文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2001年 [平成13年] 8月

新聞・雑誌等

8月3日(中日新聞、上毛新聞) 安藤富士子(疫学研究部) 「日本人平均寿命過去最高を記録。健康寿命延ばす努力が必要」

8月号(日経メディカル) 柳澤勝彦(痴呆疾患研究部) アルツハイマー病 スタンチンで痴呆が予防できるか?発症のカギはコレステロールか p.31, 2001

8月号(メデイカル朝日、朝日新聞社) 池田恭治(老年病研究部) 「ビタミンDと骨粗鬆症」

8月19日(朝日新聞・九州山口版) 大川弥生(老人ケア研究部) 生活者の視点で早期の家庭復帰・社会復帰をサポートする回復期リハビリテーション病棟

論文発表等

原著論文

Tanahashi H and Tabira T.(センター長室)
 Three novel alternatively spliced isoforms of the human beta-site amyloid precursor protein cleaving enzyme (BACE) and their effect on amyloid beta-peptide production.  Neurosci Lett 307:9-12, 2001.

Kotorii S, Takahashi K, Kamimura K, Nishio T, Arima K, Yamda H, Uyama E, Uchino M, Suenaga A, Matsumoto M, Kuchel G, Rouleau GA and Tabira T.(センター長室)
 Mutations of the Notch3 gene in non-caucasian patients with suspected CADASIL syndrome.  Dement Geriatr Cogn Disord 12; 185-193, 2001.

Mann DMA, Pickering-Brown SM, Takeuchi A, Iwatsubo T & Familial Alzheimer’s Disease Study Group (Arango J, Bird T, Van Broeckhoven C, Brooks W, Brown R, Cairns N, Cras P, Ellison D, Haltia M, Li K, Jorgensen A, Krill J, Lantos P, Lippa C, Martins R, Nochlin D, Pollen D, Rosenberg C, Rossor M, and Tabira T).(センター長室)
Amyloid angiopathy and variability in amyloid beta deposition is determined by mutation position in presenilin-1-linked Alzheimer’s disease. Am J Pathol 158:2165-2175, 2001.

Nozawa K, Maehara K and Isobe K.(老化機構研究部)  
Mechanism for the reduction of telomerase expression during muscle cell differentiation.  J Biol Chem. 2001;276:22016-23.

Ishida Y, Shirokawa T, Komatsu Y and Isobe K. (老化機構研究部)
Changes in cortical noradrenergic axon terminals of locus coeruleus neurons in aged F344 rats.  Neurosci Lett. 2001;307:197-9.

Nishitani H, Hirose E, Uchiyama Y, Nakamura M, Umeda M, Nishii K, Mori N (分子遺伝学研究部) and Nishimoto T. 
Full-sized Ran-BPM cDNA encodes a protein possessing a long stretch of proline and glutamine within the N-terminal region, comprising a large protein complex.  Gene 272, 25-33 (2001)

中村健一、新野直明(疫学研究部) 
職域における健康情報管理の現状と健康情報の収集・利用についての産業保健専門職の意識 産業衛生学雑誌 43: 76-90, 2001.

Tsuzuku S, Shimokata H, Ikegami Y, Yabe K and Wasnich RD.(疫学研究部) 
Effects of high versus low-intensity resistance training on bone mineral density in young males.  Calcif Tissue Int 68; 342-347, 2001.

Kakio A, Nishimoto S, Yanagisawa K, Kozutsumi Y and Matsuzaki K.(痴呆疾患研究部)  Cholesterol-dependent formation of GM1 ganglioside-bound amyloid b-protein, an endogenous seed for Alzheimer amyloid.  J Biol Chem 276:24985-24990, 2001.

荒井由美子、杉浦ミドリ(老人ケア研究部)
介護保険制度は痴呆性高齢者を介護する家族の介護負担を軽減したか.日本老年精神医学会誌 2001; 12(5): 465-470.

杉山みち子、三橋扶佐子、細谷憲政、加藤昌彦、森脇久隆、家森幸男、空閑佐智子、井川正治、坂牧美歌子、田村俊世、一関紀子、橋本 勲、中村丁次(老人支援機器開発部)
携帯用簡易熱量計を用いた安静時エネルギー消費量の測定に関する研究、栄養-評価と治療、18、3、423-431、2001.

Chapters, Reviews, 解説, 論説, その他

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部) 
bアミロイドとAlzheimer病 –老人斑を越えて- 医学のあゆみ198:373-376, 2001.

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部) 
Alzheimer病の進歩- medicina 38:1386-1387, 2001.

松尾光一(老年病研究部) 
造骨にかかわる幹細胞 現代医療 33:1999-2002, 2001.

池田恭治(老年病研究部) 
加齢に伴う薬物代謝の変化 治療 83:2528-2533, 2001.

大川弥生(老人ケア研究部) 
介護に生かす障害構造と国際障害第2版;ICF:生活機能・障害・健康の国際分類(3) おはよう21 12(2):56-59, 2001.

荒井由美子、杉浦ミドリ(老人ケア研究部) 
家族の介護負担を適切に評価するZarit介護負担尺度.痴呆介護 2001; 2(2) 102-107.

田村俊世(老人支援機器開発部) 
国立長寿医療研究センター老人支援機器開発部 電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ誌、6、2、15-16、2001.

書物等

荒井由美子(老人ケア研究部) 
より豊かな高齢社会をめざす、家族介護負担の軽減.田中正敏、編.高齢社会へのステップ-健康福祉・労働の視点から- 東京: 杏林書院 2001:71-84.

講演等

学会・研究会等発表

森 望(分子遺伝学研究部) 
「脳の世紀」「長寿の世紀」への分子遺伝学:遺伝子からみた脳の老化 第6回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター研究会 8月3〜4日 国際会議場 宮崎市

Mori N.(分子遺伝学研究部) 
Shc signaling in neural development, plasticity, and longevity. FASEB Summer Research Conference: Protein kinases. Short talk.  August 11-16, Snowmass, Colorado.

Ando F, Imai T, Fukukawa Y, Tsuboi S, Nakashima C, Niino N and Shimokata H.(疫学研究部) 
Fat or protein intake and depression in Japanese elderly. The 17th International Congress of Nutrition. 2001.8.28,Vienna.

Mori K, Imai T, Ando F, Niino N and Shimokata H.(疫学研究部) 
The effects of smoking on dietary habits in the middle-age and elderly Japanese men.  The 17th International Congress of Nutrition. 2001.8.28,Vienna.

Imai T, Ando F, Niino N and Shimokata H.(疫学研究部) 
Household composition and nutrition among middle-aged and elderly in Japan.  The 17th International Congress of Nutrition. 2001.8.28,Vienna.

駒野宏人(痴呆疾患研究部) 
g-セクレターゼ活性を調節する因子について 文部科学省 特定領域研究(C)先端脳 平成13年度夏期のワークショップ 8月22日 新潟

新鞍陽平、菱谷彰徳、佐々木文、池田恭治、渡辺 研(老年病研究部) 
コラーゲン受容体DDR2のシグナル伝達機構 第19回日本骨代謝学会年会 8月8〜11日 名古屋

佐々木文、増田芳子、池田恭治、渡辺 研(老年病研究部) 
Dlx5の転写機能はRING finger蛋白praja1によって制御される 第19回日本骨代謝学会年会 8月8日〜11日 名古屋

菱谷彰徳石倉信之、伊東昌子、佐々木文柴田 猛池田恭治、油谷浩幸、渡辺 研(老年病研究部)
老齢マウスにおける低形成性骨粗鬆症とDNAマイクロアレイ法による遺伝子発現プロファイル 第19回日本骨代謝学会年会 8月8日〜11日 名古屋

渡辺 研、内山也寸志、杉田敦子、武田 聰、菱谷彰徳、安居輝人、菊谷 仁、池田恭治(老年病研究部)
エストロゲン欠乏骨粗鬆症におけるT細胞およびCD40を介したT-Bシグナリングの関与 第19回日本骨代謝学会年会 8月8日〜11日 名古屋

小林洋介、渡部美穂、岡田由紀、高井裕之、澤 洋文、鈴木宏志、中西 真、長嶋和郎、池田恭治本山 昇(老年病研究部) 
DNA Polymerase l KOマウスはKartagener症候群類似の病態を示す 第38回日本臨床分子医学会学術総会 8月2日〜3日 札幌

Naka K, Ikeda K and Motoyama N.(老年病研究部) 
Recruitment of NBS1 into PML oncogene domains via interaction with SP100 protein.  The Salk Institute ‘Oncogenes and Growth Control’  8月18日〜8月22日 La Jolla, CA, USA.

久野弘明、青山光子、福田尚子、小出フミ子、かせ川牧子、安藤高子、鈴木美恵子、中島一樹、田村俊世(老人支援機器開発部) 
関節拘縮をもつ患者の体圧分散の評価 第16回生体・生理工学シンポジウム 8月29〜31日 相模原

湯地忠彦、東 祐二、新地友和、関本満義、藤元登四郎、田村俊世(老人支援機器開発部) 
早期リハビリテーションから歩行獲得まで 第17回ライフサポート学会大会 8月24〜25日 東京

酒井昭彦、竹内郁雄、服部静子、藤江正克、東 祐二、佐久間一郎、田村俊世(老人支援機器開発部)
CGを用いた歩行訓練用映像システム 第17回ライフサポート学会大会 8月24〜25日 東京

東 祐二、関本義満、堀内郁孝、湯地忠彦、藤元登四郎、関根正樹、田村俊世(老人支援機器開発部) 
3軸加速度センサを応用した日常生活動作(ADL)訓練支援システムの開発 第17回ライフサポート学会大会 8月24〜25日 東京

角屋利恵子、福永誠司、堀内郁孝、湯地忠彦、藤元登四郎、関根正樹、田村俊世(老人支援機器開発部) 
脳卒中片麻痺患者の歩行時の転倒パターンについて 第17回ライフサポート学会大会 8月24〜25日 東京

米満里美、老川大輔、伊藤朗子、東 祐二、藤元登四郎、中島一樹、田村俊世(老人支援機器開発部) 
重度痴呆性老人に対する人形療法の有用性 第17回ライフサポート学会大会 8月24〜25日 東京

堀内郁孝、角屋利恵子、東 祐二、藤元登四郎、関根正樹、田村俊世(老人支援機器開発部) 
脳卒中片麻痺における転倒と腰部加速度との関連性について 第16回生体・生理工学シンポジウム 8月29〜31日 相模原

Ito K, Arahata Y, Nagano-Saito A, Abe Y, Kato T, Nakamura A, Kawasumi Y, Hatano K(生体機能研究部), Yamada T, Kachi T and Brooks D. 
Striatal and Extrastriatal Dysfunction in Parkinson's Disease with Dementia. A 6-[18F]fluoro-L-dopa PET Study. European Association of Nuclear Medicine Annual Congress, August 25-29, Napoli, Italia.

小川美香子、籏野健太郎、川角保弘、河村和紀、石渡喜一、Juergen Wichmann、尾崎諭司、伊藤健吾(生体機能研究部)
PET用脳内ノシセプチン受容体イメージング剤の開発 第22回鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウム 平成13年8月24〜25日 京都

講演など(教育・普及・広報活動)

大川弥生(老人ケア研究部)
回復期リハビリテーション病棟 日本作業療法士協会回復期リハビリテーション病棟研修会 平成13年8月18〜19日 名古屋

大川弥生(老人ケア研究部) 
新しい国際障害分類について 全国社会福祉協議会救護施設福祉サービス研修会 平成13年8月29日 東京

大川弥生(老人ケア研究部) 
ケアマネジメントに生かす目標指向的介護の理論と実際 介護支援専門員指導者研修会 平成13年8月31日

大川弥生(老人ケア研究部) 
あなたにもしのびよる「廃用症候群の悪循環」;「寝たきり」を防ぎ活力ある長寿生活をつくるために やさしい科学技術セミナー 平成13年8月28日 東京

伊藤健吾(生体機能研究部) 
教育講演 結腸・直腸癌のFDG-PET PETサマーセミナー2001 平成13年8月22日 札幌

所内活動(セミナー等)

NILS Seminar  山口 朗 先生(長崎大学歯学部) 
「骨芽細胞の分化と骨形成」 8月7日 長寿医療研究センターセミナー室(老年病研究部)

NILS Seminar  梅澤明弘 先生(慶応義塾大学医学部) 
「骨髄間質細胞を用いた再生医療〜細胞移植に対する評価システム」 8月30日 長寿医療研究センターセミナー室(老年病研究部)

学会・講演など予定(2か月分)

学会・研究会等発表(9月)

大藏倫博、甲田道子、小坂井留美、道用 亘、安藤富士子、新野直明、下方浩史(疫学研究部) 
中高年者における大腿周囲長と大腿部組成および筋力発揮特性との関係 第56回日本体力医学会 2001年9月19〜21日 仙台

道用 亘、小坂井留美、都竹茂樹、新野直明、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部) 
高齢者における歩行動作の特徴 −3次元映像解析法を用いて− 第12回日本老年医学会東海地方会 2001年9月22日,名古屋

小坂井留美、道用 亘、安藤富士子、新野直明、下方浩史(疫学研究部)、矢部京之助(大阪体育大学スポーツ科学研究科)、池上康男、宮村実晴(名古屋大学総合保健体育科学センター) 
中高年女性の歩行速度の加齢変化に関連する要因の検討 第56回日本体力医学会 2001年9月19〜21日 仙台

梅垣宏行、野村秀樹、中村 了、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)、山本さやか、葛谷雅文、井口昭久
大学病院老年科病棟における入院時総合機能評価と退院先との関係の検討 第12回日本老年医学会東海地方会 2001年9月22日 名古屋

中島千織、福川康之、坪井さとみ、新野直明、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)
中高年者におけるIQ低下、自律性と抑うつとの関連—縦断的検討— 第12回日本老年医学会東海地方会 2001年9月22日 名古屋

大藏倫博、甲田道子、新野直明、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部) 中高年者における安静時代謝と体組成および脂肪分布との関係 第22回日本肥満学会 2001年10月11〜12日 前橋

Washio M and Arai Y.(老人ケア研究部)
The new public long-term care insurance system and the feeling of care burden among caregivers of the frail elderly in rural Japan.  The 3rd Asian-Pacific Congress of Epidemiology:IEA Regional Scientific Meeting in Japan, 2001 September 3-6, Kitakyushu, Japan.

学会・研究会等発表(10月)

下方浩史、安藤富士子(疫学研究部) 
シンポジウム II Mild Cognitive Impairment(MCI)とアルツハイマー病の早期診断 2.MCIの疫学調査・縦断研究 日本痴呆学会 2001年10月4〜5日 津

Matsuo K, Radolf M, Auer H, Steinlein P and Wagner EF.(老年病研究部) 
Negative regulation of osteoclast differentiation by c-Fos-dependent transcriptional activation of interferon-inducible genes.  The 23rd annual meeting, American Society for Bone & Mineral Research.  10月12日〜16日 Phoenix, Arizona, USA.

Watanabe K, Uchiyama Y, Sugita A, Takeda S, Hishiya A and Ikeda K.(老年病研究部) 
Role of T cells and T to B signaling through CD40 in the pathogenesis of estrogen deficient osteoporosis.  The 23rd annual meeting, American Society for Bone & Mineral Research.  10月12日〜16日 Phoenix, Arizona, USA.

Hishiya A, Mizuno K, Niikura Y, Sasaki A, Ikeda K and Watanabe K.(老年病研究部)
DDR2, a collagen receptor, interacts with Jab-1 and activates MMP1 promoter through AP-1.  The 23rd annual meeting, American Society for Bone & Mineral Research.  10月12日〜16日 Phoenix, Arizona, USA.

Sasaki A, Ikeda K and Watanabe K.(老年病研究部)
The transcription function of Dlx5 is regulated by a RING-finger protein praja-1 through ubiquitin-dependent degradation of Dlxin-1, a Dlx/Msx-interacting protein.  The 23rd annual meeting, American Society for Bone & Mineral Research.  10月12日〜16日 Phoenix, Arizona, USA.

荒井由美子、杉浦ミドリ、増井香織、上田照子、三浦宏子、工藤 啓、鷲尾昌一(老人ケア研究部)
在宅介護破綻と介護者の抑うつ症状・介護負担:縦断的研究 第60回日本公衆衛生学会総会 2001年10月31日〜11月2日 香川

上田照子、荒井由美子(老人ケア研究部)
要介護度と家族の介護負担との関連について 第60回日本公衆衛生学会総会 2001年10月31日〜11月2日 香川

三浦宏子、山崎きよ子、荒井由美子(老人ケア研究部)
高齢者の咀嚼機能と認知機能に関する検討 第60回日本公衆衛生学会総会 2001年10月31日〜11月2日 香川

工藤 啓、佐々木裕子、右田周平、荒井由美子(老人ケア研究部)
健康日本21地方計画 市町村における策定手法について 第60回日本公衆衛生学会総会 2001年10月31日〜11月2日 香川

Tamura T, Sekine M, Kuno H, Fujie M, Mori A and Andoh K.(老人支援機器開発部)
Evaluation of Walkers for Elderly People, 23rd Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, 25-28 October, Istanbul, Turkey.

Ichinoseki N, Yoshimura T, Nambu M and Tamura T.(老人支援機器開発部)  Evaluation of a Canopy System and a Simple Calorimeter for Resting Metabolism Using a Respiratory Simulator, 23rd Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, 25-28 October, Istanbul, Turkey.

Nakajima K, Nakamura K, Yonemitsu S, Oikawa D, Ito A, Higashi Y, Fujimoto T, Nambu M and Tamura T.(老人支援機器開発部) 
Animal-Shaped Toys as Therapeutic Tools for Patients with Severe Dementia, 23rd Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, 25-28 October, Istanbul, Turkey.

Higashi Y, Sekimoto M, Horiuchi F, Kodama T, Yuji T, Fujimoto T, Sekine M and Tamura T.(老人支援機器開発部) 
Monitoring Rehabilitation Training for Hemiplegic Patients by Using a Tri-Axial Accelerometer, 23rd Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, 25-28 October, Istanbul, Turkey.

Horiuchi F, Kadoya R, Higashi Y, Fujimoto T, Sekine M and Tamura T.(老人支援機器開発部) 
Evaluation by Accelerometry of Walking Pattern Before Falls in Hemiplegic Patients, 23rd Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, 25-28 October, Istanbul, Turkey

Yonemitsu S, Nakamura K, Itoh A, Higashi Y, Fujimoto T, Tamura T, Nakajima K, Nambu M and Uno H.(老人支援機器開発部) 
Virtual Baby Used as a Virtual Environment for Patients with Severe Dementia, 23rd Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, 25-28 October, Istanbul, Turkey.

Takatoshi S, Masayuki N, Tomohiro T, Osamu O, Tamura T and Kunihiro C(老人支援機器開発部) 
A Tele-Instruction System for Ultrasound Probe Operation Based on Shared AR Technology, 23rd Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, 25-28 October, Istanbul, Turkey.

講演など(教育・普及・広報活動)(9月)

大川弥生(老人ケア研究部) 
回復期リハビリテーション病棟 日本作業療法士協会回復期リハビリテーション病棟研修会 平成13年9月8〜9日 東京

大川弥生(老人ケア研究部) 
回復期リハビリテーション病棟 日本作業療法士協会回復期リハビリテーション病棟研修会 平成13年9月28〜29日 北海道

大川弥生(老人ケア研究部) 
ICF(WHO国際障害分類改訂版)の改定のポイントと具体的活用法 平成13年9月22日 福島

吉村拓巳(老人支援機器開発部) 
転倒の自動記録、シンポジウム 身体拘束禁止と転倒 9月15日 東浦

田村俊世(老人支援機器開発部) 
研究会委員長挨拶、市民講座「21世紀の福祉・医療とIT」−だれもが使えるITをめざして(ITのユニバーサルデザイン)− 9月22日 函館

南部雅幸(老人支援機器開発部) 
福祉・医療とITの現状、市民講座「21世紀の福祉・医療とIT」−だれもが使えるITをめざして(ITのユニバーサルデザイン)− 9月22日 函館

中島一樹(老人支援機器開発部) 
高齢者用看護・介護モニター 中国地域研究開発交流会2001 in 山口 9月21日 宇部

その他

中島一樹、田村俊世(老人支援機器開発部) 
枕型呼吸モニタの開発 平成13年ライフサポート学会論文賞受賞、第17回ライフサポート学会大会 8月24日 東京

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター