文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2002年 [平成14年]2月

新聞・雑誌等

2月1日 田村俊世(老人支援機器開発部) 支援機器紹介-身体拘束禁止と転倒シンポジウム(Aging&Health No.20)

2月26日 田村俊世、吉村拓巳(老人支援機器開発部) 「高齢者の転倒計測装置」(日経産業新聞)

2月9日 安藤富士子(疫学研究部)「高齢者うつに脂質摂取関連」(共同通信社)

2月1日 下方浩史(疫学研究部)「夢ふくらむ長寿科学の将来-老年病分野 動脈硬化、悪性新生物、骨粗鬆症、糖尿病・内分泌、薬物療法など」(Aging & Health 20号)

2月15日 安藤富士子(疫学研究部)高齢者糖尿病治療のコンセンサス形成に向けて〜生活習慣におけるエビデンス〜 (DITN 2002-2 No.288)

2月22日 安藤富士子(疫学研究部)「高齢者うつに脂質摂取関連」(埼玉新聞)

2月23日 (NHKテレビ) 大川弥生(老人ケア研究部) NHKスペシャル:車椅子から立ち上がれ;脳卒中のリハビリ革命

清水透子、原 英夫、松石豊次郎、二瓶健次、高須俊明、三木健司、吉岡博、目加多英輔、田平 武(センター長室) 亜急性硬化症全脳炎における髄液中抗CD9抗体の病的意義の検討 Neuroimmunology Vol. 10, No.1, 2002.

論文発表等

原著論文

南部雅幸、末永貴俊、一関紀子、中島一樹、田村俊世(老人支援機器開発部)、
情報通信ネットワークを用いた高齢者自立支援システム「e-house」の開発、ライフサポート学会誌、Vol.13、No.4、pp.26-33、2001

Kajioka T, Tsuzuku S, Shimokata H, Sato Y(疫学研究部)
Effects of intentional weight cycling in non-obese young women. Metabolism 51; 149-154, 2002.

Kishida N, Imai T, Ando F, Niino N, Shimokata H(疫学研究部)
Regional comparison of nutrition and diet through dietary record and food frequency questionnaire. 県立広島女子大学生活科学部紀要 7; 31-40, 2001

Matsuu K, Washio M, Arai Y, Higashi H, Saku Y, Tokunaga S, Ide S.(老人ケア研究部)
Depression among caregivers of elderly patients on chronic hemodialysis.Fukuoka Acta Med 2001; 92(9): 319-324.

Ito K, Nagano-Saito A, Kato T, Arahata Y, Nakamura A, Kawasumi Y, Hatano K, Abe Y, Yamada T, Kachi T, Brooks DJ.
Striatal and extrastriatal dysfunction in Parkinson's disease with dementia. A 6-[18F]fluoro-L-dopa PET study. Brain (in press).

Chapters, Reviews, 解説, 論説, その他

田村俊世(老人支援機器開発部)
夢ふくらむ長寿科学の将来「一般普及を目指し、廉価で、高齢者に使いやすい機器を」、Aging & Health、No.20、pp.15、2002.

田村俊世(老人支援機器開発部)
巻頭言:特集号「e-house, e-healthcare」にあたって、ライフサポート学会誌、Vol.13、No.4、pp.26-33、2001

大川弥生(老人ケア研究部) 
医学的リハビリテーション ソーシャルワーカーのための医学 有斐閣 199-224 2002

大川弥生(老人ケア研究部) 
「車椅子偏重からの脱却」をデータから考える;介護の質の向上と、科学性を求めて おはよう21 12(9):58-61,2002

大川弥生(老人ケア研究部) 
回復期リハビリテーション病棟のプログラムと作業療法士の役割 作業療法ジャーナル 36(3):193-201,2002

田平 武(センター長室)
開発進むアルツハイマー病の根治療法 バランスよい食事と運動でできる予防。老健Vol. 12 No. 11 平成14年2月号

田平 武(センター長室)
手が届くところまできたアルツハイマー病の完治薬。南山堂 治療 vol. 84 No.2: 143-145, 2002.

書物等

池田恭治(老年病研究部)、福本誠二(編集)
PTH/PTHrPの基礎と臨床、医薬ジャーナル社、2002年2月1日

講演等

学会・研究会等発表

中島千織、福川康之、坪井さとみ、新野直明、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)
中高年者における生活満足度とその関連要因―自律性と活動能力の観点から―.第3回日本健康支援学会、2002年2月17日、福岡

甲田道子、大藏倫博、安藤富士子、新野直明、下方浩史(疫学研究部)
内臓脂肪面積と生活習慣病危険因子との関係-年代による違い-.第3回日本健康支援学会、2002年2月17日、福岡

池田恭治(老年病研究部)
骨粗鬆症の病態と破骨細胞の分化、第23回骨・カルシウム代謝研究会、2002年2月22日、京都

Tabira T.(センター長室)
Cadasil In Japan And Processingof Notch3 In Transfectedcells. Second International Congress on Vascular Dementia, 26 Jan.Salzburg

TabiraT.(センター長室)
Molecular genetics of Aging and Dementia. The Ninth International Conference: Peace through Mind/Brain Science, 31 Jan. 2002 Hamamatsu

講演など(教育・普及・広報活動)

吉村拓巳(老人支援機器開発部)
転倒防止のための支援機器、日本生活支援工学会第1回シンポジウム 転倒転落防止のための支援工学、2月23日、東京

田村俊世(老人支援機器開発部)
身体拘束廃止に役立つ福祉機器、「高齢者の拘束ゼロを目指して」シンポジウム、2月24日、大府市

田中 愼(共同利用室)
加齢実験動物を用いた老化研究 –F344/Nの加齢特性- 金沢大学動物実験施設セミナー 2002 2 13

田平 武(センター長室)
多発性硬化症の自己免疫機序 第2回神奈川免疫性脳・神経疾患研究会 2002年2月1日 横浜

木谷健一(センター長室) 
第2の人生を健康に心豊かに生きる 美浜町社会福祉協議会 講演会 平成14年2月14日 愛知県知多郡美浜町

所内活動(セミナー等)

NILSセミナー 近藤宣昭先生(三菱化学生命科学研究所) 
冬眠は長寿を実現するか!? 2月14日 長寿医療研究センターセミナー室(老年病研究部)

NILSセミナー 新飯田俊平先生(広島大学歯学部) 
破骨細胞分化とVEGF 2月15日 長寿医療研究センターセミナー室(老年病研究部)

NILSセミナー 中別府雄作先生(九州大学生体防御医学研究所) 
老化における活性酸素によるゲノム障害とその防御機構の解明 2月22日 長寿医療研究センターセミナー室(老年病研究部)

NILSセミナー 新飯田俊平先生(広島大学歯学部) 
新規骨吸収因子について 2月28日 長寿医療研究センターセミナー室(老年病研究部)

学会・講演など予定(2か月分)

学会・研究会等発表(3月)

田中 愼・山本 貴子(共同利用室)
実験動物の加齢特性 –F344/Nに注目して- 第75回 中部地区老年医学談話会 2002 3 2 名古屋

桑原 佐知・塚本 康浩・小川 和重・田中 愼・佐々木 文彦(共同利用室)
マウス視床下部におけるソマトスタチンニューロンの加齢変化 第133回日本獣医学会学術集会 2002 3 29 川崎

田中 愼・伊藤 美武(共同利用室)
Donryuラットにおける制限給餌効果 第133回日本獣医学会学術集会 2002 3 30 川崎

Kazunori Tomita, Daisuke Izawa, Tsutomu Kodaira, Tatsuya Kibe, Kikuo Watanabe,Akira Matsuura and Masaru Ueno. (老年病研究部) 
The roles of the Rad50 complex and the ku70 complex at the DNA ends.  The second international fission yeast meeting, Kyoto, March 25-30,2001.

小川美香子, 籏野健太郎 川角保弘, 伊藤健吾(生体機能研究部), 大石真也, 藤井信孝, 山本幹夫, 味戸慶一, 三宅義徳, 飯田秀博
ペプチドの[18F]AcOFによる直接フッ素標識法の開発 日本薬学会第112年会 2002年3月26〜28日(千葉)

所内活動(セミナー等)(3月)

山本 貴子・田中 愼(共同利用室) 
NILS研究発表会 2002 3 8 大府

中村岳史(分子遺伝学研究部)
センター研究発表会「神経シグナルと脳の老化」2002年3月8日, NILS.

森井博史(分子遺伝学研究部)
センター研究発表会「神経突起伸展調整と脳の老化」2002年3月8日, NILS.

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター