文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2017年 [平成29年] 10月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

マンスリー­­­­レポ­ー­ト­(­­研­究業­­績)­­­ 2­0­­17­年­­­[平成2­­­­9年­]10月

新聞・雑誌等

島田裕之. (予防老年学研究部)
産経新聞, 2017年10月5日, 100歳時代プロジェクト 長寿社会を創る.

近藤克則 (老年学評価研究部)
Buzz FeeD NEWS(Web掲載) 「自民も野党も幼児教育の無償化を訴える理由 生涯にわたり続く深刻な健康格差」 2017.10.16

近藤克則 (老年学評価研究部)
読売新聞 「医療の現場から」健康格差 解消する施策を 2017年10月17日夕刊【2018年1月22日更新】

近藤克則 (老年学評価研究部)
株式会社芳林社(季刊誌)大介護時代の情報誌 BetterCare 77号(2017年秋)
「特集」地域共生社会をどうつくる?◆格差是正◆自然環境や社会環境によってつくられる「健康格差」。私たちはどんな社会を目指すのか インタビュアー:中澤まゆみ【2018年1月22日更新】

論文発表等

原著論文

Kawabata T, Tokuda H, Fujita K, Kainuma S, Sakai G, Matsushima-Nishiwaki R, Kozawa O, Otsuka T.  (臨床検査部)
Resveratrol inhibits the epidermal growth factor-induced migration of osteoblasts: the suppression of SAPK/JNK and Akt.
Cell. Physiol. Biochem. 43:1025-1036,2017.

Sakamoto A, Matsuda T, Kawaguchi K, Takaoka A, Maruyama M (老化機構研究部)
Involvement of Zizimin2/3 in the age-related defect of peritoneal B-1a cells as a source of anti-bacterial IgM.
Int. Immunol. Vol.29,NO.9,pp.431-438,2017

Li GH, Akatsuka S, Chew SH, Jiang L, Nishiyama T, Sakamoto A, Takahashi T, Futakuchi M, Suzuki H, Sakumi K, Nakabeppu Y, Toyokuni S (老化機構研究部)
Fenton reaction-induced renal carcinogenesis in Mutyh-deficient mice exhibits less chromosomal aberrations than the rat model. Pathol. Int.doi: 10.1111/pin.12598, 2017.

Kojima N, Kim M, Saito K, Yoshida Y, Hirano H, Obuchi S, Shimada HSuzuki T, Kim H. (予防老年学研究部 理事長特任補佐室)
Predictors of self-reported knee osteoarthritis in community-dwelling older women in Japan: A cross-sectional and longitudinal cohort study. Archives of Gerontology and Geriatrics, 73:125-132, 2017.

Saito T. Murata C.Saito M.Takeda T.Kondo K (老年社会科学研究部・老年学評価研究部)
The influence of social relationship domains and their combinations on incident dementia: a prospective cohort study.
Journal of Epidemiology and Community Health (in press)

Murayama H.Fujiwara T.Tani Y.Amemiya A.Matsuyama Y.Nagamine Y.Kondo K (老年学評価研究部)
Long-term impact of childhood disadvantage on late-life functional decline among older Japanese: Results from the JAGES prospective cohort study.
Journal of Gerontology A: Biological Sciences & Medical Sciences. (in press)

Arai Y, Noguchi C, Zarit SH (長寿政策科学研究部)
Potentially harmful behavior by caregivers may be predicted by a caregiver burden scale. Int J Geriatr Psychiatry 2017; 32: 582-583.

Schlepckow K, Kleinberger G, Fukumori A, Feederle R, Lichtenthaler SF, Steiner H, Haass C. (分子基盤研究部)
An Alzheimer-associated TREM2 variant occurs at the ADAM cleavage site and affects shedding and phagocytic function.
PMID: 28855300
EMBO Mol Med.(10):1356-1365.Oct 9,2017

Tagami S, Yanagida K, Kodama TS, Takami M, Mizuta N, Oyama H, Nishitomi K, Chiu YW, Okamoto T, Ikeuchi T, Sakaguchi G, Kudo T, Matsuura Y, Fukumori A, Takeda M, Ihara Y, Okochi M. (分子基盤研究部)
Semagacestat Is a Pseudo-Inhibitor of γ-Secretase.PMID: 28978478
Cell Rep.21(1):259-273.Oct 3,2017

Kato K, Takahashi K, Mizuguchi N, Ushiba J (健康長寿支援ロボットセンター)
Online detection of amplitude modulation of motor-related EEG desynchronization using a lock-in amplifier: Comparison with a fast Fourier transform, a continuous wavelet transform, and an autoregressive algorithm.
J Neurosci Methods, 2017, 293:289-298, doi: 10.1016/j.jneumeth.2017.10.015.

Hanai A, Ishiguro H, Sozu T, Tsuda M, Yano I, Nakagawa T, Imai S, Hamabe Y, Toi M, Arai H, Tsuboyama T (老年学・社会科学研究センター)
Effects of Cryotherapy on Objective and Subjective Symptoms of Paclitaxel-Induced Neuropathy: Prospective Self-Controlled Trial. JNCI. 110(2) 2018

Yuki A, Ando F, Otsuka R, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Sarcopenia based on the Asian Working Group for Sarcopenia criteria and all-cause mortality risk in older Japanese adults.
Geriatr Gerontol Int, 17: 1642-1647, 2017.

Nishita Y, Tange C, Tomida M, Otsuka R, Ando F, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Cognitive abilities predict death during the next 15 years in older Japanese adults.
Geriatr Gerontol Int, 17: 1654-1660, 2017. 

松本佳保里, 福岡秀記, 富田晃光, 峠岡理沙, 稲富勉, 外園千恵 (眼科部)
急性期に川崎病との鑑別を要したStevens-Johnson症候群の一例
日本眼科学会雑誌 日眼会誌, 121 (10): 774, 2017.  【2018年2月13日更新】

総説, その他

坂本明彦、船津高志 (老化機構研究部)
全反射蛍光顕微鏡による細胞膜受容体MPL二量体の1分子イメージング.
生体の科学 (2017) 68 (5): 384–385

山越貴水 (老化機構研究部)
糖鎖制御異常を介したポリコーム蛋白質のがん促進機構
日本基礎老化学会会誌, 41(3), 37-40, 2017.

三河隆太 (老化機構研究部)
マウスにおける老化細胞除去は肺気腫関連疾患を改善する
日本基礎老化学会会誌, 41(3), 45-48, 2017.

丸山光生 (老化機構研究部)
第40回日本基礎老化学会大会を振り返って 〜もう一つの基礎老化の集い〜
日本基礎老化学会会誌, 41(3), 53-54, 2017.

近藤克則, 亀田義人 (老年学評価研究部)
-健康格差-貧困と精神医療.
精神医療88号:貧困と精神医療 2017(163): 31-40

里直行 (分子基盤研究部)
認知症と糖尿病―原因と結果の双方向の関係
神経心理学,第33巻第3号(通巻第124号),2017年9月25日発行

杉浦彩子,下方浩史 (耳鼻咽喉科部,NILS-LSA活用研究室)
老人性難聴の疫学,老人性難聴への効果的アプローチ.
ENTONI,211:1-6,2017.

内田育恵 (耳鼻咽喉科部,NILS-LSA活用研究室)
老人性難聴の関連遺伝子,老人性難聴への効果的アプローチ.
ENTONI,211:50-55,2017.

下方浩史,安藤富士子 (NILS-LSA活用研究室)
骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン,食事ガイドライン第3回.
食と医療,3:120-127,2017.

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
いろいろな食品を食べると認知機能は低下しにくい~認知症予防のために今できること~.
Kewpie News,520:2-9,2017.

佐藤健二, 伊藤陽子, 伊藤直樹, 近藤和泉 (リハビリテーション科部)
廃用症候群のADL.
リハビリナース 2017年秋増刊 ナース・CW・PT・OT・STのための 事例でわかる ADLの評価&向上サクセスガイド,メディカ出版, 147-154, 2017

神谷正樹 (リハビリテーション科部)
認知症を合併している患者のADL.
リハビリナース 2017年秋増刊 ナース・CW・PT・OT・STのための 事例でわかる ADLの評価&向上サクセスガイド,メディカ出版, 155-162, 2017

Yuki A, Ando F, Otsuka R, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Response to the letter of Dr. Ayubi, “Sarcopenia based on the Asian Working Group for Sarcopenia criteria and all-cause mortality risk in older Japanese adults: Methodological issues”.
Geriatr Gerontol Int (letter), 17: 1760-1761, 2017.

Yuki A, Ando F, Otsuka R, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Response to the letter of Dr. Kizilarslanoglu, “Sarcopenia based on the Asian Working Group for Sarcopenia criteria and all-cause mortality risk in older Japanese adults”.
Geriatr Gerontol Int (letter), 17: 1762-1763, 2017.

書物等

島田裕之. (予防老年学研究部)
第6章(2)血管性認知症のケアとリハビリテーション.
認知症予防専門士テキストブック改訂版, 浦上克哉 川瀬康裕 西野憲史 辻正純 児玉直樹(編), 徳間書店, 東京都, 2017年10月31日, pp226-238.

島田裕之. (予防老年学研究部)
軽度認知障害(MCI)と転倒予防.
認知症者の転倒予防とリスクマネジメント 病院・施設・在宅でのケア 第3版, 武藤芳照 原田 敦 鈴木みずえ(編), 日本医事新報社, 東京都, 2017年10月10日, pp312-314.

講演等

学会・研究会等発表

サブレ森田さゆり、谷川隆久、荒井秀典 (看護部、内分泌代謝内科、副院長室)
高齢糖尿病患者の転倒とフレイルの検討
第4回サルコペニア・フレイル学会大会、2017年10月15日、京都.

丸山光生 (老化機構研究部)
旭川医科大学 第17回教育研究推進センター講演会 2017年10月20日、旭川市

櫻井孝, 羽生春夫, 神﨑恒一, 杉本大貴, 島田裕之. (もの忘れ外来部 予防老年学研究部)
シンポジウム⑤ コグニティブ・フレイル:その定義と意義を考える.
第4回日本サルコペニア・フレイル学会大会, 京都府, 2017年10月15日.

Shimada H, Lee S, Doi T. (予防老年学研究部)
A New Non-Pharmacological Intervention Scheme for Physical and Cognitive Frailty in the Community.
3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Korea, October27, 2017.

Doi T, Tsutsumimoto K, Nakakubo S, Kim M, Kurita S, Hotta R, Makizako H, Shimada H. (予防老年学研究部)
Motoric Cognitive Risk Syndrome: Incident Dementia and Disability.
3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Korea, October27, 2017, Poster Presentation.

Nakakubo S, Doi T, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Kurita S, Kim M, Shimada H. (予防老年学研究部)
Long and Short Sleep Duration and Physical Frailty inCommunity-Dwelling Older Adults.
3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Korea, October27, 2017, Poster Presentation.

Hotta R, Doi T, Tsutsumimoto K, Nakakubo S, Kurita S, Kim M, Makizako H, Shimada H. (予防老年学研究部)
Driving Status and Physical Frailty in CommunityDwelling Older Adults.
3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Korea, October27, 2017, Poster Presentation.

Tsutsumimoto K, Doi T, Makizako H, Hotta R, Nakakubo S, Kim M, Kurita S, Suzuki T, Shimada H. (予防老年学研究部 理事長特任補佐室)
Social Frailty has a Stronger Impact on Onset of Depressive Symptoms Compared with Physical Frailty or Cognitive Impairment.
3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Korea, October27, 2017, Poster Presentation.

Kurita S, Doi T, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Kim M, Shimada H. (予防老年学研究部)
Cognitive Activity in Usually Sitting Position Associated with Cognitive Impairment among Older Adults.
3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Korea, October27, 2017, Poster Presentation.

Lee S, Lee S, Bae S, Jung S, Makino K, Shinkai Y, Shimada H (予防老年学研究部)
The Relationship between Social Frailty and Kidney Function Decline in Community-Dwelling Older Japanese.
3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Korea, October27, 2017, Poster Presentation.

Bae S, Lee S, Lee S, Jung S, Makino K, Shinkai Y, Park H, Shimada H. (予防老年学研究部)
The Role of Social Frailty in Explaining the Association between the Hearing Problem and Mild Cognitive Impairment in Japanese Older Adults.
3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Korea, October27, 2017, Poster Presentation.

Kim M, Doi T, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Kurita S, Shimada H. (予防老年学研究部)
The Relationships between Cognitive Leisure Activities and Cognitive Function for Older Adults with Depressive Symptoms: A Cross-Sectional Study.
3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Korea, October27, 2017, Poster Presentation.

Makino K, Lee S, Lee s, Bae s, Jung S, Shinkai Y, Shimada H. (予防老年学研究部)
Subtypes of Pain and Newly Incidence of Disability among Community-Dwelling Older People: Prospective Cohort Study.
3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Korea, October27, 2017, Poster Presentation.

Lee S, Lee S, Bae S, Jung S, Makino K, Shinkai Y, Park H, Shimada H. (予防老年学研究部)
Effect of Participation in Physical, Cognitive and Social Activities on the Risk of Functional Disability among Community-Dwelling Older Adults: SGS Study.
3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Korea, October27, 2017, Poster Presentation.

Jung S, Okubo Y, Osuka Y, Kim T, Kobayashi H, Lee S, Shimada H, Tanaka K. (予防老年学研究部)
Long-Term Effect of Exercise on Muscle Quality and Muscle Fat Infiltration among Community-Dwelling Older Japanese Adults.
3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Korea, October27, 2017, Poster Presentation.

Shinkai Y, Lee S, Lee S, Bae S, Jung S, Makino K, Shimada H (予防老年学研究部)
Voxel Based Morphometly Study of Changes in Left Middle Frontal Gyrus in Late-Life Sever Depressive Symptoms.
3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Korea, October27, 2017, Poster Presentation.

渡邉路子.柳奈津代.中出美代.尾島俊之.村田千代栄.羽田明.菖蒲川由郷.近藤克則 (老年社会科学研究部・老年学評価研究部)
高齢者の社会参加と不眠との関連:
JAGES 2016横断研究 第76回日本公衆衛生学会総会 2017年10月31-11月2日 鹿児島県鹿児島市

柳奈津代.渡邉路子.中出美代.尾島俊之.村田千代栄.羽田明.菖蒲川由郷.近藤克則 (老年社会科学研究部・老年学評価研究部)
高齢者の認知症リスクを含む要介護に関わる要因と不眠の関連:
JAGES2016 第76回日本公衆衛生学会総会 2017年10月31-11月2日 鹿児島県鹿児島市

鄭丞媛.鈴木隆雄.井上祐介.荒井康之.福地将彦.小坂由道.太田秀樹 (老年社会科学研究部・理事長特任補佐室)
発熱を契機として在宅を継続した者/非継続者間におけるADLの変化に関する研究 
第12回日本応用老年学会大会 2017年10月22日 東京都渋谷区

中部貴央,佐々木典子,荒井由美子,今中雄一 (長寿政策科学研究部)
認知症介護におけるインフォーマルケアと介護負担感との関係.
第76回日本公衆衛生学会総会,2017年10月31日,鹿児島市.

Fukumori A (分子基盤研究部)
International Symposium 2017 -Understanding Intramembrane Proteolysis from Substrates to Enzymes
“Mechanism of Substrate Recognition by the Exosites in γ-Secretase” Oct 5th,2017, Regensburg, Germany

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
サルコペニア・フレイルと栄養.シンポジウム5:ライフステージを考慮した健康対策~メタボからフレイルへ.
第39回日本臨床栄養学会総会,2017年10月13日,幕張市.

杉浦彩子 (耳鼻咽喉科部,NILS-LSA活用研究室)
フレイルと聴覚.シンポジウム8:感覚器とフレイル.
第4回日本サルコペニア・フレイル学会大会,2017年10月15日,京都市.

安藤富士子,大塚礼,加藤友紀,幸篤武,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
地域在住高齢男性の筋量減少に対するカロテノイドと喫煙の交互作用.
第4回日本サルコペニア・フレイル学会大会,2017年10月15日,京都市.

下方浩史,安藤富士子,大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
サルコペニアと転倒に関する縦断的研究.
第4回日本サルコペニア・フレイル学会大会,2017年10月15日,京都市.

杉浦彩子,寺西正明,内田育恵,曾根三千彦 (耳鼻咽喉科部,NILS-LSA活用研究室)
一般地域住民における血清亜鉛値と耳鳴についての検討.
第62回日本聴覚医学会総会・学術講演会,2017年10月19日,福岡市.

小川高生内田育恵杉浦彩子,植田広海 (NILS-LSA活用研究室,耳鼻咽喉科部)
難聴が高齢者の社会的ネットワークに与える影響-コンボイモデルを用いた検討-.
第62回日本聴覚医学会総会・学術講演会,2017年10月20日,福岡市.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
サルコペニアに対する栄養介入について.シンポジウム3:サルコペニアとフレイル、栄養、運動.
第19回日本骨粗鬆症学会,2017年10月20日,大阪市.

Tomida M, Tange C, Nishita Y, Otsuka R, Ando F, Shimokata H, Arai H (NILS-LSA活用研究室,老年学・社会科学研究センター)
The effect of frailty on self-esteem change in older Japanese: A parallel latent growth curve analysis.
3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Oct 27th, 2017, Korea.

Tange C, Tomida M, Nishita Y, Otsuka R, Ando F, Shimokata H, Arai H (NILS-LSA活用研究室,老年学・社会科学研究センター)
Relationships between the transition of physical frailty in two years and demographic variables among Japanese older adults.
3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Oct 27th, 2017, Korea.

Otsuka R, Tange C, Tomida M, Nishita Y, Kato Y, Yuki A, Ando F, Shimokata H, Arai H (NILS-LSA活用研究室,老年学・社会科学研究センター)
Dietary factors associated with the development of physical frailty in community-dwelling older adults.
3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Oct 27th, 2017, Korea. 

近藤和泉 (リハビリテーション科部)
脳性麻痺のリハビリテーション.
病態別実践リハビリテーション医学研修会 神経系障害, 2017年10月14日, 東京

大沢愛子, 前島伸一郎, 近藤和泉 (リハビリテーション科部)
転倒予防におけるリハビリテーション科医の役割.
第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会, 2017年10月28日-29日, 大阪市

大沢愛子, 近藤和泉, 前島伸一郎 (リハビリテーション科部)
急性期病院チームプロジェクトにおいてリハ医はいかにイニシアチブをとるか:転倒予防におけるリハビリテーション科医の役割.
第1回リハビリテーション医学会秋季学術集会シンポジウム, 2017年10月27日-29日, 大阪市

柿家真代, 篠﨑未生, 山本成美, 太田隆二, 近藤和泉, 新畑豊 (もの忘れ外来部, リハビリテーション科部, 脳機能診療部)
入院高齢者における移動能力と筋肉量が退院後の転倒に及ぼす影響について.
第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会, 2017年10月28日-29日, 大阪市

佐藤健二, 平敷安希博, 橋本駿, 伊藤直樹, 川瀬治哉, 松尾宏, 清水敦哉, 近藤和泉 (リハビリテーション科部, 循環器内科部)
外科的大動脈弁置換術後に外来心リハを施行した高齢女性の1例.
第3回日本心臓リハビリテーション学会 東海地方会, 2017年10月29日, 名古屋市

橋本駿, 平敷安希博, 谷奥俊也, 佐藤健二, 伊藤直樹, 松尾宏, 清水敦哉, 近藤和泉 (リハビリテーション科部, 循環器内科部)
超高齢女性の急性前壁心筋梗塞に心リハを施行した1例.
第3回日本心臓リハビリテーション学会 東海地方会, 2017年10月29日, 名古屋市

谷奥俊也, 平敷安希博, 橋本駿, 佐藤健二, 伊藤直樹, 松尾宏, 清水敦哉, 近藤和泉 (リハビリテーション科部, 循環器内科部)
悪性リンパ腫の化学療法施行後、心不全増悪入院を繰り返すフレイル高齢者に対し心リハを施行した1例.
第3回日本心臓リハビリテーション学会 東海地方会, 2017年10月29日, 名古屋市

阿部良一, 相本啓太, 伊藤直樹, 谷川隆久, 近藤和泉 (リハビリテーション科部,代謝内科部)
糖尿病高齢者の加齢による運動機能の変化.
第4回サルコペニア・フレイル学会大会, 2017年10月14-15日, 京都市

伊藤恵里奈, 杉浦彩子, 内田育恵, 吉原杏奈, 清水笑子, 近藤和泉, 中島務 (リハビリテーション科部,耳鼻咽喉科部)
もの忘れセンター受診高齢難聴者への補聴器6ヶ月貸出研究―ケース分析―. 
第62回 日本聴覚医学会, 2017年10月19日, 福岡市

高橋智子, 相本啓太, 高野映子, 伊藤直樹, 平野卓哉, 近藤和泉 (リハビリテーション科部, 健康長寿支援ロボットセンター)
ベッド~トイレ間の移動やトイレ動作に特化した歩行車の官能評価.
第33回日本義肢装具学会学術大会, 2017年10月8日, 東京

相本啓太, 加藤健治, 佐藤健二, 伊藤直樹, 近藤和泉 (リハビリテーション科部, 健康長寿支援ロボットセンター)
自動速度調整トレッドミルと平地における快適歩行速度の比較.
第39回臨床歩行分析研究会定例会, 2017年10月14-15日, 静岡市

近藤和泉 (健康長寿支援ロボットセンター)
認知症のリハビリテーション―進行度に応じた対応とITの導入―.
第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会, 2017年10月28日-29日, 大阪市

加藤健治, 相本啓太, 佐藤健二, 伊藤直樹, 近藤和泉 (健康長寿支援ロボットセンター, リハビリテーション科部)
自動速度調整トレッドミルにバーチャル・リアリティを付与することへの歩行特性の影響―歩幅の変動からみた考察,
第39回 臨床歩行分析研究会定例会, 2017年10月14日, 静岡市

根本哲也 (健康長寿支援ロボットセンター)
高齢化社会に対応するロボットの材料的未開拓領域における人体損傷評価.
日本実験力学会人体損傷評価分科会第9回研究会, 日本実験力学会, 2017年10月20日, 甲府市

根本哲也冨村敦子村澤裕介,伊藤安海,原田敦 (健康長寿支援ロボットセンター, 病院長)
軟組織を伝搬する負荷を考慮した骨損傷シミュレーション.
山梨講演会2017, 日本機械学会, 2017年10月21日, 甲府市

村澤裕介,根本哲也,磯貝善蔵,近藤和泉 (健康長寿支援ロボットセンター, 皮膚科部)
物理的負荷における皮下結合組織の構造変化.
山梨講演会2017, 日本機械学会, 2017年10月21日, 甲府市

中島美砂子、庵原耕一郎 (幹細胞再生医療研究部)
「ナノバブルを用いた新しい根管拡大剤の開発」
第147回日本歯科保存学会2017年度秋季学術大会 盛岡

庵原耕一郎、中島美砂子 (幹細胞再生医療研究部)
「Trypsin前処理による高齢の歯髄再生促進治療法の開発」
第147回日本歯科保存学会2017年度秋季学術大会 盛岡

Ikenuma H, Koyama H, Kimura Y, Abe J, Kawasumi K, Ogata A, Kato T, Ito K, Suzuki M. (脳機能画像診断開発部)
Synthesis of highly-qualified 11C-labeled (R,S)-isoproterenol aimed at a clinical study
The 12th Asia Oceania Congress of Nuclear Medicine and Biology, October 5-7, 2017, Yokohama

Ogata A, Kimura Y, Ikenuma H, Koyama H, Seki C, Yamada T, Suzuki M, Kato T, Ito K. (脳機能画像診断開発部)
Brain penetration of isoproterenol as a drug of dementia measured in rats with a micro-PET
The 12th Asia Oceania Congress of Nuclear Medicine and Biology, October 5-7, 2017, Yokohama

池沼宏古山浩子木村泰之、阿部潤一郎、川角保広、小縣綾加藤隆司伊藤健吾鈴木正昭 (脳機能画像診断開発部)
臨床研究を目的とした11C標識化(R,S)-イソプロテレノールの高効率合成法の開発
第57回日本核医学会学術総会、2017年10月5−7日、横浜

小縣綾木村泰之池沼宏古山浩子、関千江、山田貴史鈴木正昭加藤隆司伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
認知症治療薬としてのイソプロテレノールの小動物PETを用いたラット脳内移行性の検討
第57回日本核医学会学術総会、2017年10月5−7日、横浜

倉坪和泉、加藤隆司、木村ゆみ、岩田香織、文堂昌彦、木澤 剛、櫻井 孝、佐治直樹、遠藤英俊、武田章敬、服部英幸、鷲見幸彦、新畑 豊、伊藤健吾、中村昭範、MULNIAD Study Group (治験・臨床研究推進部、脳機能画像診断開発部、放射線診療部、もの忘れ外来、医療安全推進、精神科、神経内科、老年内科部)
「高齢者の認知機能の経時変化にアミロイド集積が与える影響」
第41回日本神経心理学会学術集会、2017年10月12日、東京

Arai H (老年学・社会科学研究センター)
New Challenge of Japanese Hospitals in Aging Society.
The 8th Korea Healthcare Congress 2017 Oct.31-Nov.1 2017Seoul, Korea

Arai H (老年学・社会科学研究センター)
Which Definition of Sarcopenia is the Best One?
3nd Asian Conference for FRAILTY and SARCOPENIA.Oct. 27-28 2017 Seoul, Korea

Arai H (座長) (老年学・社会科学研究センター)
Workshop for Young Researchers: How to Study Frailty in Researches.
3nd Asian Conference for FRAILTY and SARCOPENIA. Oct.27-282017 Seoul, Korea

Arai H (老年学・社会科学研究センター)
Asian Guideline for Sarcopenia: Present and Future.
3rd Asian Conference for FRAILTY and SARCOPENIA. Oct. 27-28 2017 Seoul, Korea

荒井秀典 (座長)(老年学・社会科学研究センター)
サルコペニア診療ガイドライン
第4回日本サルコペニア・フレイル学会 2017年10月14日~10月15日 京都

荒井秀典 (老年学・社会科学研究センター)
サルコペニア診療ガイドライン-治療-
第4回日本サルコペニア・フレイル学会 2017年10月14日~10月15日 京都

荒井秀典 (老年学・社会科学研究センター)
肥満症とフレイル・サルコペニア
第38回日本肥満学会  2017年10月7日~8日 大阪

長嶺由衣子, 佐々木由理, 辻大士, 宮國康弘, 近藤克則 (老年学評価研究部)
かかりつけ医がいる高齢者は血圧・脂質コントロールがよいか:JAGES 横断研究.
第76回日本公衆衛生学会総会, 2017.10.31. 鹿児島県鹿児島市【2017年12月26日更新】

八木明男, 早坂信哉, 尾島俊之, 佐々木由理, 辻大士, 宮國康弘, 近藤克則 (老年学評価研究部)
高齢者における浴槽入浴頻度と新規要介護認定との関連-JAGES コホート研究.
第76回日本公衆衛生学会総会, 2017.10.31. 鹿児島県鹿児島市【2017年12月26日更新】

高杉友, 宮國康弘, 辻大士, 近藤克則 (老年学評価研究部)
高齢者の最長職と認知症発症の関連:JAGES 縦断コホート研究.
第76回日本公衆衛生学会総会, 2017.10.31. 鹿児島県鹿児島市【2017年12月26日更新】

辻大士, 高木大資, 大野孝司, 大鶴朋子, 近藤尚己, 近藤克則 (老年学評価研究部)
政令指定都市K市による「住民主体の通いの場」の介護予防効果:1年間の縦断研究.
第76回日本公衆衛生学会総会, 2017.10.31. 鹿児島県鹿児島市【2017年12月26日更新】

佐々木由理, 相田潤, 辻大士, 宮國康弘, 田代藍, 小山史穂子, 松山祐輔, 佐藤遊洋, 近藤克則 (老年学評価研究部)
社会的サポートは被災後の高齢者のうつ発生を抑制するか-JAGES 2010-13縦断分析-.
第76回日本公衆衛生学会, 2017.10.31. 鹿児島県鹿児島市【2017年12月26日更新】

文堂昌彦 (脳機能画像診断開発部)
特発性正常圧水頭症におけるサルコペニアの有病率
日本脳神経外科学会第76回学術総会 10月12日 名古屋【2017年12月26日更新】

福岡秀記(眼科部)
視覚障害とフレイルとの関連について
第4回日本サルコペニア-フレイル学会大会, 京都, 2017-10-15【2018年2月13日更新】

松本佳保里,福岡秀記,山田稔,木下茂,外園千恵(眼科部)
前眼部OCTが診断・治療に有用であった重症アカントアメーバ角膜炎の一例
第71回日本臨床眼科学会, 東京, 2017-10-14【2018年2月13日更新】

Hideki Fukuoka, Hokoru Yoshioka, Kazuhito Yoneda,Chie Sotozono (眼科部)
Extended removal of continuous curvilinear capsulorrhexis, including fungal lesions, in a Stevens-Johnson patient after cataract surgery
35th Congress of the European Society of Cataract and Refractive Surgeons, Lisbon, Portugal, 2017-10-07【2018年2月13日更新】

岡田佑介,乾好貴外山宏,(精神科部、脳機能画像診断開発部)
18F-FDG PETによる軽度認知障害からアルツハイマー型認知症への進展予測,
藤田医学会, 2017年10月6日 - 7日, 愛知県豊明市, 藤田保健衛生大学【2018年4月13日更新】

Okada Y, Iwata K, Kato T, Kimura Y, Kizawa G, Nakamura A, Hattori H, Inui Y, Toyama H, Ishii K, Ishii K, Senda M, Matsuda H, Ito K, Iwatsubo T, and Japanese Alzheimer's Disease Neuroimaging Initiative, (精神科部、脳機能画像診断開発部、放射線診療部、呼吸器内科部)
Investigation of 18F-FDG PET performance to predict the development of AD in individuals with mild cognitive impairment,
The 12th Asia Oceania Congress of Nuclear Medicine and Biology (AOCNMB 2017), October 5-7, 2017, Yokohama, Japan【2018年4月13日更新】

講演など(教育、普及、広報活動)

杉本昌隆 (老化機構研究部)
細胞周期チェックポイントと細胞老化
中部大学 老化基礎医科学 第9・10時限、2017年10月12日、春日井市

丸山光生 (老化機構研究部)
免疫系の老化
中部大学 老化基礎医科学 第9・10時限、2017年10月26日、春日井市

島田裕之. (予防老年学研究部)
くいとめろ!認知症!!今日からとりくむコグニサイズ.
認知症予防講演会, 山梨県南アルプス市, 2017年10月4日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
「老化制御学」.
特別講師, 長野県松本市, 2017年10月6日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症者に理学療法士は何ができるか.
第17回精神心理領域理学療法セミナー, 東京, 2017年10月7日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
地域とのつながりと運動が介護予防に役立つ!.
佐賀市介護予防講演会, 佐賀市, 2017年10月10日.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
コグニサイズの講義と実技.
認知症予防講演会, 静岡県島田市, 2017年10月19日.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
運動による認知症予防を目指して.
介護予防教室, 名古屋市, 2017年10月20日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
学術講演(健康増進分野)における講師.
第52回日本理学療法士協会全国学術研修大会, 石川県金沢市, 2017年10月20日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防運動についての理論と実践.
認知症予防指導者養成研修会, 香川県高松市, 2017年10月20日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防の可能性.
第14回久留米認知症ネットワーク協会, 福岡県久留米市, 2017年10月25日.

近藤克則 (老年学評価研究部)
「健康格差とその対策」  千葉県医師会母子保健研修会  2017年10月14日 千葉県千葉市

近藤克則 (老年学評価研究部)
地域医療構想と地域包括ケアの展開 「データに基づく地域マネジメント-介護予防を中心に」
乃木坂スクール2017年度後期コース 2017年10月17日 東京都港区,

近藤克則 (老年学評価研究部)
リハビリテーション分科会 特別講演 「新たな地域リハビリテーションの展開-自治体病院への期待」
第56回全国自治体病院学会in千葉 2017年10月20日 千葉県千葉市

近藤克則 (老年学評価研究部)
「健康格差社会への処方箋-社会は健康とどう結びついているのか」 
ソーシャル・キャピタル研究会  2017年10月21日 東京都千代田区

近藤克則 (老年学評価研究部)
「何が健康と寿命を左右するのか?健康格差を縮小するまちづくり~健康創造都市KOBEへ」
地域保健事業関連研修 2017年10月27日 兵庫県神戸市中央区

近藤克則 (老年学評価研究部)
「データに基づき介護予防を推進するために」
福岡市保健福祉局高齢社会部福祉・介護予防課による研修 2017年10月30日 福岡県福岡市

里直行 (分子基盤研究部)
アルツハイマー病についてー特に糖尿病との関係―
2017年度 市民セミナー 第33回西宮市ライフサイエンスセミナー,平成29年10月18日,西宮市

根本哲也 (健康長寿支援ロボットセンター)
大規模災害時の電源の備え.
平成29年度第2回鹿児島県重症難病医療ネットワーク研修会,鹿児島県重症難病医療ネットワーク連絡協議会,2017年10月8日奄美市, 9日鹿児島市

中島美砂子 (幹細胞再生医療研究部)
「歯の延命化を目指した歯髄・象牙質の再生治療法の近未来」
平成29年度兵庫県三区合同学術講演会 講演 神戸 2017年10月21日

加藤隆司 (脳機能画像診断開発部)
認知症画像診断UPDATE: アミロイドイメージングの有用性,
第57回日本核医学会学術総会共催セミナー,2017年10月5日,横浜市【2018年6月22日更新】

センター内活動(セミナー等)

福森 亮雄 (分子基盤研究部)
アルツハイマー病治療薬への応用を目指すーγセクレターゼのエクソサイトの結合メカニズムの解明―
第85回CAMD報告会,平成29年10月12日

徳田治彦(臨床検査部)
「高齢者の医療とケア2」 骨粗鬆症(転倒予防を含む)
2017年度 高齢者医療・在宅医療総合看護研修, 2017年10月12日

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2017年 [平成29年] 10月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター