文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2000年 [平成12年] 7月

新聞・雑誌等

7月3日(中日新聞) 道川 誠(痴呆疾患研究部) アルツハイマー病の発症解明に取り組む

6月23日(朝日新聞) 荒井由美子(老人ケア研究部) 監査で高める高齢者ケアの質:論壇

論文発表等

原著論文

Carrillo MC, Minami C, Kitani K ,Maruyama W, Ohashi K, Yamamoto T, Naoi M, Kanai S and Youdim MBH(センター長)
Enhancing effect of rasagiline on superoxide dismutase and catalase activities in the dopaminergic system in the rat. Life Sci 67: 577-585, 2000.

Shirokawa T, Ishida Y and Isobe K.(老化機構研究部)
Changes in electrophysiological properties of axon terminals of locus coeruleus neurons with age in F344 rat. Neurosci Lett 289:69-71. 2000.

McVean M, Xiao H and Isobe K.(老化機構研究部)
Pelling JC Increase in wild-type p53 stability and transactivational activity by the chemopreventive agent apigenin in keratinocytes. Carcinogenesis 21:633-639. 2000.

Furuyama T, Nakazawa T, Nakano I and Mori N.(分子遺伝学研究部)
Identification of the differential distribution patterns of mRNAs and consensus binding sequences for mouse DAF-16 homologues, Biochem. J. 349(2) 629-634 (2000)

葛谷雅文、遠藤英俊、梅垣宏行、中尾 誠、丹羽 隆、熊谷隆浩、牛田洋一、鍋島俊隆、下方浩史、井口昭久(疫学研究部)
高齢者服薬コンプライアンスに影響を及ぼす諸因子に関する研究 日本老年医学会誌 37,363-370,2000.

Kanematsu M, Sato T, Takai H, Watanabe K, Ikeda K and Yamada Y(老年病研究部)
Prostaglandin E2 Induces Expression of Receptor Activator of Nuclear Factor-kB Ligand/Osteoprotegrin Ligand on Pre-B Cells: Implications for Accelerated Osteoclastogenesis in Estrogen Deficiency. J. Bone Miner Res 15: 1321-1329, 2000.

Arai Y, Washio M and Kudo K(老人ケア研究部)
Factors associated with admission to a geriatric hospital in semi-suburban southern Japan. Psychiatry Clin Neurosciences. 54:213-216,2000

Tamura T, Koseki K, Sumino T, Ogawa M, Togawa T and Tsuchiya K(老人支援機器開発部)
Preliminary study of continuous monitoring with a microdialysis technique and a null method - a numerical analysis, Frontiers Ned. Biol. Engngn, 10, 2, 147-156, 2000.

Chapters, Reviews, 解説, 論説, その他

安藤富士子(疫学研究部)
入浴介助の方法は? 高齢者を知る事典 介護・医療・予防研究会編 厚生科学研究所 366-368, 2000.

下方浩史(疫学研究部)
老化の指標は? 高齢者を知る事典 介護・医療・予防研究会編 厚生科学研究所 24-25, 2000.

下方浩史(疫学研究部)
高齢者の趣味や余暇の過ごし方は? 高齢者を知る事典 介護・医療・予防研究会編 厚生科学研究所 98-99, 2000.

安藤富士子(疫学研究部)
寝たきりの原因としての糖尿病 Geriatric Medicine 38(7),923-928, 2000.

下方浩史、甲田道子(疫学研究部)
肥満度と寿命 日本医事新報 3978, 111, 2000.

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
Alzheimer病発症機構の統合的理解を目指して 最新医学 55:1576-1580, 2000.

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
アポリポ蛋白Eとアルツハイマー病 -コレステロール代謝を中心に- 老年精神医学雑誌 11:783-790, 2000.

道川 誠(痴呆疾患研究部)
アポリポ蛋白Eアイソフォーム特異的コレステロール代謝調節の解明 -Alzheimer病発症機構との関連- 最新医学 55:1656-1663, 2000.

松浦 彰(老年病研究部)
テロメアを維持する仕組み:ATMファミリータンパク質によるゲノム統合性維持機構 細胞工学 19 (7): 1077-1084, 2000.

池田恭治(老年病研究部)
悪性腫瘍随伴高カルシウム血症における骨病変 ホルモンと臨床 48:635-640, 2000.

荒井由美子(老人ケア研究部)
オーストラリアにおける保健福祉サービスの質の保障:監査、苦情処理 小林良二、小松隆二,編 オーストラリア・ニュージーランドの社会福祉 東京:旬報社 151-164, 2000.

大川弥生(老人ケア研究部)
自己決定権の尊重とは、最良の介護ができること。高い技術を持つこと。 おはよう21 10(14):64-67, 2000.

上田 敏、佐藤久夫、大川弥生(老人ケア研究部)
WHO国際障害分類改訂について 作業療法ジャーナル 34(8):852-853, 2000.

田村俊世(老人支援機器開発部)
福祉機器とセンサ技術、医器学、70、7、328-332, 2000.

書物等

田村俊世(老人支援機器開発部)
行動のモニタリングシステム、354-356、高齢者を知る事典 気づいてわかるケアの根拠、介護・医療・予防研究会、厚生科学研究所、2000.

中島一樹(老人支援機器開発部)
バーチャルリアリティと介護機器、362-364, 高齢者を知る事典 気づいてわかるケアの根拠、介護・医療・予防研究会、厚生科学研究所、2000.

講演等

木谷健一(センター長)
"としを忘れて暮らす社会へ" 第12回愛知サマーセミナー 7月23日 名古屋

磯部健一(老化機構研究部)
ストレスと老化 中部科学セミナー 7月1日 名古屋

磯部健一(老化機構研究部)
ストレスと老化 第14回老年期痴呆研究会 7月29日 名古屋

学会・研究会等発表

Xiao H, Hirada Y and Isobe K(老化機構研究部)and Kiuchi K
GDNF induces the Expression of Tyrosine Hydroxylase gene. 18th International Congress of Biochemistry and Molecular Biology. July 16-20, 2000, Birmingham UK.

森井博史、森 望(分子遺伝学研究部)
A possible role of the SCG10 family, a microtubule destabilizing protein, in the neuronal plasticity, CRESTシンポジウム「脳を創る:文脈情報の生成と脳のダイナミクス」 7月15日 コクヨホール 東京

福川康之、坪井さとみ、新野直明、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)
家族との死別体験が中高年の対人関係に及ぼす影響 第42回日本老年社会科学会 2000年7月7日 札幌

坪井さとみ、福川康之、新野直明、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)
中高年者の心理的機能の類型―生活満足度および活動能力からみた特徴― 第42回日本老年社会科学会 2000年7月7日 札幌

綿貫 誠、酒井昭典、阪田武志、鶴上 浩、三輪政夫、内田泰弘、渡辺 研池田恭治(老年病研究部)、中村利孝
非荷重後の再荷重における骨形成の亢進はNOに依存する 第18回日本骨代謝学会 平成12年7月19日-22日 広島

柴田 猛、白石綾子、佐藤卓也、正木敏美、佐々木文増田芳子、東佐由美、内田泰弘、斉藤元男、伊東昌子、尾形悦郎、渡辺 研池田恭治(老年病研究部)
活性型ビタミンDの骨吸収に及ぼすin vivoでの効果 第18回日本骨代謝学会 平成12年7月19日-22日 広島

佐々木文、増田芳子、池田恭治、渡辺 研(老年病研究部) アクチン結合蛋白FilaminによるSmadシグナル経路の制御 第18回日本骨代謝学会 平成12年7月19日-22日 広島

荒井由美子、鷲尾昌一、杉浦ミドリ、工藤 啓、三浦宏子(老人ケア研究部)
Zarit介護負担尺度日本語版の信頼性・妥当性及び交差妥当性 第15回日本老年精神医学会 平成12年7月5-6日 横浜

中島一樹、松本佳昭、南部雅幸、田村俊世(老人支援機器開発部)
リアルタイムオプティカルフロー検出によるベッド上での呼吸・体動評価、電子情報通信学会医用画像研究会 7月10日 東京

Kuno H, Nambu M, Yoshimura T, Ando T, Saito I, Nakajima K and Tamura T(老人支援機器開発部)
A practical application of pressure-sensitive film for preventing pressure sores. World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering. July 23-28, Chicago, USA.

Tamura T, Yoshimura T, Horiuchi F, Higashi Y and Fujimoto T(老人支援機器開発部)
An Ambulatory Fall Monitor for the Elderly. World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering. July 23-28, Chicago, USA.

Sekine M, Tamura T, Fujimoto T and Fukui Y(老人支援機器開発部)
Classification of Walking Pattern Using Acceleration Waveform in Elderly People. World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering. July 23-28, Chicago, USA.

Sekine M, Abe Y, Sekimoto M, Higashi Y, Fujimoto T, Tamura T and Fukui Y(老人支援機器開発部)
Assessment of Gait Parameter in Hemiplegic Patients by Accelerometry. World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering. July 23-28, Chicago, USA.

Kobayashi M, Kaburagi M, Sekimoto M, Shimabukuro K, Horiuchi F, Higashi Y, Sekine M, Fujimoto T and Tamura T.(老人支援機器開発部) Quantitative Assessment Of Rolling Pattern For Hemiplegic Patients. World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering. July 23-28, Chicago, USA.

Kaburagi M, Fukunaga N, Yoshida T, Yasuda T, Higashi Y, Fujimoto T and Tamura T(老人支援機器開発部)
Evaluation of Rehabilitation Effect with a Three-Dimensional Angle Sensor. World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering. July 23-28, Chicago, USA.

Higashi Y, Yasuda T, Yoshida T, Nakamura K, Fujimoto T, Kaburagi M, Sekine M and Tamura T(老人支援機器開発部)
Physical Activity in Dementia of Alzheimer Type. World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering. July 23-28, Chicago, USA.

Kaburagi M, Hanaoka K, Horiuchi F, Higashi Y, Sekine M, Fujimoto T and Tamura T(老人支援機器開発部)
Assessment of Special Motion During Standing in Hemiplegic Patients. World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering. July 23-28, Chicago, USA.

Nakajima K, Matsumoto Y and Tamura T(老人支援機器開発部)
A Monitor for Posture Changes and Respiration in Bed Using Real Time Image Sequence Analysis. World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering. July 23-28, Chicago, USA.

Nambu M, Nakajima K, Kawarada A and Tamura T(老人支援機器開発部)
A System to Monitor Elderly People Remotely, using the Power Line Network. World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering. July 23-28, Chicago, USA.

一関紀子、木竜 徹、田村俊世(老人支援機器開発部)
随意筋電位と誘発筋電位による筋疲労過程の解析、第8回日本運動生理学会・第16回日本バイオメカニクス学会合同大会 7月26-28日 大阪

田中 愼、宮石 理(共同利用室)
実験動物の加齢特性 F344/Nの場合 東海実験動物研究会 7月15日 名古屋

田中 愼、Imre Zs.-Nagy、宮石 理(共同利用室)
NILS Aging FarmにおけるSAM3系統の生存率 第16回SAM研究協議会 7月27日 京都

宮石 理、田中 愼(共同利用室)
SAMP6の腸管病変 第16回SAM研究協議会 7月27日 京都

講演など(教育・普及・広報活動)

森 望(分子遺伝学研究部)
神経遺伝子と脳老化:神経特異的転写制御、シグナル伝達、可塑性制御の分子基盤 東京都神経科学総合研究所 神経科学セミナー 7月6日 東京都 府中市

大川弥生(老人ケア研究部)
寝たきり化を防止する基本的考え方と具体的アプローチ 愛知医科大学総合医学講義 平成12年7月3日 愛知

大川弥生(老人ケア研究部)
高齢者のケア 愛知医科大学総合医学講義 平成12年7月3日 愛知

大川弥生(老人ケア研究部)
ADL・ASL訓練の技術とプログラム 医師のためのリハビリテーション医学講座 平成12年7月22日 東京

大川弥生(老人ケア研究部)
WHO国際障害分類改訂とその臨床的意義 国立療養所東名古屋病院付属リハビリテーション学院実習説明会 平成12年7月7日 名古屋

大川弥生(老人ケア研究部)
ケアマネジメントとリハビリテーションー「目標指向的介護」の理論と実際 東京都医師会介護保険講習会 平成12年7月9日 東京

大川弥生(老人ケア研究部)
ターミナル期のリハビリテーション 日本看護協会緩和ケアナース養成研修会 平成12年7月24日 東京

Arai Y.(老人ケア研究部)
Burden felt by family caring for the elderly members needing care in Japan. Caregivers' Alliance. 2000, July 25, San Francisco, USA.

Arai Y.(老人ケア研究部)
The Japanese version of Zarit Burden Interview. 2000 July 27, Penn State University, State College, USA.

伊藤健吾(生体機能研究部)
脳の機能画像と痴呆 名古屋大学大学院医学研究科医学特論 2000年7月3日 名古屋

所内活動(セミナー等)

長寿科学セミナー W. Gibson Wood(University of Minnesota)
Amyloid b-peptides, membrane structure and cholesterol dynamics. 7月4日 長寿医療研究センターセミナー室 (痴呆疾患研究部)

長寿科学セミナー Prof. Carol A Barnes (Department of Psychology and Neurology at University of Arizona and Division of Neural Systems, Memory and Aging at Arizona Research Laboratories)
"Aging and the Hippocampus: neural plasticity, ensemble dynamics, and gene transcription(老化脳における神経可塑性、集積ダイナミクスと遺伝子発現制御)" 7月10日 長寿医療研究センターセミナー室 (分子遺伝学研究室)

長寿科学セミナー 二宮治明助教授(鳥取大学医学部生命科学科神経生物学教室)
ニーマンピック病の病態生理 長寿医療研究センター会議室 7月14日 (痴呆疾患研究部)

長寿科学セミナー 三品佑司(Head, molecular Development Biology Group, Laboratory of Reproductive and Development Toxicology, National Institute for Health Science /NILH, USA)
"Functional analysis of Bone morphogenetic proteins (BMPs) during embryogenesis and mineralized tissue formation" 7月19日 長寿科学セミナーセミナー室 (老化機構研究部)

学会・講演など予定(2か月分)

学会・研究会等発表(8月)

関根正樹、阿部芳幸、関本満義、藤元登四郎、田村俊世、戸川達男、福井康裕(老人支援機器開発部)
下肢加速度波形による片麻痺患者の歩行評第16回ライフサポート学会大会 8月24-25日 徳島市

福永誠司、角屋利恵子、堀内郁孝、東 祐二、藤元登四郎、関根正樹、田村俊世(老人支援機器開発部)
脳卒中片麻痺患者の歩行時の転倒について 第16回ライフサポート学会大会 8月24-25日 徳島市

Kim S, Nakajima K, Nakamura K, Nambu M, Higashi Y, Fujimoto T and Tamura T.(老人支援機器開発部)
Interactive system for the patient with dementia. 第16回ライフサポート学会大会 8月24-25日 徳島市

一関紀子(老人支援機器開発部)
個人差を考慮した実用的疲労度評価法に関する研究 第16回TATESHINA HABILIS 8月25-27日 茅野市

中島一樹、中村加銘子、米満里美、老川大輔、伊藤朗子、東 祐二、藤元登四郎、金 星一、南部雅幸、田村俊世(老人支援機器開発部)
痴呆性高齢者の動物型玩具に対する反応 第16回ライフサポート学会大会 8月24-25日 徳島市

学会・研究会等発表(9月)

小坂井留美、都竹茂樹、甲田道子、安藤富士子、新野直明、下方浩史、矢部京之助(疫学研究部)
中高年における歩行特性の加齢変化に関する横断的研究 第55回日本体力医学会大会 2000年9月21日 富山

甲田道子、小坂井留美、小笠原仁美、安藤富士子、新野直明、下方浩史(疫学研究部)
体脂肪量および除脂肪量の年齢による違い 第55回日本体力医学会大会 2000年9月21日 富山

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
神経細胞のコレステロール代謝からみたアルツハイマー病成立機構 日本神経科学会 9月4-6日 横浜

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
アルツハイマー病の基礎的観点からみた最新の論点 日本痴呆学会サテライトシンポジウム 9月28-29日 木更津

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
Molecular antichaperone for Ab aggregation COE国際シンポジウム「Alzheimer病研究最新情報」 9月30日 木更津

道川 誠、キョウ建生、范 企文、柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
Amyloid b-protein のコレステロール代謝に対する影響 amyloid cascadeに関与するコレステロールの役割との関連- 日本痴呆学会 9月28-29日 木更津

Tamura T, Kadoya R, Fukunaga S, Horiuchi F, Sekine M, Higashi Y and Fujimoto T.(老人支援機器開発部)
Prediction of falls during walking by accelerometry. IEEE-EMBS Asia-Pacific Conference on Biomedical Engineering. September 26-28, Hangzhou, China..

Sekine M, Tamura T, Fujimoto T, Akay M and Fukui Y.(老人支援機器開発部)
Evaluation of walking pattern using acceleration signal. IEEE-EMBS Asia-Pacific Conference on Biomedical Engineering. September 26-28, Hangzhou, China.

講演など(教育・普及・広報活動)(9月)

木谷健一(センター長)
加齢・加齢関連疾患に対する酸化的組織損傷の意義:抗酸化ストラテジーの可能性と限界 第12回腎とフリーラジカル研究会 特別講演 9月23日 富山

所内活動(セミナー等) (8月)

長寿科学セミナー Guojun Bu (Washington University School of Medicine)
"Lipoproteins and their receptors in CNS and Alzheimer's disease." 長寿医療研究センター 8月31日 (痴呆疾患研究部)

その他

第2回ニルスフェスタ(国立療養所中部病院長寿医療研究センター
一般公開

所:長医療研究センター
日時:2000年9月15日(金)10:00〜17:00

(1)講演 「健やかに年を重ねる」 
木谷健一 センター長 ・・・ 10:30〜11:15

「長寿医療研究センター長期縦断疫学研究、2年間で何がわかった?」 
下方浩史 疫学研究部 部長 ・・・ 14:15〜15:00

(2)パネル展示 長寿医療研究センターの研究活動の紹介
(3)体験ツアー 第1回11:15〜12:15
第2回13:00-〜14:00
第3回15:00〜16:00
<内容>
老人支援機器開発部のモニタールームの体験
生体機能研究部PETカメラ見学
長寿縦断疫学研究検査体験
(4)ニルス紹介ビデオ ニルスの活動を紹介する新しいビデオ(45分)を終日映写

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター