文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2017年 [平成29年] 9月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

マンスリー­­­­レポ­ー­ト­(­­研­究業­­績)­­­ 2­0­­17­年­­­[平成2­­­­9年­]9月

新聞・雑誌等

島田裕之. (予防老年学研究部)
毎日新聞, 2017年9月13日, 高齢者と車の運転 「学び直し」で自分を直視.

島田裕之. (予防老年学研究部)
年金時代 秋 臨時増刊号, 認知症予防のエクササイズ, 東京, 2017年9月15日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
聖教新聞, 2017年9月20日, 自分で行う認知症予防 体と頭を同時に使う運動.

島田裕之. (予防老年学研究部)
朝日新聞, 2017年9月26日, 老年症候群リスクの指摘も 運転やめても外出を.

佐治直樹 (もの忘れセンター)
「名医とつながる!たけしの家庭の医学」 2017.9.26.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
NHK総合テレビ あの日 あのとき あの番組,平成29年9月24日,「百歳の笑顔 百歳の執念~きんさんぎんさんと奥村土牛」

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
東海テレビ スイッチ! 2017年9月28日【2017年10月25日更新】

論文発表等

原著論文

Kainuma S, Tokuda H, Yamamoto N, Kuroyanagi G, Fujita K, Kawabata T, Sakai G, Matsushima-Nishiwaki R, Kozawa O, Otsuka T.  (臨床検査部)
Heat shock protein 27 (HSPB1) suppresses PDGF-BB-induced migration of osteoblasts.
Int. J. Mol. Med. 40:1057-1066,2017.

Sakai G, Otsuka T, Fujita K, Kainuma S, Kuroyanagi G, Kawabata T, Matsushima-Nishiwaki R, Kozawa O, Tokuda H. (臨床検査部)
Amplification by (‑)‑epigallocatechin gallate of prostaglandin F2alfa‑stimulated synthesis of osteoprotegerin in osteoblasts.
Mol. Med. Rep. 16:6376-6381,2017.

Shimada H, Makizako H, Doi T, Lee S, Lee S. (予防老年学研究部)
Conversion and reversion rates in Japanese older people with mild cognitive impairment.
Journal of the American Medical Directors Association.18(9):808.e1-808.e6, 2017.

Kimura T, Suzuki M, Akagi T (アルツハイマー病研究部)
Age-dependent changes in synaptic plasticity enhance tau oligomerization in the mouse hippocampus.
Acta Neuropathol Commun 5: 67, 2017

Maekawa M, Watanabe A, Iwayama Y, Kimura T, Hamazaki K, Balance S, Oba H, Hisano Y, Nozaki Y, Onishi T, Toyoshima M, Shimamoto C, Iwamoto K, Bundo M, Osumi N, Takahashi Y, Takashima A, Yoshikawa T (アルツハイマー病研究部)
Polyunsaturated fatty acid deficiency during neurodevelopment in mice models the prodromal state of schizophrenia through epigenetic changes in nuclear receptor genes. Transl Psychiatry 7: e1229, 2017

Schlepckow K, Kleinberger G, Fukumori A, Feederle R, Lichtenthaler SF, Steiner H, Haass C. (分子基盤研究部)
An Alzheimer-associated TREM2 variant occurs at the ADAM cleavage site and affects shedding and phagocytic function.
PMID: 28855300
EMBO Molecular Medicine Aug 30, 2017

Inui Y, Ito K, Kato T, SEAD-J Study Group. (脳機能画像診断開発部)
Longer-Term Investigation of the Value of 18F-FDG-PET and Magnetic Resonance Imaging for Predicting the Conversion of Mild Cognitive Impairment to Alzheimer's Disease: A Multicenter Study. J Alzheimers Dis. 2017 Sep 11. doi: 10.3233/JAD-170395. [Epub ahead of print]

総説, その他

鈴木隆雄、飯島勝矢、金憲経、松井康素.(理事長特任補佐室)
ロコモ・フレイルをめぐる.最近の展開. LOCO CURE 3(2): 1-7, 2017.

里直行 (分子基盤研究部)
最近のアルツハイマー病の薬物治療
薬事日報 第11923号,2017年9月22日発行

水野洋子,荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
認知症罹患運転者:現行法の射程及び求められる支援の方向性.Modern
Physician 2017;37(2):133-137.

伊藤直樹, 佐藤健二, 尾崎健一, 近藤和泉 (リハビリテーション科部)
高齢者の転倒 臨床に役立つQ&A 1.ロボットバランス練習で転倒予防はできますか?
Geriatric Medicine, 55(9), 1017-1020, 2017.

伊藤健吾、乾好貴、木澤剛、木村泰之、加藤隆司 (脳機能画像診断開発部、放射線診療部)
認知症の診療における核医学診断の現状と展望 臨床神経、57:479-484、2017

下方浩史,安藤富士子,大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
サルコペニア・フレイルと転倒,高齢者の転倒.
Geriatric Medicine,55:967-971,2017.

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
高齢者虐待とは-その全体像,日本医事新報No.4874,2017.9.23発行【2017年10月25日更新】

書物等

島田裕之. (予防老年学研究部)
神経疾患・認知症に対する運動療法・予防.
神経疾患治療ストラテジー 既存の治療・新規治療・今後の治療と考え方, 株式会社中山書店, 東京, 2017年9月15日, 195-200

島田裕之.  (予防老年学研究部)
老化に伴う代表的要介護要因 サルコペニア.
老化と摂食嚥下障害「口から食べる」を多職種で支えるための視点, 医歯薬出版株式会社, 東京, 2017年9月20日, 32-35.

島田裕之. (予防老年学研究部)
機能・能力低下編 認知機能低下.
エビデンスに基づく理学療法 クイックリファレンス, 医歯薬出版株式会社, 東京都, 2017年9月25日, pp178-183. 

講演等

学会・研究会等発表

真野澪、小出由美子、溝神文博佐竹昭介谷川隆久川嶋修司高橋朗徳田治彦 (薬剤部、高齢者総合診療科、内分泌代謝内科)
高齢糖尿病患者のポリファーマシーと服薬管理方法への薬剤師の介入
第31回東海糖尿病治療研究会 糖尿病患者教育担当セミナー、2017年9月3日、名古屋.

山口純世、谷川隆久、村瀬薫 (看護部、内分泌代謝内科)
当院で行っている簡易スクリーニングシートを用いた高齢者糖尿病の足病変評価について
第31回東海糖尿病治療研究会 糖尿病患者教育担当セミナー、2017年9月3日、名古屋.

Shimada H. (予防老年学研究部)
Prevalence and prognosis of cognitive frailty.
The 3rd NCGG-ICAH Symposium, Aichi, Japan, September 7, 2017.

Tsutsumimoto K. (予防老年学研究部)
Intervention scheme for cognitive frailty.
The 3rd NCGG-ICAH Symposium, Aichi, Japan, September 7, 2017.

Kimura N, Samura E, Suzuki K, Okabayashi S, Shimozawa N, Yasutomi Y (アルツハイマー病研究部)
Concomitant disruption of dynein-mediated retrograde endosome trafficking impedes APP metabolism. 第60回日本神経化学会, 9月8日, 仙台市

Kimura N (アルツハイマー病研究部)
Age-related endocytic dysfunction is involved in Alzheimer’s disease pathology. 第60回日本神経化学会, 9月9日, 仙台市

Ando K, Hayashishita M, Chiku T, Saito T, Asada A, Hisanaga S, Iijima KM (アルツハイマー病研究部)
S6 kinase and insulin/IGF signaling regulates accumulation and toxicity of tau through Ser262 phosphorylation in a Drosophila model of tauopathy. 第60回日本神経化学会, 9月8日, 仙台市

Akatsu H, Arai S, Tanaka T, Kamiya A, Arakawa K, Masaki Y, Tanaka H, Kanematsu T, Ohara H, Inoue K, Xia J-Z, Maruyama M, (老化機構研究部)
Investigation on the effect of aminolevulinic acid on intestinal environment of aging mice
39th ESPEN CONGRESS. Sep 10, 2017. Hague, Nederland

Maruyama M, Sakamoto A, Takaoka A (老化機構研究部)
Zizimin2-deficient mice showing defective production of natural antibacterial immunoglobulin M and interruption in B-cell development
19th GCC. Sep 14, 2017. Venice, Italy

長友涼介, 岡田泰毅, 筒井陽仁, 赤津裕康, 丸山光生, 井之上浩一 (老化機構研究部)
ピコリルアミン誘導体化LC-MS/MSを用いた腸内細菌叢解析を目指した 短鎖脂肪酸の網羅的分析法の開発
第42回医用マススペクトル学会 9月15日 東京

Sato N (分子基盤研究部)
--Satellite Symposium of 59th Annual meeting of the Japan Geriatrics Society--
Bidirectional interaction between Alzheimer's disease and diabetes
The 3rd NCGG-ICAH Symposium,Sept 7, 2017, Obu city

中部貴央,上松弘典,佐々木典子,國澤進,荒井由美子,今中雄一 (長寿政策科学研究部)
認知症介護における小規模多機能型居宅介護の利用と介護負担.
第55回日本医療・病院管理学会学術総会,2017年9月18日.

近藤克則 (老年学評価研究部)
シンポジウム座長「健康な社会づくりをめざしてー健康自己責任論を超えて何をなすべきか―」
医研シンポジウム2017 2017.9.15 東京都千代田区

近藤克則 (老年学評価研究部)
公募シンポジウム「ソーシャル・キャピタルと健康,幸福感に関する研究の新展開:心理学と社会疫学から」
日本心理学会第81回大会 2017.9.21 福岡県久留米市

近藤和泉 (リハビリテーション科部)
評価尺度の構造とRasch分析.
藤田保健衛生大学大学院保健学研究科第65回保健学セミナー, 2017年9月8日, 豊明市

杉岡純平, 橋爪美春, 明石純, 相本啓太, 近藤和泉 (リハビリテーション科部)
三次元動作解析を用いた上肢訓練用ロボットの訓練効果の検証.
第51回 日本作業療法士学会, 2017年9月22日, 東京

牧賢一郎, 竹内有名, 橋爪美春, 相本啓太, 近藤和泉 (リハビリテーション科部)
上肢訓練用ロボットReoGo®-Jを作業療法直前に介入することで麻痺側上肢の使用頻度・質の向上を認めた1症例.
第51回 日本作業療法士学会, 2017年9月22日, 東京

M Bundo, M Tanimoto, S Nishizaki, S Owaki(脳神経外科部,リハビリテーション科部)
SARCOPENIA IN IDIOPATHIC NORMAL-PRESSURE HYDROCEPHALUS.
The Hydrocephalus 2017 - Ninth Annual Meeting of the International Society for Hydrocephalus and Cerebrospainal Fuild Disoders (ISHCSF), 2017年9月25日, 神戸市

近藤和泉 (健康長寿支援ロボットセンター)
ロボットリハの運動器疾患への適用 -開発中の医療・介護ロボットの紹介-.
第21回東三河運動器リハビリテーション研究会 研修講演2, 2017年9月2日, 豊橋市

高野映子 (健康長寿支援ロボットセンター)
コミュニケーション・ロボットの使用効果と今後の可能性.
第43回国際福祉機器展, 2017年9月27-29日, 東京

Okura M, Ogita M, Yamamoto T, Nakai Y, Numata T, Arai H(老年学・社会科学研究センター)
Self-assessed kyphosis and chewing disorders predict disability and mortality in community-dwelling older adults.
13th EUGMS Sep.20-22 2017 Nice

Arai H(老年学・社会科学研究センター)
Difinition and Epidemiology of Cgnitive Frailty.
The 3rd NCGG-ICAH Symposium Sep.7-8 2017 Obu

荒井秀典(老年学・社会科学研究センター)
高齢者におけるフレイル・サルコぺニア予防・治療のための運動療法
第36回日本臨床運動療法学会学術集会 2017年9月2日~3日 大阪

Hosokawa A. (老年学・社会科学研究センター長室、長寿保健科学研究室)
Effects of Group Reminiscence on Cognition and Memory in Later Life:  Can Group Reminiscence Ward off Cognitive Impairment? 
The 11th. International Conference on Cognitive Science.  2, September, 2017.  Taipei, Taiwan.  (Talk Session)

細川彩. (老年学・社会科学研究センター長室、長寿保健科学研究室)
グループ回想法が老年期の記憶に及ぼす効果に関する追跡調査.
日本心理学会第81回大会. 久留米市. (ポスター発表)

伊藤健吾  (脳機能画像診断開発部)
共催シンポジウム7 「アルツハイマー病再考」 セッション3 アルツハイマー病のAmyloid仮説を再考する
第7回日本認知症予防学会学術集会 2017年9月23日 岡山市

Ikenuma H, Koyama H, Kimura Y, Abe J, Kawasumi K, Ogata A, Kato T, Ito K, Suzuki M: (脳機能画像診断開発部)
Improved Synthesis of 11C-labeled (R,S)-isoproterenol via reductive alkylation of (R,S)-norepinephrine with [2-11C]acetone
World Molecular Imaging Congress 2017, Sep 13-16, Philadelphia, USA

Nakamura A, Cuesta P, Fernández A, Arahata Y, Iwata K, Kuratsubo I, Bundo M, Washimi Y, Takeda A, Maestú F, Ito K, Kato T. (脳機能画像診断開発部、神経内科、治験・臨床推進センター、神経内科部、もの忘れセンター)
Regional spectral patterns of resting state magnetoencephalography in the preclinical and prodromal stages of Alzheimer’s disease
XXIII World Congress of Neurology (WCN2017), Sep, 19, Kyoto, 2017

久保田学、永嶌朋久、高野晴成、小高文聰、藤原広臨、高畑圭輔、森口翔、木村泰之、樋口真人、大久保善朗、高橋英彦、伊藤浩、須原哲也: (脳機能画像診断開発部)
抗精神病薬未服薬の統合失調症患者における線条体ドーパミンD2受容体の high-affinity 状態に関するPET研究
第39回 日本生物学的精神医学会、2017年9月28-30日、札幌

本田愛、中村昭範、加藤隆司、岩田香織、倉坪和泉、菅原通代、山脇望美、鈴木啓介、伊藤健吾、MULNIAD study group:(脳機能画像診断開発部、治験・臨床推進センター)
高齢者の認知機能の経時変化に余暇活動と身体活動が与える影響
第17回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2017年 in 名古屋、9月2日、名古屋市

鈴木啓介、伊藤健吾、千田一嘉、佐藤弥生、平島学、山田和正、川影美千代、田中誠也:(脳機能画像診断開発部、治験・臨床推進センター)
臨床研究の研究計画書および説明文書における倫理指針の遵守状況と臨床研究相談の有用性
第17回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2017  in 名古屋、9月2日、名古屋市

山田和正、佐藤弥生、千田一嘉、鈴木啓介、伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部、治験・臨床推進センター)
成果導出に向けたシーズ検討段階での最適な選別・評価指標の検討
第17回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2017  in 名古屋、9月2日、名古屋市

室谷健太山田和正杉本典夫千田一嘉佐藤弥生鈴木啓介伊藤健吾、三嶋秀行 (脳機能画像診断開発部、治験・臨床推進センター)
統計解析プログラムの違いによる結果出力の差異について
第17回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2017  in 名古屋、9月2日、名古屋市

Otsuka R  (NILS-LSA活用研究室)
Nutritional epidemiology for physical frailty and cognitive decline: findings from NILS-LSA.
The 3rd NCGG-ICAH Symposium, Sep 7th, Obu.

Nishita Y  (NILS-LSA活用研究室)
Physical frailty and cognitive functions: findings from NILS-LSA.
The 3rd NCGG-ICAH Symposium, Sep 7th, Obu.

小川高生内田育恵杉浦彩子中田隆文鈴木宏和丹下智香子西田裕紀子大塚礼安藤富士子下方浩史,植田広海 (NILS-LSA活用研究室,耳鼻咽喉科部)
地域在住高齢者における社会活動性指標と難聴の関係-コンボイモデルを用いた検討-.
第170回日本耳鼻咽喉科学会東海地方部会連合講演会,2017年9月10日,名古屋市.

幸篤武,大塚礼,丹下智香子,西田裕紀子,富田真紀子,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
フレイルと高次生活能力低下との関連:地域住民を対象とした4年間の縦断研究.
第72回日本体力医学会大会,2017年9月17日,松山市.

Kozakai R (NILS-LSA活用研究室)
Sex-differences in age-related grip strength decline: a 10-year longitudinal study of community-living middle-aged and older Japanese.
第72回日本体力医学会大会,学会賞(JPFSM)受賞講演,2017年9月18日,松山市.

富田真紀子,西田裕紀子,丹下智香子,大塚礼,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
中高年者のワーク・ファミリー・バランスが心理的well-beingに及ぼす影響-潜在変化モデルによる3年間の縦断的検討-.
日本心理学会第81回大会,2017年9月20日,久留米市.

西田裕紀子 (NILS-LSA活用研究室)
より良い加齢のために重要な心理的資源とは.
日本心理学会第81回大会,シンポジウム,2017年9月20日,久留米市.

丹下智香子,西田裕紀子,富田真紀子,大塚礼,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
成人中・後期における死に対する態度と心理的well-being (2)-3年間の縦断的変化における関連-.
日本心理学会第81回大会,2017年9月22日,久留米市.

平野優,佐竹昭介,鈴木葉子,森下瑞穂,野本恵司(教育研修部,フレイル研究部,看護部,薬剤部,リハビリテーション科部)
感情失禁に伴う摂食障害が他職種介入により改善した一例
第28回日本老年医学会東海地方会 2017.9.30 名古屋

講演など(教育、普及、広報活動)

島田裕之. (予防老年学研究部)
自分で行う認知症予防の方法.
聖教文化講演会, 名古屋, 2017年9月4日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防に対する新たなアプローチ~最先端の研究から~.
ケアマネジャー、地域住民、施設の管理者、相談員、介護職員、機能訓練指導員等向け講演会, 倉敷, 2017年9月5日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防に対する新たなアプローチ~最先端の研究から~.
ケアマネジャー、地域住民、施設の管理者、相談員、介護職員、機能訓練指導員等向け講演会, 京都, 2017年9月6日.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
認知症予防のための運動(コグニサイズ).
介護予防事業従事者向け研修会, 中津川, 2017年9月8日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
運動による認知症予防の可能性.
認知症疾患医療センター講演会, 美濃加茂, 2017年9月9日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
コグニサイズの実践を取り入れた講演会の開催.
かがわ認知症予防シンポジウム 介護・医療専門職員向け, 高松, 2017年9月10日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防に対する新たなアプローチ~最先端の研究から~.
ケアマネジャー、地域住民、施設の管理者、相談員、介護職員、機能訓練指導員等向け講演会, 名古屋, 2017年9月12日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防に対する新たなアプローチ~最先端の研究から~.
ケアマネジャー、地域住民、施設の管理者、相談員、介護職員、機能訓練指導員等向け講演会, 四日市, 2017年9月15日.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
「認知機能障害に対する取り組み-脳機能改善に向けた具体的方策-」.
第12回脳神経科学名古屋セミナー, 名古屋市, 2017年9月17日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症および認知症予防に関する講演.
一般(介護福祉関係者、カルチャースクール関係者)対象講演会, 東京, 2017年9月23日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症の基礎知識と認知機能低予防の可能性.
「認知症および認知機能低防止」セミナー, 東京, 2017年9月24日.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
認知症予防へ向けた運動 コグニサイズについて.
平成29年度認知症シンポジウム, 東京都, 2017年9月24日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防最前線~自分でできる予防法.
シルバーエイジ健康管理セミナー, 基調講演, 滋賀県長浜市, 2017年9月27日.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
認知症の予防と運動の関係について コグニサイズの講話と実践 日常生活と認知機能の関係 地域が取り組めること.
平成29年度 認知症講演会, 名古屋市, 2017年9月27日.

佐治直樹 (もの忘れセンター)
「生活習慣を改善して脳梗塞・ 心筋梗塞を予防しよう (認知症も!)」. 第5回中日健康フェア.佐治直樹.2017/09/02

鈴木隆雄(理事長特任補佐室)
「若く健康でいるための秘訣」
岡谷市講演,2017年9月16日,長野県.

鈴木隆雄(理事長特任補佐室)
高齢の栄養施策-科学的根拠に基づく健康維持と虚弱化予防―
山梨県栄養士会, 2017年9月2日,山梨県.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
認知症高齢者と自動車運転:当事者,家族への支援の観点から.
平成29年度介護保険研修会,2017年9月23日,静岡市.

近藤克則 (老年学評価研究部)
講演「健康格差社会にどう立ち向かうか」
北海道民医連友の会活動交流集会 2017.9.10 北海道釧路市

近藤克則 (老年学評価研究部)
「冬季積雪寒冷地の自宅住環境が高齢者の生活習慣や健康状態におよぼす影響の解明」に係る特別セミナー講師
北海道大学特別セミナー 2017.9.11 北海道札幌市

近藤克則 (老年学評価研究部)
講演「名古屋市調査と地域診断から見えてきた認知症を予防する暮らし」
平成29年度名東区認知症市民講演会 2017.9.29 愛知県名古屋市

近藤克則 (老年学評価研究部)
公開講演会「どうする!!健康格差社会-解決への処方箋-」
宮城県保険医協会講演会 2017.9.30 宮城県仙台市

村田千代栄 (老年社会科学研究部)
講演「前向き感情で認知症予防」
名古屋市市民講演会 2017.9.20 愛知県名古屋市

村田千代栄 (老年社会科学研究部)
健康づくり推進員養成講座 「たのしくボランティア☆あなたの笑顔が健康を広げる活動に」
健康づくり推進員支援研修会 2017.9.25 三重県津市(久居)

村田千代栄 (老年社会科学研究部)
健康づくり推進員養成講座 「たのしくボランティア☆あなたの笑顔が健康を広げる活動に」
健康づくり推進員支援研修会 2017.9.25 三重県津市(安濃)

佐藤健二 (リハビリテーション科部)
統計方法論.
NPO法人愛知県理学療法学会 教育局生涯学習部 新人教育プログラム, 2017年9月3日, 名古屋

伊藤直樹 (リハビリテーション科部)
生涯学習と理学療法の専門領域.
NPO法人愛知県理学療法学会 教育局生涯学習部 新人教育プログラム, 2017年9月3日, 名古屋

Bundo M (脳機能画像診断開発部)
Radionuclide imaging for the diagnosis of iNPH
Hydrocephalus 2017, Sep23-25, Kobe

伊藤健吾  (脳機能画像診断開発部)
特別講演 認知症診療で注目すべき画像診断のポイント
第74回日本脳神経外科学会近畿支部学術集会 2017年9月2日 大阪市

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
「養生訓」に学ぶ!病気にならない生き方.
愛知県信用金庫協会健康管理セミナー,2017年9月27日,名古屋市.

進藤由美(企画戦略局)
「地域における認知症の人の支援体制づくり」
平成29年度第2回認知症介護指導者研修, 2017年9月12日,認知症介護研究・研修仙台センター

進藤由美(企画戦略局)
「認知症の人とその家族の支援体制の構築及び認知症ケアの向上を図るための取組の促進~連携支援・ケアパス~」
平成29年度第7回認知症地域支援推進員研修、2017年9月14日、品川区TKP品川カンファレンスセンター

進藤由美(企画戦略局)
「認知症介護の過去・現在・未来」「地域資源の理解とケアへの活用」 
平成29年度第1回足立区認知症介護実践者研修 2017年9月29日、足立区役所

佐竹昭介(フレイル研究部)
高齢者のフレイルとその予防
介護予防従事者研修会 2017.9.1 網走市

佐竹昭介(フレイル研究部)
健康寿命を延ばすための生活改善
伸ばそう!健康長寿プロジェクト 2017.9.10 宇都宮市

佐竹昭介(フレイル研究部)
サルコペニアと診療ガイドラインと今後の展望
第6回肝とサルコペニアを考える会 2017.9.30 東京

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
公益財団法人 愛知県医師会「医療従事者の認知症対応力向上研修」講師、2017年9月2日、大府市【2017年10月25日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
愛知県厚生事業団「平成29年度愛知県厚生事業団主査級職員・看護職員研修」2017年9月3日、名古屋市【2017年10月25日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
World Alzheimer's Day 2017シンポジウム 「認知症診療のトピックス」講演、2017年9月14日、和歌山市【2017年10月25日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
名古屋文理大学短期大学部「栄養士のための食・栄養健康に関する現代社会の実情ならびに課題について」講師、2017年9月28日、名古屋市【2017年10月25日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
城南認知症カンファレンス 「認知症診療のトピックス」講演、2017年9月29日、東京都【2017年10月25日更新】

センター内活動(セミナー等)

篠原充 (分子基盤研究部)
アルツハイマー病の病態のさらなる理解から次世代治療薬の開発へ
第84回CAMD報告会,平成29年9月14日

里直行 (分子基盤研究部)
Bidirectional Interaction between Diabetes and Alzheimer’s disease
CAMDセミナー 平成29年9月27日

篠原充 (分子基盤研究部)
Insights from Regional Distribution of Aβ Accumulation in Brains
CAMDセミナー 平成29年9月27日

Shosuke Satake (フレイル研究部)
Experience of using the Kihon Checklist in the outpatient clinic
The 3rd NCGG – ICAH Symposium 2017.9.7-8 大府

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2017年 [平成29年] 9月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター