文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2018年 [平成30年] 9月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

マンスリー­­­­レポ­ー­ト­(­­研­究業­­績)­­­ 2­0­­18­年­­­[平成30­­­年­]9月

新聞・雑誌等

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
日本経済新聞 2018年9月19日(水),迫真 認知症と生きる3:運転.

島田裕之. (予防老年学研究部)
公明新聞, 2018年9月2日, 運動と外出で認知症防ごう.

島田裕之. (予防老年学研究部)
産経新聞, 2018年9月12日, 動いて笑って認知症予防.

島田裕之. (予防老年学研究部)
年金時代 秋 臨時増刊号, ステップと計算問題を組み合わせて, 東京都, 2018年9月15日. PP14-15

島田裕之. (予防老年学研究部)
読売新聞, 2018年9月21日, 認知症の予防 早めが肝心.

NILS-LSA活用研究室 (NILS-LSA活用研究室)
静岡新聞 ,平成30年9月14日夕刊,「健康長寿へフレイル予防」

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
静岡新聞 ,平成30年9月24日朝刊,「聞いてなるほど!いきいきライフ『健康百歳!~夢を語り、夢を目指して生きる~』」

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
SBSラジオ SBS静岡健康増進センター公開講座2018,平成30年9月30日,「健康百歳!~夢を語り、夢を目指して生きる~」

論文発表等

原著論文

N.Ogama., T.Sakurai., S.Kawashima., T.Tanikawa., H.Tokuda., S.Satake., H.Miura., A.Shimizu.., M.Kokubo, S.Niida., K.Toba., H.Umegaki., M.Kuzuya.; Postprandial hyperglycemia is associated with white matter hyperintensity and brain atrophy in older patients with Tyoe 2 diabetes mellitus.; Frontiers in Aging Neuroscience. 2018 Sep.:273(10):1-9

Morita Y, Jonai K, Sakamoto A, Tomita Y, Sugihara Y, Suzuki H, Ohshio K, Otake M, Fujiwara D, Kanauchi O, Maruyama M(老化機構研究部)
Long-term intake of Lactobacillus paracasei KW3110 prevents
age-related chronic inflammation and retinal cell loss in physiologically aged mice Aging (in press)

Shimada H, Lee S, Akishita M, Kozaki K, Iijima K, Nagai K, Ishii S, Tanaka M, Koshiba H, Tanaka T, Toba K. (予防老年学研究部, 理事長)
Effects of golf training on cognition in older adults: a randomised controlled trial.
J Epidemiol Community Health, 72(10):944-95, 2018 Oct.

Nakakubo S, Doi T, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Kurita S, Kim M, Suzuki T, Shimada H. (予防老年学研究部 理事長特任補佐室)
Association of walk ratio during normal gait speed and fall in community-dwelling elderly people.
Gait and Posture, 66:151-154, 2018 Oct.

近藤和泉, 鈴村彰太, 大沢愛子 (リハビリテーション科部)
認知症に対するリハビリテーション医療‐進行度に応じた対応とITの導入‐.
Jpn J Rehabil Med 55, 767-772, 2018

総説, その他

近藤克則(老年学評価研究部)
堀田力が聞く生きざまストーリー「助け合いでいきいきと長生き」(対談形式)
公益財団法人さわやか福祉財団「さあ、言おう」,2018年9月号

島田裕之. (予防老年学研究部)
-新薬開発まで待てない認知症-Vol.2運動と認知症予防.
Medical Science Digest, 44(10)2-4(540-542), 2018年.

幸篤武,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
フレイル・サルコペニアの疫学,老化・フレイルとサルコペニア.
Clin Calcium,28:1183-1189,2018.

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
第31回名古屋骨を守る会講演会,レポート:骨粗鬆症財団の啓発活動.
Osteoporos Jpn Plus,3:64,2018.

Arai H.(老年学・社会科学研究センター)
 Sarcopenia diagnostic criteria update by EWGSOP: What has been changed? Eur Geriatr Med in press

Toyoshima, Araki A, Tamura Y, Iritani O, Ogawa S, Kozaki K, Ebihara S, Hanyu H, Arai H, Kuzuya M, Iijima K, Sakurai T, Suzuki T, Toba K10, Arai H, Akishita M, Rakugi H, Yokote K, Ito H, Awata S.(老年学・社会科学研究センター)
Development of the Dementia Assessment Sheet for Community-based Integrated Care System 8-items, a short version of the Dementia Assessment Sheet for Community-based Integrated Care System 21-items, for the assessment of cognitive and daily functions Geriatr Gerontol Int in press

Kitajima M, Miyata C, Tamura K, Kinoshita A, Arai H.(老年学・社会科学研究センター)
Job satisfaction in certified nurse specialists and certified nurses in cancer care in Japan Clin. Pract. 15(SII):977-990 2018

Torii M, Hashimoto M, Hanai A, Fujii T, Furu M, Ito H, Uozumi R, Hamaguchi M, Terao C, Yamamoto W, Uda M, Nin K, Morita S, Arai H, Mimori T. (老年学・社会科学研究センター)
Prevalence of and factors associated with sarcopenia in patients with rheumatoid arthritis  Mod Rheumatol in press

書物等

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
「朝はパンだけ」は危険!チーズや野菜を足せば認知機能低下を抑制できると判明.
認知症は自分で防げる!治せる!,壮快編集部,マキノ出版,p68-69,2018.

講演等

学会・研究会等発表

柳澤勝彦(研究所長室)
発症前にアルツハイマー病を捉えることの意味と方法
第19回関西・中部認知症研究会、2018年9月29日、名古屋

Kimura N, Takeuchi S, Ueda N, Suzuki K, Shimozawa N, Yasutomi Y. (アルツハイマー病研究部)
Type 2 diabetes mellitus aggravates endocytic disturbance via elevated membrane cholesterol: mechanism underlying augmentation of age-dependent Aβ pathology. 第61回日本神経化学会, 2018年9月7日, 神戸市

飯島浩一 (アルツハイマー病研究部)
生物学的手法を用いてアルツハイマー病発症機序を読み解く.
第91回日本生化学会大会、シンポジウム1S10—多様性に富むアルツハイマー病発症リスク: 最適化先制医療への最前線—、2018年9月24日、京都市

木村展之、竹内真吾、上田直也、鈴木恵子、下澤律浩、保富康弘 (アルツハイマー病研究部)
生体膜コレステロールの増加はエンドサイトーシス障害を増悪化する:2型糖尿病によるAβ病理増悪化メカニズムの解明. 第91回日本生化学会、2018年9月25日、京都市

里直行 (分子基盤研究部)
糖尿病および加齢による認知症促進機構に着目した次世代の認知症創薬を目指して
第24回創剤フォーラム若手研究会,神戸市,平成30年9月22日

Shinohara M. (分子基盤研究部)
Insights from biochemical analyses of regional distribution of Alzheimer's pathologies.
19th International Congress of Neuropathology (ICN) 2018 TOKYO, September 26, 2018, Tokyo

福森亮雄 (分子基盤研究部)
アルツハイマー病のアミロイドβ蛋白を切り出すγセクレターゼの基質認識機構
第19回関西・中部認知症研究会 一般講演II(座長 徳田先生),名古屋市,平成30年9月29日

Jeong S(老年社会科学研究部)
Factor analysis for the development of evaluation index for quality of home medical care.
Nursing Home Research International Working Group Long-Term Care Research,Sep 13-14,2018,Rome,Italy

杉本昌隆(老化機構研究部)
呼吸器の老化・疾患における細胞老化の役割
第60回歯科基礎医学会学術大会シンポジウム,2018年9月7日,福岡市

Sugimoto M(老化機構研究部)
Cellular senescence in pulmonary aging and disease
第77回日本癌学会学術総会シンポジウム,  2018年9月28日, 大阪市

Hayakawa T, Morimoto R, Kimura Y, Nagasaki M, Nagata M, Maruyama M, Motoyama N. (老化機構研究部)
SIRT1 regulates the expression of p21 during cellular senescence.
Metabolism and Aging, Cell Symposia, Sep 23-25, 2018, Sitges, Spain.

島田裕之. (予防老年学研究部)
シンポジウム1, 運動による認知症予防の可能性.
第8回日本認知症予防学会学術集会, 東京都, 2018年9月22日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
教育講演2, 高齢者の社会参加へ向けた取り組み.
第37回関東甲信越ブロック理学療法士学会, 宇都宮市, 2018年9月29日.

加藤友紀,大塚礼,今井具子,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
地域在住中高年者の骨格筋量の経年変化に影響を及ぼす遺伝子多型と分岐鎖アミノ酸摂取量の交互利用について.
第65回日本栄養改善学会学術総会,2018年9月4日,新潟市.

Zhang S, Otsuka R, Tomata Y, Shimokata H, Tsuji I (NILS-LSA活用研究室)
A cross-sectional study on nutritional characteristics of Japanese diet: National Center for Geriatrics and Gerontology and Tohoku University.
第65回日本栄養改善学会学術総会,2018年9月4日,新潟市.

幸篤武,大塚礼,丹下智香子,西田裕紀子,富田真紀子,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
開眼片足立ち時間とフレイルとの関連:地域住民を対象とした4年間の縦断研究.
第73回日本体力医学会大会,2018年9月7日,福井市.

丹下智香子,西田裕紀子,富田真紀子,中川威,大塚礼,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
成人後期における死に対する態度の変化パターン(2)-死に関する思索性および個人背景要因との関連-.
日本心理学会第82回大会,2018年9月25日,仙台市.

富田真紀子,西田裕紀子,丹下智香子,中川威,大塚礼,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
中高年者のワーク・ファミリー・バランスと主観的健康感の因果関係: 3年間の縦断的検討.
日本心理学会第82回大会,2018年9月26日,仙台市.

阿部良一, 大藪実和, 相本啓太, 横山剛志, 伊藤直樹, 西井久枝, 吉田正貴, 近藤和泉 (リハビリテーション科部,看護部, 泌尿器外科部)
他職種連携による下部尿路機能評価と排尿関連動作への介入によりカテーテル留置が回避された1症例.
第25回日本排尿機能学会, 2018年9月28日, 名古屋市

青山貴文, 阿部良一, 大藪実和, 加藤健治, 相本啓太, 伊藤直樹, 横山剛志, 西井久枝, 吉田正貴, 近藤和泉 (リハビリテーション科部, 看護部, 泌尿器外科部, 健康長寿支援ロボットセンター)
人工知能を用いた転倒転落と排泄の関連性の調査.
第25回日本排尿機能学会, 2018年9月28日, 名古屋市

大藪実和, 阿部良一, 相本啓太, 横山剛志, 伊藤直樹, 西井久枝, 吉田正貴, 近藤和泉 (リハビリテーション科部,看護部,泌尿器外科部)
当センター療法士における下部尿路機能障害に関するアンケート調査の報告-リハスタッフは排尿ケアに関する興味・関心はあるか?
第25回日本排尿機能学会, 2018年9月28日, 名古屋市

鈴木あすか, 阿部良一, 相本啓太, 伊藤直樹, 近藤和泉, 谷川隆久 (リハビリテーション科部, 代謝内科部)
定期的な運動機能評価の実施により運動機能を維持し,フレイル状態を改善した2型糖尿病高齢者の2症例.
第32回糖尿病担当者セミナー, 2018年9月2日, 名古屋市

清野和代, 大沢愛子, 植田郁恵, 神谷正樹, 宇佐見 和也, 田口大輔, 村松隆二郎, 相本啓太, 近藤和泉, 荒井秀典 (リハビリテーション科部,病院長)
認知症の人の認知機能と刺繍作業における誤りの特徴に関する検討
第42回日本神経心理学会, 2018年9月13-14日, 山形市, 山形県

Nakamura A. (招待講演) (脳機能画像診断開発部)
High Performance Plasma Biomarkers for Alzheimer’s Disease.
International Alzheimer’s Disease Conference 2018, September 8, 2018, Hong Kong.

中村昭範.(招待講演) (脳機能画像診断開発部)
アルツハイマー病の脳内アミロイド病変を捉える高精度血液バイオマーカーの開発.
第8回認知症予防学会学術集会,Hot Topics. 2018年9月23日,東京

Ikenuma H, Koyama H, Kajino N, Kimura Y, Ogata A, Abe J, Kawasumi Y, Kato T, Suzuki M, , Ito K.(脳機能画像診断開発部)
Synthesis of 11C-Labeled (R,S)-Isoproterenol and Preclinical PET Study (LBAP 097)
The World Molecular Imaging Congress 2018 (WMIC2018), September 13, 2018, Seattle, USA

荒井秀典(老年学・社会科学研究センター)
フレイル対策からの認知症予防
第51回日本薬剤師会学術大会 平成30年9月23日~9月24日 金沢

荒井秀典(老年学・社会科学研究センター)
サルコぺニア・フレイルのこれまでとこれから
第73回日本体力医学会 平成30年9月7日~9月9日 福井

講演など(教育、普及、広報活動)

佐竹昭介(フレイル研究部)
超高齢社会におけるフレイルの意義と対策
山口県医師会健康スポーツ医学実施研修会 2018.9.1 山口市

佐竹昭介(フレイル研究部)
高齢者総合機能評価(計画書の作成)
老健管理医師総合診療研修会 2018.9.15 名古屋市

柳澤勝彦(研究所長室)
アルツハイマー病の新たな捉え方 -バイオマーカー研究の進展から-
Dementia Webinar-バイオマーカーによる認知症の鑑別診断-、 2018年9月14日、 東京

柳澤勝彦(研究所長室)
認知症 これからの予防・診断・治療
2018 認知症で日本をつなぐシンポジウム、2018年9月16日、東京

柳澤勝彦(研究所長室)
Aβ重合を考える —基礎研究から臨床応用まで—
千里ライフサエンスセミナーM3〜アルツハイマー病研究の最前線、2018年9月19日、大阪

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
認知症高齢者と自動車運転を考える:当事者・家族への支援の観点から.
名古屋市南区北部地域包括ケア推進会議:認知症高齢者と自動車運転,2018年9月1日,名古屋市.

里直行 (分子基盤研究部)
生活習慣病と認知症予防
認知症予防 市民フォーラム,東京都,平成30年9月17日

近藤克則 (老年学評価研究部)
ジェロントロジーからみた老年医学
日本老年医学会第68回関東甲信越地方会及び教育企画,2018年9月8日,東京都文京区

近藤克則 (老年学評価研究部)
記念講演:健康格差社会への処方箋―子ども達と子育て世代を中心に―
第16回全日本民医連小児医療研究発表会,2018年9月16日,福島県福島市

近藤克則 (老年学評価研究部)
人生100年時代の介護予防
介護予防交流フォーラム,2018年9月27日,岡山県岡山市

近藤克則 (老年学評価研究部)
よりよい地域包括ケアシステムとは~個別ケアから地域づくり~
京都民医連中央病院第14回地域医療連携懇話会,2018年9月29日,京都府京都市

宮國康弘 (老年学評価研究部)
老人クラブ組織・活動の発展に向けて~地域づくりと健康寿命の延伸~
平成30年度老人クラブリーダー研修会,平成30年9月13日,島根県隠岐の島町

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防について 脳賦活運動について.
なごや介護予防・認知症予防プログラム事業者研修会, 名古屋市, 2018年9月13日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防と運動:コグニサイズの実演を交えて.
国立長寿医療研究センター 認知症予防市民フォーラム~認知症予防の最前線~, 東京都, 2018年9月17日.

李相侖. (予防老年学研究部)
コグニサイズを体験しよう!.
認知症予防講演会, 牧之原市, 2018年9月22日.

中窪翔. (予防老年学研究部)
始めよう!コグニサイズで認知症予防.
中川区 認知症講演会, 名古屋市, 2018年9月26日.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
健康百歳!~夢を語り、夢を目指して生きる~.
SBS静岡健康増進センター公開講座2018,2018年9月2日,静岡市.

木下かほり (NILS-LSA活用研究室)
フレイルと栄養・健康食品.
神戸薬科大学第25回健康食品講座,2018年9月11日,神戸市.

木下かほり (NILS-LSA活用研究室)
食事で”いきいき健康長寿”!
KURUTOおおぶ 第13回健康講座,2018年9月20日,大府市.

川村皓生 (リハビリテーション科部)
フレイルと温泉療法
日本温泉気候物理医学会温泉療法医会2018年度近畿・中国・四国地区研修会, 2018年9月23日, 綾歌郡宇多津町, 香川県

中村昭範 (脳機能画像診断開発部)
アルツハイマー病を早期に発見するには?
国立長寿医療研究センター認知症予防市民フォーラム 2018年9月17日, 東京

センター内活動(セミナー等)

佐竹昭介(フレイル研究部)
老年症候群(フレイル、サルコペニア、ロコモティブシンドローム)
愛知医科大学看護学部講義 2018.9.25 大府市

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2018年 [平成30年] 9月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター