文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2002年 [平成14年] 6月

新聞・雑誌等

荒井由美子(老人ケア研究部).平成13年度 若手研究者の表彰の受賞者決定に際して.長寿科学振興財団(ニュースレター)理事長賞受賞の感想文.2001(通巻29号)p4-p7.

6月21日 安藤富士子(疫学研究部)「お達者ゼミナール-生きがい 閉じこもり」(中日新聞 朝刊)

6月28日 田村俊世(老人支援機器開発部)「お達者ゼミナール-便利な介護機器」(中日新聞 朝刊)

 

論文発表等

原著論文

Kawakami O, Kaneoke Y, Maruyama K, Kakigi R, Okada T, Sadato N, Yonekura Y. (老人ケア研究部)
Visual detection of motion speed in humans: spatiotemporal analysis by fMRI and MEG. Hum Brain Mapp 16:104-18, 2002.

Yamada Y, Fujisawa M, Ando F, Niino N, Tanaka M, Shimokata H(疫学研究部)
Association of a polymorphism of the transforming growth factor–b1 gene with blood pressure in Japanese.  J Hum Genet 47; 243-248, 2002.

Yamada Y, Ando F, Niino N, Shimokata H(疫学研究部)
Transforming Growth Factor-beta1 Gene Polymorphism and Bone Mineral Density. JAMA 285: 167-168, 2001.

Kuzuya M, Ando F, Iguchi A, Shimokata H(疫学研究部)
Changes in Serum Lipid Levels During a 10-year Period in a Large Japanese Population: A Cross-sectional and Longitudinal Study. Atherosclerosis 163; 313-320, 2002.

M. Sekine, M. Akay, T. Tamura, S. C. Agner, Y. Higashi and T. Fujimoto(老人支援機器開発部)
Assessment of Complexity of Body Motion During Walking in Patients With Parkinson's Disease Using MLE-based Fractal Analysis Method, Proc. of 4th Int'l Workshop on Biosignal Interpret., pp.55-58, 2002

S.Tsukamoto, N.Ichinoseki, T.Yoshimura, M.Nambu, K.Nakajima, T.Tamura(老人支援機器開発部)
A Method for Evaluation of Pressure Distribution in the Bedridden Patient, Proc. of 4th Int'l Workshop on Biosignal Interpret., pp.291-294, 2002

N. Ichinoseki, M. Nambu, T. Suenaga, T. Tamura(老人支援機器開発部)
Estimation of Water Intake using a Water Supply Telemonitoring System, Proc. of 4th Int'l Workshop on Biosignal Interpret., pp.505-508, 2002

Tabira T, Chui DH, Kuroda S(センター長室)
Significance of intracellular Abeta42 accumulation in Alzheimer's disease. Front Biosci. 7: a44-9, 2002

Toko Shimizu, Toyojiro Matsuishi, Ryo Iwamoto, Kazuyo Handa, Hiroshi Yoshioka, Hirohisa Kato, Shigeharu Ueda, Hideo Hara, Takeshi Tabira, Eisuke Mekada(センター長室)
Elevated levels of anti-CD9 antibodies in the cerebrospinal fluid of patients with subacute sclerosing panencephalitis. The Journal of Infectious Diseases 185: 1346-50, 2002

Mizoguchi K, Yuzurihara M, Nagata M, Ishige A, Sasaki H, Tabira T(センター長室)
Dopamine-receptor stimulation in the prefrontal cortex ameliorates stress-induced rotarod impairment.Pharmacol Biochem Behav 72(3): 723-8, 2002

Yokozawa T, Nakagawa T, Kitani K(センター長室)
Antioxidative activity of green tea polyphenol in cholesterol-fed rats.  J Agric. Food Chem 50:3549-3552, 2002

向井栄一郎、渡邊英孝、森恵子、服部達哉、伊藤健吾(生体機能研究部)
左手の拙劣で発症したposterior cortical atrophyの1例.神経内科56: 359-364, 2002

Sasaki A, Masuda Y, Iwai K, Ikeda K, Watanabe K.(老年病研究部)
A RING finger protein Praja 1 regulates Dlx5-dependent transcription through its ubiquitin ligase activity for the Dlx/Msx-interacting MAGE/Necdin family protein, Dlxin-1. J Biol Chem. 277:22541-22546 2002

Chapters, Reviews, 解説, 論説, その他

大川弥生(老人ケア研究部) 
当事者と専門家との共通言語としてのICF-リハビリテーション医療と介護における活用 ノーマライゼーション 22(6):22-25,2002

大川弥生(老人ケア研究部) 
ICFの基本的な考え方をリハビリテーションの実際にいかに生かすか(2):リハビリテーション(総合)実施計画書に体現されたICFの理念(2) 理学療法ジャーナル 36(6):441-447,2002

大川弥生(老人ケア研究部) 
診療報酬改定からみるリハビリテーションの動向(2)-ICF:生活機能構造の具体化- おはよう21 12(14):60-63,2002

下方浩史、安藤富士子(疫学研究部)
Overview-老化の縦断的研究の最近の展開(日本老年医学会編)、メディカルビュー社、東京、150-153, 2002.

今井具子、下方浩史(疫学研究部)
抗酸化物質、老年病予防1;103, 2002.

大藏倫博、下方浩史(疫学研究部)
肥満と癌の関連.日本医事新報 4079; 93-94, 2002.

田平 武(センター長室):
家族性Alzheimer病の遺伝子異常 Clinical Neuroscience Vol. 20 No. 6: 630-632, 2002

田平 武(センター長室):
アルツハイマー病研究の進歩 老年医学update2002 日本老年医学会雑誌編集委員会編

メジカルビュー社p.165-180, 2002

田平 武(センター長室):
家族性痴呆症の遺伝子異常と臨床 臨床と研究vol. 79 No.6: 71-77, 2002

伊藤健吾、加藤隆司(生体機能研究部)
FDG-PET検査のがん診療への臨床応用.大腸癌.日本医学放射線学会雑誌 62: 270-277, 2002

池田恭治(老年病研究部)
加齢による骨量減少、骨粗鬆症診療ハンドブック、改訂3版、医薬ジャーナル社、pp 45-48、平成14年6月、大阪

講演等

学会・研究会等発表

大川弥生、幸加木雅恵、中村茂美、須田恵、上田敏(老人ケア研究部) 
ICF(国際生活機能分類)の実用化に関する研究(3)-活用研修プログラムの探求(2)介護支援専門員関連-.第44回日本老年医学会学術集会 2002年6月12-14日,東京

中村茂美、大川弥生、須田恵、幸加木雅恵、上田敏(老人ケア研究部) 
ICF(国際生活機能分類)の実用化に関する研究(4)-活用研修プログラムの効果(2)介護支援専門員関連-.第44回日本老年医学会学術集会 2002年6月12-14日,東京

木村伸也、川上治、工藤美奈子、篠田智子、恒川智帆、大川弥生(老人ケア研究部) 
高齢者におけるリハビリテーションに関する認識調査.第44回日本老年医学会学術集会 2002年6月12-14日,東京

大川弥生、平田亮、川上治、木村伸也、長尾光祥、中村茂美、関口春美、須田恵、工藤美奈子(老人ケア研究部) 
“活動”向上訓練の動作学的解析-整容行為-.第44回日本老年医学会学術集会 2002年6月12-14日,東京

荒井由美子(老人ケア研究部),上田照子,増井香織,杉浦ミドリ,鷲尾昌一.
介護負担増悪のリスクファクター:ZBIを利用して.第44回日本老年医学会,2002年6月12-14日,東京都.

安藤富士子,福川康之,中島千織,森圭子,今井具子,新野直明,下方浩史(疫学研究部)
地域在住高齢者の抑うつと魚介類由来脂肪摂取との関連-NILS-LSA縦断研究から-.第44回日本老年医学会学術集会.東京、6月13日. 

大藏倫博、甲田道子、安藤富士子、新野直明、下方浩史(疫学研究部)
安静時代謝の性差および老化との関連.第44回日本老年医学会学術集会.東京、6月13日.

今井具子、森圭子、安藤富士子、新野直明、下方浩史(疫学研究部)
地域在住高齢者のサプリメント摂取状況―中年群との比較.第44回日本老年医学会学術集会.東京、6月12日.

小坂井留美(名古屋大学大学院医学研究科),道用亘,都竹茂樹,安藤富士子,新野直明,下方浩史(疫学研究部)
高齢者における余暇身体活動状況と運動能力との関連.第44回日本老年医学会学術集会.東京、6月13日.

道用亘、小坂井留美、都竹茂樹、新野直明、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)
中高齢者における通常歩行中の歩幅と下肢関節角度変化.第44回日本老年医学会学術集会.東京、6月13日.

大川弥生(老人ケア研究部) 
目標指向的アプローチ 第36回日本作業療法学会 2002年5月29-6月1日 広島

M. Sekine, M. Akay, T. Tamura, S. C. Agner, Y. Higashi and T. Fujimoto(老人支援機器開発部)
Assessment of Complexity of Body Motion During Walking in Patients With Parkinson's Disease Using MLE-based Fractal Analysis Method, The 4th International Workshop on Biosignal Interpretation, June 24-26, Como, Italy

S.Tsukamoto, N.Ichinoseki, T.Yoshimura, M.Nambu, K.Nakajima, T.Tamura(老人支援機器開発部)
A Method for Evaluation of Pressure Distribution in the Bedridden Patient, The 4th International Workshop on Biosignal Interpretation, June 24-26, Como, Italy

N. Ichinoseki, M. Nambu, T. Suenaga, T. Tamura(老人支援機器開発部)
Estimation of Water Intake using a Water Supply Telemonitoring System, The 4th International Workshop on Biosignal Interpretation, June 24-26, Como, Italy

大藏倫博、甲田道子、安藤富士子、新野直明、下方浩史(疫学研究部)
安静時代謝の性差および老化との関連.第44回日本老年医学会学術集会.東京、6月13日.

小坂井留美,道用亘,都竹茂樹,安藤富士子,新野直明,下方浩史(疫学研究部)
高齢者における余暇身体活動状況と運動能力との関連.第44回日本老年医学会学術集会.東京、6月13日.

今井具子、森圭子、安藤富士子、新野直明、下方浩史(疫学研究部)
地域在住高齢者のサプリメント摂取状況―中年群との比較.第44回日本老年医学会学術集会.東京、6月12日.

道用亘、小坂井留美、都竹茂樹、新野直明、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)
中高齢者における通常歩行中の歩幅と下肢関節角度変化.第44回日本老年医学会学術集会.東京、6月13日.

原 英夫、田平 武(センター長室):
アストロサイト由来の免疫抑制因子によるEAEの治療、第43回日本神経学会総会 2002年5月28日 札幌

清水透子、原 英夫、田平 武、松石豊次郎(センター長室)
亜急性硬化性全脳炎における髄液中抗CD9抗体の病的意義の検討、第43回日本神経学会総会 2002年5月28日 札幌

武藤多津郎、濱野忠則、得田 彰、栗山 勝、田平 武(センター長室):
PS-1変異のガングリオシド(Gg)合成に及ぼす影響の解明、2002年5月28日 札幌

濱野忠則、武藤多津郎、得田 彰、栗山 勝、田平 武(センター長室)
変異型 PS1の神経成長因子受容体に及ぼす影響、2002年5月28日 札幌

荒木 亘、武田和也、田平 武(センター長室):プレセニリン遺伝子変異による細胞内Aβの変化の解析、2002年5月29日 札幌

Kitani K, Osawa T(センター長室)
Tetrahydrocurcumin prolongs survival curves of male C57BL mice. 31th Annual Meeting of American Aging Association  June 7-10, San Diego

木谷健一(センター長室)
プロパジラミン類の抗酸化酵素活性上昇作用―デプレニルの動物生存曲線延長作用との関係 第44回日本老年医学会 6月13,14日 東京

Hatano K, Suzuki M, Ogawa M, Kawasumi Y, Tsukada H and Ito K(生体機能研究部)
PET measurement of dopamine transporters in rat brain with [11C]b-CFT: an implication in aging. “New Perspectives of Receptor Imaging by PET”, June 1, 2002, Sendai, Japan

Takashi Kato, Atsuko Nagano-Saito, Yutaka Arahata, Yuji Abe, Akinori Nakamura, Mikako Ogawa, Miho Shidahara, Yasuhiro Kawasumi, Kentaro Hatano, Katsunari Iwai, Takako Yamada, Y Niwa, Yukihiko Washimi, Teruhiko Kachi, Kengo Ito.(生体機能研究部)
[F-18] fluorodopa uptake change in Parkinsonユs disease with dementia. “New Perspectives of Receptor Imaging by PET”, June 1, 2002, Sendai, Japan

Shidahara M, Watabe H, Kim K, Nakamura T, Kato T, Ito K and Iida H(生体機能研究部)
Optimal Scan Time of Oxygen-15-Labeled Gas inhalation Method for Measurement of Cerebral Oxygen Extraction Fraction. “Society of Nuclear Medicine“, 2002, June 15-19 LA, USA

Shidahara M, Watabe H, Hayashida K, Kim K, Nakamura T, Kato T, Ito K and Iida H(生体機能研究部)
Utilization of Dynamic Sinogram using ECAT EXACT and 15O-labeled Compounds for Accurate rCBF, rOEF. “Society of Nuclear Medicine“, 2002, June 15-19 LA, USA

白石里支、加藤克彦、二橋尚志、阿部真治、西野正成、石垣武男,池田 充,木村智政,田所匡典,小林英敏,齋藤敦子,加藤隆司,伊藤健吾(生体機能研究部)
慢性疼痛患者における[F-18]FDG による脳PETの評価.第55回日本核医学会中部地方会 2002年6月22日 福井医科大学,福井市

岩井克成,祖父江元,新畑 豊(名古屋大神内),阿部祐士,丹羽央佳,山田孝子,鷲見幸彦,加知輝彦(国療中部病院神内),加藤隆司,伊藤健吾(生体機能研究部)
パーキンソン病における18F-FDOPAおよび18F-FDG PET画像の縦断的研究.第43回日本神経学会総会 2002年5月29日 札幌市

Atsuko Nagano-Saito, Yutaka Arahata, Yuji Abe, Yukihiko Washimi, Takako Yamada, Akinori Nakamura, Katsushige Iwai, Kengo Ito, Teruhiko Kachi, Kentaro Hatano, Takashi Kato, Yasuhiro Kawasumi, Syoji Kawatsu.
Specific regions related with dementia and visual hallucination in Parkinson’s disease. -A fluorodeoxyglucoce (FDG) positron emission tomography (PET) study- The 8ths International Conference on Functional Mapping of the Human Brain, June 5 2002, Sendai, Japan.

Mesolimbic dopaminergic system may play important roles in Parkinson’s disease. Atsuko Nagano-Saito, Yutaka Arahata, Yuji Abe, Yukihiko Washimi,  Takako Yamada, Akinori Nakamura, Katsunari Iwai, Kengo Ito, Teruhiko Kachi, Kentaro Hatano, Takashi Kato, Yasuhiro Kawasumi, Rikio Kato, Yoshiko Aihara, Mikako Ogawa, Akira Tsuji, and Shoji Kawatsu.
The 49th Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine, June 16, 2002, LA, USA

池田恭治(老年病研究部)
ビタミンDと癌、信州カルシウム代謝談話会特別講演、6月1日、信州大学附属病院

池田恭治(老年病研究部)
ストレス応答と老化、ホルモンと老化研究会、6月12日、東京

日比(古川)陽子荒木(吉田)聖美、太田力、池田恭治本山 昇(老年病研究部)
フォークヘッド型転写因子FOXOファミリーによるストレス応答遺伝子GADD45の転写制御。第25回日本基礎老化学会大会、5月17、18日、つくば

講演など(教育・普及・広報活動)

大川弥生(老人ケア研究部) 
リハビリテーション:みえるものみえないもの-新しい人生をリセットするには- ホームヘルスケア西日本2002総合会議 2002年6月20日 福岡

田村俊世(老人支援機器開発部)
高齢社会へのロボット技術の応用,ロボメカ2002 日本機械学会ロボテックス・メカトロニクス部門大会,6月8日,島根

中島一樹(老人支援機器開発部)
長寿医療研究センターの紹介,自動車技術会中部支部第1回高齢者運転適正研究委員会,6月18日,名古屋大学工学部

伊藤健吾(生体機能研究部)
画像による脳機能への多角的アプローチ 第5回兵庫脳循環代謝研究会 2002年6月29日 神戸市

所内活動(セミナー等)

NILS Seminar 槙島 誠(大阪大学大学院)
「胆汁酸センサーとして機能する核内レセプター」6月19日(老年病研究部)

学会・講演など予定(2か月分)

学会・研究会等発表(7月)

田中 愼, 塩川一夫, 宮石 理(共同利用室)
SAMマウスの繁殖に及ぼす飼育環境・栄養環境の影響 2. 国立療養所中部病院長寿医療研究センター. SAM研究協議会, 第18回研究発表会, ワークショップ, 7月4-6日, 宝塚

田中 愼, 山本 貴子, 宮石 理, 伊藤 美武
飼料を介した生存曲線の修飾から考えられること 平成14年度東海実験動物研究会, 7月13日, 名古屋

山本 貴子, 田中 愼
F344/Nラット繁殖特性の加齢変化 平成14年度東海実験動物研究会, 7月13日, 名古屋

上田照子、荒井由美子(老人ケア研究部)
介護保険制度下における家族介護の状況の変化 -縦断研究より-.第44回日本老年社会科学会,2002年7月4-5日,福岡市.

福川康之、中島千織、坪井さとみ、新野直明、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)
中高年の社会的ネットワークの年代別特徴.第44回日本老年社会科学会大会.福岡、7月4日.

中島千織、福川康之、坪井さとみ、新野直明、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)
老年男女における世帯構成および自律性と抑うつとの関連.第44回日本老年社会科学会大会.福岡、7月4日.

今井具子、森圭子、安藤富士子、新野直明、下方浩史(疫学研究部)
地域在住中高齢者における栄養補助食品摂取状況.第56回日本栄養・食糧学会大会.札幌、7月20日.

Hatano K, Suzuki M, Ogawa M, Kawasumi Y, Tsukada H and Ito K(生体機能研究部)
Age-related decline of dopamine transporter in F344/N rat striatum revealed by PET and [11C]b-CFT. Neuroreceptor  Mapping  2002,  July 19-22, Oxford, UK

学会・研究会等発表(8月)

太田憲(老人支援機器開発部)
第16回Tateshina Habilis,8月30日〜9月1日,長野

講演など(教育・普及・広報活動)(7月)

上田照子、荒井由美子(老人ケア研究部)
介護保険制度下における家族介護の状況の変化 -縦断研究より-.第44回日本老年社会科学会,2002年7月4-5日,福岡市.

大川弥生(老人ケア研究部) 
病棟ADL訓練のあり方 回復期リハビリテーション病棟研修会 2002年7月14-15日、京都

大川弥生(老人ケア研究部) 
「目標指向的介護」の理念と実践 介護福祉教育学会 2002年7月26日、岐阜

大川弥生(老人ケア研究部) 
“活動”再考-ICF(国際生活機能分類)からの考察 精神科作業療法学会全国研修会 2002年7月27日、兵庫

田中 愼
Establishment and Characterization of Aging and/or Aged F344/N Rats at NILS Aging Farm as an Aging Model Animal. International Symposium conducted by Silver Biotechnology Center of RRC, Korea, 7月17-19日, Chunchon

伊藤健吾(生体機能研究部)
画像で解析する高齢者の脳機能 第3回ニューロイメージング研究会 2002年7月3日 京都市

伊藤健吾(生体機能研究部)
SPECT, PETによる臨床イメージング(社)日本アイソトープ協会理工学部会サマースクール 2002年7月18日 岩手県岩手郡滝沢村

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター