文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

1999年 [平成11年] 7月

新聞・雑誌等

7月1日・16日(夕刊フジ) 都竹茂樹(疫学研究部)ビジネスマンのための1日5分レジスタンストレーニング

論文発表等

原著論文

Akao Y, Nakagawa Y, Maruyama W, Takahashi T and Naoi M(老化機構研究部)
Apoptosis induced by endogenous neurotoxin, N-methyl(R)salsolinol, is mediated by activation of caspase 3. Neurosci Lett 267, 153-156, 1999.

丸山和佳子、直井 信(老化機構研究部)
パーキンソン病の病因 カレントテラピー 別冊 vol 7, 20-25, 1999

Arai Y and Washio M (老人ケア研究部)
Feelings of burden of family members caring for the disabled elderly in southern Japan. Ageing and Mental Health 3:158-164, 1999.

Lu L, Tamura T (老人支援機器開発部) and Togawa T
Detection of body movements during sleep by monitoring of bed temperature, Physiol. Meas. 20 137-148, 1999.

Kawashima R, Sugiura M, Kato T, Nakmura A, Hatano K, Ito K(生体機能研究部), Fukuda H, Kojima S and Nakmura K
The human amygdala plays an important role in gaze monitoring. A PET study. Brain 122: 779-783, 1999.

Kim Y, Kim JW, Ito K(生体機能研究部), Lim HS, Cheong HK, Kim JY, Shin YC, Kim KS and Moon Y
Idiopathic Parkinsonism with superimposed manganese exposure: Utility of positron emission tomography. Neurotoxicology 20: 249-252, 1999.

Kim Y, Kim JW, Ito K(生体機能研究部), Hisanaga N, Cheong HK, Kim KS and Moon Y
Positron emission tomography (PET) in differentiating manganism from idiopathic Parkinsonism. J Occup Heaith 41: 91-94, 1999.

Chapters, Reviews, 解説, 論説, その他

森 望(分子遺伝学研究部)
ニュートン8月号

安藤富士子(疫学研究部)
高齢者総合診療ー切迫性尿失禁 毎日ライフ 30(8);97,1999.

新野直明(疫学研究部)
浜松市の転倒・骨折予防活動 1998年度転倒調査の結果から 地域保健 30(6) 110-115、 1999.

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部) 
変性疾患  痴呆を主とする症候群 家族性Alzheimer病 別冊日本臨床 領域別 症候群シリーズNo.27神経症候群? P.392-394

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部) 変性疾患  痴呆を主とする症候群 Alzheimer型老年痴呆 別冊日本臨床 領域 別症候群シリーズNo.27神経症候群  P.395-397

池田恭治(老年病研究部) 
副甲状腺・カルシウム代謝異常 悪性腫瘍に伴う高カルシウム血症 日本内科学会雑誌 88:1212-1217, 1999.

上田 敏、大川弥生(老人ケア研究部) 
リハビリテーションとQOL リハビリテーション研究 98:14-19,1999.

大川弥生(老人ケア研究部) 
「できるADL」「しているADL」「するADL」(3)おはよう21 9(13):66-69,1999.

書物等

荒井由美子(老人ケア研究部) 
英国医療関連データ集:英国医療保障制度研究会(池上直巳   荒井由美子他 編) 医療経済研究機構 東京

講演等

学会・研究会等発表

武内章英、宮石 理、木内一壽、磯部健一(老化機構研究部) 
脳損傷周囲部に誘導されるSOD遺伝子によ る遅発性神経細胞死からの回避, 第22回日本神経科学大会 1999年7月7日 大阪

Maruyama W and Naoi M.(老化機構研究部)
Neurotoxin in nigral degeneration. XII International Congress on Parkinson's disease, July 24-28, 1999, Vancouver, Canada

Maruyama W, Naoi M, Kachi T, Yamada T, Ando F, Shimokata H and Yanagisawa N(老化機構研究部)
Neutral (R)salsolinol N-methyltransferase as a possible intrinsic factor for ideopathic Parkinson's disease. XII International Congress on Parkinson's disease, July 24-28, 1999, Vancouver, Canada

Naoi M, Maruyama W, Takahashi T, Akao Y, Nakagawa Y, M.B. H. Youdim and A. A. Boulton(老化機構 研究部)
Apoptosis in dopaminergic neurons induced by an endogenous neurotoxin, N-methyl(R)salsolinol: Intracellular mechanism and protection by propargylamines. XII International Congress on Parkinson's disease, July 24-28, 1999, Vancouver, Canada

森 望(分子遺伝学研究部)
「神経選択的サイレンサー」 科学技術進行事業団さきがけ研究21「遺伝と 変化」領域合同東西分化会 7月1日 沖縄

井原智美、佐藤仁彦、小島拓哉、中村岳史、森 望(分子遺伝学研究部)
「神経特異的アダプター分子N-Shc とPKCの細胞内相互作用」第22回日本神経科学会 7月6ー8日、大阪

広瀬英司、森井博史、森 望(分子遺伝学研究部)
「微小管調節分子SCG10ファミリーメンバーに結合す る新規因子の同定」第22回日本神経科学会 7月6ー8日、大阪

 

森 望、広瀬英司、森井博史(分子遺伝学研究部)
「シナプス可塑性とneuronal GAPs:SCG10遺伝子群 による微小管調節と神経突起伸展制御の分子機構」第22回日本神経科学会 7月6ー8日、大阪

 

森 望(分子遺伝学研究部)
「神経特異的蛋白の発現調節機構」第1回内分泌代謝学サマーセミナー 7月 14ー16日 静岡県裾野市

安藤富士子(疫学研究部)
医学一般 福祉用具供給事業従業者講習会 1999.7.6. 名古屋

原田 敦、奥泉宏康、徳田治彦、山田芳司(老年病研究部)
脊椎椎間板変性と骨量および軟部組織量との関係の検 討 第17回日本骨代謝学会、平成11年7月29-31日、大阪

山田芳司、原田 敦、宮内章光、細井孝之、池田恭治、太田博明、白木正孝(老年病研究部)
TGF-?1遺伝子多型に よる閉経後骨粗鬆症の治療効果の予測 第17回日本骨代謝学会、平成11年7月29-31日、大阪

増田芳子、佐々木文、池田恭治、渡辺 研(老年病研究部)
骨芽細胞に発現する転写調節因子Dlx5の分子機能  第17回日本骨代謝学会、平成11年7月29-31日、大阪

佐藤卓也、池田恭治、渡辺 研(老年病研究部)
B220陽性細胞から破骨細胞は形成されるか 第17回日本骨代 謝学会、平成11年7月29-31日、大阪

藤田恵理子、浦瀬香子、伊佐原京子、内山安男、本山 昇、桃井 隆(老年病研究部)
Bcl-xノックアウトマウス発生 過程におけるカスパーゼ9の活性化 第22回日本神経科学大会、平成11年7月6-8日、大阪

青塚 徹、小野浩一(老人ケア研究部) 刺激等価クラスを通じたカテゴリー化の機能の転移   日本行動分析学会  第17回年次大会 平成11年7月30日 北海道

高橋龍尚、宮本嘉巳、岡田暁宣、早野順一郎、田村俊世(老人支援機器開発部)
運動後の整理運動による心拍数 への影響、第5回非観血的循環動態モニター研究会、7月30日、東京

Arahata Y, Ieda T, Hirayama M, Niimi Y, Koike Y, Kato T, Tadokoro M, Ito K(生体機能研究部) and Sobue G
Clinical Features of Autonomic Failure with Parkinson's Disease (2) - Manifestation of Positron Emission Tomography - 1st European Federation of Autonomc Sosieties Meeting (EAFS) , July 1-3, 1999 Bologna, Italy

Arahata Y, Nagano A, Kato T, Ito K (生体機能研究部), Abe Y, Kachi T and Sobue G
18F-Fluorodopa PET Studies in Parkinson's Disease with and without Dementia. 8th International Congress on Parkinson's Disease, July 24-28, 1999 Vancouver, Canada

足立弘明,竹内英之,小池春樹,加藤隆士,家田俊明,平山正昭,祖父江元,新畑 豊 (生体機能研究部)
線条 体黒質変性症の寡動と筋固縮 Tandospirone citrate と L-DOPA の効果?.第15回不随意運動研究会, 1999.7.15. 名古屋

籏野健太郎(生体機能研究部)
PET化学の可能性 NIROワークショップ,1999.7.23 神戸

講演など(教育・普及・広報活動)

安藤富士子(疫学研究部)
医学の基礎知識 福祉用具供給事業従事者研修会 1999年7月6日 名古屋

都竹茂樹(疫学研究部)
糖尿病・高尿酸血症と運動 まなび創造館健康セミナー 1999年7月9日 名古屋

都竹茂樹(疫学研究部)
中年期の運動 豊田通商研修会 1999年7月16日 名古屋 都竹茂樹(疫学研究部) 高齢者のレジスタンストレーニング 全国社会保険協会連合会講習会1999年7月23日  東京

都竹茂樹(疫学研究部)
スポーツ医学の基礎 全日本空手道連盟指導者講習会 1999年7月25日 名古屋

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
アルツハイマー病におけるAbとニューロン死 中枢神経懇話会 7月10日 長野

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
アルツハイマー病の分子生物学 愛知医科大学大学院講義 7月14日 愛知

池田恭治(老年病研究部)
活性型ビタミンDの国際的評価について 第17回日本骨代謝学会サテライトシンポジ ウム、平成11年7月29-31日、大阪

大川弥生(老人ケア研究部)
ターミナル期のリハビリテーション 日本看護協会 緩和ケア ナース養成研修会  1999年7月2日 東京

大川弥生(老人ケア研究部)
癌患者の社会復帰にむけたリハビリテーション 日本看護協会「がん患者の社会復帰 への看護」研修会 1999年7月21日 神戸

所内活動(セミナー等)

新野直明(疫学研究部)
高齢者の転倒について 中部病院老年病セミナー 1999年7月14日

塩井純一(ニューヨーク大学マウント・サイナイ医学部精神科)
細胞接着部位に存在する家族性アルツハイマー病原 因遺伝子産物プレセニリン1 長寿科学セミナー 7月22日 、大府 (担当:痴呆疾患研究部)

田村俊世、中島一樹、小川充洋、久野弘明、吉村拓巳(老人支援機器開発部)
体圧評価および介助評価機器、平 成11年度看護部院内教育10年目教育(45歳未満教育)、7月6日、7月13日

学会・講演など予定 (2か月分)

学会・研究会等発表 (8月)

Maruyama W, Naoi M, Yamada T, Kachi T, Ando F, Shimokata H and Yanagisawa N(老化機構研究部)
Neutral (R)salsolinol N-methyltransferase as a possible intrinsic factor for idiopathic Parkinson's disease. Joint Meeting of the ISN and the ESN. August 8-14, 1999, Berlin, Germany

Naoi M, Maruyama W, Takahashi T, Akao Y, Nakagawa Y, M.B. H. Youdim and A. A. Boulton(老化機構 研究部)
Apoptosis induced by an endogenous dopaminergic neurotoxin, N-methyl(R)salsolinol: relevance to Parkinson's disease. Joint Meeting of the ISN and the ESN. August 8-14, 1999, Berlin, Germany

Maruyama W, Naoi M, M.B.H. Youdium(老化機構研究部)
Propargylamines protect dopamine cells from apoptosis induced by a neurotoxin N-methyl(R)salsolinol 2nd Parkinson's Disease Symposia Ulm Neurotoxic factors in Parkinson's disease and related disorders. August 6-7, 1999, Ulm, Germany

Naoi M and Maruyama W.(老化機構研究部)
N-Methyl(R)salsolinol as a pathogenetic factor for Parkinson's disease. Neurotoxic factors in Parkinson's disease and related disorders. August 6-7, 1999, Ulm, Germany

中澤 徹、古山達雄、中野伊津子、佐藤仁彦、森 望(分子遺伝学研究部)
ラット網膜発達期および視神経切断時 におけるShc関連遺伝子群の発現動態とその機能、第3回視覚科学フォーラム研究会、8月4〜6日、茨城県つくば 市

森 望(分子遺伝学研究部)
Neuronal gene to neuronal cells: Their developmental and evolutional strategies for neuronal diversity and plasticity. The First Genecell International Workshop, August 26- 28, 1999, Keihanna Plaza

Ando F and Shimokata H(疫学研究部)
The 15th International Scientific meeting of the International Epidemiological Association. 1999.8.31-9.4 Florence Italy.

Takekuma K, Ando F and Shimokata H(疫学研究部)
The 15th International Scientific meeting of the International Epidemiological Association. 1999.8.31-9.4 Florence Italy.

Koda M, Ando F, Niino N and Shimokata H(疫学研究部)
The relationship between anthropometric indicators and cardiovascular risk factors in middle-aged and elderly Japanese people. The 15th International Scientific meeting of the International Epidemiological Association. 1999.8.31-9.4 Florence Italy.

Arai Y, Washio M and Miura H(老人ケア研究部)
Feelings of Burden of Family Members Caring for the Elderly in Need of Care in Southern Japan, Ninth Congress of the International Psychogeriatric Association, Vancouver, Canada August 15-20, 1999.

Washio M, Kiyohara C, Arai Y, Aoyagi K, Okuda K, Fujishjma M and Ito Y(老人ケア研究部)
Methicillin-resistant Staphylococcus aureus Saureus (MRSA) and Pseudomonas aeruginosa isolation from pharyngeal swab cultures among the Japanese elderly at admission to a geriatric hospital with long stay wards. The XV International Scientific Meeting of the International EpidemiologicalAssociation, 31 Aug. to 4 Sept. 1999. Florence, Italy

田中 愼(共同利用室)
生存率でSDPを -長寿科学でのSMXA RI利用を目指して- 第8回SMXA研究会、8月5日、6日、名古屋

大野民生、石井 明、若菜茂晴、田中 愼、西村正彦、寺田 護(共同利用室)
マウスを用いたコスタリカ住血線虫感 染に対する宿主感受性の遺伝的解析 第8回SMXA研究会、8月5日、6日、名古屋

Rea V. P. Anunciado、堀尾文彦、大野民生、田中 愼、並河鷹夫、西村正彦(共同利用室)
SMXA-5 and SMXA- 9: Hyperinsulinemic mice among the SMXA recombinant inbred strains 第8回SMXA研究会、8月5日、6日、名古屋

松澤香織、田中 愼、宮石 理、磯部健一(共同利用室)
SAMP6マウスの腸管病変 第8回SMXA研究会、8月5日、6日、名古屋

学会・研究会等発表 (9月)

Maehara K and Isobe K(老化機構研究部)
A NF-kB p65 subunit is indispensable for activating manganese superoxide dismutase gene transcription mediated by tumor necrosis factor-a。CSH Meeting-Mechanisms of Eukaryotic Transcription,September 1-5, 1999 New York, USA

大川弥生、太田喜久夫、松本憲二、武井麻喜、中村 愛、中村茂美(老人ケア研究部)
「しているADL」としての介 護と「できるADL」としての訓練 病室・居室での介護と、リハビリテーション専門職の訓練とをどのように関連づける か? 第7回日本介護福祉学会大会 平成11年9月11-12日 静岡

松本憲二、大川弥生、太田喜久夫、松本憲二、武井麻喜、中村 愛、中村茂美、木村伸也、上田 敏(老人ケア研究 部)
身辺ADL自立に向けた介護における、装具選択の重要性について・立位でのADL自立と身体負荷の軽減に ついての,血圧面からの検討・ 第7回日本介護福祉学会大会 平成11年9月11-12日 静岡

中島一樹、水上嘉樹、田村俊世(老人支援機器開発部)
足形を用いた個人識別、平成11年度電気関係学会東海 支部連合大会、9月5?6日、春日井市

小川充洋、川原田淳、田村俊世(老人支援機器開発部)
無意識計測による健康自動計測システム、平成11年度 電気関係学会東海支部連合大会、9月5?6日、春日井市

吉村拓巳、中島一樹、田村俊世(老人支援機器開発部) 転倒モニタの開発とその評価、平成11年度電気関係学 会東海支部連合大会、9月5・6日、春日井市

久野弘明、吉村拓巳、後藤純規、田村俊世(老人支援機器開発部)
高齢者の運動療法のための評価システムの開 発、平成11年度電気関係学会東海支部連合大会、9月5?6日、春日井市

中島一樹(老人支援機器開発部) 動画像計測処理による生体モニタ、計測自動制御学会自立支援システム工学部 会シンポジウム、9月22日、大府市

講演など(教育・普及・広報活動)(8月)

都竹茂樹(疫学研究部)
骨粗鬆症と運動 まなび創造館健康セミナー 1999年8月27日 名古屋

都竹茂樹(疫学研究部) 中高年における整形外科的疾患と運動指導 岐阜県健康指導士会研修会 1999年8月29日 岐阜

大川弥生(老人ケア研究部)
地域リハを支える理念と技術 鹿児島県寝たきりゼロ普及啓発地域シンポジウム 1999 年8月23日 鹿児島

大川弥生(老人ケア研究部)
自主性・主体性・選択性を持って住み続けることができる地域社会の形成のために 鹿 児島県寝たきりゼロ普及啓発地域シンポジウム 1999年8月23日 鹿児島

大川弥生(老人ケア研究部)
新しい障害概念とWHO国際障害分類の臨床へのインパクト リハ医学の立場から  1999年度 北星学園大学社会福祉夏期セミナー・シンポジウム 1999年8月27日 北海道

講演など(教育・普及・広報活動)(9月)

木谷健一(センター長)
第54回日本体力医学界熊本大会 招待講演「高齢者の心と身体----機能的寿命 (functional life span)の延長をめざして」 9月29日 熊本市

所内活動(セミナー等)(8月)

松澤昭雄先生(前東京大学医科研教授)
実験動物と向き合ってーDDマウスとの30有余年 - 1999年8月4日 午 後3時〜5時 長寿科学セミナー センター2階会議室 (担当:共同利用室)

所内活動(セミナー等)(9月)

NILS Longevity Sciences Seminar. Professor Sohn W. Baynes, Department of Chemistry & of Biochemistry School of Medicine University of South Carolina, USA 1999年9月7日 2:00p.m.〜3:00p.m. ニ ルスセミナー室

 

演題 "Pyridoxamine, an inhibitor of advanced glycatien reactions, inhibits AGE formation, nephropathy, dyslipidemia and redox imbalances in the streptozotocin induced diabetic rat."
(Kitani K.,センター 長) 特別講演会 平成11年9月8日 午後4時〜午後5時

 

大石道夫:かずさDNA研究所 所長 "Genome research : Impact on future medicine"(木谷健一,センター長) Seminar for "NILS Today"田中 愼: 実験動物の系統名(担当:共同利用室)

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター