文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2017年 [平成29年] 6月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

マンスリー­­­レポー­ト­(­研­究業­績)­­ 2­0­17­年­­[平成2­­­9年]6月

新聞・雑誌等

関谷倫子、飯島浩一 (アルツハイマー病研究部)
時事通信社(時事ドットコム,時事メディカル, Yahoo!ニュース),  2017年6月20日, 神経細胞死抑えるたんぱく=治療応用期待.

関谷倫子、飯島浩一 (アルツハイマー病研究部)
日刊工業新聞, 同電子版 2017年6月20日, 小胞体のたんぱく質増量で神経細胞死を抑制.

関谷倫子、飯島浩一 (アルツハイマー病研究部)
科学新聞, 2017年6月23日, ストレス応答系制御で神経変性疾患抑制期待—EDEMたんぱく質が鍵—.

関谷倫子、飯島浩一 (アルツハイマー病研究部)
日経産業新聞, 2017年6月30日, 脳の神経細胞死を抑制 —長寿研など たんぱく発見.

柳澤勝彦 (所長室,認知症センター長室)
東海・関西医事新報, 2017年6月20日, アルツハイマー病 期待される創薬の現場.

島田裕之. (予防老年学研究部)
年金時代 夏 臨時増刊号, 認知症予防のエクササイズ, 東京, 2017年6月15日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
読売新聞, 2017年6月27日, 認知症のはてな, 認知症「前段階」にも幅.

近藤克則 (老年学評価研究部)
日経Gooday,2017年6月2日,高齢者20万人研究で分かった「転びやすい町、転びにくい町」

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
NHK総合 NHKニュース,平成29年6月14日,「日本老年医学会シンポジウム サルコペニア」

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
壮快 8月号,平成29年6月16日,「朝はパンだけ」は危険!チーズや野菜を足せば認知機能低下を抑制できると判明,特集「認知症を防ぐ!治す!」

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
日本テレビ 所さんの目がテン,平成29年6月18日,「健康長寿・静岡県の科学」

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
テレビ朝日 林修の今でしょ!講座 3時間スペシャル,平成29年6月27日,「乳製品と認知機能」

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
読売新聞,平成29年6月21日(水),高齢者の交通安全 24日に講演や教室.

大沢愛子 (リハビリテーション科部)
中日新聞, 医人伝, 2017年6月13日

篠原充 (分子基盤研究部)
Clinical Neuroscience2017年6月号,素顔のニューロサイエンティスト「Guojun Bu」

内田育恵 (先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
NIKKEI STYLE ,平成29年6月14日,「耳が遠くなると認知症になりやすい?」【2017年8月16日更新】

内田育恵 (先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
日経Gooday ,平成29年6月21日,「一から学ぶ、認知症:耳が遠くなると認知症になりやすい?“聴力機能は一度壊れたら元に戻らない”のでご注意を」【2017年8月16日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
東海テレビ スイッチ! 2016年6月22日【2017年10月25日更新】

論文発表等

原著論文

Sekiya M, Maruko-Otake A, Hearn S, Fujisaki N, Sakakibara Y, Suzuki E, Ando K, Iijima K.M. (アルツハイマー病研究部)
EDEM function in ERAD protects against chronic ER proteinopathy and age-related physiological decline in Drosophila.
Developmental Cell, 41 (6) 652- 664. e5, 19 June 2017         

Oka M, Fujisaki N, Maruko-Otake A, Ohtake Y, Shimizu S, Saitoh T, Hisanaga S, Iijima K.M, Ando K. (アルツハイマー病研究部)
Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase II promotes neurodegeneration caused by tau phosphorylated at Ser262/356 in a transgenic Drosophila model of tauopathy.
J. Biochem. mvx038, doi: 10.1093/jb/mvx038

Tsutsumimoto K, Makizako H, Doi T, Hotta R, Nakakubo S, Makino K, Shimada H, Suzuki T. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
Subjective Memory Complaints are Associated with Incident Dementia in Cognitively Intact Older People, but Not in Those with Cognitive Impairment: A 24-Month Prospective Cohort Study.
The American Journal of Geriatric Psychiatry, 25(6):607-616, 2017.

牧迫飛雄馬, 島田裕之, 土井剛彦, 堤本広大, 堀田亮, 中窪翔, 牧野圭太郎, 鈴木隆雄.(予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
地域在住日本人高齢者に適したShort Physical Performance Batteryの算出方法の修正.
理学療法学, 44(3): 197-206, 2017.

Chiyoe Murata , Tami Saito, Taishi Tsuji, Masashige Saito, Katsunori Kondo  (老年社会科学研究部、老年学評価研究部)
A 10-year follow-up study of social ties and functional health among the old: the AGES project
Int. J. Environ. Res. Public Health 2017, 14(7), 717(in press)

Otsuka R, Nishita Y, Tange C, Tomida M, Kato Y, Nakamoto M, Imai T, Ando F, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Dietary diversity decreases the risk of cognitive decline among Japanese older adults.
Geriatr Gerontol Int, 17: 937-944, 2017. 

Nakayama H., Iohara K., Hayashi Y., Okuwa Y., Kurita K., Nakashima M. (幹細胞再生医療研究部)
Enhanced regeneration potential of mobilized dental pulp stem cells from immature teeth.
Oral Dis. Jul; 23(5):620-628, 2017. DOI: 10.1111/odi.12619.

Shohei Tsuchimoto, Shuka Shibusawa, Nobuaki Mizuguchi, Kenji Kato, Hiroki Ebata, Meigen Liu, Takashi Hanakawa, Junichi Ushiba (健康長寿支援ロボットセンター)
Resting-State Fluctuations of EEG Sensorimotor Rhythm Reflect BOLD Activities in the Pericentral Areas: A Simultaneous EEG-fMRI Study.
Front. Hum. Neurosci., 06 July 2017, 【2017年10月3日更新】

Dent E, Lien C, Lim WS, Wong WC, Wong CH, Ng TP, Woo J, Dong B, de la Vega S, Hua Poi PJ, Kamaruzzaman SBB, Won C, Chen LK, Rockwood K, Arai H, Rodriguez-Mañas L, Cao L, Cesari M, Chan P, Leung E, Landi F, Fried LP, Morley JE, Vellas B, Flicker L. (老年学・社会科学研究センター)
The Asia-Pacific Clinical Practice Guidelines for the Management of Frailty.
J Am Med Dir Assoc. 2017;18(7):564-575.

Morley JE, Arai H, Cao L, Dong B, Merchant RA, Vellas B, Visvanathan R, Woo J. (老年学・社会科学研究センター)
Integrated Care: Enhancing the Role of the Primary Health Care Professional in Preventing Functional Decline: A Systematic Review.
J Am Med Dir Assoc. 2017;18(6):489-494.

Wallace CL, Swagerty D, Barbagallo M, Vellas B, Cha HB, Holmerova I, Dong B, Koopmans R, Cruz-Jentoft AJ, Gutierrez Robledo LM, Moreno JC, Hajjar R, Woo J, Arai H, Okochi J, Visvanathan R, Abdul-Rahman SA, Goel A, Moser A, Rolland Y, Abbatecola AM, Russo M, Morley JE. (老年学・社会科学研究センター)  
IAGG/IAGG GARN International Survey of End-of-Life Care in Nursing Homes.
J Am Med Dir Assoc. 2017;18(6):465-469.

Teramoto T, Daida H, Ikewaki K, Arai H, Maeda Y, Nakagomi M, Shirakawa M,Watanabe Y, Kakikawa T, Numaguchi H, Johnson-Levonas AO, Blaustein RO. (老年学・社会科学研究センター)
Lipid-modifying efficacy and tolerability of anacetrapib added to ongoing statin therapy in Japanese patients with dyslipidemia.
Atherosclerosis. 2017;261:69-77.

Arai H, Yamashita S, Yokote K, Araki E, Suganami H, Ishibashi S; K-877 Study Group. (老年学・社会科学研究センター)
Efficacy and safety of K-877, a novel selective peroxisome proliferator-activated receptor α modulator (SPPARMα), in combination with statin treatment: Two randomised, double-blind, placebo-controlled clinical trials in patients with dyslipidaemia.
Atherosclerosis. 2017;261:144-152.

Tabara Y, Arai H, Hirao Y, Takahashi Y, Setoh K, Kawaguchi T, Kosugi S, Ito Y, Nakayama T, Matsuda F; Nagahama study group. (老年学・社会科学研究センター)
Different inverse association of large high-density lipoprotein subclasses with exacerbation of insulin resistance and incidence of type 2 diabetes: The Nagahama study.
Diabetes Res Clin Pract.2017;127:123-131.

Maseda A, Lorenzo-López L, López-López R, Arai H, Millán-Calenti JC. (老年学・社会科学研究センター)
Spanish translation of the Kihon Checklist (frailty index).
Geriatr Gerontol Int. 2017;17(3):515-517.

Onuma T, Tanabe K, Kito Y, Tsujimoto M, Uematsu K, Enomoto Y, Matsushima-Nishiwaki R, Doi T, Nagase K, Akamatsu S, Tokuda H, Ogura S, Iwama T, Kozawa O, Iida H. (臨床検査部)
Sphingosine 1-phosphate (S1P) suppresses the collagen-induced activation of human platelets via S1P4 receptor.
Thromb. Res. 156:91-100,2017.

Fujiwara T, Takamoto I, Amemiya A, Hanazato M, Suzuki N, Nagamine Y, Sasaki Y, Tani Y, Yazawa A, Inoue Y, Shirai K, Shobugawa Y, Kondo N, Kondo K (老年学評価研究部)
Is a hilly neighborhood environment associated with diabetes mellitus among older people? Results from the JAGES 2010 study.
Social Science & Medicine 182: 45-51, 2017【2017年8月16日更新】

総説, その他

島田裕之. (予防老年学研究部)
特集 健康寿命延伸のためのサルコペニア対策―現状の課題と今後の展望 7. サルコペニアに対する運動介入.
日本サルコペニア・フレイル学会雑誌, 1(1): 34-37, 2017.

近藤克則 (老年学評価研究部)
視点「健康ゴールド免許」導入の前に知るべきこと
月刊保険診療72(6):41-47 2017年6月号
新ひとりごと.さぁ、言おう,2017年6月号

Otsuka R (NILS-LSA活用研究室)
Dietary diversity decreases the risk of cognitive decline among Japanese older adults.
Geriatr Gerontol Int (letter), 17: 1038-1039, 2017.

下方浩史,安藤富士子,大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
地域高齢者におけるサルコペニアの実態,特集:健康寿命延伸のためのサルコペニア対策一現状の課題と今後の展望.
日本サルコペニア・フレイル学会雑誌,1:13-18,2017.

近藤和泉, 岩田学 (リハビリテーション科部)
高齢者によくみられる疾患・障害とそれに対するリハビリテーション 6.慢性疼痛疾患
Geriatric Medicine, Vol.55 No.6, 687-692, 2017

Shinohara M, Sato N. (分子基盤研究部)
Bidirectional interactions between diabetes and Alzheimer's disease.
Neurochem Int. 2017 May 24. pii: S0197-0186(16)30412-0. doi: 10.1016/j.neuint.2017.04.020. [Epub ahead of print]

書物等

 

講演等

学会・研究会等発表

太田喜久子、大島浩子 (在宅医療開発研究部)
シンポジウム1:高齢者の輝く人生を送るための意思決定支援;認知症高齢者の地域・急性期病院・高齢者施設における看護をつなぐ支援
日本老年看護学会第22回学術集会、6月15日、名古屋市.

栁川まどか、紙谷博子、梅垣宏行、葛谷雅文、櫻井孝大島浩子鳥羽研二 (もの忘れセンター、在宅医療開発研究部、理事長室)
シンポジウム10 本人・家族を中心とした認知症ケア. 認知症・在宅医療におけるQOL評価~QOL-HCの活用~
第59回日本老年医学会学術集会.2017年6月15日、名古屋市.

大島浩子、鈴木隆雄、新畑豊 (在宅医療開発研究部、理事長特任補佐室、神経内科)
地域包括ケアシステム推進における在宅療養高齢者の健康関連QOLの変化の検討
日本老年看護学会第22回学術集会、6月15日、名古屋市.

竹内さやか、三宅愛、藤崎あかり、大久保直樹、三村絵美、久田真未、水野伸枝、大島浩子、櫻井孝、鳥羽研二 (看護部、在宅医療開発研究部、もの忘れセンター、理事長室)
転倒危険者を察知する「ナースの直感」分析研究
日本老年看護学会第22回学術集会、6月15日、名古屋市.

大島浩子、藤崎あかり、大久保直樹、竹内さやか、三村絵美、三宅愛、久田真未、猪口里永子、櫻井孝、鳥羽研二 (在宅医療開発研究部、看護部、もの忘れセンター、理事長室)
ナースの直感による転倒危険度と関連要因の検討:高齢者評価による家族の介護負担の予測可能性の検討
第59回日本老年医学会学術集会、6月16日、名古屋市.

三宅愛、藤崎あかり、大久保直樹、三村絵美、久田真未、竹内さやか、水野伸枝、大島浩子、櫻井孝、鳥羽研二 (看護部、在宅医療開発研究部、もの忘れセンター、理事長室)
転倒危険度のナースの直感はBPSDの程度も予測する
第59回日本老年医学会学術集会、6月16日、名古屋市.

猪口里永子、三村絵美、大久保直樹、藤崎あかり、竹内さやか、三宅愛、水野信枝、大島浩子、櫻井孝、鳥羽研二 (看護部、在宅医療開発研究部、もの忘れセンター、理事長室)
フレイルの早期発見「ナースの直感」分析研究
第59回日本老年医学会学術集会、6月16日、名古屋市.

新畑豊、山岡朗子、川嶋修司、竹村真里枝、佐竹昭介、近藤和泉、大島 浩子 (神経内科、治験・臨床研究推進部、先端診療部、フレイル研究部、機能回復診療部、在宅医療開発研究部)
地域包括ケア病棟入院患者の病態と入院前後のADL・QOL変化の検討
第59回日本老年医学会学術集会、6月16日、名古屋市.

山岡朗子、新畑豊、川嶋修司、竹村真里枝、佐竹昭介、近藤和泉、大島 浩子 (神経内科、治験・臨床研究推進部、先端診療部、フレイル研究部、機能回復診療部、在宅医療開発研究部)
地域包括ケア病棟入院患者が持つフレイル要素の検討
第59回日本老年医学会学術集会、6月16日、名古屋市.

竹村真里枝、山岡朗子、川嶋修司、佐竹昭介、近藤和泉、大島 浩子、新畑豊(先端診療部、神経内科、治験・臨床研究推進部、フレイル研究部、機能回復診療部、在宅医療開発研究部)
整形外科患者における地域包括ケア病棟システムの意義に関する検討
第59回日本老年医学会学術集会、6月16日、名古屋市.

大島浩子(座長) (在宅医療開発研究部)
一般演題 口述 介護・看護・介護保険II
第59回日本老年医学会学術集会、6月16日、名古屋市.

Kimura N, Ueda N, Tomita T, Yanagisawa K. (アルツハイマー病研究部、研究所長室)
Retromer and Rab2-dependent trafficking mediate PS1 degradation by proteasomes in endocytic disturbance.
第40回日本基礎老化学会,  2017年6月15日, 名古屋市

島田裕之. (予防老年学研究部)
サルコペニアに対する予防的介入.
第17回日本抗加齢医学会総会, シンポジウム29 サルコペニア研究の進歩, 東京, 2017年6月4日.

牧迫飛雄馬, 島田裕之, 土井剛彦. (予防老年学研究部)
パネルディスカッション1 フレイルでも健康といえるか 3. フレイル高齢者に対する地域での健康増進のための介入戦略.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月14日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
ランチョンセミナー1 運動による認知症予防 1. 運動による認知症予防.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月14日.

李相侖, 島田裕之, 李成喆, 裵成琉, 原田和弘, 鄭松伊, 今岡真和, 中窪翔, 牧野圭太郎, 鈴木隆雄. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
地域在住高齢者に対する高齢者機能健診を用いたポピュレーションアプローチの効果検証 – 大規模縦断研究.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月14日. ポスター発表.

堀田亮, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 中窪翔, 牧野圭太郎. (予防老年学研究部)
MCI高齢者における自動車運転技能と関連する要因の検討.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月14日. ポスター発表.

佐治直樹, 櫻井孝, 島田裕之, 鈴木啓介, 武田章敬, 伊藤健吾, 鳥羽研二. (ものわすれ外来部, 予防老年学研究部, 治験・臨床研究推進センター, 神経内科部, 脳機能画像診断開発部, 理事長室)
多施設共同研究における高齢者総合機能評価の実践:オレンジレジストリ研究.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月15日.【2017年7月21日更新】

鄭松伊, 李相侖, 李成喆, 裵成琉, 今岡真和, 原田和弘, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 島田裕之. (予防老年学研究部)
地域在住高齢者における身体活動量と抑うつ傾向との関連.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月15日. 口述発表.

鄭松伊, 李相侖, 李成喆, 裵成琉, 今岡真和, 原田和弘, 堀田亮, 中窪翔, 牧野圭太郎, 島田裕之. (予防老年学研究部)
抑うつ傾向高齢者における身体活動量の性差.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月15日. 口述発表.

島田裕之, 牧迫飛雄馬, 李相侖, 土井剛彦, 李成喆, 堤本広大, 裵成琉, 堀田亮, 中窪翔, 牧野圭太郎. (予防老年学研究部)
MCIから正常の認知機能に回復する高齢者の割合.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月15日. 口述発表.

島田裕之, 牧迫飛雄馬, 李相侖, 土井剛彦, 李成喆, 堤本広大, 裵成琉, 堀田亮, 鄭松伊, 中窪翔. (予防老年学研究部)
認知機能検査NCGG-FATの予測妥当性.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月15日. 口述発表.

牧野圭太郎, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 堀田亮, 中窪翔, 鄭松伊, 今岡真和, 島田裕之. (予防老年学研究部)
地域在住高齢者の転倒恐怖感が新規要介護発生に及ぼす影響:転倒経験による比較.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月15日. 口述発表.

中窪翔, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 堀田亮, 牧野圭太郎, 鄭松伊, 今岡真和, 島田裕之. (予防老年学研究部)
地域在住高齢者における睡眠の重要性―MCIへの移行との関連―.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月15日. 口述発表.

中窪翔, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 堀田亮, 李相侖, 李成喆, 裵成琉, 牧野圭太郎, 島田裕之. (予防老年学研究部)
地域在住高齢者における就寝,起床時刻と身体活動量の関連性.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月15日. 口述発表.

李成喆, 李相侖, 裵成琉, 牧迫飛雄馬, 中窪翔, 堤本広大, 原田健次, 鄭松伊, 今岡真和, 島田裕之. (予防老年学研究部)
地域在住の非糖尿病高齢者を対象とした慢性腎臓病とフレイルとの関連.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月15日. ポスター発表.

堤本広大, 土井剛彦, 牧迫飛雄馬, 堀田亮, 中窪翔, 牧野圭太郎, 李相侖, 李成喆, 島田裕之. (予防老年学研究部)
高齢期における食欲低下は,新規要支援・要介護認定に影響を与える.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月15日. ポスター発表.

小島成美, 金美芝, 齋藤京子, 吉田祐子, 平野浩彦, 大渕修一, 島田裕之, 鈴木隆雄, 金憲経. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
食習慣が地域在住高齢女性の日常生活動作の変化に及ぼす影響:4年間の縦断研究.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月15日. ポスター発表.

牧野多恵子, 林尊弘, 梅垣宏行, 成憲武, 島田裕之, 葛谷雅文. (予防老年学研究部)
地域在住高齢者の身体活動量に対する運動介入効果と持続性―豊田市運動介入ランダム化比較試験―.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月15日. ポスター発表.

土井剛彦, 牧迫飛雄馬, 島田裕之. (予防老年学研究部)
シンポジウム13 認知症医療の最前線 3. 身体活動と認知症―mild cognitive impairmentに着目して―.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日.

今岡真和, 李相侖, 牧迫飛雄馬, 李成喆, 土井剛彦, 裵成琉, 鄭松伊, 堤本広大, 堀田亮, 島田裕之. (予防老年学研究部)
低アルブミン値がサルコペニア有病者の新規要介護発生リスクへ与える影響.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日. 口述発表.

今岡真和, 李相侖, 李成喆, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 裵成琉, 鄭松伊, 中窪翔, 牧野圭太郎, 島田裕之. (予防老年学研究部)
IADLとサルコペニアの関連について.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日. 口述発表.

島田裕之. (予防老年学研究部)
【老年学会】合同シンポジウム16 健康日本21(第2次)の視点からみた介護予防の推進 1. 健康寿命延伸へ向けた地域における認知症予防の可能性.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日.

牧野圭太郎, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 堀田亮, 中窪翔, 李相侖, 李成喆, 裵成琉, 島田裕之. (予防老年学研究部)
慢性疼痛を有する高齢者における身体活動量と要介護発生.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日. 口述発表.

牧野多恵子, 林尊弘, 梅垣宏行, 成憲武, 島田裕之, 葛谷雅文. (予防老年学研究部)
地域在住高齢者の認知機能・身体機能に対する運動介入効果と持続性―豊田市運動介入ランダム化比較試験―.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日. 口述発表.

土井剛彦, 牧迫飛雄馬, 堤本広大, 堀田亮, 中窪翔, 裵成琉, 鄭松伊, 今岡真和, 鈴木隆雄, 島田裕之. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
身体的活動と社会的活動に着目した生活範囲の評価方法.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日. 口述発表.

堤本広大, 土井剛彦, 牧迫飛雄馬, 堀田亮, 中窪翔, 牧野圭太郎, 裵成琉, 今岡真和, 島田裕之. (予防老年学研究部)
高齢者の新規要介護認定における骨格筋力指標と体脂肪率の影響.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日. 口述発表.

牧迫飛雄馬, 島田裕之, 土井剛彦, 堤本広大, 堀田亮, 中窪翔, 牧野圭太郎, 李相侖, 李成喆, 鈴木隆雄. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
身体的フレイルが将来の介護給付額に及ぼす影響.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日. 口述発表.

牧迫飛雄馬, 島田裕之, 土井剛彦, 堤本広大, 堀田亮, 中窪翔, 牧野圭太郎, 裵成琉, 鄭松伊, 今岡真和. (予防老年学研究部)
身体的フレイル高齢者における身体活動量と要介護の新規発生.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日. 口述発表.【2017年7月21日更新】

土井剛彦, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 堤本広大, 堀田亮, 中窪翔, 牧野圭太郎, 李相侖, 李成喆, 鈴木隆雄. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
新規フレイル発症のリスク―4年間の断調査より―.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日. 口述発表.

島田裕之. (予防老年学研究部)
市民公開講座 2. 2. 高齢者と運転.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日.

下方浩史, 島田裕之, 佐竹昭介, 遠藤直人. (NILS-LSA活用研究室, 予防老年学研究部, フレイル研究部)
シンポジウム14 サルコペニア診療ガイドライン 2. サルコペニア疫学分野.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日.【2017年7月21日更新】

李相侖, 李成喆, 裵成琉, 原田健次, 鄭松伊, 今岡真和, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 島田裕之. (予防老年学研究部)
大規模コホート研究による社会活動の非参加が新規要介護・要介護発生のリスクに及ぼす影響.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日. ポスター発表.

林尊弘, 牧野多恵子, 梅垣宏行, 成憲武, 島田裕之, 葛谷雅文. (予防老年学研究部)
地域在住高齢者の運動セルフ・エフィカシーに対する運動介入効果と関連する因子について―豊田市運動介入ランダム化比較試験―.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日. ポスター発表.

李成喆, 李相侖, 裵成琉, 土井剛彦, 原田和弘, 堀田亮, 鄭松伊, 今岡真和, 鈴木隆雄, 島田裕之. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
CDKにおける主観的健康感と要介護認定発生との関連.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日. ポスター発表.

裵成琉, 李相侖, 李成喆, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 鄭松伊, 今岡真和, 牧野圭太郎, 鈴木隆雄, 島田裕之. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
高齢者における聴力低下と社会的活動が新規要介護発生に及ぼす影響―大規模コホートによる前向き調査―.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日. ポスター発表.

裵成琉, 李相侖, 牧迫飛雄馬, 李成喆, 土井剛彦, 堤本広大, 堀田亮, 中窪翔, 朴眩泰, 島田裕之. (予防老年学研究部)
地域在住高齢者におけるメタボリックシンドロームと軽度認知障害のサブタイプとの関係.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日. ポスター発表.【2017年7月21日更新】

土井剛彦. (予防老年学研究部)
指定講演① 「認知機能と身体活動~MCIから認知症まで~」 地域在住高齢者における身体活動と認知機能~Mild cognitive impairmentに着目して~.
第20回日本運動疫学会学術総会, 神戸市, 2017年6月17日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
スキルアップセミナー1 認知症予防を目的とした運動療法.
第36回東京都理学療法学術大会, 東京, 2017年6月18日.

村田峻輔, 土井剛彦, 澤龍一, 中村凌, 伊佐常紀, 海老名葵, 近藤有希, 坪井大和, 鳥澤幸太郎, 福田章真, 小野玲. (予防老年学研究部)
地域在住高齢者における多関節慢性痛と身体活動の関連.
第20回日本運動疫学会学術総会, 神戸市, 2017年6月18日

近藤克則 (老年学評価研究部)
シンポジウム「歯科疾患・口腔保健の健康格差の解消に向けて」
第66回日本口腔衛生学会・総会 2017.6.2 山形県山形市

田中道雄, 山本龍生, 相田潤, 渕田慎也, 近藤克則 (老年学評価研究部)
口腔保健に関する介護予防事業における参加状況の地域差:JAGES プロジェクト横断研究.
第66回日本口腔衛生学会・総会 2017.6.2 山形県山形市

持田悠貴, 山本龍生, 渕田慎也, 相田潤, 近藤克則 (老年学評価研究部)
口腔の健康状態は転倒のリスクを増やすか:日本老年学的評価研究プロジェクトによる縦断研究.
第66回日本口腔衛生学会・総会 2017.6.2 山形県山形市

近藤克則 (老年学評価研究部)
合同シンポジウム「健康日本21(第2次)の視点からみた介護予防の推進」
第30回日本老年学会総会・第59回日本老年社会科学会大会 2017.6.16 愛知県名古屋市

村田千代栄 (老年社会科学研究部)
日本老年学的評価研究(JAGES)プロジェクトの概要とその可能性:シンポジウム「コホート研究からの新たな挑戦―ビッグデータの更なる活用を目指してー」シンポジスト
第59回日本老年社会科学会大会 2017.6.16 愛知県名古屋市

鄭丞媛 (老年社会科学研究部)
シンポジウム「認知症の徘徊、現状と課題」シンポジスト
第59回日本老年医学会学術集会 2017.6.16 愛知県名古屋市

Motoyama N (老化機構研究部)
がん化と老化を制御する細胞老化とSASP
第40回日本基礎老化学会大会 アフタヌーンセミナー 2017年6月16日 名古屋

Yamakoshi K, Iida M, Kimura H, Kameyama A, Maruyama M. (老化機構研究部)
Bmi-1 controls cancer cell motility and invasion through the glycosyltransferase C2GnT2
40回日本基礎老化学会大会 2017年6月15-16日 名古屋

坂本明彦、松田剛典、高岡晃教、丸山光生 (老化機構研究部)
Involvement of Zizimin2 in the defective antibody production by aged peritoneal B-1a B cells
40回日本基礎老化学会大会 2017年6月16日 名古屋

城内健太、森田悠治、松田剛典、桐浴隆嘉、坂本明彦、藤原大介、丸山光生 (老化機構研究部)
Effects of food constituents on immunosenescence in physiological aged mice
40回日本基礎老化学会大会 2017年6月16日 名古屋

杉本昌隆 (老化機構研究部)
Roles of cellular senescence in pulmonary aging and disease.

三河隆太、杉本昌隆 (老化機構研究部)
Clearance of senescent cells ameliorates emphysema-associated pathologies in mice
第30回日本老年学会総会 2017年6月14日 名古屋

城内健太、森田悠治、松田剛典、桐浴隆嘉、坂本明彦、藤原大介、丸山光生 (老化機構研究部)
Clearance of senescent cells ameliorates emphysema-associated pathologies in mice
第40回日本基礎老化学会大会 2017年6月16日 名古屋

三河隆太 (老化機構研究部)
Clearance of senescent cells ameliorates emphysema-associated pathologies in mice
第30回日本老年学会総会 合同ポスター賞、2017年6月14日、名古屋

三河隆太 (老化機構研究部)
Clearance of senescent cells ameliorates emphysema-associated pathologies in mice
第40回日本基礎老化学会大会 若手奨励賞、2017年6月14日、名古屋

Kawaguchi K, Sugiyama D, Maruyama M (老化機構研究部)
The analysis of inflammatory reactions in chronological aging skin
第40回日本基礎老化学会大会 2017年6月16日 名古屋

Kim SE, Maruyama M (老化機構研究部)
Anti-inflammatory effect of water-soluble Soy Isoflavones on murine macrophage cells
第40回日本基礎老化学会大会 2017年6月16日 名古屋

Hanashiro J, Iwashita Y, Kawaguchi K, Maruyama M (老化機構研究部)
Role of cellular senescence-related gene, TARSH/Abi3bp in cellular proliferation and lung homeostasis
第40回日本基礎老化学会大会 2017年6月15日 名古屋

Uchida Y, Nishita Y, Kato T, Iwata K, Sugiura S, Suzuki H, Sone M, Tange C, Otsuka R, Ando F, Shimokata H, Nakamura A (先端診療部,NILS-LSA活用研究室,脳機能画像診断開発部)
A link between hearing ability and brain volume in a middle-aged and elderly Japanese population revealed by voxel-based morphometry.
21st International Federation of Oto-Rhino-Laryngological Societies, Jun 24-28th, 2017, Paris, France.

安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
サルコペニアの長期縦断疫学研究,シンポジウム29 サルコペニア研究の進歩.
第17回日本抗加齢医学会総会,2017年6月4日,東京都.

下方浩史,安藤富士子,大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
サルコペニアの長期縦断疫学研究,合同シンポジウム4 高齢者におけるサルコペニア-基礎から介護予防まで-.
第30回日本老年学会総会,2017年6月14日,名古屋市.

大塚礼,西田裕紀子,丹下智香子,富田真紀子,加藤友紀,今井具子,安藤富士子,下方浩史,鈴木隆雄,荒井秀典 (NILS-LSA活用研究室,理事長特任補佐室,老年学・社会科学研究センター)
地域在住中高年者を対象とした老化・老年病予防に関する栄養疫学研究~NILS-LSAから~,合同シンポジウム5 栄養から見た老年医学と老化研究.
第30回日本老年学会総会,2017年6月14日,名古屋市.

安藤富士子,幸篤武,富田真紀子,丹下智香子,西田裕紀子,加藤友紀,大塚礼,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
地域在住高齢者でのフレイル頻度と関連要因-長期縦断疫学研究(NILS-LSA)12年間のデータから,パネルディスカッション1 フレイルでも健康といえるか.
第59回日本老年医学会学術集会,2017年6月14日,名古屋市.

杉浦彩子,内田育恵 (先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
聴覚-認知機能との関連について,シンポジウム7 感覚器エイジングサイエンスの最前線.
第59回日本老年医学会学術集会,2017年6月15日,名古屋市.

富田真紀子,丹下智香子,西田裕紀子,大塚礼,安藤富士子,下方浩史,荒井秀典 (NILS-LSA活用研究室,老年学・社会科学研究センター)
地域在住高齢者の主観的幸福感がフレイルに及ぼす影響.
第59回日本老年医学会学術集会,2017年6月15日,名古屋市.

丹下智香子,富田真紀子,西田裕紀子,大塚礼,安藤富士子,下方浩史,荒井秀典 (NILS-LSA活用研究室,老年学・社会科学研究センター)
地域在住高齢者のフレイルに対するソーシャルサポートの影響.
第59回日本老年医学会学術集会,2017年6月15日,名古屋市.

西田裕紀子,中村昭範,加藤隆司,岩田香織,大塚礼,丹下智香子,富田真紀子,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室,脳機能画像診断開発部)
地域在住高齢者の認知機能と海馬萎縮の関連:教育歴との交互効果に着目して.
第59回日本老年医学会学術集会,2017年6月15日,名古屋市.

大塚礼,加藤友紀,西田裕紀子,丹下智香子,富田真紀子,白井禎朗,安藤富士子,下方浩史,荒井秀典 (NILS-LSA活用研究室,老年学・社会科学研究センター)
高齢男女の食事時間帯(朝・昼・夜)別たんぱく質摂取量が 骨格筋量低下に及ぼす影響.
第59回日本老年医学会学術総会,2017年6月16日,名古屋市.

内田育恵 (先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
かかりつけ医が知っておきたい高齢者の難聴,ランチョンセミナー25 高齢者の視聴覚障害.
第59回日本老年医学会学術集会,2017年6月16日,名古屋市.

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
老化に関する長期縦断疫学研究(NILS-LSA)の成果概要と今後の活用,シンポジウム「コホート研究からの新たな挑戦」-ビッグデータの更なる活用を目指して-.
第59回日本老年社会科学会大会,2017年6月16日,名古屋市.

西田裕紀子 (NILS-LSA活用研究室)
NILS-LSAの研究紹介:認知機能のエイジングとその関連要因,シンポジウム「コホート研究からの新たな挑戦」-ビッグデータの更なる活用を目指して-.
第59回日本老年社会科学会大会,2017年6月16日,名古屋市.

丹下智香子,富田真紀子,西田裕紀子,大塚礼,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
地域在住中高年者における「死の思索」の死に対する恐怖への影響.
第59回日本老年社会科学会大会,2017年6月16日,名古屋市.

富田真紀子,西田裕紀子,丹下智香子,大塚礼,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
中高年者のワーク・ファミリー・バランスと生活満足度の関連-潜在変化モデルを用いた縦断解析による検討-.
第59回日本老年社会科学会大会,2017年6月16日,名古屋市.

松井康素,竹村真里枝 (先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
膝関節変形と歩行との関連の左右による違い-地域在住高齢者を対象とした比較検討.
第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会,2017年6月22日,札幌市.

山田志津香、山本耕平、桝田嘉治郎、林善彦、庵原耕一郎中島美砂子 (幹細胞再生医療研究部)
「魚コラーゲンを足場材としたイヌにおける歯髄再生療法」
第146回日本歯科保存学会春季学術大会 青森 2017年6月9日

荒井由美子,Zarit SH (長寿政策科学研究部)
家族介護者の不適切処遇に関する短縮版Zarit介護負担尺度日本語版得点からの予測:大規模データを用いて.
第32回日本老年精神医学会,2017年6月16日,名古屋市.

水野洋子,荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
認知症(の疑いのある)者の自動車運転に係る介護支援専門員への相談内容及び中止経緯.
第32回日本老年精神医学会,2017年6月15日,名古屋市.

水野洋子,荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
自動車運転の中止に向き合う認知症高齢者への支援の検討:介護支援専門員が必要と考える支援の内容に着目して.
第59回日本老年社会科学会大会,2017年6月15日,名古屋市.

Takahata K, Kimura Y, Seki C, Ichise M, Kawamura K, Kitamura S, Kubota M, Moriguchi S, Ishi T, Takado Y, Niwa F, Endo H, Nagashima T, Zhang Ming-Rong, Suhara T, Higuchi M (脳機能画像診断開発部)
A human PET study of [11C]HMS011, a potential radioligand for AMPA receptors
SNMMI 2017 Annual Meeting, June 10-14, 2017, Denver, Colorado, USA

Takahata K, Kimura Y, Seki C, Ichise M, Kawamura K, Kitamura S, Kubota M, Moriguchi S, Ishi T, Takado Y, Niwa F, Endo H, Nagashima T, Zhang Ming-Rong, Suhara T, Higuchi M..(脳機能画像診断開発部)
A human PET study of [11C]HMS011, a potential radioligand for AMPA receptor, SNMMI 2017 Annual Meeting, June 10-14, 2017, Denver, Colorado, US

岡田佑介、岩田香織加藤隆司木村泰之、木澤剛、中村昭範服部英幸乾好貴外山宏、石井一成、石井賢二、千田道雄、伊藤健吾、岩坪威、J-ADNI Group (医局、脳機能画像診断開発部、放射線診療部、精神科)
軽度認知機能患者におけるFDG-PETによるAD移行予測能の検討
第32回日本老年精神医学会、6月14-16日、名古屋市

北村聡一郎、島田斉、篠遠仁、平野成樹、丹羽文俊、遠藤浩信、久保田学、木村泰之、張明栄、須原哲也、樋口真人 (脳機能画像診断開発部)
Alzheimer病のアパシー症状とタウ病変の関連性;11C-PBB3 PET研究
第32回日本老年精神医学会 6月14-16日 名古屋市

Osawa A, Kondo I, Ozaki K, Matsuo H, Maeshima S (リハビリテーション科部)
One year’s progress report of the rehabilitation for dementia patients and families in our hospital.
第54回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2017年6月8日-10日, 岡山市

清水康裕, 加藤譲司, 尾崎健一, 下平隆寛, 仁科裕之, 原修, 近藤和泉, 土屋隆 (リハビリテーション科部)
Flow–FIMが外泊訓練・指導にもたらす効果.
第54回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2017年6月8日-10日, 岡山市

太田喜久夫, 鈴木めぐみ, 近藤和泉, 内藤真理子 (リハビリテーション科部)
高次脳機能障害を有する外傷性脳損傷者と脳血管障害者のQOL:日本版QOLIBRI–OSによる検討.
第54回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2017年6月8日-10日, 岡山市

川村皓生, 川口真奈, 島崎博也, 加藤智香子, 出口晃 (リハビリテーション科部)
通所リハビリテーション利用者における1年後のフレイル有症率の変化とその関連要因について.
第59回日本老年医学会学術集会, 2017年6月14-16日, 名古屋市

Kondo I, Harada A, Ozaki K, Ohsawa A, Matsuo H, Hirano S, Kagaya H, Saitoh E(健康長寿支援ロボットセンター,病院長, リハビリテーション科部)
Outcome from Balance Exercise Assist Robot for Subgroup of Frailty with Early Balance Disorder.
第54回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2017年6月8日-10日, 岡山市

Mukaino M, Saitoh E, Yamada S, Sonoda S, Mizuma M, Kondo I, Izumi S (健康長寿支援ロボットセンター)
Development of a Japanese version of simple, intuitive descriptions of an ICF rehabilitation set.
第54回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2017年6月8日-10日, 岡山市

木下かほり、松井康素、荒井秀典、佐竹昭介、千田一嘉、竹村真里枝、飯田浩貴、原田敦(栄養管理部、先端診療部、老年学・社会科学研究センター、フレイル研究部、呼吸機能診療科、機能回復診療部、院長)
ロコモ・フレイル外来のおける低栄養の割合とフレイルの関連、生活背景の特徴
第30回日本老年学会総会、第59回日本老年医学会学術集会 2017年6月14日~6月16日 名古屋

谷川隆久、サブレ森田さゆり、川嶋修司、徳田治彦、荒井秀典 (看護部、臨床検査部、高齢者総合診療科、老年学・社会科学研究センター)
高齢者糖尿病患者におけるフレイルに関連する因子についての検討
第30回日本老年学会総会、第59回日本老年医学会学術集会 2017年6月14日~6月16日 名古屋

サブレ森田さゆり、杉浦彩子、内田育恵、谷川隆久、徳田治彦、荒井秀典 (看護部、臨床検査部、高齢者総合診療科、老年学・社会科学研究センター)
高齢糖尿病患者の難聴とフレイルの関連
第30回日本老年学会総会、第59回日本老年医学会学術集会 2017年6月14日~6月16日 名古屋

西原恵司、佐竹昭介、北川雄一、藤城健、川端康次、深田伸二、荒井秀典(老年内科部、フレイル研究部、感染管理室、医療安全推進部、外科、感染管理室、老年学・社会科学研究センター)
術後合併症の発症予測に対するフレイル評価の有用性
第30回日本老年学会総会、第59回日本老年医学会学術集会 2017年6月14日~6月16日   名古屋

平野裕滋、松井康素、近藤和泉、荒井秀典、佐竹昭介、竹村真里枝、飯田浩貴、伊藤直樹、谷本正智、原田敦 (先端診療部、機能回復診療部、老年学・社会科学研究センター、フレイル研究部、先端診療部、院長)
ロコモフレイル外来における身体機能評価とフレイルとの関連
第30回日本老年学会総会、第59回日本老年医学会学術集会 2017年6月14日~6月16日 名古屋

松井康素、荒井秀典、佐竹昭介、千田一嘉、近藤和泉、木下かほり、溝神文博、伊藤直樹、サブレ森田さゆり、原田敦(ロコモフレイルセンター、老年学・社会科学研究センター、フレイル研究部、治験・臨床推進センター、リハビリテーション科部、栄養管理部、薬剤部、看護部、院長)
当院に新設したロコモフレイル外来における多科、多職種連携におけるフレイル、サルコペニア、ロコモ評価
第30回日本老年学会総会、第59回日本老年医学会学術集会 2017年6月14日~6月16日   名古屋【2017年11月20日更新】 

山田実、荒井秀典 (老年学・社会科学研究センター)
サルコペニア高齢者における口腔機能特性-地域在住高齢者における横断研究-
第30回日本老年学会総会、第59回日本老年医学会学術集会 2017年6月14日~6月16日 名古屋

荒井秀典(老年学・社会科学研究センター)
高齢者のあるべき姿-国立長寿医療研究センターから望むこと
第30回日本老年学会総会、第59回日本老年医学会学術集会 2017年6月14日~6月16日   名古屋

荒井秀典(座長)(老年学・社会科学研究センター)
高齢者におけるワクチン治療の展望を考える
第30回日本老年学会総会、第59回日本老年医学会学術集会 2017年6月14日~6月16日 名古屋

金憲経、原田敦荒井秀典(院長、老年学・社会科学研究センター)
サルコペニア診断ガイドライン-治療-
第30回日本老年学会総会、第59回日本老年医学会学術集会 2017年6月14日~6月16日 名古屋

荒井秀典(座長) (老年学・社会科学研究センター)
サルコペニアガイドライン
第30回日本老年学会総会、第59回日本老年医学会学術集会 2017年6月14日~6月16日 名古屋

荒井秀典(老年学・社会科学研究センター)
フレイルに対するビタミン・バイオファクターの効果
日本ビタミン学会第69回大会      6月9日~10日 横浜

谷川隆久、サブレ森田さゆり、川嶋修司、徳田治彦、佐竹昭介、荒井秀典 (内分泌代謝内科、高齢者総合診療科、看護部、先端診療部、フレイル研究部、副院長)
基本チェックリストは高齢者糖尿病におけるフレイルのスクリーニングに有用である
第60回 日本糖尿病学会年次学術集会 2017.5.18-20 名古屋

佐竹昭介(フレイル研究部)
健康長寿のための介入研究:展望と課題
シンポジウム16 第59回 日本老年医学会学術集会 2017.6.14-16 名古屋

下方浩史島田裕之佐竹昭介、遠藤直人(老年学・社会科学研究センター、予防老年学研究部、フレイル研究部、新潟大学)
サルコペニア疫学分野
シンポジウム14 第59回 日本老年医学会学術集会 2017.6.14-16 名古屋

佐竹昭介(フレイル研究部)座長
高齢者の栄養管理
シンポジウム11 第59回 日本老年医学会学術集会 2017.6.14-16 名古屋

西原恵司、佐竹昭介、北川雄一、藤城健、川端康次、深田伸二、荒井秀典 (高齢者総合診療科、フレイル研究部、感染管理室、血管外科部、消化器外科部、副院長)
術後合併症の発症予測に対するフレイル評価の有用性
第59回 日本老年医学会学術集会 2017.6.14-16 名古屋

松井康素、荒井秀典、佐竹昭介、千田一嘉、近藤和泉、木下かほり、溝神文博、伊藤直樹、サブレ森田さゆり、原田敦 (ロコモフレイルセンター、副院長、フレイル研究部、栄養管理部、薬剤部、看護部、院長)
当院に新殺したロコモフレイル外来における多科,多職種連携によるフレイル.サルコペニア,ロコモ評価
第59回 日本老年医学会学術集会 2017.6.14-16 名古屋

平野裕滋、松井康素、近藤和泉、荒井秀典、佐竹昭介、竹村真里枝、飯田浩貴、伊藤直樹、谷本正智、原田敦. (ロコモフレイルセンター、副院長、フレイル研究部、関節科、臨床治験推進室、院長)
ロコモフレイル外来における身体機能評価項目とフレイルとの関連. 第59回 日本老年医学会学術集会 2017.6.14-16 名古屋

長谷川千紗、松下英二、岡田希和子、西山ゆい、佐竹昭介、葛谷雅文.(フレイル研究部)
健常高齢者におけるフレイルの進展への要因の検討.
第59回 日本老年医学会学術集会 2017.6.14-16 名古屋

佐竹昭介西原恵司北川雄一藤城健川端康次、深田伸二. (高齢者総合診療科、フレイル研究部、感染管理室、血管外科部、周術期診療部)
待機的外科手術患者に対する日本版Cardiovascular Health Study(J-CHS)基準によるフレイル評価の妥当性.
第59回 日本老年医学会学術集会 2017.6.14-16 名古屋

新畑豊、山岡朗子、川嶋修司、竹村真里枝、佐竹昭介、近藤和泉、大島浩子. (脳機能診療部、高齢者総合診療科、関節科、フレイル研究部、副院長)
地域包括ケア病棟入院患者の病態と入院前後のADL・QOL変化の検討.
第59回 日本老年医学会学術集会 2017.6.14-16 名古屋

山岡朗子、新畑豊、川嶋修司、竹村真里枝、佐竹昭介、近藤和泉、大島浩子. (脳機能診療部、高齢者総合診療科、関節科診療部、フレイル研究部、副院長)
地域包括ケア病棟入院患者が持つフレイル要素の検討.
第59回 日本老年医学会学術集会 2017.6.14-16 名古屋

竹村真里枝、山岡朗子、川嶋修司、佐竹昭介、近藤和泉、大島浩子、新畑豊. (脳機能診療部、高齢者総合診療科、関節科診療部、フレイル研究部、副院長)
整形外科患者における地域包括ケア病棟システムの意義に関する検討.
第59回 日本老年医学会学術集会 2017.6.14-16 名古屋

木下かほり、佐竹昭介、志水正明、新畑豊 (栄養管理部、フレイル研究部、高齢者総合診療科、脳機能診療部)
地域包括ケア病棟患者におけるESPEN基準“低栄養”の割合、および身体機能改善との関連性
第59回 日本老年医学会学術集会 2017.6.14-16 名古屋

里直行 (分子基盤研究部)
一般演題 口述発表 認知症1
第59回日本老年医学学会学術集会,2017年6月14日,名古屋

里直行 (分子基盤研究部)
シンポジウム2 糖尿病と認知症 糖尿病による認知症促進機構の解明
第59回日本老年医学学会学術集会,2017年6月15日,名古屋

徳田治彦、黒柳元、原田敦新飯田俊平、小澤 修 (臨床検査部、院長室、メディカルゲノムセンター)
骨芽細胞においてミモシン(MIM)は低酸素誘導因子(HIF)を介してプロスタグランジンF2alfa(PGF2alfa)によるオステオプロテジェリン(OPG)産生を抑制する.
第59回日本老年医学会学術集会、2017年6月15日、名古屋.

サブレ森田さゆり、杉浦彩子、内田育恵、谷川隆久、徳田治彦、荒井秀典 (看護部、耳鼻咽喉科、臨床検査部、副院長室)
高齢糖尿病患者の難聴とフレイルの関連.
第59回日本老年医学会学術集会、2017年6月16日、名古屋.

谷川隆久、サブレ森田さゆり、川嶋修司、徳田治彦、荒井秀典 (臨床検査部、看護部、治験・臨床研究推進部、副院長室)
高齢者糖尿病患者におけるフレイルに関する因子についての検討.
第59回日本老年医学会学術集会、2017年6月16日、名古屋.

佐治直樹、櫻井孝、島田裕之、鈴木啓介、武田章敬、伊藤健吾、鳥羽研二 (もの忘れセンター、予防老年学研究部、治験・臨床研究推進センター、神経内科、脳機能画像診断開発部、理事長室)
【シンポジウム4】認知症の先端的治療およびケアに向けた取り組み. —日本における認知症克服の取り組みー
第32回日本老年精神医学会、6月15日、名古屋【2017年8月4日更新】

佐治直樹、櫻井孝、鳥羽研二 (もの忘れセンター、理事長室)
【シンポジウム】なぜ、今脳小血管病が注目されているのか  脳小血管病のサロゲートマーカー:脈波検査は有用か? 
第59回日本老年医学会学術集会、6月14日、名古屋【2017年8月4日更新】

本橋佳子,平野浩彦,櫻井孝,櫻井薫,市川哲雄,高野直久,深井穫博,武井典子,大塚礼,山田律子,田中弥生,野原幹司,渡邊裕,枝広あや子 (もの忘れセンター,NILS-LSA活用研究室)
認知症高齢者に対する口腔管理と経口摂取支援に関するGL作成の試み 予備文献検索.
第28回日本老年歯科医学会学術大会,2017年6月16日,名古屋市.【2017年8月16日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
第30回日本老年学会総会 合同シンポジウム2 座長 2017年6月14日、名古屋市【2017年10月25日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
第16回日本老年学会総ケアマネジメント学会研究大会 市民公開講座 座長 2017年6月16日、名古屋市【2017年10月25日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
第16回日本老年学会総ケアマネジメント学会研究大会 教育講演 座長 2017年6月16日、名古屋市【2017年10月25日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
第16回日本老年学会総ケアマネジメント学会研究大会 大会長講演,2017年6月15日、名古屋市【2017年10月25日更新】

講演など(教育、普及、広報活動)

大島浩子 (在宅医療開発研究部)
在宅医療の現状と課題‐臨床研究から実践へ‐
政策医療看護実習・講義、国立看護大学校、6月26日、大府市.

柳澤勝彦 (所長室,認知症センター長室)
新たなアルツハイマー病バイオマーカー開発の必要性と現状.
第59回日本老年医学会学術集会, 特別講演, 2017年6月14日, 名古屋市

木村哲也 (アルツハイマー病研究部)
タウの生理学的・病態生理学的機能について.
第59回日本老年医学会学術集会, 教育講演, 2017年6月14日, 名古屋市

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防で健康寿命を延ばそう.
平成29年度JAあいち健康会議, 東浦町, 2017年6月8日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
百歳まで現役長寿を目指して.
第19回 百寿会の集い, 名古屋, 2017年6月10日.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
シンポジウム13「認知症医療の最前線」 身体活動と認知症 -mild cognitive impairmentに着目して-.
第59回日本老年医学会学術集会, 名古屋, 2017年6月16日.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
運動による認知症予防を目指して.
民生委員児童委員連盟南区支部総会, 名古屋, 2017年6月20日.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
認知機能低下を予防するための身体活動とその効果.
平成29年度健康運動指導士更新必修講座, 福岡市, 2017年6月25日.

近藤克則 (老年学評価研究部)
教育講演「健康格差とケアマネジメント」日本マネジメント学会第16回研究大会 2017.6.15 愛知県名古屋市

近藤克則 (老年学評価研究部)
講演「健康格差社会における薬剤師の役割」
2017年度 日本女性薬剤師会学術講演会「拡大する健康格差社会-健康増進のために何ができるかー」2017.6.25 東京都墨田区

保田朋波流 (老化機構研究部)
Epstein-BarrウイルスによるB細胞リンパ腫発症とその免疫監視機構
第21回 生物機能研究会、広島大学健康長寿研究拠点(HiHA) 2017年6月17日 東広島市

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
認知症高齢者の自動車運転を考える.
警視庁 高齢者交通事故防止キャンペーン,2017年6月24日,東京.

佐治直樹、櫻井孝、島田裕之、鈴木啓介、武田章敬、伊藤健吾、鳥羽研二 (もの忘れセンター、予防老年学研究部、治験・臨床研究推進センター、神経内科、脳機能画像診断開発部、理事長室)
多施設共同研究における高齢者総合機能評価の実践:オレンジレジストリ研究
第59回日本老年医学会学術集会、6月15日、名古屋

加藤隆司 (脳機能画像診断開発部)
認知症の核医学画像~最近の話題~
第19回みえてく (Mie Nuclear Technologists’ club), 2017年6月28日,三重県津新町

伊藤直樹, 太田隆二, 飯田圭紀, 佐藤健二, 近藤和泉 (リハビリテーション科部)
多職種が連携し健康長寿を支えるロボットを開発「ロボット技術を用いたフレイル予防」.
日本老年看護学会第22回学術大会, 2017年6月14-16日, 名古屋市

佐竹昭介(フレイル研究部)
高齢者の栄養障害のスクリーニング、アセスメント、介入方法を学ぶ
第2回TNT-Geri研修会 2017.6.17-18 名古屋

里直行 (分子基盤研究部)
老化の生化学
大阪大学医学部,2017年6月1日,大阪

里直行 (分子基盤研究部)
老化と認知症
名古屋市立大学医学部,2017年6月5日,名古屋

進藤由美(企画戦略局)
認知症サポーターを国際的に展開するための調査研究結果報告
平成29年度第1回大分県認知症施策プロデュース委員会、2017年6月1日、大分県医師会館

進藤由美(企画戦略局)
認知症地域支援推進員活動の現状と今後の向上のために
九州・沖縄地区認知症地域支援推進員活動研究大会 2017年6月2日、福岡県庁吉塚合同庁舎

進藤由美(企画戦略局)
地域における認知症の人の支援体制づくり
平成29年度第1回認知症介護指導者研修, 2017年6月20日,認知症介護研究・研修仙台センター

李相侖. (予防老年学研究部)
運動による認知症予防.
「平成29年度第1回介護予防講演会」, 知多市, 2017年6月24日.【2017年10月16日更新】

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
桃山学院大学 認知症予防に関する講演会 2017年6月3日、和泉市【2017年10月25日更新】

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
名古屋地方検察庁 検察官に対する認知症に関する勉強会 講演、2017年6月6日、名古屋市【2017年10月25日更新】

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
健康保険組合連合会東京連合会城西地区方面会 常務理事セミナー「認知症予防と保険者の関わりについて」講演、2017年6月8日、神奈川【2017年10月25日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
聖路加国際大学教育センター 認知症病態論 講師 2017年6月23日、東京都【2017年10月25日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
一般社団法人 富山県介護福祉士会「平成29年度介護福祉士プリセプター養成講座」講師、2017年6月25日、富山市【2017年10月25日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
立命館大学産業社会部 現代人とヘルスケアSA「老年期の疾患と地域ケア」講師、2017年6月30日、京都市【2017年10月25日更新】

センター内活動(セミナー等)

 

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2017年 [平成29年] 6月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター