文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2002年 [平成14年] 9月

新聞・雑誌等

9月3日(TBSニュースの森) 田村俊世(老人支援機器開発部)「人形療法」

田平 武(センター長室):アルツハイマー病も脳血管性もボケの大半は生活習慣が原因で起こり予防もできる
開花 わかさ出版10月号p.42-43, 2002

論文発表等

原著論文

Kanie J, Akatsu H, Suzuki Y, Shimokata H, Ihguchi A(疫学研究部)
Mechanism of the development of gastric ulcer after percutaneous endoscopic gastrostomy. Endoscopy 34(6); 480-482, 2002.

Kuzuya M, Ando F, Iguchi A, Shimokata H.(疫学研究部)
Effect of aging on serum uric Acid levels: longitudinal changes in a large Japanese population group. J Gerontol A Biol Sci Med Sci. 57(10):M660-664, 2002.

Yamada Y, Ando F, Niino N, Shimokata H(疫学研究部)
Association of a polymorphism of the matrix metalloproteinase–1 gene with bone mineral density.  Matrix Biol 21(5); 389, 2002.

Hozawa A, Ohkubo T, Tsuji I, Kikuya M, Arai Y(老人ケア研究部), Hosokawa T 
Relationship between personality and self-measured blood pressure value at home: The Ohasama Study. Clin. And Exper. Hypertension 2002; 24(1&2): 115-123.

Kontani Y., Wang Z., Furuyama T., Sato Y., Mori N., and Yamashita H.(分子遺伝学研究部)
Effects of Aging and Denervation on the Expression of Uncoupling Proteins in Slow- and Fast-Twitch Muscles of Rats. J. Biochem. 132: 309 – 315, 2002.

Ogawa E, Saito Y, Kuwahara K, Harada M, Miyamoto Y, Hamanaka I, Kajiyama N,Takahashi N, Izumi T, Kawakami R, Kishimoto I, Naruse Y, Mori N, and Nakao K.(分子遺伝学研究部)
Fibronectin signaling stimulates BNP gene transcription by inhibiting neuron-restrictive silencer element dependent repression. Cardiovasc. Res. 53 (2) 451-459 (2002)

Tabuchi A, Yamada T, Sasagawa S, Naruse Y, Mori N, and Tsuda M. (分子遺伝学研究部)
REST4-mediated modulation of REST/NRSF silencing function during BDNF gene promoter activation. Biochem. Biochim. Res. Commun. 290, 415-420 (2002)

Honma M, Namikawa K, Mansur K, Iwata T, Mori N, Iizuka H, and Kiyama H. (分子遺伝学研究部)
Developmental alteration of nerve injury induced glial cell line-derived neurotrophic factor (GDNF) receptor expression is crucial for the determination of injured motoneuron fate. J. Neurochem. 82, 961-975 (2002).

Nakazawa T, Nakano I, Sato M, Nakamura T, Tamai M, and Mori N. (分子遺伝学研究部)
Comparative expression profiles of Trk receptors and Shc-related phosphotyrosine adapters during retinal development: Potential roles of N-Shc/ShcC in BDNF signal transduction and modulation. J. Neurosci. Res. 68, 668-680 (2002)

Nakazawa T, Tamai M, and Mori N.  (分子遺伝学研究部)
Brain-derived neurotrophic factor protects axotomized retinal ganglion cell death via MAPK and PI3K signaling pathways, Invest. Ophth. Vis. Sci., 43 (10), 3319-3326(2002)

Iwata T, Namikawa K, Honma M, Mori N, Yachiku S, and Kiyama H. (分子遺伝学研究部)
Increased expression of mRNAs for microtubule disassembly molecules during nerve regeneration. Mol. Brain Res. 102, 105-109 (2002)

Kawashima R, Watanabe J, Kato T, Nakamura A, Hatano K, Schormann T, Sato K, Fujuda H, Ito K(生体機能研究部), Zilles K
Direction of cross-modal information transfer affects human brain activation; a PET study. Eur. J. Neurosci. 2002; 16: 137-144.

Herholz K, Salmon E, Perani D, Baron J-C, Holthoff V, Frölich L, Schönknecht P, Ito K(生体機能研究部), Mielke  R, Kalbe E, Zündorf G, Delbeuck X, Pelati O, Anchisi D, Fazio F, Kerrouche N, Desgranges B, Eustache F, Beuthien-Baumann B, Menzel C, Schröder J, Kato T,  Arahata Y, Henze M, and Heiss W-D
Discrimination between Alzheimer Dementia and Controls by Automated Analysis of Multicenter FDG PET. NeuroImage. 2002; 17; 302-316.

Momosaki S(生体機能研究部), Sun XZ, Takai N, Hosoi R, Inoue O, and Takahashi S
Changes in Histological Construction and Decrease in 3H-QNB Binding in the Rat Brain after Prenatal X-irradiation, J Radiat Res. 2002; 43, 277-282

Chapters, Reviews, 解説, 論説, その他

藤澤道子安藤富士子下方浩史(疫学研究部)
ホモシステインと痴呆.動脈硬化予防 1(2): 98-99, 2002

田平 武(センター長室)
痴呆、原因への分子遺伝学的アプローチ 金原出版 臨床放射線 Vol. 47 No. 7: 895-904, 2002

田平 武(センター長室)
家族性Alzheimer病の遺伝子異常 中外医学社CLINICAL NEUROSCIENCE  Vol. 20 No. 6: 630-632, 2002

大川弥生(老人ケア研究部) 
理学療法プログラムに生かすICF(2);リハビリテーション・プロセスへの患者・家族の主体的関与・決定.PTジャーナル 36(9):695-703,2002

大川弥生(老人ケア研究部) 
診療報酬改定からみるリハビリテーションの動向(4);“活動”重視というリハビリテーションの本質を振り返ろう.おはよう21 13(2):74-77,2002

山下 均紺谷靖英汪 幼学王 作成、佐藤祐造、森 望(分子遺伝学研究部)
「加齢に伴う肥満の進展とUCP1の役割」肥満研究Vol.8 (2), 131-135 (2002)

講演等

学会・研究会等発表

田村俊世(老人支援機器開発部)
身体拘束廃止の推進と転倒防止,第18回ライフサポート学会大会,9月6日,富山

吉村拓己,田村俊世(老人支援機器開発部)
転倒検出センサ,第18回ライフサポート学会大会,9月6日,富山

増田 泰,吉村拓己,南部雅幸中島一樹,大山康子,田村俊世,早川富博(老人支援機器開発部)
離床検出と通知による転倒・徘徊の予防,第18回ライフサポート学会大会,9月6日,富山

東 祐二,湯地忠彦,川上あきこ,鏑木 誠,小林美保子,福永誠司,藤元登四郎,中島一樹田村俊世(老人支援機器開発部)
片麻痺患者の転倒因子に関する研究,第18回ライフサポート学会大会,9月6日,富山

湯地忠彦,東 祐二,福永誠司,永迫博幸,川上あきこ,小林美保子,藤元登四郎,中島一樹田村俊世(老人支援機器開発部)
床面材質の違いによる立ち上がり動作における転倒への影響について,第18回ライフサポート学会大会,9月6日,富山

中島一樹田村俊世(老人支援機器開発部)
口腔ケア支援機器のためのトレーニングシステム,長寿科学総合研究「高齢者における口腔ケアのシステム化に関する総合的研究」研究成果発表会(一般向け),9月6日,宇都宮

田村俊世(老人支援機器開発部)
家庭内における生理情報と行動モニタリング法-概要,第17回生体・生理工学シンポジウム,9月10日,北海道

中島一樹増田泰南部雅幸田村俊世(老人支援機器開発部)
データベースの構造および利用などに関する説明,第17回生体・生理工学シンポジウム,9月10日,北海道

太田,Mikhail Svinin,羅志偉,細江繁幸,田村俊世(老人支援機器開発部)
クランク回転作業の最適軌道生成,第17回生体・生理工学シンポジウム,9月10日,北海道

Osa A, Nagata K, Tsukamoto S, Kinoshita T, Ichikawa M, and Miike H(老人支援機器開発部)
A Human-oriented Rendering based on Perception of Visual Angle and Viewing Distance, 2nd IASTED International Conference on Visualization, Imaging and Image Processing (VIIP 2002), September 9-12, Spain.

Osa a, Nagata K, Tsukamoto S, Kinoshita T, Ichikawa M, and Miide H(老人支援機器開発部),
Deformation based on perception of the human visual system, the 2nd workshop on Science of Computer Vision, September 19, Okayama

Tamura T, Nambu M, and Nakajima K(老人支援機器開発部)
Development of health and behavior monitoring : current topics in Japan, The first Japan-Korea Symposium on e-Healthcare, September 25, Seoul, Korea

 

Nakajima K, Nambu M, and Tamura T(老人支援機器開発部)
A remote health monitoring system using a pedometer and a sphygmomanometer, The first Japan-Korea Symposium on e-Healthcare, September 25, Seoul, Korea

Tamura T, Yoshimura T, Masuda Y, Nambu M, and Nakajima K(老人支援機器開発部)
Fall monitoring during daily life, The first Japan-Korea Symposium on e-Healthcare, September 25, Seoul, Korea

Nambu M, Nakajima K, and Tamura T(老人支援機器開発部)
An algorithm for evaluation of health condition in the elderly, The first Japan-Korea Symposium on e-Healthcare, September 26, Seoul, Korea

田中 愼, 宮石 理
C57BL/6Jマウスの副腎皮質, 第134回日本獣医学会学術集会, 9月19-21日, 岐阜

福川康之,中島千織,坪井さとみ,新野直明,安藤富士子,下方浩史(疫学研究部)
中高年期の夫婦関係と抑うつとの関連.日本心理学会第66回大会.広島.9月.

大藏倫博、甲田道子、安藤富士子、新野直明、下方浩史(疫学研究部)
安静時代謝の性差および老化との関連.老年医学会東海地方会.愛知.9月.

大藏倫博(疫学研究部)、田中喜代次、熊谷秋三、甲斐裕子、重松良祐、檜山輝男、佐々木悠、天貝均
動脈硬化危険因子の改善を目的とした腹部脂肪面積の基準値設定に関する研究(日本体力医学会プロジェクト研究).第57回日本体力医学会.高知.9月.

福川康之中島千織坪井さとみ新野直明安藤富士子下方浩史(疫学研究部)
中高年期の夫婦関係と抑うつとの関連.日本心理学会第66回大会.広島.2002年9月27日.

大藏倫博甲田道子安藤富士子新野直明下方浩史(疫学研究部)
安静時代謝の性差および老化との関連.日本老年医学会東海地方会.名古屋.2002年9月21日.

大藏倫博、田中喜代次、熊谷秋三、甲斐裕子、重松良祐、檜山輝男、佐々木悠、天貝均(疫学研究部)
動脈硬化危険因子の改善を目的とした腹部脂肪面積の基準値設定に関する研究(日本体力医学会プロジェクト研究).第57回日本体力医学会.高知.2002年9月29日.

森 望(分子遺伝学研究部)
Shcシグナリングによる神経分化、生存、再生応答と老化制御, 山中湖カンファレンス 9月6ー7日 山梨県山中湖村

Nakao C and Mori N(分子遺伝学研究部)
Interaction of the microtubule-destabilizing SCG10 family phosphoproteins and a mouse serine/threonine kinase homologous to C. elegans Unc-51, Unc-51 like kinase (ULK). 山中湖カンファレンス 9月6ー7日 山梨県山中湖村

Miyamoto Y and Mori N(分子遺伝学研究部)
Interaction with adapter protein N-Shc and NMDA receptor、山中湖カンファレンス 9月6ー7日 山梨県山中湖村

Mori N (分子遺伝学研究部): :N-Shc signaling and brain aging, VRIA annual meeting 9月12ー13日 東京フォーシーズンズホテル

講演など(教育・普及・広報活動)

大川弥生(老人ケア研究部)
再考:リハビリテーションにおける看護の位置づけ;訪問看護で“新しい人生を再建” 愛知県訪問看護ステーション管理者協議会研修会 2002年9月7日、名古屋

田村俊世中島一樹南部雅幸(老人支援機器開発部)
「転倒モニタ」および「幼児型人形」展示,国際福祉機器展(HCR2002),9月10日-12日,東京

田村俊世 身体拘束廃止と支援機器開発
ハイテク愛知 愛知健康プラザ 9月18日

田平 武(センター長室)
講演「ぼけない為に-アルツハイマー病の特効薬-」 第10回未来塾 in 大田 平成14年9月20日 大田

田平 武(センター長室)
学術講演「アルツハイマー病の発症機序から予防・治療法開発へ」北五医師会 学術講演会 平成14年9月27日 五所川原

田平 武(センター長室):
西北五「もの忘れ」シンポジウム〜痴ほう症について考える日〜 北五医師会 平成14年9月28日 五所川原

大川弥生(老人ケア研究部) 
病棟ADL訓練のあり方 
長寿社会福祉基金事業回復期リハビリテーション病棟研修会 2002年8月31日-9月1日、東京

大川弥生(老人ケア研究部) 
再考:リハビリテーションにおける看護の位置づけ;訪問看護で“新しい人生を再建” 愛知県訪問看護ステーション管理者協議会研修会 2002年9月7日、名古屋

大川弥生(老人ケア研究部) 
介護とリハビリテーション;「目標指向的介護」の理論と実際 島根県介護老人保健施設研究大会 2002年9月20日、松江

森 望(分子遺伝学研究部):
遺伝子からみた脳の老化と寿命制御, けいはんなサロン交流会 9月27日 けいはんなプラザ

所内活動(セミナー等)

学会・講演など予定(2か月分)

学会・研究会等発表(10月)

今井具子、森圭子、安藤富士子、新野直明、下方浩史(疫学研究部)
地域在住者における栄養補助食品からの栄養素摂取量.第61回日本公衆衛生学会総会.埼玉.10月.

大藏倫博、甲田道子、安藤富士子、新野直明、下方浩史(疫学研究部)
エストロゲン受容体αの遺伝子多型と肥満指標との関係.第23回日本肥満学会.京都.10月4日.

大藏倫博(疫学研究部)
有酸素性運動や食事制限による減量治療の効果は肥満のタイプによる影響を受けるか:反復測定の実験計画と分散分析(ワークショップ).第53回日本体育学会.埼玉.10月13日.

鷲尾昌一, 荒井由美子(老人ケア部)
要介護高齢者の主介護者の介護負担(Zaritの介護負担尺度を用いて)第61回日本公衆衛生学会総会, 2002年10月23-25日, 埼玉.

三浦宏子、山崎きよ子、荒井由美子(老人ケア部)
高齢者における咬合力の変化が全身の健康状態に及ぼす影響, 第61回日本公衆衛生学会総会, 2002年10月23-25日, 埼玉.

上田照子,荒井由美子(老人ケア部),西山利正
介護保険制度下における家族介護の状況の変化-縦断研究より-.第61回日本公衆衛生学会総会, 2002年10月23-25日, 埼玉.

田村俊世,吉村拓己,増田(老人支援機器開発部)
転倒検出モニターの開発,第40回人工臓器学会大会,10月4日,札幌

Tamura T(老人支援機器開発部)
A Water Supply Telemonitoring System as a Assistive Device for the Nurses and Caregivers, The Second Joint Meeting of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society and the Biomedical Engineering Society, 23 October, Houston, Texas USA

Nambu M, Nakajima K, and Tamura T(老人支援機器開発部)
WWW Based ECG Transfer for Home Care using JAVA Script, The Second Joint Meeting of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society and the Biomedical Engineering Society, 24 October, Houston, Texas USA

Masuda Y, Yoshimura T, Nakajima K, Nambu M, Hayakawa T, and Tamura T(老人支援機器開発部)
Unconstrained Monitoring of Prevention of Wandering the Elderly, The Second Joint Meeting of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society and the Biomedical Engineering Society, 24 October, Houston, Texas USA

Tsukamoto S, Higashi Y, Nambu M, Sekine M, Nakajima K, and Tamura T(老人支援機器開発部)
Visualization of Transfer Motion Based on Accelerometry Data in the Hemiplegic Patients, The Second Joint Meeting of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society and the Biomedical Engineering Society, 24 October, Houston, Texas USA

大川弥生(老人ケア研究部) 
がん治療におけるリハビリテーション.第40回日本癌治療学会総会 2002年10月17日,柏

鷲尾昌一, 荒井由美子(老人ケア研究部).
要介護高齢者の主介護者の介護負担(Zaritの介護負担尺度を用いて)第61回日本公衆衛生学会総会, 2002年10月23-25日, 埼玉.

三浦宏子、山崎きよ子、荒井由美子(老人ケア研究部).
高齢者における咬合力の変化が全身の健康状態に及ぼす影響, 第61回日本公衆衛生学会総会, 2002年10月23-25日, 埼玉.

上田照子,荒井由美子(老人ケア研究部),西山利正.
介護保険制度下における家族介護の状況の変化-縦断研究より-.第61回日本公衆衛生学会総会, 2002年10月23-25日, 埼玉.

学会・研究会等発表(11月)

Yonemitsu S, Higashi Y, Fujimoto T, Tamura T(老人支援機器開発部)
Research for Practical Use of Rehabilitation Support Equipment for Severe Dementia, Gerontechnology 2002, 10 November, Miami, Florida USA

Nambu M, Suenaga T, Nakajima K, Tamura T(老人支援機器開発部)
Exercise System for the Elderly using Virtual Reality, Gerontechnology 2002, 10 November, Miami, Florida USA

Horiuchi F, Higashi Y, Fujimoto T, Tamura T(老人支援機器開発部)
Effects of the Power-assisted Walk Training Device in the Hemiplegic Patient, Gerontechnology 2002, 11 November, Miami, Florida USA

Matsumoto W, Higashi Y, Fujimoto T, Tamura T(老人支援機器開発部)
The Transfer Activity to the Car in the stroke Patients for Developing the Transfer-training Simulator, Gerontechnology 2002, 11 November, Miami, Florida USA

Yuji T, Higashi Y, Fujimoto T, Tamura T(老人支援機器開発部)
Development of an Automatic Angle-controlled Bed using Vital Signs in the Patient, Gerontechnology 2002, 12 November, Miami, Florida USA

Tamura T, Yoshimura T, Nagaya M, Chihara K(老人支援機器開発部)
A Fall Analysis System, Gerontechnology 2002, 12 November, Miami, Florida USA

Tsukamoto S, Nambu M, Nakajima K, Tamura T(老人支援機器開発部)
A Simple Evaluation Method for Pressure Distribution with the Tactile Sensor in Bedridden Patient, Gerontechnology 2002, 12 November, Miami, Florida USA

Nakajima K, Sumi Y, Tamura T(老人支援機器開発部)
A Training System of Oral Care Support Equipment for Caregivers, Gerontechnology 2002, 12 November, Miami, Florida USA

今井具子森圭子安藤富士子新野直明下方浩史(疫学研究部)
3日間食事調査より求めた地域在住者の栄養補助食品摂取状況.第49回日本栄養改善学会学術総会.沖縄.11月.

講演など(教育・普及・広報活動)(10月)

大川弥生(老人ケア研究部) 
介護における科学性と人間性の両立;目標指向的介護の実践 日本介護福祉士会第9回全国研究大会 2002年10月25日、仙台

大川弥生(老人ケア研究部) 
リハビリテーションの今後 大阪府病院協会研修会 2002年10月31日、大阪

田村俊世(老人支援機器開発部)
情報通信技術を用いた在宅健康管理 一般論,日常生活情報リアルタイムセンシングシンポジウム -地方密着型福祉機器開発は可能か-,10月17日,山口

田村俊世(老人支援機器開発部)
日常生活情報リアルタイムセンシングの現状と将来 パネルディスカッション 司会,日常生活情報リアルタイムセンシングシンポジウム -地方密着型福祉機器開発は可能か-,10月17日,山口

大川弥生(老人ケア研究部)
介護に生かす本当のリハビリテーション;“目標指向的介護”をめざして 全国老人福祉施設研究会議 2002年10月16日 横浜

大川弥生(老人ケア研究部) 
介護における科学性と人間性の両立;目標指向的介護の実践 日本介護福祉士会第9回全国研究大会 2002年10月25日、仙台

大川弥生(老人ケア研究部) 
病棟ADL訓練のあり方 長寿社会福祉基金事業回復期リハビリテーション病棟研修会 2002年10月19-20日、東京

大川弥生(老人ケア研究部) 
リハビリテーションの今後 大阪府病院協会研修会 2002年10月31日、大阪

講演など(教育・普及・広報活動)(11月)

田村俊世
「ロボットの医療・福祉への応用」愛知産業技術研究所 11月21日

大川弥生(老人ケア研究部) 
車椅子偏重からの脱却 栃木県医師会介護保険研修会 2002年11月10日、宇都宮

大川弥生(老人ケア研究部) 
病棟ADL訓練のあり方 長寿社会福祉基金事業回復期リハビリテーション病棟研修会 2002年11月16-17日、熊本

大川弥生(老人ケア研究部) 
全人間的復権を語る;ICF国際生活機能分類とリハビリテーション QOL・ADL研究大会 2002年11月30日-12月1日、山口

その他

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター