文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2001年 [平成13年] 3月

新聞・雑誌等

3月5日(まほびか4月号) 下方浩史(疫学研究部) たばこを吸うと女性もおなかに脂肪がたまりやすく閉経後の喫煙は特に危険

3月6日(読売新聞夕刊) 田村俊世(老人支援機器開発部) テクノライフ 支える技術8

論文発表等

原著論文

野村秀樹、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)、三宅養三
縦断的眼圧変動に影響する諸要因についての検討 あたらしい眼科 18:241-246, 2001.

Kuwahara K, Saito Y, Ogawa E, Takahashi N, Nakagawa Y, Naruse Y, Harada M, Hamanaka I, Izumi T, Miyamoto Y, KishimotoI, Kawakami R, Nakanishi M, Mori N(分子遺伝学研究部)and Nakao K
The neuron-restrictive silencer element-Neuron-restrictive silencer factor system regulates basal and endothelin 1-inducible atrial natriuretic peptide gene expression in ventricular myocytes. Mol. Cell. Biol. 21 (6) 2085-2097 (2001)

Tanaka M, Ito S, Matsushita N, Mori N(分子遺伝学研究部)and Kiuchi K
Promoter analysis and characteristics of the 5’-untranslated region of the mouse glial cell line-derived neurotrophic factor gene. Mol. Brain Res. 85 91-102 (2000)

Isobe I, Yanagisawa K and Michikawa M(痴呆疾患研究部)
3-(4,5-Dimethylthiazol-2-yl)-2,5-dipenyltetrazolium bromide (MTT) causes Akt phosphorylation and morphological changes in intracellular organellae in cultured rat astrocytes. J Neurochem 77: 274, 2001.

Sawamura N, Gong J.-S.,Garver W. S., Heidenreich R.A., Ninomiya H, Ohno K, Yanagisawa K and Michikawa M(痴呆疾患研究部)
Site-specific phosphorylation of tau accompanied by activation of mitogen-activated protein kinase (MAPK) in brains of Niemann-Pick type C mice. J Biol Chem 276 10314-10319, 2001.

Fan Q-W., Isobe I, Asou H, Yanagisawa K and Michikawa M.(痴呆疾患研究部)
Expression and regulation of apolipoprotein E receptors in the cells of the central nervous system in culture: A review. AGE J. 24: 1-10, 2001.

Arai Y, Sugiura M, Miura H, Washio M and Kudo K.(老人ケア研究部)
Undue concern for others opinioms deters caregivers of impaired elderly from using public services in rural Japan. Int J Geriat Phychiatry 15:961-968, 2000.

松本佳昭、川村宗弘、中島一樹、田村俊世(老人支援機器開発部) 
無意識無拘束生理量計測手法を用いた在宅遠隔医療支援システムの開発 ?無拘束生理量計測装置の開発? 山口県産業技術センター研究報告 13、12-18, 2001.

南部雅幸、大城 理、土居元紀、千原國宏(老人支援機器開発部) 
凸形表面送波子を用いたリングアレイプローブ 電気学会論文誌Eセンサマイクロマシン l121E、107-112, 2001

解説, 論説, その他

甲田道子、下方浩史(疫学研究部)
肥満の判定と肥満症の診断 日本医事新報 4012; 106-107, 2001.

安藤富士子(疫学研究部)
尿失禁のケアとリハビリテーション Gerontology 13(2):156-159, 2001

甲田道子、下方浩史(疫学研究部)
肥満の予防、治療のための食事と長寿 Geriatric Medicine 39; 417-420, 2001.

下方浩史(疫学研究部)
長寿者になるための生理学的条件 日本老年医学会誌 38; 174-176, 2001.

下方浩史(疫学研究部)
長寿を目指す健康支援-新たな研究と戦略 東海工業会会報 223, 2-5, 2001.

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
アミロイド沈着の分子機構 脳と神経53: 227-233, 2001.

池田恭治(老年病研究部)
ビタミンDの抗腫瘍作用 腎と骨代謝 14:97-103, 2001.

大川弥生(老人ケア研究部) 
回復期リハビリテーション病棟 リハビリテーション研究 30(4):49,2001.

大川弥生(老人ケア研究部) 
回復期リハビリテーション病棟のあり方 PTジャーナル 35(3):167-178, 2001.

大川弥生、中村茂美、藤原 茂(老人ケア研究部)
回復期リハビリテーション病棟の作業療法を考える OTジャーナル 35(4):279-286, 2001.

大川弥生(老人ケア研究部)
回復期リハビリテーション病棟始動;ADL重視こそリハビリテーションの原点 臨床老年看護 8(2):3-11, 2001.

大川弥生(老人ケア研究部)
回復期リハビリテーション病棟の特徴 看護の実践の科学 (4):44-47, 2001.

大川弥生(老人ケア研究部) 
インフォームド・コオペレーション;自己決定権を尊重する具体的な手順 おはよう21 11(11):52-55, 2001.

大川弥生(老人ケア研究部)
目標指向的リハビリテーション・プログラムにおける家事の位置づけ;目標指向的「活動」訓練プログラム OTジャーナル 35(4):315-320, 2001.

荒井由美子、杉浦ミドリ(老人ケア研究部)
家族介護者のストレスとその評価法 日本老年精神医学会誌 11(12):1360-1364, 2000.

新畑 豊、伊藤健吾(生体機能研究部)
特別企画老年期痴呆Ⅳ痴呆の検査と評価 画像診断 からだの科学218:71-75, 2001.

講演等

学会・研究会等発表

甲田道子(疫学研究部)
NILS-LSA(国立長寿研・老化に関する長期縦断疫学研究)における形態・身体組成の研究.日本人類学会第16回Auxology分科会研究会 大妻女子大学 2001年3月10日 東京

Maruyama W,Yamada T, Washimi Y, Kachi T, Yanagisawa N, Ando F, Shimokata H(疫学研究部)and Naoi M
Neutral (R)salsolinol N-methyltransferase as a pathogenic factor of Parkinson's Disease. the 5th International Congress on Progress in Alzheimer's and Parkinson's Disease. March 31-April, 5,2001, Kyoto.

Matsuura A and Ikeda K.(老年病研究部)
Biological significance of the telomere in DNA damage tolerance. Cold Spring Harbor Meeting on Telomeres and Telomerase, Cold Spring Harbor NY, March 28-April 1, 2001.

Naka K, Tachibana A, Ishikawa F, Ikeda K and Motoyama N.(老年病研究部)
Introduction of telomerase to ataxia teleangiectasia cells can extend shortened telomeres and bypass replicative senescence. Cold Spring Harbor Meeting on Telomeres and Telomerase, Cold Spring Harbor NY, March 28-April 1, 2001.4.5

大川弥生、松本憲二、工藤美奈子、川井加奈子、木村伸也、上田 敏(老人ケア研究部)
障害構造論の臨床実践への適用 ー「リハビリテーション総合実施計画書」による本人への教育・指導・説明ー 第26回日本脳卒中学会総会 平成13年3月15-16日 大阪

大川弥生、川井加奈子、工藤美奈子、武井麻紀、松本憲二、石川 誠、原 信也(老人ケア研究部)
「回復期リハビリテーション病棟」と一般医療機関との連携ー脳卒中患者の紹介前対応についてー (老人ケア研究部)  第26回日本脳卒中学会総会 平成13年3月15-16日 大阪

松本憲二、大川弥生、工藤美奈子、武井麻喜、中村茂美、関口春美、上田 敏(老人ケア研究部)
脳卒中患者の入院リハビリテーション終了後の対応についてー長期的ADL向上プログラムの意義ー 第26回日本脳卒中学会総会 平成13年3月15-16日 大阪

大川弥生、川井加奈子、松本憲二、工藤美奈子、中村 愛、永野啓輔、石川 誠(老人ケア研究部)
リハビリテーションシステム構築のためにー外来リハビリテーションの現状と改善の方向性についてー 第26回日本脳卒中学会総会 平成13年3月 大阪

中島一樹、南部雅幸、田村俊世(老人支援機器開発部)
無拘束健康モニタ 電子情報通信学会安全性研究会 3月21日 東京

中島一樹(老人支援機器開発部)
山口大学ベンチャービジネスラボラトリー第7回YU-VBLセ15-16日ミナー「医用福祉工学とベンチャービジネス」 3月30日 宇部

小川美香子、籏野健太郎、川角保広、Juergen Wichmann、伊藤健吾(生体機能研究部)
新規11C標識ノシセプチン受容体イメージング剤の開発 日本薬学会第121年会 平成13年3月28-30日 札幌

冨永亜希子、飯田靖彦、小川美香子(生体機能研究部)、佐治英郎
脳神経疾患の核医学診断を目的としたニコチンレセプターイメージング:前脳基底核傷害ラットを用いた基礎的検討 日本薬学会第121年会 平成13年3月28-30日 札幌

Kato T.(生体機能研究部) Arahata Y, Nagano-Saito A, Nakamura A, Abe Y, Hatano K, Yamada T, Washimi Y, Kachi T, and ItoK
Pathophysiological brain mapping in parkinsonユs disease. Symposium of new trends in brain image by PET. The 12nd world conference of International Society of Brain Electromagnetic Topography. Mar. 8th-10th, 2001, Omiya, Japan.

講演など(教育・普及・広報活動)

今井具子(疫学研究部)
食事調査の実際 全国研究教育栄養士協議会研修会 女子栄養大学 2001年3月24日 東京

大川弥生(老人ケア研究部)
目標指向的“活動(Activity)”向上プログラム 佐賀県作業療法士学会 平成13年3月11日 佐賀

大川弥生(老人ケア研究部)
寝たきり予防のためのリハビリテーションのポイント 地域リハビリテーション懇談会 平成13年3月21日 東京

大川弥生(老人ケア研究部)
回復期リハビリテーション病棟と作業療法について 日本作業療法士協会回復期リハビリテーション研修会 平成13年3月31日-4月1日 東京

所内活動(セミナー等)

NILS Longevity Sciences Seminar. Dr. Werner E.G. Mueller (Professor and Head of Department Institut fur Physiologische Chemie, Abteilung fur Angewandte Molekularbiologie, Johannes Gutenberg-Universitat, Mainz)
Title“Diagnosis of Creutzfeld-Jacob Disease.” 2001年3月5日(2:00?3:30) NILS Reception Room(2ndF) (センター長)

長寿科学セミナー渡辺恭良(大阪市立大学医学部)
脳の保護へ向けたPET戦略  平成13年3月1日 長寿医療研究センター会議室(分子遺伝学研究部)

長寿科学セミナー 福田 淳(大阪大学医学部)
脳磁図を用いた脳の高次機能の解析  平成13年3月15日 長寿医療研究センター会議室(分子遺伝学研究部)

Bio-Med Seminar(第12回) Mary Ellen Moynahan.(Department of Medicine, Cell Biology Program, Memorial Sloan-kettering Cancer Center) Genetic Instability and The BRCA Genes. 3月13日長寿医療研究センターセミナー室(老年病研究部)

平成12年度共同利用室予餞会 3月9日午後3時30分 センター会議室(3月のNILS Todayとしても行う) (共同利用室)

学会・講演など予定(2か月分)

学会・研究会等発表(4月)

Nagano-Saito A., .Kato T, Arahata Y, Ito K, Kawatsu S, Nakamura A, Hatano K, Kawasumi Y and Kachi T.(生体機能研究部)
Mutual Correlation of Aromatic L-Amino Acid Decarboxylase Activity between Several Dopaminergic System. 9TH International Catecholamine Symposium. April 1 - 5,2001 Kyoto, JAPAN.

Arahata Y, Ito K, Kato T, Nagano-Saito A., Kawasumi Y, Hatano K, Abe Y, Kachi T and Sobue G.(生体機能研究部)
Association between Dopaminergic Impairment and Cortical Glucose Metabolic Change in Parkinson's Disease 5th International Conference on Progress in Alzheimer’s and Parkinson’ Diseases. April 1 - 5, 2001, Kyoto, JAPAN.

Kato T, Nagano-Saito A., Arahata Y, Abe Y, Nakamura A, Ogawa M, Suzuki M, Kawasumi Y, Hatano K, Iwai K, Horibe K, Yamada T, Washimi Y, Kachi T, Ito K and Yanagisawa N.(生体機能研究部)
[F-18] Fluorodopa Uptake Change In Parkinson’s Disease. 5th International Conference On Progress In Alzheimer’s And Parkinson’s Diseases. April 1-5, 2001, Kyoto, JAPAN.

Ito K, Arahata Y, Nagano-Saito A., Abe Y1, Kato T, Nakamura A, Kawasumi Y, Hatano K, Yamada T and Kachi T(生体機能研究部)
Dopaminergic Impairment is Related to Cortical Dysfunction in Parkinson's Disease: A PET study. 9TH International Catecholamine Symposium. April 1 ? 5, 2001 Kyoto, JAPAN.

田中 愼、増田芳子(共同利用室)
p27-/-マウスの副腎皮質 第131回日本獣医学会学術集会 4月2?4日 府中

学会・研究会等発表(5月)

田中 愼、宮石 理、大野民生(共同利用室) 
F344/Nラットの加齢特性 その2 日本実験動物科学技術大会2001 5月8?12日 横浜

講演など(教育・普及・広報活動)(4月)

大川弥生(老人ケア研究部)
新WHO国際障害分類を障害者のための事業にどう生かすか;身体障害者リハビリテーションの立場から シンポジウム:WHO国際障害分類改定の意義を考える 平成13年4月27日 東京

大川弥生(老人ケア研究部)
回復期リハビリテーション病棟における作業療法 日本作業療法士協会回復期リハビリテーション研修会 平成13年4月28-29日 北九州

Tamura T(老人支援機器開発部)
Information technology as an assistive technology for the elderly KASIT Workshop April 18, Taejon, Korea.

Tamura T(老人支援機器開発部)
Current status of Gerontechnology in Japan、Yosei University Seminar April 19, 2001, Wonji, Korea.

伊藤健吾(生体機能研究部)
PETの臨床的 有用性についてー腫瘍診断への応用を中心にー 戸田中央総合病院講演会 平成13年4月13日 埼玉

伊藤健吾(生体機能研究部)
パーキンソン病および関連疾患の機能画像による病態解析 第4回基底核疾患研究会 平成13年4月20日 名古屋

講演など(教育・普及・広報活動)(5月)

大川弥生(老人ケア研究部)
回復期リハビリテーション病棟 日本作業療法士協会回復期リハビリテーション研修会 平成13年5月12?13日 東京

Shahmehri N and Tamura T(老人支援機器開発部)
Intelligent systems and the elderly- problems and possibilities、Conference on Aging、Care and Welfare of Elderly and how IT can improve Quality of Life、May 7-10、2001、Stockholm、Sweden.

Tamura T(老人支援機器開発部)
Information technology (IT) as self-support for the elderly、Conference on Aging、Care and Welfare of Elderly and how IT can improve Quality of Life、May 7-10、2001、Stockholm、Sweden.

Kaihara S, Yamauchi S, Homma A, Kinoshita Y and Tamura T(老人支援機器開発部)
How IT can be used as a tool to improve effectiveness and quality in health care, especially in health care and rehabilitation for elderly、Conference on Aging、Care and Welfare of Elderly and how IT can improve Quality of Life、May 7-10、2001、Stockholm、Sweden.

田村俊世、吉村拓巳、一関紀子、和辻 徹、中島一樹(老人支援機器開発部)
携帯型加速度記録機器による活動量の評価、第40回日本エム・イー学会大会 5月9-11日 名古屋

中村加銘子、中島一樹、米満里美、伊藤朗子、東 祐二、藤元登四郎、田村俊世、山越憲一(老人支援機器開発部)
痴呆性高齢者の玩具に対する反応、第40回日本エム・イー学会大会 5月9-11日 名古屋

吉村拓巳、長屋政博、中島一樹、原田 敦、田村俊世、千原國広(老人支援機器開発部)
加速度センサを用いた高齢者転倒モニタの開発と評価 第40回日本エム・イー学会大会 5月9-11日 名古屋

久野弘明、一関紀子、吉村拓巳、後藤純規、田村俊世(老人支援機器開発部)
筋電図を用いた高齢者のための運動負荷法の検討 第40回日本エム・イー学会大会 5月9-11日 名古屋

南部雅幸、一関紀子、中島一樹、河原田淳、田村俊世(老人支援機器開発部)
在宅ケアネットワークのためのデータ圧縮 第40回日本エム・イー学会大会 5月9-11日 名古屋

一関紀子、吉村拓巳、南部雅幸、田村俊世(老人支援機器開発部)
高齢者の安静代謝評価のための呼吸代謝測定装置の検討 第40回日本エム・イー学会大会 5月9-11日 名古屋

内藤由紀子、一関紀子、吉村拓巳、豊嶋美春、大河内恵、久野弘明、南部雅幸、中島一樹、徳田治彦、田村俊世(老人支援機器開発部)
高齢糖尿病患者における入退院時のエネルギー消費量の比較 第40回日本エム・イー学会大会 5月9-11日 名古屋

中島一樹、金 星一、中村加奈子、米満里美、老川大輔、伊藤朗子、東 祐二、藤元登四郎、南部雅幸、田村俊世(老人支援機器開発部) 高齢者のための擬似会話システムの開発 第40回日本エム・イー学会大会 5月9-11日 名古屋

田村俊世(老人支援機器開発部)
シンポジウム 長寿社会を支えるBME技術、第40回日本エム・イー学会大会 5月9-11日 名古屋

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター