.

福川康之西田裕紀子中西千織坪井さとみ新野直明安藤富士子下方浩史(疫学研究部)
友人との死別が成人期の抑うつに及ぼす影響―年齢および家族サポートの調節効果―.心理学研究, 76(1); 10-17, 2005.

総説, その他

Yanagisawa, K.(副所長室) 
Cholesterol and amyloid ß fibrillogenesis. Alzheimer's Disease: Cellular and Molecular Aspects of Amyloid ß:179-202, 2005 (edited by Robin Harris and Falk Fahrenholz; Springer-Verlag, Heidelberg, Germany) (5月)

Yanagisawa, K. (副所長室)  
GM1 ganglioside and the seeding of amyloid in alzheimer`s Disease: endogeneous seed for Alzheimer amyloid: The Neuroscientist. SAGE publications. 11:250-260, 2005 (5月)

Niida S(運動器疾患研究部)
Osteoclast forming-activity of VEGF. J. Oral Biosci. 47:105-114, 2005

Furukawa-Hibi Y, Koboyashi Y, Chen C, Motoyama N(老年病研究部)
FOXO Transcription Factors in Cell-Cycle Regulation and the Response to Oxidative Stress. Antioxid Redox Signal 7: 752-760, 2005.

書物等

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
在宅家族介護者の介護負担.上島国利,他,編.精神障害の臨床.東京:日本医師会,251-252,2004.

講演等

学会・研究会等発表

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
認知症患者と運転免許:道路交通法とその適用.(シンポジスト)第101回日本精神神経学会シンポジウム6(痴呆高齢者の自動車運転と権利擁護),2005年5月18-20日(発表18日),埼玉県さいたま市.

伊藤健吾(長寿脳科学研究部)
アルツハイマー病と脳画像 名古屋国際都市問題研究会5月例会 2005年5月18日(水)名古屋市

伊藤健吾(長寿脳科学研究部)
腹部・骨盤領域の癌 日本核医学会第5回春季合同セミナー・PET研修セミナー 2005年5月27日(金)名古屋市

伊藤健吾(長寿脳科学研究部)
PET検査 日本核医学会第5回春季合同セミナー・初心者のための核医学講習会 2005年5月28日(土)名古屋市

Fukata, M., Fukata, Y., and Bredt, DS. (遺伝子蛋白質解析室)
Identification of mammalian palmitoylaitng enzymes. in 1st International Conference of Exploring the Future of Local Vascular and Inflammatory Mediators. May 26-28, 2005, Lund, Sweden

田中愼(加齢動物育成室)・大里素子・斉藤亮一・宮石理・橋詰良夫・曽根啓子
コモンマーモセット脳の加齢変化 第52回日本実験動物学会総会 5 18 東京

曽根啓子・大里素子・斉藤亮一・織田銑一・田中愼(加齢動物育成室)
コモンマーモセット卵巣の加齢変化 第52回日本実験動物学会総会 5 18 2005 東京

原 英夫 (血管性痴呆研究部)シンポジウム
アルツハイマー病のAbワクチン療法.第46回日本神経学会総会、5月25日 鹿児島

原 英夫 (血管性痴呆研究部)アストロサイト由来の免疫抑制因子によるEAEの治療.第46回日本神経学会総会、5月27日 鹿児島

片岡政子原 英夫(血管性痴呆研究部)、田平 武(所長室)
虚血状態におけるアストロサイト由来サイトカイン・栄養因子.第46回日本神経学会総会、平成17年5月25日 鹿児島

武藤多津郎、三原貴照、田平 武(所長室)、矢野茂昭、荒木亘、上田真努香、山本紘子.
変異プレセニリン1(PS1)と糖脂質合成との異常な関係.第46回日本神経学会総会、平成17年5月25日 鹿児島

三好克枝、大八木保政、本村今日子、田平 武(所長室)、吉良潤一.
プレセニリン1遺伝子変異が促進するアポトーシス経路の検討.第46回日本神経学会総会、平成17年5月25日 鹿児島

中村美詠子 、中神未季、高櫻昭六郎、中村晴信、青木伸雄(疫学研究部)
高脂血症予防に関する複合介入研究:緑茶飲用に関する検討.日本動脈硬化予防研究基金研究報告会.東京都,2005年5月14日.

今井具子安藤富士子中村美詠子下方浩史(疫学研究部)
地域在住中高年者の栄養補助食品摂取状況―縦断的検討―.第59回日本栄養・食糧学会.東京.2005年5月14日.

Kozakai R, Doyo W, Ando F, Shimokata H.(疫学研究部)
Age-related changes of postural stability and physical function in middle-aged and elderly Japanese.The 8thAsian Federation Sports Medicine Congress. Tokyo. May 12th, 2005.

Nakai T(長寿医療工学), Bagarinao E, Kato C, Ohgami Y, Matsuo K,
Dynamic Monitoring of the Brain Activation during Language Task Performance Using Real-Time fMRI, Proceedings of the International Society for Magnetic Resonance in Medicine, 1563, 2005

Saito M, Matsuda T, Tropp J, Inubushi T,Nakai T(長寿医療工学),
Assessment of the SAR and decoupling parameters calibration for {1H}-13C MRS at 3.0 T, Proceedings of the International Society for Magnetic Resonance in Medicine, 613, 2005

Sumiyoshi C, Matsuo K(長寿医療工学), Ohgami Y, Nakai T,
Memory Process for Phonologically Ambiguous Graphemes in the Second and Native Language: An fMRI Study Using Japanese Speakers, Proceedings of the International Society for Magnetic Resonance in Medicine, 1438, 2005

Ohgami Y, Matsuo K(長寿医療工学), Uchida N, Nakai T,
Neural basis of forming hand postures to prepare for tool-use: an fMRI study, Proceedings of the International Society for Magnetic Resonance in Medicine, 1488, 2005

講演など(教育、普及、広報活動)

松下健二 (口腔疾患研究部)
血管の守護神:NO 最新のトピックス 愛知学院大学・大学院セミナー 5 月 12 日、名古屋市

柳澤勝彦(副所長室)
アルツハイマー病発症におけるガングリオシド結合型Aßの役割 -闇の世界への入り口での出来事 大阪大学蛋白質研究所セミナー「蛋白質の昼と夜-フォールディングとミスフォールディング」2005年5月26日 大阪

原 英夫 (血管性痴呆研究部)
アルツハイマー病の治療の現況—早期診断と新薬の開発—情報機構主催、平成17年5月19日 東京

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター