文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

1999年 [平成11年] 9月

新聞・雑誌等

論文発表等

原著論文

Ohkusu-Tsukada K, Tsukada T and Isobe K(老化機構研究部)
Accelerated development and aging of the immune system in p53-deficient mice. J Immunol 1999 15;163:1966-72

甲田道子,都竹茂樹,梶岡多恵子,安藤富士子,新野直明,下方浩史(疫学研究部)
中高年者の体脂肪率推定における空気置換法の有用性.健康支援1:35-42,1999.

Komano H, Rockwell N, Wang G. T., Krafft G. A. and Fuller R. S(痴呆疾患研究部)
Purification and characterization of a yeast glycosylphosphatidylinositol-linked aspartyl protease. Mkc7p. J Biol.Chem 274:24431-24437,1999.

Chapters, Reviews, 解説, 論説, その他

木谷健一(センター長)
高齢者の薬動・力学-精神科領域の薬を中心としてー 第7回箱根精神薬理シンポジウム=講演記録集= pp1-16, 1999.

下方浩史、安藤富士子(疫学研究部)
健康科学における縦断的研究.健康支援1:11-19,1999.

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
家族性アルツハイマー病の原因遺伝子<基礎医学から> 日本医事新報3932:37-39,1999.

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
アルツハイマー病の分子病理 老年期痴呆研究会誌11:87-88,1999.

道川 誠、柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
神経変性疾患 主に大脳皮質を侵す変性疾患 内科学Ⅱ1674-1677,1999.

大川弥生(老人ケア研究部)
「できるADL」「しているADL」「するADL」(5) おはよう21 10(1):56-59, 1999.

Arai Y and Washio M(老人ケア研究部)
Coping with loss. Family Practice 16:450-451, 1999.

講演等

学会・研究会等発表

Maehara K, Hasegawa T and Isobe K(老化機構研究部)
A NF-kB p65 subunit is indispensable for activating manganese superoxide dismutase gene transcription mediated by tumor necrosis factor-a. CSH Meeting-Mechanisms of Eukaryotic Transcription,September 1-5, 1999 New York, USA

丸山和佳子、直井 信(老化機構研究部)
N-methyl(R)salsolinolによるドパミン神経細胞死 第42回日本神経化学会 1999年9尽き15-17日 広島

直井 信、丸山和佳子、高橋 勤(老化機構研究部)
内在性神経毒、N-methyl(R)salsolinolによるアポトーシスと propargylamine類による細胞死防御 第42回日本神経化学会 1999年9尽き15-17日 広島

Ando F, Niino N, Nomura H and Shimokata H(疫学研究部)
Prescribed drug use in Japanese middle-aged and elderly people. The 15th International Scientific meeting of the International Epidemiological Association. 1999.8.31-9.4, Florence Italy.

Takekuma K, Ando F, Niino N, Shimokata H and Kato T(疫学研究部)
Correlation between brain MR imaging morphology and age. The 15th International Scientific meeting of the International Epidemiological Association. 1999.8.31-9.4 Florence Italy.

Koda M, Ando F, Niino N and Shimokata H(疫学研究部)
The relationship between anthropometric indicators and cardiovascular risk factors in middle-aged and elderly Japanese people. The 15th International Scientific meeting of the International Epidemiological Association. 1999.8.31-9.4 Florence Italy.

福川康之、坪井さとみ、丹下智香子、新野直明、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)
Social Support とSelf Esteemがうつ傾向に及ぼす影響-中高年者を対象とした因果モデルの検討-、日本心理学会 第63回大会、1999年9月7日 名古屋

坪井さとみ、福川康之、丹下智香子、新野直明、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)
老いの自覚とその関連要因.日本心理学会第63回大会、1999年9月7日 名古屋

丹下智香子、坪井さとみ、福川康之、新野直明、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)
成人中・後期における死別体験とその評価.日本心理学会第63回大会、1999年9月7日 名古屋

斎藤伊都子、嶋崎千香子、浅田ナミ子、多湖泰代、下方浩史(疫学研究部)
老人看護ケア支援システム構築の試案-コンピュータ導入を契機として-.第10回日本老年医学会東海地方会、1999年9月25日 名古屋

都竹茂樹、安藤富士子、新野直明、下方浩史(疫学研究部)
末梢型定量性コンピュータ断層装置(pQCT法)による中高年者の骨密度測定の有用性-DXA法との比較-、第10回日本老年医学会東海地方会、1999年9月25日 名古屋

梅垣宏行、葛谷雅文、井口昭久、遠藤英俊、中尾 誠、丹羽 隆、鍋島俊隆、熊谷隆浩、牛田洋一、内川美歌、伊藤敦子、下方浩史(疫学研究部)
高齢者服薬コンプライアンスに影響を及ぼす諸因子に関する研究.第10回日本老年医学会東海地方会、1999年9月25日 名古屋

甲田道子,小坂井留美,小笠原仁美,安藤富士子,新野直明,下方浩史(疫学研究部)
密度法とDXA法から求めた体脂肪率の比較.第54回日本体力医学会大会 1999年9月29日-10月1日 熊本

野村秀樹、安藤富士子、下方浩史、葛谷文男、三宅養三(疫学研究部)
大規模集団における眼圧の横断的および縦断的検討.第10回日本緑内障学会 1999年9月3日 伊勢

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
Molecular mechanism underlying initiation of amyloid fibril formation. International Symposium on Dementia from Molecular Biology to Therapeutics 9月11日 神戸

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
Cholesterol-dependent generation of seeding amyloid b-protein in cell culture. 第42回日本神経化学会 合同公開シンポジウム アルツハイマー病をどう治すか -神経化学からのアプローチ-9月15日 広島

道川 誠、范 企文、磯部一郎、柳澤勝彦(痴呆疾患研究部 
アポリポ蛋白Eのアイソフォーム特異的作用の検討:培養神経細胞及びアストロサイトにおけるコレステロールeffluxに及ぼす影響 第42回日本神経化学会 9月15-17日 広島

磯部一郎、柳澤勝彦、道川 誠(痴呆疾患研究部)
合成amyloid b-蛋白を用いたラットグリア細胞培養系における老人斑モデル 第42回日本神経化学会 9月15-17日 広島

川村勇樹、范 企文、林 秀樹、道川 誠、柳澤勝彦、駒野宏人(痴呆疾患研究部)
中枢神経系細胞における2種のNPRAP/d-cateninアイソフォームの発現解析 第42回日本神経化学会 9月15-17日 広島

林 秀樹、水野哲也、道川 誠、柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
カベオラとは異なるコレステロール高含有ドメインにおけるアミロイド前駆体蛋白 第42回日本神経化学会 9月15-17日 広島

Ikeda K(老年病研究部)
Vitamin D analogs that potently inhibit bone resorption and stimulate bone formation in vivo: implications for the treatment of osteoporosis, First International Conference on chemistry and biology of vitamin D analogs, September 26-28, Rhode Island, Providence

Washio M, Kiyohara C, Arai Y, Aoyagi K, Okuda K, Fujishjma M and Ito Y.(老人ケア研究部)
Methicillin-resistant Staphylococcus aureus Saureus (MRSA) and Pseudomonas aeruginosa isolation from pharyngeal swab cultures among the Japanese elderly at admission to a geriatric hospital with long stay wards. The XV International Scientific Meeting of the International EpidemiologicalAssociation, 31 Aug. to 4 Sept. 1999. Florence, Italy

青塚 徹、小野浩一(老人ケア研究部)
刺激クラスの効果的形成法の研究 -対象律を強化した場合としない場合- 日本心理学会第63回年次大会 平成11年9月7日 名古屋

大川弥生太田喜久夫松本憲二武井麻喜中村 愛、中村茂美、上田 敏(老人ケア研究部)
「しているADL」としての介護と「できるADL」としての訓練 -病室・居室での介護と、リハビリテーション専門職の訓練とをどのように関連づけるか- 第7回日本介護福祉学会大会 平成11年9月11-12日 静岡

松本憲二大川弥生太田喜久夫松本憲二武井麻喜中村 愛、中村茂美、木村伸也、上田 敏(老人ケア研究部)
身辺ADL自立に向けた介護における、装具選択の重要性について-立位でのADL自立と身体負荷の軽減についての、血圧面からの検討- 第7回日本介護福祉学会大会 平成11年9月11-12日 静岡

中島一樹、水上嘉樹、田村俊世(老人支援機器開発部)
新しい個人識別法の提案、第16回動画像計測処理研究会、 9月3-4日、京都

中島一樹、水上嘉樹、田村俊世(老人支援機器開発部)
足形を用いた個人識別、平成11年度電気関係学会東海支部連合大会、9月5-6日、春日井

小川充洋、川原田淳、田村俊世(老人支援機器開発部)
無意識計測による健康自動計測システム、平成11年度電気関係学会東海支部連合大会、9月5-6日、春日井

吉村拓巳、中島一樹、田村俊世(老人支援機器開発部)
転倒モニタの開発とその評価、平成11年度電気関係学会東海支部連合大会、9月5-6日、春日井

久野弘明、吉村拓巳、後藤純規、田村俊世(老人支援機器開発部)
高齢者の運動療法のための評価システムの開発、平成11年度電気関係学会東海支部連合大会、9月5-6日、春日井

関根正樹、田村俊世、Akay M、戸川達男、福井康裕(老人支援機器開発部) 離散ウエーブレット変換によるフラクタル解析法を用いた歩行形態の識別、平成11年度電気関係学会東海支部連合大会、9月5〜6日、春日井

中島一樹(老人支援機器開発部)
動画像計測処理による生体モニタ、計測自動制御学会自立支援システム工学部会シンポジウム、9月22日、大府

山小瀬寛、樋口昌男、佐橋 昭、入江利江、神谷香一郎、塩見利明、中島一樹、田村俊世(老人支援機器開発部)
高精度荷重センサを内蔵した枕による睡眠モニター、計測自動制御学会自立支援システム工学部会シンポジウム、9月22日、大府

伊藤健吾、新畑 豊、加藤隆司、斎藤敦子、阿部祐士、山田孝子、加知輝彦(生体機能研究部)
パーキンソン病におけるドーパミン神経系の障害と大脳皮質機能障害の関連に関する検討.平成11年度脳科学研究事業班会議1999年9月16日 長寿医療研究センター,大府市

伊藤健吾、新畑 豊、加藤隆司、斎藤敦子、中村昭範、川角保広、籏野健太郎、阿部祐士、山田孝子、加知輝彦(生体機能研究部)
パーキンソン病におけるドーパミン神経系の障害-大脳皮質機能障害との関連についての検討-.平成11年度長寿科学総合研究事業班会議1999年9月 17日 長寿医療研究センター,大府市

加藤隆司、中村昭範、阿部祐士、相原喜子、新畑 豊、籏野健太郎、堀部健太郎、山田孝子、加知輝彦、伊藤健吾、柳澤信夫(生体 機能研究部)
レーヴン色彩マトリックス検査を応用した正常高齢者とパーキンソン病患者の脳高次機能の研究.平成11年度長寿科学総合研究事業班会議 1999年9月17日 長寿医療研究センター,大府市

T. Kato, V.J. Cunnigham, A.A. Lammertsma, P. Bloomfield, J. Ashburner, Watabe H, Tadokoro M., Ishigaki T, Ito K and T. Jones(生体機能研究部)
Comparison study of parametric images by spectral analysis and weighted integration methods in C-11 flumzenil PET. The International PET Symposium in Hokkaido. September 24-26, 1999. Royton Sapporo, Japan.

Nakamura A., Sato N., Sugiura M, Nakamura K, Kawashima R, Kato T, Horibe K, Yamada T, Abe Y, Kachi T and Ito K(生体機能研究部)
Recognition of faces - A combined study using PET and MEG - The International PET Symposium in Hokkaido. September 24-26, 1999. Royton Sapporo, Japan.

講演など(教育・普及・広報活動)

木谷健一(センター長)
第54回日本体力医学界熊本大会 招待講演「高齢者の心と身体----機能的寿命(functional life span)の延長をめざして」 1999年9月29日 熊本市

下方浩史(疫学研究部)
老化および老年病の長期縦断疫学研究.第1回ニルスフェスタ講演会、1999年9月15日 大府

所内活動(セミナー等)

Seminar for "NILS Today" 田中 愼(共同利用室) 演題「実験動物の系統名」1999年9月17日(4時〜5時) ニルスセミナー室

NILS Longevity Sciences Seminar. Professor John W. Baynes (Department of Chemistry & of Biochemistry School of Medicine University of South Carolina, USA) 演題 "Pyridoxamine, an inhibitor of advanced glycatien reactions, inhibits AGE formation, nephropathy, dyslipidemia and redox imbalances in the streptozotocin induced diabetic rat." 1999年9月7日(2時から3時) ニルスセミナー室

特別講演会 演者:大石道夫(かずさDNA研究所所長) 演題:"Genome research : Impact on future medicine" 1999年9月8日(水)(4時〜5時) ニルス会議室

学会・講演など予定(2か月分)

学会・研究会等発表 (10月)

Takeuchi A,. Miyaishi O, Kiuchi K and Isobe,K(老化機構研究部)
Super oxide dismutase genes which are induced around the brain injury inhibit neuronal apoptosis. 28th meeting of Society for Neuroscience. October 22-28, 1999, Miami, USA.

Maruyama W, M Youdium and Naoi M(老化機構研究部)
Apoptosis of dopamine neurons by an endogenous neurotoxin, N-methyl(R)salsolinol. 6th National parkinson foundation international symposium on Parkinson's disease research. October. 21-22 1999, Miami, USA

Maruyama W, MBH Youdium, Akao Y, Nakagawa Y and Naoi M(老化機構研究部)
Propargylamines protect dopamine cells from apoptosis induced by a parkinsonism-inducing neurotoxin, N-methyl(R)salsolinol: 28th Meeting of Society for Neuroscience. October 22-28, 1999, Miami, USA

Naoi M and Maruyama W(老化機構研究部)
Endogenous N-methyl(R)salsolinol as a pathogenetic factor of Parkinson's disease. 28th Meeting of Society for Neuroscience. October 22-28, 1999, Miami, USA

丸山和佳子、高橋 勤、直井 信(老化機構研究部)
Propargylamine 類によるドパミン細胞のアポトーシスの防御 第72回日生化学会 1999年10月6-9日 横浜

直井 信、丸山和佳子、赤尾幸博、中川義仁、高橋 勤、八木国夫(老化機構研究部)
内在性神経毒、N- methyl(R)salsolinolにより惹起されるドパミン神経細胞のアポトーシス:パーキンソン病との関連 第72回日生化学会 1999年10 月6-9日 横浜

山下 均、水野隆文、森 望(分子遺伝学研究部)
脳・神経系におけるミトコンドリア脱共役蛋白質の発現、第72回日本生化学会、10月6ー9日、パシフィコ横浜、横浜市

Mori N, Naruse Y, Aoki T and Kojima T(分子遺伝学研究部)
Molecular mechanism of the neuron-specific gene regulation by the neural-restrictive silencer factor NRSF/REST, 29th Annual meeting of the Society for Neuroscience, October 23-28, Miami, U.S.A.

Naruse Y, Kojima T, Uezono Y and Mori N(分子遺伝学研究部)
Molecular characterization of the alternatively spliced enuron-specific variants of NRSF/REST, 29th Annual meeting of the Society for Neuroscience, October 23-28, Miami, U.S.A.

Morii H, Yamada T and Mori N(分子遺伝学研究部)
Distinct neuronal expression of the SCG10 family, a microtubule destabilizing protein, 29th Annual meeting of the Society for Neuroscience, October 23-28, Miami, U.S.A.

Takeuchi K, Nakamura T, Takezoe H, Kuwagata S, Mori N, Tamamaki N and Takahashi N(分子遺伝学研究部)
Clipin C, a neurally-enriched novel actin-binding protein, regulates cell adhesion, motility and neurite outgrowth, 29th Annual meeting of the Society for Neuroscience, October 23-28, Miami, U.S.A.

Koda M, Tsuzuku S, Ando F, Niino N, Shimokata H(疫学研究部)
Body composition by air displacement plethysmography in middle-aged and elderly Japanese: comparison with dual-energy X-ray absorptiometry. International Symposium on in vivo Body Composition Studies 1999. 1999.10.7-10.9 New York U.S.A.

安藤富士子、甲田道子、都竹茂樹、新野直明、下方浩史(疫学研究部)
インスリン抵抗性とレプチンとの関連-性ホルモン,体脂肪を考慮した場合-.第20回日本肥満学会 1999年10月14日-15日 東京

甲田道子、安藤富士子、新野直明、都竹茂樹、下方浩史(疫学研究部)
一般住民における血清レプチン濃度と体脂肪率および体脂肪分布との関係.第20回日本肥満学会 1999年10月14日-15日 東京

梶岡多恵子、下方浩史、安藤富士子、新野直明、佐藤祐造(疫学研究部)
中高年者のウエイト・サイクリング現象と血清レプチンの動態.第20回日本肥満学会 1999年10月14日-15日 東京

下方浩史(疫学研究部)
長寿医療研究センター老化縦断疫学研究(NILS-LSA)-老化、老年病研究のブレークスルーを目指して- '99国際長寿科学シンポジウム、1999年10月8日 大府

野村秀樹、新野直明、坪井さとみ、武隈清、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)、安村誠司、芳賀博、杉森裕樹、鈴木勝子、西原信彦
高齢者の転倒と視機能に関する調査(1):視機能の評価.第58回日本公衆衛生学会総会 1999年10月20日-23日 大分

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
Seeding amyloidb-protein :そのコレステロール依存性と病的意義について 第40回日本痴呆学会 シンポジウム アルツハイマー病の分子機構10月6-8日 熊本

川村勇樹、范 企文、林 秀樹、道川 誠、柳澤勝彦、駒野宏人(痴呆疾患研究部)
神経細胞およびグリア細胞におけるNPRAP/d-catenin mRNAの発現 第72回 日本生化学会 10月8日 横浜

華 剛、須藤慎治、川村勇樹、柳澤勝彦、駒野宏人(痴呆疾患研究部)
プレセニリン1ミスセンス変異によって促進されるg-セクレターゼ活性の細胞内存在部位について 第72回日本生化学会 10月9日 横浜

Hua G, Sudoh S, Kawamura Y, Yanagisawa K and Komano H(痴呆疾患研究部)
Intracellular site of Ab42-g-secretase cleavage enhanced by presenilin1 mutation. 29th Annual Neuroscience Meeting, October 23-28, 1999, Miami Beach, USA.

Kawamura Y, Fan Q.-W, Hayashi H, Michikawa M, Yanagisawa K and Komano H(痴呆疾患研究部)
Expression of the gene for d-catenin/nprap in neurons and glial cells. 29th Annual Neuroscience Meeting, October 23-28, 1999, Miami Beach, USA.

Fan Q-W, Isobe I, Asou H, Yanagisawa K and Michikawa M.(痴呆疾患研究部) Expression and regulation of apolipoprotein E receptors in hte central nervous system cells in culture. 29th Society for Neuroscience Annual Meeting, October 23-28, 1999, Miami Beach, USA.

Maichikawa M, Fan Q-W and Yanagisawa K(痴呆疾患研究部)
Apolipoprotein E-mediaated lipid efflux from neurons and astrocytes is isoform-specific. 29th Society for Neuroscience Annual Meeting, October 23-28, 1999, Miami Beach, USA.

Isobe I, Michikawa M and Yanagisawa K(痴呆疾患研究部)
Enhancement of MTT exocytosis by amyloid b-protein and chloroquine in rat glial cells. 29th Society for Neuroscience Annual Meeting, October 23-28, 1999, Miami Beach, USA.

Hayashi H, Mizuno T, Michikwa M, Haass C and Yanagisawa K(痴呆疾患研究部)
Diversity of the localization of amyloid precursor protein in detergent-insoluble glycophingolipid-rich microdomains. 29th Society for Neuroscience Annual Meeting, October 23-28, 1999, Miami Beach, USA.

Sato T, Ikeda K and Watanabe K(老年病研究部)
A novel pathway to osteoclasts from B220-positive cells: implication in estrogen deficiency osteoporosis. the 21st annual meeting, American Society for Bone and Mineral Research, St Louis, USA. 99.9.30-99.10.4

Masuda Y, Ikeda K and Watanabe K(老年病研究部)
Dlxin-1, a Novel Dlx-Binding Protein, Activates Dlx-5-Dependent Transcription. the 21st annual meeting, American Society for Bone and Mineral Research, St Louis, USA. 99.9.30-99.10.4

佐々木文、池田恭治、渡辺 研(老年病研究部)
Smadのアクチン結合蛋白Filaminとの結合を介する機能制御 日本癌学会第58回総会 平成11年9月29日-10月1日 広島

大川弥生(老人ケア研究部)
脳卒中リハビリテーションの新たな展開:目標指向的・積極的リハビリテーションプログラム 第11回日本リハビリテーション医学会専門医会 リハ・カレントトピックス&レクチャー 平成11年10月2-3日 神奈川 

荒井由美子工藤 啓、斎藤トシ子、仲田勲生(老人ケア研究部)
市町村医療費と保健サービスの関連について 第58回日本公衆衛生学会 平成11年10月25日 大分

松鵜甲枝、荒井由美子、井手三郎、広畑和代、三浦宏子鷲尾昌一(老人ケア研究部)
女子短大生の介護保険制度に対する認識 第58回日本公衆衛生学会 平成11年10月25日 大分

寶澤 篤、今井 潤、大久保孝義、佐藤 洋、辻 一郎、永井謙一、久道 茂、荒井由美子(老人ケア研究部)
パーソナリティと白衣高血圧との関連 第58回日本公衆衛生学会 平成11年10月25日 大分

関根正樹、田村俊世、戸川達男、福井康裕(老人支援機器開発部)
加速度センサを用いた高齢者の歩行評価、第14回生体・生理工学シンポジウム、1999年10月6-8日、神戸

阿部芳幸、関根正樹、関本満義、藤元登四郎、田村俊世、戸川達男、福井康裕(老人支援機器開発部)
膝関節加速度を用いた片麻痺患者の歩行評価、第14回生体・生理工学シンポジウム、1999年10月 6-8日、神戸

吉村拓巳、中島一樹、田村俊世(老人支援機器開発部)
老人転倒モニタの開発と評価、第15回ライフサポート学会大会、1999年10月8-9日、相模原

Nakajima K, Matsumoto Y and Tamura T(老人支援機器開発部)
A monitoring method for evaluating subject's respiration and posture changes in bed using an image sequence analysis, Third International Conference of Gerontechnology, 10-13 October 1999, Munich, Germany

Yoshimura T, Nakajima K and Tamura T(老人支援機器開発部)
An ambulatory fall monitoring system for the elderly, Third International Conference of Gerontechnology, 10-13 October 1999, Munich, Germany

Tamura T(老人支援機器開発部)
Recent Gerontechnology in Japan, Third International Conference of Gerontechnology, 10-13 October 1999, Munich, Germany

Nakajima K(老人支援機器開発部)
An evaluation method for water surface fluctuation during bathing, Annual Fall Meeting of the Biomedical Engineering Society and 21st Annual International Conference of the Engineering in Medicine and Biology Society, October 13-16, 1999, Atlanta, GA

Ogawa M and Tamura T(老人支援機器開発部)
Monitoring of Heart and Resporatory Signals with PPG in Bathing, Annual Fall Meeting of the Biomedical Engineering Society and 21st Annual International Conference of the Engineering in Medicine and Biology Society, October 13-16, 1999, Atlanta, GA

Tamura T, Abe Y, Sekine M, Fujimoto T, Higashi Y and Sekimoto M(老人支援機器開発部)
Evaluation of gait parameters by the knee accelerations, Annual Fall Meeting of the Biomedical Engineering Society and 21st Annual International Conference of the Engineering in Medicine and Biology Society, October 13-16, 1999, Atlanta, GA

伊藤健吾(生体機能研究部)
「大腸癌の診断におけるFDG-PETの役割-全身PETによる局所および転移巣の評価-」 第39回日本核医学会総会シンポジウム(3)腫瘍核医学;1999.10.5-7 秋田

小西淳二、伊藤健吾(生体機能研究部)
主題2FDG-PETの有用性に関する全国実態調査報告 膵,肝,大腸 第39回日本核医学会総会第4回PET核医学ワークショップ;1999.10.5-7 秋田

鈴木 満、籏野健太郎、嵜山陽二郎、川角保広、加藤隆司、伊藤健吾(生体機能研究部)
「老化に伴うラット線条体ドーパミンD1、D2受容体の結合変化のPETによる検討(その1)」第39回日本核医学会総会;1999.10.5-7 秋田

籏野健太郎、鈴木 満、加藤隆司、嵜山陽二郎、川角保広、伊藤健吾(生体機能研究部)
「老化に伴うラット線条体ドーパミンD1、D2受容体の結合変化のPETによる検討(その2)」第39回日本核医学会総会;1999.10.5-7 秋田

新畑 豊、永野敦子、伊藤健吾、加藤隆司、旗野健太郎(生体機能研究部)、阿部祐士、祖父江元
「痴呆を伴うパーキンソン病と伴わないパーキンソン病のPETによる脳ドーパミン神経系機能の検討」第39回日本核医学会総会;1999.10.5-7 秋田

田中 愼、瀬川岳司、宮石 理、松澤昭雄(共同利用室)
ラット副腎皮質の加齢変化-(F344/N,BN)F1の場合- 第128回日本獣医学会、10月13-14日、熊本

木谷健一(センター長)
韓国生命科学会特別講演"Current and future strategies in gerontology research in Japan, Pusan, Korea, October, 1, 1999.

木谷健一(センター長)
介入:老化・老年病の予防を目指して(Introductionと司会)日本基礎老化学会主催基礎老化シンポジウム 1999年10月9日 東京

木谷健一(センター長)
日米ワークショップ 加齢と老年病への介入のストラテジー 米国農務省タフツ大学加齢に関する人間栄養研究センター 薬物による介入 プロパジラミン類の可能性について 1999年10月21,22日 ボストン

学会・研究会等発表(11月)

久野弘明、吉村拓巳、後藤純規、田村俊世(老人支援機器開発部)
高齢者の運動療法評価システムの開発、第1回電子情報通信学会福祉情報工学研究会、1999年11月5日、東京

講演など(教育・普及・広報活動 (10月)

木谷健一(センター長)
長寿科学と長寿医療研究センターの現状と将来」 ヒューマンサイエンス講習会 1999年10月7日 長寿医療研究センター 大府市

森 望(分子遺伝学研究部)
遺伝子から見た脳の老化:神経遺伝子の発現制御と可塑性制御の分子基盤、第20回創薬等ヒューマンサイエンスに関するワークショップ、10月7日、長寿医療研究センター、大府市

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
アルツハイマー病:ここまでわかった病気のしくみ 長寿科学シンポジウム 10月14日 愛知

道川 誠(痴呆疾患研究部)
アルツハイマー病発症機構に果たすアポリポ蛋白E4の役割-神経細胞におけるコレステロール代謝の視点から- ヒューマンサイエンス振興財団研究発表会 1999年10月7日 大府

荒井由美子(老人ケア研究部)
家族の介護負担感 第三回高齢者介護看護医療フォーラム 平成11年10月16日 仙台

大川弥生(老人ケア研究部)
がん患者のリハビリテーション ?QOL向上にむけて? 愛知県看護協会 緩和ケア研修会 平成11年10月20日 名古屋

大川弥生(老人ケア研究部)
ターミナルケアにおけるリハビリテーション 日本看護協会 緩和ケアナース養成研修 平成11年10月22日 神戸

伊藤健吾(生体機能研究部)
「画像で見る脳の老化と痴呆」'99国際長寿科学シンポジウム セッション2 「長寿科学の未来-長寿医療研究センター(NILS)の現状と課題-」;1999.10.14 大府

木谷健一(センター長)
長寿科学シンポジウムパネルディスカッション「長寿医療研究センターの現状と将来」司会及びIntroduction - 長寿医療研究センターの現状 - 1999年10月14日 愛知健康プラザ 東浦町

講演など(教育・普及・広報活動) (11月)

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
アルツハイマー病発症の分子機構 老年医学会東海支部 11月13日 愛知

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
アミロイドb蛋白蓄積機構への細胞生物学的アプローチ 文部省科研費企画調査シンポジウム 11月20日 東京

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
アミロイドb蛋白:構造変化とseeding活性獲得の分子機構 大阪大学蛋白質研究シンポジウム 11月25-26日 大阪

駒野宏人(痴呆疾患研究部)
家族性アルツハイマー病原因遺伝子プレセニリン1のアミロイドb蛋白産生およびwntシグナルにおける役割 理研シンポジウム 第二回マルチバイオプローブ研究の新展開 11月26日 東京

大川弥生(老人ケア研究部)
目標指向的ADL訓練 福島県作業療法士会学術集会 平成11年11月14日 会津若松

大川弥生(老人ケア研究部)
リハビリテーションにおける"目標"とは 第4回介護療養型医療施設リハビリテーション総合研究会 平成11年11月27-28日 東京

大川弥生(老人ケア研究部)
リハビリテーション専門職と看護・介護の連携 -"分立的分業"から"協業"としてのチームワークへ- 第4回介護療養型医療施設リハビリテーション総合研究会 平成11年11月27-28日 東京

所内活動(セミナー等) (10月)

Dr. Judy Singer-Sam (Beckman Research Institute of the City of Hope, Duarte, California, U.S.A.), Monoallelic gene expression in the central nervous system.  長寿科学セミナー10月1日(分子遺伝学研究部:森)

NILS Longevity Sciences Seminar. OFW James M.D.( Professor and Head of the School Clinical Medical Sciences, Univ.Newcastle upon Tyne) 演題 "Health Care of the Elderly in the UK." 1999年10月13日(3時〜4時) ニルスセミナー室 (センター長:木谷)

所内活動(セミナー等)(11月)

その他

ニルスフェスタ(長寿科学の現状と将来)

場所:長医療研究センター
日時:1999年9月15日

1.講演
  • 「長寿科学研究の展望 健やかに年を重ねるには?」 木谷健一 長寿医療研究センター センター長
  • 「長寿医療研究センター長期縦断疫学研究、現状と将来」下方浩史 疫学研究部 部長
  • 「食と長寿」 大澤俊彦 名古屋大学農学部 教授
2.パネル展示

長寿医療研究センターの研究活動の紹介

3.体験ツアー

第1回11:00-12:00、第2回13:00-14:00、
<内容>
老人支援機器開発部のモニタールームの体験
生体機能研究部PETカメラ見学
長寿縦断疫学研究検査体験

第20回創薬等ヒューマンサイエンス基礎研究講習会

日時:平成11年10月7日(土)午前10時ー5時、
場所:長寿医療研究センター

1.テーマ

「国立療養所中部病院長寿医療研究センターの活動」

2.演者
  • 柳沢信夫(国立療養所中部病院院長) ・・・挨拶
  • 木谷健一(国立長寿医療研究センター長) ・・・ 「長寿科学と長寿医療研究センターの現状」
  • 道川 誠(国立長寿医療研究センター痴呆疾患研究部臨床研究室長) ・・・「アルツハイマー病発症機構に果たすアポリポ蛋白E4の役割 - 神経細胞におけるコレステロール代謝の視点から -」
  • 磯部健一(国立長寿医療研究センター老化機構研究部部長) ・・・「遺伝子の発現調節機構の解析と老化研究への応用」
  • 森 望(国立長寿医療研究センター分子遺伝学研究部部長) ・・・「遺伝子から見た脳の老化:神経可逆性制御と寿命制御の基盤
  • 池田恭治(国立長寿医療研究センター老年病研究部部長) ・・・「老化・老年病に関する遺伝子の探索」

基礎老化シンポジウム(主催:日本基礎老化学会)

日時:平成11年10月9日(土)午後1時ー5時半 場所:東京都老人総合研究所講堂 東京都板橋区栄町35ー2

タイトル

「介入:老化・老年病の予防を目指して」

スピーカー
  • 木谷健一(国立長寿医療研究センター長) ・・・Introduction
  • 井上正康(大阪市立大学医学部生化学教室) ・・・「活性酸素による生命維持機構と崩壊のシナリオ」
  • 大澤俊彦(名古屋大学大学院生命農学研究科) ・・・「酸化ストレス制御と食品」
  • 横澤隆子(富山医科薬科大学和漢薬研究所) ・・・「抗老化薬開発への手掛かりを和漢薬に求めて」
  • 丸山和佳子(国立長寿医療研究センター、老化機構研究部)直井 信(応用生化学研究所) ・・・「propargylamine類によるドパミン神経細胞のアポトーシスの防御」
  • 和田洋一郎、児玉龍彦(東京大学先端科学技術研究センター、分子生物医学) ・・・ 「動脈硬化における血管細胞およびマクロファージの役割とその遺伝子発現解析」

国際長寿科学シンポジウム 分科会Session3 あいち健康プラザ

日時:平成11年10月14日(木)午後1時ー5時、 場所:あいち健康プラザ(プラザホール)

1.テーマ

長寿科学の未来 - 国立長寿医療研究センター( NILS )の現状と課題 -

2.座 長 
  1. 木谷 健一    国立長寿医療研究センター長
  2. 柴田 博     東京都老人研究所 副所長
3.演者
  1. 木谷 健一(国立長寿医療研究センター長)「国立長寿医療研究センターの現状」
  2. 柳澤 勝彦(痴呆疾患研究部長)「アルツハイマー病:ここまでわかった病気のしくみ」
  3. 伊藤 健吾(生体機能研究部長)「画像で見る脳の老化と痴呆」
  4. 池田 恭治(老年病研究部長)「骨を20才若く保つコツ」
  5. 下方 浩史(疫学研究部長)「長寿医療研究センター老化縦断疫学研究(NILS-LSA) - 老化,老年病研究のブレークスルーを目指して - 」
  6. OFW James(英国ニューカスル大学教授) 「ニルス(NILS)とニューカスル高齢者健康研究センター (IHE,Institute for the Health of the Elderly)」(仮題)
  7. 柴田 博(東京都老人総合研究所副所長)「ニルスの課題」

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター