文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2003年 [平成15年] 8月

新聞・雑誌等

7月13日(NHKテレビ:島根)大川弥生(老人ケア研究部)高齢者リハ研究会

7月20日(NHKテレビ:島根)大川弥生(老人ケア研究部)医師対象のリハビリ講習会

8月1日号(シルバー新報) 大川弥生(老人ケア研究部) 目標とは何か?(下)

8月8日号(シルバー新報) 大川弥生(老人ケア研究部) 活動向上訓練(上)

8月22日号(シルバー新報) 大川弥生(老人ケア研究部) 活動向上訓練(中)

7月31日 田平 武(センター長室)日本テレビ 出演 おもいっきりテレビ 専門医が教えるアルツハイマー病予防改善法)アルツハイマー病の遺伝

9月号 婦人之友p. 129-131 田平 武(センター長室) 記事 お医者さんにきく アルツハイマー型痴呆 待たれるワクチ療法の開発 

8月23日号 p. 96-99 週間 東洋経済 田平 武(センター長室)記事 特集「脳が壊れる恐怖」ここまで解明されたアルツハイマー病

田中郁子(生体機能研究部).患者教育が治療の決め手―アレンドロネートの継続率からー.特集「ひと味深い骨粗鬆症の日常診療」メディカル朝日.8-11, July. 2003.

論文発表等

原著論文

Washio M, Arai Y(老人ケア部), Kuwahara Y, Yoshimasu K, Kobayashi K, Mori M.
Burden among family caregivers of the frail elderly with tumors. Tumor Ressearch. 2002; 37: 17-22.

Santa Y, Uyama E, Chui DH, Arima M, Kotorii S, Takahashi K, Tabira T(センター長室)
Genetic, clinical and pathological studies of CADASIL in Japan: a partial contribution of Notch3 mutations and implications of smooth muscle cell degeneration for the pathogenesis. J Neurol Sci 212: 79-84, 2003.

Sumi Y, Nakajima K, Tamura T(老人支援機器開発部), Nagaya M and Michiwaki Y
Developing an instrument to support oral care in the elderly, Clinical Progress, Gerondontology, 2003, Vol.20, No.1, pp.3-8

Nakajima K, Sumi Y, Tamura T(老人支援機器開発部)
An oral care training system for caregivers, Gerontechnology, 2003, Vol.2, No.3, pp.263-266

Uchida Y, Nakashima T, Ando F, Niino N, Shimokata H(疫学研究部)
Prevalence of self-perceived auditory problems and their relation to audiometric thresholds in a middle-aged to elderly population. Acta Otolaryngol 123(5);618-626, 2003.

Umegaki H, Ando F, Shimokata H, Yamamoto S, Nakamura A, Endo E, Kuzuya M, Iguchi A(疫学研究部)
Factors associated with long hospital stay in Geriatric wards in Japan. Geriatrics and Gerontology International 3(2):120-127,2003.

Okura T, Koda M, Ando F, Niino N, Ohta S, Shimokata H(疫学研究部)
Association of polymorphisms in the estrogen receptor alpha gene with body fat distribution. Int J Obes 27(9): 1020-1027, 2003.

Matsuda T, Suzuki H, Oishi I, Kani S, Kuroda Y, Komori T, Sasaki A, Watanabe K, Minami Y.(老年病研究部)
The Receptor Tyrosine Kinase Ror2 Associates with the Melanoma-associated Antigen (MAGE) Family Protein Dlxin-1 and Regulates Its Intracellular Distribution. J. Biol. Chem. 278:29057-29064, 2003

Tomita K, Matsuura A, Caspari T, Carr AM, Akamatsu Y, Iwasaki H, Mizuno K, Ohta K, Uritani M, Ushimaru T, Yoshinaga K, Ueno M. (老年病研究部)
Competition between the Rad50 complex and the Ku heterodimer reveals a role for Exo1 in processing double-strand break, but not telomeres. Mol. Cell. Biol. 23: 5186-5197, 2003

Kanno K, Tazuma S, Niida S, Chayama K.(老年病研究部)
Unique reciprocal change of hepatocellular membrane transporter expression and fluidity in rats with selective biliary obstruction. Hepatology Reserch 26:157-163, 2003.

総説, その他

大川弥生(老人ケア研究部) 
「生活の専門家」として生活を厳密にとらえる(3)おはよう21 14(11):68-71,2003

大川弥生(老人ケア研究部) 
ICFを地域保健活動にどう生かすか;個別的な生活・人生を重視した最良の介護予防のために.生活教育 47(9):14-21,2003

田村俊世(老人支援機器開発部),中島一樹,南部雅幸,辻美和,塚本壮輔,増田泰,末永貴俊,斎藤浩一,鈴木佳子,荻原真紀子
第19回ライフサポート学会大会報告, ライフサポート Vol.15, No.2, pp.71-72, 2003年7月5日

田村俊世(老人支援機器開発部)
連載 看護・介護支援機器の現状と今後の展望, 概要-看護・介護支援機器の連載にあたって-, Geriatric Medicine Vol.41, No.7, pp.1037-1041, 2003年7月20日

田中郁子(生体機能研究部)
ステロイド性骨粗鬆症ー最近の知見ー.特集「我が国と世界における骨粗鬆症の疫学」CLINICAL CALCIUM 13(8): 1043-1046, 2003.

講演等

学会・研究会等発表

Kobayashi Y, Furukawa-Hibi Y, Ikeda K, Motoyama N. (老年病研究部)
SIR2a/SIRT1 regulates forkhead transcription factor FOXO by NAD-dependent deacetylation. Cold Spring Harbor Meeting on Mechanisms of eukaryotic transcription. Aug. 29, 2003. NY, USA.

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
老年痴呆の病態と治療薬開発 第9回北海道内科医療フォーラム. 2003年8月8日. 札幌.

講演など(教育、普及、広報活動)

Shimokata H(疫学研究部)
Risk Factors of Life-style Related Disease. Lfe-style related diseases prevention. Japan International Cooperation Agency (JICA) lecture, Obu, Aug 27, 2003.

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
老年痴呆の病態と治療薬開発 第9回北海道内科医療フォーラム. 2003年8月8日. 札幌.

センター内活動(セミナー等)

NILSセミナー:Dr. Hiroshi Toyama Molecular Imaging Branch, NIH/NIMH(藤田保健衛生大学医学部放射線医学講座)
Mouse Imaging with NIH ATLAS Small Animal PET: Absolute Quantification of rCMRglc by 18F-FDG Small Animal PET Scanning and 14C-DG Autoradiography & Preliminary results of in vivo amyloid imaging using transgenic mouse.8月8日(17:00〜17:50)長寿医療研究センターセミナー室(生体機能研究部)

NILSセミナー Dr. Masanori Ichise Molecular Imaging Branch, NIH/NIMH Linearized Reference Tissue Parametric Imaging Methods: Application to [11C]DASB PET Studies of the Serotonin Transporter in Human Brain. 8月8日(17:50〜18:40)長寿医療研究センターセミナー室(生体機能研究部)

NILSセミナー 松本吉央先生(奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科) 顔情報計測と応用 8月25日(13:00〜14:00) 長寿医療研究センターセミナー室(生体機能研究部)

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター