文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

2000年 [平成12年] 2月

新聞・雑誌等

2月28日(サンケイ新聞) 礒部健一(老化機構研究部) 私の一冊科学者の熱い心 - 若い研究者に勇気与える。

2月25日(中日新聞朝刊) 下方浩史(疫学研究部) 老いの自覚の時、身体より心-子どもとのトラブル、転職・・・
大府・長寿研調査

2月25日(中日新聞夕刊) 下方浩史(疫学研究部) たばこで知能低下、愛煙家にとても気になる研究報告 やめれば頭の働き復活 大府・国立長寿研調査

伊藤健吾(生体機能研究部) 「痴呆の画像診断」生き生き2月 東北メディネット p6-7, 2000

論文発表等

原著論文

Maruyama W, Takahashi T and Naoi M.(老化機構研究部)
(-)Deprenyl protects human dopaminergic neuroblastoma SH-SY5Y cells from apoptosis induced by peroxynitrite and nitric oxide. Mechanism of Aging and Development 111, 189-200, 1999.

Naoi M and Maruyama W.(老化機構研究部)
Cell death of dopamine neurons in aging and Parkinson's disease. Mechanism of Aging and Development 111, 175-188, 1999.

直井 信、丸山和佳子(老化機構研究部)
ドパミン神経細胞の変性機構 綜合臨床 vol48, 2753-2760, 1999.

丸山和佳子、直井 信(老化機構研究部)
パーキンソン病の病因 カレントテラピー 別冊 vol 7, 20-25, 1999.

Kawamura Y, Fan Q-W, Hayashi H, Michikawa M, Yanagisawa K and Komano H. (痴呆疾患研究部)
Expression of the mRNA for two isoforms of neural plakophilin-related arm-repeat protein/-catenin in rodent neurons and glial cells. Neurosci Lett 277:185-188,1999.

Michikawa M., Fan Q-W, Isobe I and Yanagisawa K. (痴呆疾患研究部)
Apolipoprotein E exhibits isoform-specific promotion of lipid efflux from astrocytes and neurons in culture. J Neurochem 74: 1008-1016, 2000.

Tominaga K, Morisaki H, Kaneko Y, Fujimoto A, Tanaka T, Ohtsubo M, Hirai M, Okayama H, Ikeda K and Nakanishi M.(老年病研究部)
Role of human Cds1 (Chk2) kinase in DNA damage checkpoint and its regulation by p53. J Biol Chem 274: 31463-31467, 1999.

Morisaki H, Ando A, Nagata Y, Pereira-Smith O, Smith JR, Ikeda K and Nakanishi M.(老年病研究部)
Complex mechanisms underlying impaired activation of Cdk4 and Cdk2 in replicative senescence: roles of p16, p21 and cyclin D1. Exp Cell Res 253: 503-510, 1999.

Endo K, Katsumata K, Hirata M, Masaki T, Kubodera N, Nakamura T, Ikeda K and Ogata E.(老年病研究部)
1,25-Dihydroxyvitamin D3 and its analog OCT lower blood calcium levels through inhibition of
bone resorption in hypercalcemic rats with continuous parathyroid hormone-related peptide infusion. J Bone Miner Res 15: 175-181, 2000.

三浦宏子、荒井由美子、三浦邦久(老人ケア研究部)
地域高齢者の咀嚼機能評価値とQOLスコアに関する解析 厚生の指標 46(11):19-23,1999.

Chapters, Reviews, 解説, 論説, その他

森 望(分子遺伝学研究部)
単一遺伝子変異によるマウスの寿命延長、蛋白質・核酸・酵素 45 (2) pp176-177, 2000.

下方浩史(疫学研究部)
未来を築く長寿科学研究-成果と課題. 長寿科学振興財団 p34-35, 1999.

甲田道子(疫学研究部)
(共著)減量のための工夫と注意点を.変形性脊椎症・腰痛の運動・生活ガイド第2版 日本医事新報社:14-15,2000.

安藤富士子(疫学研究部)
痴呆の在宅医療.臨床医 26(2):13-16,2000.

安藤富士子、坪井さとみ(疫学研究部)
(共著)上里一郎、末松弘行、田畑 治、西村良二、丹羽真一(監修)老年期の心とからだ.同朋舎 『メンタルヘルス事典』(第Ⅱ部24章)1999.

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
Alzheimer病とmolecular misreading -mutant RNAからみた新しい病態仮説 Annual Review神経15-20,2000.

大川弥生(老人ケア研究部)
寝たきり化の原因である「廃用症候群の悪循環」からの脱却に向けた介護の役割 おはよう21 10(7):64-67,2000.

工藤 啓、高橋香子、大室鮎美、荒井由美子(老人ケア研究部)
指定市保健所の今後のあり方 公衆衛生64(1):37-40,2000.

伊藤健吾(生体機能研究部)
神経伝達物質のPET,SPECTによる検査 Annual Review 2000 神経 中外医学社 52-60,2000.

講演等

学会・研究会等発表

Maruyama W, Naoi M and Youdium M(老化機構研究部)
Mechanism of apoptosis in dopaminergic neurons and protection by selegiline analogues. 8th International Winter Conference on Neurodegeneration. February. 9-13, 2000, Tegensee, Germany (Oral)

森 望(分子遺伝学研究部)
神経選択的サイレンサー(NRS)を利用した神経細胞特異的遺伝子導入発現法、第4回遺伝子医療研究会、国立京都国際会館、京都市、2月26日

新野直明、小坂井留美、小笠原仁美、都竹茂樹、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)
National Institute for Longevity Sciences Longitudinal Study of Aging (NILS-LSA)における運動能力調査.高齢者の運動疫学カンファレンス 2000年2月11日 東京

下方浩史(疫学研究部)
高齢者の身体的健康支援.第1回日本健康支援学会 2000年2月25-26日 福岡

甲田道子、安藤富士子、新野直明、下方浩史(疫学研究部)
日本人中高年者における除脂肪密度おとび身体組成の性・年齢による違い.第1回日本健康支援学会 2000年2月25-26日 福岡

道川 誠(痴呆疾患研究部)
コレステロールによるtauのリン酸化および微小管重合の調節 アルツハイマー病・ミニシンポジウム 2月5日 東京

池田恭治(老年病研究部)
シンポジウムI “ビタミンDの骨作用-その現状と展望”第15回ビタミンDワークショップ、2月18-19日、横浜

Motoyama N, Takai H, Tominaga K, Nakayama K, Nakayama K, Ikeda K and Nakanishi M(老年病研究部)
Chk1 and Cds1 (Chk2) checkpoint genes in the cellular response to DNA damage. Gordon Research Conferences, Biology of Aging, Jan 31-Feb 4, 2000, Ventura, CA, USA

河津省司、牧野直樹、斎藤敦子、加藤隆司、新畑 豊、中村昭範、川角保広、籏野健太郎、伊藤健吾、石垣武男(生体機能研究部)
PETによる脳内ドーパミン神経機能の解析?18F-DOPA ratio imageによる解析の試みー日本核医学会第50回中部地方会, 2000.2.6, 愛知県長久手町

斎藤敦子、加藤隆司、新畑 豊、鈴木 満、中村昭範、川角保広、籏野健太郎、伊藤健吾、河津省司(生体機能研究部)
18F-DOPA add image とMRIのco-regisitrationに関する検討?数値ファントムによる精度評価の試みー日本核医学会第50回中部地方会, 2000.2.6, 愛知県長久手町

新畑 豊、伊藤健吾、加藤隆司、斎藤敦子、中村昭範、川角保広、籏野健太郎、加知輝彦、阿部祐士、山田孝子(生体機能研究部)
パーキンソン病におけるドーパミン神経系の障害と大脳皮質機能障害の関連についての検討.第18回東海脳循環代謝研究会, 2000.2.18, 名古屋

Kitani K(センター長)
Common properties for propargylamines of enhancing superoxide dismutase and catalase activities in the dopaminergic system in the rat: Implications for the life prolonging effect of (-)deprenyl. 8th Winter Conference on Neurodegeneration. Feb.9-13, 2000, Tegernsee, Germany.

Kitani K(センター長)
Do antioxidant strategies work against aging and age-associated disorders? Propargylamines: A possible antioxidant strategy. SymposiumⅣ: Practical approach for functional longevity. 8th Congress on International Association of Biomedical Gerontology. Feb.21-24,2000, Kyongju, Korea.

講演など(教育・普及・広報活動)

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
アルツハイマー病の基礎研究における最新の知見 2月26日 松本

大川弥生(老人ケア研究部)
“自立をめざす介護”にいかすリハビリテーションの理念と技術 福岡リハビリテーション懇話会 平成12年2月13日 福岡

大川弥生(老人ケア研究部)
寝たきり化を防ぐケア 市民公開医学講座 平成12年2月19日 名古屋

大川弥生(老人ケア研究部)
目標指向的リハビリテーションプログラム-特に“寝たきり化”の予防・改善の視点から 第7回富山県寝たきり・痴呆予防研究会 平成12年2月26日 富山

田村俊世(老人支援機器開発部)
高齢者の自立支援機器開発の現状と今後 第5回福祉用具開発研究会 2月17日、刈谷

田村俊世(老人支援機器開発部)
高齢者の介護・自立支援機 、第7回市民公開医学講座、2月19日 名古屋

所内活動(セミナー等)

南部雅幸
情報ネットワークを用いた自立支援?マルチメディアによる在宅高齢者支援環境の構築? 長寿科学セミナー 2月2日 長寿医療研究センター 大府(老人支援機器開発部)

中島一樹
動画像による看護・介護機器とCorporate Identity、 NILS Today、 2月18日、長寿医療研究センター、大府(老人支援機器開発部)

Jin-Woo Jung
Rehabilitation Engineering Systems Research Activity in KAIST 老人支援機器開発部主催セミナー 2月25日 長寿医療研究センター 大府(老人支援機器開発部)

Imre Zs.-Nagy (Invited Investigator by Japan Foundation of Aging and Health)
FRAP Analysis of Liver Cells on Various Strains of SAM.:長寿科学セミナー 2月3日 午後4時より 長寿研会議室(共同研究室)

学会・講演など予定(2か月分)

学会・研究会等発表 (3月)

森井博史、今村一之、山田登美子、渡辺恭良、森 望(分子遺伝学研究部)
A possible role of the SCG10 family, a microtubule destabilizing protein, in the neuronal plasticity, NIBB International COE Symposium, Okazaki Conference Center, March 15-17, 岡崎市

広瀬英司、森井博史、森 望(分子遺伝学研究部)
Neural-specific microtubule catastrophe factor RB3 selectively interacts with GEF-2 and MAP 1A/1B-LC3, NIBB International COE Symposium, Okazaki Conference Center, March 15-17, 岡崎市

森 望(分子遺伝学研究部)
「神経再生・神経保護へ向けた分子戦略」日本薬学会第120年会シンポジウム、3月29日、岐阜市

森 望(分子遺伝学研究部)
「神経遺伝子と脳老化」日本薬学会第120年会、3月29日、岐阜市

坪井さとみ、福川康之、丹下智香子、新野直明、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)
老いの自覚体験が自己に及ぼす影響.日本発達心理学会第11回大会 2000年3月27-29日 東京

渡辺 研(老年病研究部)
「Dlx5と骨芽細胞」第4回骨カルシウム懇話会 3月3-4日、豊中市

鷲尾昌一、井上尚英、荒井由美子(老人ケア研究部)
本邦における解熱鎮静剤によるアセトアミノフェン中毒 第70回日本衛生学会総会 平成12年3月28-30日 大阪

中島一樹、久野弘明、南部雅幸、吉村拓巳、大桑真理子、瀬上晶子、森田裕琴、渡辺町子、安藤高子、斉藤伊都子、田村俊世(老人支援機器開発部)
麻痺患者の車椅子使用時の体圧値評価 第11回日本臨床モニター学会総会 3月17-18日 東京

鈴木 満, 籏野健太郎, 嵜山陽二郎, 川角保広, 加藤隆司, 伊藤健吾(生体機能研究部)
PET及びin vitro ARG法による加齢に伴うラット線条体ドーパミンD2受容体結合変化の検討 日本薬学会第120年会, 2000.3.28-31, 岐阜

学会・研究会等発表 (4月)

大川弥生、松本憲二、太田喜久夫、武井麻喜、中村茂美(老人ケア研究部)
ADL向上にむけたリハビリテーションと 看護・介護との連携に関する研究 第25回日本脳卒中学会総会 平成12年4月27-28日 東京

所内活動(セミナー等)(3月)

NILS Longevity Seminar. George M. Martin, M.D. (Professor of Pathology; Adjunct Prof. Of Genetics , Associate Director, Alzheimar's Disease Research Center, University of Washington)
演題"Private and Public Genetics Modulations of Senescence" 2000年3月14日(10:00-11:30) 二ルス会議室 (センター長:木谷)

NILS Longevity Seminar. Jeanne Y. Wei, M.D. Ph.D. (Director, Division on Aging, Associate Professor, Harvard Medical School, Chief, Gerontology Division, Beth Israel Deaconess Medical Center, Beth Israel Hospital)
演題"The peer review evaluation system in the American scientific enterprise" 2000年3月16日(15:00-16:30) 二ルス会議室 (センター長)

その他

長寿医療研究センター 国際外部評価委員会

Program of the Evaluation Committee Site Visit by the International Board for the National Institute for Longevity Sciences (NILS), Obu, Aichi, Japan

International Site Visit Members
Raj N. Kalaria, Ph.D.
Professor, Cerebrovascular Pathology
School of Neurosciences & Psychiatry
Institute for the Health of the Elderly
University of Newcastle
George M. Martin, M.D.
Professor of Pathology; Adjunct Prof. of Genetics
Associate Director, Alzheimar's Disease Research Center
University of Washingto
Jeanne Y. Wei, M.D., Ph.D.
Director, Division on Aging
Associate Professor
Harvard Medical School
Chief, Gerontology Division
Beth Israel Deaconess Medical Center
Beth Israel Hospita
Byung Pal Yu, Ph. D.
Professor Emeritus, Department of Physiology
The University of Texas Health Science Center at San Antonio
国内評価メンバーリスト
  今堀和友 東京大学 名誉教授
杉田秀夫 国立精神神経センター 名誉総長
  井口昭久 名古屋大学医学部老年科 教授
  寺田雅昭 国立がんセンター 総長
  大石道夫 かずさDNA研究所 所長
  祖父江逸郎 愛知医科大学 学長
  井形昭弘 あいち健康の森健康科学総合センター センター長
  戸川達男 東京医科歯科大学生体材料工学研究所 教授
  七田恵子 東海大学健康科学部 部長
  佐々木康人 国立放射線医学総合研究所 所長
委員長  
Evaluation period 1995-1998 (fiscal year)
Objects for Evaluation 6 Research Departments and 17 Laboratories which started in 1995 or 1996 (fisca year)
Place NILS Conference Hall
Program  
March 14th, 2000
13:30-14:00 Introduction of the Institute and Acknowledgements to Committee Members  
  K. Kitani, Director General, NILS
14:00-15:00 Department of Dementia Res. (p.21)*
14:00-14:15 Director K. Yanagisawa
14:15-14:30 Laboratory of Molecular Biology H. Komano
14:30-14:45 Laboratory of Cellular Biology M. Michikawa
14:45-15:00 Discussion (Questions & Answers)
15:00-15:20 Coffee break
15:20-16:20 Department of Molecular Genetic Res. (p.10)
15:20-15:35 Director N. Mori
15:35-15:50 Laboratory of Genetics of Aging T. Furuyama
15:50-16:05 Laboratory of Molecular Biology H. Yamashita
16:05-16:20 Discussion (Questions & Answers)

※Page numbers in parentheses indicate page numbers in the Research Report introducing the particular Research Department

March 15th, 2000
9:00-9:30 Introduction
  K. Kitani, Director General, NILS
9:30-11:00 Department of Geriatric Res. (p.26)
9:30-9:45 Director K. Ikeda
9:45-10:00 Laboratory of Medical Disorders Y. Yamada
10:00-10:15 Laboratory of Surgical Disorders (M.Menjyo)
K. Ikeda
10:15-10:30 Laboratory of Orthopedic and Sensory System Disorders K. Watanabe
10:30-10:45 Laboratory of Drug Development (M.Nakanishi, N. Motoyama)
K. Ikeda
10:45-11:00 Discussion (Questions & Answers)
11:00-11:20 Coffee break
11:20-12:20 Department of Biofunctional Res. (p.42)
11:20-11:35 Director K. Ito
11:35-11:50 Laboratory of Functional Diagnosis T. Kato
11:50-12:05 Laboratory of Functional Assessments K. Hatano
12:05-12:20 Discussion (Questions & Answers)
12:20-13:30 Lunch
13:30-15:00 Department of Basic Gerontology (p.1)
13:30-13:45 Director K. Isobe
13:45-14:00 Laboratory of Pathology O. Miyaishi
14:00-14:15 Laboratory of Physiology T. Shirokawa
14:15-14:30 Laboratory of Biochemistry & Metabolism W. Maruyama
14:30-14:45 Laboratory of Immunology (T.Hasegawa)
K. Isobe
14:45-15:00 Discussion (Questions & Answers)
15:00-15:25 Laboratory of Animal Research Facilities
15:00-15:15 Chief S. Tanaka
15:15-15:25 Discussion (Questions & Answers)
15:25-15:45 Coffee break
Dr. Martin leaves at 15:50 p.m.
March 16th, 2000
9:00-10:00 Department of Epidemiology (p.15 )
9:00-9:15 Director H. Shimokata
9:15-9:30 Laboratory of Long-term Longitudinal Study F. Ando
9:30-9:45 Laboratory of Epidemiology for the Aged N. Niino
9:45-10:00 Discussion (Questions & Answers)
10:00-10:20 Coffee break
10:20-11:20 Department of Dementia Res. (p.21)
10:20-10:35 Director K. Yanagisawa
10:35-10:50 Laboratory of Molecular Biology H. Komano
10:50-11:05 Laboratory of Cellular Biology M. Michikawa
11:05-11:20 Discussion (Questions & Answers)
11:20-12:20 Department of Molecular Genetic Res. (p.10)
11:20-11:35 Director N. Mori
11:35-11:50 Laboratory of Genetics of Aging T. Furuyama
11:50-12:05 Laboratory of Molecular Biology H. Yamashita
12:05-12:20 Discussion (Questions & Answers)
12:20-14:00 Lunch

 

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター