文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2003年 [平成15年] 7月

新聞・雑誌等

6月28日(NHKテレビ:松江) 大川弥生(老人ケア研究部) しまネット:特集;リハビリをかえる

7月11日号(シルバー新報) 大川弥生(老人ケア研究部) 変わるリハビリテーション(1):新しい生き方を創るために;個別リハとは何か(上)

7月18日号(シルバー新報) 大川弥生(老人ケア研究部) 変わるリハビリテーション(2):新しい生き方を創るために;個別リハとは何か(下)

7月25日号(シルバー新報) 大川弥生(老人ケア研究部) 変わるリハビリテーション(3):新しい生き方を創るために;目標とは何か(上)

論文発表等

原著論文

Sawamura N, Gong JS, Chang TY, Yanagisawa K, Michikawa M.(痴呆疾患研究部)
Promotion of tau phosphorylation by MAP Kinase Erk1/2 Is accompanied by reduced cholesterol level in detergent-Insoluble membrane domains in Niemann-Pick C1-deficient cells. J Neurochem 84:1086-1096, 2003.

M.Akay,Sekine.M,Tamura.T (老人支援機器開発部),Higashi.Y,Fujimoto.T
Unconstrained monitoring of body motion during walking.IEEE Engineering in medicine and biology magagine,pp104-109,MAY/JUNE,2003

桑原祐一、鷲尾昌一、荒井由美子(老人ケア研究部)、和泉比佐子、森満
要介護高齢者を介護する家族の負担感とその関連要因;福岡県京築地区における介護保険制度発足前後の比較.保険医療科学 51(3):154-167,2002

Hayashi E, Yasui A, Oda K, Nagino Y, Nimura Y, Nakanishi M, Motoyama N, Ikeda K, Matsuura A (老年病研究部)
Loss of p27Kip1 accelerates DNA replication after partial hepatectomy in mice. J. Surg. Res. 111: 196-202, 2003.

Yamada Y, Ando F, Niino N, Shimokata H(疫学研究部)
Association of polymorphisms of interleukin-6, osteocalcin, and vitamin D receptor genes, alone or in combination, with bone mineral density in community-dwelling Japanese women and men J Clin Endocrinol Metab 88(7); 3372-3378, 2003.

Ito Y, Kato T(生体機能研究部), Suzuki T, Yokokawa Y, Aiba I, Arahata Y, Ito E, Ito K(生体機能研究部), Yasuda T, Sobue G
Neuroradiographic and clinical abnormalities in dementia of diffuse neurofibrillary tangle with calcification (Kosaka-Shibayama disease). Neurological Sciences 2003; 209:105-109.

総説, その他

Michikawa M.(痴呆疾患研究部)
Cholesterol paradox: Is high total or low HDL cholesterol level a risk for Alzheimer's disease. J Neurosci Res 72: 141-146, 2003.

Michikawa M.(痴呆疾患研究部)
Role of cholesterol in the amyloid cascade. - Dual metabolic interaction between amyloid b-protein and cholesterol. Mol Neurobiol 27: 1-11, 2003.

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
ガングリオシドとアルツハイマー病 アミロイドb蛋白重合における役割. Cognition and dementia 2:20-26,2003.

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
Ab凝集の分子機構. 医学のあゆみ206:198-201,2003

道川 誠(痴呆疾患研究部)
コレステロール代謝変動とタウオパチー. Cognition and dementia 2:43-48,2003.

道川 誠(痴呆疾患研究部)
Alzheimer病とコレステロール、Annual Review 2002 神経 174-182, 2003.

田村俊世(老人支援機器開発部)
クリッピング・ニュース―パソコンディスプレイを袖口に―,Aging&Health(No.26,pp.4)

田村俊世(老人支援機器開発部)
クリッピング・ニュース―簡単な遺伝子診断法の開発―,Aging&Health(No.26,pp.4)

大川弥生 (老人ケア研究部) 
「生活の専門家」として生活を厳密にとらえる(2).おはよう21 14(10):70-73,2003

安藤富士子下方浩史(疫学研究部)
加齢変化と老年症候群.総合臨床.52(7):2060-2065,2003.

下方浩史(疫学研究部)
高齢者の検査値-高齢者における基準値と評価の留意点.老年医学(荻原俊男編).朝倉書店,東京、pp.42-48、2003.

伊藤健吾(生体機能) 
3D-SSPにおけるデータベース共有の可能性について MCI SPECTセミナー 2003.7.12 京都

講演等

学会・研究会等発表

駒野宏人 (痴呆疾患研究部)
ガンマーセクレターゼ活性に影響を与える因子について ガンマーセクレターゼ研究会 2003年7月5日. 滋賀県瀬田市.

柳澤勝彦 (痴呆疾患研究部)
コレステロールとAb凝集. 第26回日本神経科学会. 2003年7月23日. 名古屋.

道川 誠 (痴呆疾患研究部)
ApoE-isoform-specific risk for Alzheimer's disease mediated by cholesterol. 第26回日本神経科学会. 2003年7月23日. 名古屋.

柳澤勝彦 (痴呆疾患研究部)
アルツハイマー病の分子病態と治療薬開発の現状. 第17回老年期痴呆研究会. 2003年7月26日. 東京.

田中 愼・山本-澤村 貴子
F344/Nラットの生殖周期と卵巣の加齢変化. 平成15年度東海実験動物研究会、名古屋 7 12

Tanaka S, Shiokawa K, Miyaishi O
Effects of housing and nutrition condition on the reproduction of SAMR1, SAMP6 and SAMP8 at NILS Aging Farm.Workshop, The second international conference on senescence: The SAM model., Sapporo, 7 21-23.

Mori N (分子遺伝学研究部)
Neuronal Shcs and neuronal GAPs: Regulators of neural development, regeneration, plasticity, and brain ageing. in UK-Japan Conference: Horizons in Ageing and Health: New Targets for Therapies. 2003年7月15日. Newcastle, UK.

森 望(分子遺伝学研究部)
The NRS-NRSF/REST system: Its target genes, molecular partners, repression mechanisms, and roles in neural development. 第26回日本神経科学大会. 2003年7月23日. 名古屋.

井田 瑞穂(分子遺伝学研究部)、竹谷 茂、荒木 正介
Neuro-p24 plays an essential role in neurites extension: an evidence by antisense oligonucleotide transfection in cultured DRG neurons and Neuro2a neuroblastoma cells. 第26回日本神経科学大会. 2003年7月24日. 名古屋.

Takasu H, Okazaki M, Sugita A, Uchiyama Y, Makishima F, Kubodera N, Ogata E, Ikeda K(老年病研究部)
C-Fos protein as a target of vitamin D receptor-mediated suppression of osteoclast development and bone resorption. 12th Workshop on Vitamin D, July 6-10, Maastricht, The Netherlands

高田英基松浦 彰(老年病研究部)
Mec1pのキナーゼ活性制御とテロメア局在化、酵母遺伝学フォーラム第36回大会、7月24日、木更津

Kitani K,Yokozawa T,Ohsawa T (センター長室)
Intervention in ageing and age-related disorders: Pharmacological and nutritional approaches.UK-Japan Coference.Horizons in ageging and health. July 14th Newcastle upon Tynne

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター