文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2019年 [平成31年] 1月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

マンスリー­­­­レポ­ー­ト­(­­研­究業­­績)­­­ 2­0­­19年­­­[平成31­­­年­]1月

新聞・雑誌等

佐治直樹(もの忘れセンター)
日本経済新聞電子版, 2019年1月30日, 腸内の状態が認知症に影響? 国立長寿研が分析

佐治直樹(もの忘れセンター)
日本経済新聞, 2019年1月31日, 腸内環境、認知症に影響?

佐治直樹(もの忘れセンター)
中日新聞, 2019年1月31日, 特定の腸内細菌「多」、認知症のリスク「減」

柳澤勝彦(研究所長室)
Dr.週刊新潮2019(2019年1月17日発行), 認知症1000万人時代—アルツハイマー病「早期発見技術」

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
テレビ愛知 サンデージャーナル,平成31年1月27日,「愛知の「老化防止策」最前線に迫る」

島田裕之. (予防老年学研究部)
産経新聞 第2別冊 新時代, 2019年1月1日, 100歳時代双六.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
大和証券 脳がよろこぶひらめきパズル, 認知症予防のための脳活性化運動「コグニサイズ」からだを動かしながら、脳を鍛えて認知症を楽しく予防しよう!, 東京都, 2019年1月. PP3-5

Doi T. (予防老年学研究部)
The Economic Research Institute for ASEAN and East Asia (ERIA) and the Japan Center for International Exchange (JCIE), A Community-Based Approach Combining Physical and Mental Exercise to Prevent Dementia, Jakarta, Indonesia, Tokyo, January 21, 2019.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
朝日新聞, 2019年1月29日, 認知症対策取り組みは 25年「最大40万人」推計 高齢者施策で論戦.

論文発表等

原著論文

Saji N, Niida S, Murotani K, Hisada T, Tsuduki T, Sugimoto T, Kimura A, Toba K, Sakurai T (もの忘れセンター、メディカルゲノムセンター).
Analysis of the relationship between the gut microbiome and dementia: a cross-sectional study conducted in Japan. Sci Rep. 2019 Jan 30;9(1):1008. doi: 10.1038/s41598-018-38218-7.

Endo H, Shimada H, Sahara N, Ono M, Koga S, Kitamura S, Niwa F, Hirano S, Kimura Y, Ichise M, Shinotoh H, Zhang MR, Kuwabara S, Dickson DW, Toda T, Suhara T, Higuchi M. (脳機能画像診断開発部)
In-vivo binding of a tau imaging probe, [11C]PBB3, in patients with progressive supranuclear palsy.
Movement Disorders. 2019 in press

Iwata A, Iwatsubo T, Ihara R, Suzuki K, Matsuyama Y, Tomita N, Arai H, Ishii K, Senda M, Ito K, Ikeuchi T, Kuwano R, Matsuda H; Alzheimer's Disease Neuroimaging Initiative; Japanese Alzheimer’s Disease Neuroimaging Initiative. (脳機能画像診断開発部)
Effects of sex, educational background, and chronic kidney disease grading on longitudinal cognitive and functional decline in patients in the Japanese Alzheimer's Disease Neuroimaging Initiative study.
Alzheimers Dement (N Y). 2018 Jul 12;4:765-774. doi: 10.1016/j.trci.2018.06.008. eCollection 2018.

Murata C,Saito T,Saito M,Kondo K (老年社会科学研究部,老年学評価研究部)
The Association between Social Support and Incident Dementia: A 10-Year Follow-Up Study in Japan.
Int J Environ Res Public Health. 2019 Jan 16;16(2). pii: E239. doi: 10.3390/ijerph16020239.

Misawa J, Kondo K (老年学評価研究部)
Social factors relating to depression among older people in Japan: analysis of longitudinal panel data from the AGES project.
Aging Ment Health. 2018 Nov 8:1-10. doi: 10.1080/13607863.2018.1496225.

Sato K,Viswanath K,Hayashi H,Ishikawa Y,Kondo K,Shirai K,Kondo N,Nakagawa K,Kawachi I (老年学評価研究部)
Association between exposure to health information and mortality: Reduced mortality among women exposed to information via TV programs.
Soc Sci Med. 2018 Dec 12;221:124-131. doi: 10.1016/j.socscimed.2018

Hikichi H,Aida J,Kondo K,Tsuboya T,Kawachi I (老年学評価研究部)
Residential relocation and obesity after a natural disaster: A natural experiment from the 2011 Japan Earthquake and Tsunami.
Sci Rep. 2019 Jan 23;9(1):374. doi: 10.1038/s41598-018-36906-y.

Saito M,Kondo N,Oshio T,Tabuchi T,Kondo K (老年学評価研究部)
Relative deprivation, poverty, and mortality in Japanese older adults: a six-year follow-up of the JAGES cohort survey.
Int J Environ Res Public Health. 2019 Jan 10;16(2). pii: E182. doi: 10.3390/ijerph16020182

Otsuka R, Tange C, Tomida M, Nishita Y, Kato Y, Yuki A, Ando F, Shimokata H, Arai H (NILS-LSA活用研究室,老年学・社会科学センター)
Dietary factors associated with the development of physical frailty in community-dwelling older adults.
J Nutr Health Aging, 23: 89-95, 2019.

中川威 (NILS-LSA活用研究室)
高齢期における抑うつ症状の変化と身体的健康との関連.
老年社会科学,40:351-362,2019.

Kameyama A, Yamakoshi K, Watanabe A. (老化機構研究部, 共同利用推進室)
A rapid separation and characterization of mucins from mouse submandibular glands by supported molecular matrix electrophoresis.
Biochim. Biophys. Acta Proteins Proteom, 1867(1), 76-81, 2019.

Sakamoto A, Kunou S, Shimada K, Tsunoda M, Aoki T, Iriyama C, Tomita A, Nakamura S, Hayakawa F, Kiyoi H.(老化機構研究部)
Pyruvate secreted from patient-derived cancer-associated fibroblasts supports survival of primary lymphoma cells.
Cancer Sci,110:269–78, 2019.

Makizako H, Kubozono T, Kiyama R, Takenaka T, Kuwahata S, Tabira T, Kanoya T, Horinouchi K, Shimada H, Ohishi M. (予防老年学研究部)
Associations of social frailty with loss of muscle mass and muscle weakness among community-dwelling older adults.
Geriatr Gerontol Int, 19(1): 76-80, 2019.

Shimada H, Hotta R, Makizako H, Doi T, Tsutsumimoto K, Nakakubo S, Makino K. (予防老年学研究部)
Effects of Driving Skill Training on Safe Driving in Older Adults with Mild Cognitive Impairment.
Gerontology, 65(1): 90-97, 2019.

Kurita S, Doi T, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Kim M, Shimada H. (予防老年学研究部)
Cognitive activity in a sitting position is protectively associated with cognitive impairment among older adults.
Geriatr Gerontol Int, 19(2): 98-102, 2019.

Bae S, Lee S, Lee S, Jung S, Makino K, Harada K, Harada K, Shinkai Y, Chiba I, Shimada H. (予防老年学研究部)
The effect of a multicomponent intervention to promote community activity on cognitive function in older adults with mild cognitive impairment: A randomized controlled trial.
Complement Ther Med, 42: 164-169, 2019.

松原知貴,伊藤安海,福岡達也,山田隆一,鍵山善之,根本哲也 (健康長寿支援ロボットセンター)
FEM解析を用いた骨折解析の法科学的評価―幼児頭蓋における損傷評価―, 実験力学, Vol. 18, (2018), p.278-282

総説, その他

Saji N, Hisada T, Tsuduki T, Niida S, Toba K, Sakurai T. (もの忘れセンター、メディカルゲノムセンター).
Proportional changes in the gut microbiome: a risk factor for cardiovascular disease and dementia? Hypertens Res. 2019 Jan 31. doi: 10.1038/s41440-019-0218-6.

佐治直樹(もの忘れセンター)
高齢者における抗血栓・抗凝固療法. 5.心房細動と認知症-抗凝固薬の使い方と展望-
Geriatric Medicine. 57(2):1161-1165, 2019.

近藤和泉 (リハビリテーション科部)
Neuroscience:Exploring the Brain. 4th Edition Bear MF, Connors BW, Paradiso MA:Wolters Kluwer, 2016.
Jpn J Rehbil Med 55, 1035, 2019

近藤和泉, 大沢愛子, 相本啓太 (リハビリテーション科部)
認知症のコミュニケーションツールとしてのロボット.
認知症の最新医療 9, 22-26, 2019

近藤克則 (老年学評価研究部)
[特集1]マーケットリーダーに聞くシニアビジネス展望 有識者に聞く2019年からのシニア・ヘルスケアビジネス「健康長寿」
月刊シニアビジネスマーケット,2019年1月号

下方浩史,安藤富士子 (NILS-LSA活用研究室)
食事ガイドライン第8回:CKD診療ガイドライン.
食と医療,8:93-97,2019.

千明和矢,伊藤安海,山田隆一,鍵山善之,福岡達也,近藤聡太,三井広,杉田俊江,櫻本かおり,根本哲也(健康長寿支援ロボットセンター)
講演論文, 手術中の頭低位における創傷や障害予防のための体位固定法評価, 非破壊検査協会, 第50回応力・ひずみ測定と強度評価シンポジウム, (2019.1.11-12)東京

書物等

島田裕之. (予防老年学研究部)
第3章(障害編) 9 認知機能障害.
内山靖(編), 実践的なQ&Aによるエビデンスに基づく理学療法 第2版 評価と治療指標を総まとめ, 医歯薬出版株式会社, 東京都, 2019年, pp451-460.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
高齢者が元気になる レクリエーション.
三瓶あづさ(著), 土井剛彦(監), 株式会社日本文芸社, 東京都, 2019年.

講演等

学会・研究会等発表

Shimada H, Tagai K, Kubota M, Takahata K, Takado Y, Shinotoh H, Yamamoto N, Sano Y, Seki C, Hirano S, Kimura Y, Ichise M, Ono M, Tempest P, Jang MK, Seibyl J, Barret O, Alagille D, Mareck K, Sahara N, Kawamura K, Zhang MR, Hattori N, Kuwabara S, SuharaT, Higuchi M. (脳機能画像診断開発部)
In vivo distribution pattern of 18F-PM-PBB3 (18F-APN-1607) and its relationship with clinical features in diverse 4-repeat tauopathies.
Human Amyloid Imaging, January 18, 2019. Miami, Florida, USA

近藤克則,Megumi Rosenberg,長嶺由衣子,近藤尚己,相田潤,尾島俊之,斉藤雅茂(老年学評価研究部)
疫学研究から実践・政策への橋渡しの方法に関する研究:JAGESの事例検討
第29回日本疫学会学術総会,2019年1月30日-2月1日,東京都千代田区

雨宮愛理,近藤尚己,長谷田真帆,高木大資,金森万里子,近藤克則 (老年学評価研究部)
熊本地震前のソーシャルキャピタルと震災前後の健康状態の変化の関連:JAGES縦断研究
第29回日本疫学会学術総会,2019年1月30日-2月1日,東京都千代田区

横道洋司,近藤克則,長嶺由衣子,山縣然太朗,近藤尚己 (老年学評価研究部)
高齢期の体格・代謝性疾患の組み合わせと認知症リスク:JAGESコホート
第29回日本疫学会学術総会,2019年1月30日-2月1日,東京都千代田区

齋藤順子,長谷田真帆,斉藤雅茂,雨宮愛理,高木大資,近藤克則,近藤克己 (老年学評価研究部)
友人・近隣への社会的サポート提供と身体認知機能の経時的変化:JAGES縦断研究
第29回日本疫学会学術総会,2019年1月30日-2月1日,東京都千代田区

伊角彩,藤原武男,加藤弘陸,辻大士,高木大資,近藤尚己,近藤克則 (老年学評価研究部)
幼少期の被虐待体験による高齢期の医療コスト増加
第29回日本疫学会学術総会,2019年1月30日-2月1日,東京都千代田区

長谷田真帆,近藤尚己,高木大資,近藤克則 (老年学評価研究部)
地域エンパワメントによる高齢者の死亡リスク低減効果に関する準実験研究:所得階層による効果の違いの検討
第29回日本疫学会学術総会,2019年1月30日-2月1日,東京都千代田区

齋藤孔良,菖蒲川由郷,太田亜里美,田代敦志,齋藤あや,近藤克則 (老年学評価研究部)
高齢者の嚥下機能に関する自覚症状とインフルエンザ罹患性との関連―JAGES2016よりー
第29回日本疫学会学術総会,2019年1月30日-2月1日,東京都千代田区

辻大士,金森悟,渡邉良太,宮國康弘,近藤克則 (老年学評価研究部)
高齢者がグループに参加して実践するスポーツ種目と主観的健康観、抑うつとの関連:JAGES横断研究
第29回日本疫学会学術総会,2019年1月30日-2月1日,東京都千代田区

林尊弘,辻大士,金森悟,渡邉良太,松本大輔,近藤克則 (老年学評価研究部)
地域在住フレイル高齢者における要介護認定発生とスポーツグループ参加との関係:JAGES縦断データ分析
第29回日本疫学会学術総会,2019年1月30日-2月1日,東京都千代田区

芦田登代,澤田康幸,近藤克則 (老年学評価研究部)
利他性が健康や向社会行動に与える影響―独裁者ゲームによる検証
第29回日本疫学会学術総会,2019年1月30日-2月1日,東京都千代田区

上野貴之,辻大士,近藤克則 (老年学評価研究部)
高齢者の社会参加の頻度と脂質異常症との関連:JAGES2016横断研究
第29回日本疫学会学術総会,2019年1月30日-2月1日,東京都千代田区

斎藤民,西田裕紀子,丹下智香子,大塚礼,富田真紀子,安藤富士子,下方浩史,荒井秀典 (老年社会科学研究部, NILS-LSA活用研究室,老年学・社会科学研究センター)
高齢者の認知機能と社会的ネットワークの多様性との関連:コンボイモデルによる検証
第29回日本疫学会学術総会,2019年1月30日-2月1日,東京都千代田区

相田潤,斉藤雅茂,花里真道,斎藤民,菖蒲川由郷,平井寛,小坂健,尾島俊之,近藤克則 (老年社会科学研究部,老年学評価研究部)
都市での孤立は高齢者の死亡リスクをより高めるか:JAGESコホート研究
第29回日本疫学会学術総会,2019年1月30日-2月1日,東京都千代田区

渡邉良太,近藤克則,斎藤民,辻大士,林尊弘,池田登顕,竹田徳則 (老年学評価研究部,老年社会科学研究部)
ソーシャルキャピタルが増加した地域で抑うつ傾向保有割合は減少するか―JAGES:5年間の繰り返し横断研究―
第29回日本疫学会学術総会,2019年1月30日-2月1日,東京都千代田区

井手一茂,鄭丞媛,宮國康弘,近藤克則 (老年社会科学研究部,老年学評価研究部)
都市・農村における市町村レベルの社会参加と主観的健康感の関連:JAGES横断研究
第29回日本疫学会学術総会,2019年1月30日-2月1日,東京都千代田区

鄭丞媛,井上祐介,井手一茂,中村恒穂,尾島俊之,近藤克則 (老年社会科学研究部,老年学評価研究部)
市区町村レベルにおける経済格差と自殺率との関連性の分析
第29回日本疫学会学術総会,2019年1月30日-2月1日,東京都千代田区

大塚礼,遠又靖丈,Shu Zhang,丹下智香子富田真紀子西田裕紀子下方浩史,辻一郎 (NILS-LSA活用研究室)
地域在住中高年者における性・年齢階級別のNa摂取源.
第29回日本疫学会学術総会,2019年1月31日,東京都.

荒井秀典(老年学・社会科学研究センター)
サルコペニア診療の展望
第53回日本成人病(生活習慣病)学会 2018年1月12-13日 東京

講演など(教育、普及、広報活動)

荒井由美子(長寿政策科学研究部)
認知症高齢者と自動車運転を考える:当事者・家族介護者への支援.神経疾患学術講演会,2019年1月11日,東京都

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
認知症の画像診断:最近の話題から
第5回京滋ディメンシアコングレス、2019年1月19日、京都

大沢愛子 (リハビリテーション科部)
気になりますかもの忘れ?〜病的老化を防ぐコツ〜.
市立伊勢病院市民公開講座, 2019年1月19日, 伊勢市

近藤克則 (老年学評価研究部)
健康な団地づくり
一般財団法人高齢者住宅財団講演会,2019年1月21日,神奈川県横浜市

近藤克則 (老年学評価研究部)
健康長寿コミュニティーデザインによるゼロ次予防
運動機能の脆弱化予知予防研究会,2019年1月25日,東京都中央区

宮國康弘 (老年学評価研究部)
高齢者の保険事業、介護・フレイル予防
平成30年度市町村保健事業担当者研修会,2019年1月29日,埼玉県さいたま市

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
高齢者のフレイルと健康課題.
平成30年度特定給食施設等従事者研修会~地域高齢者のフレイル対策を考える研修会~,2019年1月18日,宇治市.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
“内からキレイ”は糖質選択で.
丸の内キャリア塾スぺシャルセミナー「#糖質選択でコムギビューティー」,2019年1月24日,東京都.

丸山光生 (老化機構研究部)
老化の研究の最前線 〜老化と免疫系の関わりについて〜
あいちシルバーカレッジ講義 2019年1月29日 東海市

島田裕之. (予防老年学研究部)
今日からできる認知症予防.
福島区医師会 認知症区民講座, 大阪市, 2019年1月16日.

牧野圭太郎. (予防老年学研究部)
コグニサイズで認知症予防 ~楽しく脳を活性化しよう~.
平成30年度介護予防講演会, 蒲郡市, 2019年1月17日.

中窪翔. (予防老年学研究部)
コグニサイズで認知症予防.
東浦町平成30年度65歳のつどい, 東浦町, 2019年1月19日.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
みるみる身につくコグニサイズ実践のすすめ.
コグニサイズ地域ミーティング, 横浜市, 2019年1月21日.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
自分でできる認知症予防~イスに座って簡単エクササイズ.
みしま健幸大学, 三島市, 2019年1月26日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
iPadによるMCIの早期発見とコグニサイズの奨め.
100歳時代プロジェクト大阪セミナー, 大阪市, 2019年1月27日

佐竹昭介(フレイル研究部)
フレイル予防で健康長寿!! ~健康長寿を実現するために~
フレイル予防講演会 2019.1.30 大阪市

センター内活動(セミナー等)

福森亮雄 (分子基盤研究部)
ケミカルバイオロジーによるアルツハイマー病 病態解明と治療薬開発
第98回CAMD報告会,平成31年1月10日

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2019年 [平成31年] 1月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました