文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2001年 [平成13年] 7月

新聞・雑誌等

7月15日(Medicament News) 池田恭治(老年病研究部) 各科領域における遺伝子研究の現状—骨粗鬆症—

7月15日(Medicament News) 池田恭治(老年病研究部) 各科領域における遺伝子研究の現状—骨粗鬆症—

論文発表等

原著論文

Tabira T.(センター長)
Clioquinol's return: cautions from Japan. (letter to the editor) SCIENCE Vol. 292. 22. P.2251, 2001.

Chui DH, Dobo E, Makifuchi T, Akiyama H, Kawakatsu S, Checler F, Araki W, Takahashi K and Tabira T.(センター長)
Apoptotoc neurons in Alzheimer's disease frequently show intracellular A42 labeling. J Alzheimer Dis 3:231-239, 2001.

山田治来、保田 雄、小鳥居聡、高橋慶吉、田平 武、砂田芳秀(センター長)
Notch 3 遺伝子に新たなミスセンス変異をみとめたCADASIL 臨床神経学 第41巻 2号 3号 2001.

Mizogushi K, Yuzurihara M, Ishige A, Sasaki H, Chui DH and Tabira T.(センター長)
Chronic stress differentially regulates glucocorticoid negative feedback response in rats. Psychoneuroendocrinology 26: 443-459, 2001.

Miyamoto K, Kowalska A, Hasegawa M, Tabira T, Takahashi K, Araki W, Akiguchi I and Ikemoto A.(センター長)
Familial frontotemporal dementia and parkinsonism with a novel mutation at an intron 10 +11-splice site in the tau gene. Ann Neurol. 50: 117-120, 2001.

Zs.-Nagy I, Tanaka S and Kitani K.(センター長室)
Comparison of the lateral diffusion coefficient of hepaticyte plasma membrane proteins in three strains of sensescence accelerated mouse(SAM). Arch Gerontol Geriatr 32: 119-137, 2001.

Takeuchi A, Miyaishi O, Kiuchi K and Isobe K.(老化機構研究部)
Macrophage colony-stimulating factor is expressed in neuron and microglia after focal brain injury. Journal of Neuroscience Research, 65,: 38-44, 2001.

Kojima T, Yoshikawa Y, Takada S, Sato M, Nakamura T, Takahashi N, Copeland NG, Gilbert DJ, Jenkins NA and Mori N.(分子遺伝学研究部)
Genomic organization of the Shc-related phosphotyrosine adapters and characterization of the full-length Sck/ShcB: Specific association of p68-Sck/ShcB with pp135. Biochem. Biophys. Res. Comm. 284, 1039-1047 (2001)

中島一樹、水上嘉樹、田中幹也、田村俊世(老人支援機器開発部) 
足形を利用した個人識別 電気学会論文誌D、121-D、7、770-776、2001

Nakamura K, Kawashima R, Sugiura M, Kato T, Nakamura A, Hatano K, Nagumo S, Kubota K, Fukuda H, Ito K(生体機能研究部) and Kojima S.
Neural substrates for recognition of familiar voices: a PET study Neuropsychologia 39: 1047-1054, 2001.

Chapters, Reviews, 解説, 論説, その他

田平 武(センター長)
家族性アルツハイマー病 最新医学56:1571-1578, 2001.

安藤富士子(疫学研究部) 
閉じこもり 寝たきりの予防と治療- 柳澤信夫編 2001.6.

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部) 
Alzheimer病 最新医学1565-1570, 2001.

池田恭治(老年病研究部) 
骨形成・骨吸収の最近のトピックスII レプチンの骨形成調節作用 The Bone 15:317-321, 2001.

大川弥生(老人ケア研究部) 
目標指向的家事訓練プログラム OTジャーナル 35(8):831-835, 2001.

大川弥生(老人ケア研究部) 
介護に生かす障害構造と国際障害第2版;ICF:生活機能・障害・健康の国際分類(2) おはよう21 12(1):56-59, 2001.

荒井由美子、杉浦ミドリ、工藤 啓(老人ケア研究部) 要介護高齢者の介護負担評価法の紹介 公衆衛生 2001; 65(2): 134-135.

中島一樹(老人支援機器開発部) 
長寿フロントライン/高齢者の看護・介護のための支援機器開発、Aging & Health、19、22-25、2001.

田村俊世(老人支援機器開発部) 
健康自動計測システム、健康・福祉工学ガイドブック 山越憲一編著、工業調査会、246-256、2001.

田村俊世(老人支援機器開発部) 
行動・運動機能モニタリングシステム、健康・福祉工学ガイドブック 山越憲一編著、工業調査会、257-263、2001.

書物等

田村俊世(老人支援機器開発部) 
健康・福祉工学ガイドブック、ホームケアシステム編、介護関連機器編 工業調査会、2001.

講演等

学会・研究会等発表

Kiatni K, Minami C, Isobe K, Maehara K, Kania S, Ivy GO and Carrillo MC.(センター長室) 
How dose (-)deprenyl affect animals, their survivals in particular?The 17th congress of the international association of gerontology.  July 1-6, 2001.  Vancouver, Canada.

Mori N.(分子遺伝学) 
From Shc to HDACs: Molecular basis of the loss of neuronal plasticity in brain aging and their potential roles in longevity determination in mammals.  第14回国際発生生物学会議 7月8〜12日 京都国際会館

Yamashita H, Kontani Y, Wang Z, Furuyama T, Sato Y and Mori N.(分子遺伝学)
Effects of ageing and denervation on the gene expression of UCPs, GLUT4 and FABP in skeletal muscles of rats.  2001 Gordon Research Conferences: Biology of aging, July 22-26, Oxford.

Iwao S, Iwao N, Muller DC, Andres R, Kouda K and Shimokata H.(疫学研究部)
BMI and waist circumference standards: a critique in younger and older caucasians and Japanese: Part Ⅰ. The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.1-7.6.  Vancouver, Canada.

Iwao N, Iwao S, Muller DC, Andres R, Kouda K, Shimokata H.(疫学研究部) 
BMI and waist circumference standards: a critique in younger and older caucasians and Japanese: Part II. The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.1-7.6.  Vancouver, Canada

Imai T, Oka S, Mori K, Ando F, Niino N and Shimokata H.(疫学研究部) 
Correlation of serum lipid peroxide level with antioxidant nutrients in the middle-aged and elderly Japanese.  The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.1-7.6.  Vancouver, Canada.

Shimokata H, Ando F and Kuzuya M.(疫学研究部) 
Age-related change in serum uric acid - 10-year longitudinal study in 80507 Japanese.  The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.1-7.6.  Vancouver, Canada.

Koda M, Ando F, Niino N and Shimokata H.(疫学研究部)
The relationship between age and visceral fat in middle-aged and elderly Japanese.  The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.1-7.6.  Vancouver, Canada.

Kozakai R, Doyo W, Tsuzuku S, Yabe K, Ando F, Niino N and Shimokata H.(疫学研究部) 
Relationships of physical fitness with leisure time physical activity and exercise experiences among Japanese elderly. The 17th Congressof the International Association of Gerontology, 2001.7.1-7.6.  Vancouver, Canada.

Nakashima C, Fukukawa Y, Tsuboi S, Ando F, Niino N and Shimokata H.(疫学研究部)
Influence of Psychological Independency on the Relationships between IQ and Depressive Symptoms.  The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.1-7.6.  Vancouver, Canada.

Fujisawa M, Ando F, Niino N, Tsuboi S, Nakashima C, Fukukawa Y and Shimokata H.(疫学研究部)
The factors associated with cognitive decline in the community-dwelling elderly Japanese.  The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.1-7.6.  Vancouver, Canada.

Doyo W, Kozakai R, Tsuzuku S, Yabe K, Ando F, Niino N and Shimokata H.(疫学研究部) 
Gait characteristics in healthy middle–aged and elderly adults.  The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.1-7.6.  Vancouver, Canada.

Fukukawa Y, Nakashima C, Tsuboi S, Niino N, Ando F and Shimokata H.(疫学研究部) 
Psychological Stress, Social Exchanges, and Depression in Japanese Middle-aged and Elderly People.  The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.1-7.6.  Vancouver, Canada.

Ando F, Imai T, Fukukawa Y, Tsuboi S, Nakashima C, Niino N and Shimokata H.(疫学研究部) 
Does cholesterol intake relate depression in Japanese elderly? The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.1-7.6.  Vancouver, Canada.

Niino N, Nomura H, Kozakai R, Fukukawa Y, Ando F, Shimokata, H, Sugimori H, Yasumura S, Haga H and Nishihara N.(疫学研究部) 
Visual function and falls among community-dwelling elderly people.  The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.1-7.6.  Vancouver, Canada.

Nomura H, Imai T, Ando F, Niino N, Shimokat H and Miyake Y.(疫学研究部)
Vitamine intake and transparency of human lens in middle-aged and elderly Japanese.  The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.1-7.6.  Vancouver, Canada.

Ogasawara H, Niino N, Tsuzuku S, Ando F and Shimokata H.(疫学研究部)
Frequencies and circumstances of falls among community-dweiing middle-aged and eldderly poeple in Japan.  The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.1-7.6.  Vancouver, Canada.

Kuzuya F, Iguchi A, Ando Fand Shimokata H.(疫学研究部) 
Change in lipid levels with age - 10 year longitudinal study in a large Japanese population.  The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.1-7.6.  Vancouver, Canada.

Yanagisawa K.(痴呆疾患研究部) 
Cholesterol-dependent pathological processes in Alzheimer’s disease. Brain membrane alteration in Alzheimer’s disease.  7th World Congress of Biological Psychiatry (WCBP), July 1-6,2001 Berlin, Germany.

Arai Y, Zarit S, Sugiura M, Washio M, Miura H and Kudo K.(老人ケア研究部) 
Factors related to the outcome of caregiving of the impaired elderly:  A longitudinal studyin rural Japan. The 17th congress of the international association of gerontology, 2001 July 1-6, Vancouver, Canada.

Washio M and Arai Y.(老人ケア研究部)
The new public long-term care insurance system and the feeling of care burden among caregivers of the frail elderly in rural Japan.  The 3rd Asian-Pacific Congress of Epidemiology:IEA Regional Scientific Meeting in Japan, 2001 September 3-6, Kitakyushu, Japan.

Arai Y and Sugiura M.(老人ケア研究部) 
New Japanese insurance for elderly: A welcome but difficult break with tradition. The 17th congress of the international association of gerontology, 2001 July 1-6, Vancouver, Canada.

久野弘明、関根正樹、柄川 索、石井 猛、根本泰弘、藤江正克、森 明子、安藤一也、田村俊世(老人支援機器開発部)
高齢者用歩行支援機器の評価 第40回計測自動制御学会学術講演会 7月25〜27日 名古屋

一関紀子、吉村拓巳、内藤由紀子、前塚美春、大河内恵、大河内智子、嶋崎千香子、徳田治彦、田村俊世(老人支援機器開発部)
高齢糖尿病患者のエネルギー代謝測定 第40回計測自動制御学会学術講演会 7月25〜27日 名古屋

塩川一夫、田中 愼(共同利用室)
国立療養所中部病院長寿医療研究センターAging Farmの管理・運営 平成13年度東海実験動物研究会 7月7日 名古屋

山本貴子、田中 愼(共同利用室) 
Aging Farmで育成される加齢動物の利用法-下顎骨採取の具体例(予報)- 平成13年度東海実験動物研究会 7月7日 名古屋

森(玉谷)典華、植村和正、田中 愼、井口昭久(共同利用室) 
高脂肪食の血圧上昇作用への加齢の影響 平成13年度東海実験動物研究会 7月7日 名古屋

講演など(教育・普及・広報活動)

大川弥生(老人ケア研究部) 
目標指向的介護 日本リハビリテーション看護学会 平成13年7月7日 所沢

大川弥生(老人ケア研究部) 
目標指向的アプローチ;「できるADL」「しているADL」 長野県作業療法士協会研修会 平成13年7月15日 長野

大川弥生(老人ケア研究部) 
回復期リハビリテーション病棟 日本作業療法士協会回復期リハビリテーション病棟研修会 平成13年7月21日 山口

大川弥生(老人ケア研究部) 
回復期リハビリテーション病棟 日本作業療法士協会回復期リハビリテーション病棟研修会 平成13年7月28〜29日 長崎

伊藤健吾(生体機能研究部) 
PETとMEGを用いた脳機能の解析 名古屋大学大学院医学研究科医学特論 平成13年7月6日 名古屋

所内活動(セミナー等)

国立東静病院付属東静看護学校施設見学 7月17日 中島一樹、南部雅幸(老人支援機器開発部) 長寿医療研究センターでの研究 大府

NILS Today(室長セミナー) 7月19日 南部雅幸(老人支援機器開発部) みんなのインターネット 長寿医療研究センターセミナー室

学会・講演など予定(2か月分)

学会・研究会等発表(8月)

Ando F, Imai T, Fukukawa Y, Tsuboi S, Nakashima C, Niino N and Shimokata H.(疫学研究部) 
Fat or protein intake and depression in Japanese elderly. The 17th International Congress of Nutrition. 2001.8.28,Vienna.

Mori K, Imai T, Ando F, Niino Nand Shimokata H.(疫学研究部)
The effects of smoking on dietary habits in the middle-age and elderly Japanese men.  The 17th International Congress of Nutrition. 2001.8.28,Vienna.

Imai T, Ando F, Niino N and Shimokata H.(疫学研究部)
Household composition and nutrition among middle-aged and elderly in Japan.  The 17th International Congress of Nutrition. 2001.8.28,Vienna.

駒野宏人(痴呆疾患研究部) 
g-セクレターゼ活性を調節する因子について 文部科学省 特定領域研究(C)先端脳 平成13年度夏期のワークショップ 8月22日 新潟

新鞍陽平、菱谷彰徳、佐々木文、池田恭治、渡辺 研(老年病研究部) 
コラーゲン受容体DDR2のシグナル伝達機構 第19回日本骨代謝学会年会 8月8〜11日 名古屋

佐々木文、増田芳子、池田恭治、渡辺 研(老年病研究部)
Dlx5の転写機能はRING finger蛋白praja1によって制御される 第19回日本骨代謝学会年会 8月8〜11日 名古屋

菱谷彰徳石倉信之、伊東昌子、佐々木文柴田 猛池田恭治、油谷浩幸、渡辺 研(老年病研究部)
老齢マウスにおける低形成性骨粗鬆症とDNAマイクロアレイ法による遺伝子発現プロファイル 第19回日本骨代謝学会年会 8月8日〜11日 名古屋

渡辺 研、内山也寸志、杉田敦子、武田 聰、菱谷彰徳、安居輝人、菊谷 仁、池田恭治(老年病研究部)
エストロゲン欠乏骨粗鬆症におけるT細胞およびCD40を介したT-Bシグナリングの関与 第19回日本骨代謝学会年会 8月8〜11日 名古屋

久野弘明、青山光子、福田尚子、小出フミ子、かせ川牧子、安藤高子、鈴木美恵子、中島一樹、田村俊世(老人支援機器開発部)
関節拘縮をもつ患者の体圧分散の評価 第16回生体・生理工学シンポジウム 8月29〜31日 相模原

湯地忠彦、東 祐二、新地友和、関本満義、藤元登四郎、田村俊世(老人支援機器開発部)
早期リハビリテーションから歩行獲得まで、第17回ライフサポート学会大会 8月24〜25日 東京

東 祐二、関本義満、堀内郁孝、湯地忠彦、藤元登四郎、関根正樹、田村俊世(老人支援機器開発部) 
3軸加速度センサを応用した日常生活動作(ADL)訓練支援システムの開発、第17回ライフサポート学会大会 8月24〜25日 東京

角屋利恵子、福永誠司、堀内郁孝、湯地忠彦、藤元登四郎、関根正樹、田村俊世(老人支援機器開発部) 
脳卒中片麻痺患者の歩行時の転倒パターンについて 第17回ライフサポート学会大会 8月24〜25日 東京

米満里美、老川大輔、伊藤朗子、東 祐二、藤元登四郎、中島一樹、田村俊世(老人支援機器開発部) 
重度痴呆性老人に対する人形療法の有用性 第17回ライフサポート学会大会 8月24〜25日 東京

堀内郁孝、角屋利恵子、東 祐二、藤元登四郎、関根正樹、田村俊世(老人支援機器開発部) 
脳卒中片麻痺における転倒と腰部加速度との関連性について、第16回生体・生理工学シンポジウム 8月29〜31日 相模原

Ito K, Arahata Y, Nagano-Saito A, Abe Y, Kato T, Nakamura A, Kawasumi Y, Hatano K(生体機能研究部), Yamada T, Kachi T and Brooks D.
Striatal and Extrastriatal Dysfunction in Parkinson's Disease with Dementia. A 6-[18F]fluoro-L-dopa PET Study. European Association of Nuclear Medicine Annual Congress, August 25-29, Napoli, Italy.

学会・研究会等発表(9月)

大藏倫博、甲田道子、小坂井留美、道用 亘、安藤富士子、新野直明、下方浩史(疫学研究部) 
中高年者における大腿周囲長と大腿部組成および筋力発揮特性との関係 第56回日本体力医学会 2001年9月19〜21日 仙台

講演など(教育・普及・広報活動)(8月)

大川弥生(老人ケア研究部)
回復期リハビリテーション病棟 日本作業療法士協会回復期リハビリテーション病棟研修会 平成13年8月18〜19日 名古屋

大川弥生(老人ケア研究部) 
あなたにもしのびよる「廃用症候群の悪循環」;「寝たきり」を防ぎ活力ある長寿生活をつくるために やさしい科学技術セミナー 平成13年8月28日 東京

大川弥生(老人ケア研究部) 
新しい国際障害分類について 救護施設福祉サービス研修会 平成13年8月29日 東京

伊藤健吾(生体機能研究部)
教育講演 結腸・直腸癌のFDG-PET PETサマーセミナー2001 平成13年8月22日 札幌

講演など(教育・普及・広報活動)(9月)

大川弥生(老人ケア研究部)
回復期リハビリテーション病棟 日本作業療法士協会回復期リハビリテーション病棟研修会 平成13年9月8〜9日 東京

大川弥生(老人ケア研究部)
回復期リハビリテーション病棟 日本作業療法士協会回復期リハビリテーション病棟研修会 平成13年9月28〜29日 北海道

大川弥生(老人ケア研究部)
ICF(WHO国際障害分類改訂版)の改定のポイントと具体的活用法 平成13年9月22日 福島

吉村拓巳(老人支援機器開発部)
転倒の自動記録、シンポジウム 身体拘束禁止と転倒 9月15日 東浦

田村俊世(老人支援機器開発部) 
研究会委員長挨拶、市民講座「21世紀の福祉・医療とIT」−だれもが使えるITをめざして(ITのユニバーサルデザイン)− 9月22日 函館

南部雅幸(老人支援機器開発部)
福祉・医療とITの現状、市民講座「21世紀の福祉・医療とIT」−だれもが使えるITをめざして(ITのユニバーサルデザイン)− 9月22日 函館

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター