文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

1999年 [平成11年] 6月

新聞・雑誌等

6月21日〜30日(夕刊フジ) 都竹茂樹(疫学研究部) ビジネスマンのための1日5分レジスタンストレーニング

論文発表等

原著論文

Hasegawa T, Xiao H and Isobe K(老化機構研究部)
Cloning of a GADD34-like gene that interacts with the zinc-finger transcription factor which binds to the p21(WAF)promoter. Biochem Biophys Res Commun 256 :249-254, 1999.

.Itano N, Sawai T and Miyaishi O(老化機構研究部), K. Kimata
Relationship between hyaluronan production and metastatic potential of mouse mammary carcinoma cells. Cancer Research, 59, 2466-2504, 1999.

安村誠司、鈴木隆雄、吉田英世、石崎達郎、湯川晴美、渡辺修一郎、熊谷 修、柴田 博、中村哲朗、新野直明、芳賀 博、藺牟田洋美、阿部ひろみ、深尾 彰(疫学研究部)
特別養護老人ホーム入居者における大腿骨頸部骨折予防装具の使用に関する基礎的研究 日老医誌 36(4) 268-273 1999.

新野直明、都竹茂樹、原田 敦、奥泉宏康、長屋政博(疫学研究部)
変形性膝関節症における歩行特性に関する患者対照研究 医療 53(5)343-347、1999.

Isobe I, Michikawa M and Yanagisawa K(痴呆疾患研究部)
Enhancement of MTT, a tetrazolium salt, exocytosis by amyloid _-protein and chloroquine.Neurosci Lett 266:129-132,1999.

Yamada Y, Hosoi T, Makimoto F, Tanaka H, Seino Y and Ikeda K(老年病研究部)
Transforming growth factor beta-1 gene polymorphism and bone mineral density in Japanese adolescents. Am J Med 106:477-479, 1999.

Motoyama N, Kimura T, Kakahashi T, Watanabe T and Nakano T(老年病研究部)
Bcl-x prevents apoptotic cell death of both primitive and defenitive erythrocytes at the end of maturation. J. Exp. Med. 189: 1691-1698, 1999.

Doi T, Motoyama N, Tokunaga A and Watanabe T(老年病研究部)
Death signals from the B cell antigen receptor target mitochondria, activating necrotic and apoptotic death cascades in a murine B-cell line, WEHI-231. Int. Immunol. 11: 933-941, 1999.

Miura H, Arai Y and Isogai E(老人ケア研究部)
Subjective evaluation of chewing ability and self-rated health status in elderly residents of Japan, Asia Journal of Public Health, 1999 10: no.1, 43-45

縄田昌浩、田村俊世(老人支援機器開発部)、大塚公雄、戸川達男
バルーンカテーテル拡張用シリンジの問題点、IVR会誌、87-89、1999.

Arahata Y, Hirayama M, Ieda T, Koike Y, Kato T, Tadokoro M, Ikeda M, Ito K, Sobue G(生体機能研究部)
Parieto-Occipital Glucose Hypometabolism in Parkinson's Disease with Autonomic Failure, Journal of the Neurological Sciences 163, 119-126, 1999.

Shinoda J., Kozawa O., Tokuda H and Uematsu T (病院内科)
Effect of ceramide on interleukin-6 synthesis in osteoblast-like cells. Cell. Signal. 11:435-441, 1999.

Chapters, Reviews, 解説, 論説, その他

安藤富士子(疫学研究部)
日常介護の基本 おとしよりとくらす 日本老年医学会編 pp.48-62,文光堂、東京、1999.

新野直明(疫学研究部)
高齢者の転倒とは 総合臨床 48(6)1583-1584、1999.

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
Apolipoprotein EとAlzheimer病 神経内科50580-591,1999

大川弥生(老人ケア研究部)
「できるADL」「しているADL」「するADL」(2)おはよう21 9(12):66-69,1999.

大川弥生(老人ケア研究部)
廃用症候群のリハビリテーション -"ねたきり化"の最大の原因である「廃用症候群の悪循環」をいかに防ぐか- 総合臨床 48:1333-1336, 1999.

大川弥生(老人ケア研究部)
高齢者の歩行障害とADL Geriatric Medicine 老年医学 37(6): 831-836, 1999.

田村俊世(老人支援機器開発部)
高齢者の歩行支援機器、Geriatric Medicine <老年医学>、37、877-881、1999.

講演等

学会・研究会等発表

肖 恒怡、長谷川忠男、李 強、磯部健一(老化機構研究部)
p21/WAF1 プロモーター解析、第22回基礎老化学会、1999,6, 京都

前原佳代子、長谷川忠男、磯部健一(老化機構研究部)
NF-kBによるマンガンスーパーオキシドジスムターゼ(Mn-SOD)遺伝子の転写調節、第22回基礎老化学会、1999,6, 京都

宮石 理、松澤香織、磯部健一、田中 愼(老化機構研究部)
NILS Aging Farm での実験動物の生存率、第22回基礎老化学会、1999,6, 京都

松澤香織、宮石 理、田中 愼、木谷健一、磯部健一(老化機構研究部)
SAMP6の腸管病変 -その2-、第22回基礎老化学会、1999,6, 京都

城川哲也、石田佳幸、磯部健一(老化機構研究部)
青斑核ニューロンの電気活動の加齢変化、第22回基礎老化学会、1999,6, 京都

長谷川忠男、磯部健一(老化機構研究部)
ストレス刺激によるGADD34と熱ショック蛋白40遺伝子発現、第22回基礎老化学会、1999,6, 京都

大橋憲太郎、丸山和佳子、伊 紅、直井 信、磯部健一(老化機構研究部)
パーオキシナイトライトによるSH-SY5Y細胞へのアポトーシス誘導の機構;p38MAPKの関与について、第22回基礎老化学会、1999,6, 京都

丸山和佳子、大橋憲太郎、木谷健一、直井 信(老化機構研究部)
(-)Deprenylおよびその誘導体の抗アポトーシス作用に関する検討、第22回基礎老化学会、1999,6, 京都

木谷健一,南知予子,丸山和佳子,山本貴子,大橋憲太郎,直井 信,金井節子,Carrillo M C(老化機構研究部) 加齢動物の生理・生化学的パラメーターの変化:特にpublic vs. private変化の相違について 第22回基礎老化学会、1999.6. 京都

南知予子、丸山和佳子、木谷健一、直井 信、大橋憲太郎、山本貴子、M.C.Carillo(老化機構研究部)
ラット、ドーパミン作動性組織の抗酸化酵素活性を修飾する薬物:特にラサジリンの効果 第22回日本基礎老化学会 1999. 6. 京都

古山達雄、中澤 徹、森 望(分子遺伝学研究部)
「線虫寿命制御関連遺伝子daf-16マウスホモログの機能解析」第22回日本基礎老化学会 6月16ー18日、京都

山下 均、水野隆文、森 望(分子遺伝学研究部)
「老化に伴う熱産生機能の低下と脂肪組織におけるミトコンドリア脱共役蛋白質の発現変化」第22回日本基礎老化学会 6月16ー18日、京都

森 望、水野隆文、鳴瀬善久、山下 均(分子遺伝学研究部)
 「神経特異的遺伝子群の転写制御とその加齢変動」第22回日本基礎老化学会 6月16ー18日、京都

Ando F, Shimokata H, Niino N, Tsuzuku M, Koda M, Tsuboi S, Sakai S, Nomura H, Takekuma K and Fukukawa Y(疫学研究部)
A new comprehensive longitudinal study of aging in Japan. 6th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, 1999 June, Seoul

Niino N, Yasumura S, Haga H and Suzuki T(疫学研究部)
Prognosis of falls among the elderly living in a rural community in Japan. The6th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, 1999 June, Seoul

Yasumura S, Niino N, Haga H and Suzuki T(疫学研究部)
Compliance concerning external protectors for hip fractures among the elderly inpatients in Japan. The 6th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, 1999 June, Seoul

Nomura H, Niino N, Ando F and Shimokata H(疫学研究部)
Relationship between visual function and age. 6th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, 1999 June, Seoul

Fukukawa Y, Shimokata H, Niino N, Ando F and Tsuboi S.(疫学研究部)
Family support and psychological states in Japanese middle-aged and elderly people. The 6th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, 1999 June, Seoul

Koda M, Ando F, Niino N and Shimokata H(疫学研究部)
Validity of estimating percent body fat by air displacement plethysmography in middle-aged and elderly people. The 6th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, 1999 June, Seoul

Onoda E, Asada N, Inoue T, Saito I, Endo H, Ando F and Shimokata H(疫学研究部)
Recognition of in-home care-giving and psychological state in the families of elderly patient. The 6th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, 1999 June, Seoul

Fujimoto Y, Wada S, Kasegawa M, Saito I, Kanno K, Ando F, Tsuboi S and Shimokata H(疫学研究部)
Attitude toward death in bereaved and care-giving family members of elderly patients. The 6th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, 1999 June, Seoul

Takekuma K, Ando F, Niino N and Shimokata H(疫学研究部)
Quantitive analysis of brain MI imaging in middle-aged and elderly Japanese. The 6th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, 1999 June, Seoul

蟹江治郎、河野 勤、大澤雅子、河野和彦、赤津裕康、山本孝之、下方浩史、安藤富士子、井口昭久(疫学研究部)
高齢者に対する内視鏡的胃瘻造設術の経験―胃瑯造設後、警官栄養を離脱できた症例についての検討 第41回日本老年医学会学術集会 1999年6月 京都

新野直明、安藤富士子、武隈 清、都竹茂樹、野村秀樹、下方浩史(疫学研究部) 老年期および中年期における転倒の発生状況 第41回日本老年医学会学術集会 1999年6月 京都

安藤富士子、武隈 清、新野直明、野村秀樹、下方浩史(疫学研究部)
地域中高年者の医療用医薬品服薬状況 第41回日本老年医学会学術集会 1999年6月 京都

宮石 理、安藤富士子(疫学研究部)
悪性腫瘍発生の加齢変化 第41回日本老年医学会学術集会 1999年6月 京都

坪井さとみ、福川康之、新野直明、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)
成人中期から成人後期における心理社会的発達の推移―エリクソン心理社会的段階目録検査を用いて― 日本老年社会科学会第41会大会 1999年6月 京都

福川康之、坪井さとみ、新野直明、安藤富士子、下方浩史(疫学研究部)
家族からのソーシャルサポートが中高年のうつ症状に及ぼす影響-サポート効果の質別検討- 日本老年社会科学会第41会大会 1999年6月 京都

木村伸也、大川弥生、上田 敏(老人ケア研究部)
末期癌患者に対するリハビリテーション・アプローチ(2) -「ハイリスク・体力消耗状態」における疼痛の対応について-第4回日本緩和医学学会総会 平成11年6月3-5日 広島.

Arai Y and Washio M..(老人ケア研究部)
Factors associated with admission to a geriatric hospital: A pilot study The 6 th Asia/ Oceania Regional Congress of Gerontology, Seoul, Korea, 7-11 June 1999.

大川弥生、松本憲二、佐野良仁、上田 敏 (老人ケア研究部)
廃用症候群症候群としての起立性低血圧に関する研究-下肢血流- 第41回日本老年医学会学術集会 平成11年6月16日 京都

松本憲二、大川弥生、近森恵美子、高橋紀子(老人ケア研究部)
老人保健施設が在宅生活支援において果たす役割の検討 第41回日本老年医学会学術集会 平成11年6月16日 京都

太田喜久夫、大川弥生、関口春美、中村茂美(老人ケア研究部)
高齢者における実用歩行能力向上にむけたリハ・プログラムについての検討(3)-脳卒中片麻痺患者における長下肢装具-第41回日本老年医学会学術集会 平成11年6月16日 京都

高岡 徹、大川弥生、田中 理(老人ケア研究部)
小階段用車椅子斜行装置の開発  第41回日本老年医学会学術集会 平成11年6月16日 京都

高岡 徹、大川弥生、渡辺慎一(老人ケア研究部)
高齢障害者に対する地域リハビリテーション・システム 第41回日本老年医学会学術集会 平成11年6月16日 京都

Hatano K, Sakiyama Y, Suzuki M, Kawsumi Y, Kato T, Ito K (生体機能研究部)
Kawakita T and Suzuki F. Synthesis and biodistribution of [18F]KF19316, a phosphodiesterase type 4 inhibitor. 13th International Symposium on Radiopharmaceutical Chemistry, St. Louis, June 27 - July 1, U.S.A.

Suzuki M, Hatano K, Sakiyama Y, Kawsumi Y, Kato T, Ito K (生体機能研究部)
Age-related decrease in striatal dopamine D1 and D2 receptor binding in Fischer 344 rats revealed by positron emission tomography. 13th International Symposium on Radiopharmaceutical Chemistry, St. Louis, June 27 - July 1, U.S.A.

Nagano AS, Ito K, Kato T, Arahata Y, Nakamura A, Hatano K (生体機能研究部), Kachi T, Abe Y, Kawasumi Y, Horibe K, Yamada T, Ishigaki T
The MRI-aided spatial normalization of FDOPA Ki image enable us to distinguish the DLB from PD on images 46th Anual Meeting of the Society of Nuclear Medicine, June 6-10, U.S.A

Nakamura A, Kawashima R, Kato T, Sugiura M, Bando T, Ito K, Hatano K (生体機能研究部), Fukuda H, Zilles K, Schormann T
Somatotopy in the Human Cerebellum. 5th International Conference on Functional Mapping of the Human Brain (HBM99) , June 23-26, Dusseldorf, Germany

Nakamura A, Kawashima R, Kato T, Sugiura M, Bando T, Ito K, Hatano K (生体機能研究部), Fukuda H, Zilles K, Schormann T
Somatotopy in the Human Cerebellum. 5th International Conference on Functional Mapping of the Human Brain (HBM99) , June 23-26, Dusseldorf, Germany

Kato T, Kawashima R, Kojima S, Sugiura M, Nakamura A, Hatano K, Nagumo S, Asakawa K, Karl Z, Thorsten S, Ito K, Fukuda H, Kiritani S.(生体機能研究部)
Functional organization of the human brain involved in auditory categorization of artifacts and aminals. -A PET study- 5th International Conference on Functional Mapping of the Human Brain (HBM99) , June 23-26, Dusseldorf, Germany.

田中 愼、瀬川岳司、玉谷典華、宮石 理(共同利用室)
NILS Aging Farmでの実験動物の生存率 1999年6月16-18日、京都

宮石 理、松澤香織、磯部健一、田中 愼(共同利用室)
NILS Aging Farmでの実験動物死因について 1999年6月16-18日、京都

松澤香織、宮石 理、田中 愼、木谷健一、磯部健一(共同利用室)
SAMP6の腸管病変 -その2- 1999年6月16-18日、京都

Carrillo M C, Minami C, Kitani K, Maruyama W, Ohashi K, Yamamoto T, .Naoi M, Kanai S and Youdim M B H.(センター長)
Enhancing effect of rasagiline on superoxide dismutase (SOD) and catalase (CAT) activities in dopaminergic system in the rat. 28th Annual meeting, American Aging Association, June4-8, Seattle, USA

Kitani K, Kanai S, and Miyasaka K(センター長)
Potentialities and limitations of aging rodents as an animal model for studies on aging. 6th Asia Oceania Regional Congress of Gerontology , June 7-11th, Seoul, Korea

Kitani K and Tanaka S(センター長)
Lateral diffusion coefficients of proteins in surface membranes of skeletal muscle cells as well as brain cortical cells in rodents also decline with age as those in hepatocyte surface membranes. 6th Asia Oceania Regional Congress of Gerontology , June 7-11th, Seoul, Korea

木谷健一、南知予子、丸山和佳子、山本貴子、大橋憲太郎、直井 信、金井節子、Carrillo M C (センター長)
加齢動物の生理・生化学的パラメーターの変化:特にpublic vs. private変化の相違について. 第22回日本基礎老化学会 6月16日ー18日 京都

南知予子、丸山和佳子、木谷健一、直井 信、大橋憲太郎、山本貴子、Carrillo M.C、金井節子(センター長)
ラット,ドーパミン作動性組織の抗酸化酵素活性を修飾する薬物:特にラサジリンの効果. 第22回日本基礎老化学会 6月16日ー18日 京都

木谷健一(センター長)
ラット大脳皮質細胞表面膜の蛋白側方拡散定数に対する加齢の影響.第41回日本老年医学界学術集会 6月16日ー18日 京都

三輪雅一、徳田治彦、小澤 修、植松俊彦(病院内科)
骨芽細胞におけるインターロイキン-6産生に及ぼすスフィンゴシンの作用 第72回日本内分泌学会学術総会、6月2日、横浜

徳田治彦、小澤 修、原田 敦(病院内科、整形外科)
骨芽細胞におけるレチノイン酸(RA)によるインターロイキン-6(IL-6)産生抑制機構 第41回日本老年医学会学術集会、6月17日、京都

Tamura T(老人支援機器開発部), Abe Y, Sekine M, Fujimoto T, Sakaki H, Higashi Y and Sekimoto M
Evalation of Gait Using Orthogonal Knee Accelerations, 3rd Intern Biosignal Interpretation, Chicago, June. 12-14, 1999

Sekine M, Tamura T(老人支援機器開発部), Akay M, Togawa T and Fukui Y
Discrimination of Walking Pattern using Wavelet-based Fractal Analysis Method, 3rd Intern Biosignal Interpretation, Chicago, June. 12-14, 1999

安田大典、米満里美、辻 美和、吉田哲也、前田真有美、東 祐二、榊 広光、藤元登四郎、田村俊世(老人支援機器開発部)
精神分裂病患者の注意障害に対する訓練、第33回日本作業療法士学会、平成11年6月16日〜18日 弘前

古澤さつき、安田大典、東 祐二、藤元登四郎、田村俊世(老人支援機器開発部)、中村加銘子
痴呆性老人介護者の介護負担感の検討〜デイケア利用者を対象に〜、第33回日本作業療法士学会、平成11年6月16日〜18日 弘前

中村加銘子、東 祐二、榊 広光、藤元登四郎、田村俊世(老人支援機器開発部)
痴呆性老人の行動特性〜欲求とその対処行動〜、第33回日本作業療法士学会、平成11年6月16日〜18日 弘前

森奈美子、安田大典、東 祐二、榊 広光、藤元登四郎、田村俊世(老人支援機器開発部)
脳卒中片麻痺患者に対する移乗動作評価の検討〜超小型3次元運動センサを用いて(第2報)〜、第33回日本作業療法士学会、平成11年6月16日〜18日 弘前

田村俊世(老人支援機器開発部)
呼気ガス分析装置の客観的検定の試み、第2回栄養管理研究会、平成11年6月18日〜19日 東京

講演など(教育・普及・広報活動)

礒部健一(老化機構研究部)
老化と免疫、名古屋大学医学部講議 1999年6月24日 名古屋

都竹茂樹(疫学研究部)
高齢者のトレーニング 栄ライオンズクラブ6月定例会 1999年6月7日 名古屋

都竹茂樹(疫学研究部)
高血圧・高脂血症と運動 まなび創造館健康セミナー 1999年6月21日 名古屋

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
アミロイドβ蛋白沈着開始の分子機構 韓国生命科学会・第24回国際痴呆疾患研究部シンポジウム 6月11日 韓国

道川 誠(痴呆疾患研究部)
神経細胞に対するアポリポ蛋白Eの作用 ー中枢神経系における脂質代謝制御の観点からー 東北大学遺伝子実験施設セミナー 6月11日 仙台

駒野宏人(痴呆疾患研究部)
プレセニリン1遺伝子変異によるアルツハイマー病発症機構の解明 ノバルティス老化および老年医学研究基金1997年受賞者講演 6月11日 京都

大川弥生(老人ケア研究部)
ターミナルケアにおけるリハビリテーション 第9回京滋緩和ケア研究会 平成11年6月19日 京都

Kitani K(Director General)
Invited lecture, Univ Saskatschewan "Enhancing effect of deprenyl and its analogues on antioxidant enzyme activities selectively in dopaminergic systems in the body : A possible implication for the prolongation of survivals of animals." (Host Scientist A. A. Boulton,
Director, Neuropsychitric Inst. Univ Saskatschewan), June 2, Saskatoon, Canada

所内活動(セミナー等)

加藤 豊
新しいMAP kinase Big MAP/ERK5 のシグナル伝達系;長寿科学セミナー(担当老化機構研究部;礒部健一)1999. 6.14, センターセミナー室

田村俊世(老人支援機器開発部)
長寿社会をめざす支援機器開発〜在宅健康管理を中心として〜、中部病院老年学セミナー、6月2日

学会・講演など予定 (2か月分)

学会・研究会等発表 (7月)

Maruyama W and Naoi M(老化機構研究部)
Neurotoxin in nigral degeneration. XII International Congress on Parkinson's disease July 24-28, 1999, Vancouver, Canada

Maruyama W, Naoi M., Kachi T, Yamada T, Ando F., Shimokata H and Yanagisawa N(老化機構研究部)
Neutral (R)salsolinol N-methyltransferase as a possible intrinsic factor for ideopathic Parkinson's disease. XII International Congress on Parkinson's disease July 24-28, 1999, Vancouver, Canada

Naoi M.,. Maruyama W, Takahashi T, Akao Y, Nakagawa Y., Youdim M.B. H. and Boulton A. A(老化機構研究部)
Apoptosis in dopaminergic neurons induced by an endogenous neurotoxin, N-methyl(R)salsolinol: Intracellular mechanism and protection by propargylamines. XII International Congress on Parkinson's disease July 24-28, 1999, Vancouver, Canada

森 望(分子遺伝学研究部)
「神経選択的サイレンサー」 科学技術進行事業団さきがけ研究21「遺伝と変化」領域合同東西分化会 6月30日ー7月2日 沖縄

井原智美、佐藤仁彦、小島拓哉、中村岳史、森 望(分子遺伝学研究部)
「神経特異的アダプター分子N-ShcとPKCの細胞内相互作用」第22回日本神経科学会 7月6ー8日、大阪

広瀬英司、森井博史、森 望(分子遺伝学研究部)
「微小管調節分子SCG10ファミリーメンバーに結合する新規因子の同定」第22回日本神経科学会 7月6ー8日、大阪

森 望、広瀬英司、森井博史(分子遺伝学研究部)
「シナプス可塑性とneuronal GAPs:SCG10遺伝子群による微小管調節と神経突起伸展制御の分子機構」第22回日本神経科学会 7月6ー8日、大阪

森 望(分子遺伝学研究部)
「神経特異的蛋白の発現調節機構」第1回内分泌代謝学サマーセミナー 7月14ー16日 静岡県裾野市

原田 敦、奥泉宏康、徳田治彦、山田芳司(老年病研究部)
脊椎椎間板変性と骨量および軟部組織量との関係の検討 第17回日本骨代謝学会、平成11年7月29-31日、大阪

山田芳司、原田 敦、宮内章光、細井孝之、池田恭治、太田博明、白木正孝(老年病研究部)
TGF-_1遺伝子多型による閉経後骨粗鬆症の治療効果の予測 第17回日本骨代謝学会、平成11年7月29-31日、大阪

増田芳子、佐々木文、池田恭治、渡辺 研(老年病研究部)
骨芽細胞に発現する転写調節因子Dlx5の分子機能 第17回日本骨代謝学会、平成11年7月29-31日、大阪

佐藤卓也、池田恭治、渡辺 研(老年病研究部) B220陽性細胞から破骨細胞は形成されるか 第17回日本骨代謝学会、平成11年7月29-31日、大阪

青塚 徹、小野浩一(老人ケア研究部) 刺激等価クラスを通じたカテゴリー化の機能の転移 日本行動分析学会 第17回年次大会 平成11年7月30日 北海道

Arahata Y, Ieda T, Hirayama M, Niimi Y, Koike Y, Kato T, Tadokoro M, Ito K (生体機能研究部) and Sobue G
Clinical Features of Autonomic Failure with Parkinson's Disease (2) - Manifestation of Positron Emission Tomography - 1st European Federation of Autonomc Sosieties Meeting (EAFS) , July 1-3, 1999 Bologna, Italy

Arahata Y, Nagano A, Kato T, Ito K (生体機能研究部), Abe Y, Kachi T and Sobue G
18F-Fluorodopa PET Studies in Parkinson's Disease with and without Dementia. 8th International Congress on Parkinson's Disease, July 24-28, 1999 Vancouver, Canada

足立弘明、竹内英之、小池春樹、加藤隆士、家田俊明、平山正昭、祖父江元、新畑 豊(生体機能研究部)
線条体黒質変性症の寡動と筋固縮 ―Tandospirone citrate と L-DOPA の効果―.第15回不随意運動研究会, 1999.7.15. 名古屋

田中 愼(共同利用室)
生存率でSDPを -長寿科学でのSMXA RI利用を目指して- 第8回SMXA研究会、8月5-6日、名古屋

大野民生、石井 明、若菜茂晴、田中 愼、西村正彦、寺田 護(共同利用室)
マウスを用いたコスタリカ住血線虫感染に対する宿主感受性の遺伝的解析 第8回SMXA研究会、8月5-6日、名古屋

学会・研究会等発表 (8月)

Arai Y, Washio M and Miura H(老人ケア研究部)
Feelings of Burden of Family Members Caring for the Elderly in Need of Care in Southern Japan, Ninth Congress of the International Psychogeriatric Association, Vancouver, Canada August 15-20, 1999.

講演など(教育・普及・広報活動)(7月)

安藤富士子(疫学研究部)
医学の基礎知識 福祉用具供給事業従事者研修会 1999年7月6日 名古屋

都竹茂樹(疫学研究部)
糖尿病・高尿酸血症と運動 まなび創造館健康セミナー 1999年7月9日 名古屋

都竹茂樹(疫学研究部)
中年期の運動 豊田通商研修会 1999年7月16日 名古屋

都竹茂樹(疫学研究部)
高齢者のレジスタンストレーニング 全国社会保険協会連合会講習会1999年7月23日 東京

都竹茂樹(疫学研究部)
スポーツ医学の基礎 全日本空手道連盟指導者講習会 1999年7月25日 名古屋

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
アルツハイマー病における__とニューロン死 中枢神経懇話会 1999年7月10日 長野

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
アルツハイマー病の分子生物学 愛知医科大学大学院講義 7月14日 愛知

大川弥生(老人ケア研究部)
ターミナル期のリハビリテーション 日本看護協会 緩和ケアナース養成研修 1999年7月2日 東京

大川弥生(老人ケア研究部)
ターミナルケアのリハビリテーション 日本看護協会「がん患者の社会復帰への看護」研修会 1999年7月21日 神戸

講演など(教育・普及・広報活動)(8月)

都竹茂樹(疫学研究部)
骨粗鬆症と運動 まなび創造館健康セミナー 1999年8月27日 名古屋

都竹茂樹(疫学研究部)
中高年における整形外科的疾患と運動指導 岐阜県健康指導士会研修会 1999年8月29日 岐阜

大川弥生(老人ケア研究部)
新しい障害概念とWHO国際障害分類の臨床へのインパクト-リハ医学の立場から- 1999年度 北星学園大学社会福祉夏期セミナー 1999年8月27日 北海道

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター