文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2000年 [平成12年] 3月

新聞・雑誌等

3月2日(中日新聞朝刊) 野村秀樹(疫学研究部・病院眼科) 若者の目危険信号-高い眼圧、世代間逆転・・・ 大府・長寿研調査

伊藤健吾(生体機能研究部)日経メディカル 2000年3月号 診療の限界破る画像技術

論文発表等

原著論文

Isobe I, Yanagisawa K and Michikawa M.(痴呆疾患研究部)
A possible model of senile plaques using synthetic amyloid b-protein and rat glial culture. Exp Neurol 162: 51-60, 2000.

Koike N, Endo K, Kubodera N, Kumaki K, Ikeda K, Ogata E and Stumpf WE.(老年病研究部)
In vivo nuclear uptake of a vitamin D analog (OCT) in different tumor cell populations of FA-6 cancer xenograft in nude mice by receptor autoradiography. Anticancer Res 19: 4955-4958, 1999.

Yamada Y, Harada A, Hosoi T, Miyauchi A, Ikeda K, Ohta H and Shiraki M.(老年病研究部)
Association of transforming growth factor b1 genotype with therapeutic response to active vitamin D for postmenopausal osteoporosis. J Bone Miner Res 2000;15:415-420.

Yamada Y, Okuizumi H, Miyauchi A, Takagi Y, Ikeda K and Harada A.(老年病研究部)
Association of transforming growth factor b1 genotype with spinal osteophytosis in Japanese women. Arthritis Rheum 2000;43:452-460.

Aiga H,Arai Y,Marui E and Umenai T(老人ケア研究部)
Impact of improvement of water supply on reduction diarrheal incidence in a squatter area of Manila. Environ Health Prev Med 4(3):111-116,1999.

宮城正明、角野友則、大塚公雄、田村俊世、戸川達男、土屋喜一(老人支援機器開発部)
零位法による半透膜を用いたグルコース濃度計測、信学技報、99(687)、pp.25-30、2000

庄司 健、西原美敬、落合嗣郎、斉藤浩一、小川充洋、田村俊世、戸川達男、土屋喜一(老人支援機器開発部)
在宅健康管理のための独居高齢者の行動モニタリング、信学技報、99(687)、pp.85-90、2000

伊藤健吾、加藤隆司(生体機能研究部)稲垣 弘、田所匡典、岡住慎一、内田佳孝、中本裕士、小西淳二、安田聖栄、飯田昭彦、鳥塚莞爾
結腸・直腸癌再発の診断におけるFDG-PETの有用性と医療経済効果 ーアンケート調査の結果に基づいた検討ーRADIOISOTOPES 49(2): 58-64, 2000.

Chapters, Reviews, 解説, 論説, その他

安藤富士子(疫学研究部)
在宅ケアの基本 35歳からの家庭医学百科 752-758、2000.

坪井さとみ(疫学研究部)
老化に関する長期縦断研究(第3部15章) 田畑 治(監修)人間援助の諸領域―その心・実践・研究― ナカニシヤ出版 167-176,2000.

新野直明(疫学研究部)
転倒の予防と生活指導.矢崎義雄(監修)脳血管障害の長期管理:213-220.2000.現代医療社

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
アルツハイマー病とアポリポ蛋白E 細胞143:21-24,2000.

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
老人斑とアミロイドb蛋白 カレントテラピー18:101-104,2000.

池田恭治(老年病研究部)
退行性骨粗鬆症の病態生理、ホルモンと臨床 2000春季増刊号"骨粗鬆症のマネジメントのすべて" 48: 4-12, 2000.

渡辺 研(老年病研究部)
ODF/OPGによる骨吸収調節機構、ホルモンと臨床 2000春季増刊号"骨粗鬆症のマネジメントのすべて" 48: 42-48, 2000.

荒井由美子、三浦宏子(老人ケア研究部)
ケアの質 臨床医 26:174-178、2000.

大川弥生、上田 敏(老人ケア研究部)
リハビリテーション医学の理念と実際-歴史に立ってこれからを考える- 月刊保団連 643:30-37、2000.

大川弥生(老人ケア研究部)
歩けるはずなのに歩かないのは、意欲がないからなのか? おはよう21 10(8):54-57、2000.

田村俊世(老人支援機器開発部)
行動・運動機能の在宅モニター技術、BME、Vol.14(2)、 pp.18-23、2000

中島一樹、田村俊世(老人支援機器開発部)
看護・介護モニタの現状と今後、BME、Vol.14(2)、 pp.30-35、2000

藤元登四郎、東 祐二、高橋紳一、安田大典、田村俊世(老人支援機器開発部)
施設内介護機器の現状と今後、BME, 、Vol.14(2), pp.36-45、2000

田村俊世(老人支援機器開発部)
学会紹介:BMES(米国生体工学学会)・IEEE/EMBS(米国電気学会生体工学部会)合同大会、BME、Vol.14(2)、pp.66-67、2000

伊藤健吾、永野敦子、新畑 豊、中村昭範、加藤隆司、籏野健太郎(生体機能研究部)
機能画像による脳研究-PET、MEGを用いてー 断層映像研究会雑誌 27(1): 8-12, 2000.

加藤隆司、伊藤健吾、齋藤敦子(生体機能研究部)
FDG PETによる結腸・直腸癌の診断. 新医療 27(2):83-86,2000.

講演等

学会・研究会等発表

森井博史、今村一之、山田登美子、渡辺恭良、森 望(分子遺伝学研究部)
A possible role of the SCG10 family, a microtubule destabilizing protein, in the neuronal plasticity, NIBB International COE Symposium, Okazaki Conference Center, March 15-17, 岡崎市

広瀬英司、森井博史、森 望(分子遺伝学研究部)
Neural-specific microtubule catastrophe factor RB3 selectively interacts with GEF-2 and MAP 1A/1B-LC3, NIBB International COE Symposium, Okazaki Conference Center, March 15-17, 岡崎市

森 望(分子遺伝学研究部)
「神経再生・神経保護へ向けた分子戦略」日本薬学会第120年会シンポジウム、3月29日、岐阜市

森 望(分子遺伝学研究部)
「神経遺伝子と脳老化」日本薬学会第120年会、3月29日、岐阜市

坪井さとみ、福川康之、丹下智香子、新野直明、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)
老いの自覚体験が自己に及ぼす影響.日本発達心理学会第11回大会 2000年3月27-29日 東京

渡辺 研(老年病研究部)
「Dlx5と骨芽細胞」 第4回骨カルシウム懇話会 3月3-4日、豊中市

高井裕之富永 薫本山 昇池田恭治、中西 真、長濱裕泰、中山啓子、中山敬一(老年病研究部)
Chk1キナーゼ欠損マウスを用いたChk1キナーゼの機能解析。第37回日本臨床分子医学会学術集会 平成12年3月10-11日 東京

鷲尾昌一、井上尚英、荒井由美子(老人ケア研究部)
本邦における解熱鎮静剤によるアセトアミノフェン中毒 第70回日本衛生学会総会 平成12年3月28-30日 大阪

中島一樹、久野弘明、南部雅幸、吉村拓巳、大桑真理子、瀬上晶子、森田裕琴、渡辺町子、安藤高子、斉藤伊都子、田村俊世(老人支援機器開発部)
麻痺患者の車椅子使用時の体圧値評価 第11回日本臨床モニター学会総会 3月17-18日 東京

南部雅幸(老人支援機器開発部)
超音波を用いた3次元計 第18回動画像計測処理研究会3月28-29日 大府

中島一樹(老人支援機器開発部)
バーチャルリアリティを用いた高齢者用アミューズメントシステムのための基礎的検討 第18回動画像計測処理研究会 3月28-29日 大府

鈴木 満、籏野健太郎、嵜山陽二郎、川角保広、加藤隆司、伊藤健吾(生体機能研究部)
PET及びin vitro ARG法による加齢に伴うラット線条体ドーパミンD2受容体結合変化の検討 日本薬学会第120年会, 2000.3.28-31, 岐阜

講演など(教育・普及・広報活動)

大川弥生(老人ケア研究部)
廃用症候群の悪循環から脱却するための技術とプログラム 医師のためのリハビリテーション医学講座 平成12年3月4日 東京

荒井由美子(老人ケア研究部)
これからの痴呆介護 パネリスト 21世紀の痴呆介護(痴呆介護研究会) 平成12年3月25日 愛知県大府市

杉浦ミドリ、荒井由美子、水村和枝(老人ケア研究部)
女性研究者の研究環境を考えるーー介護の実際 日本生理学会・生理学女性研究者の会 ワークショップ 平成12年3月26日 横浜

Tamura T(老人支援機器開発部)
Report of Region 10 Representative, IEEE EMBS Administrative Committee Meeting, March 23-27, 2000, USA, NV, Las Vegas

所内活動(セミナー等)

NILS Longevity Seminar. George M. Martin, M.D. (Professor of Pathology; Adjunct Prof. Of Genetics , Associate Director, Alzheimar's Disease Research Center, University of Washington)
演題"Private and Public Genetics Modulations of Senescence" 2000年3月14日(10:00-11:30) 二ルス会議室

NILS Longevity Seminar. Jeanne Y. Wei, M.D. Ph.D. (Director, Division on Aging, Associate Professor, Harvard Medical School, Chief, Gerontology Division, Beth Israel Deaconess Medical Center, Beth Israel Hospital)
演題"The peer review evaluation system in the American scientific enterprise" 2000年3月16日(15:00-16:30) 二ルス会議室

清水 淳(東京都老人総合研究所免疫病理部門)
自己免疫と腫瘍免疫 長寿科学セミナー 3月3日 長寿医療研究センター 大府 (老化機構研究部) 

若尾 宏(ヘリックス研)
転写研究会 3月17日 長寿医療研究センター 大府 (老化機構研究部)

斎藤建彦(筑波大学生物科学系教授)
「網膜神経組織の再生機構の研究」長寿科学セミナー 3月8日 長寿医療研究センター 大府 (分子遺伝研究部)

小林 猛(名古屋大学)
生物機能工学から見た医療との接点 長寿科学セミナー 3月16日 長寿医療研究センター 大府 (老人支援機器開発部)

三田勝己(愛知県心身障害者コロニー)
高齢者、障害者の運動機能の評価方法とその臨床応用 長寿科学セミナー 3月16日 長寿医療研究センター 大府 (老人支援機器開発部)

学会・講演など予定(2か月分)

学会・研究会等発表 (4月)

野村秀樹、田辺直樹、安藤富士子、新野直明、下方浩史(疫学研究部)、長屋祥子、三宅養三
老化に関する長期縦断疫学調査:視機能調査結果に関する年代間での比較 第104回日本眼科学会総会 2000年4月6-8日 京都

棚橋尚子、野村秀樹、田辺直樹、安藤富士子、新野直明、下方浩史(疫学研究部)
老化に関する長期縦断疫学調査:近視との関連要因の検討 第104回日本眼科学会総会 2000年4月6-8日 京都

山田芳司、市原佐保子、石原 均、横田光弘(老年病研究部)
2例の変異ホモを含む心トロポニンT遺伝子Phe110RIle変異による家族性肥大型心筋症 第64回日本循環器学会学術集会 平成12年4月1-3日 大阪

高井裕之富永 薫本山 昇池田恭治、中西 真、長濱裕泰、中山啓子、中山敬一(老年病研究部)
Chk1キナーゼ欠損マウスを用いたChk1キナーゼの機能解析。第37回日本臨床分子医学会学術集会 平成12年3月10-11日 東京

山田芳司、市原佐保子、井澤英夫、横田光弘(老年病研究部)
肥大型心筋症の発症進展における修飾因子としての血小板活性化因子アセチルヒドロラーゼ(PAF-AH)活性欠損の意義 第64回日本循環器学会学術集会 平成12年4月1-3日 大阪

大川弥生、松本憲二、太田喜久夫、武井麻喜、中村茂美(老人ケア研究部)
ADL向上にむけたリハビリテーションと看護・介護との連携に関する研究 第25回日本脳卒中学会総会 平成12年4月27-28日 東京

田中 愼、瀬川岳志、松澤香織、宮石 理(共同利用室)
F344/NとF344/Duの加齢過程での系統差 第129回日本獣医学会学術集会 4月4-6日 筑波

学会・研究会等発表(5月)

大川弥生(老人ケア研究部)
QOL向上にむけた障害構造論の生かし方 第34回日本作業療法学会 平成12年5月25-27日 横浜

大川弥生(老人ケア研究部)
目標指向的ADL訓練「できるADL」、「しているADL」、「するADL」 第34回日本作業療法学会 平成12年5月25-27日 横

その他

長寿医療研究センター 国際外部評価委員会

Program of the Evaluation Committee Site Visit by the International Board for the National Institute for Longevity Sciences (NILS), Obu, Aichi, Japan

International Site Visit Members
Raj N. Kalaria, Ph.D.
Professor, Cerebrovascular Pathology
School of Neurosciences & Psychiatry
Institute for the Health of the Elderly
University of Newcastle
George M. Martin, M.D.
Professor of Pathology; Adjunct Prof. of Genetics
Associate Director, Alzheimar's Disease Research Center
University of Washingto
Jeanne Y. Wei, M.D., Ph.D.
Director, Division on Aging
Associate Professor
Harvard Medical School
Chief, Gerontology Division
Beth Israel Deaconess Medical Center
Beth Israel Hospita
Byung Pal Yu, Ph. D.
Professor Emeritus, Department of Physiology
The University of Texas Health Science Center at San Antonio
国内評価メンバーリスト
  今堀和友 東京大学 名誉教授
杉田秀夫 国立精神神経センター 名誉総長
  井口昭久 名古屋大学医学部老年科 教授
  寺田雅昭 国立がんセンター 総長
  大石道夫 かずさDNA研究所 所長
  祖父江逸郎 愛知医科大学 学長
  井形昭弘 あいち健康の森健康科学総合センター センター長
  戸川達男 東京医科歯科大学生体材料工学研究所 教授
  七田恵子 東海大学健康科学部 部長
  佐々木康人 国立放射線医学総合研究所 所長
     
委員長  
Evaluation period 1995-1998 (fiscal year)
Objects for Evaluation 6 Research Departments and 17 Laboratories which started in 1995 or 1996 (fiscal year)
Place NILS Conference Hall
Program  
March 14th, 2000
13:30-0014: Introduction of the Institute and Acknowledgements to Committee Members
K. Kitani, Director General, NILS
14:00-15:00 Department of Dementia Res. (p.21)*
14:00-14:15 Director K. Yanagisawa
14:15-14:30 Laboratory of Molecular Biology H. Komano
14:30-14:45 Laboratory of Cellular Biology M. Michikawa
14:45-15:00 Discussion (Questions & Answers)
15:00-15:20 Coffee break
15:20-16:20 Department of Molecular Genetic Res. (p.10)
15:20-15:35 Director N. Mori
15:35-15:50 Laboratory of Genetics of Aging T. Furuyama
15:50-16:05 Laboratory of Molecular Biology H. Yamashita
16:05-16:20 Discussion (Questions & Answers)

*Page numbers in parentheses indicate page numbers in the Research Report introducing the particular Research Department

March 15th, 2000
9:00-9:30 Introduction
K. Kitani, Director General, NILS
9:30-11:00 Department of Geriatric Res. (p.26)
 
9:30-9:45 Director K. Ikeda
9:45-10:00 Laboratory of Medical Disorders Y. Yamada
10:00-10:15 Laboratory of Surgical Disorders (M.Menjyo)
K. Ikeda
10:15-10:30 Laboratory of Orthopedic and Sensory System Disorders K. Watanabe
10:30-10:45

Laboratory of Drug Development

(M.Nakanishi, N. Motoyama)
K. Ikeda
10:45-11:00 Discussion (Questions & Answers)
11:00-11:20 Coffee break
11:20-12:20 Department of Biofunctional Res. (p.42)
 
11:20-11:35 Director K. Ito
11:35-11:50 Laboratory of Functional Diagnosis T. Kato
11:50-12:05 Laboratory of Functional Assessments K. Hatano
12:05-12:20 Discussion (Questions & Answers)
12:20-13:30 Lunch
13:30-15:00 Department of Basic Gerontology (p.1)
 
13:30-13:45 Director K. Isobe
13:45-14:00 Laboratory of Pathology O. Miyaishi
14:00-14:15 Laboratory of Physiology T. Shirokawa
14:15-14:30 Laboratory of Biochemistry & Metabolism W. Maruyama
14:30-14:45 Laboratory of Immunology (T.Hasegawa)
K. Isobe
14:45-15:00 Discussion (Questions & Answers)
15:00-15:25 Laboratory of Animal Research Facilities
 
15:00-15:15 Chief S. Tanaka
15:15-15:25 Discussion (Questions & Answers)
15:25-15:45

Coffee break

Dr. Martin leaves at 15:50 p.m.

March 16th, 2000
9:00-10:00 Department of Epidemiology (p.15 )
 
9:00-9:15 Director H. Shimokata
9:15-9:30 Laboratory of Long-term Longitudinal Study F. Ando
9:30-9:45 Laboratory of Epidemiology for the Aged N. Niino
9:45-10:00 Discussion (Questions & Answers) 
10:00-10:20 Coffee break
10:20-11:20 Department of Dementia Res. (p.21)
 
10:20-10:35 Director K. Yanagisawa
10:35-10:50 Laboratory of Molecular Biology H. Komano
10:50-11:05 Laboratory of Cellular Biology M. Michikawa
11:05-11:20 Discussion (Questions & Answers)
11:20-12:20 Department of Molecular Genetic Res. (p.10)
11:20-11:35 Director N. Mori
11:35-11:50 Laboratory of Genetics of Aging T. Furuyama
11:50-12:05 Laboratory of Molecular Biology H. Yamashita
12:05-12:20 Discussion (Questions & Answers)
12:20-14:00 Lunch

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター