文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

1999年 [平成11年] 10月

新聞・雑誌等

10月5日(CBCテレビ) 下方浩史(疫学研究部) ユー・ガッタCBC「老化を防ぐには」

11月1日(月刊わかさ) 下方浩史(疫学研究部) 中高年の聴力低下の原因は?

池田恭治(老年病研究部)活性型ビタミンDの国際評価について Medical Tribune vol 32, no 38,39

論文発表等

原著論文

Oh-hashi K, Maruyama W, Yi H, Takahashi T, Naoi M and Isobe K(老化機構研究部)
Mitogen-activated protein kinase pathway mediates peroxynitrite-induced apoptosis in human dopaminergic neuroblastoma SH-SY5Y cells. Biochem Biophys Res Commun 24:504-509, 1999.

Tabuchi A, Nakatani C, Nakaoka R, Naruse Y, Kojima T, Mori N. (分子遺伝学研究部) and Tsuda M
Silencer-mediated repression and non-mediated activation of BDNF and c-fos gene promoters in primary glial or neuronal cells. Biochem Biophys Res Commun 261: 233-237, 1999.

Miyaguchi K, Maeda Y, Kojima T, Setoguchi Y and Mori N(分子遺伝学研究部)
Neuron-targeted gene transfer by adenovirus carrying neural-restrictive silencer element. NeuroReport 10:2349-2353, 1999.

Nomura H, Shimokata H, Ando F, Miyake Y and Kuzuya F(疫学研究部)
Age-related changes in intraocular pressure in a large Japanese population: a cross-sectional and longitudinal study. Ophthalmology 106:2016-2022,1999.

今井具子(疫学研究部)、佐々木弘子、青柳康夫、菅原龍幸
キシメジ科の栽培キノコ類の嗜好成分について 日本食生活学会誌 vol.10:50, 1999.

今井具子(疫学研究部)、佐々木弘子、菅原龍幸
キシメジ科の栽培キノコ類の一般成分とビタミンD2について 日本食生活学会誌 vol.10:61, 1999.

Watanabe Y, Watanabe T, Kitagawa M, Taya Y, Nakayama K and Motoyama N(老年病研究部)
pRb phosphorylation is regulated differentially by cyclin-dependent kinase (Cdk) 2 and Cdk4 in retinoic acid-induced neuronal differentiation of P19 cells. Brain Res 842 (2): 342-350, 1999.

Shiraishi A, Higashi S, Ohkawa H, Kubodera N, Hirasawa T, Ezawa I, Ikeda K and Ogata E(老年病研究部)
The advantage of alfacalcidol over vitamin D in the treatment of osteoporosis. Calcif Tissue Int 65: 311-316, 1999.

Kaneko Y, Ikeda K and Nakanishi M(老年病研究部)
Phorbol ester inhibits DNA damage-induced apoptosis in U937 cells through activation of protein kinase C. Life Sci 65: 2251-2258, 1999.

Rakshi JS, Uema T, Ito K, Bailey DL, Morrish PK, Ashburner J, Dagher A, Jenkins IH, Friston KJ and Brooks DJ(生体機能研究部)
Frontal, midbrain and striatal dopaminergic function in early and advanced Parkinson's disease. A 3D [18F]dopa-PET study. Brain 122:1637-1650, 1999.

Nakamura K, Kawashima R, Ito K, Sugiura M, Kato T, Nakamura A, Hatano K, Nagumo S, Kubota K, Fukuda H and Kojima S(生体機能研究部)
Activation of the right inferior frontal cortex during assessment of facial emotion. Journal of Neurophysiology: 1610-1614, 1999.

Kozwa O, Tokuda H, Matsuno H and Uematsu T(病院内科)
Involvement of p38 mitogen-activated protein kinase in basic fibroblast growth factor-induced interleukin-6 synthesis in osteoblasts. J. Cell. Biochem 74:479-485, 1999.

Tokuda H, Kozawa O, Harada A and Uematsu T(病院内科、整形外科)
Prostaglandin D2 induces interleukin-6 synthesis via Ca2+ mobilization in osteoblasts: regulation by protein kinase C. Prost. Leuko. Essent. Fatty Acids 61:189-194, 1999.

Kozawa O, Niwa M, Matsuno H, Tokuda H, Miwa M, Ito H, Kato K and Uematsu T (病院内科)
Sphingosine 1-phosphate induces heat shock protein 27 via p38 mitogen-activated protein kinase activation in osteoblasts. J. Bone Miner. Res. 14:1761-1767, 1999.

Chapters, Reviews, 解説, 論説, その他

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
シンポジウムⅠ 老化の分子機構と臨床 5.Alzheimer病と神経細胞死 
日本内科学会雑誌88:94-98,1999.

大川弥生(老人ケア研究部)
「どこででもおこなえるADL」とはその人のADL能力を最大限に生かすこと おはよう21 10(2):64-67,1999.

荒井由美子(老人ケア研究部)
施設ケアの質 Gerontology 1999 11: 335-340,1999.

講演等

学会・研究会等発表

Takeuchi A,. Miyaishi O, Kiuchi K and Isobe K(老化機構研究部)
Super oxide dismutase genes which are induced around the brain injury inhibit neuronal apoptosis. 28th meeting of Society for Neuroscience. October 22-28, 1999, Miami, USA

Maruyama W, M Youdium and Naoi M(老化機構研究部)
Apoptosis of dopamine neurons by an endogenous neurotoxin, N-methyl(R)salsolinol. 6th National parkinson foundation international symposium on Parkinson's disease research. October. 21-22 1999, Miami, USA

Maruyama W, MBH Youdium, Akao Y, Nakagawa Y and Naoi M(老化機構研究部)
Propargylamines protect dopamine cells from apoptosis induced by a parkinsonism-inducing neurotoxin, N-methyl(R)salsolinol: 28th Meeting of Society for Neuroscience. October 22-28, 1999, Miami, USA

Naoi M and Maruyama W(老化機構研究部)
Endogenous N-methyl(R)salsolinol as a pathogenetic factor of Parkinson's disease. 28th Meeting of Society for Neuroscience. October 22-28, 1999, Miami, USA

礒部健一(老化機構研究部)
遺伝子の発現調節機構の解析と老化研究への応用 第20会創薬等ヒュウマンサイエンス基礎研究講習会 10月7日長寿医療研究センター

礒部健一、長谷川忠男、武内章英、前原佳代子(老化機構研究部)
老化促進ストレス刺激と生体防御 第25回環境トキソコロジーシンポジウム 第3回衛生薬学フォーラム合同大会 10月21日 名古屋

丸山和佳子、高橋 勤、直井 信(老化機構研究部)
Propargylamine 類によるドパミン細胞のアポトーシスの防御 第72回日生化学会 1999年10月6-9日 横浜

直井 信、丸山和佳子、赤尾幸博、中川義仁、高橋 勤、八木国夫(老化機構研究部)
内在性神経毒、N- methyl(R)salsolinolにより惹起されるドパミン神経細胞のアポトーシス:パーキンソン病との関連 第72回日生化学会 1999年10 月6-9日 横浜

山下 均、水野隆文、森 望(分子遺伝学研究部)
脳・神経系におけるミトコンドリア脱共役蛋白質の発現、第72回日本生化学会、10月6ー9日、パシフィコ横浜、横浜市

Mori N, Naruse Y, Aoki T and Kojima T(分子遺伝学研究部)
Molecular mechanism of the neuron-specific gene regulation by the neural-restrictive silencer factor NRSF/REST. 29th Annual meeting of the Society for Neuroscience. October 23-28, Miami, U.S.A.

Naruse Y, Kojima T, Uezono Y and Mori N (分子遺伝学研究部)
Molecular characterization of the alternatively spliced enuron-specific variants of NRSF/REST, 29th Annual meeting of the Society for Neuroscience. October 23-28, Miami, U.S.A.

Morii H, Yamada T and Mori N(分子遺伝学研究部)
Distinct neuronal expression of the SCG10 family, a microtubule destabilizing protein. 29th Annual meeting of the Society for Neuroscience. October 23-28, Miami, U.S.A.

Takeuchi K, Nakamura T, Takezoe H, Kuwagata S, Mori N, Tamamaki N and Takahashi N(分子遺伝学研究部)
Clipin C, a neurally-enriched novel actin-binding protein, regulates cell adhesion, motility and neurite outgrowth. 29th Annual meeting of the Society for Neuroscience. October 23-28, Miami, U.S.A.

Imamura K, Morii H, Yamada T, Kaub P A, Watanabe Y and Mori N(分子遺伝学研究部)
Differential changes in messenger RNA expression of SCG10 family molecules in the LGN and visual cortex of kittens received direct cortical infusion of brain derived neurotrophic factor (BDNF) 29th Annual meeting of the Society for Neuroscience. October 23-28, Miami, U.S.A.

Koda M, Tsuzuku S, Ando F, Niino N and Shimokata H(疫学研究部)
Body composition by air displacement plethysmography in middle-aged and elderly Japanese: comparison with dual-energy X-ray absorptiometry. International Symposium on in vivo Body Composition Studies 1999. 1999, 10.7-10.9 New York U.S.A.

安藤富士子、甲田道子、都竹茂樹、新野直明、下方浩史(疫学研究部)
インスリン抵抗性とレプチンとの関連-性ホルモン,体脂肪を考慮した場合- 第20回日本肥満学会 1999年10月14日-15日 東京

甲田道子、安藤富士子、新野直明、都竹茂樹、下方浩史(疫学研究部)
一般住民における血清レプチン濃度と体脂肪率および体脂肪分布との関係 第20回日本肥満学会 1999年10月14日-15日 東京

梶岡多恵子、下方浩史、安藤富士子、新野直明、佐藤祐造(疫学研究部)
中高年者のウエイト・サイクリング現象と血清レプチンの動態 第20回日本肥満学会 1999年10月14日-15日 東京

下方浩史(疫学研究部)
長寿医療研究センター老化縦断疫学研究(NILS-LSA)-老化、老年病研究のブレークスルーを目指して- '99国際長寿科学シンポジウム 1999年10月8日 大府

野村秀樹、新野直明、坪井さとみ、武隈 清、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)、安村誠司、芳賀 博、杉森裕樹、鈴木勝子、西原信彦
高齢者の転倒と視機能に関する調査(1):視機能の評価 第58回日本公衆衛生学会総会 1999年10月20日-23日 大分

鈴木隆雄、吉田英世、石崎達郎、金 憲経、湯川晴美、安村誠司、新野直明(疫学研究部)、芳賀 博
地域中高年女性における5年間の骨密度変動についての研究 第58回日本公衆衛生学会総会 1999年10月20日-23日 大分

芳賀 博、崎原盛造、兪 今、安村誠司、新野直明(疫学研究部)、鈴木征男
長寿地域における在宅高齢者のライフスタイルと健康.第58回日本公衆衛生学会総会 1999年10月20日-23日 大分

新野直明、野村秀樹、坪井さとみ、武隈 清、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)、安村誠司、芳賀 博、杉森裕樹、鈴木勝子、西原信彦
高齢者の転倒と視機能に関する調査(2):転倒経験と視機能の関係 第58回日本公衆衛生学会総会 1999年10月20日-23日 大分

瀬古知永子、新野直明(疫学研究部)
高齢者の血中脂肪酸組成に関連する要因について(第2報) 第58回日本公衆衛生学会総会 1999年10月20日-23日 大分

今井具子、森 圭子、安藤富士子、新野直明、下方浩史(疫学研究部)、酒井佐貴世
国立長寿医療研究センター・老化の縦断的研究(NILS-LSA)における栄養調査の概要 第58回日本公衆衛生学会総会 1999年10月20日-23日 大分

安藤富士子、武隈 清、新野直明、野村秀樹、下方浩史(疫学研究部)
医療用医薬品と市販薬の使用状況に関する比較研究 (1)服薬率と服薬数についての検討 第58回日本公衆衛生学会総会 1999年10月20日-23日 大分

武隈 清、安藤富士子、新野直明、下方浩史(疫学研究部)
頭部MRIにおける前頭葉白質のpixel intensity (PI) 値と脳容量の関係についての検討 第58回日本公衆衛生学会総会 1999年10月20日-23日 大分

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
Seeding amyloid _-protein :そのコレステロール依存性と病的意義について 第18回日本痴呆学会 シンポジウム アルツハイマー病の分子機構10月6-8日 熊本

川村勇樹、范 企文、林 秀樹、道川 誠、柳澤勝彦、駒野宏人(痴呆疾患研究部)
神経細胞およびグリア細胞におけるNPRAP/_-catenin mRNAの発現 第72回 日本生化学会 10月8日 横浜

華 剛、須藤慎治、川村勇樹、柳澤勝彦、駒野宏人(痴呆疾患研究部)
プレセニリン1ミスセンス変異によって促進される_-セクレターゼ活性の細胞内存在部位について 第72回 日本生化学会 10月9日 横浜

Hua G, Sudoh S, Kawamura Y, Yanagisawa K and Komano H(痴呆疾患研究部)
Intracellular site of A_42-_-secretase cleavage enhanced by presenilin1 mutation. 29th Society for Neuroscience Annual Meeting. October 23-28, 1999, Miami Beach, USA.

Kawamura Y, Fan Q.-W, Hayashi H, Michikawa M, Yanagisawa K and Komano H(痴呆疾患研究部)
Expression of the gene for _-catenin/NPRAP in neurons and glial cells. 29th Society for Neuroscience Annual Meeting. October 23-28, 1999, Miami Beach, USA.

Fan Q-W, Isobe I, Asou H, Yanagisawa K and Michikawa M(痴呆疾患研究部)
Expression and regulation of apolipoprotein E receptors in the central nervous system cells in culture. 29th Society for Neuroscience Annual Meeting. October 23-28, 1999, Miami Beach, USA.

Michikawa M, Fan Q-W and Yanagisawa K(痴呆疾患研究部)
Apolipoprotein E-mediated lipid efflux from neurons and astrocytes is isoform-specific. 29th Society for Neuroscience Annual Meeting. October 23-28, 1999, Miami Beach, USA.

Isobe I, Michikawa M and Yanagisawa K(痴呆疾患研究部)
Enhancement of MTT exocytosis by amyloid _-protein and chloroquine in rat glial cells. 29th Society for Neuroscience Annual Meeting. October 23-28, 1999, Miami Beach, USA.

Hayashi H, Mizuno T, Michikawa M, Haass C and Yanagisawa K(痴呆疾患研究部)
Diversity of the localization of amyloid precursor protein in detergent-insoluble glycophingolipid-rich microdomains. 29th Society for Neuroscience Annual Meeting. October 23-28, 1999, Miami Beach, USA.

Sato T, Ikeda K and Watanabe K(老年病研究部)
A novel pathway to osteoclasts from B220-positive cells: implication in estrogen deficiency osteoporosis. the 21st annual meeting, American Society for Bone and Mineral Research.. 99.9.30-99.10.4, St Louis, USA

Masuda Y, Ikeda K and Watanabe K(老年病研究部)
Dlxin-1, a Novel Dlx-Binding Protein, Activates Dlx-5-Dependent Transcription. the 21st annual meeting, American Society for Bone and Mineral Research. 99.9.30-99.10.4, St Louis, USA.

佐々木文、池田恭治、渡辺 研(老年病研究部)
Smadのアクチン結合蛋白Filaminとの結合を介する機能制御 日本癌学会第58回総会 平成11年9月29日〜10月1日 広島

大川弥生(老人ケア研究部)
脳卒中リハビリテーションの新たな展開:目標指向的・積極的リハビリテーションプログラム 第11回日本リハビリテーション医学会専門医会 リハ・カレントトピックス&レクチャー 平成11年10月2-3日 神奈川

荒井由美子、工藤 啓、斎藤トシ子、仲田勲生(老人ケア研究部)
市町村医療費と保健サービスの関連について 第58回日本公衆衛生学会 平成11年10月25日 大分

松鵜甲枝、荒井由美子、井手三郎、広畑和代、三浦宏子、鷲尾昌一(老人ケア研究部)
女子短大生の介護保険制度に対する認識 第58回日本公衆衛生学会 平成11年10月25日 大分

寶澤 篤、今井 潤、大久保孝義、佐藤 洋、辻 一郎、永井謙一、久道 茂、荒井由美子(老人ケア研究部)
パーソナリティと白衣高血圧との関連 第58回日本公衆衛生学会 平成11年10月25日 大分

関根正樹、田村俊世、戸川達男、福井康裕(老人支援機器開発部 )
加速度センサを用いた高齢者の歩行評価 第14回生体・生理工学シンポジウム 1999年10月6〜8日 神戸

阿部芳幸、関根正樹、関本満義、藤元登四郎、田村俊世、戸川達男、福井康裕(老人支援機器開発部)
膝関節加速度を用いた片麻痺患者の歩行評価 第14回生体・生理工学シンポジウム 1999年10月 6〜8日 神戸

吉村拓巳、中島一樹、田村俊世(老人支援機器開発部)
老人転倒モニタの開発と評価 第15回ライフサポート学会大会 1999年10月8〜9日 相模原

Fujimoto, T, Hashimoto T Higashi Y, Horiuchi F and Tamura T(老人支援機器開発部)
Automated excretion handling-system. Third International Conference of Gerontechnology. 10-13 October 1999, Munich, Germany

Fukunaga S,Horiuchi F, Higashi Y,Fujimoto T and Tamura T(老人支援機器開発部)
Effect of a new training machine for weight bearing exercise in post operative patients. Third International Conference of Gerontechnology. 10-13 October 1999, Munich, Germany

Nakajima K, Matsumoto Y and Tamura T(老人支援機器開発部)
A monitoring method for evaluating subject’s respiration and posture changes in bed using an image sequence analysis. Third International Conference of Gerontechnology. 10-13 October 1999, Munich, Germany

Tamura T, Ogawa M and Kawarada A(老人支援機器開発部)
Home care technology-automatic unawareness monitoring. Third International Conference of Gerontechnology 10-13 October 1999, Munich, Germany

Tamura T(老人支援機器開発部)
Recent Gerontechnology in Japan. Third International Conference of Gerontechnology. 10-13 October 1999, Munich, Germany

Yasuda T, Higashi Y, Fujimoto T, Suzuki M and Tamura T(老人支援機器開発部)
Effects and usefulness of toy-typed training system to apply the rehabilitation of physical and cognitive activity. Third International Conference of Gerontechnology. 10-13 October 1999, Munich, Germany

Yoshimura T, Nakajima K and Tamura T(老人支援機器開発部)
An ambulatory fall monitoring system for the elderly. Third International Conference of Gerontechnology. 10-13 October 1999, Munich, Germany

Ogawa M and Tamura T(老人支援機器開発部)
Monitoring of Heart and Resporatory Signals with PPG in Bathing,. Annual Fall Meeting of the Biomedical Engineering Society and 21st Annual International Conference of the Engineering in Medicine and Biology Society. October 13-16, 1999, Atlanta, GA

Kawarada A, Tsukada A, Sasaki K, Ishijima M, Tamura T, Togawa T and Yamakoshi K(老人支援機器開発部)
Automated monitoring system for home health care. Annual Fall Meeting of the Biomedical Engineering Society and 21st Annual International Conference of the Engineering in Medicine and Biology Society. October 13-16, 1999, Atlanta, GA

Nakajima K(老人支援機器開発部)
An evaluation method for water surface fluctuation during bathing. Annual Fall Meeting of the Biomedical Engineering Society and 21st Annual International Conference of the Engineering in Medicine and Biology Society. October 13-16, 1999, Atlanta, GA

Tamura T, Abe Y, Sekine M, Fujimoto T, Higashi Y and Sekimoto M(老人支援機器開発部)
Evaluation of gait parameters by the knee accelerations. Annual Fall Meeting of the Biomedical Engineering Society and 21st Annual International Conference of the Engineering in Medicine and Biology Society. October 13-16, 1999, Atlanta, GA

松本佳昭、川村宗弘、中島一樹(老人支援機器開発部)
呼吸・体動評価のためのリアルタイム動画像処理システムの開発 工業技術連絡会議福祉技術部会設立総会・第1回福祉技術シンポジウム 10月28日、つくば

籏野健太郎(生体機能研究部)
「標識合成のトレンド-13th ISRCから」 第5回サイプリス技術交流会; 1999.10.4, 秋田

伊藤健吾(生体機能研究部)
「大腸癌の診断におけるFDG-PETの役割-全身PETによる局所および転移巣の評価-」 第39回日本核医学会総会シンポジウム(3)腫瘍核医学;1999.10.5-7, 秋田

小西淳二、伊藤健吾(生体機能研究部)
主題2FDG-PETの有用性に関する全国実態調査報告 膵,肝,大腸 第39回日本核医学会総会 第4回PET核医学ワークショップ;1999.10.5-7, 秋田

鈴木 満、籏野健太郎、嵜山陽二郎、川角保広、加藤隆司、伊藤健吾(生体機能研究部)
「老化に伴うラット線条体ドーパミンD1、D2受容体の結合変化のPETによる検討(その1〕」 第39回日本核医学会総会;1999.10.5-7, 秋田

籏野健太郎、鈴木 満、加藤隆司、嵜山陽二郎、川角保広、伊藤健吾(生体機能研究部)
「老化に伴うラット線条体ドーパミンD1、D2受容体の結合変化のPETによる検討(その2〕」 第39回日本核医学会総会;1999.10.5-7, 秋田

新畑 豊、永野敦子、伊藤健吾、加藤隆司、旗野健太郎(生体機能研究部)阿部祐士、祖父江元
「痴呆を伴うパーキンソン病と伴わないパーキンソン病のPETによる脳ドーパミン神経系機能の検討」 第39回日本核医学会総会;1999.10.5-7, 秋田

加藤隆司、伊藤健吾、齋籐敦子、新畑 豊、中村昭範、阿部祐二、籏野健太郎、嵜山陽二郎、鈴木 満、川角保広、田島稔久(生体機能研究部)
「Multi-volume Projection法による脳PET画像の診断法の初歩的検討.」 第39回日本核医学会総会 1999.10.5-7, 秋田

田中 愼、瀬川岳司、宮石 理、松澤昭雄(共同利用室)
ラット副腎皮質の加齢変化-(F344/N,BN)F1の場合- 第128回日本獣医学会 10月13-14日 熊本

河村英徳、小澤 修、徳田治彦、畠山大二郎、大塚隆信、松井宣夫(病院内科)
エンドセリンー1(ET-1) によって刺激されるインターロイキン-6 (IL-6)産生機構:p42/p44 MAP kinaseによる制御 第一回日本骨粗鬆症学会、 10月28日 倉敷

木谷健一(センター長)
韓国生命科学会特別講演 "Current and future strategies in gerontology research in Japan, Pusan, Korea, October, 1, 1999.

木谷健一(センター長)
介入:老化・老年病の予防を目指して(Introductionと司会) 日本基礎老化学会主催基礎老化シンポジウム 1999年10月9日 東京

木谷健一(センター長) 
日米ワークショップ 加齢と老年病への介入のストラテジー 米国農務省タフツ大学加齢に関する人間栄養研究センター 薬物による介入 プロパジラミン類の可能性について 1999年10月21,22日 ボストン

講演など(教育・普及・広報活動)

森 望(分子遺伝学研究部)
遺伝子から見た脳の老化:神経遺伝子の発現制御と可塑性制御の分子基盤、第20回創薬等ヒューマンサイエンスに関するワークショップ 10月7日 長寿医療研究センター、大府市

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
アルツハイマー病:ここまでわかった病気のしくみ 長寿科学シンポジウム、10月14日 愛知

池田恭治(老年病研究部)
骨を20歳若く保つコツ '99国際長寿科学シンポジウム あいち健康の森 健康科学総合センター 10月14日

荒井由美子(老人ケア研究部)
家族の介護負担感 第三回高齢者介護看護医療フォーラム 平成11年10月16日 仙台

大川弥生(老人ケア研究部)
がん患者のリハビリテーション -QOL向上にむけて- 愛知県看護協会 緩和ケア研修会 平成11年10月20日 名古屋

大川弥生(老人ケア研究部)
ターミナルケアにおけるリハビリテーション 日本看護協会 緩和ケアナース養成研修 平成11年10月22日 神戸

伊藤健吾(生体機能研究部)
「画像で見る脳の老化と痴呆」'99国際長寿科学シンポジウム セッション2 「長寿科学の未来-長寿医療研究センター(NILS)の現状と課題-」 1999.10.14 大府

木谷健一(センター長)
長寿科学と長寿医療研究センターの現状と将来」 ヒューマンサイエンス講習会 1999年10月7日 長寿医療研究センター 大府市

木谷健一(センター長)
長寿科学シンポジウムパネルディスカッション「長寿医療研究センターの現状と将来」司会及びIntroduction - 長寿医療研究センターの現状 - 1999年10月14日 愛知健康プラザ 東浦町

所内活動(セミナー等)

Dr. Judy Singer-Sam (Beckman Research Institute of the City of Hope, Duarte, California, U.S.A.)
Monoallelic gene expression in the central nervous system. 長寿科学セミナー 10月1日

道川 誠(痴呆疾患研究部)
アルツハイマー病発症機構に果たすアポリポ蛋白E4の役割-神経細胞におけるコレステロール代謝の視点から- ヒューマンサイエンス振興財団研究発表 1999年10月7日 大府

NILS Longevity Sciences Seminar. OFW James M.D.( Professor and Head of the School of Clinical Medical Sciences, Univ.Newcastle upon Tyne)
演題 "Health Care of the Elderly in the UK." 1999年10月13日(3:00〜4:00) ニルスセミナー室 

学会・講演など予定(2か月分)

学会・研究会等発表 (11月)

Maehara K and Isobe K(老化機構研究部)
A NF-kB p65 subunit regulates the manganese superoxide dismutase gene transcription through the intronic enhancer. International Symposium for Oxidative Stress, Redox Regulation, and Signal Transduction; Clinical Implications. November 4-6, 1999 Kyoto, Japan

Ichihara S, Yamada Y, Ishihara H and Yokota M(老年病研究部)
Phenotypic variation of familial hypertrophic cardiomyopathy caused by Phe110(Ile mutation in the cardiac troponin T. The 72th Scientific Sessions of American Heart Association. November 7-10, 1999, Atlanta, USA.

Yokota M, Inagaki M, Izawa H, Ishiki R, Nagata K, Iwase M, Yamada Y and Koide M(老年病研究部)
The biphasic force-frequency relation is a possible marker of the transition from physiological to pathological hypertrophy. The 72th Scientific Sessions of American Heart Association. November 7-10, 1999, Atlanta, USA.

久野弘明、吉村拓巳、後藤純規、田村俊世(老人支援機器開発部)
高齢者の運動療法評価システムの開発、第1回電子情報通信学会福祉情報工学研究会 1999年11月5-6日 東京

学会・研究会等発表 (12月)

前原佳代子、磯部健一(老化機構研究部)
NF-kBによるMn-SOD遺伝子の転写調節 第22回日本分子生物学会年会 12月7-10日 福岡

鳴瀬善久、森 望(分子遺伝学研究部)
神経選択的サイレンサー結合因子 NRSF/RESTによる転写抑制機構:基本転写因子群との機能関連 第22回日本分子生物学会年会 12月6ー10日 福岡市

小島拓哉、鳴瀬善久、森 望(分子遺伝学研究部)
神経選択的サイレンサー結合因子 NRSF/RESTの遺伝子構造及びプロモーター領域の解析 第22回日本分子生物学会年会 12月6ー10日 福岡市

小島拓哉、佐藤仁彦、中村岳史、森 望(分子遺伝学研究部)
Shc, N-Shc, Sck アダプター分子の遺伝子構造及びSckの機能解析 第22回日本分子生物学会年会 12月6ー10日 福岡市

中村岳史、小宮美砂子、広瀬英司、森 望(分子遺伝学研究部)
神経系のシグナル伝達における neuronal Shc(N-Shc)の役割と特異性 第22回日本分子生物学会年会 12月6ー10日 福岡市

森井博史、山田登美子、広瀬英司、森 望(分子遺伝学研究部)
神経特異的分子SCG10ファミリーによる微小管崩壊制御とその脳内局在 第22回日本分子生物学会年会 12月6ー10日 福岡市

広瀬英司、森井博史、森 望(分子遺伝学研究部) 微小管調節分子RB3とGEF-2、微小管結合蛋白MAP1A/1B-LC3との相互作用 第22回日本分子生物学会年会 12月6ー10日 福岡市

古山達雄、中澤 徹、森 望(分子遺伝学研究部) 線虫寿命関連遺伝子daf-16マウスホモローグのDNA結合配列 第22回日本分子生物学会年会 12月6ー10日 福岡市

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
第115回日本医学会シンポジウム 12月2日 東京

講演など(教育・普及・広報活動)(11月)

森 望(分子遺伝学研究部)
神経特異遺伝子発現と可塑性制御の分子基盤:神経分化・再生から脳の老化まで、長崎大学医学部大学院セミナー 11月12日 長崎大学 長崎市

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
アルツハイマー病発症の分子機構 老年医学会東海支部 11月13日 愛知

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
アミロイド_蛋白蓄積機構への細胞生物学的アプローチ 文部省科研費企画調査シンポジウム 11月20日 東京

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
アミロイド_蛋白:構造変化とseeding活性獲得の分子機構 大阪大学蛋白質研究所シンポジウム 11月25-26日 大阪

駒野宏人(痴呆疾患研究部)
家族性アルツハイマー病原因遺伝子プレセニリン1のアミロイド_蛋白産生およびWntシグナルにおける役割 理研シンポジウム 第二回マルチバイオプローブ研究の新展開 11月26日 東京

大川弥生(老人ケア研究部)
目標指向的ADL訓練 福島県作業療法士会学術集会 平成11年11月14日 会津若松

大川弥生(老人ケア研究部)
リハビリテーションにおける“目標”とは 第4回介護療養型医療施設リハビリテーション総合研究会 平成11年11月27-28日 東京

大川弥生(老人ケア研究部)
リハビリテーション専門職と看護・介護の連携 -“分立的分業”から“協業”としてのチームワークへ- 第4回介護療養型医療施設リハビリテーション総合研究会 平成11年11月27-28日 東京

講演など(教育・普及・広報活動)(12月)

Arai Y(老人ケア研究部)
Caregiver burden and the impending implementation of the Long Term Care (LTC) insurance in Japan. Univ. of New Castle, Institute for the elderly 15 December 1999. UK.

大川弥生(老人ケア研究部)
癌患者の社会復帰にむけたリハビリテーションアプローチ 日本看護協会 がん看護研修 平成11年12月16日 東京.

その他

第20回創薬等ヒューマンサイエンス基礎研究講習会

日時:平成11年10月7日(土)午前10時ー5時、場所:長寿医療研究センター

1.テーマ

「国立療養所中部病院長寿医療研究センターの活動」

2.演者
     
  • 柳沢信夫(国立療養所中部病院院長) 挨拶
  • 木谷健一(国立長寿医療研究センター長)
    「長寿科学と長寿医療研究センターの現状」
  • 道川 誠(国立長寿医療研究センター痴呆疾患研究部臨床研究室長)
    「アルツハイマー病発症機構に果たすアポリポ蛋白E4の役割 ― 神経細胞におけるコレステロール代謝の視点から -」
  • 磯部健一(国立長寿医療研究センター老化機構研究部部長)
    「遺伝子の発現調節機構の解析と老化研究への応用」
  • 森 望(国立長寿医療研究センター分子遺伝学研究部部長)
    「遺伝子から見た脳の老化:神経可逆性制御と寿命制御の基盤
  • 池田恭治(国立長寿医療研究センター老年病研究部部長)
    「老化・老年病に関する遺伝子の探索」

基礎老化シンポジウム(主催:日本基礎老化学会)

日時:平成11年10月9日(土)午後1時ー5時半
場所:東京都老人総合研究所講堂 東京都板橋区栄町35ー2

タイトル

「介入:老化・老年病の予防を目指して」

スピーカー
  • 木谷健一(国立長寿医療研究センター長) Introduction
  • 井上正康(大阪市立大学医学部生化学教室)
    「活性酸素による生命維持機構と崩壊のシナリオ」
  • 大澤俊彦(名古屋大学大学院生命農学研究科)
    「酸化ストレス制御と食品」
  • 横澤隆子(富山医科薬科大学和漢薬研究所)
    「抗老化薬開発への手掛かりを和漢薬に求めて」
  • 丸山和佳子(国立長寿医療研究センター、老化機構研究部)直井 信(応用生化学研究所)
    「propargylamine類によるドパミン神経細胞のアポトーシスの防御」
  • 和田洋一郎、児玉龍彦(東京大学先端科学技術研究センター、分子生物医学)
    「動脈硬化における血管細胞およびマクロファージの役割とその遺伝子発現解析」

国際長寿科学シンポジウム 分科会Session3 あいち健康プラザ

日時:平成11年10月14日(木)午後1時ー5時、場所:あいち健康プラザ(プラザホール)

1.テーマ

長寿科学の未来 - 国立長寿医療研究センター( NILS )の現状と課題 -

2.座長
  1. 木谷 健一 国立長寿医療研究センター長
  2. 柴田 博  東京都老人研究所 副所長
3.演者
  1. 木谷 健一(国立長寿医療研究センター長)「国立長寿医療研究センターの現状」
  2. 柳澤 勝彦(痴呆疾患研究部長)「アルツハイマー病:ここまでわかった病気のしくみ」
  3. 伊藤 健吾(生体機能研究部長)「画像で見る脳の老化と痴呆」
  4. 池田 恭治(老年病研究部長)「骨を20才若く保つコツ」
  5. 下方 浩史(疫学研究部長)「長寿医療研究センター老化縦断疫学研究(NILS-LSA) - 老化,老年病研究のブレークスルーを目指して - 」
  6. OFW James(英国ニューカスル大学教授) 「ニルス(NILS)とニューカスル高齢者健康研究センター(IHE,Institute for the Health of the Elderly)」(仮題)
  7. 柴田 博(東京都老人総合研究所副所長)「ニルスの課題」

長寿科学に関する第4回ニルス国際ワークショップ(介入、パートⅡ)

日時:平成11年12月2日(木)、3日(金)
場所:国立療養所中部病院長寿医療研究センター、愛知県大府市森岡町源吾36-3

<Preliminary list of invited speakers>

USA D.K.Ingram(Baltimore), J.A.Joseph(Boston), S.B.Roberts(Boston), M.A.Smith(Cleveland)
Germany W.E.G.Muller(Mainz)
Japan H.Oboshi(Fukuoka), K.Uchida(Nagoya), Y.Morimitsu(Tokyo), M.Tanaka(Gifu), N.Asano(Obu), K.Ikeda(Obu), Y.Yamada(Obu), W.Maruyama(Obu)

<Topics>

polyphenols, energy regulation, flupirtine, antioxidants, cognitive enhancement, α- glucosidases inhihitors and Diabetes, mitochondrial genotype and longevity, chemoprevention for cancer, propargylamines, Alzheimers disease, gene transfer and ischemia, active VD and osteoporosis

参加希望者は下記までお問い合わせ下さい。
長寿医療研究センター 木谷健一 
電話: 0562-45-0183, FAX: 0562-45-0184,
e-mail: kitani@nils.go.jp

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター