文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2002年 [平成14年] 10月

新聞・雑誌等

10月1日 田村俊世(老人支援機器開発部)クリッピング・ニュース―視覚皮質信号を用いた正確な義手制御― (Aging&Health, No.23, pp.4)

10月1日 田村俊世(老人支援機器開発部)クリッピング・ニュース―家電の使用頻度からうつ状態を判断― (Aging&Health, No.23, pp.4)

10月1日 田村俊世(老人支援機器開発部)Good Health into Old Age(PACIFIC friend - Window on Japan , Vol.30, No.7)

田平 武(センター長室): 痴呆予防講演会「ぼけないためには」 広報おおだ カメラウオッチング No. 894,
平成14年10月3日

Takeshi Tabira(センター長室): Good Health into Old Age 取材協力 PACIFIC friend Vol. 30 No.7, 2002

田平 武、北 徹、永井克孝、佐藤昭夫、伊藤正男、岩坪 威、野々村禎昭、藤田道也(センター長室): 座談会「加齢の克服-21世紀の課題-」週間医学界新聞 2506号 平成14年10月14日

田平 武、北 徹、永井克孝、佐藤昭夫、伊藤正男、岩坪威、野々村禎昭、藤田道也(センター長室): 座談会「加齢の克服-21世紀の課題-」医学書院 生体の科学 Vol. 53 No.5: 351-375, 2002(オリジナル版掲載)

論文発表等

原著論文

Tamura T, Ichinoseki N, Yoshimura T and Torii Y(老人支援機器開発部)
Development and Evaluation of a Simple Calorimeter for the Measurement of Resting Metabolism, Clinical and Experimental Pharmacology and Physiology, Vol.29, pp.S2-S6, 2002.

Mizumura K, Sugiura M, Arai Y(老人ケア部)
Profiles of Women Scientists in Physiology of Japan - A Review Based on Statistical Analysis - . Ann. Rep of SJWS 2001; 2(1): 67-74.

森明子,安藤一也,藤江正克,関根正樹,一関紀子,田村俊世(老人支援機器開発部)
パワーアシスト歩行支援機を用いた高齢者への歩行訓練の試み,総合リハビリテーション,Vol.30, No.10, pp.953-956, 2002.

Tanahashi H, Asada T and Tabira T(センター長室)
c954C→T polymorphism in the Fe65L2 gene is associated with early-onset Alzheimer's disease. Ann Neurol 52:52691-693, 2002

Tanahashi H. and Tabira T(センター長室)
Characterization of an amyloid precursor protein-binding protein Fe65L2 and its novel isoforms lacking phosphotyrosine-interaction domains.  Biochem J 367:687-695, 2002

Yokozawa T, Chen CP, Rhyu DY, Tanaka T, Park JC, Kitani K(センター長室)
Potential of Sanguiin H-6 against oxidative damage in renal mitochondria and apoptosis mediated by peroxynitrite in vivo. Nephron 92:133-141, 2002

Takai H, Naka K, Okada Y, Watanabe M, Harada N, Saito S, Anderson CW, Appella E, Nakanishi M, Suzuki H, Nagashima K, Sawa H, Ikeda K, Motoyama N(老年病研究部)
Chk2-deficient mice exhibit radioresistance and defective p53-mediated transcription. EMBO J. 21: 5195-5205, 2002.

Chapters, Reviews, 解説, 論説, その他

安藤富士子(疫学研究部)
高齢者介護の特徴と実際.社団法人日本老年医学会編.老年医学テキスト.194-196、メジカルビュー社.東京、2002年10月

下方浩史(疫学研究部)
老化度の判定.老年医学テキスト改訂版(日本老年医学会編)、メディカルビュー社、東京、13-14, 2002.

下方浩史(疫学研究部)
老年者の基準値.老年医学テキスト改訂版(日本老年医学会編)、メディカルビュー社、東京、118-120, 2002.

下方浩史(疫学研究部)
異常値の評価.老年医学テキスト改訂版(日本老年医学会編)、メディカルビュー社、東京、121-123, 2002.

小坂井留美安藤富士子下方浩史(疫学研究部)
身体活動と肥満.生活習慣病の予防と治療.臨床スポーツ医学臨時増刊 19; 130-133, 2002.

大川弥生(老人ケア研究部) 
チームワークと患者への説明と主体的参加促進に立った評価.OTジャーナル 36(10):1193-1200,2002

田平 武(センター長室)
アルツハイマー病のワクチン療法. 医学書院 生体の科学Vol. 53 No.5:455-460, 2002

講演等

学会・研究会等発表

今井具子、森圭子、安藤富士子新野直明下方浩史(疫学研究部)
地域在住者における栄養補助食品からの栄養素摂取量.第61回日本公衆衛生学会総会.埼玉.10月25日.

大藏倫博甲田道子安藤富士子新野直明下方浩史(疫学研究部)
エストロゲン受容体αの遺伝子多型と肥満指標との関係.第23回日本肥満学会.京都.10月4日.

大藏倫博(疫学研究部)
有酸素性運動や食事制限による減量治療の効果は肥満のタイプによる影響を受けるか:反復測定の実験計画と分散分析(ワークショップ).第53回日本体育学会.埼玉.10月13日.

藤澤道子安藤富士子新野直明武隈清下方浩史(疫学研究部)
地域在住高齢者の認知機能低下に関連する要因についての縦断的検討.第6回高齢者介護・看護・医療フォーラム.愛知.10月26日.

鷲尾昌一, 荒井由美子(老人ケア部)
要介護高齢者の主介護者の介護負担(Zaritの介護負担尺度を用いて)第61回日本公衆衛生学会総会, 2002年10月23-25日, 埼玉.

三浦宏子、山崎きよ子、荒井由美子(老人ケア部)
高齢者における咬合力の変化が全身の健康状態に及ぼす影響, 第61回日本公衆衛生学会総会, 2002年10月23-25日, 埼玉.

上田照子,荒井由美子(老人ケア部),西山利正
介護保険制度下における家族介護の状況の変化-縦断研究より-.第61回日本公衆衛生学会総会, 2002年10月23-25日, 埼玉.

田村俊世,吉村拓己,増田泰(老人支援機器開発部)
転倒検出モニターの開発,第40回日本人工臓器学会大会,10月4日,札幌

稲田紘,布田譲,狩野晋一朗,佐久間一郎,田村俊世,竹内郁雄,藤元登四郎(老人支援機器開発部)
生体情報のフィードバックに基づく歩行訓練支援システムに関する研究,第40回日本人工臓器学会大会,10月4日,札幌

岸本恭子,佐藤由香里 ,伊東益江 ,原田孝子,中島一樹,木下武志(老人支援機器開発部)
分かりやすい術前訪問とするためのパンフレットに関する研究(第一報),第57回国立病院・療養所総合医学会,10月19日,福岡

Tamura T, Miyasako S, Ichinoseki N, Nambu M, and Suenaga T(老人支援機器開発部)
A Water Supply Telemonitoring System as a Assistive Device for the Nurses and Caregivers, The Second Joint Meeting of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society and the Biomedical Engineering Society, 23 October, Houston, Texas USA

Sekine M, Akay M, Tamura T, Agner S.C., Higashi Y, and Fujimoto T(老人支援機器開発部)
Fractal Dynamics of Body Motion during Walking in Poststroke Hemiplegic Patients, The Second Joint Meeting of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society and the Biomedical Engineering Society, 23 October, Houston, Texas USA

Nambu M, Nakajima K, and Tamura T(老人支援機器開発部)
WWW Based ECG Transfer for Home Care using JAVA Script, The Second Joint Meeting of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society and the Biomedical Engineering Society, 24 October, Houston, Texas USA

Masuda Y, Yoshimura T, Nakajima K, Nambu M, Hayakawa T, and Tamura T(老人支援機器開発部)
Unconstrained Monitoring of Prevention of Wandering the Elderly, The Second Joint Meeting of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society and the Biomedical Engineering Society, 24 October, Houston, Texas USA

Tsukamoto S, Higashi Y, Nambu M, Sekine M, Nakajima K, and Tamura T(老人支援機器開発部)
Visualization of Transfer Motion Based on Accelerometry Data in the Hemiplegic Patients, The Second Joint Meeting of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society and the Biomedical Engineering Society, 24 October, Houston, Texas USA

Ichinoseki N, Yoshimura T, Nambu M, Tamura T, Akay M(老人支援機器開発部)
Evaluation of Mixing Chamber System for Low Respiratory Rate using a Respiratory Simulator, The Second Joint Meeting of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society and the Biomedical Engineering Society, 26 October, Houston, Texas USA

大川弥生(老人ケア研究部) 
がん治療におけるリハビリテーション.第40回日本癌治療学会総会 2002年10月17日,柏

田平 武(センター長室)
細胞内βアミロイドと神経細胞死. シンポジウム 第21回日本痴呆学会 平成14年10月3日 大阪

崔得華、田平 武、中山 宏、黒田重利、渋谷 誠、巻渕隆夫、有馬邦正、川勝 忍、秋山治彦、高島明彦(センター長室)
神経細胞及びシナプスにおけるAbetaの蓄積とCotton Wool Plaques形成機序について.  第21回日本痴呆学会 平成14年10月3日 大阪

荒木 亘、武田和也、田平 武、上田健治、秋山治彦(センター長室)
α-シフクレインに結合する新規タンパクの同定.  第21回日本痴呆学会 平成14年10月3日 大阪

飯島正明、原田孝之、中野晃伸、Liliam Pineda、Li Zhou、田平 武(センター長室)
FTDP-17 (S305N)におけるアポトーシスの免疫組織化学的検討(2).  第21回日本痴呆学会 平成14年10月3日 大阪

田平 武(センター長室)
長寿医療研究の夢と今後の展開.  第15回国際長寿科学フォーラム 平成14年10月16日 東京

日比(古川)陽子、大田 力、池田恭治、本山 昇(老年病研究部)
FOXOファミリー転写因子はストレス応答遺伝子GADD45の転写促進によりG2/M期細胞周期停止を誘導する.第61回日本癌学会総会、10月1日〜3日、東京

岡田由紀、澤 洋文、高井裕之、原田直樹、門内有美、渡部美穂、長嶋和郎、池田恭治本山 昇(老年病研究部)
Chk2ノックアウトマウスにおける自然発癌の解析.第61回日本癌学会総会、10月1日〜3日、東京

Furukawa-Hibi Y, Yoshida-Araki K, Ohta T, Ikeda K, Motoyama N(老年病研究部)
Forkhead transcription factors activate the stress-inducible gene GADD45 in response to oxidative stress. Molecular Genetics of Aging, Cold Spring Harbor Laboratory Meeting, Cold Spring Harbor, NY, Oct 2-6, 2002.

Takai H, Naka K, Okada Y, Watanabe M, Harada N, Saito S, Anderson CW, Appella E, Nakanishi M, Suzuki H, Nagashima K, Sawa H, Ikeda K, Motoyama N(老年病研究部)
Chk2-deficient mice exhibit radioresistance and defective p53-mediated transcription. Molecular Genetics of Aging, Cold Spring Harbor Laboratory Meeting, Cold Spring Harbor, NY, Oct 2-6, 2002.

南 康博, 依田 成玄, 渡辺 , 高田 慎治, 大石 勲(老年病研究部)
形態形成における Ror ファミリー受容体型チロシンキナーゼを介するシグナル伝達系及び他のシグナル伝達系とのクロストークについて  第75回日本生化学会大会 京都 平成14年10月14日〜17日

講演など(教育・普及・広報活動)

大川弥生(老人ケア研究部) 
介護における科学性と人間性の両立;目標指向的介護の実践 日本介護福祉士会第9回全国研究大会 2002年10月25日、仙台

大川弥生(老人ケア研究部)
リハビリテーションの今後 大阪府病院協会研修会 2002年10月31日、大阪

田村俊世(老人支援機器開発部)
情報通信技術を用いた在宅健康管理 一般論,日常生活情報リアルタイムセンシングシンポジウム -地方密着型福祉機器開発は可能か-,10月17日,山口

田村俊世(老人支援機器開発部)
日常生活情報リアルタイムセンシングの現状と将来 パネルディスカッション 司会,日常生活情報リアルタイムセンシングシンポジウム -地方密着型福祉機器開発は可能か-,10月17日,山口

大川弥生(老人ケア研究部)
介護に生かす本当のリハビリテーション;“目標指向的介護”をめざして 全国老人福祉施設研究会議 2002年10月16日 横浜

大川弥生(老人ケア研究部)
介護における科学性と人間性の両立;目標指向的介護の実践 日本介護福祉士会第9回全国研究大会 2002年10月25日、仙台

大川弥生(老人ケア研究部)
病棟ADL訓練のあり方 長寿社会福祉基金事業回復期リハビリテーション病棟研修会 2002年10月19-20日、東京

荒井由美子(老人ケア部)
介護保険制度と長寿科学, 第15回国際長寿科学フォーラム, 2002年10月16日, 東京.

所内活動(セミナー等)

NILS Seminar 池田義孝(山形大学医学部)
「γGTPの酵素学的性質とグルタチオン代謝における役割」 10月17日(老年病研究部)

NILS Seminar 林 眞一(鳥取大学医学部)
「破骨細胞と骨髄環境」 10月21日(老年病研究部)

学会・講演など予定(2か月分)

学会・研究会等発表(11月)

Yonemitsu S, Higashi Y, Fujimoto T, Tamura T(老人支援機器開発部)
Research for Practical Use of Rehabilitation Support Equipment for Severe Dementia, Gerontechnology 2002, 10 November, Miami, Florida USA

Nambu M, Suenaga T, Nakajima K, Tamura T(老人支援機器開発部)
Exercise System for the Elderly using Virtual Reality, Gerontechnology 2002, 10 November, Miami, Florida USA

Horiuchi F, Higashi Y, Fujimoto T, Tamura T(老人支援機器開発部)
Effects of the Power-assisted Walk Training Device in the Hemiplegic Patient, Gerontechnology 2002, 11 November, Miami, Florida USA

Matsumoto W, Higashi Y, Fujimoto T, Tamura T(老人支援機器開発部)
The Transfer Activity to the Car in the stroke Patients for Developing the Transfer-training Simulator, Gerontechnology 2002, 11 November, Miami, Florida USA

Yuji T, Higashi Y, Fujimoto T, Tamura T(老人支援機器開発部)
Development of an Automatic Angle-controlled Bed using Vital Signs in the Patient, Gerontechnology 2002, 12 November, Miami, Florida USA

Tamura T, Yoshimura T, Nagaya M, Chihara K(老人支援機器開発部)
A Fall Analysis System, Gerontechnology 2002, 12 November, Miami, Florida USA

Tsukamoto S, Nambu M, Nakajima K, Tamura T(老人支援機器開発部)
A Simple Evaluation Method for Pressure Distribution with the Tactile Sensor in Bedridden Patient, Gerontechnology 2002, 12 November, Miami, Florida USA

Nakajima K, Sumi Y, Tamura T(老人支援機器開発部)
A Training System of Oral Care Support Equipment for Caregivers, Gerontechnology 2002, 12 November, Miami, Florida USA

今井具子森圭子安藤富士子新野直明下方浩史(疫学研究部)
3日間食事調査より求めた地域在住者の栄養補助食品摂取状況.第49回日本栄養改善学会学術総会.沖縄.11月14日.

田中 愼, 山本貴子, 塩川一夫,  宮石 理, 伊藤美武(共同利用室)
飼養による生存曲線の修飾から考えられること, 第20回九州実験動物研究会総会, 11月1-4日, 佐賀

桃崎壮太郎(生体機能研究部)、細井理恵、小林 薫、鈴木和年、井上 修
イボテン酸破壊ラット脳における11C-DMBAの結合特性に関する検討 第42回日本核医学会総会 2002年11月4日 神戸市

籏野健太郎、河津省司、加藤隆司、川角保広、鈴木満、小川美香、伊藤健吾(生体機能研究部)
ラットPETにおける受容体定量法の検討 第42回日本核医学会総会 平成14年11月4〜6日、神戸市

齋藤敦子,伊藤健吾(生体機能研究部),新畑豊,河津省司(生体機能研究部),岩井克成,川角保広(生体機能研究部),加藤隆司(生体機能研究部),籏野健太郎(生体機能研究部),阿部祐士
パーキンソン病における認知及び運動関連部位—FDOPA及びFDG PETを使った検討— 第42回日本核医学会総会 平成14年11月4〜6日、神戸市

齋藤敦子,伊藤健吾(生体機能研究部),新畑豊,岩井克成,河津省司(生体機能研究部),阿部祐士,加藤隆司(生体機能研究部)
パーキンソン病における幻覚及び痴呆に関する部位—FDG PETを使った検討— 第42回日本核医学会総会 平成14年11月4〜6日、神戸市

志田原美保(生体機能研究部)、渡部浩司、Kyeong Min Kim、加藤隆司(生体機能研究部)、伊藤健吾(生体機能研究部)、飯田秀博
脳酸素摂取率測定のためのO-15標識酸素がス吸入検査の測定時間最適化 第42回日本核医学会総会 平成14年11月4〜6日、神戸市

講演など(教育・普及・広報活動)(11月)

田村俊世
「ロボットの医療・福祉への応用」愛知産業技術研究所 11月21日

大川弥生(老人ケア研究部)
これからの理学療法士・作業療法士に期待すること 労働福祉事業団平成14年度理学療法士・作業療法士研修 2002年11月6日、東京

大川弥生(老人ケア研究部)
車椅子偏重からの脱却 栃木県医師会介護保険研修会 2002年11月10日、宇都宮

大川弥生(老人ケア研究部)
病棟ADL訓練のあり方
長寿社会福祉基金事業回復期リハビリテーション病棟研修会 2002年11月16-17日、熊本

大川弥生(老人ケア研究部)
全人間的復権を語る;ICF国際生活機能分類とリハビリテーション QOL・ADL研究大会 2002年11月30日-12月1日、山口

田村俊世(老人支援機器開発部)
高齢化社会のための科学・技術,創造的パートナーシップのための日豪会議,11月7日〜8日,東京

田村俊世(老人支援機器開発部)
高齢者の日常活動モニタリング機器の開発,長寿科学総合研究研究成果発 表会,11月18日,東京

中島一樹(老人支援機器開発部)
バーチャルリアリティを利用した高齢者用の看護・介護支援機器の開発,長寿科学総合研究研究成果発表会,11月18日,東京

中島一樹田村俊世(老人支援機器開発部)
加速度センサーを用いた高齢者転倒モニタの開発,RSP事業 研究成果報告会,11月20日,名古屋

田村俊世(老人支援機器開発部)
ロボットの医療・福祉への応用,愛知産業技術研究所,11月21日,名古屋

田村俊世(老人支援機器開発部)
老人支援機器開発部について,電気学会D部門「産業における実用的適応・学習制御系設計共同研究委員会」,11月28日,あいち健康プラザ

中島一樹(老人支援機器開発部)
身体拘束廃止のための支援機器,電気学会D部門「産業における実用的適応・学習制御系設計共同研究委員会」,11月28日,あいち健康プラザ

南部雅幸(老人支援機器開発部)
高齢者の在宅生体情報計測とデータ解析アルゴリズム,電気学会D部門「産業における実用的適応・学習制御系設計共同研究委員会」,11月28日,あいち健康プラザ

伊藤健吾(生体機能研究部)
PET臨床2 第42回日本核医学会総会 2002年11月5日 神戸市

伊藤健吾(生体機能研究部)
画像による脳機能への多角的アプローチ 平成14年度大学院「医学特論」 2002年11月11日 名古屋市

講演など(教育・普及・広報活動)(12月)

大川弥生(老人ケア研究部)
ICF(国際生活機能分類)にみる新しい障害概念;当事者と専門家との「共通言語」として 愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所30周年記念講演会 2002年12月7日、名古屋

所内活動(セミナー等)(12月)

その他

田村俊世,中島一樹,南部雅幸(老人支援機器開発部)
芝池東海北陸厚生局長 初度巡視,10月11日,大府(長寿医療研究センター老人支援機器開発部)

久野弘明(老人支援機器開発部)
高齢者の日常活動モニタリング機器の開発に関する研究,平成12年度 厚生科学研究費補助金 長寿科学総合研究推進事業 研究報告集,pp,344-347,2002.

一関紀子(老人支援機器開発部)
マルチメディアを用いた高齢者支援システムの開発に関する研究,平成12年度 厚生科学研究費補助金 長寿科学総合研究推進事業 研究報告集,pp,344-347,2002.

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター