文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2018年 [平成30年] 10月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

マンスリー­­­­レポ­ー­ト­(­­研­究業­­績)­­­ 2­0­­18­年­­­[平成30­­­年­]10月

新聞・雑誌等

柳澤勝彦(研究所長室)
医学界新聞, 2018年10月1日, アルツハイマー病変の早期検出はどんな可能性をひらくのか.

柳澤勝彦(研究所長室)
東洋経済, 2018年10月13日, 特集: 認知症とつき合う〜治療と予防の最前線 「血液・網膜で発症リスクを超早期発見」

近藤克則 (老年学評価研究部)
NHKスペシャル「AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン」第3回 健康寿命
NHK総合テレビ,2018年10月13日

村田千代栄 (老年社会科学研究部)
知多半島ケーブルネットワークコミュニティ誌ココナッツクラブ(フリーペーパー)「『みんなの縁がわ』のみんな」2018年10月号

島田裕之. (予防老年学研究部)
週刊女性, コグニサイズでSTOP! 認知症, 東京都, 2018年10月2日. PP73-80

島田裕之. (予防老年学研究部)
損害保険ジャパン日本興亜株式会社 認知症およびコグニサイズに関する理解促進を図るための紹介動画, 認知症および認知機能低下予防、クルマの運転との関連性、コグニサイズ効果について, 東京都, 2018年10月3日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
生涯教育シリーズ95 日本医師会雑誌 第147巻・特別号(2) 認知症トータルケア, X.危険因子と予防 運動と認知症予防, 東京都, 2018年10月15日. PP288-290

里直行 (分子基盤研究部)
アルツハイマー病に対する治療薬開発:最近の話題
薬事日報 第12071号,平成30年9月21日発行

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
日本経済新聞,平成30年10月1日朝刊,「糖質制限のワナ 脂肪過多に注意~動脈硬化・隠れメタボのリスク増~」

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
下野新聞 2018年10月29日(月),認知症と自動車運転:家族はどう対応?

論文発表等

原著論文

Hosokawa R,Kondo K,Ito M,Miyaguni Y,Mizutani S,Goto F,Abe Y,Tsuge Y,Handa Y,Ojima T(老年学評価研究部)
The Effectiveness of Japan’s Community Centers in Facilitating Social Participation and Maintaining the Functional Capacity of Older People.Research on Aging. 2018 Oct 16:164027518805918. doi: 10.1177/0164027518805918.

Yagi A,Hayasaka S,Ojima T,Sasaki Y,Tsuji T,Miyaguni Y,Nagamine Y,Namiki T,Kondo K (老年学評価研究部)
Bathing Frequency and Onset of Functional Disability among Japanese Older Adults: A Prospective 3-year Cohort Study from the JAGES. Journal of Epidemiology.2018 doi: 10.2188/jea.JE20180123.

Tani Y, Suzuki N, Fujiwara T, Hanazato M, Kondo N, Miyaguni Y, Kondo K (老年学評価研究部)
Neighborhood food environment and mortality among older Japanese adults: results from the JAGES cohort study. Int J Behav Nutr Phys Act, vol.15, 101 (2018)

Takeuchi I, Yoshimura Y, Shimazu S, Jeong S, Yamaga M, Koga H (老年社会科学研究部)
Effects of Branched-Chain Amino Acids and Vitamin D Supplementation on Physical Function, Muscle Mass and Strength, and Nutritional Status in Sarcopenic Older Adults Undergoing Hospital-Based Rehabilitation: A Multicenter Randomized Controlled Trial. Geriatrics & Gerontology International, 2018 doi: 10.1111/ggi.13547.

Shimada H, Makizako H, Lee S, Doi T, Lee S. (予防老年学研究部)
Lifestyle activities and the risk of dementia in older Japanese adults.
Geriatrics & Gerontology Int, 18(10):1491-1496, 2018.

Tsutsumimoto K, Doi T, Makizako H, Hotta R, Nakakubo S, Makino K, Suzuki T, Shimada H. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
Aging-related anorexia and its association with disability and frailty.
Journal of Cachexia, Sarcopenia and Muscle, 9(5):834-843, 2018.

Nakakubo S, Makizako H, Doi T, Tsutsumimoto K, Hotta R, Lee S, Lee S, Bae S, Makino K, Suzuki T, Shimada H. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
Long and Short Sleep Duration and Physical Frailty in Community-Dwelling Older Adults. 
J Nutr Health Aging, 22(9):1066-1071, 2018.

松村亜矢子, 岸博幸, 後藤文彦, 大釜典子, 島田裕之, 遠藤英俊. (予防老年学研究部)
地域在住高齢者の認知・身体・心理機能に及ぼすリズムシンクロエクササイズの効果.
健康支援, 20(2):173-181, 2018.

Shinotoh H, Shimada H, Kokubo Y, Tagai K, Niwa F, Kitamura S, Endo H, Ono, M, Kimura Y, Hirano S, Mimuro M, Ichise M, Sahara N, Zhang MR, Suhara T, Higuchi M.  (脳機能画像診断開発部) 
Tau imaging detects distinctive distribution of tau pathology in ALS/PDC on the Kii Peninsula. Neurology. 2018 in press.

Nakamoto M, Otsuka R, Nishita Y, Tange C, Tomida M, Kato Y, Imai T, Sakai T, Ando F, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Soy food and isoflavone intake reduces the risk of cognitive impairment in elderly Japanese women.
Eur J Clin Nutr, 72: 1458-1462, 2018.

Yuki A, Otsuka R, Tange C, Nishita Y, Tomida M, Ando F, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Polypharmacy is associated with frailty in Japanese community-dwelling older adults.
Geriatr Gerontol Int, 18: 1497-1500, 2018.

Uchida Y, Nishita Y, Kato T, Iwata K, Sugiura S, Suzuki H, Sone M, Tange C, Otsuka R, Ando F, Shimokata H, Nakamura A (NILS-LSA活用研究室,脳機能画像診断開発部,耳鼻いんこう科部)
Smaller hippocampal volume and degraded peripheral hearing among Japanese community dwellers.
Front Aging Neurosci, 10: 319, 2018.

Hiroyuki Miyasaka, Izumi Kondo, Hitoshi Ohnishi, Toshio Teranishi, Abbas Orand, Shigeru Sonoda (リハビリテーション科部)
Effect of high-frequency mirror therapy for upper extremities after subacute stroke.
Fujita Medical Journal 4, 88-92, 2018

Maeshima S, Osawa A (リハビリテーション科部)
Thalamic Lesion and Aphasia or Neglect.このリンクは別ウィンドウで開きます
Curr Neurol Neurosci Rep 18(39), 2018.

Takahashi K, Kato K, Mizuguchi N, Ushiba  (健康長寿支援ロボットセンター)
J. Precise estimation of human corticospinal excitability associated with the levels of motor imagery-related EEG desynchronization extracted by a locked-in amplifier algorithm.
J Neuroeng Rehabil, 15(1):93. doi: 10.1186/s12984-018-0440-5, (* equal contribution), 2018 Nov 1

Iida M, Matsuno Y, Watanabe A, Maruyama M, Kameyama A, Yamakoshi K(老化機構研究部, 共同利用推進室)
A sialo-oligosaccharide-rich mucin-like molecule specifically detected in the submandibular glands of aged mice
Archives of Oral Biology, 97, 52-58, 2018

Morita Y, Jounai K, Sakamoto A, Tomita Y, Sugihara Y, Suzuki H, Ohshio K, Otake M, Fujiwara D, Kanauchi O, Maruyama M (老化機構研究部)
Long-term intake of Lactobacillus paracasei KW3110 prevents age-related chronic inflammation and retinal cell loss in physiologically aged mice.
Aging (2018) 10(10)2723-2740

Takeuchi S, Ueda N, Suzuki K, Shimozawa N, Yasutomi Y, Kimura N. (アルツハイマー病研究部)
Elevated membrane cholesterol disrupts lysosomal degradation to induce Aβ accumulation: the potential mechanism underlying augmentation of Aβ pathology by type 2 diabetes mellitus. Am J Pathol In Press

総説, その他

Saji N, Sakurai T, Ito K, Tomimoto H, Kitagawa K, Miwa K, Tanaka Y, Kozaki K, Kario K, Eto M, Suzuki K, Shimizu A, Niida S, Hirakawa A, Toba K, on behalf of the Strawberry study investigators. (もの忘れセンター、治験・臨床研究推進センター、メディカルゲノムセンター、循環器内科部)
Protective effects of oral anticoagulants on cerebrovascular diseases and cognitive impairment in patients with atrial fibrillation: protocol of a multicenter, prospective, observational, longitudinal cohort study (Strawberry study). BMJ Open. inpress.

Kimura N, Yanagisawa K. (アルツハイマー病研究部, 研究所長室)
Traffic Jam Hypothesis: Relationship Between Endocytic Dysfunction and Alzheimer’s Disease.
Neurochem Int, 2018 Oct;119:35-41. doi: 10.1016/j.neuint.2017.07.002. Epub 2017 Jul 8.

辻大士、宮國康弘 (老年学評価研究部)
今こそ地域診断~介護予防編~:地域マネジメント支援システム等を用いた地域診断の進め方
地域医療振興協会「月刊地域医学」、32(10):42-49、2018年10月発行

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
栄養によるフレイル予防(2)たんぱく質とプラスαの栄養摂取,はじめよう!フレイル予防.
健康づくり10月号,486:17,2018.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
健康寿命をのばすための食習慣~年齢や体質に応じた新たな考え方~,健康寿命をのばす.
季刊栄養教諭,53:26-31,2018.

杉浦彩子,内田育恵 (耳鼻いんこう科部,NILS-LSA活用研究室)
難聴,認知症トータルケア.
日医雑誌,147:S63-S64,2018.

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
栄養と認知症予防,認知症トータルケア.
日医雑誌,147:S291-S292,2018.

下方浩史,安藤富士子 (NILS-LSA活用研究室)
食事ガイドライン第7回:膵炎診療ガイドライン.
食と医療,7:107-111,2018.

山田小桜里, 伊藤直樹, 大沢愛子 (リハビリテーション科部, 看護部)
転倒リスクの評価とアプローチ-転倒リスクの高い高齢者の「できるADL」,「しているADL」の乖離を埋めるための取り組み.
総合リハビリテーション, 第46巻10号, 947-955, 2018

近藤和泉,鈴村彰太,大沢愛子 (リハビリテーション科部)
認知症に対するリハビリテーション医療-進行度に応じた対応とITの導入-.
日本リハビリテーション医学 55, 767-772, 2018

Yamada M, Kimura Y, Ishiyama D, Nishio N, Otobe Y, Tanaka T, Ohji S, Koyama S, Sato A, Suzuki M, Ogawa H, Ichikawa T, Ito D, Arai H. (老年学・社会科学研究センター)
Phase angle is a useful indicator for muscle function in older adults.
J Nutr Health Aging, in press.

Yamada M, Arai H. (老年学・社会科学研究センター)
Social frailty predicts incident disability and mortality among community-dwelling Japanese older adults J Am Med Dir Assoc in press

書物等

佐治直樹 (もの忘れセンター).
認知症トータルケア VII章.神経画像検査、血液検査、髄液検査 X線CT検査.
p198-199.メジカルビュー社、2018.

佐治直樹 (もの忘れセンター).
Information Up-to-Date. 大動脈弾性は冠動脈疾患の診断と重症度の予測能を改善する. 血圧.
25(10) p6-7、先端医学社、2018.

近藤克則 (老年学評価研究部)
長生きできる町,角川新書,2018年10月6日

近藤克則 (老年学評価研究部)
研究の育て方:ゴールとプロセスの「見える化」,医学書院,2018年10月22日

講演等

学会・研究会等発表

佐治直樹 (もの忘れセンター).
認知症検査と対応力  -患者を取り巻く環境と接遇意識-.
第26回国立病院臨床検査技師協会東海北陸支部学会. 2018年10月6日.名古屋.

佐治直樹新飯田俊平、室谷健太、久田貴義、杉本大貴木村藍鳥羽研二櫻井孝 (もの忘れセンター、メディカルゲノムセンター).
腸内フローラは認知症の独立した関連因子でオッズ比も高い.
第37回日本認知症学会学術集会 2018年10月12日.札幌.

Saji N, Sakurai T, Ito K, Tomimoto H, Kitagawa K, Miwa K, Tanaka Y, Kozaki K, Kario K, Eto M, Suzuki K, Shimizu A, Niida S, Hirakawa A, Toba K, on behalf of the Strawberry study investigators. (もの忘れセンター、治験・臨床研究推進センター、メディカルゲノムセンター、循環器内科部).
PROTECTIVE EFFECTS OF ORAL ANTICOAGULANTS ON CEREBROVASCULAR DISEASES AND COGNITIVE IMPAIRMENT IN PATIENTS WITH ATRIAL FIBRILLATION: PROTOCOL FOR A MULTICENTER, PROSPECTIVE, OBSERVATIONAL, LONGITUDINAL STUDY. The 11th World Stroke Congress 2018年10月18日Montreal.

近藤克則 (老年学評価研究部)
シンポジウム32「震災後の自殺・メンタルヘルス対策~研究成果から具体的な対策へ~」座長
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

近藤克則 (老年学評価研究部)
パネルディスカッション1:市民とともに広げる転倒予防~地域包括ケアシステムとソーシャルキャピタル~「健康格差社会と転倒予防」
日本転倒予防学会第5回学術集会,2018年10月6日~7日,静岡県浜松市

近藤克則 (老年学評価研究部)
特別講演「健康の社会的要因と農村医学-JAGESプロジェクトからの示唆」
第67回日本農村医学会学術総会,2018年10月10日~12日,東京都江東区

近藤克則,尾島俊之,相田潤,近藤尚己,斉藤雅茂 (老年学評価研究部)
シンポジウム14「参加型研究の最新動向:現場に即役立つエビデンスづくりにむけて」日本老年学的評価研究(JAGES)の概要と7つの重要要素
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

長谷田真帆,近藤尚己,高木大資,近藤克則 (老年学評価研究部)
シンポジウム14「参加型研究の最新動向:現場に即役立つエビデンスづくりにむけて」データ活用と組織連携における市町村―研究者協働の効果:JAGES準実験研究
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

芦田登代,近藤克則 (老年学評価研究部)
被災地における健康と現在バイアスに関する分析
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

りんりん,辻大士,長嶺由衣子,宮國康弘,近藤克則 (老年学評価研究部)
高齢者の趣味の数・種類と認知症リスクとの関連:JAGES6年間縦断研究
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

長嶺由衣子,相田潤,辻大士,近藤克則 (老年学評価研究部)
被災による高齢者の総死亡への中長期影響:JAGES20106年間追跡データより
第77回日本公衆衛生学会総会2018年10月24日~26日,福島県郡山市

高杉友,辻大士,長嶺由衣子,宮國康弘,近藤克則 (老年学評価研究部)
社会経済的状況と認知症リスクの関連:JAGES縦断コホート研究
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

高木大資,近藤尚己,辻大士,近藤克則 (老年学評価研究部)
近隣の公園・スポーツ施設数と要支援以上認定の関連:空間情報を用いた生存時間解析
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

井手一茂,鄭丞媛,宮國康弘,近藤克則 (老年社会科学研究部,老年学評価研究部)
地域レベルの趣味の会参加割合と1~3年後の介護サービス受給率の関連:地域相関研究
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

佐々木由理,相田潤,辻大士,宮國康弘,長嶺由衣子,小山史穂子,谷友香子,斎藤民,近藤克則 (老年学評価研究部,老年社会科学研究部)
地域のつながりとうつからの回復 日本老年学的評価研究(JAGES)3時点縦断分析
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

長谷田真帆,近藤尚己,高木大資,近藤克則 (老年学評価研究部)
地域活動参加の所得階層間格差への地域エンパワメント支援の効果:JAGES介入研究
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

上野貴之,長嶺由衣子,辻大士,宮國康弘,近藤克則 (老年学評価研究部)
個人レベルのソーシャルキャピタル指標と健診異常値―JAGES2016横断データの多変量解析
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

星真奈実,相田潤,小山史穂子,山本貴文,池田登顕,草間太郎,川村桜,小坂健,山本龍生,尾島俊之,近藤克則 (老年学評価研究部)
緑茶と現在歯数との関連はソーシャルネットワークによって異なるのか
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

川村桜,相田潤,草間太郎,小山史穂子,山本貴文,池田登顕,星真奈実,山本龍生,近藤克則,小坂健 (老年学評価研究部)
歯科医院受診の地域差の決定要因の研究
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

齋藤孔良,菖蒲川由郷,太田亜里美,田代敦志,齋藤あや,近藤克則 (老年学評価研究部)
家族構成および相談先とインフルエンザワクチン接種の関連~JAGES2016より~
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

児玉知子,岡田栄作,尾島俊之,近藤克則 (老年学評価研究部)
地域高齢者における健康と社会参加活動に関連する要因について-JAGES プロジェクト-
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

平井寛,近藤克則 (老年学評価研究部)
不便な買い物環境への暴露期間と高齢者の食物摂取・健康喪失による脱落の関連の検討
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

竹田徳則,林尊弘,平井寛,加藤清人,村田千代栄,近藤克則 (老年社会科学研究部,老年学評価研究部)
通いの場2時点参加有無別社会参加状況の変化―JAGES2013-2016パネルデータ分析―
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

加藤清人,竹田徳則,林尊弘,平井寛,鄭丞媛,近藤克則 (老年社会科学研究部,老年学評価研究部)
通いの場参加者のフレイル割合と参加年数別の運動開始の有無との関連―JAGES project―
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

河田紋華,岡田栄作,尾島俊之,近藤克則 (老年学評価研究部)
地域在住一般高齢者の緑茶を飲む習慣と抑うつの関連
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

西垣美穂,花里真道,古賀千絵,鈴木規道,近藤克則 (老年学評価研究部)
高齢者の運動機能の低下・うつと地域の街区公園の関連:JAGES2016横断研究
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

林尊弘,辻大士,金森悟,近藤克則 (老年学評価研究部)
運動は1人よりもグループで行う方が転倒不安感は低下するのか?:JAGES縦断データ
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

藤原聡子,辻大士,近藤克則 (老年学評価研究部)
高齢者における地域のスポーツグループ参加割合とIADL低下との関連:JAGES縦断研究
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

辻大士,高木大資,大野孝司,近藤尚己,近藤克則 (老年学評価研究部)
パーソナル・ヘルス・レコードを利活用した通いの場の介護予防効果:2年間の縦断研究
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

尾島俊之,堀井聡子,横山由香里,相田潤,平井寛,斉藤雅茂,近藤克則 (老年学評価研究部)
認知症サポーター養成講座と高齢者の社会的包摂の関連
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

横山芽衣子,辻大士,近藤克則 (老年学評価研究部)
通いの場参加割合と要介護リスクのJAGES地域相関研究:可住地人口密度別の検証
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

村田千代栄,竹田徳則,斎藤民,平井寛,加藤清人,近藤克則 (老年社会科学研究部、老年学評価研究部)
「通いの場」はソーシャル・キャピタル醸成の場となるか?
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

中村恒穂,辻大士,近藤克則 (老年学評価研究部)
平均寿命と自殺率に関連する社会的要因 ソーシャルキャピタルとの関連について
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

亀田義人,近藤克則,長嶺由衣子,辻大士,宮國康弘,りんりん (老年学評価研究部)
高齢期の運動の行動変容ステージと健康の社会的決定要因の関係の重回帰分析JAGES2016
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

石川鎮清,木村哲也,中村好一,近藤克則,尾島俊之,菅原琢磨,橋本英樹 (老年学評価研究部)
医療経済学系研究人材を取り巻く環境と課題
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月24日~26日,福島県郡山市

井手一茂,鄭丞媛,宮國康弘,近藤克則 (老年社会科学研究部、老年学評価研究部)
市町村レベルの社会参加活動割合と要介護リスク者割合の関連:エコロジカル分析
リハビリテーション・ケア合同研究大会米子2018,2018年10月3日~4日,鳥取県米子市

Ishihara M, Saito T, Sakurai T, Shimada H, Arai H (老年社会科学研究部、物忘れセンター、予防老年学研究部、老年学・社会科学研究センター)
Effect of Using Photo Collage Expressive Art Program on Depressive Mood in Healthy Elderly
The 4th International Expressive Arts Therapy and Coaching Conference,12-14 October 2018, Zagreb(Croatia)

島田裕之. (予防老年学研究部)
ワークショップ3 転倒予防介入研究からの知見.
日本転倒予防学会第5回学術集会, 浜松市, 2018年10月7日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
シンポジウム9 認知症の危険因子と防御因子を考える, 生活習慣からみた認知症の危険因子と防御因子.
第37回日本認知症学会学術集会, 札幌市, 2018年10月12日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
ランチョンセミナー1 運動と脳の健康:認知症予防最前線.
第5回日本予防理学療法学会学術大会, 北九州市, 2018年10月20日.

三栖翔吾, 浅井剛, 土井剛彦, 澤龍一, 村田峻輔, 斎藤貴, 杉本大貴, 山田実, 小野玲. (予防老年学研究部)
地域在住高齢者における歩行機能評価のための加速度波形由来の指標を用いた多面的歩行スコアの開発.
第5回日本予防理学療法学会学術大会, 北九州市, 2018年10月20日, 口述発表.

牧野圭太郎, 土井剛彦, 堤本広大, 中窪翔, 牧迫飛雄馬, 島田裕之. (予防老年学研究部)
地域高齢者における身体的フレイルが 4 年後の転倒および転倒恐怖感に及ぼす影響.
第5回日本予防理学療法学会学術大会, 北九州市, 2018年10月20日, 口述発表.

村田峻輔, 中窪翔, 伊佐常紀, 坪井大和, 奥村真帆, 松田直佳, 小野玲. (予防老年学研究部)
地域在住高齢者における運動器慢性痛の重症度が遂行機能低下へ与える影響:1-year preliminary cohort study.
第5回日本予防理学療法学会学術大会, 北九州市, 2018年10月20日, 口述発表.

吉元勇輝, 日比一晴, 小川佳太, 平井達也, 土井剛彦, 舟木浩平, 千鳥司浩. (予防老年学研究部)
3ヶ月間の転倒予防教室における身体機能変化 -歩行周期時間変動を中心に-.
第5回日本予防理学療法学会学術大会, 北九州市, 2018年10月20日, ポスター発表.

中窪翔, 土井剛彦, 牧迫飛雄馬, 堤本広大, 牧野圭太郎, 島田裕之. (予防老年学研究部)
地域高齢者における睡眠状況と社会的フレイルの関連性の検討.
第5回日本予防理学療法学会学術大会, 北九州市, 2018年10月21日, 口述発表.

土井剛彦, 堤本広大, 中窪翔, 牧野圭太郎, 牧迫飛雄馬, 島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症の発症と関連する歩行指標の検討.
第5回日本予防理学療法学会学術大会, 北九州市, 2018年10月21日, 口述発表.

中村昭範、金子直樹、加藤隆司、石井賢二、石井一成、新畑豊、岩本慎一、伊藤健吾、田中耕一、柳澤勝彦(脳機能画像診断開発部、神経内科部、研究所長)
脳内アミロイドβ集積を反映する血液バイオマーカー:多施設共同研究による精度の検討
第37回日本認知症学会学術集会、2018年10月13日、札幌

中島和敬加藤隆司西田裕紀子岩田香織文堂昌彦佐治直樹、白川誠士、伊藤健吾中村昭範、MULNID Study Group(脳機能画像診断開発部、NILS-LSA活用研究室、もの忘れ外来部)
PiB-PETの皮質平均集積度の縦段的変化に関する検討
第37回日本認知症学会学術集会、2018年10月13日、札幌

岩田香織、加藤隆司、中島和敬、櫻井孝、武田章敬、服部英幸、鷲見幸彦、伊藤健吾、中村昭範、MULNID Study Group(脳機能画像診断開発部、もの忘れ外来部、神経内科部、精神科部、副院長)
AD continuum におけるTHK5351の集積と脳萎縮との関連検討
第37回日本認知症学会学術集会、2018年10月13日、札幌

竹中章倫、岩田香織、加藤隆司、新畑豊、倉坪和泉、本田愛、遠藤英俊、伊藤健吾、中村昭範、MULNID Study Group(放射線診療部、神経内科部、治験・臨床研究推進センター、老年内科部)
AD continuum におけるTHK5351の集積とアミロイド集積との関連の検討
第37回日本認知症学会学術集会、2018年10月13日、札幌

篠原充 (分子基盤研究部)
APOE2 promotes longevity: a clinical and preclinical assessment
第37回日本認知症学会学術集会 ポスター発表,札幌市,平成30年10月12日

福森亮雄 (分子基盤研究部)
γセクレターゼのエクソサイトでの認識機構
第37回日本認知症学会学術集会 ポスター発表,札幌市,平成30年10月12日

寺西正明,杉浦彩子中田隆文内田育恵,曾根三千彦 (耳鼻いんこう科部,NILS-LSA活用研究室)
中高年者の耳鳴における遺伝子多型の検討.
第63回日本聴覚医学会総会・学術講演会,2018年10月18日,神戸市.

小川高生内田育恵杉浦彩子,植田広海 (NILS-LSA活用研究室,耳鼻いんこう科部)
地域住民における高次生活機能と聴力の関連.
第63回日本聴覚医学会総会・学術講演会,2018年10月19日,神戸市.

Kinoshita K, Otsuka R, Takada M, Yasui M, Nishita Y, Tange C, Tomida M, Shimokata H, Imaizumi A, Arai H (NILS-LSA活用研究室,老年学・社会科学センター)
Association Between Intake of Amino Acids and Logical Memory in Community Dwellers in Japan.
4th Asian Conference For Frailty and Sarcopenia, Oct 20-21st, 2018, Dalian, China.

Shimokata H, Otsuka R, Ando F (NILS-LSA活用研究室)
Longitudinal association of serum and dietary omega-3 polyunsaturated fatty acid with muscle mass and strength in a community-living population.
4th Asian Conference For Frailty and Sarcopenia, Oct 20-21st, 2018, Dalian, China.

安藤富士子,丹下智香子,西田裕紀子,富田真紀子,大塚礼,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
青年期から中高齢期にかけての体重増加はフレイルリスクに影響するか.
第25回日本未病システム学会学術総会,2018年10月28日,東京都.

中部貴央,佐々木典子,荒井由美子,今中雄一 (長寿政策科学研究部)
認知症のケアにおける介護離職・介護休業と抑うつ度との関連.
第77回日本公衆衛生学会総会,2018年10月25日,郡山市.

近藤和泉 (リハビリテーション科部)
高齢者の転倒リスク管理について-見守りシステム、ロボットを用いた転倒予防の成果-.
日本転倒予防学会第5回学術集会 シンポジウム2 医療と工学の連携による転倒予防, 2018年10月5日, 浜松市, 静岡県

近藤和泉 (リハビリテーション科部)
生活支援ロボットの現状と開発の方向性―認知症に対する医療・ケアの観点から―.
第45回国際福祉機器展 H.C.R.2018 富士ソフト株式会社 Palroブース, 2018年10月11日,東京都

近藤和泉 (リハビリテーション科部)
回想機能を持った傾聴ロボットの開発と実証.
第37回日本認知症学会学術集会, 2018年10月13日, 札幌市

近藤和泉 (リハビリテーション科部)
脳性麻痺という疾患の理解.
平成30年度 日本理学療法士協会 認定必須研修会(発達障害), 2018年10月28日, 東京

大沢愛子, 前島伸一郎, 近藤和泉 (リハビリテーション科部)
認知症に対する医療と介護におけるリハビリテーション.
第37回日本認知症学会学術集会, 2018年10月12日-14日, 札幌市

村松隆二郎, 大沢愛子, 植田郁恵, 神谷正樹, 清野和代, 宇佐見和也, 田口大輔, 相本啓太, 近藤和泉, 荒井秀典 (リハビリテーション科部, 病院長)
認知機能が低下した人の刺繍作業における誤りの特徴と適切な援助方法の検討(第二報).
第37回日本認知症学会学術集会, 2018年10月12日-14日, 札幌市

太田隆二, 松井康素, 原田敦, 近藤和泉, 谷本正智, 荒井秀典, 飯塚祐美子, 佐竹昭介, 大藪美和, 浅井祐介, 川端亜耶, 千田一嘉, 平野裕滋, 飯田浩貴, 渡邉剛 (リハビリテーション科部, 老年内科部, 整形外科部)
ロコモ25と転倒リスクの関連について.
日本転倒予防学会第5回学術集会, 2018年10月7日, 浜松市

橋本駿, 平敷安希博, 谷奥俊也, 西崎成紀, 小原伊都子, 相本啓太, 川村皓生, 植田郁恵, 伊藤直樹, 松尾宏, 清水敦也, 近藤和泉 (リハビリテーション科部,循環器内科部)
高齢心不全患者の生活活動に関連する因子の検討.
第22回日本心不全学会, 2018年10月13日, 東京都

橋本駿, 平敷安希博, 谷奥俊也, 西崎成紀, 小原伊都子, 川村皓生, 植田郁恵, 伊藤直樹, 松尾宏, 川島一博, 清水敦也, 近藤和泉 (リハビリテーション科部,循環器内科部)
TAVI施行後に心不全増悪を繰り返した超高齢フレイル患者に対し心臓リハビリテーションを施行した1例.
第4回日本心臓リハビリテーション学会学術集会東海地方会, 2018年10月28日, 岐阜県

谷奥俊也, 西崎成紀, 橋本駿, 小原伊都子, 植田郁恵, 川村皓生, 伊藤直樹, 松尾宏, 近藤和泉, 平敷安希博, 川島一博, 清水敦也 (リハビリテーション科部,循環器内科部)
化学療法施行後の心不全増悪予防を目的に外来での心臓リハビリテーションを継続した1例.
第4回日本心臓リハビリテーション学会学術集会東海地方会, 2018年10月28日, 岐阜県

村松隆二郎, 大沢愛子, 植田郁恵, 神谷正樹, 宇佐見和也, 田口大輔, 清野和代, 相本啓太, 近藤和泉, 荒井秀典 (リハビリテーション科部,病院長)
認知症の人の刺繍作業における誤りの特徴と適切な援助に関する検討
第37回日本認知症学術集会,2018年10月12日,札幌市

清水笑子, 伊藤恵里奈, 杉浦彩子, 内田育恵, 中田隆文, 吉原杏奈, 近藤和泉 (リハビリテーション科部,耳鼻いんこう科部)
補聴器外来受診高齢者におけるフレイルの実態.
第63回日本聴覚医学会総会・学術講演会, 2018年10月19日, 神戸市

Arai.H(老年学・社会科学研究センター)
Social Frailty predicts incident disability and mortality among community-dwelling Japanese older adults.
The 11th National Conference on the Prevention and Management of Common Diseases in the Elderly & The 4th Asian Conference for Frailty and Sarcopenia. Oct.21 2018 Dalian

荒井秀典(老年学・社会科学研究センター)
サルコペニアの概念、アウトカム、診断
第20回日本骨粗鬆症学会 平成30年10月26日~10月28日 長崎

久納俊祐, 島田和之, 疋田智也, 青木智広, 坂本明彦, 加藤規利, 早川文彦, 小根山千歳, 清井仁 (老化機構研究部)
腫瘍関連線維芽細胞より分泌されるエクソソームは抗アポトーシス作用を介してゲムシタビン耐性をもたらす
第80回日本血液学会学術集会, 2018年10月12日, 大阪市

久納俊祐, 島田和之, 疋田智也, 坂本明彦, 小根山千歳, 清井仁 (老化機構研究部)
腫瘍微小環境由来エクソソームによるリンパ腫細胞の生存および薬剤耐性化
第77回日本癌学会学術総会, 2018年9月28日, 大阪市

Kawaguchi K, Kim Sang-Eun, Sugiyama D, Maruyama M (老化機構研究部)
Age-associated alterations in murine skin via ROS/SASP axis with mitochondrial DNA deletions
Mechanisms of Aging, Oct 2, 2018, Cold Spring Harbor, NY

Kim Sang-Eun, Kawaguchi K, Kamei Y, Matsui N, Maruyama M (老化機構研究部)
Remissive effect of dietary soybean isoflavones on DSS-induced murine colitis model and validation of its impact on intestinal microbiome
Mechanisms of Aging, Oct 2, 2018, Cold Spring Harbor, NY

Mikawa R, Sugimoto M (老化機構研究部)
The therapeutic and preventive potential of targeting senescent cells in pulmonary emphysema
Mechanisms of Aging, Oct 2, 2018, Cold Spring Harbor, NY

木村展之, 竹内真吾, 上田直也, 鈴木恵子, 下澤律浩, 保富康弘.(アルツハイマー病研究部)
2型糖尿病によるA病理増悪化機構:膜コレステロール増加とエンドサイトーシス障害
第37回日本認知症学会 2018年10月12日, 北海道札幌市

飯島浩一, 権秀明, 榊原泰史, 関谷倫子.(アルツハイマー病研究部)
加齢性海馬硬化症モデルショウジョウバエの解析
第37回日本認知症学会 2018年10月12日, 北海道札幌市

渡邉淳 (共同利用推進室)
血漿中の変性Apolipoprotein Eの解析.
第37回日本認知症学会学術集会, 2018年10月12日,札幌【2018年11月27日更新】

講演など(教育、普及、広報活動)

近藤克則 (老年学評価研究部)
「健康格差の社会的処方箋~健康に生活できるまちづくり~」
宇都宮市議会市民連合講演会,2018年10月5日,栃木県宇都宮市

近藤克則 (老年学評価研究部)
「社会参加で健康なまちづくり」,健和会病院講演会,2018年10月27日,長野県飯田市

近藤克則 (老年学評価研究部)
「社会参加と健康なまちづくり」
公益財団法人長寿科学振興財団主催 長寿たすけ愛講演会2018in飯田,2018年10月28日,長野県飯田市

近藤克則 (老年学評価研究部)
「ソーシャル・キャピタルを活かした医療とまちづくり」
MOA都議会議員の会主催「第二回統合医療勉強会」,2018年10月30日,東京都新宿区

近藤克則 (老年学評価研究部)
「データヘルス時代の健康なまちづくり」
神奈川県国民健康保険運営協議会等協議研修,2018年10月30日,神奈川県横浜市

宮國康弘 (老年学評価研究部)
老人クラブ組織・活動の発展に向けて ~地域づくりと健康寿命の延伸~
平成30年度老人クラブリーダー研修会、平成30年10月1日、島根県松江市
平成30年度老人クラブリーダー研修会、平成30年10月2日、島根県浜田町

宮國康弘 (老年学評価研究部)
人々のつながりと健康長寿
講演と居場所づくり交流会,2018年10月27日,長野県佐久市

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防運動についての理論と実践(理論編).
認知症予防運動指導者養成研修会, 高松市, 2018年10月5日.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
認知機能低下を予防するための身体活動とその効果.
平成30年度健康運動指導士更新必修講座, 松山市, 2018年10月6日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
介護予防の実際.
認定理学療法士 必須研修会「介護予防②」, 札幌市, 2018年10月14日.

牧野圭太郎.(予防老年学研究部)
認知症予防の理論と実践.
手稲区通所サービス連絡会 第34回定期研修会, 札幌市, 2018年10月18日.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
認知症予防運動についての理論と実践(実践編).
認知症予防運動指導者養成研修会, 宇多津町(香川県), 2018年10月26日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
iPadによるMCIの早期発見とコグニサイズの奨め.
産経新聞社100歳時代プロジェクト かかりつけ医による軽度認知障害(MCI)の早期発見と認知症の予防, 東京都, 2018年10月28日.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
認知機能低下予防のための身体活動とその効果(コグニサイズ).
「栄養管理」研修会, 静岡市, 2018年10月28日.

中窪翔. (予防老年学研究部)
認知症予防で若返り 認知症予防体操 コグニサイズ.
豊明市 公的保険外サービス協定事業, 豊明市, 2018年10月31日.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
生きがいを持つことが健康長寿につながる.
天白区民健康づくりセミナー,2018年10月5日,名古屋市.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
認知症高齢者の自動車運転を考える:認知症高齢者の安全と安心のために.
獨協医科大学認知症疾患医療センター講演会,2018年10月13日,栃木県下都賀郡.

川村皓生 (リハビリテーション科部)
サルコペニア・フレイルについて.
三重県言語聴覚士会, 2018年10月14日, 津市

丸山光生 (老化機構研究部)
老化研究の最前線 (老化と免疫)
中部大学 老化基礎医科学 第9・10時限、2018年10月25日、春日井市

センター内活動(セミナー等)

 

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2018年 [平成30年] 10月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター