文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2018年 [平成30年] 1月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

マンスリー­­­­レポ­ー­ト­(­­研­究業­­績)­­­ 2­0­­18­年­­­[平成30­­­年­]1月

新聞・雑誌等

島田裕之. (予防老年学研究部)
月刊自動車管理, 高齢者の運転技能向上プログラムを開発・検証, 東京, 2018年1月1日, p35.

島田裕之. (予防老年学研究部)
臨床栄養1 特集「サルコペニア診療ガイドライン2017」の要点, サルコペニアの一般集団における疫学, 東京, 2018年1月1日, p28-31.

島田裕之. (予防老年学研究部)
産経新聞, 2018年1月1日, 100歳時代プロジェクト 認知症予防 健康長寿のカギ.

島田裕之. (予防老年学研究部)
産経新聞, 2018年1月5日, 100歳時代プロジェクト 認知症対策 早期予防と生きがいカギ.

島田裕之. (予防老年学研究部)
Aging &Healthエイジングアンドヘルス 冬 №84, 高齢者の健康と運動, 東浦町, 2018年1月, p13-15.

島田裕之. (予防老年学研究部)
日本臨牀 増刊号 実施診療のための最新認知症学, 運動習慣による認知症要望, 東京都, 2018年1月20日, p208-213.

島田裕之. (予防老年学研究部)
読売新聞, 2018年1月22日, ひゅーまん愛知 頭と体刺激 老いに勝つ.

柳澤勝彦(研究所長室)
週刊日本医事新報, 2018年1月6日号 炉辺閑話2018「アルツハイマー病の早期診断と早期治療が可能になる日」

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK 総合テレビ:おはよう日本,2018年1月12日(金),高齢者の運転事故:家族はどう防ぐ?

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK ONLINE:NHK NEWS WEB:おはよう日本,2018年1月12日(金),高齢者の運転事故:家族はどう防ぐ?

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK 総合テレビ:週刊ニュース深読み,2018年1月20日(土),週刊ニュース深読み「父さん母さん!いつまで乗るの?高齢ドライバー事故をどう防ぐ」.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK ONLINE:週刊ニュース深読み,2018年1月20日(土),週刊ニュース深読み「父さん母さん!いつまで乗るの?高齢ドライバー事故をどう防ぐ」.

斎藤民 (老年社会科学研究部)
月刊シニアビジネスマーケット. 2018年2月号「社会的つながりの多い高齢者は認知症リスクが半減」

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
テレビ朝日 名医とつながる!たけしの家庭の医学,平成30年1月23日,「“今年大注目の3つの老化ストップ法”SP:足腰を丈夫にする科」

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
東海テレビ スイッチ! 2018年1月18日【2018年8月1日更新】

論文発表等

原著論文

Uemura K, Makizako H, Lee S, Doi T, Lee S, Tsutsumimoto K, Shimada H. (予防老年学研究部)
Behavioral protective factors of increased depressive symptoms in community-dwelling older adults: a prospective cohort study.
International Journal of Geriatric Psychiatry, 33(2):e234-e241, 2018.

Hotta R, Makizako H, Doi T, Tsutsumimoto K, Nakakubo S, Makino K, Suzuki T, Shimada H. (予防老年学研究部 理事長特任補佐室)
Healthy Behaviors and Incidence of Disability in Community-Dwelling Elderly.
American Journal of Health Behavior, 42(1):51-58, 2018.

Makino K, Makizako H, Doi T, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Suzuki T, Shimada H. (予防老年学研究部 理事長特任補佐室)
Fear of falling and gait parameters in older adults with and without fall history. Geriatrics & Gerontology International, 17(12):2455-2459, 2017.

Shimada H, Makizako H, Park H, Doi T, Lee S. (予防老年学研究部)
Validity of the National Center for Geriatrics and Gerontology-Functional Assessment Tool and Mini-Mental State Examination for detecting the incidence of dementia in older Japanese adults.
Geriatrics & Gerontology International, 17(12):2383-2388, 2017.

Makizako H, Shimada H, Doi T, Tsutumimoto K, Yoshida D, Suzuki T. (予防老年学研究部 理事長特任補佐室)
Effects of a community disability prevention program for frail older adults at 48-month follow up.
Geriatrics & Gerontology International, 17(12):2347-2353, 2017.

Doi T, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Makino K, Suzuki T, Shimada H. (予防老年学研究部 理事長特任補佐室)
Association between Insulin-like Growth Factor-1 and Frailty among Older Adults.
The Journal of Nutrition, Health & Aging, 22(1):68-72, 2018.

Tsutsumimoto K, Doi T, Makizako H, Hotta R, Nakakubo S, Makino K, Suzuki T, Shimada H. (予防老年学研究部 理事長特任補佐室)
Association of Social Frailty With Both Cognitive and Physical Deficits Among Older People.
Journal of the American Medical Directors Association, 18(7):603-607, 2017.

Doi T, Shimada H, Makizako H, Tsutsumimoto K, Verghese J, Suzuki T. (予防老年学研究部 理事長特任補佐室)
Motoric Cognitive Risk Syndrome: Association with Incident Dementia and Disability.
Joumal of Alzheimer’s Disease:JAD, 59(1):77-84, 2017.

Misu S, Asai T, Ono R, Sawa R, Tsutsumimoto K, Ando H, Doi T. (予防老年学研究部)
Development and validity of methods for the estimation of temporal gait parameters from heel-attached inertial sensors in younger and older adults.
Gait & Posture, 57:295-298, 2017.

Murata S, Doi T, Sawa R, Saito T, Nakamura R, Isa T, Ebina A, Kondo Y, Tsuboi Y, Misu S, Ono R. (予防老年学研究部)
Association between joint stiffness and health-related quality of life in community-dwelling older adults.
Archives of Gerontology and Geriatrics, S0167-4943(17)30299-6, 2017.

Bae S, Shimada H, Lee S, Makizako H, Lee S, Harada K, Doi T, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Park H, Suzuki T. (予防老年学研究部 理事長特任補佐室)
The relationships between components of metabolic syndrome and mild cognitive impairment subtypes: A cross-sectional of Japanese older adults.
Joumal of Alzheimer’s Disease:JAD, 60(3):913-921, 2017.

Satake S, Shimada H, Yamada M, Kim H, Yoshida H, Gondo Y, Matsubayashi K, Matsushita E, Kuzuya M, Kozaki K, Sugimoto K, Senda K, Sakuma M, Endo N, Arai H. (フレイル研究部、治験・臨床研究推進部、副院長)
Prevalence of frailty among community-dwellers and outpatients in Japan as defined by the Japanese version of the Cardiovascular Health Study criteria.
Geriatr Gerontol Int. 2017 Dec;17(12):2629-2634.

Stone JS, Fukuoka H, Weinreb RN, Afshari NA (眼科部)
Relationship Between Race, Insurance Coverage, and Visual Acuity at the Time of Cataract Surgery
Eye & Contact Lens Science & Clinical Practice LWW Journals, 2018.

Masaki Kamiya, Aiko Osawa, Izumi Kondo, Takashi Sakurai (リハビリテーション科部, もの忘れ外来部)
Factors associated with cognitive function that cause a decline in the level of activities of daily living in Alzheimer's disease.
Geriatr Gerontol Int 18, 50-56, 2018

K Pongpipatpaiboon, I Kondo, K Onogi, S Mori, K Ozaki, A Osawa, H Matsuo, N Ito, M Tanimoto (リハビリテーション科部)
Preliminary study on prevalence and associated factors with sarcopenia in a geriatric hospitalized rehabilitation setting.
The Journal of Aging 7, 47-50, 2018

Arai Y, Arai A, Mizuno Y, Kamimura N, Ikeda M. (長寿政策科学研究部)
The creation and dissemination of downloadable information on dementia and driving from a social health perspective. Psychogeriatrics 2017; 17: 262-266.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
ご本人と家族介護者への支援:プレナリーセッション2 認知症と自動車運転.
アルツハイマー病研究会 第18回学術シンポジウム記録集 2017年4月22日(2017年12月作成):11.

Yanagi N. Hata A. Kondo K. Fujiwara T. (老年学評価研究部)
Association between childhood socioeconomic status and fruit and vegetable intake among older Japanese: The JAGES 2010 study.
Prev Med. 106: 130-136, 2018.

Otsuka R, Matsui Y, Tange C, Nishita Y, Tomida M, Ando F, Shimokata H, Arai H (NILS-LSA活用研究室,ロコモフレイルセンター,老年学・社会科学研究センター)
What is the best adjustment of appendicular lean mass for predicting mortality or disability among Japanese community dwellers?
BMC Geriatr, 18:8, 2018.

Nakamoto M, Otsuka R, Nishita Y, Tange C, Tomida M, Kato Y, Ando F, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Soy food and isoflavone intake reduces the risk of cognitive impairment in elderly Japanese women.
Eur J Clin Nutr (in press)

Sakakibara, Y.*, Sekiya, M.*, Fujisaki, N., Quan, X., & Iijima, K.M. (アルツハイマー病研究部)
Knockdown of wfs1, a fly homolog of Wolfram syndrome 1, in the nervous system increases susceptibility to age- and stress-induced neuronal dysfunction and degeneration in Drosophila. PLOS Genetics, 14(1): e1007196., *Co-first authors【2018年4月13日更新】

総説, その他

福岡秀記, 外園千恵 (眼科部)
眼科 Cornea; recent advances and future perspectives
あたらしい眼科 メディカル葵出版,35 (1): 3-10, 2018.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
プレナリーセッション2 認知症と自動車運転-改正道路交通法の運用に伴う課題解決に向けて-:
イントロダクション.アルツハイマー病研究会 第18回学術シンポジウム記録集 2017年4月22日(2017年12月作成):8.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
ご本人と家族介護者への支援:プレナリーセッション2 認知症と自動車運転.
アルツハイマー病研究会 第18回学術シンポジウム記録集 2017年4月22日(2017年12月作成):11.

長嶺由衣子、近藤克則 (老年学評価研究部)
ライフコースの観点からみたコホート研究とその成果【高齢者住民のコホート】JAGES(日本老年学的評価研究).医学のあゆみ264巻4号:319-322

乾好貴伊藤健吾加藤隆司木澤剛,太田誠一朗,外山宏,(脳機能画像診断開発部、放射線診療部)
認知症診療における脳血流SPECT,総合リハビリテーション,46:151-157; 2018

下方浩史,安藤富士子 (NILS-LSA活用研究室)
糖尿病診療ガイドライン,食事ガイドライン第4回.
食と医療,4:104-111,2018.

書物等

島田裕之. (予防老年学研究部)
パーソン・センタード・ケアでひらく 認知症看護の扉, 認知症サミット, E認知症サミット, 認知症かどうか曖昧な状況におかれた人を支える, 鈴木みずえ 酒井郁子(編), 株式会社南江堂, 東京都, 2018年1月25, pp243-246, 252-259.

佐竹昭介(フレイル研究部)
病院におけるフレイル予防のための集団指導,
プライマリケア医のための実践フレイル予防塾;編集 荒井秀典,日本医事新報社,14-21,2017

佐竹昭介(フレイル研究部)
フレイルを理解する,
看護技術,Vol.63No13,4-8,2017

木下かほり、佐竹昭介(フレイル研究部)
「第2章⑤サルコぺニアの栄養療法」,リハ栄養からアプローチするサルコペニアバイブル
日本医事新報社 2018.1.15第1版

講演等

学会・研究会等発表

西嶋康浩, 近藤和泉 (リハビリテーション科部)
事例紹介① 科学的裏付けに基づく介護に係わる検討会について-ICF・改善をどのように評価するか-
第7回厚生労働省ICFシンポジウム ICF(国際生活機能分類)活用で拓く未来社会~ひとりひとりが輝く未来社会を目指して~, 2018年1月20日, 東京

近藤和泉 (健康長寿支援ロボットセンター)
認知情動支援ロボットの現状と開発の方向性─認知症に対する医療・ケアの観点から─
藤田リハビリテーション医学・運動学研究会主催 部門研修会 特別企画「認知情動支援ロボットの現状と未来」, 2018年1月30日, 豊明市, 愛知県

Kubota M, Shimada H, Tagai K, Kitamura S, Ono M, Kimura Y, Ichise M, Shinotoh H, Takahata K, Yamamoto Y, Sano Y, Seki C, Tempest P, Jang MK, Seibyl J, Barret O, Alagille D, Marek K, Zhang MR, Suhara T, Higuchi M (脳機能画像診断開発部)
A head-to-head comparison between [11C]PBB3 and [18F]PM-PBB3 in patients with AD and non-AD tauopathy
The 12th Human Amyloid Imaging, January 17–19, 2018, Miami, USA

Kato T, Iwata K, Kizawa G, Fukaya N, Kuratsubo I, Kimura Y, Okamura N, Yanai K, Ito K, Nakamura A, MULNIAD Study Group, (脳機能画像診断開発部、放射線診療部、治験、臨床研究推進センター、)
Age-related change of THK-5351 PET in amyloid-negative and non-demented elderly subjects. The 12th Human Amyloid Imaging, January 17-19(18), 2019, Miami beach, Florida, United States【2018年4月13日更新】

講演など(教育、普及、広報活動)

島田裕之. (予防老年学研究部)
「認知症予防最前線」. 地域包括ケア市民講演会, 神奈川県厚木市, 2018年1月12日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
地域及び家庭における交通安全~高齢者の交通事故防止「学び直して自分を直視」の観点から高齢者の車の運転について.
第58回交通安全国民運動中央大会分科集会, 基調講演, 東京都, 2018年1月18日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知機能低下予防運動研究「講義 認知症に関する基礎知識」.
平成29年度スキルアップ研修・認知機能低下予防運動コース, 2018年1月20日.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
「気軽に認知症予防に取り組もう!体を動かしながら、脳を鍛える!」.
平成29年度 認知症地域フォーラムin長岡, 2018年1月20日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
「認知機能低下予防プログラムの評価方法」.
平成29年度スキルアップ研修・認知機能低下予防運動コース, 福岡, 2018年1月21日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防最前線 コグニサイズで体を動かしながら、脳を鍛える!.
平成29年度「誰もが安心して暮らせる廿日市を考えるつどい」, 基調講演, 広島県廿日市, 2018年1月28日.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
「認知機能低下を予防するための身体活動とその効果」.
平成29年度健康運動指導士更新必修講座, 沖縄県宜野湾市, 2018年1月28日.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
Evidence Based Health Care「地域在住高齢者におけるEBHCと認知機能1.2」.
平成29年度文部科学省委託事業「専修学校による地域産業中核的人材養成事業」である「超高齢社会における内部障害を有した要介護者に対するコメディカル専門人材養成プログラム開発」, 神戸市, 2018年1月31日

Arai H(座長) (老年学・社会科学研究センター)
Session 3, Dementia China-Japan Medical Conference Jan. 11 2018 Beijing, China

荒井秀典 (老年学・社会科学研究センター)
健康長寿延伸に向けたフレイルの意義
第52回日本成人病(生活習慣病)学会 2018年1月13日~1月14日 東京

佐竹昭介(フレイル研究部)
高齢者糖尿病と老年症候群
知多群医師会南知多地区 知多郡医師会美浜町地区 合同カンファランス 2018.1.11 美浜町

佐竹昭介(フレイル研究部)
高齢者診療とフレイル・サルコペニア
第1回高知老年泌尿器科研究会 2018.1.20 高知市

佐竹昭介(フレイル研究部)
健康長寿延伸のための高齢者診療
市川市医師会月例学術講演会 2018.1.29 市川市

佐竹昭介(フレイル研究部)
老年医学の視点から見た高齢者糖尿病
知多半島医療連携学術講演会 2017.11.11 半田市

佐竹昭介(フレイル研究部)
健康長寿を意識した高齢者医療~フレイルについて
2017第3回人間ドック検診専門医研修会 2017.11.25 神戸市

佐竹昭介(フレイル研究部)
高齢者糖尿病と老年症候群
学術集会 2017.11.30 伊勢市

柳澤勝彦 (研究所長室)
アルツハイマー病、脳のできごと、腸のできごと
キタン会(名古屋大学経済学部同窓会)新年記念講演、2018年1月6日、名古屋市

根本哲也 (健康長寿支援ロボットセンター)
災害時の電源確保
難病患者在宅支援関係者会議(難病対策地域協議会), 知多保健所, 2018年1月22日, 知多市, 愛知県

近藤克則 (老年学評価研究部)
健康なまちづくり~JAGESのプロジェクトの結果から~.
見守り協定締結記念講演会,2018年1月12日,愛知県碧南市

近藤克則 (老年学評価研究部)
健康格差について.
兵庫県公衆衛生協会集会兼中央研修会,2018年1月13日,兵庫県神戸市

近藤克則 (老年学評価研究部)
JAGES調査を活用した地域診断力養成研修.
地域包括支援センター職員研修,2018年1月15日,千葉県柏市

近藤克則 (老年学評価研究部)
地域包括ケアの見える化と地域マネジメント.
地域包括ケアイノベーションフォーラム・第25回ワークショップ,2018年1月17日, 東京都千代田区

近藤克則 (老年学評価研究部)
健康格差社会への処方箋-都市型モデルの開発を目指して-.
 第37回iroriワークショップ,2018年1月18日, 東京都港区

近藤克則 (老年学評価研究部)
研修会「市町村の健康指標と社会参加割合」.講演「データヘルス時代の健康なまちづくり」
平成29年度福井県市町国民健康保険運営協議会委員等研修会,2018年1月19日,福井県福井市

近藤克則 (老年学評研究部)
健康格差社会への処方箋 ―貧困がもたらす命の格差―.
東京保険医協会主催・政策講演会,2018年1月25日, 東京都新宿区

近藤克則 (老年学評価研究部)
健康とくらしの調査報告会.
平成29年度名古屋市介護予防講演会,2018年1月26日,愛知県名古屋市

近藤克則 (老年学評価研究部)
「深刻化する格差社会と公衆衛生の課題」社会福祉の政策化、保健師は今何をすべきか~一億総活躍社会における自助・共助・公助の問題~.
 第50回全国保健師活動研究集会,2018年1月27日, 東京都江東区

村田千代栄、斎藤民、鄭丞媛 (老年社会科学研究部) 
「認知症高齢者の徘徊対策~特徴と見分け方~」.
平成29年度徘徊高齢者の効果的な捜索に関する研究等事業,2018年1月17日,愛知県犬山市

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
人生これから!健康長寿の秘訣を学ぼう.
緑生涯学習センター公開講座,2018年1月25日,名古屋市.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
健康長寿を目指す生き方.健康長寿社会の実現に向けた歯科医療をめざして.
第27回ライオン健康セミナー,基調講演,2018年1月28日,東京都.

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
社会福祉法人愛知県社会福祉協議会「平成29年度愛知県介護支援専門員更新研修・再研修及び第20回愛知県介護支援専門員実務研修」講師、2018年1月13日、名古屋市【2018年8月1日更新】

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
社会福祉法人東浦町社会福祉協議会「多職種連携講座」講師、2018年1月13日、東浦町【2018年8月1日更新】

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
一般社団法人鈴鹿市医師会「第5回認知症サポート医フォローアップ研修会」講師、2018年1月18日、鈴鹿市【2018年8月1日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
一般社団法人福井県介護福祉士会「認知症研修」講師、2018年1月20日、福井市【2018年8月1日更新】

センター内活動(セミナー等)

里直行 (分子基盤研究部)
糖尿病および加齢による認知症促進機構の解明―次世代認知症治療薬の開発を目指して―
第88回CAMD報告会,平成30年1月11日

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2018年 [平成30年] 1月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター