文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2017年 [平成29年] 7月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

マンスリー­­­­レポ­ー­ト­(­­研­究業­­績)­­­ 2­0­­17­年­­­[平成2­­­­9年­]7月

新聞・雑誌等

中村昭範 (脳機能画像診断開発部)
貧乏ゆすりは体にいい?
読売新聞2017年7月19日 夕刊

島田裕之. (予防老年学研究部)
日経メディカル 7月号, キーパーソンインタビュー「認知症の発症遅延は十分に可能」, 東京, 2017年7月10日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
東海地方で介護&高齢者ホーム選びに困ったら最初に読む本2017-2018, 特集1 コラム 体と脳を鍛えて毎日を健やかに, 愛知, 2017年7月26日.

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
日経メディカル7月号 ,平成29年7月10日,「特集「認知症は減らせる」 偏った食事:多品目の摂取が抑制のカギ、買い物や調理の工程も重要」

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
テレビ朝日 名医とつながる!たけしの家庭の医学 3時間スペシャル,平成29年7月11日,「筋肉増強栄養素をしっかり摂って足腰を若く保つ方法!」

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
日経メディカル電子版 ,平成29年7月17日,「特集「認知症は減らせる」 《食事の工夫で進行抑制》:多品目の食品摂取で認知機能低下を抑えられる?」

島田裕之. (予防老年学研究部)
平成29年版 交通安全白書, 特集「高齢者に係る交通事故防止」2 高齢運転者による交通事故防止のための取組, 内閣府, 東京都, 2017年7月25日.【2017年9月14日更新】

柳澤勝彦(所長室,認知症センター長室)
日本経済新聞, 2017年7月17日朝刊, 正念場の認知症研究〜アルツハイマー病新薬不発. 発症前治療に転換.【2017年9月14日更新】

柳澤勝彦(所長室,認知症センター長室)
日本経済新聞, 2017年7月24日朝刊, 正念場の認知症研究〜困難な診断安く正確に. MRIや血液検査活用.【2017年9月14日更新】

論文発表等

原著論文

Fujita K, Tokuda H, Kainuma S, Kuroyanagi G, Yamamoto N, Matsushima-Nishiwaki R, Harada A, Kozawa O, Otsuka T. (臨床検査部、院長室)
Resveratrol suppresses thyroid hormone‑induced osteocalcin synthesis in osteoblasts.
Mol. Med. Rep. 16:2881-2886,2017.

Inoue Y, Andrew S, Yazawa A, Aida J, Kawachi I, Kondo K, Fujiwara T (老年学評価研究部)
Adverse childhood experiences, exposure to a natural disaster and posttraumatic stress disorder among survivors of the 2011 Great East Japan earthquake and tsunami.
Epidemiology and Psychiatric Sciences: 1-9, 2017

Fujiwara T, Takamoto I, Amemiya A, Hanazato M, Suzuki N, Nagamine Y, Sasaki Y, Tani Y, Yazawa A, Inoue Y, Shirai K, Shobugawa Y, Kondo N, Kondo K (老年学評価研究部)
Is a hilly neighborhood environment associated with diabetes mellitus among older people? Results from the JAGES 2010 study.
Social Science & Medicine 182: 45-51, 2017

辻大士, 高木大資, 近藤尚己, 近藤克則 (老年学評価研究部)
基本チェックリストと健診データを用いた縦断研究に基づく要支援・要介護リスク評価尺度の開発.
日本公衆衛生雑誌 64 (5): 246-257, 2017

Hikichi H, Sawada Y, Tsuboya T, Aida J, Kondo K, Koyama S, Kawachi I (老年学評価研究部)
Residential relocation and change in social capital: A natural experiment from the 2011 Japan Earthquake and Tsunami.
Science Advances, 2017;3(7)e1700426

C Murata , T Saito, Taishi Tsuji, Masashige Saito, K Kondo (老年社会科学研究部、老年学評価研究部)
A 10-year follow-up study of social ties and functional health among the old: the AGES project
Int. J. Environ. Res. Public Health 2017, 14(7), 717;

Yuri Sasaki, Jun Aida, Taishi Tsuji, Yasuhiro Miyaguni, Yukako Tani, Shihoko Koyama, Yusuke Matsuyama, Yukihiro Sato, Toru Tsuboya, Yuiko Nagamine, Yoshihito Kameda, T Saito, Kazuhiro Kakimoto, K Kondo, Ichiro Kawachi.(老年社会科学研究部、老年学評価研究部)
Does the Type of Residential Housing Matter for Depressive Symptoms in the Aftermath of a Disaster? Insights from the Great East Japan Earthquake and Tsunami.
American Journal of Epidemiology,( in press.)

Kubota M, Nagashima T, Takano H, Kodaka F, Fujiwara H, Takahata K, Moriguchi S, Kimura Y, Higuchi M, Okubo Y, Takahashi H, Ito H, Suhara T (脳機能画像診断開発部)
Affinity-states of striatal dopamine D2 receptors in antipsychotic-free patients with schizophrenia.
International Journal of Neuropsychopharmacology (in press)

Moriguchi S, Takano H, Kimura Y, Nagashima T, Takahata K, Kubota M, Kitamura S, Ishii T, Ichise M, Zhang MR, Shimada H, Mimura M, Meyer J, Higuchi M, and Suhara T  (脳機能画像診断開発部)
Occupancy of norepinephrine transporter by duloxetine in human brains
measured by positron emission tomography with (S,S)-[18F]FMeNER-D2
International Journal of Neuropsychopharmacology (in press)

Nakamura A, Cuesta P, Kato T, Arahata Y, Iwata K, Yamagishi M, Kuratsubo I, Kato K, Bundo M, Diers K, Fernandez A, Maestu M, Ito K, MULNIAD study group. (脳機能画像診断開発部、神経内科部、治験・臨床推進センター)
Early functional network alterations in asymptomatic elders at risk for Alzheimer's disease.
Scientific Reports. 2017 Jul 26;7(1):6517

Okura M, Ogita M, Yamamoto M, Nakai T, Numata T, Arai H.(老年学・社会科学研究センター)
Health checkup behavior and individual health beliefs in older adults.
Geriatr Gerontol Int. in press

Doi T, Blumen HM, Verghese J, Shimada H, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Suzuki T. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
Gray matter volume and dual-task gait performance in mild cognitive impairment.
Brain Imaging and Behavior, 11(3):887-898, 2017.

内田育恵杉浦彩子鈴木宏和,植田広海,曾根三千彦,中島務 (先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
一般地域住民を対象とした難聴発生を予測する因子の縦断的検討.
日耳鼻会報,120:923-931,2017.

Kojima N, Kim M, Suzuki T, et al. (理事長特任補佐室)
Predictors of self-reported knee osteoarthritis in community-dwelling older women in Japan: Across-sectional and longitudinal cohort study.
Arch Gerontol Geriat. 73:125-132,2017.【2017年8月23日更新】

Usami K, Aimoto K, Oyabu M, Hashimoto K, Owaki S, Tozawa N, Kondo I (リハビリテーション科部)
Maximum inter-foot distance during a leg-crossing movement depends on whether the dominant or non-dominant leg is in front.
Progress in Rehabilitation Medicine, vol.2, doi: 10.2490/prm.20170010【2017年9月1日更新】

鈴村彰太, 大沢愛子, 植田郁恵, 森志乃, 近藤和泉, 前島伸一郎 (リハビリテーション科部)
失行を中心に多彩な認知機能障害を呈した脳梗塞症例に対するリハビリテーション.
脳卒中, 39(4), 292-298, 2017.【2017年9月1日更新】

Suzuki M, Kimura T.  (アルツハイマー病研究部)
Microtubule-associated tau contributes to intra-dendritic trafficking of AMPA receptors in multiple ways.
Neuroscience Letters, 653: 276-282, 2017【2017年9月14日更新】

Umeda T, Kimura T, Yoshida K, Takao K, Fujita Y, Matsuyama S, Sakai A, Yamashita M, Yamashita Y, Ohnishi K, Suzuki M, Takuma H, Miyakawa T, Takashima A, Morita T, Mori H, Tomiyama T. (アルツハイマー病研究部)
Mutation-induced loss of APP function causes GABAergic depletion in recessive familial Alzheimer’s disease: analysis of Osaka mutation-knockin mice.
Acta Neuropathol Commun, 5:59, 2017【2017年9月14日更新】

Kubota M, Nagashima T, Takano H, Kodaka F, Fujiwara H, Takahata K, Moriguchi S, Kimura Y, Higuchi M, Okubo Y, Takahashi H, Ito H, Suhara T: (脳機能画像診断開発部)
Affinity-states of striatal dopamine D2 receptors in antipsychotic-free patients with schizophrenia.
International Journal of Neuropsychopharmacology, doi: 10.1093/ijnp/pyx063 (ePub)【2017年10月13日更新】

Moriguchi S, Takano H, Kimura Y, Nagashima T, Takahata K, Kubota M, Kitamura S, Ishii T, Ichise M, Zhang MR, Shimada H, Mimura M, Meyer J, Higuchi M, and Suhara T: (脳機能画像診断開発部)
Occupancy of norepinephrine transporter by duloxetine in human brains
measured by positron emission tomography with (S,S)-[18F]FMeNER-D2
International Journal of Neuropsychopharmacology, doi:10.1093/ijnp/pyx069 (ePub)【2017年10月13日更新】

総説, その他

斎藤民 (老年社会科学研究部)
独居・老々世帯の「危機」を支える周囲の役割.
Aging & Health  2017;26(2): 14-17.

里直行 (分子基盤研究部)
糖尿病から探る認知症メカニズム
認知症, 実験医学 増刊,2017年Vol35-No.12, 2017年7月20日発行【2017年8月23日更新】

下方浩史,安藤富士子 (NILS-LSA活用研究室)
糖尿病の予防・治療における糖質制限の問題点,糖尿病.
食と医療,2:60-67,2017.

大塚礼,八谷寛 (NILS-LSA活用研究室)
肥満症治療,食事ガイドライン第2回.
食と医療,2:103-107,2017.

下方浩史,安藤富士子,大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
身体組成の加齢変化,高齢者の栄養.
Geriatric Medicine,55:725-729,2017.

大沢愛子, 前島伸一郎, 植田郁恵, 尾崎健一, 近藤和泉 (リハビリテーション科部)
認知症の非薬物療法.
医療 71(5), 211-215, 2017.【2017年9月1日更新】

野本惠司, 大沢愛子, 近藤和泉 (リハビリテーション科部)
認知症のコミュニケーションツールとしてのロボット開発.
精神科 30(5), 371-375, 2017.【2017年9月1日更新】

植田郁恵 (リハビリテーション科部)
注意障害.
リハビリナース 特集 高次脳機能障害 ビジュアル辞典, vol.10 No.4, 38-43, 2017.【2017年9月1日更新】

神谷正樹, 村松隆二郎 (リハビリテーション科部)
神経心理学的検査.
リハビリナース 特集 高次脳機能障害 ビジュアル辞典, vol.10 No.4, 53-62, 2017.【2017年9月1日更新】

木村展之 (アルツハイマー病研究部)
認知症研究におけるカニクイザルの有用性.
実験医学 35(12): 2061-2064, 2017【2017年10月13日更新】

岡未来子, 飯島浩一, 安藤香奈絵 (アルツハイマー病研究部)
神経細胞内のミトコンドリア局在異常と認知症.
実験医学 35(12): 2108-2111, 2017【2017年10月13日更新】

書物等

佐竹昭介 (フレイル研究部)
フレイルとは
循環器ナーシング第7巻第5号 医学出版 2017.5

安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
サルコペニアで要介護にならないために.効果的な介護予防とは?
サルコペニアがいろん,荒井秀典監,ライフサイエンス出版社,p64-65,2017.

鈴木隆雄(理事長特任補佐室)
地域高齢者のフレイルの実態と対策.
地域保健, Vol.7,16-19,2017.【2017年8月23日更新】

鈴木隆雄(理事長特任補佐室)
「健康長寿の延伸」よりも「不健康寿命の短縮」が重要
地域医療,Vol.54, 156-159,2017.【2017年8月23日更新】

土井剛彦. (予防老年学研究部)
軽度認知症 運動しながら、頭を使う課題を行うことが認知機能の改善に効果があると判明。おすすめは、【しりとりウォーキング】.
主婦の友インフォス(編),  物忘れ・認知症を自力で食い止め、脳力をどんどん高めるコツがわかる本, 株式会社主婦の友インフォス, 東京都, 2017年7月31日, 124-125.【2018年1月22日更新】

講演等

学会・研究会等発表

Maruyama M, Sakamoto A, Matsuda T, Matsui N, Takaoka A. (老化機構研究部)
Concomitant deletion of Zizimin2/3 to mimic impaired protective immunity in aged mice
Gordon Research Conferences (Aging Biology of), July 11, 2017. Les Diablerets, Switzerland

Yamakoshi K, Iida M, Kimura H, Kameyama A, Maruyama M. (老化機構研究部)
Bmi-1 controls cancer cell motility and invasion through the glycosyltransferase C2GnT2
Gordon Research Conferences (Aging Biology of), July 12, 2017. Les Diablerets, Switzerland

Maruyama M, Jounai K, Sakamoto A, Morita Y, Kirisako T, Matsuda T, Fujiwara D. (老化機構研究部)
A novel food constituent potentially mitigates inflammation in physiologically aged mice
IAGG 2017 World Congress. July 24, 2017. San Francisco, CA, USA

Hosokawa A. (老年学・社会科学研究センター長室、長寿保健科学研究室)
Could Positive Effects of Life Review on Cognition Last?  The Follow-up Study on Life Review in Tome.  IAGG 2017 World Congress.  24, July, 2017.  San Francisco, USA.  (Late Breaker Poster Session)

C  Murata, T  Saito-Kokusho, K  Kondo, Takao Suzuki(老年社会科学研究部、老年学評価研究部)
Does Social Support Protect against Cognitive Decline among the Old? : A 10 Year Follow-up Study,
The 21st IAGG World Congress, San Francisco, USA, July 23-27, 2017.

T  Saito-Kokusho, Tokunori Takeda, Toshiyuki Ojima, Masashige Saito, C  Murata, Hiroshi Hirai, Kayo Suzuki, K  Kondo(老年社会科学研究部、老年学評価研究部)
Sports group participation reduces the onset of dementia among high-risk older adults.
The 21st IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, San Francisco, United States, July 24, 2017. (Poster Presentation)

T  Saito-Kokusho, Kokoro Shirai, Tuula Oksanen, Jaana Pentti, and Jussi Vahtera(老年社会科学研究部)
Influence of education on association between marriage and mortality: a cross-national study.
The 21st IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, San Francisco, United States, July 24, 2017. (Poster Presentation).

Shimada H, Kitamura S, Ono M, Kimura Y, Ichise M, Takahata K, Moriguchi S, Kubota M, Ishii T, Takado Y, Seki C, Hirano S, Shinotoh H, Sahara N, Tempest P, Tamagnan G, Seibyl J, Barret O, Alagille D, Zhang MR, Kuwabara S, Jang MK, Mareck K, Suhara T, Higuchi M:  (脳機能画像診断開発部)
Current situation and potential utility of novel PBB3 derivatives: first-in-human PET study with 18F-AM-PBB3 and 18F-PM-PBB3
Alzheimer's Association International Conference, July 16-20, 2017, London, England

Kubota M, Kimura Y, Ichise M, Seki C, Shimada H, Shinotoh H, Takahata K, Kitamura S, Moriguchi S, Ishii T, Tagai K, Takado Y, Sano H, Obata T, Tokunaga M, Maeda J, Zhang MR, Suhara T, Higuchi M:  (脳機能画像診断開発部)
Dynamic changes of central metabotropic glutamate receptor subtype 5 associated with food intake assessed by single-day serial PET scans
The 40th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, July 20-23, 2017, Chiba, Japan

Watanabe Y, Arai H, Hirano H, Ohara Y, Edahiro A, Shimada H, Kikutani T, Suzuki T.(老年学・社会科学研究センター、予防老年学研究部、理事長特任補佐室)
Identifying Oral Function as an Indexing Parameter for Detection of Mild Cognitive Impairment.
The 21st IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics July.24 2017 San Francisco

Arai H(老年学・社会科学研究センター)
The Kihon Checklist: Is It a Reliable Assessment of Frailty?
The 21st IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics July.23 2017 San Francisco

荒井秀典(老年学・社会科学研究センター)
超高齢フレイル患者の心臓リハビリテーション
第23回日本心臓リハビリテーション学会 学術集会 2017年7月15日~7月16日 岐阜

荒井秀典(老年学・社会科学研究センター)
動脈硬化症疾患の包括的リスク管理
第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会 2017年7月6日~7月7日  広島

荒井秀典(老年学・社会科学研究センター)
第12回五島雄一郎賞受賞講演 中性脂肪合成を制御する転写複合体の解明
第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会 2017年7月6日~7月7日  広島

荒井秀典(老年学・社会科学研究センター)
CKDの脂質管理と残存リスク
第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会2017年7月6日~7月7日 広島

荒井秀典(老年学・社会科学研究センター)   
Diabetic Dyslipidemia Treatment Update in Asia-Pacific Region
第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会 2017年7月6日~7月7日 広島

荒井秀典(老年学・社会科学研究センター)
動脈硬化疾患予防の将来展望-今後のガイドライン作成に求められるもの-
第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会 2017年7月6日~7月7日 広島

Otsuka R, Nishita Y, Tange C, Tomida M, Kato Y, Imai T, Ando F, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Effects of dietary diversity on longitudinal changes in information processing speed at 40s to 70s.
The 21st IAGG World Congress of Gerontology &Geriatrics, Jul 24th, 2017, San Francisco, USA.

Nishita Y, Tange C, Tomida M, Otsuka R, Ando F, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Effects of ApoE genotypes on cognitive aging in the middle-aged and elderly: A15-year follow-up.
The 21st IAGG World Congress of Gerontology &Geriatrics, Jul 25th, 2017, San Francisco, USA.

Shimokata H, Ando F, Otsuka R (NILS-LSA活用研究室)
Longitudinal association between serum adiponectin and sarcopenia in a community-living population.
The 21st IAGG World Congress of Gerontology &Geriatrics, Jul 26th, 2017, San Francisco, USA.

Ando F, Kato Y, Otsuka R, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Carotenoid and its interaction with smoking effects on muscle mass decline with aging in eldery men.
The 21st IAGG World Congress of Gerontology &Geriatrics, Jul 26th, 2017, San Francisco, USA.

近藤和泉 (リハビリテーション科部)
慢性期意識障害のスコアリングに関する報告.
第26回日本意識障害学会, 2017年7月6日-8日, 富山市【2017年9月1日更新】

近藤和泉 (リハビリテーション科部)
GMFMショートコース.
東京女子医科大学研修, 2017年7月12日, 東京都【2017年9月1日更新】

鈴村彰太, 大沢愛子, 前田夏海, 近藤和泉 (リハビリテーション科部)
スマート端末を使用した認知症患者の手指巧緻性評価と手指機能障害.
臨床実用先進リハビリテーションカンファランス(CIRC&PIRRC), 2017年7月19日, 名古屋市【2017年9月1日更新】

根本哲也, 冨村敦子, 原田敦 (健康長寿支援ロボットセンター, 病院長)
軟組織を伝搬する際のシミュレーションモデル.
第8回 MECHANICAL FINDER ユーザー研究会, 2017年7月15日, 東京【2017年9月1日更新】

Doi T, Verghese J, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Suzuki T, Shimada H. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
Effects of Cognitive Leisure Activity Programs on Cognition in MCI: A Rancomized Controlled Trial.
The21st IAGG World Congress of Gerontology & Geriatrics, San Francisco, July24, 2017.【2017年10月16日更新】

Tsutsumimoto K, Doi T, Makizako H, Hotta R, Nakakubo S, Makino K, Suzuki T, Shimada H. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
Social Frailty has Negative Impact on Cognitive Function Among Older People.
The21st IAGGWorld Congress of Gerontology & Geriatrics, San Francisco, July23, 2017.【2017年10月13日更新】

Shimada H, Makizako H, Tsutsumimoto K, Doi T, Lee S, Suzuki T. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
Cognitive Frailty and Incidence of Dementia in Older Persons.
Alzheimer’s Association International Conference 2017, London, July18, 2017.【2017年10月13日更新】

Lee S, Shimada H, Lee Sungchul, Bae S, Harada K, Harada K, Anan Y, Jung S, Imaoka M. (予防老年学研究部)
The Effects of Community-Based Activity Program for Preventing Dementia in Older Persons with Cognitive Decline.
Alzheimer’s Association International Conference 2017, London, July16, 2017.【2017年10月13日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
第14回日本高齢者虐待防止学会 基調講演 座長 ,2017.7.15(金),松戸市【2017年10月25日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
第24回公益財団法人日本介護福祉士会全国大会 分科会「認知症」講演,2017年7月16日(日),富山市【2017年10月25日更新】

講演など(教育、普及、広報活動)

近藤克則 (老年学評価研究部)
講演「介護予防の課題の見える化と地域資源の開発支援~JAGES HEARTを通じて」
医療経済研究機構 第3回地域包括ケアシステム特別オープンセミナー, 2017.7.12. 東京都文京区

近藤克則 (老年学評価研究部)
講演「社会疫学のエビデンスに基づく保健・医療・介護政策」
「講演と各政党に聞く“保健・医療・介護政策”」, 2017.7.15. 東京都千代田区

近藤克則 (老年学評価研究部)
講演「健康格差社会への処方箋」
第57回農村医学夏期大学講座「人口減少社会を問い直す」,  2017.7.22. 長野県佐久市

里直行 (分子基盤研究部)
糖尿病による認知症促進機構の解明
群馬大学生体調節研究所 内分泌・代謝学 共同利用・共同研究拠点セミナー 生活習慣病解析プロジェクト共催, 群馬, 2017年7月25日【2017年8月23日更新】

Suzuki M, Doi H, Koyama H, Nakanishi K, Tsukada H (脳機能画像診断開発部)
Molecular Design of Ginkgolide PET Probes with Brain Permeability
BIT’s 15th Annual Congress of International Drug Discovery Science and Technology-Japan 2017, July 25-27, Osaka

佐竹昭介 (フレイル研究部)
健康寿命を延ばすために大切なこと~意欲と努力とおつきあい~
平成29年度 栗東市いきいき百歳体操交流会 2017.7.1 栗東市

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防の最前線.
展示会「リハビリ・介護予防サービス展 RE-CARE JAPAN 2017」, 東京, 2017年7月26日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症を予防するために ~運動との関わり~.
フクダ電子中部販売業株式会社主催認知症セミナー, 名古屋, 2017年7月28日.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
「いつまでも元気に暮らそう」~ぎんさんの娘さん、三浦雄一郎さんから学んだ元気のヒ・ミ・ツ~.
愛知県臨床衛生検査技師会公開講座,2017年7月2日,田原市.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
認知症高齢者と自動車運転:当事者・家族介護者への支援.
第28回西区認知症研究会(特別講演),2017年7月22日,名古屋市.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
認知症高齢者の自動車運転を考える:ご本人および家族介護者への支援の観点から.
認プロ・第3回認知症チーム医療・ケアセミナー&第2回認知症地域連携・多職種ワークショップ,2017年7月28日,石川県金沢市.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
認知症高齢者の自動車運転を考える:当事者・家族介護者への支援の観点から.
自賠責保険研修会,2017年7月29日,群馬県前橋市.

鈴木隆雄 (理事長特任補佐室)
「高齢者の特性に応じた保健事業」
厚生労働省市町村セミナー,2017年7月18日, 東京.【2017年8月23日更新】

鈴木隆雄 (理事長特任補佐室)
住民主体の介護予防-ヘルスリテラシーと科学的根拠にも度尽く健康維持とフレイル予防―
行政(市町村)の一般介護予防事業, 2017年7月23日, 水戸.【2017年8月23日更新】

鈴木隆雄 (理事長特任補佐室)
老年学から見た高齢者の特性-特に後期高齢者のフレイル対策と中心とした保健事業について-
政策研究大学院大学講義, 2017年7月26日, 東京.【2017年8月23日更新】

根本哲也 (健康長寿支援ロボットセンター)
災害時の電源事情と対策.
平成29年度徳島県支部総会記念講演会, 日本ALS協会災害対策委員会, 2017年7月2日, 徳島市【2017年9月1日更新】

進藤由美(企画戦略局)
「認知症の人とその家族の支援体制の構築及び認知症ケアの向上を図るための取組の促進~連携支援・ケアパス~」
平成29年度第3回認知症地域支援推進員研修、2017年7月13日、名古屋市TKPガーデンシティプレミアム名駅西口【2017年9月20日更新】

進藤由美(企画戦略局)
「認知症ケアパスの評価見直し及び普及啓発について」
茨城県平成29年度第2回市町村等認知症担当者研修会 2017年7月18日、茨城県市町村会館【2017年9月20日更新】

進藤由美(企画戦略局)
「BPSDケアレジストリ アドミニストレーターフォローアップ研修」
認知症の人の地域生活を支援するケアプログラム推進事業,東京都医学総合研究所, 2017年7月12日,東京都世田谷区【2017年9月20日更新】

土井剛彦. (予防老年学研究部)
認知症予防に対する運動効果.
高齢者運動指導エクセレンスセミナー, 尼崎市, 2017年7月8日.【2017年10月13日更新】

土井剛彦. (予防老年学研究部)
「コグニサイズの効果と実践例について」.
平成29年度豊田市スポーツ指導者養成講座, 豊田市, 2017年7月1日.【2017年10月13日更新】

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
一般社団法人 静岡県介護福祉士会「介護福祉士ファーストステップ研修」講師、2017年7月1日、静岡市【2017年10月25日更新】

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
聖路加国際大学教育センター「認知症病態論」講師、2017年7月14日、東京都【2017年10月25日更新】

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
知多市医師団学術講演会 「認知症診療とケアのトピックス」講演、2017年7月27日、知多市【2017年10月25日更新】

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
第23回新都心メンタルネットワーク研究会 講演、2017年7月28日、東京【2017年10月25日更新】

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
第1回南部神経疾患地域連携懇話会 「認知症診療のピットフォール」講演、2017年7月29日、名古屋市【2017年10月25日更新】

センター内活動(セミナー等)

 

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2017年 [平成29年] 7月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター