文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2000年 [平成12年] 10月

新聞・雑誌等

池田恭治(老年病研究部) 老化と遺伝子研究 Medicament News 2000年10月15日

論文発表等

原著論文

Carrillo MC, Kanai S, Kitani K and Ivy GO(センター長)
A high dose of long term treatment with deprenyl loses its effect on antioxidant enzyme activities as well as on survivals of Fischer-344 rats. Life Sci 67:2539-2548, 2000.

Yokozawa T, Cho EJ, Hara Y and Kitani K(センター長)
Antioxidative activity of green tea treated with radical intiator2, 2'-azobis(2-amidinopropane) dihydrochloride. J Agric Food Chem 48:5068-5073, 2000.

Roder K, Hung MS, Lee TL, Lin TY, Xiao H, Isobe K(老化機構研究部), Juang JL and Shen CJ
Transcriptional repression by Drosophila methyl-CpG-binding proteins. Mol Cell Biol 20:7401-9, 2000.

Miyaishi O, Ando F, Matsuzawa K, Kanawa R and Isobe K (老化機構研究部)
Cancer incidence in old age. Mech Ageing Dev Aug 15;117(1-3):47-55, 2000.

Miyaishi O, Ando F(疫学研究部), Matsuzawa K, Kanawa R and Isobe K
Cancer incidence in old age. Mech Age Dev 117:47-55,2000.

Nagasawa K, Kitamura K, Yasui A, Nimura Y, Ikeda K, Hirai M, Matsukage A and Nakanishi M(老年病研究部)
Identification and characterization of human DNA polymerase b2, a DNA polymerase b-related enzyme. J Biol Chem 275:31233-8, 2000.

Ikeda K and Ogata E(老年病研究部)
Modulation of bone remodeling by active vitamin D: its role in the treatment of osteoporosis. Mech Age Dev 116:103-11, 2000.

Inouye S, Watanabe K, Nakamura H and Shimomura O(老年病研究部)
Secretional luciferase of the luminous shrimp Oplophorus gracilirostris: cDNA cloning of a novel imidazopyrazinone luciferase(1). FEBS Lett 481:19-25, 2000.

Fujita E, Urase K, Egashira J, Miho Y, Isahara K, Uchiyama Y, Isoai A, Kumagai H, Kuida K, Motoyama N and Momoi T(老年病研究部)
Detection of caspase-9 activation in the cell death of the Bcl-x-deficient mouse embryo nervous system by cleavage site-derected antisera. Dev. Brain. Res. 122: 135-147, 2000.

Miura H, Miura K, Mizugai Y and Arai Y(老人ケア研究部)
Chewing ability and quality of life among the elderly residing in a rural community in Japan. J Oral Rehabilitation 27: 731-734, 2000.

Sekine M, Tamura T, Akay M, Togawa T and Fukui Y(老人支援機器開発部)
Analysis of Acceleration Signals in Healthy Young Subjects using Wavelet Transform Method. Method Inform Med. 39, 183-5, 2000.

Sekine M, Tamura T, Togawa T and Fukui Y(老人支援機器開発部)
Classification of waist-acceleration signals in a continuous walking record. Med Eng Phys. 22, 285-291, 2000.

一関紀子、木竜 徹、斉藤義明(老人支援機器開発部)
様々な筋収縮レベルにおける重畳M波による筋疲労過程の解析、電子情報通信学会和文論文誌J83-D-I、10、1129-1136, 2000.

Chapters, Reviews, 解説, 論説, その他

Carrillo MC, Kanai S, Kitani K, Ivy GO, Youdim and Naoi M(センター長)
Mechanism underlying anti-apoptotic activity of a (-)deprenyl-related propargylamine, rasagiline. Mech Ageing Dev 116:181-191, 2000.

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
Alzheimer病とアポトーシス 神経内科53:328-332, 2000.

池田恭治(老年病研究部)
長寿遺伝子をめぐる最近の話題 医療 54:439-43, 2000.

大川弥生(老人ケア研究部) 
「寝たきり」を生み出す廃用症候群の悪循環を防ぐために.高齢者ケアとリハビリテーション 厚生科学研究所 34-44, 2000

大川弥生(老人ケア研究部)
目標指向的リハビリテーション・プログラム.高齢者ケアとリハビリテーション 厚生科学研究所 70-83, 2000

大川弥生(老人ケア研究部)
回復期リハビリテーション病棟のあり方.高齢者ケアとリハビリテーション 厚生科学研究所 94-104, 2000

田村俊世(老人支援機器開発部)
新研究会紹介 健康・QOLに向けた応用技術研究会、ライフサポート、12 、3、115-6, 2000.

田村俊世(老人支援機器開発部)
生体情報計測:バイオセンサ、バイオミメティックスハンドブック 長田 義仁 編、エヌティエス、148-155,2000.

新畑 豊、伊藤健吾、加藤隆司、斎藤敦子(生体機能研究部)
痴呆性疾患における核医学診断の進歩---- PET, SPECTにより何がわかるか,わかったか ----,映像情報Medical 32; 1127-1131, 2000.

書物等

甲田道子(疫学研究部)
体格,身体組成の測定・評価.井上一,武藤芳照,福田濶編著 改訂第3版運動療法ガイド 正しい運動処方を求めて:42-46,2000.日本医事新報社

荒井由美子、杉浦ミドリ(老人ケア研究部)
松山町高齢者及び御家族の日常生活に関する調査報告書.荒井由美子、杉浦ミドリ編

講演等

学会・研究会等発表

木谷健一(センター長)
加齢のフリーラジカル説と抗酸化ストラテジー 第10回メイラード反応研究会 特別講演 10月5、6日 岐阜

森 望(分子遺伝学研究部)
神経特異的遺伝子の転写制御:神経選択的サイレンサーNRSとその制御因子NRSF/RESTによる転写抑制の分子機構 第73回日本生化学会(2000) 10月11-14日 パシフィコ横浜 横浜市

森井博史、山田登美子、森 望(分子遺伝学研究部)
神経特異的微小管崩壊因子SCG10ファミリーのリン酸化部位の同定 第73回日本生化学会(2000)10月11日-14日 パシフィコ横浜 横浜市

紺谷靖英、王 作成、水野隆文、鈴木友子、佐藤祐造、山下 均、森 望(分子遺伝学研究部)
骨格筋におけるミトコンドリア脱共役蛋白質の発現に対する加齢、神経切除の影響 第73回日本生化学会(2000)10月11-14日 パシフィコ横浜 横浜市

山下 均(分子遺伝学研究部)、佐藤祐造
UCPI遺伝子の発現調節と肥満  第21回日本肥満学会(2000)10月19-20日 名古屋市中小企業振興会館 名古屋市

小坂井留美、都竹茂樹、甲田道子、安藤富士子、新野直明、下方浩史、矢部京之助(疫学研究部)
中高年における1日の歩数と脚伸展パワー-長期縦断疫学調査の第一回調査結果から- 日本体育学会第51回大会 2000年10月9日 奈良

今井具子、岡佐貴世、森 圭子、安藤富士子、新野直明、下方浩史(疫学研究部)
写真を併用した食事調査について 第59回日本公衆衛生学会総会 2000年10月18日 群馬

新野直明、福川康之、坪井さとみ、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)鈴木隆雄、柴田 博
都市部と農村部における在宅高齢者の抑うつ症状有症率 第59回日本公衆衛生学会総会 2000年10月20日 群馬

甲田道子、下方浩史、安藤富士子、新野直明(疫学研究部)
β3アドレナリン受容体、CCK-A受容体の遺伝子多型と体重増加および体脂肪率との関係 第21回日本肥満学会 2000年10月19日 名古屋

森 圭子、今井具子、岡佐貴世、安藤富士子、新野直明、下方浩史(疫学研究部)
肥満度別にみた栄養摂取評価方法の検討-3日間の食事記録と食物摂取頻度法の差異- 第21回日本肥満学会 2000年10月19日 名古屋

梶岡多恵子、下方浩史、甲田道子、安藤富士子、新野直明(疫学研究部)、佐藤祐造
臍位腹部厚径(Sagittal Abdominal Diameter)と血圧、血清脂質、糖代謝との関連 第21回日本肥満学会 2000年10月20日 名古屋

都竹茂樹、梶岡多惠子、下方浩史(疫学研究部)、前田 清、遠藤英俊
低強度レジスタンストレーニングが高齢男性の身体組成・血液性状へ及ぼす影響 第21回日本肥満学会 2000年10月20日 名古屋

芳賀 博、古瀬みどり、植木章三、新野直明(疫学研究部)、安村誠司
高齢者転倒予防事業に関する全国調査-予備調査に基づく分析 第59回日本公衆衛生学会総会 2000年10月19日 群馬

石崎達郎、吉田英世、鈴木隆雄、湯川晴美、金 憲経、渡辺修一郎、熊谷 修、藤原佳典、新開省二、新野直明(疫学研究部)、井原一成、柴田 博
地域在住高齢者における尿失禁の状況 第59回日本公衆衛生学会総会 2000年10月19日 群馬

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
アミロイドb蛋白凝集開始機構におけるGM1ガングリオシドの役割 第73回 日本生化学大会 シンポジウム「神経機能発現における糖鎖の役割」 10月11-14日 横浜

川村勇樹、菊池 章、高田律子、高田慎治、芝本さゆみ、柳澤勝彦駒野宏人(痴呆疾患研究部)
Wntシグナル伝達系におけるプレセニリン1の役割 第73回日本生化学大会 10月11-14日 横浜

磯部一郎、柳澤勝彦道川 誠(痴呆疾患研究部)
3-(4,5-dimethylthiazol-2-yl)-2,5diphenyltetrazolium bromide(MTT)によるラットアストロサイトにおけるAktリン酸化の亢進とエンドゾームの形態変化 第73回日本生化学大会 10月11-14日 横浜

キョウ建生澤村直哉范 企文柳澤勝彦道川 誠(痴呆疾患研究部)
凝集したAmyloid b-proteinは神経細胞におけるコレステロール代謝に大きな影響を及ぼす 第43回日本神経化学会 10月18-20日 金沢

道川 誠Qi-Wen Fan澤村直哉、Wei Yu、千田隆夫、柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
細胞内コレステロール量依存的タウ蛋白リン酸化調節の検討 第43回日本神経化学会 10月18-20日 金沢

澤村直哉キョウ建生、W. Garver, R. Heidenreich、二宮治明、大野耕策、柳澤勝彦道川 誠(痴呆疾患研究部)
ニーマンピック病C型マウスにおけるタウ蛋白のリン酸化の検討 第43回 日本神経化学会 10月18-20日 金沢

川村勇樹、菊池 章、高田律子、高田慎治、芝本さゆみ、柳澤勝彦駒野宏人(痴呆疾患研究部)
Wntシグナル伝達系における変異プレセニリン1の抑制作用 第43回日本神経化学会 10月18-20日 金沢

佐々木裕子、工藤 啓、高橋香子、下山田鮎美、荒井由美子(老人ケア研究部)
医療費効率利用策としてのオレゴン・ヘルス・プラン優先順位診療行為リストに関する研究 第58回日本公衆衛生学会 平成12年10月18-20日 前橋

松鵜甲枝、鷲尾昌一、荒井由美子、井手三郎(老人ケア研究部)
要介護老人の在宅介護破綻-サービスの利用を中心に 第58回日本公衆衛生学会 平成12年10月18-20日 前橋

三浦宏子、荒井由美子(老人ケア研究部)
虚弱老人と健康老人における最大咬合力と現在歯数に関する比較検討 第49回日本口腔衛生学会 平成12年10月5-6日 札幌

相川文仁、相川裕之、竹内美代子、山田隆子、倉重徳太郎、松本佳昭、中島一樹・他(老人支援機器開発部)
無意識・無拘束生理量計測手法を用いた在宅遠隔医療支援システムの開発-得られたモニタリング結果の意義と今後-全国老人保健施設大会 10月4-6日 四日市

田村俊世(老人支援機器開発部)
福祉工学キーノートスピーチ 2000年精密工学会秋季大会学術講演会 10月7-9日 名古屋市

南部雅幸、中島一樹、田村俊世(老人支援機器開発部)
VRMLを用いた高齢者用行動評価システム 第15回生体・生理工学シンポジウム 10月13-15日 名古屋市

南部雅幸、久野弘明、一関紀子、吉村拓巳、中島一樹、田村俊世(老人支援機器開発部)
圧力感知フィルムを用いた画像処理による体圧集中評価、第15回生体・生理工学シンポジウム 10月13-15日 名古屋市

吉村拓巳、堀内郁孝、東 祐二、中島一樹、藤元登四郎、千原國宏、田村俊世(老人支援機器開発部)
加速度センサを用いた高齢者転倒モニタの開発 第15回生体・生理工学シンポジウム 10月13-15日 名古屋市

久野弘明、南部雅幸、吉村拓巳、一関紀子、安藤高子、鈴木恵美子、中島一樹、田村俊世(老人支援機器開発部)
圧力感知フィルムによる車椅子使用時の体圧集中の評価、第15回生体・生理工学シンポジウム 10月13-15日 名古屋市

一関紀子、久野弘明、吉村拓巳、後藤純規、田村俊世(老人支援機器開発部)
高齢患者の運動療法評価システム 第15回生体・生理工学シンポジウム 10月13-15日 名古屋市

Kim S, Nakajima K ,Nakamura K, Nambu M, Higashi Y, Fujimoto T and Tamura T(老人支援機器開発部)
Interactive system using spontaneous speech for a patient with severe dementia. 第15回生体・生理工学シンポジウム 10月13-15日 名古屋市

関根正樹、関本満義、藤元登四郎、田村俊世、福井康裕(老人支援機器開発部)
加速度センサを用いた脳卒中片麻痺患者の歩行評価法の検討 第15回生体・生理工学シンポジウム 10月13-15日 名古屋市

南部雅幸、久野弘明、一関紀子、中島一樹、田村俊世(老人支援機器開発部)
画像処理を用いた体圧分布評価 日本エム・イー学会秋期大会 10月25-26日 徳島市

中島一樹(老人支援機器開発部)
バーチャルリアリティを利用した高齢者用の看護・介護支援機器の開発、平成11年度長寿科学総合研究事業班会議 10月28日 長寿医療研究センター 大府 

金丸 新、田中 愼、山本欣郎、石井圭司、桑原正貴、局 博一(共同利用室)
F344/Nラットにおける肺機能の加齢性変化 第130回日本獣医学会学術集会 10月7-9日 堺市

玉谷典華、服部文子、梅垣宏行、葛谷雅文、井口昭久、植村和正、田中 愼(共同利用室)
高脂肪食の血圧上昇作用への加齢の影響 第72回中部地区老年医学談話会 10月7日 名古屋市

玉谷典華、植村和正、服部文子、梅垣宏行、葛谷雅文、田中 愼、堀田 饒、井口昭久(共同利用室)
食餌性脂肪による血圧上昇作用への加齢の影響 第21回日本肥満学会 10月19-20日 名古屋市

講演など(教育・普及・広報活動)

下方浩史(疫学研究部)
教育講演 肥満と長寿 第21回日本肥満学会 2000年10月20日 名古屋市

甲田道子(疫学研究部)
暮らしと健康〜心とからだの健康を保つために〜 戸笠コミュニティセンター生涯学習あらかると 2000年10月25日 名古屋市

所内活動(セミナー等)

Bio-Med Seminar(第7回) 澤 洋文先生(北海道大学医学部分子細胞病理)
JC virusの神経特異的障害機構の解明 10月11日 長寿医療研究センターセミナー室(老年病研究部)

Bio-Med Seminar(第8回) 油谷浩幸先生(東京大学先端研ゲノムサイエンス)
機能ゲノム解析による生物機能の解明 10月25日 長寿医療研究センターセミナー室(老年病研究部)

学会・講演など予定(2か月分)

学会・研究会等発表(11月)

下方浩史(疫学研究部)
シンポジウム 老年期痴呆の診療 認知機能障害の危険因子 第55回国立病院療養所総合医学会 2000年11月9日 東京

福川康之、坪井さとみ、丹下智香子、新野直明、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)
中高年者の死別体験および対人交流と抑うつとの関連 日本心理学会第64回大会 2000年11月6日 京都

中島千織、坪井さとみ、丹下智香子(疫学研究部)、橋本 剛、田畑 治 高齢者の対人関係と精神的健康 日本心理学会第64回大会 2000年11月6日 京都

坪井さとみ、福川康之、丹下智香子、新野直明、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)
老いの自覚と関連要因の年代による特徴 日本心理学会第64回大会 2000年11月7日 京都

丹下智香子、坪井さとみ、福川康之、新野直明、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)
成人中・後期における死に対する態度(3) 日本心理学会第64回大会 2000年11月7日 京都

野村秀樹、田辺直樹、新野直明、安藤富士子、下方浩史、三宅養三(疫学研究部)
一般地域住民における角膜中心厚と年齢との関係 第54回臨床眼科学会 2000年11月4日 東京

田辺直樹、野村秀樹、棚橋尚子、安藤富士子、新野直明、下方浩史、長屋祥子、三宅養三(疫学研究部)
眼底動脈硬化と全身的要因との関連 第54回臨床眼科学会 2000年11月4日 東京

Sawamura N, Morishima-Kawashima M, Waki H, Kobayashi K, Kuramochi T, Frosch M. P, Ding K, Ito M, Oyama F, Kim T-W, Tanzi R. E, Ando S and Ihara Y(痴呆疾患研究部)
Mutant-Presenilin 2-transgenic mice: A Large increase in the leveles of Ab42 is presumably associated with the low-density membrane domain that contains decreased levels of glycerophopholipids and sphingomyelin. 30th Society for Neuroscience Annual Meeting, November, 2000, New Orleans, USA.

Namb M, Nakajima K, Kawarada A and Tamura T(老人支援機器開発部)
The Automatic Health Monitoring System for Home Health Care, ITAB2000-ITIS2000, 8 - 11, Arlington, USA.

鈴木 満、籏野健太郎、嵜山陽二郎、川角保広、加藤隆司、伊藤健吾(生体機能研究部)
PET及びin vitro ARG法によるドーパミン受容体結合の加齢変化の検討 第40回日本核医学会総会 平成12年11月1-3日 神戸

杉浦 真、渡部宏久、阿部祐士、新畑 豊、祖父江元、深津 博、加藤隆司、伊藤健吾(生体機能研究部)
MRSにて被殻に異常を認めたparoxismal kinesigenic choreoathetosisの一例 第98回日本神経学会東海北陸地方会 平成12年10月21日 名古屋

新畑 豊、伊藤健吾、加藤隆司、斉藤敦子、籏野健太郎、阿部祐士(生体機能研究部)
パーキンソン病におけるドーパミン神経系の障害と大脳皮質機能障害の関連に関する検討 第40回日本核医学会総会 平成12年11月1-3日 神戸

新畑 豊、加藤隆司、伊藤健吾、斉藤敦子、籏野健太郎(生体機能研究部)、Karl Herholz
二施設間におけるFDG-PETハデータの互換性に関する検討 第40回日本核医学会総会 平成12年11月1-3日 神戸

籏野健太郎(生体機能研究部)
シンポジウム 21世紀における放射性医薬品開発のストラテジー 1.これからの標識合成化学 第40回日本核医学会総会 平成12年11月1-3日 神戸

冨永亜希子、飯田靖彦、間賀田泰寛、佐治英郎、小川美香子(生体機能研究部)
PET用ニコチン性アセチルコリンレセプター機能診断薬剤の開発 第40回日本核医学会総会 平成12年11月1-3日 神戸

学会・研究会等発表(12月)

古山達雄、森 望(分子遺伝学研究部)
フォークヘッド型転写因子FKHRの核外移行への14-3-3の関与 第23回日本分子生物学会(2000)12月13-16日 神戸国際会議場 神戸市

曽根清明、森 望(分子遺伝学研究部)
神経選択的サイレンサーによるSCLIP遺伝子の転写制御機構の解析 第23回日本分子生物学会(2000)12月13-16日 神戸国際会議場 神戸市

広瀬英司、森井博史、森 望(分子遺伝学研究部)
神経可塑性関連微小管調節分子RB3に結合するGEF2/GATE-16関連遺伝子群の構造と細胞内局在 第23回日本分子生物学会(2000)12月13-16日 神戸国際会議場 神戸市

村井清人、鳴瀬善久、森 望(分子遺伝学研究部)
NRSFを介した神経特異的転写抑制メカニズムの解析:転写因子群と機能連関 第23回日本分子生物学会(2000)12月13-16日 神戸国際会議場 神戸市

佐藤仁彦、中村岳史、森 望(分子遺伝学研究部)
神経細胞におけるN-cShの機能解析:発達期の発現変動とシナプス局在 第23回日本分子生物学会(2000)12月13-16日 神戸国際会議場 神戸市

中村岳史、小宮美砂子、太田安隆、広瀬英司、森 望(分子遺伝学研究部)
レセプター型チロシンキナーゼ近傍で働く新規RhoGAP分子の単離 第23回日本分子生物学会(2000)12月13-16日 神戸国際会議場 神戸市

小島拓哉、森 望(分子遺伝学研究部)
NRSF/RESTの遺伝子構造およびプロモーター解析 第23回日本分子生物学会(2000)12月13-16日 神戸国際会議場 神戸市

Kim S, Nakajima K, Nakamura K, Nambu M, Higashi Y, Fujimoto T and Tamura T(老人支援機器開発部)
Interactive System for encouraging the Utterance of the Elderly 第2回音声言語シンポジウム 12月21日-22日 東京

講演など(教育・普及・広報活動)(11月)

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
タンパク質分解と病気:アルツハイマー病 第15回「大学と科学」公開シンポジウム 11月8日 東京

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
老年期痴呆の診療:アルツハイマー病の発症危険因子 第55回 総合医学会 11月9日 東京

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
脳と老化 東海北陸理学療法士会公開講座 11月25日 愛知

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
A new insight into the pathogenesis of Alzheimer's disease: cholesterol-dependent aggregation of Ab and phosphorylation of tau. ミネソタ大学医学部GRECCセミナー 11月15日 米国

大川弥生(老人ケア研究部)
QOL向上に向けたリハビリテーションとケア ;目標指向的・積極的アプローチ 平成12年度長寿医療研修会 平成12年11月1日 大府

大川弥生(老人ケア研究部)
自立支援の介護技術 日本作業療法士協会平成12年度訪問作業療法実務研修会 平成12年11月3日 金沢

大川弥生(老人ケア研究部)
日常生活における装具の活用と装着方法 日本作業療法士協会平成12年度訪問作業療法実務研修会 平成12年11月3日 金沢 

大川弥生(老人ケア研究部)
ターミナルのリハビリテーション 日本看護協会緩和ケアナース研修会 平成12年11月6日 神戸 

大川弥生(老人ケア研究部)
目標指向的リハビリテーションプログラム -特に"寝たきり化"の予防・改善の視点から-  飛騨地域保健所益田センター 平成12年11月16日 岐阜

中島一樹(老人支援機器開発部)
高齢者用看護・介護モニターの現状と今後 金沢大学医学部保健学科特別講演 11月21日 金沢

講演など(教育・普及・広報活動)(12月)

甲田道子(疫学研究部)
肥満について すっきりスリム教室 東浦保健センター 2000年12月7日 東浦

所内活動(セミナー等) (11月)

P.Ake Oberg(老人支援機器開発部)
Biomedical Engineering in Linkoping University 老人支援機器開発部主催セミナー 11月16日 長寿医療研究センター 大府

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター