文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート > 過去のマンスリーレポート

過去のマンスリーレポート

1998年 [平成10年] 3月

新聞・雑誌等

22日(NHK海外放送 - ラジオジャパン)Kitani K(センター長) "Profile: Kenichi Kitani, MD, PhD, Director General, NILS" Interview for listeners overseas (4 times, 34min. each).

4月号(NHKテレビ 英語 "ビジネスワールド")木谷健一(センター長)揺れる世界,揺れる日本 - 2025 年,パラダイムシフトが日本を襲う: 64-67, 1998.

4月号(毎日ライフ)角 保徳(病院歯科)義歯に代わるインプラントという人工の歯とはどのようなものですか pp. 107, 1998.

論文発表等

木谷健一(センター長)
高齢者介護総論Ⅰ:高齢者の身体的・精神的な特徴と高齢期に多い疾病及び障害 介護支援専門員 標準テキスト 1:197-232, 1998.

Tokuda H, Kozawa O, Harada A, Isobe K, Uematu T(老化機構研究部)
Triiodothyronine modulates interleukin-6 synthesis in osteoblasts; Inhibitions in protein kinase A and C pathways. Endocrinology 139:1300-1305, 1998.

Naoi M, Maruyama W (老化機構研究部), Nakao N, Ibi T, Sahashi K and Strolin Benedetti M (R)
Salsolinol N-methyltransferase activity increases in parkinsonian lymphocytes Ann Neurol 43:212-216, 1998

Maruyama W (老化機構研究部) and Naoi M
Quantitative analysis of apoptotic neuronal cell death by single cell gel electrophoresis assay. Advances in Molecular Toxiology, pp 35-51. Reiss C, Parvez S, Labbe G and Parvez H (Eds), VSP press, Utrecht, 1998.

Naoi M and Maruyama W(老化機構研究部)
Cytotoxicity of an endogenous dopaminergic neurotoxin, N-methyl(R)salsolinol; Relevance to Parkinson's disease. Advances in Molecular Toxiology, pp 339-355, Reiss C, Parvez S, Labbe G and Parvez H (Eds), VSP press, Utrecht, 1998.

Nakamura T, Muraoka S, Sanokawa R, and Mori N(分子遺伝学研究部)
N-Shc and Sck, two neuronally expressed Shc adapter homologs. Their differential regional expression in the brain and roles in neurotrophin and Src signaling. J. Biol. Chem. 273 (12):6960-6967, 1998.

森 望(分子遺伝学研究部)
SNOG:もうひとつの神経選択的転写抑制エレメント、蛋白質・核酸・酵素 45 (5):694-695, 1998.

森 望(分子遺伝学研究部)
サウンド オブ サイレンス:神経選択的サイレンサー二重奏、脳の科学 20, 303-309, 1998.

中村好一、尾島俊之、黒沢美智子、菊地正悟、稲葉裕、新野直明、中村健一(疫学研究部)
地域保健活動における情報収集・利用の倫理的問題 日本公衆衛生雑誌 45(3):251-261, 1998.

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
アルツハイマー病の病因 BIO Clinica 13:46-50,1998

Yamada Y, Ichihara S, Fujimura T, Yokota M(老年病研究部)
Identification of the G994→T missense mutation in exon 9 of the plasma platelet-activating factor acetylhydrolase gene as an independent risk factor for coronary artery disease in Japanese men. Metabolism 47:177-181, 1998.

渡辺 研、池田恭治(老年病研究部)
この領域の最近の進歩(overview)ホルモンと臨床、特集"骨・軟骨形態形成を支配する蛋白群とその内分泌調節"46:3-11、1998

大川弥生(老人ケア研究部)、上田 敏
QOLを考える(3)生活教育 42:62-63, 1998.

大川弥生(老人ケア研究部)
介護とリハビリテーション(上)おはよう21 8:60-63, 1998.

鶴見和子、上田 敏、大川弥生(老人ケア研究部)
回生体験とリハビリテーション 作業療法ジャーナル 32:245-252, 1998.

上田 敏、大川弥生(老人ケア研究部)
長寿科学におけるリハビリテーションの意義 Geriatric Medicine 36:38-43, 1998.

Arai Y(老人ケア研究部), Kudo K , Washio M, Miura H, Hisamichi S
Reliability and validity of the Japanese version of Zarit Caregiver Burden Interview Psychiatry & Clinical Neurosciences, 51, 5:281-287, 1997.

Arai Y(老人ケア研究部)
Insuarance for long-term care planned in Japan. Lancet, 350:1831, 1997.

Miura H, Umenai T, Arai Y(老人ケア研究部), Osaka K, Isogai E, Ueda T
Dental caries and urbanization level in developing countries. J. Dental Health 48, 1:20-24, 1998.

荒井由美子(老人ケア研究部)
介護家族の負担感とサービス利用の実態-介護者の意識調査から Nursing Today, 13, 1:70-73, 1998.

Tokuda H, Kozawa O, Harada A, Isobe K, Uematsu T(病院内科・整形外科・センター老化機構研究部)
Triiodothyronine modulates interleukin-6 synthesis in osteoblasts: Inhibitions in protein kinase A and C pathways. Endocrinology, 139:1300-1305, 1998.

Sumi Y, Mitsudo K, Ueda M(病院歯科)
Conservation of severely traumatized teeth using endodontic implants: A case report. J Oral Maxillofac Surg, 56:240-242, 1998.

書物等

池田恭治(老年病研究部)
副甲状腺ホルモン関連ペプチド 臨床検査ガイド ^98、分光堂

荒井由美子(老人ケア研究部)
第10章 精神保健活動ーメンタルヘルスケアの現状 シンプル公衆衛生学第7版(鈴木庄亮・久道茂編)(第10章)272-282, 1998年

荒井由美子(老人ケア研究部)
医療経済研究機構報告書 Internal market の実際:contractの締結とGP fundholding の運営 1998年

講演等

森 望(分子遺伝学研究部)
神経の可塑性制御と脳の老化
東北大学加齢医学研究所、平成10年3月11日、仙台

森 望(分子遺伝学研究部)
神経特異的遺伝子発現に係わる神経選択的サイレンサーおよびその制御因子NRSF/REST、
第71回日本薬理学会年会、平成10年3月26日、京都

中村健一、新野直明、中村好一、尾島俊之、黒沢美智子、菊地正悟、稲葉裕(疫学研究部)
疫学・予防医学の倫理に関する文献学的考察 
第68回日本衛生学会 1998年3月 岡山

新野直明、瀬古知永子、中村健一(疫学研究部)
老人ホーム入居者の転倒恐怖感に関する研究
第68回日本衛生学会  1998年3月 岡山

瀬古知永子、新野直明、中村健一(疫学研究部)
高齢者の血中脂肪酸組成に関連する要因
第68回日本衛生学会 1998年3月 岡山

都竹茂樹(疫学研究部)
余暇の過し方 
名古屋高速研修会 1998年3月 名古屋

柳澤勝彦(痴呆疾患研究部)
Monoclonal antibody against amyloid b-protein (Ab) associated with lipid molecules: a possible probe to search for an endogenously generated.
COE国際シンポジウム、アルツハイマー病 3月10日 東京

道川 誠(痴呆疾患研究部)
Alzheimer病におけるアポリポ蛋白Eの役割-コレステロール代謝の観点から
日本薬理学会シンポジウム 3月23-24日 京都

山田芳司、市原佐保子、藤村高陽、横田充弘(老年病研究部)
冠動脈疾患における遺伝的危険因子
第62回日本循環器学会学術集会、東京、平成10年3月26-28日

市原佐保子、曽村富士、武市康志、石木良治、藤村高陽、稲垣将文、井澤英夫、祖父江俊和、岩瀬三紀、横田充弘、山田芳司(老年病研究部)
内皮型NO合成酵素遺伝子多型と心筋梗塞との関連性の検討
第62回日本循環器学会学術集会、東京、平成10年3月26-28日

市原佐保子、曽村富士、武市康志、石木良治、藤村高陽、稲垣将文、井澤英夫、祖父江俊和、岩瀬三紀、横田充弘、山田芳司(老年病研究部)
非家族性拡張型心筋症におけるPAF acetylhydrolase遺伝子変異
第62回日本循環器学会学術集会、東京、平成10年3月26-28日

毛受雅文、二村雄次、安井章裕(老年病研究部)
マウス乳癌細胞株 (F8) におけるアンドロゲン依存性増殖のメカニズム
第98回日本外科学会総会、東京、平成10年4月8-10日

Ichihara S, Yamada Y, Yokota M(老年病研究部)
Association of a polymorphism of the endothelial constitutive nitric oxide synthase gene with myocardial infarction in the Japanese population.
The 47th Annual Scientific Session of American College of Cardiology, Atlanta, USA. March 29-April 1, 1998

Ichihara S, Yamada Y, Yokota M(老年病研究部)
Association of polymorphisms of manganese superoxide dismutase and plasma platelet-activating factor acetylhydrolase genes with genetic susceptibility to nonfamilial dilated cardiomyopathy.
The 47th Annual Scientific Session of American College of Cardiology, Atlanta, USA. March 29-April 1, 1998

木村伸也、大川弥生(老人ケア研究部)、上田 敏
癌患者のリハビリテーションアプローチ ―「ハイリスク・体力消耗状態」の ADL指導について―
第3回日本緩和医療学会総会 平成10年3月20日 京都

Nakamura A, Yamada T, Abe Y, Kachi T, Kato T, Ito K, Yanagisawa N and Kakigi R(生体機能研究部)
Modification of Ipsilateral Somatosensory Evoked Magnetic Fields by Hand Posturing.
The 6th International Evoked Potentials Symposium, 6th IEPS (Symposist)
1998年3月21日-25日, Okazaki, Japan

Nakamura A, Yamada T, Goto A, Kato R, Ito K, Abe Y, Kachi T, Yanagisawa N and Kakigi R(生体機能研究部)
Somatosensory Homunculus as Drawn by MEG.
The 6th International Evoked Potentials Symposium, 6th IEPS, 1998年3月21日-25日, Okazaki, Japan

Yamada T, Nakamura A, Abe Y, Kachi T, Kato T, Ito K and Yanagisawa N(生体機能研究部
The influence of aging on auditory evoked magnetic field in an attention task.
The 6th International Evoked Potentials Symposium, 6th IEPS, 1998年3月21日-25日, Okazaki, Japan

奥泉宏康、原田 敦(病院整形外科)
3次元有限要素法を用いた大腿骨頚部外側骨折と内側骨折の発生機序の検討
第25回東海整形外科外傷研究会 98.4.4 名古屋

角 保徳(病院歯科)
腔粘膜疾患の診断と治療
大府市歯科医師会講演、98、2、26

学会・講演など予定

学会・研究会等発表

嵜山陽二郎、籏野健太郎、加藤隆司、加藤武司、田島稔久、川角保広、伊藤健吾、外山比南子、石渡喜一(生体機能研究部)
アデノシン受容体作動薬のin vivoにおけるドーパミン受容体結合に及ぼす影響ーネコを用いたPETによる検討ー
日本薬学会第118年会 1998年3月31日-4月2日 京都

金子昌二、小村啓悟、石渡喜一、千田道雄、籏野健太郎、伊藤健吾(生体機能研究部)
6-[18F]フルオロ-L-ドーパの酵素合成
日本薬学会 第118年会 1998年3月31日-4月2日 京都

瀬古知永子、新野直明、中村健一、川端輝江、長谷川恭子(疫学研究部)
高齢者の血漿リン脂質中脂肪酸組成の1年間の変化 第52回日本栄養食料学会 1998年4月 沖縄

加藤隆司、伊藤健吾、池田 充、永野敦子、山本 伸、原山 篤、岡田真一(生体機能研究部)
機能画像研究を目的とする画像・患者情報データベースの構築
第57回 日本医学放射線学会総会 1998年4月9-11日 神戸

永野敦子、伊藤健吾、加藤隆司、石垣武男(生体機能研究部)
18F-DOPA PET画像の解剖学的標準化の検討
第57回 日本医学放射線学会総会 1998年4月9-11日 神戸

Kitani K (センター長)
Pharmacokinetics and dynamics of drugs affecting the central nervous system (CNS) in the elderly. The Second Germany-Japan Workshop on "Medical Problems posed by an Aging Population" Apr. 26-29, 1998. Heidelberg, Germany.

Maruyama W(老化機構研究部), Naoi M
Etiology and biological marker of Parkinson's disease. The Second Germany-Japan Workshop, April 26-29, 1998, Heidelberg, Germany

Michikawa M(痴呆疾患研究部)
Pathogenesis of Alzheimer's disease. The Second Germany-Japan Workshop, April 26-29, 1998, Heidelberg, Germany

Maruyama W(老化機構研究部), Naoi M, Youdim M
Anti-apoptotic potency of deprenyl and demethyldeprenyl. Understanding of Parkinson's disease. May 10-13, 1998, Zichron Yaakov, Israel

Naoi M, Maruyama W(老化機構研究部)
An N-methyltransferase as an endogenous for in sporadic Parkinson's disease. Understanding of Parkinson's disease. May 10-13, 1998, Zichron Yaakov, Israel

講演など(教育・普及・広報活動)

木谷健一(センター長)
2025年,我が国の超高齢化社会における医療・薬業システムをどう考える
第2回医療を考える大阪シンポジウム 4月4日 大阪

中西 真(老年病研究部)
細胞周期チェックポイント機構
東京大学医科学研究所セミナー、東京、平成10年4月13日

過去のマンスリーレポートトップに戻る

 

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター