文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2004年 [平成16年] 2月

新聞・雑誌等

平成16年2月16日(ラジオNIKKEI=ラジオたんぱ)田平 武(センター長室) 医学の焦点 アルツハイマー病のワクチン療法 

2月20日号(シルバー新報) 大川弥生(老人ケア研究部) これからの高齢者リハ―中間報告書を受けて(上);生活機能モデルの視点

2月27日号(シルバー新報) 大川弥生(老人ケア研究部) これからの高齢者リハ―中間報告を受けて(中):つくられた歩行不能;危険性の認識必要

論文発表等

原著論文

Tanahashi H, Asada T, Tabira T (センター長室)
Association between tau polymorphism and
male early-onset Alzheimer's disease. NeuroReport 15: 175-180, 2004.

Takeda K, Wataru A, Tabira T (センター長室)
Enhanced generation of intracellular Ab42
Amyloid peptide by mutation of presenilins PS1 and PS2. Euro J Neurosci 19: 258-264, 2004.

Tamura T, Yonemitsu S, Itoh A, Oikawa D, Kawakami A, Higashi Y, Fujimoto T, and Nakajima K,
Is an Entertainment Robot Useful in the Care of Elderly People With Severe Dementia? J Gerontol A Biol Sci Med Sci 2004 59: M83-M85

Iwano M, Nomura H, Ando F, Niino N, Miyake Y, Shimokata H. (疫学研究部)
Visual acuity in a community-dwelling, Japanese population and factors associated with visual impairment. Jpn J Ophthalmol 48: 37-43, 2004.

Yamada Y, Ando F, Niino N, Shimokata H (疫学研究部)
Association of a polymorphism of the matrix metalloproteinase–9 gene with bone mineral density in Japanese men. Metabolism 53(2); 135-137, 2004.

総説, その他

田平 武(センター長室)
アルツハイマー病痴呆の予防・治療法開発の展望 第45回日本老年医
学会学術集会記録 教育講演.日老医誌 41: 23-25, 2004.

田平 武(センター長室)
今月の話題 アルツハイマー病のワクチン療法 Medical Practice 
分光堂、東京、21: 490-491, 2004.

荒井由美子(老人ケア研究部)
Zarit介護負担尺度日本語版の短縮版(J-ZBI_8)の開発について.Gp net 2004;50(11):22-23.

大川弥生 (老人ケア研究部) 
プラス(潜在的生活機能)を引き出す介護 その3.おはよう21 15(4):70-73

安藤富士子(疫学研究部) 
在宅介護における予防医学ー要介護度の悪化を防ぐー.日本老年医学会雑誌 41(1); 61-64, 2004.

書物等

講演等

学会・研究会等発表

原 英夫王 軍田平 武(センター長室)
多発性硬化症の髄液中サイトカインの評価. 免疫性神経疾患に関する調査研究班平成15年度班会議.2004年1月28日.東京.

北村伊都子甲田道子安藤富士子下方浩史 (疫学研究部)
中高年者における内臓脂肪-18歳からの体重増加量との関係-. 第5回日本健康支援学会.福岡、2004年2月22日.

原 英夫王 軍田平 武 (センター長室)
アストロサイト由来の免疫抑制因子(astrosyte-derived immune suppressor factor, AdIF)によるEAEの治療. 免疫性神経疾患に関する調査研究班.平成15年度班会議.2004年1月28日.東京.

原 英夫、Alon Monsonego、湯浅勝敏、足立香代、武田伸二、高橋慶吉、Howard L. Weiner、田平 武(センター長室)
アルツハイマー病に対する経口ワクチン療法の開発 第16回日本神経免疫学会学術集会.2004年1月31日.東京.

荒井由美子(老人ケア研究部).
高齢者に対する家族介護者の介護負担に関する疫学的研究,第14回日本疫学会学術総会 日本疫学会奨励賞受賞講演,2004年1月22日〜23日,山形県山形市.

多田宙治,加藤綾子,福井博輝,村井俊哉,福井康裕(老人支援機器開発部),
視覚刺激提示装置を備えた非装着型瞳孔計測システムによる禁煙時の瞳孔解析,人と福祉を支える技術フォーラム2004

シャイドモハマドノー,加藤綾子,福井博輝,村井俊哉,福井康裕(老人支援機器開発部),
非装着型瞳孔計測の開発に関する研究〜解析システムの自動化〜,人と福祉を支える技術フォーラム2004

外山 宏、中根正人、乾 好貴、片田和廣、鈴木弘美、澤田 誠、大橋正男、増本 光、桑山喜文、籏野健太郎桃崎壮太郎加藤隆司伊藤健吾(生体機能研究部)
ラット脳における11C-PK11195と動物用PETによる活性型ミクログリア画像化の試み 日本核医学会第58回中部地方会 平成16年2月21日 名古屋

Makoto M. (痴呆疾患研究部)
Neurodegenerative Disease and Choresterol
9th Biennial meeting for the Asia-pacific Society for Neurochemistry, Feb 6, 2004, Hong Kong

講演など(教育、普及、広報活動)

田村俊世 (老人支援機器開発部),
高齢者支援機器開発の現状と将来, 山形県科学技術振興財団, 2月9日

大川弥生(老人ケア研究部) 
基調講演:ICFと生活機能向上リハビリテーション.中国地区介護老人保健施設リハビリテーション研修セミナー.2004年2月28日.米子市

大川弥生(老人ケア研究部) 
教育講演:リハビリテーション実施計画書の作成と活用.中国地区介護老人保健施設リハビリテーション研修セミナー.2004年2月28日.米子市

籏野健太郎
"PET化学への招待" PET化学ワークショップ2004、愛知県蒲郡市、2月13〜14日

加藤隆司 (生体機能研究部) 
「保険診療下でのFDG PETの位置づけ」 ワークショップ「FDG-PET導入と腫瘍診療の再構築」 第23回日本画像医学会 2004年2月20-21日 東京

センター内活動(セミナー等)

田村俊世 (老人支援機器開発部),
在宅リハビリテーションのための遠隔支援システム, 第4回NILS研究会発表会, 2月26日

南部雅幸 (老人支援機器開発部),
情報エントロピーに基づく健康状態診断アルゴリズム, 第4回NILS研究会発表会, 2月26日

NILSセミナー
キョウ 建生、道川 誠(痴呆疾患研究部)
ApoE-HDLによる神経細胞からコレステロール搬出機構の検討

NILSセミナー
白石博久、駒野宏人(痴呆疾患研究部)
プレセニリン複合体によるアミロイドb蛋白産生機構の解析

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター