文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2018年 [平成30年] 4月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

マンスリー­­­­レポ­ー­ト­(­­研­究業­­績)­­­ 2­0­­18­年­­­[平成30­­­年­]4月

新聞・雑誌等

島田裕之. (予防老年学研究部)
ワンランク上を目指す安全運転管理, 運転技能向上プログラムについて, 愛知県, 2018年4月. P18

柳澤勝彦(研究所長室)
ネイチャー・ダイジェスト2018年4月号, 脳のアルツハイマー病編を血液で検出可能に! 15(4): 24-27

中村昭範  (脳機能画像診断開発部)
「バイオバンクの利活用で創出された成果」
NCBNニュースレター 第4巻第2号 平成30年4月30日

論文発表等

原著論文

Watanabe Y, Arai H, Hirano H, Morishita S, Ohara Y, Edahiro A, Murakami M, Shimada H, Kikutani T, Suzuki T.(予防老年学研究部 理事長特任補佐室)
Oral function as an indexing parameter for mild cognitive impairment in older adults. Geriatr Gerontol Int. 18(5):790-798. 2018May

Makino K, Makizako H, Doi T, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Suzuki T, Shimada H. (予防老年学研究部 理事長特任補佐室)
Impact of fear of falling and fall history on disability incidence among older adults: prospective cohort study. Int J Geriatr Psychiatry. 33(4):658-662. 2018 Apr.

Iwasa H, Masui Y, Inagaki H, Yoshida Y, Shimada H, Otsuka R, Kikuchi K, Nonaka K, Yoshida H, Yoshida H, Suzuki T. (予防老年学研究部 理事長特任補佐室)
Assessing competence at a higher level among older adults: development of the Japan Science and Technology Agency Index of Competence (JST-IC). Aging Clin Exp Res. 30(4):383-393. 2018 Apr

Umegaki H, Makino T, Shimada H, Hayashi T, Xian Wu Cheng, Kuzuya M. (予防老年学研究部)
Cognitive Dysfunction in Urban-Community Dwelling Prefrail Older Subjects. J Nutr Health Aging. 22(4):549-554 2018.

Jung S, Okubo Y, Osuka Y, Seino S, Park J, Nho H, Tanaka K. (予防老年学研究部)
Older Korean adults have lower physical function despite longer exercise times compared to their Japanese counterparts: A Japan-Korea comparative study. Geriatr Gerontol Int. 18(4):576-583. 2018 Apr.

Arai H, Yamashita S, Yokote K, Araki E, Suganami H, Ishibashi S.(老年学・社会科学研究センター)
Efficacy and safety of pemafibrate versus fenofibrate in patients with high triglycerides and low HDL cholesterol: A multicenter, placebo-controlled, double-blind, randomized trial. J Atheoscler Thromb. in press

Fougere B, Cesari M, Arai H, Woo J, Merchant RA, Flicker L, Cherubini A, Bauer JM, Vellas B, Morley JE.(老年学・社会科学研究センター)
Involving Primary Care Health Professionals in Geriatric Assessment. J Nutr Health Aging. in press.

Tanisawa K, Hirose N, Arai Y, Shimokata H, Yamada Y, Kawai H, Kojima M, Obuchi S, Hirano H, Suzuki H, Fujiwara Y, Taniguchi Y, Shinkai S, Ihara K, Sugaya M, Higuchi M, Arai T, Mori S, Sawabe M, Sato N, Muramatsu M, Tanaka M (NILS-LSA活用研究室)
Inverse association between height-increasing alleles and extreme longevity in Japanese women.
J Gerontol A Biol Sci Med Sci, 73: 588-595, 2018.

Huei-Ru Lin,Tsuji T,Kondo K,Imanaka Y (老年学評価研究部)
Development of a risk score for the prediction of incident dementia in older adults using a frailty index and health checkup data: The JAGES longitudinal study.
Preventive Medicine (in press)

Saito T, Murata C, Jeong S, Inoue Y, Suzuki T (老年社会科学研究部、理事長特任補佐室)
Prevention of accidental deaths among people with dementia missing in the community in Japan.
Geriatrics & Gerontology International( in press)

総説, その他

進藤由美(企画戦略局)
「『連携』と『協働』を考える;Win-Winの関係による新しい支援の形 特集に当たって」
認知症ケア事例ジャーナル vol.10 (4), 362-357, 2018

木村展之(アルツハイマー病研究部)
糖尿病におけるアミロイド形成の促進 霊長類による検討
臨床から. —シリーズ 糖尿病と認知症—, 医療の広場, 58(4): 4-5, 2018

丹下智香子 (NILS-LSA活用研究室)
書評「医療・介護のための死生学入門」.
老年社会科学,40:81,2018.

下方浩史,安藤富士子 (NILS-LSA活用研究室)
食事ガイドライン第5回:サルコペニア診療ガイドライン.
食と医療,5:104-110,2018.

書物等

土井剛彦. (予防老年学研究部)
Iフレイルを理解する 2フレイルの頻度は?, フレイルのみかた, 荒井秀典(編), 株式会社中外医学社, 東京都, 2018年4月20日. P9-14.

堤本広大. (予防老年学研究部)
Iフレイルを理解する 3フレイルの危険因子・保護因子, フレイルのみかた, 荒井秀典(編), 株式会社中外医学社, 東京都, 2018年4月20日. p15-23.

島田裕之. (予防老年学研究部)
1日5分から始める!コグニサイズ・コグニライフで認知症は自力で防げる!, 株式会社すべる舎, 東京都, 2018年4月24日.

木下かほり (NILS-LSA活用研究室)
フレイル予防のための栄養とは.
フレイルのみかた,荒井秀典編,中外医学社,p62-68,2018.

講演等

学会・研究会等発表

荒井秀典(老年学・社会科学研究センター)
サルコペニア診療ガイドライン
第115回日本内科学会講演会 2018年4月13日~15日 京都

Sakamoto A, Matsui N, Takaoka A, Maruyama M (老化機構研究部)
Natural antibody immunity and immunosenescence
Asian Society for Aging Research Symposium, Apr 19, 2018, Jeju, South Korea

Kim S, Kawaguchi K, Maruyama M (老化機構研究部)
Potential anti-inflammation effect of water-soluble soybean isoflavones on a murine macrophage cell line and DSS-induced murine colitis model
Asian Society for Aging Research Symposium, Apr 19, 2018, Jeju, South Korea

Miyamoto J, Nakatani A, Sutou A, Kamei Y, Maruyama M, Kimura I (老化機構研究部)
Short-chain fatty acid receptors and aging-related energy metabolism regulation
Asian Society for Aging Research Symposium, Apr 19, 2018, Jeju, South Korea

Hiroshi Matsuo, Izumi Kondo, Aiko Osawa (リハビリテーション科部)
A case of lateral medullary infarction complicated with urinary retention after dizziness.
2018 The 7th Korea-Japan NeuroRehabilitation Conference, 1 April, 2018, Incheon, Korea.

Osawa A (リハビリテーション科部)
Rehabilitation for people with dementia and their family to maintain a safe and calm life.
Patient Safety Global Ministerial Summit 2018, 13th April, 2018, Tokyo.

Izumi Kondo, Kenichi Ozaki, Aiko Ohsawa, Hiroshi Matsuo, Satoshi Hirano, Eiichi Saitoh (健康長寿支援ロボットセンター, リハビリテーション科部)
Frailty Subgroup with Early Occurrence of Balance Deficit and Its Responsiveness to Robot Exercise.
2018 The 7th Korea-Japan NeuroRehabilitation Conference, 1 April, 2018, Incheon, Korea.

講演など(教育、普及、広報活動)

土井剛彦. (予防老年学研究部)
地域理学療法学,
神戸大学大学院保健学研究科 非常勤講師, 神戸市, 2018年4月13日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
フレイルの予防と理学療法,
老年期理学療法学の講義, 半田市, 2018年4月27日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防のエンビデンスとその実践,
日本在宅医学会第20回記念大会, 東京, 2018年4月30日.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
「養生訓」に学ぶ!病気にならない生き方.
21クラブ例会,2018年4月20日,名古屋市.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
健康長寿を目指す生き方.
第27回ライオン健康セミナー「健康長寿社会の実現に向けた歯科医療をめざして」,2018年4月22日,大阪市.

近藤克則 (老年学評価研究部)
著書「健康格差社会への処方箋」について
船橋二和病院講演会,2018年4月10日,千葉県舟橋市

近藤克則 (老年学評価研究部)
社会疫学調査の結果を公衆衛生看護活動に活かす
日本福祉大学 地域看護学領域講演,2018年4月20日,愛知県東海市

近藤克則 (老年学評価研究部)
健康格差と歯科
千葉県小児歯科医会,2018年4月22日,千葉県千葉市

センター内活動(セミナー等)

中村昭範  (脳機能画像診断開発部)
「脳内アミロイド病変を捉える高精度血液バイオマーカーの開発」
第91回CAMD報告会 2018年4月12日

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2018年 [平成30年] 4月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター