文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2017年 [平成29年] 8月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

マンスリー­­­­レポ­ー­ト­(­­研­究業­­績)­­­ 2­0­­17­年­­­[平成2­­­­9年­]8月

新聞・雑誌等

島田裕之. (予防老年学研究部)
四國新聞, 2017年8月11日, MCIの半数回復 認知症の「前段階」愛知で高齢者4年追跡.

島田裕之. (予防老年学研究部)
北國新聞, 2017年8月17日, 認知症「前段階」の半数回復 長寿医療研.

島田裕之. (予防老年学研究部)
秋田さきがけ, 2017年8月19日, 認知症の「前段階」半数回復 長寿医療研究センター 高齢者を4年追跡.

島田裕之. (予防老年学研究部)
新潟新聞, 2017年8月24日, 認知症の「前段階」半数近くが回復 愛知で追跡調査.

島田裕之. (予防老年学研究部)認知症の「前段階」から半数回復 高齢者4年間追跡調査.
信濃毎日新聞, 2017年8月25日, 

近藤克則 (老年学評価研究部)
朝日新聞デジタル 「人のため」で老後いきいき 2017.8.02

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
東海テレビ スイッチ!2017年8月10日【2017年10月25日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
中央公論新社,婦人公論8月22日,「認知症チェック」【2017年10月25日更新】

論文発表等

原著論文

Doi T, Verghese J, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Suzuki T, Shimada H. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
Effects of Cognitive Leisure Activity on Cognition in Mild Cognitive Impairment: Results of a Randomized Controlled Trial.
Journal of the American Medical Directors Association, 18(8):686-691, 2017.

Kojima G, Iliffe S, Taniguchi Y, Shimada H, Rakugi H, Walters K. (予防老年学研究部)
Prevalence of frailty in Japan: A systematic review and meta-analysis.
Journal of Epidemiology, 27(8):347-353, 2017.

Shimada H, Ishii K, Makizako H, Ishiwata K, Oda K, Suzukawa M. (予防老年学研究部)
Effects of exercise on brain activity during walking in older adults: a randomized controlled trial.
Journal of NeuroEngineering and Rehabilitation, 14(1):50, 2017.

Fukuoka H,Tange C, Otsuka R, Ando F, Shimokata H (先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
The impact of anthropometric and ocular parameters on optic cup-to-disc ratio.
BMJ Open Ophthalmology,1:e000012,2017.

Saito T, Murata C, Aida J, Kondo K(老年社会科学研究部、老年学評価研究部)
Cohort study on living arrangements of older men and women and risk for basic activities of daily living disability: Findings from the AGES project.
BMC Geriatrics 2017; 17(1):183.

Matsuyama Y,Aida J,Watt R,Tsuboya T,Koyama S,Sato Y,Kondo K,Osaka K (老年学評価研究部)
Dental Status and Compression of Life Expectancy with Disability.
J Dent Res. 96(9):1006-1013,2017

Shiba K, Kondo N, Kondo K, Kawachi I (老年学評価研究部)
Retirement and mental health: dose social participation mitigate the association? A fixed-effects longitudinal analysis.
BMC public health 17 (1): 526, 2017.

Matsuyama Y,Aida J,Tsuboya T,Hikichi H,Kondo K,Kawachi I,Osaka K (老年学評価研究部)
Are Lowered Socioeconomic Circumstances Causally Related to Tooth Loss? A Natural Experiment Involving the 2011 Great East Japan Earthquake.
Am J Epidemiol 186(1):54-62,2017

Arai Y, Kamimura N (長寿政策科学研究部)
Reliability and validity of the Japanese version of the caregiver self-efficacy scale around driving cessation of family members suffering from dementia.
Psychogeriatrics 2017; 17: 210-211.

宮坂裕之, 近藤和泉, 富田 豊, 山村千尋, 中西千佳子, 園田 茂 (リハビリテーション科部)
脳卒中上肢機能的スキル評価尺度の構成概念妥当性と反応性の検討−回復期リハ病棟入院患者を対象として−.
OTジャーナル 2014 48(8), 889-894

加藤啓之, 宮坂裕之, 安井千恵子, 中西千佳子, 近藤和泉, 園田 茂 (リハビリテーション科部)
脳卒中上肢機能的スキル評価尺度(Functional Skills Measure After Paralysis:FSMAP)の信頼性と妥当性
作業療法ジャーナル 2012 46(3), 286-91

Takahata K, Kimura Y, Seki C, Tokunaga M, Ichise M, Kawamura K, Ono M, Kitamura S, Kubota M, Moriguchi S, Ishii T, Takado Y, Niwa F, Endo H, Nagashima T, Ikoma Y, Zhang MR, Suhara T, Higuchi M: (脳機能画像診断開発部)
A human PET study of [11C]HMS011, a potential radioligand for AMPA receptors.
EJNMMI Research. 2017 Aug 16;7(1):90.

Sugimoto T, Nakamura A, Kato T, Iwata K, Saji N, Arahata Y, Hattori H, Bundo M, Ito K, Niida S, Sakurai T, MULNIAD study group:  (脳機能画像診断開発部、もの忘れ外来部、神経内科部、精神科、メディカルゲノムセンター、臨床ゲノム解析推進部)
Decreased glucose metabolism in medial prefrontal areas is associated with nutritional status in patients with prodromal and early Alzheimer’s disease.
Journal of Alzheimer’s disease. 2017 2017;60(1):225-233.

総説, その他

里直行 (分子基盤研究部)
認知症の8つのリスク
すべてがわかる認知症2017, 週刊朝日MOOK,2017年7月31日発行

里直行 (分子基盤研究部)
加齢および加齢関連疾患からみたアルツハイマー病の発症機構,
BIO Clinica 老化とアルツハイマー型認知症 Vol.32 No.8 AUG.2017,2017年8月10日発行

大沢愛子, 前島伸一郎 (リハビリテーション科部)
意識障害.
Clin Neurosci 35(6), 707-710, 2017

伊藤健吾乾好貴、木澤剛、木村泰之加藤隆司 (脳機能画像診断開発部、放射線診療科)
認知症の診療における核医学診断の現状と展開
臨床神経、57:479-484、2017

Nakashima M,  Iohara K. (幹細胞再生医療研究部)
Recent progress in translation from bench to a pilot clinical study on total pulp regeneration.
J Endod. Sep;43(9S):S82-S86. 2017. doi: 10.1016/j.joen.2017.06.014. 

福岡秀記 (眼科部)
写真セミナー Map-dot-fingerprint dystrophy
あたらしい眼科 メディカル葵出版,34(8):1135-1136,2017. 【2018年2月13日更新】

福岡秀記 (眼科部)
【見逃したくない眼部悪性腫瘍-部位別の診断と治療-】 結膜の隆起性病変 悪性リンパ腫、扁平上皮癌
あたらしい眼科 34(8):1085-1090,2017. 【2018年2月13日更新】

書物等

 

講演等

学会・研究会等発表

Sakamoto A, Matsui N, Takaoka A, Maruyama M (老化機構研究部)
Involvement of Zizimin2 in the defective natural antibacterial antibody production by aged peritoneal B-1a B cells.
2017 Aging Seminar between Korea and Japan,24 August 2017,Koria

Imai T, Otsuka R, Kato Y, Ando F, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Nutrient intake from food and dietary supplements in community-living populations of Japan.
The 21st International Epidemiological Association (IEA) World Congress of Epidemiology  (WCE2017), Aug 21st, 2017, Saitama.

Shirai Y, Otsuka R, Kato Y, Nishita Y, Tange C, Tomida M, Imai T, Kuriki K, Ando F, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Relationship between green tea intake and cognitive decline according to HbA1c level among elderly Japanese residents: the National Institute for Longevity Sciences-Longitudinal Study of Aging.
The 21st International Epidemiological Association (IEA) World Congress of Epidemiology  (WCE2017), Aug 22nd, 2017, Saitama. 

Kondo K (老年学評価研究部)
Symposium 28  Geriatric epidemiology in Japan: Care prevention, Social determinants of health, Dementia and depression “Social determinants of health in older people”
the 21st World Congress of Epidemiology, International Epidemiological Association  August 22,2017,Omiya Saitama

Kondo K, Sarah Barber (老年学評価研究部)
Symposium 29  Development of Indicator and management for building Age Friendly Communities Moderatoes
the 21st World Congress of Epidemiology, International Epidemiological Association  August 22,2017,Omiya Saitama

Murata C, Hiroshi Yatsuya, Yuanying Li, Atsuhiko Ota, Otsuka R, Hideaki Toyoshima, Koji Tamakoshi , Atsuko Aoyama (老年社会科学研究部、NIL-LSA活用研究室)
Social capital and self-rated health among civil servants in Japan,
The 21st International Epidemiological Association (IEA) World Congress of Epidemiology (WCE2017), Saitama (Japan), August 19-22, 2017.

Saito T, Tokunori Takeda, Hiroshi Hirai, Toshiyuki Ojima, Murata C, Masashige Saito, Kayo Suzuki, Kondo K (老年社会科学研究部、老年学評価研究部)
Risk score for onset of dementia among community dwelling older adults in Japan: An update.
The 21st International Epidemiological Association World Congress of Epidemiology, Saitama, Japan, Aug 19-22, 2017. (Poster Presentation)

Sasaki Y, Aida J, Sato Y, Tsuji T, Miyaguni Y, Tani Y, Koyama S, Matsuyama Y, Saito T, Kondo K, Kawachi I (老年社会科学研究部、老年学評価研究部)
Loneliness and depressive symptoms after the Great East Japan Earthquake and Tsunami.
The 21st International Epidemiological Association World Congress of Epidemiology, Saitama, Japan, Aug 19-22, 2017. (Poster Presentation)

Nemoto Y, Saito T, Kanamori S, Tsuji T, Shirai K, Kikuchi H, Maruo K, Arao T, Kondo K (老年社会科学研究部、老年学評価研究部)
Associations of social participation and its involvement in social activities with dementia onset in independently living community-dwelling elderly: JAGES cohort study.
The 21st International Epidemiological Association World Congress of Epidemiology, Saitama, Japan, Aug 19-22, 2017. (Poster Presentation)

Toshiyuki Ojima, Eisaku Okada, Mieko Nakamura, Jeong S, Yasuhiro Miyaguni, Shirai Kokoro, Hiroshi Hirai, Masashige Saito, Jun Aida, Naoki Kondo,  Kondo K (老年社会科学研究部、老年学評価研究部)
Social support and long-term care need.
The 21st International Epidemiological Association (IEA) World Congress of Epidemiology (WCE2017),Saitama (Japan), August 19-22, 2017.

篠原充 (分子基盤研究部)
アミロイドβの脳領域分布に着目したアルツハイマー病研究
第6回 大阪大学神経難病フォーラム, 大阪, 2017年8月19日

Izumi Kondo (リハビリテーション科部)
The use of functional skill difficulty in paediatric neurorehabilitation.
Asia Oceanian Congress for NeuroRehabilitation 2017, August 8-10, 2017, Tagaytay City, Philippines

波多野和樹, 平野哲, 才藤栄一, 角田哲也, 布施郁子, 清水康裕, 向野雅彦, 舟橋怜佑, 田辺茂雄, 加藤正樹, 宇野秋人, 武満知彦 (リハビリテーション科部)
頸髄損傷患者に対する歩行補助ロボットWPALの応用.
第41回日本リハビリテーション医学会中部・東海地方会, 2017年8月26日, 名古屋市

Nakashima M. (幹細胞再生医療研究部)
「Dental pulp regeneration from bench to clinicic」. Congreso Internacional de Endodoncia.
5th Encuentro Lationoamericano de Investigacion. 2017. Bucaramanga, Columbia, Sept. 2, 2017.

Arai H(老年学・社会科学研究センター)
Sarcopenia and Frailty: Currents Situations and Future Perspective in Japan.
The 21st International Epidemiological Association World Congress of Epidemiology Aug.22 2017 Saitama【2017年10月13日更新】

講演など(教育、普及、広報活動)

島田裕之. (予防老年学研究部)
介護予防.
認定理学療法士 必須研修会, 東京, 2017年8月5日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防に対する新たなアプローチ~最先端の研究から~.
ケアマネジャー、地域住民、施設の管理者、相談員、介護職員、機能訓練指導員等向け講演会, 神戸, 2017年8月10日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防に対する新たなアプローチ~最先端の研究から~.
ケアマネジャー、地域住民、施設の管理者、相談員、介護職員、機能訓練指導員等向け講演会, 郡山, 2017年8月23日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
運動による認知症予防の可能性.
平成29年度「第40回スクエアステップスキルアップ研修会C」, 名古屋, 2017年8月26日.

近藤克則 (老年学評価研究部)
市民フォーラム 江戸・明治時代からいきづくモノづくり・健康づくり~愛知の食文化と健康~基調講演「健康づくりにおける企業の役割」,
シンポジウム座長 日本看護研究学会第43回学術集会 2017.8.30 愛知県東海市

近藤克則 (老年学評価研究部)
講演 「多様化・高度化する保健活動に対し効果的な保健活動を展開するために」 
一般財団法人日本公衆衛生協会 2017.8.03 山形県山形市

近藤克則 (老年学評価研究部)
講演 「データの見える化」 
社会福祉協議会柏市社会福祉協議会 2017.8.29 千葉県柏市

石原眞澄 (老年社会科学研究部)
講演「緒川明清会」「気分改善から認知症予防へ ポジティブ写真活動で元気になろう!」
平成29年度東浦町高齢者教室主催 2017.8.03 愛知県東浦町

大沢愛子 (リハビリテーション科部)
認知症に対するケア-リハビリテーションにおける試み-. 
回復期リハビリテーション病棟協会主催第37回看護・介護研修会, 2017年8月19日, 福岡市

佐藤健二 (リハビリテーション科部)
理学療法の研究方法論.
NPO法人愛知県理学療法学会 教育局生涯学習部 新人教育プログラム, 2017年8月6日, 名古屋市

進藤由美(企画戦略局)
「認知症地域支援推進員の役割~明日からの活動のために~」
平成29年度福岡県認知症初期集中支援チーム及び認知症地域支援推進員ネットワーク研修、2017年8月24日、福岡県吉塚合同庁舎【2017年9月20日更新】

進藤由美(企画戦略局)
「認知症地域支援推進員活動をより効果的に展開するために」
平成29年度豊田市認知症委地域支援推進員研修 2017年8月31日、豊田市福祉センター【2017年9月20日更新】

土井剛彦. (予防老年学研究部)
運動・身体活動の認知機能に対する効果.
第13回「必須脂肪酸と健康」研究会, 京都府, 2017年8月4日.【2017年10月13日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
春日井市老人クラブ連合会「平成29年度尾張東部地区4市老人クラブ大学講座」講師、2017年8月4日、春日井市【2017年10月25日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
一般社団法人愛知県歯科医師会「平成29年度認知症対応力向上研修会」講師、2017年8月6日、名古屋市【2017年10月25日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
一般社団法人 福井県介護福祉士会「ファーストステップ研修」講師、2017年8月19日・20日、福井市【2017年10月25日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
社会福祉法人東浦町社会福祉協議会「東浦町福祉教育セミナー」講師、2017年8月24日、東浦町【2017年10月25日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
佐渡市役所「平成29年度第2回在宅医療・介護連携懇談会」講師、2017年8月25日、佐渡市【2017年10月25日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
社会福祉法人北方町社会福祉協議会「地域包括ケアシステム啓発事業」講師、2017年8月29日、北方町【2017年10月25日更新】

センター内活動(セミナー等)

川口耕一郎, 丸山光生 (老化機構研究部)
皮膚の自然加齢に伴う炎症反応の分子機構の解析.
第2回NCGGサマーリサーチセミナー ポスター発表, 2017年8月10日

Kim S, Maruyama M (老化機構研究部)
Anti-inflammatory effect of water-soluble Soy Isoflavones on Raw 264.7 macrophage cells and DSS-induced IBD model.
第2回NCGGサマーリサーチセミナー ポスター発表, 2017年8月10日

Naoki Saji. (もの忘れセンター)
Topics of Stroke in Japan.
特別長寿医療研究セミナー 2017/08/22. 大府

丹下智香子 (NILS-LSA活用研究室)
成人中・後期における死に対する態度と心理的well-being-3年間の縦断的変化における関連-.
第2回NCGGサマーリサーチセミナー,2017年8月10日,大府市.

倉坪和泉、鷲見幸彦、永田理紗子、鈴木啓介、伊藤健吾 (治験・臨床研究推進センター、副院長、脳機能画像診断開発部)
臨床研究における神経心理検査評価者への教育
NCGGサマーリサーチセミナー、8月10日

篠原充 (分子基盤研究部)
Distinct spatiotemporal accumulation of N-truncated and full-length Aβ42 in Alzheimer’s disease
第2回 NCGGサマーリサーチセミナー 平成29年8月10日【2017年9月20日更新】

福森亮雄 (分子基盤研究部)
Substrate recognition of C99 by γ-secretase is sensitive to steric alterations in the extracellular domain
第2回 NCGGサマーリサーチセミナー 平成29年8月10日【2017年9月20日更新】

Naoki Saji. (もの忘れセンター)
Topics of Stroke in Japan. 特別長寿医療研究セミナー 2017/08/22. 大府【2017年10月13日更新】

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2017年 [平成29年] 8月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター