文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2003年 [平成15年] 2月

新聞・雑誌等

下方浩史(疫学研究部)中日新聞 平成15年1月30日朝刊 細胞死招く有害物質、酒と同様分解できず-アルツハイマー病、なぜ下戸は1.6倍も

荒井由美子(老人ケア研究部). 介護保険制度と長寿科学. Aging & Health. 2002; 24: 27.

論文発表等

原著論文

Takekuma K, Ando F, Niino N, Shimokata H.(疫学研究部) Prevalence of hyperesthesia detected by current perception threshold test in subjects with glucose metabolic impairment in a community. Internal Medicine 41(12); 1124-1129, 2002.

Okura T, Koda M, Ando F, Niino N, Shimokata H(疫学研究部) Relationship of resting energy expenditure with body fat distribution and abdominal fatness in Japanese population.. J Physiol Anthropol 22(1); 47-52, 2003.

Shimizu N, Nomura. H, Ando F, Niino N, Miyake Y, Shimokata H(疫学研究部) Refractive Errors and Associating Factors with Myopia in Adult Japanese Population. Jpn J Ophthalmol 47; 6-12, 2003.

Konagaya M, Kato T, Sakai M, Kuru S, Matsuoka Y, Konagaya Y, Hashizume Y, Tabira T(センター長室): A clinical and pathological study of a Japanese case of Amyotrophic Lateral Sclerosis/Parkinsonism-Dementia Complex with family history. J Neurol 250(2): 164-70, 2003

Kudomi, N.; Eunjoo Choi; Yamamoto, S.; Watabe, H.; Kyeong Min Kim; Shidahara, M.(生体機能研究部); Ogawa, M.; Teramoto, N.; Sakamoto, E.; Iida, H.; "Development of a GSO detector assembly for a continuous blood sampling system", Nuclear Science, IEEE Transactions on , Volume: 50 Issue: 1 , Feb 2003 Page(s): 70 –73,

総説, その他

荒井由美子(老人ケア研究部).家族介護者の介護負担.医療.2002; 56(10): 601-605.

田平 武(センター長室): アルツハイマー病(2)発症機序から治療法開発へ 永井書店 臨床脳波 Vol. 45 No. 2, 2003

書物等

講演等

学会・研究会等発表

安藤富士子、大蔵倫博、下方浩史、甲田道子(疫学研究部) Andropauseの身体的・医学的特徴〜中年期と高齢期の比較〜 第4回日本健康支援学会.福岡.2月16日

甲田道子、大蔵倫博、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)中高年地域住民における身体各部の重量およびその比率.第4回日本健康支援学会.福岡.2月16日

下方浩史(疫学研究部)千葉大学国際シンポジウム「老化の生物学」これからの老年医学.21世紀における老年医学の新しい戦略.千葉.2003年2月15日.

籏野健太郎(生体機能研究部)F-18化学 PET化学ワークショップ2003 2003年2月4日〜6日蒲郡市

講演など(教育、普及、広報活動)

大川弥生(老人ケア研究部) 目標指向的介護 日本赤十字社介護保険施設等業務研究会  2003年2月26日、東京

センター内活動(セミナー等)

NILS Seminar 北川雅敏(浜松医科大学医学部)「癌抑制遺伝子産物の分解亢進による細胞癌化の分子機構」2月3日(老年病研究部)

学会・講演など予定(2ヶ月分)

学会・研究会等発表(2月)

 

学会・研究会等発表(3月)

 

講演など(教育・普及・広報活動)(3月)

大川弥生(老人ケア研究部) リハビリテーションの原点をみつめる;WHO・ICFの精神を生かして 岐阜県理学療法学会 2003年3月16日、岐阜

講演など(教育・普及・広報活動)(4月)

 

学会・講演など予定(2ヶ月分)

 

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター