文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2001年 [平成13年] 5月

新聞・雑誌等

5月13日 朝日新聞日曜版(取材協力) 田平 武(センター長) みんなの健康、痴呆(中)、広がる作業療法の試み 

5月16日(ユーガッタ!CBC) 安藤富士子(疫学研究部) 「脂肪の減らしすぎと抑うつ」

5月25日(中日新聞夕刊) 田村俊世(老人支援機器開発部) お年寄りの日常生活をお手伝い 歩行ラクラクロボにおまかせ

田平 武(センター長) 脳細胞は新生しないは誤りで何歳になってもふえることが最新の研究で判明 ゆほびか “脳細胞はふやせる” 2001年6月号 pp64-65.

田平 武(センター長) 運動は脳細胞を素早く生み出し痴呆対策は囲碁よりもウオーキングがお勧め ゆほびか “脳細胞はふやせる” 2001年6月号 pp66-67.

安藤富士子(疫学研究部) 脂肪の減らし過ぎは抑鬱状態を招く 日経ヘルス6月号

論文発表等

原著論文

田平 武、崔 得華(センター長)
細胞の外と中のAβ Dementia Japan 15(1):1-7, 2001.

Maekawa S, Morii H, Kumanogoh H, Sano M, Naruse Y, Sokawa Y and Mori N.(分子遺伝学研究部) 
Localization of neuronal growth-associated, microtubule-destabilizing factor SCG10 in brain-derived raft membrane microdomains. J. Biochem. 129, 691-697 (2001)

Harada A, Mizuno M, Takemura M, Tokuda H, Okuizumi H and Niino N.(疫学研究部)
Hip Fracture Prevention Trial Using Hip Protectors in Japanese Nursing Homes. Osteoporos Int 12: 215-221, 2001.

Sasaki A, Masuda Y, Ohta Y, Ikeda Kand Watanabe K(老年病研究部) 
Filamin associates to Smads and regulates the receptor mediated signaling.  J. Biol. Chem. 276:17871-17877, 2001.

Kawashima R, Hatano G, Oizumi K, Sugiura M, Fukuda H, Ito K, Kato T, Nakamura A, Hatano K(生体機能研究部) and Kojima S
Different neural systems for recognizing plants, animals, and artifacts. Brain Research Bulletin 54, 313-317, 2001.

Sugiura M, Kawashima R, Nakamura K, Sato N, Nakamura A, Kato T, Hatano K, Schormann T, Zilles K, Sato K, Ito K(生体機能研究部) and Fukuda H
Activation Reduction in Anterior Temporal Cortices during Repeated Recognition of Faces of Personal Acquaintances. NeuroImage 13, 877-890, 2001.

Chapters, Reviews, 解説, 論説, その他

安藤富士子(疫学研究部)
閉じこもり Advances in Aging and Health Research 2000 -寝たきりの予防と治療- 長寿科学健康財団 愛知 2001.3.

池田恭治(老年病研究部)
エストロゲン欠乏による骨代謝変化、新・分子骨代謝学と骨粗鬆症、メデイカルレビュー社、2001年5月

大川弥生(老人ケア研究部)
回復期リハビリテーション病棟;回復期リハビリテーション病棟の望ましいあり方 看護実践の科学 26(6):42-45

大川弥生(老人ケア研究部) 
特集 目標指向的介護が考える12の疑問;介護で、寝たきり予防とよりよい人生作りはできるか? おはよう21 11(13):17-42,2001

川上 治(老人ケア研究部)、金桶吉起、柿木隆介
脳磁図(magnetoencephalography;MEG)の臨床応用;現状と理学療法における有用性 PTジャーナル 35(5):359-364

川上 治(老人ケア研究部)、平山正昭、古池保雄、祖父江元
パーキンソニズムを呈する神経疾患のサッカード異常;遺伝性運動失調症との比較 臨床と研究 78(5):115-121

田村俊世(老人支援機器開発部)
高齢者支援の計測と制御、総論:特集 高齢者社会を支える計測制御技術、計測と制御、40(5) 、pp.331-336、2001

南部雅幸、中島一樹、田村俊世(老人支援機器開発部)
情報機器を利用した高齢者自立・介護支援、総論:特集 高齢者社会を支える計測制御技術、計測と制御、40(5) 、pp.368-369、2001

東 祐二、藤元登四郎、田村俊世(老人支援機器開発部)
施設内食事搬送への自動搬送車の応用、総論:特集 高齢者社会を支える計測制御技術、計測と制御、40(5) 、pp.388-390、2001

田村俊世(老人支援機器開発部) 3 介護支援機器、寝たきりの予防と治療、長寿科学振興財団、pp.254-257、2001

書物等

森 望(分子遺伝学研究部)
Q&A: ヒトの寿命はどうして違うのですか?また、寿命を規定する遺伝子は見つかっているのですか?Clinical Neuroscience 19 (5), 605 (2001)

講演等

学会・研究会等発表

原 英夫、田平 武(センター長)
アストロサイト由来の自己反応性T細胞抑制因子の解明と遺伝子クローニング 第42回日本神経学会総会 平成13年5月12日 東京

荒木 亘、武田和也、田平 武(センター長)
βアミロイド前駆体蛋白のカスパーゼ切断とβ蛋白生成の関連性 第42回日本神経学会総会 平成13年5月13日 東京

安藤富士子、藤澤道子、甲田道子、今井具子、道用 亘、小坂井留美、新野直明、下方浩史(疫学研究部)
地域在住中高年者の動脈硬化関連要因と生命予後に関する長期縦断疫学研究 公益信託日本動脈硬化予防研究基金平成12年度研究報告会 2001年5月12日 東京

今井具子、岡佐貴世、森 圭子、都竹茂樹、安藤富士子、新野直明、下方浩史(疫学研究部)
大豆・大豆食品摂取量と骨密度、性ホルモンの関連.第55回日本栄養食糧学会大会 2001年5月7日 京都

Matsuo K.(老年病研究部)  
Fos target genes in bone cell differentiation. TMR Meeting, 11-13 May 2001, Heidelberg, Germany.

林 英司、中西 真、本山 昇池田恭治松浦 彰(老年病研究部)
p27Kip1は70%肝切除後の肝再生にて細胞増殖の空間的制御に関与する 第54回日本細胞生物学会大会 5月29日〜6月1日 岐阜

Tamura T(老人支援機器開発部) 
Information technology (IT) as self-support for the elderly, Conference on Aging, Care and Welfare of Elderly and how IT can improve Quality of Life, May 7-10, Stockholm, Sweden

Kaihara S, Yamauchi S, Homma A, Kinoshita Y and Tamura T(老人支援機器開発部) 
How IT can be used as a tool to improve effectiveness and quality in health care, especially in health care and rehabilitation for elderly, Conference on Aging, Care and Welfare of Elderly and how IT can improve Quality of Life, May 7-10, Stockholm, Sweden

 

田村俊世、吉村拓巳、一関紀子、和辻 徹、中島一樹(老人支援機器開発部)
携帯型加速度記録機器による活動量の評価、第40回日本エム・イー学会大会 5月9〜11日 名古屋

中村加銘子、中島一樹、米満里美、伊藤朗子、東 祐二、藤元登四郎、田村俊世、山越憲一(老人支援機器開発部)
痴呆性高齢者の玩具に対する反応、第40回日本エム・イー学会大会 5月9〜11日 名古屋

吉村拓巳、長屋政博、中島一樹、原田 敦、田村俊世、千原國広(老人支援機器開発部)
加速度センサを用いた高齢者転倒モニタの開発と評価 第40回日本エム・イー学会大会 5月9〜11日 名古屋

久野弘明、一関紀子、吉村拓巳、後藤純規、田村俊世(老人支援機器開発部)
筋電図を用いた高齢者のための運動負荷法の検討 第40回日本エム・イー学会大会 5月9〜11日 名古屋

南部雅幸、一関紀子、中島一樹、河原田淳、田村俊世(老人支援機器開発部)
在宅ケアネットワークのためのデータ圧縮 第40回日本エム・イー学会大会 5月9〜11日 名古屋

一関紀子、吉村拓巳、南部雅幸、田村俊世(老人支援機器開発部)
高齢者の安静代謝評価のための呼吸代謝測定装置の検討 第40回日本エム・イー学会大会 5月9〜11日 名古屋

内藤由紀子、一関紀子、吉村拓巳、豊嶋美春、大河内恵、久野弘明、南部雅幸、中島一樹、徳田治彦、田村俊世(老人支援機器開発部)
高齢糖尿病患者における入退院時のエネルギー消費量の比較 第40回日本エム・イー学会大会 5月9〜11日 名古屋

中島一樹、金 星一、中村加奈子、米満里美、老川大輔、伊藤朗子、東 祐二、藤元登四郎、南部雅幸、田村俊世(老人支援機器開発部)
高齢者のための擬似会話システムの開発 第40回日本エム・イー学会大会 5月9〜11日 名古屋

田村俊世(老人支援機器開発部)
シンポジウム 長寿社会を支えるBME技術、第40回日本エム・イー学会大会 5月9〜11日 名古屋

末永貴俊、黒田知宏、大城 理、千原國宏(老人支援機器開発部)
共有AR技術を用いた遠隔超音波診断支援システム 第40回日本エム・イー学会大会 5月9〜11日 名古屋

小林美保子、鏑木 誠、堀内琴美、花岡和江、東 祐二、藤元登四郎、関根正樹、田村俊世(老人支援機器開発部)
脳卒中片麻痺患者における寝返り・起き上がり動作パターンの検討−無拘束型加速度計測法を用いて− 第36回日本理学療法学術大会 5月24〜26日 広島

堀内郁孝、蔵屋 豊、永迫博幸、東 祐二、関根正樹、藤元登四郎、田村俊世(老人支援機器開発部)
脳卒中片麻痺患者の非麻痺側下肢協調性の検討 第36回日本理学療法学術大会 5月24〜26日 広島

角屋利恵子、福永誠司、堀内郁孝、東 祐二、関根正樹、藤元登四郎、田村俊世(老人支援機器開発部)
脳卒中片麻痺患者の歩行時の転倒−離散waveletを用いて− 第36回日本理学療法学術大会 5月24〜26日 広島

鏑木 誠、新地友和、梅木千恵子、花岡和江、與古田夏子、堀内琴美、小林美保子、関本満義、東 祐二、関根正樹、藤元登四郎、田村俊世(老人支援機器開発部)
静的な立位と膝立ち位の姿勢制御の比較−無拘束型加速度計測法による検討− 第36回日本理学療法学術大会 5月24〜26日 広島

前田英児、東 友和、堀内郁孝、鏑木 誠、田村俊世(老人支援機器開発部)
在宅におけるスリングセラピ−の応用−上肢動作の補助として−、第36回日本理学療法学術大会 5月24〜26日 広島

新畑 豊、阿部祐士、岩井克成、祖父江元、加知輝彦、山田孝子、鷲見幸彦、柳澤信夫、加藤隆司、伊藤健吾(生体機能研究部)
ドパミンD2レセプターの脳内正常分布の検討 第42会日本神経学会総会 東京,2001.5.

堀部賢太郎, 祖父江元, 中村昭範, 山田孝子, 加藤隆司, 伊藤健吾, 鷲見幸彦, 加知輝彦, 柳澤信夫(生体機能研究部)
音自動弁別過程の加齢変化 第42会日本神経学会総会,東京,2001.5.

山田孝子, 中村昭範, 堀部賢太郎, 文堂昌彦, 加藤隆司, 伊藤健吾, 鷲見幸彦, 加知輝彦, 柳澤信夫(生体機能研究部)
聴覚中間潜時誘発磁界の加齢変化機序の検討 第42会日本神経学会総会,東京,2001.5.

田中 愼、宮石 理、大野民生(共同利用室)
F344/Nラットの加齢特性 その2 日本実験動物科学技術大会2001 5月8〜12日 横浜

講演など(教育・普及・広報活動)

田平 武(センター長)
痴呆ということー人の往く道— 第42回日本神経学会総会公開市民講座 平成13年5月13日 東京

田平 武(センター長)
免疫応答に及ぼす微生物DNA CGモチーフの影響 山形大学医学部セミナー 平成13年5月17日 山形

田平 武(センター長)
Presenilin, Aβ、Alzheimer病 第23回慶應ニューロサイエンス研究会 神経変性の謎に挑む 平成13年5月19日(特別講演) 東京

新野直明(疫学研究部)
うつを正しく理解しよう 清水なかまの家公開講演会 2001年5月12日 名古屋

中島千織(疫学研究部)
こころの健康 共長公民館 2001年5月18日 大府

駒野宏人(痴呆疾患研究部)
アルツハイマー病の分子生物学-アミロイド蛋白産生に関与するプロテアーゼについて- 東京大学大学院薬学系研究科講義 5月29日 東京

大川弥生(老人ケア研究部)
回復期リハビリテーション病棟 日本作業療法士協会回復期リハビリテーション病棟研修会 平成13年5月12〜13日 東京

中島一樹(老人支援機器開発部)
高齢者用支援機器の開発、岩手大学工学部福祉システム工学科学術講演会 5月17日 盛岡

久野弘明(老人支援機器開発部)
筋電図と筋音図の計測と解析−福祉機器開発を目指して−、岩手大学工学部福祉システム工学科学術講演会 5月17日 盛岡

伊藤健吾(生体機能研究部)
脳機能画像による老化と痴呆の研究 日本核医学技術学会東海地方会 平成13年5月19日 名古屋

所内活動(セミナー等)

NILS Todayセミナー 森 望(分子遺伝学研究部)
遺伝子の道・長寿への道 5月25日 センターセミナー室

NILS Seminar 夏目 徹 先生(経産省・産業技術総合研究所)
VapornomicsからProteomicsへ  5月30日長寿医療研究センターセミナー室(老年病研究部)

学会・講演など予定(2か月分)

学会・研究会等発表(6月)

磯部健一、野沢 桂(老化機構研究部)
マウステロメラーゼ遺伝子のプロモーター解析(細胞の分化にともなう活性低下を担う転写因子) 第24回日本基礎老化学会 6月 大阪

城川哲也、石田佳幸、磯部健一(老化機構研究部)
青斑核ニューロン軸索終末の加齢変化に対する脳由来神経栄養因子の効果 第24回日本基礎老化学会 6月 大阪

丸山和佳子、直井 信、赤尾幸博、磯部健一(老化機構研究部)
Propargylamine化合物、rasagilineによる神経保護作用の機序の検討 第24回日本基礎老化学会 6月 大阪

前原佳代子、磯部健一(老化機構研究部)
ヒストンアセチル化とマンガンス-パ-オキシドジスムタ-ゼ(Mn−SOD)遺伝子の発現 第24回日本基礎老化学会 6月 大阪

甲田道子、安藤富士子、新野直明、下方浩史(疫学研究部)
年齢と内臓脂肪面積との関係.第43回日本老年医学会学術集会 2001年6月13日 大阪

下方浩史、安藤富士子、葛谷雅文(疫学研究部)
血清尿酸値の10年間の縦断的加齢変化とその要因-8万人での大規模縦断調査 第43回日本老年医学会学術集会 2001年6月13日 大阪

安藤富士子、藤澤道子、甲田道子、新野直明、下方浩史(疫学研究部)
DHEA-S(Dehydroepiandrosterone Sulfate)と動脈硬化関連要因.第43回日本老年医学会学術集会、2001年6月13日 大阪

下方浩史(疫学研究部)
シンポジウム 老年病医療の進歩 1.長期縦断研究からみた老年疾患の動向 第43回日本老年医学会学術集会、2001年6月13日 大阪

福川康之、中島千織、坪井さとみ、新野直明、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)
中高年者の肯定的・否定的対人交流と抑うつとの関連.第43回日本老年社会科学会大会 2001年6月14日 大阪

道川 誠(痴呆疾患研究部)
「アルツハイマー病の分子機構におけるコレステロールの役割」 第43回老年医学会学術集会 プレナリーレクチャー 6月13日 大阪

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
「アルツハイマー病研究・最新の進歩」 第43回老年医学会学術集会 教育講演 6月12日 大阪

杉浦ミドリ、荒井由美子(老人ケア研究部)
介護負担の縦断的研究:Zarit介護負担尺度日本語版を利用して 第43回 日本老年医学会学術集会 2001年6月13〜15日 大阪

鷲尾昌一、荒井由美子(老人ケア研究部)
要介護高齢者の主介護者の介護負担に関する研究:Zarit介護負担尺度日本語版を用いて 第43回日本老年医学会学術集会 2001年6月13〜15日 大阪

荒井由美子、水野洋子(老人ケア研究部)
英国の政策にみる高齢者施設ケア質向上への新しい取り組み 日本老年社会科学会第43回大会 2001年6月13〜15日 大阪

上田照子、 荒井由美子(老人ケア研究部)
在宅要介護高齢者における要介護度と介護状況との関連について. 日本老年社会科学会第43回大会 2001年6月13〜15日 大阪

荒井由美子、 杉浦ミドリ、 鷲尾昌一、三浦宏子、工藤 啓(老人ケア研究部)
介護負担の経年的変化とその関連要因:ZBIを利用して 第16回日本老年精神医学会 2001年6月13〜15日 大阪

三浦宏子、山崎きよ子、苅安 誠、荒井由美子(老人ケア研究部)
高齢者の知的機能と咀嚼機能との関連性 第12回日本老年歯科医学会学術大会 2001年6月13〜15日 大阪

大川弥生、工藤美奈子、川井加奈子(老人ケア研究部)、中村茂美、関口春美
リハビリテーション当事者の主体的参加促進のための対応;活動レベルへの対応による効果 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会 平成13年6月14〜16日 横浜

大川弥生、平田 亮、工藤美奈子、武井麻喜、中村 愛、川井加奈子(老人ケア研究部)、石川 誠、永野啓輔
外来リハビリテーションの現状と改善の方向性について 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会 平成13年6月14〜16日 横浜

松本憲二、平田 亮、大川弥生、木村伸也、橋詰玉枝子(老人ケア研究部)
廃用症候群としての起立性低血圧に関する研究(4);下肢血流動態との関係から 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会 平成13年6月14〜16日 横浜

大川弥生、工藤美奈子(老人ケア研究部)、中村茂美、関口春美
ADL指導中心外来リハビリテーションの効果;外来頻回訓練との比較 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会 平成13年6月14〜16日 横浜

大川弥生、松本憲二、平田 亮、工藤美奈子、武井麻喜、恒川智帆(老人ケア研究部)、原 信也、鵜飼泰光
廃用症候群としての起立性低血圧に関する研究(3);自動的立位と他動的立位との異同 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会 平成13年6月14〜16日 横浜

平田 亮、松本憲二、大川弥生、川上 治、中村 愛、川井加奈子、武井麻喜、工藤美奈子(老人ケア研究部)
廃用症候群としての起立性低血圧に関する研究(6);下肢血管機能との関係 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会 平成13年6月14〜16日 横浜

松本憲二、平田 亮、武井麻喜、工藤美奈子、大川弥生(老人ケア研究部)、原 信也、鵜飼泰光
廃用症候群としての起立性低血圧に関する研究(5);脳血流変化と血圧変動との関係 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会 平成13年6月14〜16日 横浜

Hatano K, Suzuki M, Ogawa M, Kawasumi Y, Kato T, Ito K,(生体機能研究部) and Kamei K  
DIRECT AND INDIRECT SYNTHESIS OF FLUORINE-18 LABELED BUTYROPHENONES AS a1-ADRENOCEPTOR LIGANDS.  14th International Synposium on Radiopharmaceutical Chemistry (June 10-15, Interlaken, Switzerland)

Ito K, Arahata Y, Nagano-Saito A, Abe Y, Kato T, Nakamura A, Kawasumi Y, Hatano K(生体機能研究部), Yamada T and Kachi T
Dopaminergic impairment correlates with cortical dysfunction in Parkinson's disease, The 48th SNM annual meeting, June23-27, Toronto, Canada

田中 愼(共同利用室)
個体レベルの老化モデル動物を目指して:近交系ラットF344/Nは適?不適? 第24回日本基礎老化学会 6月13〜16日 大阪

田中 愼、玉谷典華、宮石 理(共同利用室)
”F344”ラットの加齢特性 第24回日本基礎老化学会 6月13〜16日 大阪

田中 愼、伊藤美武(共同利用室)
OutbredであるDonryuラットの加齢特性が制限給餌により受けた修飾の一解釈 第24回日本基礎老化学会 6月13〜16日 大阪

森(玉谷)典華、植村和正、田中 愼、井口昭久(共同利用室)
高脂肪食の血圧上昇作用への加齢の影響 第24回日本基礎老化学会 6月13〜15日 大阪

南知予子、山本貴子、丸山和佳子、磯部健一、前原佳代子、木谷健一(共同利用室)
プロパジラミン類の抗酸化酵素活性上昇作用の共通性とサイトカイン動員作用 第24回日本基礎老化学会 6月13〜15日 大阪

是永龍巳、森 政之、付 笑影、松下隆壽、細川昌則、倉本和直、朱宮正剛、田中 愼、後藤佐多良、樋口京一(共同利用室)
Apoa2a alleleを持つマウスにおける老化アミロイド沈着-2 第24回日本基礎老化学会 6月13〜15日 大阪

学会・研究会等発表(7月)

wao S, Iwao N, D.C. Muller, Andres R, Kouda M and Shimokata H(疫学研究部) 
BMI and waist circumference standards: a critique in younger and older caucasians and Japanese: Part I. The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.1-7.6. Vancouver, Canada.

Iwao N, Iwao S, D.C. Muller, R. Andres, Kouda M and Shimokata H(疫学研究部) 
BMI and waist circumference standards: a critique in younger and older caucasians and Japanese: Part II. The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.1-7.6. Vancouver, Canada.

Imai T, Oka S, Mori K, Ando F, Niino N and Shimokata H(疫学研究部) 
Correlation of serum lipid peroxide level with antioxidant nutrients in the middle-aged and elderly Japanese. The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.1-7.6. Vancouver, Canada.

Shimokata H, Ando F and Kuzuya M(疫学研究部) 
Age-related change in serum uric acid - 10-year longitudinal study in 80507 Japanese. The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.1-7.6. Vancouver, Canada.

Koda M, Ando F, Niino N and Shimokata H(疫学研究部) 
The relationship between age and visceral fat in middle-aged and elderly Japanese. The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.1-7.6. Vancouver, Canada.

Kozakai R, Doyo W, Tsuzuku S, Yabe K, Ando F, Niino N and Shimokata H(疫学研究部) 
Relationships of physical fitness with leisure time physical activity and exercise experiences among Japanese elderly. The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.1-7.6. Vancouver, Canada.

Nakashima C, Fukukawa Y, Tsuboi S, Ando F, Niino N and Shimokata H(疫学研究部)
Influence of Psychological Independency on the Relationships between IQ and Depressive Symptoms. The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.1-7.6. Vancouver, Canada.

Fujisawa M, Ando F, Niino N, Tsuboi S, Nakashima C, Fukukawa Y and Shimokata H(疫学研究部) 
The factors associated with cognitive decline in the community-dwelling elderly Japanese. The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.1-7.6. Vancouver, Canada.

Doyo W, Kozakai R, Tsuzuku S, Yabe K, Ando F, Niino N and Shimokata H(疫学研究部
 
Gait characteristics in healthy middle–aged and elderly adults. The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.1-7.6. Vancouver, Canada.

Fukukawa Y, Nakashima C, Tsuboi S, Niino N, Ando F and Shimokata H(疫学研究部) 
Psychological Stress, Social Exchanges, and Depression in Japanese Middle-aged and Elderly People The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.1-7.6. Vancouver, Canada.

Ando F, Imai T, Fukukawa Y, Tsuboi S, Nakashima C, Niino N and Shimokata H(疫学研究部) 
Does cholesterol intake relate depression in Japanese elderly? The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.1-7.6. Vancouver, Canada.

Niino N, Nomura H, Kozakai R, Fukukawa Y, Ando F, Shimokata, H, Sugimori H, Yasumura S, Haga H and Nishihara N(疫学研究部)  
Visual function and falls among community-dwelling elderly people The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001.7.1-7.6. Vancouver, Canada.

Arai Y, Zarit S, Sugiura M, Washio M, Miura H and Kudo K(老人ケア研究部) 
Factors related to the outcome of caregiving of the impaired elderly:  A longitudinal studyin rural Japan. The 17th congress of the international association of gerontology, 2001 July 1-6, Vancouver, Canada.

Arai Yand Sugiura M(老人ケア研究部)  
New Japanese insurance for elderly: A welcome but difficult break with tradition. The 17th congress of the international association of gerontology, 2001 July 1-6, Vancouver, Canada.

久野弘明、関根正樹、柄川 索、石井 猛、根本泰弘、藤江正克、森 明子、安藤一也、田村俊世(老人支援機器開発部)
高齢者用歩行支援機器の評価 第40回計測自動制御学会学術講演会 7月25〜27 名古屋

一関紀子、吉村拓巳、内藤由紀子、前塚美春、大河内恵、大河内智子、嶋崎千香子、徳田治彦、田村俊世(老人支援機器開発部)
高齢糖尿病患者のエネルギー代謝測定 第40回計測自動制御学会学術講演会 7月25〜27 名古屋

講演など(教育・普及・広報活動)(6月)

下方浩史(疫学研究部)
肥満と長寿 愛知県栄養士医療部会西三河地区病態栄養研修会 2001年6月16日 刈谷

大川弥生(老人ケア研究部)
回復期リハビリテーション病棟のあるべき姿 第4回高齢者ケア・フォーラム 2001年6月2日 香川

大川弥生(老人ケア研究部)
つくられた「ねたきり」と「廃用症候群の悪循環」;その予防と改善 第1回栃木県医師会介護保険研修会 2001年6月10日 栃木

大川弥生(老人ケア研究部)
作業療法技術科学の研究と展開 第35回日本作業療法学会 2001年6月21日 金沢

講演など(教育・普及・広報活動)(7月)

大川弥生(老人ケア研究部)
目標指向的介護 日本リハビリテーション看護学会 2001年7月7日 所沢

大川弥生(老人ケア研究部)
目標指向的アプローチについて学ぶ;「できるADL」「しているADL」を考えよう 2001年7月15日 長野

大川弥生(老人ケア研究部)
回復期リハビリテーション病棟 日本作業療法士協会回復期リハビリテーション病棟研修会 平成13年7月21日 山口

大川弥生(老人ケア研究部) 回復期リハビリテーション病棟 日本作業療法士協会回復期リハビリテーション病棟研修会 平成13年7月28〜29日 長崎

所内活動(セミナー等)(6月)

NILS Seminar 南 康博 先生(神戸大学医学部)
骨軟骨形成過程におけるRorファミリー受容体型チロシンキナーゼRor1/Ror2の機能 6月7日 長寿医療研究センターセミナー室(老年病研究部)

NILS Seminar 深水昭吉 先生(筑波大学先端学際領域研究センター)
アセチル化と転写制御〜時空間的調節系のダイナミクス〜 6月14日 長寿医療研究センターセミナー室(老年病研究部)

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター