文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2001年 [平成13年] 9月

新聞・雑誌等

論文発表等

原著論文

田平 武(センター長) 
第17染色体にリンクするfrontotemporal dementia. 神経内科 55: 111-115, 2001.

Maehara K, Oh-Hashi K and Isobe K.(老化機構研究部)
Early growth-responsive-1-dependent manganese superoxide dismutase gene transcription mediated by platelet-derived growth factor.  FASEB J. 2001 Sep;15):2025-6.

Michikawa M, Gong JS, Fan QW, Sawamura N and Yanagisawa K.(痴呆疾患研究部)
A novel action of Alzheimer's amyloid beta-protein (Ab): oligomeric Ab promotes lipid release.  J Neurosci. 21(18):7226-35, 2001.

Terauchi A, Hayashi K, Kitamura D, Kozono Y, Motoyama N and Azuma T.(老年病研究部)
A pivotal role for Dnase I-sensitive regions 3b and/or 4 in the induction of somatic hypermutation of IgH genes.  J. Immunol. 167: 811-820, 2001.

Arai Y.(老人ケア研究部) 
Japan's new long-term care insurance.  Lancet; 357(9269): 1713, 2001.

中島一樹、久野弘明、糸卆川牧子、鈴木美恵子、田村俊世、柳澤信夫、井形昭弘(老人支援機器開発部)
無臭型ポータブルトイレ使用時の病室内臭気評価、Geriatric Medicine、39、9、1501-1507、2001.

Nagano-Saito A(生体機能研究部), Kato T and Wakabayashi T, et al. 
High- and moderately high-methionine uptake demonstrated by PET in a patient with a subacute cerebral infarction.  Annals of Nuclear Medicine, 15(4): 387-391, 2001.

解説・論説・その他

Kitani K, Minami C, Yamamoto T, Maruyama W, Kanai S, Ivy GO and Carrillo MC.(センター長室) 
Do antioxidant strategies work against aging and age-associated disorders?  Propargylamines. : A possible antioxidant strategies.  Ann NY Acad Sci. 928:248-260.

下方浩史、大藏倫博、安藤富士子(疫学研究部)
長寿のための肥満とやせの研究.肥満研究 7;98-102, 2001.

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
アルツハイマー病 -基礎研究から創薬へ- ヒューマンサイエンス 12:4-15, 2001.

池田恭治(老年病研究部)
ビタミンDの骨代謝調節作用、医学のあゆみ 198:606-610, 2001.

大川弥生(老人ケア研究部)
介護に生かす障害構造と国際障害第2版;ICF:生活機能・障害・健康の国際分類(4) おはよう21 12(4):56-59,2001

講演等

学会・研究会等発表

田平 武(センター長) 
CADASILの臨床と病理。アルツハイマー病の血管因子に関する研究会 2001年9月1日 京都

Tabira T, Hara H and Fazekas G.(センター長)
Identification of astorocyte-derived genes that induce apoptosis of autoreactive T cells.  6th Internat Congr Neuroimmunol.  Sept 6th, 2001, Edinburgh.

田平 武(センター長)
アルツハイマー病の基礎から臨床へ 日本老年医学会東海地方会特別講演 2001年9月22日 名古屋

Isobe K, Takeuchi A, (老化機構研究部) Mishina Y and Miyaishi O. 
Haplo-Inaufficiency of SPD, A Zn-Finger transcription factor, causes loss of primordial germ cells and neural tube defection male mice. Mechanisms of Eukaryotic Transcription.  Cold Spring Harbor Laboratory, August 29-Sept. 2, 2001, New York, USA.

Maehara K, Isobe K.(老化機構研究部) 
Transcriptional regulation of Manganase Superoxide dismutase gene mediated by histone deacetylase inhibitor.  Cold Spring Harbor Laboratory, August 29-Sept. 2, 2001, New York, USA.

泉 七衣、森 望(分子遺伝学研究部) 
神経細胞分化の規定要素としての神経選択的サイレンサー(NRS)のレパートリーとその進化的意義、Neuro2001(第24回日本神経科学・第44回日本神経化学合同大会) 9月26〜28日 京都国際会館 京都市

森井博史、中野伊津子、山田登美子、森 望(分子遺伝学研究部) 
神経特異的微小管調節因子SCG10のリン酸化制御及び神経突起伸展での役割、Neuro2001(第24回日本神経科学・第44回日本神経化学合同大会) 9月26〜28日 京都国際会館 京都市

中村岳史、佐藤仁彦、小島拓哉、森 望(分子遺伝学研究部) 
神経栄養因子シグナリングにおけるアダプター分子N-Shcの特異的アウトプット、Neuro2001(第24回日本神経科学・第44回日本神経化学合同大会) 9月26〜28日 京都国際会館 京都市

中澤 徹、玉井 信、森 望(分子遺伝学研究部) 
網膜発達におけるShc, Trk関連遺伝子の発現変化および視神経切断モデルにおけるBDNFを介するシグナル伝達、Neuro2001(第24回日本神経科学・第44回日本神経化学合同大会) 9月26〜-28日 京都国際会館 京都市

Mori N.(分子遺伝学研究部) 
Molecular basis of the loss of neuronal plasticity in the aged brain: From gene transcription to neural remodeling、Neuro2001(第24回日本神経科学・第44回日本神経化学合同大会) 9月26〜28日 京都国際会館 京都市

Mori N.(分子遺伝学研究部) 
Molecular struggles of the retinal ganglion cells against axotomy: From neural-specific phosphotyrosine signaling to neuronal growth response、International Symposium on Development and Regeneration of Retina and Optic Nerve; Relevance to Functional Restoration of Vision 9月29日 京都リサーチパーク 京都市

大藏倫博、甲田道子、小坂井留美、道用 亘、安藤富士子、新野直明、下方浩史(疫学研究部)
中高年者における大腿周囲長と大腿部組成および筋力発揮特性との関係 第56回日本体力医学会 2001年9月19〜21日 仙台

内田育恵、中島 務、新野直明、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)
一般住民における聴覚に関する意識と聴力評価 第106回日本耳鼻咽喉科学会東海地方部会連合講演会 2001年9月9日 名古屋

道用 亘、小坂井留美、都竹茂樹、新野直明、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)
中高齢者における歩行動作の特徴 -3次元映像解析法を用いて- 第12回日本老年医学会東海地方会 2001年9月22日 名古屋

小坂井留美、道用 亘、安藤富士子、新野直明、下方浩史、矢部京之助、池上康男、宮村実晴(疫学研究部)
中高年女性の歩行速度の加齢変化に関連する要因の検討 第56回日本体力医学会 2001年9月19〜21日 仙台

梅垣宏行、野村秀樹、中村 了、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)、山本さやか、葛谷雅文、井口昭久
大学病院老年科病棟における入院時総合機能評価と退院先との関係の検討 第12回日本老年医学会東海地方会 2001年9月22日 名古屋

中島千織、福川康之、坪井さとみ、新野直明、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)
中高年者におけるIQ低下、自律性と抑うつとの関連—縦断的検討— 第12回日本老年医学会東海地方会 2001年9月22日 名古屋

柳澤勝彦、道川 誠、林 秀樹、澤村直哉、松崎勝巳(痴呆疾患研究部)
脂質代謝とアルツハイマー病の分子病理 第44回 日本神経化学会 9月26〜28日 京都

道川 誠、范 企文、ユ ウェイ、千田隆夫、キョウ 建生、ゾウ クン、柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
培養神経細胞におけるコレステロールによる樹状突起伸長調節作用の検討 第44回 日本神経化学会 9月26〜28日 京都

駒野宏人、川村勇樹、蔡 暁蕊、川市正史、北村俊雄、柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
新規スクリーニング法によるg-セクレターゼ活性調節因子cDNAの同定について 第44回 日本神経化学会 9月26〜28日 京都

蔡 暁蕊、川村勇樹、小亀浩市、宮田敏行、柳澤勝彦、駒野宏人(痴呆疾患研究部) 
g-セクレターゼ活性を促進する因子 第44回 日本神経化学会 9月26〜28日 京都

Ikeda K and Watanabe K.(老年病研究部) 
Pathogenesis of estrogen-deficient osteoporosis: role of hematopoietic cells in accelerated osteoclastic bone resorption.  1st International Conference on Bone and Mineral Research, September 15-19,2001, Beijing, China.

Washio M and Arai Y.(老人ケア研究部)
 The new public long-term care insurance system and the feeling of care burden among caregivers of the frail elderly in rural Japan.  The 3rd Asian-Pacific Congress of Epidemiology:IEA Regional Scientific Meeting in Japan, 2001 September 3-6, Kitakyushu, Japan.

Ito K.(生体機能研究部)  
Dopaminergic impairment and cortical dysfunction in Parkinson's disease.  A PET study. International symposium PET in neurodegenerative disorders, September 22, Kyoto.

講演など(教育・普及・広報活動)

木谷健一(センター長室) 
「21世紀の長寿社会と我々の心身の健康」 平成13年度財団法人秋山記念生命科学振興財団 9月12日 札幌

大川弥生(老人ケア研究部) 
回復期リハビリテーション病棟のあり方 回復期リハビリテーション病棟研修会 平成13年9月8〜9日 東京

大川弥生(老人ケア研究部)
施設リハビリテーションの現状と課題 平成13年9月21日 青森

大川弥生(老人ケア研究部) 
ICF(WHO国際障害分類改訂版)の改定のポイントと具体的活用法 平成13年9月22日 福島

大川弥生(老人ケア研究部) 
回復期リハビリテーション病棟のあり方 回復期リハビリテーション病棟研修会 平成13年9月28〜29日 北海道

吉村拓巳(老人支援機器開発部) 
転倒の自動記録 シンポジウム 身体拘束禁止と転倒 9月15日 知多郡東浦町

田村俊世(老人支援機器開発部) 
研究会委員長挨拶、市民講座「21世紀の福祉・医療とIT」−だれもが使えるITをめざして(ITのユニバーサルデザイン)− 9月22日 函館

南部雅幸(老人支援機器開発部) 
福祉・医療とITの現状、市民講座「21世紀の福祉・医療とIT」−だれもが使えるITをめざして(ITのユニバーサルデザイン)− 9月22日 函館

中島一樹(老人支援機器開発部) 
高齢者用看護・介護モニター 中国地域研究開発交流会2001 in 山口 9月21日 宇部

所内活動(セミナー等)

NILS Seminar 小守 壽文 先生(大阪大学医学部) 骨芽細胞、軟骨細胞分化とCbfa1/Runx2 9月5日 長寿医療研究センターセミナー室(老年病研究部)

NILS Seminar 上田 実 先生(名古屋大学医学部)
実用化されている再生医療 9月25日 長寿医療研究センターセミナー室(老年病研究部)

NILS Today(室長セミナー) 本山 昇、松浦 彰(老年病研究部)
ゲノム維持と老化 9月19日 長寿医療研究センターセミナー室

学会・講演など予定(2か月分)

学会・研究会等発表 (月)

大藏倫博、甲田道子、新野直明、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部) 
中高年者における安静時代謝と体組成および脂肪分布との関係 第22回日本肥満学会 2001年10月11〜12日 前橋

下方浩史、安藤富士子(疫学研究部) 
シンポジウム II Mild Cognitive Impairment(MCI)とアルツハイマー病の早期診断 2.MCIの疫学調査・縦断研究 日本痴呆学会 2001年10月4〜5日 津

Matsuo K, Radolf M, Auer H, Steinlein P and Wagner EF.(老年病研究部) 
Negative regulation of osteoclast differentiation by c-Fos-dependent transcriptional activation of interferon-inducible genes.  The 23rd annual meeting, American Society for Bone & Mineral Research.  10月12日〜16日 Phoenix, Arizona, USA.

Hishiya A, Mizuno K, Niikura Y, Sasaki A, Ikeda K and Watanabe K.(老年病研究部) 
DDR2, a collagen receptor, interacts with Jab-1 and activates MMP1 promoter through AP-1.  The 23rd annual meeting, American Society for Bone & Mineral Research.  10月12日〜16日 Phoenix, Arizona, USA.

Sasaki A, Ikeda K and Watanabe K.(老年病研究部)
The transcription function of Dlx5 is regulated by a RING-finger protein praja-1 through ubiquitin-dependent degradation of Dlxin-1, a Dlx/Msx-interacting protein.  The 23rd annual meeting, American Society for Bone & Mineral Research.  10月12日〜16日  Phoenix, Arizona, USA.

Watanabe K, Uchiyama Y, Sugita A, Takeda S, Hishiya A and Ikeda K.(老年病研究部) 
Role of T cells and T to B signaling through CD40 in the pathogenesis of estrogen deficient osteoporosis.  The 23rd annual meeting, American Society for Bone & Mineral Research.  10月12日〜16日 Phoenix, Arizona, USA.

荒井由美子、杉浦ミドリ、増井香織、上田照子、三浦宏子、工藤 啓、鷲尾昌一(老人ケア研究部)
在宅介護破綻と介護者の抑うつ症状・介護負担:縦断的研究 第60回日本公衆衛生学会総会 2001年10月31日〜11月2日 香川

上田照子、荒井由美子(老人ケア研究部)
要介護度と家族の介護負担との関連について 第60回日本公衆衛生学会総会 2001年10月31日〜11月2日 香川

三浦宏子、山崎きよ子、荒井由美子(老人ケア研究部)
高齢者の咀嚼機能と認知機能に関する検討 第60回日本公衆衛生学会総会 2001年10月31日〜11月2日 香川

工藤 啓、佐々木裕子、右田周平、荒井由美子(老人ケア研究部)
健康日本21地方計画 市町村における策定手法について 第60回日本公衆衛生学会総会 2001年10月31日〜11月2日 香川

Tamura T, Sekine M, Kuno H, Fujie M, Mori A and Andoh K.(老人支援機器開発部)
Evaluation of Walkers for Elderly People, 23rd Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, 25-28 October, Istanbul, Turkey.

Ichinoseki N, Yoshimura T, Nambu M and Tamura T.(老人支援機器開発部) 
Evaluation of a Canopy System and a Simple Calorimeter for Resting Metabolism Using a Respiratory Simulator, 23rd Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, 25-28 October, Istanbul, Turkey.

Nakajima K, Nakamura K, Yonemitsu S, Oikawa D, Ito A, Higashi Y, Fujimoto T, Nambu M and Tamura T.(老人支援機器開発部)
Animal-Shaped Toys as Therapeutic Tools for Patients with Severe Dementia, 23rd Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, 25-28 October, Istanbul, Turkey.

Higashi Y, Sekimoto M, Horiuchi F, Kodama T, Yuji T, Fujimoto T, Sekine M and Tamura T.(老人支援機器開発部) 
Monitoring Rehabilitation Training for Hemiplegic Patients by Using a Tri-Axial Accelerometer, 23rd Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, 25-28 October, Istanbul, Turkey.

Horiuchi F, Kadoya R, Higashi Y, Fujimoto T, Sekine M and Tamura T.(老人支援機器開発部) 
Evaluation by Accelerometry of Walking Pattern Before Falls in Hemiplegic Patients, 23rd Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, 25-28 October, Istanbul, Turkey

Yonemitsu S, Nakamura K, Itoh A, Higashi Y, Fujimoto T, Tamura T, Nakajima K, Nambu M and Uno H.(老人支援機器開発部) 
Virtual Baby Used as a Virtual Environment for Patients with Severe Dementia, 23rd Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, 25-28 October, Istanbul, Turkey.

Takatoshi S, Masayuki N, Tomohiro T, Osamu O, Tamura T and Kunihiro C.(老人支援機器開発部) 
A Tele-Instruction System for Ultrasound Probe Operation Based on Shared AR Technology, 23rd Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, 25-28 October, Istanbul, Turkey.

籏野健太郎、川角保広、伊藤健吾(生体機能研究部)
ワンポット法によるβ-Adrenergic受容体測定剤炭素-11標識Carazololの合成 第41回日本核医学会総会 2001年10月17〜19日 金沢

伊藤健吾(生体機能研究部)
パーキンンソニズムを伴う痴呆の画像解析,シンポジウム「痴呆研究の最前線」,第2回脳神経核医学研究会 2001年10月19日 金沢

講演など(教育・普及・広報活動(10月)

伊藤健吾(生体機能研究部)
PETの臨床応用—腫瘍の診断と痴呆性疾患への応用について—,平成13年度日本医師会生涯教育講座 2001年10月23日 名古屋

講演など(教育・普及・広報活動)(11月)

大川弥生(老人ケア研究部)
ターミナルのリハビリテーション 日本看護協会緩和ケアナース研修会 平成13年11月1日 神戸

大川弥生(老人ケア研究部)
理学療法に生かすICF(WHO国際障害分類改定版) 第41回近畿理学療法学術集会 平成13年11月11日 京都

大川弥生(老人ケア研究部)
がん患者のリハビリテーション 日本看護協会がん患者のサポートシステム研修会 平成13年11月29日 神戸

その他

平成13年9月15日 身体拘束禁止と転倒シンポジウム
(主催:長寿科学振興財団ほか5団体)

日時:平成13年9月15日(土)午後1時−4時55分
場所:あいち健康プラザ プラザホール
開会の辞(荻原隆二:長寿科学振興財団常務理事)

  1. 特別講演(座長:太田壽樹,国立療養所中部病院病院長)
    井形昭弘(あいち健康の森健康科学総合センター長)
    「身体拘束ゼロ作戦の意義」
    齋藤正男(東京電機大学工学部教授)
    「拘束ゼロ作戦とハード分科会」
  2. 現場から(座長:鈴木美恵子,国立療養所中部病院看護部長)
    折山久栄(国立療養所中部病院外科ICU婦長)
    「急性期患者のQOLと安全性」
    井上豊子(介護老人保健施設ルミナス大府看護・介護科長)
    「当施設における拘束・転倒の現状と対策」
    中村加銘子(老人保健施設フォレスト熊本作業療法士)
    「身体拘束をしない為のケアの工夫と作業療法士的視点
  3. 技術的になにができるか(座長:田村俊世,長寿医療研究センター老人支援機器開発部長)益山俊彦(田比良(株)名古屋営業所所長)
    「拘束禁止のための支援機器(車いす)について」
    金子健一(アイシン精機(株)事業企画室グループマネージャー)
    「身体拘束禁止に対応した福祉機器」
    吉村拓巳(長寿医療研究センター老人支援機器開発部研究員)
    「転倒の自動記録」

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター