文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

1999年 [平成11年] 12月

新聞・雑誌等

12月11日(日本医事新報 NO.3946) 木谷健一(センター長)「人」

12月22日(名大医学部学友時報12月号) 下方浩史(疫学研究部) 研究室訪問?長寿研疫学部を訪ねて

論文発表等

原著論文

甲田道子,安藤富士子,新野直明,下方浩史(疫学研究部)
日本人におけるBody Mass Indexからみたウエスト囲に関する研究.肥満研究5:182-187,1999.

Kawamura Y, Fan Q-W, Hayashi H, Michikawa M, Yanagisawa K and Komano H(痴呆疾患研究部)
Expression of the mRNA for two isoforms of neural plakophilin-related arm-repeat protein/-catenin in rodent neurons and glial cells
Neuroscience Letters 277: 185 -188,1999.

鷲尾昌一、荒井由美子、玉腰暁子(老人ケア研究部)
インフォームド・コンセントおよび疫学研究への参加についての非医学系学生の意識:疫学研究における倫理ガイドライン策定のための基礎データー 臨床と研究 76:1570-1575,1999

田村俊世、小川充洋、戸川達男(老人支援機器開発部)
在宅健康管理モニターの開発と運用、臨床モニター、10:24-31, 1999.

Cui Ping Chen, Yokozawa K and Kitani K(センター長)
Beneficial effects of sanguisorbae radix in renal dysfunction caused by endotoxin in vivo. Biol Pharm Bull22:1327-1330, 1999.

Kozawa O, Tokuda H, Miwa M, Ito H, Matsuno H, Niwa M, Kato K and Uematsu T(病院内科)
Involvement of p42/p44 mitogen-activated protein kinase in prostaglandin F2??-stimulated induction of heat shock protein 27 in osteoblasts. J Cell Biochem 75:610-619, 1999.

Chapters, Reviews, 解説, 論説, その他

福川康之(疫学研究部)
(分担訳)ストレス測定法(3-4章)コーエン・ケスラー・ゴードン(編著)小杉正太郎監訳 川島書店,1999年12月1日

佐藤祐造、梶岡多惠子、下方浩史(疫学研究部)
体脂肪の生理学的役割とその代謝.臨床スポーツ医学 17:1-11, 2000.

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
アルツハイマー病におけるA?と神経細胞 老年精神医学雑誌10:1447-1456, 1999.

大川弥生(老人ケア研究部)
リハビリテーションとの連携 その2 おはよう21 10(5):64-67,1999.

Kitani K, Kanai S, Ivy G.O. and Carrillo M.C.(センター長)
Pharmacological modifications of endogenous antioxidant enzymes with special reference to the effects of deprenyl: A possible antioxidant strategy. Mech Ageing Dev 111:211-221, 1999.

講演等

学会・研究会等発表

羽根田正隆、長谷川忠男、木村祐子、礒部健一(老化機構研究部)
ストレス刺激により誘導されるGADD34の転写調節の解析 第27回日本免疫学会年会 12月1-3日 京都

長谷川忠男、羽根田正隆、礒部健一(老化機構研究部)
ストレス刺激により誘導されるGADD34遺伝子の機能解析-Translin との関係 第27回日本免疫学会年会 12月1-3日 京都

松澤香織、宮石 理、田中 慎、礒部健一(老化機構研究部)
SAMP6の腸管病変 第27回日本免疫学会年会 12月1-3日 京都

加藤昌至、礒部健一(老化機構研究部)
Anwaru Azim AKHAND,武田湖州恵、竹内 啓、吉原 基、Khaled HOSSAIN,中島 泉 Ret がん遺伝子産物による腫瘍細胞抑制効果 第27回日本免疫学会年会 12月1-3日 京都

前原佳代子、磯部健一(老化機構研究部)
NF-kBによるMn-SOD遺伝子の転写調節 第22回日本分子生物学会年会 12月7-10日 福岡

長谷川忠男、八木文子、小島英嗣、羽根田正隆、肖 恒怡、礒部健一(老化機構研究部)
GADD34遺伝子とZn-finger motifを持つ転写因子との関連 第22回日本分子生物学会年会 12月7-10日 福岡

大橋憲太郎、丸山和佳子、伊 紅、直井 信、礒部健一(老化機構研究部)
パーオキシナイトライトによるSH-SY5Y細胞へのアポトーシス誘導の機構 第22回日本分子生物学会年会 12月7-10日 福岡

武内章英、宮石 理、木内一壽、礒部健一(老化機構研究部)
脳損傷部周囲に誘導されるSOD 遺伝子による遅発性神経細胞死からの回避 第22回日本分子生物学会年会 12月7-10日 福岡

肖 恒怡、平田洋子、足立 香、礒部健一、木内一壽(老化機構研究部)
GDNF induced expression of Tyrosine hydroxylase gene. 第22回日本分子生物学会年会 12月7-10日 福岡

鳴瀬善久、森 望(分子遺伝学研究部)
神経選択的サイレンサー結合因子 NRSF/RESTによる転写抑制機構:基本転写因子群との機能関連 第22回日本分子生物学会年会 12月6ー10日 福岡市

小島拓哉、鳴瀬善久、森 望(分子遺伝学研究部)
神経選択的サイレンサー結合因子 NRSF/RESTの遺伝子構造及びプロモーター領域の解析 第22回日本分子生物学会年会 12月6ー10日 福岡市

小島拓哉、佐藤仁彦、中村岳史、森 望(分子遺伝学研究部)
Shc, N-Shc, Sck アダプター分子の遺伝子構造及びSckの機能解析 第22回日本分子生物学会年会 12月6ー10日 福岡市

中村岳史、小宮美砂子、広瀬英司、森 望(分子遺伝学研究部)
神経系のシグナル伝達における neuronal Shc(N-Shc)の役割と特異性 第22回日本分子生物学会年会 12月6ー10日 福岡市

森井博史、山田登美子、広瀬英司、森 望(分子遺伝学研究部)
神経特異的分子SCG10ファミリーによる微小管崩壊制御とその脳内局在 第22回日本分子生物学会年会 12月6ー10日 福岡市

広瀬英司、森井博史、森 望(分子遺伝学研究部)
微小管調節分子RB3とGEF-2、微小管結合蛋白MAP1A/1B-LC3との相互作用 第22回日本分子生物学会年会 12月6ー10日 福岡市

古山達雄、中澤 徹、森 望(分子遺伝学研究部)
線虫寿命関連遺伝子daf-16マウスホモローグのDNA結合配列 第22回日本分子生物学会年会 12月6ー10日 福岡市

福川康之、坪井さとみ、新野直明、斎藤伊都子、林 尚子、東谷恵子、下方浩史(疫学研究部)
看護職員のストレスに関する研究(1)-勤務形態と情動変化との関連について-日本産業ストレス学会第7回大会 1999年12月3日 東京

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
アルツハイマー病の病態 -アミロイド?蛋白を中心に-第115回日本医学会シンポジウム 12月2日 東京

Yamada Y(老年病研究部)
Prediction of the outcome of therapy with active vitamin D for postmenopausal osteoporosis by transforming growth factor-?1 genotype. The 4th NILS Workshop, December 2-3, 1999, Obu, Japan.

Ikeda K(老年病研究部)
Active vitamin D for the treatment of osteoporosis: new aspects in its mode of action. The 4th NILS Workshop, December 2-3, 1999, Obu, Japan.

増田芳子、澁谷浩司、上野直人、池田恭治、渡辺 研(老年病研究部)
Dlxin-1の発現及びDlx5依存的転写への関与について 第22回日本分子生物学会年会 平成11年12月7日-10日 福岡

高井裕之、富永 薫、本山 昇、池田恭治、中西 真、長浜裕康、中山啓子、中山敬一(老年病研究部)
Chk1キナーゼ欠損マウスを用いたChk1キナーゼの機能解析 第22回日本分子生物学会年会 平成11年12月7日-10日 福岡

藤本淳司、東島由一郎、Chen Y、畠山鎮次、中山敬一、金子葉子、本山 昇、池田恭治、Karin M、中西 真(老年病研究部)
新規NF-?B活性化キナーゼ(NAK)遺伝子の機能解析 第22回日本分子生物学会年会 平成11年12月7日-10日 福岡

田村俊世、牧川方昭、田中志信、高橋龍尚、清水孝一、東 祐二(老人支援機器開発部)
高齢者の日常モニタリング機器の開発 平成11年度長寿科学総合研究事業班会議 12月10日 長寿医療研究センター 大府

中島一樹、三池秀敏、手嶋教之、山口隆美(老人支援機器開発部)
バーチャルリアリティを利用した高齢者用の看護・介護支援機器の開発 平成11年度長寿科学総合研究事業班会議 12月10日 長寿医療研究センター、大府

松本佳昭、中島一樹、田村俊世(老人支援機器開発部)
オプティカルフローのリアルタイム検出とその応用?ベッド上での呼吸と体動評価? 映像の科学シンポジウム 12月17-18日1999 宇部

松澤香織、宮石 理、田中 愼、磯部健一(共同利用室)
SAMP6マウスの腸管病変:第29回日本免疫学会総会・学術集会 講演要旨集, p 302. 1999年12月1-3日 京都

田村敏生、宇津山正典、田中 愼、広川勝旦、成内秀雄(共同利用室)
T細胞のIL-2産生シグナル伝達の老化に伴う変化の解析:第29回日本免疫学会総会・学術集会 講演要旨集, p 166. 1999年12月1-3日 京都

講演など(教育・普及・広報活動)

甲田道子(疫学研究部)
すっきりスリム教室「-どうして太ってしまったの-肥満は万病のもと」 東浦町保健センター 1999年12月1日

下方浩史(疫学研究部)
長期縦断研究の目指すもの 平成11年度高齢者医療に関する講習会 長寿医療研究センター 1999年12月9日

Arai Y(老人ケア研究部)
Caregiver burden and the impending implementation of the Long Term Care (LTC) insurance in Japan. Univ. of New Castle, Institute for the elderly 14 December 1999. UK.

大川弥生(老人ケア研究部)
癌患者とリハビリテーション 日本看護協会 がん看護研修会 平成11年12月16日 東京

伊藤健吾(生体機能研究部)
「高齢者の脳画像診断」平成11年度高齢者医療に関する講習会 1999.12.10 大府

木谷健一(センター長)
「我が国の長寿科学研究の現状と将来」 富山医科薬科大学 平成11年12月22日 富山

所内活動(セミナー等)

NILS Longevity Sciences Seminar. Werner E.G.Mueller.( Professor and Head of Department, Institut fur Physiologische Chemie, Abteilung fur Angewandte Molekularbiologie, Johannes Gutenberg Universitat, Mainz )演題 "Aging in Early Metazoan." 1999年12月1日(2:00-3:00) ニルスセミナー室 (センター長:木谷)

NILS Longevity Sciences Seminar. James A. Joseph (Chief, Neuroscience Laboratory, Human Nutrition Research Center on Aging, USDA ) 演題"Oxidative stress vulnerability in aging brain" 1999年12月7日(10:30-12:00) ニルスセミナー室 (センター長:木谷)

学会・講演など予定(2か月分)

学会・研究会等発表 (1月)

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
日本神経学会東海北陸地区生涯教育講演会 2000年1月15日 名古屋

松鵜甲枝、鷲尾昌一、荒井由美子、井手三郎(老人ケア研究部)
Zaritの介護負担感とその関連要因 第10回日本疫学会 2000年1月 鳥取

鷲尾昌一、荒井由美子、廣田良典(老人ケア研究部)
はり治療の効果に関する臨床疫学的研究:老人病院のはり灸室の患者を対象として 第10回日本疫学会 2000年1月 鳥取

吉村拓巳、堀内郁孝、東 祐二、中島一樹、藤元登四郎、田村俊世(老人支援機器開発部)
老人転倒モニタの開発、第12回バイオエンジニアリング講演会、1月11-12日 金沢

学会・研究会等発表 (2月)

Kitani K(センター長)
Propargylamines enhance antioxidant enzyme activities not only in brain dopaminergic tissues but in the heart and kidneys. Implications to the life prolonging effect of (-)deprenyl. 8th Winter Conference on Neurodegeneration. Feb.9-13,2000, Tegelsee, Germany.

Kitani K(センター長)
Propargylamines : A possible antioxidant strategy. Symposium Ⅳ : Practical approach for functional longevity. 8th Congress on International Association of Biomedical Gerontology. Feb.21-24,2000, Kyongju, Korea.

講演など(教育・普及・広報活動)(1月)

礒部健一(老化機構研究部)
老化ストレスと生体防御 ストレスと老化市民講座 名古屋市科学館 1月12日 名古屋

講演など(教育・普及・広報活動)(2月)

大川弥生(老人ケア研究部)
"自立をめざす介護"にいかすリハビリテーションの理念と技術 福岡リハビリテーション懇話会 平成12年2月13日 福岡

その他

長寿科学に関する第4回ニルス国際ワークショップ(介入、パートⅡ)

日時:平成11年12月2日(木)、3日(金)
所:国立療養所中部病院長寿医療研究センター、愛知県大府市森岡町源吾36-3

【PROGRAM】

The Fourth International NILS Workshop on Longevity Sciences
"Interventions, PartⅡ"
Date: Dec. 2 nd, 3rd, 1999
Place: Conference Hall, National Institute for Longevity Sciences (NILS)
36-3 Gengo, Morioka-cho, Obu-shi, Aichi 474-8522, Japan
Dec. 2 nd, 1999
9:30 - 9:45 Opening remarks:
N. Yanagisawa, MD, PhD, President, Chubu National Hospital
K. Kitani, MD, PhD, Director General (Organizer),
National Institute for Longevity Sciences

Session 1: Mitochondoria and gene technology
Chairpersons - D. Ingram & M. Tanaka

9:45-10:20 1) Masashi Tanaka, Gifu, Japan
"Mitochondrial genotype associated with longevity and its inhibitory effect on mutagenesis"

Discussion (10 min)

10:30-11:05 2) Donald K. Ingram, Baltimore, MD, USA
"Development of an adenoviral vector for intracerebral delivery of the dopamine d2 receptor"

Discussion (10 min)

11:15-11:30 Coffee

Session 1 continued:

11:30-12:05 3) Hiroaki Ooboshi, Fukuoka, Japan
"Adenovirus-mediated gene transfer to cerebral circulation"

Discussion (10 min)

12:15-14:00 Photo & Lunch

Session 2: Osteoporosis
Chairpersons -K. Ikeda & S .B. Roberts

14:00-14:35 4) Kyoji Ikeda, Obu, Japan
"Active vitamin D for the treatment of osteoporosis: new aspects in its mode of action"

Discussion (10 min)

14:45-15:20 5) Yoshiji Yamada, Obu, Japan
"Prediction of the outcome of therapy with active vitamin D for postmenopausal osteoporosis by transforming growth factor-β1 genotype"

Discussion (10 min)

15:30-15:45 Coffee
Session 3: Nutritional strategies Ⅰ
Chairpersons - K. Uchida & Jim. A. Joseph

15:45-16:20 6) Yasujiro Morimitsu1, Tokyo, Japan
"Antiplatelet and anticancer isothiocyanates in Japanese domestic horseradish, wasabi"

Discussion (10 min)

16:30-17:05 7) Koji Uchida, Nagoya, Japan
"Cyclopentenone prostaglandins as potential inducers of phase ii detoxification enzymes"

Discussion (10 min)

17:30- Dinner (buffet style) at NILS

Dec. 3rd, 1999
Session 4 : Nutritional strategies Ⅱ and energy regulation
Chairpersons - Y. Morimitsu & N. Asano

9:30-10:05 8) Jim A. Joseph, Boston, MA, U.S.A.
"Oxidative stress protection and vulnerability in aging: Putative nutritional implications for intervention"

Discussion (10 min)

10:15-10:50 9) Naoki Asano , Kanazawa, Japan
"Water soluble nortropane alkaloids in crude drugs, edible fruits and vegetables: biological activities and therapeutic applications"

Discussion (10 min)

11:00-11:15 Coffee

11:15-11:50 10) Susan B. Roberts, Boston, MA, USA
"Energy regulation in old age"

12:00-13:30 Lunchs

Session 5 : Pharmacological interventions in neuronal events
Chairpersons - M. A. Smith & W.E.G. Muller,

13:30-14:05 11) Mark A. Smith, Cleveland, Ohio, USA
"Will antioxidants fulfill their expectations for the treatment of Alzheimer disease?"

Discussion (10 min)

14:15-14:50 12) Wakako Maruyama, Aichi, Japan
"Mechanism of anti-apoptotic activity of (-)deprenyl and related propargylamines"

Discussion (10 min)

15:00-15:35 13) W.E.G. Muller, Mainz, Germany
"Flupirtine protects neuronal cells against induced apoptosis in vitro: implications for treatment of alzheimer's disease, creutzfeldt-jakob disease and aids patients : finally a clinical treatment available?"

Discussion (10 min)

15:45-16:00 Closing remarks: K. Kitani
16:15 Adjourn

16:15-17:15 NILS tour (optional):
(visits to research departments in NILS)

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター