文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

1998年 [平成10年] 11月

新聞・雑誌等

11月1日(東北メディネット)伊藤健吾(生体機能研究部)生き生き11月 第3回あいち健康の森

論文発表等

原著論文

Nishihara E, Furuyama T, Yamashita S, Mori N(分子遺伝学研究部)
Expression of copper trafficking genes in the mouse brain, NeuroReport 9, 3259-3263 (1998)

中村健一、新野直明(疫学研究部)
職域における健康情報収集に際して生じた倫理上の問題 健康開発 4:58-67, 1998.

加藤基子、新野直明(疫学研究部)
高齢者の在宅ケアアセスメント法の検討ー高齢者と介護者の2領域からのケア状況評価の試みー 昭和医学会雑誌 58:256-269、1998

Tsuzuku S, Ikegami Y, Yabe K(疫学研究部)
Effects of High-Intensity Resistance Training on Bone Mineral Density in Young Male Powerlifters. Calcif Tissue Int 63:283-6, 1998

Sanjo N, Owada K, Kobayashi T, Mizusawa H, and Michikawa M(痴呆疾患研究部)
A novel neurotrophic pyrimidine compound MS-818 enhances neurotrophic effects of basis fibroblast growth factor. J Neurosci Res 54:604-612,1998

Komano H, Seeger M,Gand S, Wang G. T., Krafft G. A. , and Fuller R.S(痴呆疾患研究部)
Involvement of yeast cell surface glycosyl-phosphatidylinositol-linked aspartyl proteases in a-secretase-type cleavage and ectodomina solubilization of human Alzhemier b-amyloid precursor protein J Biol Chem 273:31648-31651,1998.

Ichihara S, Yamada Y, Yokota M(老年病研究部)
Association of a G994→T missense mutation in the plasma platelet-activating factor acetylhydrolase gene with genetic susceptibility to nonfamilial dilated cardiomyopathy in Japanese. Circulation 98:1881-1885, 1998. Menjo M, Ikeda K, Nakanishi M(老年病研究部) Regulation of G1 cyclin-dependent kinases in liver regeneration. J Gastroenterol Hepatol 13:S100-105, 1998

Veugelers M, Vermeesch J, Watanabe K, Yamaguchi Y, Marynen P, Guido D(老年病研究部)
GPC4, the gene for human K-glypican, flanks GPC3 on Xp26: deletion of the GPC3-GPC4 gene cluster in one family with Simpson-Golabi-Behmel syndrome. Genomics 53:1-11, 1998. Kudo K. & Arai Y (老人ケア研究部) Gloomy boom of anti-dementia campaign in Japanese public health , Lancet 352 : 1477-1478, Oct 31 1998.

解説, 論説, その他

直井 信、丸山和佳子(老化機構研究部)
黒質ドパミン細胞に選択的な神経毒は存在するのか?Pharma Medica vol 16, No10: 47-53, 1998 下方浩史(疫学研究部)肥満と癌 治療 80(12);3193-3196, 1998.

下方浩史、安藤富士子(疫学研究部)
老化の指標 臨床科学 34(11):1459-1466,1998.

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
アルツハイマー病の分子病理 名古屋内科医会会誌 100:44-51,1998

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
アルツハイマー病とアミロイドβ蛋白(Ab):脳内Ab重合開始のメカニズム 現代医療 30:2789-2795,1998.

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
対談:アルツハイマー病の分子医学 現代医療 30:2754-2768,1998.

大川弥生、松本憲二、高岡徹(老人ケア研究部)
リハビリテーションにおける歩行補助具の位置づけ--QOL向上に向けた具体的技術としての再検討 日本義肢装具学会誌 14:337-343.

大川弥生(老人ケア研究部)
脳梗塞患者のQOLをどうとらえるか Pharma Medica 16 (11):81-82, 1998.

中村茂美、松本憲二、大川弥生(老人ケア研究部)
ADL訓練に際しての姿勢・移動・動作の評価 OTジャーナル 32:1053-1056, 1998.

籏野健太郎(生体機能研究部)
フッ素-18標識法の最近の進歩.Radioisotopes 1998;47:891-892.

講演等

学会・研究会等発表

Shirokawa T, Ishida Y and Isobe K(老化機構研究部)
Age-related changes in cortical and hippocampal innervations of rat locus coeruleus neurons.
28th Annual Meeting of Society for Neuroscience, November 7-12, 1998, Los Angels, USA (poster)

Sholz J, Maruyama W, Naoi M, Moser A(老化機構研究部)
Endogenous meurotoxins in animal model of Parkinson's disease.
71th Meeting of German Society of Neurology, September 2-6, 1998, Munich, Germany

Maruyama W, Naoi M, Youdium MBH(老化機構研究部)
Rasagiline protects dopamine cells from apoptosis induced by peroxynitrite.
28th Meeting of Society for Neuroscience, November 7-12, 1998, Los Angels, USA (poster)

Minami C, Naoi M, Maruyama W, Sango K, Kawai K, Matsubara K(老化機構研究部)
Dopamine-derived tetrahydroisoquinoline; its enantio-specific occurrence in human brain andinduction of apoptosis. 28th Meeting of Society for Neuroscience, November 7-12, 1998, Los Angels, USA (poster)

Maruyama W(老化機構研究部)
Neuroprotection by (-)deprenyl and related compounds.
The Third International NILS Workshop on Longevity Sciences "Interventions in Aging and Age-associated Disorders" November 26-27, Obu, Aichi, Japan (symposium)

Kozak, L.P, Guerra, C, Yamashita, H(分子遺伝学研究部), and Koza, R
Exploring the role of the mitochondrial uncoupling proteins and brown adipocytes in the regulation of body weight. The 10th Naito Conference: Molecular Biological Approaches for Intractable Diseases, October 29 - November 1, Hayama.

Yamashita H(分子遺伝学研究部), Kozak L.P, Sato Y, and Mori N
Change in uncoupling protein expression in rat brown adipose tissue with age. The 10th Naito Conference: Molecular Biological Approaches for Intractable Diseases, October 29 - November 1, Hayama.

Kobayashi M, Nakamura T, Kurihara K, Mori N(分子遺伝学研究部) and Matsuoka I
Regulation of neurotrophin responsiveness and expression of Shc family members in developing sympathetic neurons, 28th Annual Meeting of the Society for Neuroscience, November 7-12, Los Angeles.

Mizuno T, Haass C and Yanagisawa K(痴呆疾患研究部)
Cholesterol-dependent generation of amyloidogenic b-protein in MDCK cells. Annual Meeting, American Society for Neuroscience November7-12,1998,Los Angeles, U.S.A.

Sudoh S,Kawamura Y, Wang R, Komano H and Yanagisawa K(痴呆疾患研究部)
FAD-linked presenilin1 mutations increase the intracellular levels of Ab1-42 and Abx-42 which are generated at distinct sites.Annual Meeting, American Society for Neuroscience November7-12,1998,Los Angeles, U.S.A.

田村俊世(老人支援機器開発部)
摂食・嚥下機構の計測と評価―工学分野から- 日本ME学会秋季大会 1998年11月 新潟

関根正樹、田村俊世(老人支援機器開発部)、戸川達男、福井康裕
加速度センサを用いた連続歩行の識別 日本ME学会秋季大会 1998年11月 新潟

籏野健太郎、嵜山陽二郎、鈴木満、川角保広、加藤隆司、鈴木文夫、川北隆、伊藤健吾(生体機能研究部)
フッ素-18標識KF19316によるphosphodiesterase type 4のイメージング 第22回フッ素化学討論会 1998年11月20〜21日、大阪

中村昭範、加藤隆司、伊藤健吾(生体機能研究部)、山田孝子、堀部賢太郎、阿部祐士、加知輝彦、柳澤信夫
顔の視覚刺激に対する誘発脳磁図-familiarな顔, unfamiliarな顔の比較 第28回日本脳波・筋電図学会学術大会 1998年11月11〜13日、神戸

山田孝子、中村昭範、堀部賢太郎、加知輝彦、加藤隆司、伊藤健吾(生体機能研究部)、柳澤信夫
大脳皮質基底核変性症のMEG,EEG,PETによる解析 第28回日本脳波・筋電図学会学術大会 1998年11月11〜13日、神戸

杉本亨、中村昭範、加藤隆司、伊藤健吾(生体機能研究部)、堀部賢太郎、山田孝子、加知輝彦、稲尾意秀、文堂正彦、吉田純、柳澤信夫
体性感覚誘発磁界各波形成分の"慣れ"と"注意"による影響の検討 第28回日本脳波・筋電図学会学術大会 1998年11月11〜13日、神戸

Kitani K(センター長)
Pharmacological modifications of endogenous antioxidant enzymes with special reference to the effects of deprenyl: A possible antioxidant strategy. 長寿科学に関する第3回ニルス国際ワークショップ"加齢及び加齢関連疾患に対する干渉の試み" 11月26ー27日 大府

講演など(教育・普及・広報活動)

下方浩史(疫学研究部)
未来を目指す長寿科学研究(長期縦断疫学研究)健康公開講座 健康フェスティバル'98.1998年11月 大府

甲田道子(疫学研究部)
太りすぎはどうしていけないの? すっきりスリム教室 1998年11月東浦町

都竹茂樹(疫学研究部)
日本体育協会 指導者講習会 1998年11月8日 名古屋

渡辺 研(老年病研究部)
骨芽細胞とTGF-betaスーパーファミリー 福島県立医科大学分子生物学セミナー 平成10年11月20日 福島

大川弥生(老人ケア研究部)
ターミナルケアのリハビリテーション 日本看護協会緩和ケアナース養成研修 1998年11月4日 神戸.

大川弥生(老人ケア研究部)
ケアにおけるQOLとADL 第5回QOL・ADL研究会 1998年11月14日 七尾(石川).

田村俊世(老人支援機器開発部)
リハビリテーションにおける生体信号解釈の基礎 宮崎県理学療法士会研修会 宮崎11月

伊藤健吾(生体機能研究部)
機能画像による脳研究ーPET,MEGを用いてー 断層映像研究会 第27回研究発表会教育講演,1998年11月13日,浜松市

所内活動(セミナー等)

Dennis J. Selkoe (Center for Neurologic Diseases, Harvard Medical School)
Production and Degradation of Amyloid b-protein and the Mechanism of Alzheimerユs Disease.長寿科学セミナー November 4,1998 (柳澤勝彦:痴呆疾患研究部)

本山 昇(九州大学生体防御医学研究所感染防御学部門,助教授)
細胞死制御因子Bcl-2ファミリーの生理学的機能 長寿科学セミナー 11月17日 (木谷健一:センター長)

中島一樹(山口大学工学部感性デザイン工学科,講師)
高齢者の支援機器の開発 -画像による介護支援と人工内耳- 長寿科学セミナー 11月17日 (木谷健一:センター長)

Alan A. Boulton, Ph.D(Professor & Director, Neuropsychiatry Research Unit, Univ. of Saskatchewan, Saskatoon, Canada)
"Aliphatic Propargylamines as Antineoplastic Modulators" NILS Longevity Science Seminar, Nov. 25, '98 (木谷健一:センター長)

学会・講演など予定 (2か月分)

学会・研究会等発表 (12月)

長谷川忠男、木村祐子、磯部健一(老化機構研究部)
ストレス刺激により誘導されるgadd34関連遺伝子の機能解析
第28回日本免疫学会総会 1998年12月 神戸

木村祐子、長谷川忠男、磯部健一(老化機構研究部)
ストレス刺激応答gene、gadd34//MyD116の転写調節の解析
第28回日本免疫学会総会 1998年12月 神戸

伊紅、磯部健一(老化機構研究部)
拘束ストレスによる胸腺、末梢リンパ組織縮小作用と細胞表面マーカー変化の時間経過
第28回日本免疫学会総会 1998年12月 神戸

前原佳代子、長谷川忠男、磯部健一(老化機構研究部)
RAW264.7cellにおけるMnSOD遺伝子転写の解析
第28回日本免疫学会総会 1998年12月 神戸

山田英嗣、磯部健一(老化機構研究部)、武内章英、中島泉
マウスコラーゲン関節炎のdifferential display 解析ーマウスATPase inhibitorのcDNA クローニング
第28回日本免疫学会総会 1998年12月 神戸

武内章英、宮石理、磯部健一(老化機構研究部)、中島泉
脳損傷部周囲に誘導されるSOD遺伝子による遅発性神経細胞死の阻害
第28回日本免疫学会総会 1998年12月 神戸

長谷川忠男、磯部健一(老化機構研究部)
gadd34遺伝子産物と結合し薬剤刺激により誘導されるマウスHsp40ファミリー遺伝子のクローニング
第21回日本分子生物学会年会 1998年12月 横浜

磯部健一、肖恒怡、長谷川忠男(老化機構研究部)
ヒストンアセチル化剤によるp21WAFプロモーター解析
第21回日本分子生物学会年会 1998年12月 横浜

前原佳代子、長谷川忠男、武内章英、肖恒怡、磯部健一(老化機構研究部)
NIH3T3 cell におけるMn-SOD遺伝子転写の解析
第21回日本分子生物学会年会 1998年12月 横浜

鳴瀬善久、青木務、小島拓哉、森望(分子遺伝学研究部)
神経選択的サイレンサー結合因子NRSF/RESTの転写抑制機構
第21回日本分子生物学会年会、12月16-19日、横浜

林和洋、道下 健、森 望(分子遺伝学研究部)、井原尚也、加納康正、河野亨子
出芽酵母核分裂異常を相補するスタスミン様遺伝子の解析
第21回日本分子生物学会年会、12月16-19日、横浜

中村岳史、三牧幸代、小宮美砂子、小島拓哉、佐藤仁彦、森望(分子遺伝学研究部)  
アダプター分子Shcファミリーの神経系シグナル伝達における機能分化
第21回日本分子生物学会年会、12月16-19日、横浜

甲田道子、都竹茂樹、梶岡多恵子、安藤富士子、新野直明、下方浩史(疫学研究部) 
空気置換法による体脂肪率推定の妥当性の検討―DXA法との比較―
日本肥満学会 1998年12月 松山

森圭子、安藤富士子、下方浩史、葛谷文男(疫学研究部)
眼圧とBMI―70000人の大規模集団での横断的および縦断的検討
日本肥満学会 1998年12月 松山

梶岡多恵子、下方浩史、小坂井留美、都竹茂樹、安藤富士子、佐藤祐造(疫学研究部)
ウエイト・サイクリングが若年女子の身体に与える影響
日本肥満学会 1998年12月 松山

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
アミロイドβ蛋白沈着開始の分子機構
戦略的基礎研究推進事業「脳を知る」のシンポジウム "脳神経科学の最先端1998" 12月11日 大阪

Yamada Y, Harada A, Miyauchi A, Goto J, Hosoi T, Makimoto F, Tanaka H, Seino Y, Ikeda K(老年病研究部)
Identification of a polymorphism of the TGF-b1 gene as a genetic determinant of the bone mass and a susceptibility factor to osteoporosis.
The 20th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, San Francisco, USA, December 1-6, 1998.

Takai H, Kanematsu M, Yano K, Tsuda E, Higashio K, Ikeda K, Watanabe K, Yamada Y(老年病研究部)
TGF-b stimulates the production of osteoprotegerin/osteoclastogenesis inhibitory factor by bone marrow stromal cells.
The 20th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, San Francisco, USA, December 1-6, 1998.

Kanematsu M, Takai T, Sato T, Watanabe K, Ikeda K, Yamada Y(老年病研究部)
RANKL induced on pre-B cells by prostaglandin E2 may be involved in the pathogenesis of osteoporosis.
The 20th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, San Francisco, USA, December 1-6, 1998.

金子葉子、森崎弘史、池田恭治、中西 真(老年病研究部)
ヒトChk1キナーゼの紡錘体形成チェックポイント機構における役割
第 21 回日本分子生物学会年会 平成10年12月16-19日 横浜

藤本淳司、冨永 薫、池田恭治、中西 真(老年病研究部)
ヒトChk1キナーゼの構造及び機能解析
第21回日本分子生物学会年会 平成10年12月16-19日 横浜

森崎弘史、金子葉子、平井百樹、岡山博人、池田恭治、中西 真(老年病研究部)
ヒトCDS1キナーゼのクローニング
第21回日本分子生物学会年会 平成10年12月16-19日 横浜

増田芳子、澁谷浩司、上野直人、池田恭治、渡辺 研(老年病研究部)
新規のDlx5結合タンパク(Dlxin-1)の単離
第21回日本分子生物学会年会 平成10年12月16-19日 横浜

田村俊世(老人支援機器開発部)
生理量の計測手法とデータの活用
感性デザイン研究会 山口 12月

Okuizumi H, Harada A(病院整形外科)
Different Load Conditions During Falls Predict Cervical and Trochanteric Hip Fracture Using
Three-dimensional Finite Element Model. December. 1-6, 1998. ASBMR-IBMS Second Joint Meerings. San Francisco, U.S.A.

学会・研究会等発表(1月)

松鵜甲枝、鷲尾昌一、荒井由美子、井手三郎(老人ケア研究部)
在宅要介護老人介護者の抑鬱症状とその関連要因
日本疫学会 1999 年1月 名古屋.

南優子、佐々木毅、荒井由美子、栗栖陽子、細川徹、久道茂(老人ケア研究部)
女性SLE患者の生活習慣調査
日本疫学会 1999 年1月 名古屋.

Kitani K(センター長)
Keynote lecture "Science of Ageing: What we should do and what we should not. A personal view (tentative title). The first Workshop for grantholders for SAGE (Science of Ageing) Initiative Programme by BBSRC (Biotechnology and Biological Sciences Research Council of the U. K.). Jan. 13-15, Manchester

講演など(教育・普及・広報活動) (12月)

都竹茂樹(疫学研究部)
骨粗鬆症と運動
1998年12月9日 東郷町保健所

伊藤健吾(生体機能研究部)
高齢者の脳画像診断
平成10年高齢者医療に関する講習会,1998年12月3日,長寿医療研究センター

木谷健一(センター長)
医薬品業界近未来研究会 12月4日 大府

所内活動(セミナー等) (12月)

大川弥生(老人ケア研究部)
QOL向上に向けたリハビリテーションとケアー目標指向的・積極的アプローチー
平成10年度高齢者医療に関する講習会 1998年12月3日

その他

Kitani K(センター長)
長寿科学に関する第3回ニルス国際ワークショップ "加齢及び加齢関連疾患に対する干渉の試み" The Third International NILS Workshop on Longevity Sciences "Interventions in Aging and Age-associated Disorders"
平成10年11月26日 (木), 27日 (金)

スピーカー:
  • P. C. Bickford,コロラド大学デンバー校薬理学,デンバー
  • A. A. Boulton,サスカチェバン大学神経・精神研究施設,サスカチェバン,カナダ
  • Hae-Young Chung,釜山大学校薬学大学生化学,釜山,韓国
  • 井上正康,大阪市立大学医学部生化学教室,大阪
  • 伊藤 隆,富山医科薬科大和漢診療学,富山
  • 木谷健一,長寿医療研究センター,大府
  • 児玉龍彦,東京大学先端科学技術研究センター,東京
  • 丸山和佳子,長寿医療研究センター,大府
  • M. Meydani,米農務省・タフツ加齢に関する人間栄養研究センター,ボストン
  • 直井 信,応用生化学研究所,岐阜
  • 大澤俊彦,名古屋大学農学部食品機能科学,名古屋
  • B. P. Yu,テキサス学サンアントニオ校生理学,サンアントニオ

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター