文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2002年 [平成14年] 12月

新聞・雑誌等

Arai Y(老人ケア研究部). Neuroscientists gather in Sweden for world's largest Alzheimer research conference : caregiving challenges. Advances 2002; 22(3): 1

論文発表等

原著論文

Sekine M, Tamura T, Metin Akay, Fujimoto T, Togawa T, Fukui Y(老人支援機器開発部),
Discrimination of Walking Patterns Using Wavelet-Based Fractal Analysis, IEEE Trans. on Neural Systems and Rehabilitation Engineering, 10(3):188-196, 2002.

角保徳,新井康司,譽田英喜,中島一樹(老人支援機器開発部)
痴呆性高齢者へ口腔ケア支援機器を応用し著効を示した1症例,老年歯科医学,17(2):162-167,2002.

中島一樹,吉村拓巳,南部雅幸田村俊世(老人支援機器開発部)
生活の質(QOL)向上のための無拘束生体情報モニタの利用,電子情報通信学会論文誌A, J85-A(12):1373-1379,2002.

Rakshi JS, Pavese N, Uema T, Ito K(生体機能研究部)
Morrish PK, Bailey DL, Brooks DJ. A comparison of the progression of early Parkinson's disease in patients started on ropinirole or L-dopa: an (18)F-dopa PET study. J Neural Transm. 2002 Dec;109(12):1433-43.

Fernandez-Capetillo O, Chen H-T, Celeste A, Ward I, Romanienko PJ, Morales JC, Naka K, Xia Z, Camerini-Otero RD, Motoyama N, Carpenter PB, Bonner W, Chen J, Nussenzweig A.(老年病研究部)
DNA damage-induced G2-M checkpoint activation by histone H2AX and 53BP1. Nat. Cell Biol. 4: 993-997, 2002. (Published Online: 25 November 2002, DOI: 10.108/ncb884.) 

Naka K, Ikeda K, Motoyama N. (老年病研究部)
Recruitment of NBS1 into PML oncogenic domains (PODs) via interaction with SP100 protein. Biochem. Biophys. Res. Commun. 299: 863-871, 2002.

Chapters, Reviews, 解説, 論説, その他

田村俊世中島一樹南部雅幸(老人支援機器開発部)
高齢者支援機器,医療,56(10):606-609,2002.

大川弥生(老人ケア研究部)
リハビリテーションに関する知識、介護支援専門員のための主治医意見書の上手な活用法 日医総研 52-59,2002

大川弥生(老人ケア研究部) 
患者・障害者の自己決定権を尊重する評価とは?;評価への本人・家族の主体的参加を中心に.OTジャーナル 36(12):1393-1400,2002

工藤 啓、菅沼 靖、右田周平、荒井由美子(老人ケア研究部)、佐々木裕子.
「健康日本21」市町村計画策定支援について. 公衆衛生.2002; 66(10): 749-753

Kitani K, Minami C, Maruyama W, Kanai S, Ivy GO, Carrilo M-C(センター長室)
Modification of endogenous antioxidant enzymes in the brain as well as extra-brain tissues by propargylamines: Is it related to the life prolonging effect of (-)deprenyl? In Critical review of oxidative stress and aging. Advance in basic science, diagnostics and intervention.  Eds. R Cutler, H Rodrigues.  World Scientific, New Jersey, London, Singapore, Hong Kong, pp966-986, 2002

Anna Kowalska, Masato Hasegawa, Katsuichi Miyamoto, Ichiro Akiguchi, Akito Ikemoto, Keikichi Takahashi, Wataru Araki, Takeshi Tabira(センター長室)
A novel mutation at position +11 in the intron following exon 10 of the tau gene in FTDP-17. J Appl Genet 43(4): 535-543, 2002

木谷健一(センター長室)
高齢者と肝臓 日本高齢消化器医学会議会誌 vol 4 No.2 2002-10

講演等

学会・研究会等発表

籏野健太郎、鈴木満、小川美香子、川角保広、河津省司、加藤隆司、塚田秀夫、伊藤健吾(生体機能研究部)
高分解能動物PETによるラット脳ドパミントランスポータの加齢変化 第2回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2002年12月6日京都市

桃崎壮太郎、籏野健太郎、川角保広、加藤隆司、細井理恵、井上 修、伊藤健吾(生体機能研究部)
高分解能動物PETを用いたラット脳計測に及ぼす各種麻酔薬の影響に関する検討 第2回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2002年12月6日京都市

河津省司(生体機能研究部)
ノーマルデータベースの新しい評価法 マルチセンター会議(脳PET多施設共同研究連絡会) 兼 日本脳神経核医学研究会PET正常データベースWG会議 2002年12月24日東京都墨田区

加藤隆司 伊藤健吾 河津省司 籏野健太郎 志田原美保 齋藤敦子 桃崎壮太郎 川角保広(長寿医療研究センター生体機能研究部)阿部祐士 鷲見幸彦 新畑 豊 山田孝子 岩井克成 加知輝彦(国立療養所中部病院神経内科)
FDG PETによる痴呆診断にむけての健常者画像データベースの検討 長寿委託研究事業「アルツハイマー病早期診断法の開発に関する総合的研究」班会議2002年12月25日 大府市

岩淵邦芳、栗原孝行、柴田昌夫、曹 永恒、濱田富美男、小林純也、田内 広、青木秀年、Piku Base、Aidan Doherty、本山 昇、小松賢志、今村幸治、伊達孝保(老年病研究部)
二重鎖切断に対するp53結合蛋白質1(53BP1) の機能解析. 第25回日本分子生物学会、12月11日〜14日、横浜

日比(古川)陽子荒木(吉田)聖美、大田 力、池田恭治本山 昇(老年病研究部)
酸化ストレス時にFOXOファミリー転写因子はGADD45を転写し細胞周期を停止させる.第25回日本分子生物学会、12月11日〜14日、横浜

板倉英祐梅田和之、大隅萬里子、池田恭治松浦 彰(老年病研究部)
ATR-ATRIPの複合体形成機構。第25回日本分子生物学会年会、12月11日〜14日、横浜

富田和範、渡辺喜久雄、松浦 彰、赤松由布子、岩崎博史、丑丸敬史、瓜谷真裕、上野 勝(老年病研究部)
分裂酵母Nbs1複合体とKuのDNA切断末端とテロメア末端における機能。第25回日本分子生物学会年会、12月11日〜14日、横浜

高田英基、郡家徳郎、池田恭治松浦 彰(老年病研究部)
テロメア定常長維持における出芽酵母ATM関連因子MEC1, TEL1の役割。第25回日本分子生物学会年会、12月11日〜14日、横浜

小野祐生、松浦 彰、瓜谷真裕、丑丸敬史、上野 勝(老年病研究部)分裂酵母RPAの機能解析。第25回日本分子生物学会年会、12月11日〜14日、横浜

世古口英林 英司、佐藤典裕、池田恭治、松浦 彰(老年病研究部)
ミトコンドリアに局在する新規カルニチンキャリアースーパーファミリータンパク質の機能解析。第25回日本分子生物学会年会、12月11日〜14日、横浜

梅田和之世古口 英板倉 英祐木村 真、高井(梶原)薫、池田恭治、松浦 彰(老年病研究部)
ATRIPのDNA損傷依存的リン酸化の役割。第25回日本分子生物学会年会、12月11日〜14日、横浜

講演など(教育・普及・広報活動)

田村俊世(老人支援機器開発部)
無拘束生体計測システムの実用化の動向,予防型社会とアウェアネス技術に関する研究会 講演,金沢大学総合講義,12月6日,金沢

中島一樹(老人支援機器開発部)
身体拘束を廃止するために,平成14年度第3回高齢者痴呆介護指導者養成研修講義,12月10日,大府市

中島一樹(老人支援機器開発部)
高齢者用支援機器の開発,立命館大学「高齢者の感覚・知覚・動作特性」共同研究グループ講演会,12月18日,草津市

大川弥生(老人ケア研究部)
全人間的復権を実現する目標指向的アプローチ QOL・ADL研究大会 2002年11月30日-12月1日、山口

大川弥生(老人ケア研究部)
(国際生活機能分類)にみる新しい障害概念;当事者と専門家との「共通言語」として 愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所30周年記念講演会 2002年12月7日、名古屋

大川弥生(老人ケア研究部)
骨折から寝たきりにならないために 平成14年度寝たきり防止等地域シンポジウム 2002年12月20日、新城

伊藤健吾(生体機能研究部)
基核各疾患の脳機能イメージングー定位脳手術に関連した応用の可能性を含めてー 第5回東海定位脳治療研究会特別講演 2002年12月6日名古屋市

伊藤健吾(生体機能研究部)
PETによる機能代謝診断の現状と動向 名古屋大学医学部保健学科核医学診断技術学講義 2002年12月2日、16日名古屋市

学会・講演など予定(2か月分)

学会・研究会等発表(1月)

安藤富士子福川康之中島千織藤澤道子新野直明下方浩史(疫学研究部)
男性ホルモンの加齢変化と生活機能自立度(活動能力指標)との関連 第9回日本未病システム学会.佐賀.1月11日

田村俊世中島一樹南部雅幸増田泰塚本壮輔辻美和(老人支援機器開発部)
高齢者の看護・介護のための支援機器開発の現状,国立三重中央病院付属三重中央看護学校特別講義,1月10日,久居市

講演など(教育・普及・広報活動)(1月)

大川弥生(老人ケア研究部)
総合的生活機能向上をめざすリハビリテーション(1);一般医療と介護との連携 リハビリテーション研修会 社団法人小笠医師会 2003年1月24日、静岡

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター