文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2017年 [平成29年] 4月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

マンスリー­­レポート­(­研究業­績)­ 2­017­年­[平成2­­9年]4月

新聞・雑誌等

内田育恵 (先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
朝日新聞 ,平成29年4月27日朝刊,「高齢者の難聴は、認知機能を低下させる危険因子です」

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
茨城新聞,平成29年4月17日(月),認知症と運転、対応手引.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
朝日新聞,平成29年4月27日(木),教えて!高齢ドライバー:「運転がおかしい」家族はどうすれば?

木村泰之 (脳機能画像診断開発部)
先端人:脳内画像化 根治へ奮闘、国立長寿研木村泰之室長 認知症治療薬開発
朝日新聞2017年4月16日付け

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
NHK 認知症キャンペーン 認知症 ともに新時代へ③ 2017年4月26日【2017年10月25日更新】

論文発表等

原著論文

Ozaki K, Kondo I, Hirano S, Kagaya H, Saitoh E, Osawa A, Fujinori Y (リハビリテーション科部)
Training with a balance exercise assist robot is more effective than conventional training for frail older adults.
Geriatrics & Gerontology International, 2017 Mar 10, doi: 10.1111/ggi.13009 [Epub ahead of print]

Onogi K, Kondo I, Asagai Y, Saitoh E (リハビリテーション科部)
Differences in evaluation of functional skills of the Pediatric Evaluation of Disability Inventory (PEDI) between normally developing children and children with cerebral palsy.
Japanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Science vol 8, 37-43, 2017

Yamada M, Nanri H, Watanabe Y, Yoshida T, Yokoyama K, Itoi A, Date H, Yamaguchi M, Miyake M, Yamagata E, Tamiya H, Nishimura M, Fujibayashi M, Ebine N, Yoshida M, Kikutani T, Yoshimura E, Ishikawa-Takata K, Yamada M, Nakaya T, Yoshinaka Y, Fujiwara Y, Arai H, Kimura M. (老年学・社会科学研究センター)
Prevalence of Frailty Assessed by Fried and Kihon Checklist Indexes in a Prospective Cohort Study: Design and Demographics of the Kyoto-Kameoka Longitudinal Study. J Am Med Dir Assoc, in press

Satake S, Arai H. (老年学・社会科学研究センター)
Implications of frailty screening in clinical practice. Curr Opin Clin Nutr Metab Care, 2017 20: 4-10

Yoshimura Y, Arai H, Wakabayashi H, Yamada M, Kim HK, Harada A.  (老年学・社会科学研究センター、病院長)
Interventions for treating sarcopenia: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled studies. J Am Med Dir Assoc, in press

Nakamura M, Uno K, Hirayama A, Ako J, Nohara A, Arai H, and Harada-Shiba M. (老年学・社会科学研究センター)
Exploration into lipid management and persistent risk in patients hospitalised for acute coronary syndrome in Japan (EXPLORE-J): Protocol for a prospective observational study BMJ Open in press.

Arai H, Yamashita Y, Yokote K, Araki E, Suganami H, Ishibashi S. (老年学・社会科学研究センター)
Efficacy and safety of K-877, a novel selective peroxisome proliferator-activated receptor modulator (SPPARM), in combination with statin treatment: Two randomised, double-blind, placebo-controlled clinical trials in patients with dyslipidaemia. Atherosclerosis. in press

田代敦志, 相田潤, 菖蒲川由郷, 藤山友紀, 山本龍生, 齋藤玲子, 近藤克則 (老年学評価研究部)
高齢者における所得格差と残存歯数の関連:JAGES2013新潟市データ. 日本公衆衛生雑誌 64 (4): 190-196, 2017【2017年8月16日更新】

総説, その他

Saji N, Sakurai T. (もの忘れセンター)
Is gait speed a risk factor for dementia?
Geriatr Gerontol Int. 2017 Apr;17 Suppl 1:75-76.

下方浩史,安藤富士子 (NILS-LSA活用研究室)
肥満とサルコペニア,肥満に伴う臓器障害.
ホルモンと臨床,63:35-40,2017.

今井具子 (NILS-LSA活用研究室)
和食は本当に健康に良いのか,日本人の食はどうあるべきか.
食と医療,1:38-46,2017.

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
食事の多様性と健康,日本人の食はどうあるべきか.
食と医療,1:47-54,2017.

下方浩史,安藤富士子 (NILS-LSA活用研究室)
サルコペニア肥満,サルコペニア.
食と医療,1:96-102,2017.

下方浩史,安藤富士子 (NILS-LSA活用研究室)
食ガイドライン:高血圧症治療ガイドライン.
食と医療,1:136-141,2017.

Shinohara, M. , Tachibana, M., Kanekiyo, T., Bu, G. (分子基盤研究部)
Role of LRP1 in the pathogenesis of Alzheimer's disease: evidence from clinical and preclinical studies.
The Journal of Lipid Research, April 4, 2017, doi: 10.1194/jlr.R075796

篠原充 (分子基盤研究部)
ADのリスク遺伝子APOEの多彩な機能、
分子精神医学 2017年4月号 (Vol.17 No.2)

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
一億総活躍社会に向けた国家方針と現状と問題点:
日本抗加齢医学会雑誌 Vol.13 No.2,31-34,2017.4【2017年10月25日更新】

書物等

島田裕之. (予防老年学研究部)
実践編 6 バランスの評価とトレーニング.
潮見泰藏(編), 脳卒中に対する標準的理学療法介入 何を考え,どう進めるか?第2版, 文光堂, 東京都, 2017, pp176-184.

講演等

学会・研究会等発表

Kaori Kinoshita, Shosuke Satake, Satomi Furuzono, Kazuyoshi Senda , Young-Jae Hong, Keiji Nishihara, Shuji Kawashima, Hidetoshi Endo, Hidenori Arai.
 Malnutrition assessed by the new ESPEN consensus definition and frailty status by the CHS criteria in Japanese geriatric outpatients
International Conference on Frailty & Sarcopenia Reserch (ICFSR) 2017 April 27-28, Barcelona, Spain

Kaori Kinoshita, Shosuke Satake, Satomi Furuzono, Kazuyoshi Senda, Young-Jae Hong, Keiji Nishihara, Shuji Kawashima, Hidetoshi Endo, Hidenori Arai.(栄養管理部, フレイル予防医学研究室, 臨床研究企画室, 高齢者総合診療科, 長寿医療研修センター, 副院長)
 Malnutrition assessed by the new ESPEN consensus definition and frailty status by the CHS criteria in Japanese geriatric outpatients
International Conference on Frailty & Sarcopenia Reserch (ICFSR) 2017 April 27-28, Barcelona, Spain

Matsui Y, Takemura M, Harada A, Tomida M, Otsuka R, Fujiko A, Shimokata H (先端診療部,院長室,NILS-LSA活用研究室)
Association between the cross-sectional area of the thigh quadriceps and the hisotory rates of several diseases.
International Conference on Frailty & Sarcopenia Research 2017, Apr 29th, 2017, Barcelona, Spain.

Nishita Y  (NILS-LSA活用研究室)
Age-related changes in psychological well-being: findings from the NILS-LSA.
Workshop of MIDJA (Midlife in Japan), Apr 22nd, 2017, Kyoto. 

Kondo I (リハビリテーション科部)
Frailty of older adults and rehabilitation for it.
Scientific Conference on Rehabilitation Medicine between Fujita Health University & University of São Paulo, 2 April, 2017, Toyoake

鈴村彰太, 高野映子, 大宮嘉恵, 生川理恵, 伊藤直樹, 松尾宏, 近藤和泉 (リハビリテーション科部, 健康長寿支援ロボットセンター)
コミュニケーションロボットの使用により家族の介護負担軽減を認めた一症例
第8回ニューロリハビリテーション学会, 2017年4月22日, 富山県富山市

相本啓太, 高野映子, 伊藤直樹, 松尾宏, 尾崎健一, 近藤和泉 (リハビリテーション科部, 健康長寿支援ロボットセンター)
通常リハビリテーションに拒否がみられたが,歩行ロボット練習に積極的に取り組めた1症例
第8回ニューロリハビリテーション学会, 2017年4月22日, 富山県富山市

西部小百香, 渕上奈幹, 神谷正樹, 大沢愛子, 近藤 和泉 (リハビリテーション科部)
外来認知症患者における外出の特徴と外出頻度低下の要因
第8回ニューロリハビリテーション学会, 2017年4月22日, 富山県富山市

伊藤圭, 田口大輔, 佐藤健二, 伊藤直樹, 尾崎健一, 近藤和泉 (リハビリテーション科部)
超高齢者に対するバランス練習アシストの介入効果
第8回ニューロリハビリテーション学会, 2017年4月22日, 富山県富山市

谷本正智, 宇佐見和也, 戸澤のぞみ, 高野映子, 伊藤直樹, 近藤和泉 (リハビリテーション科部, 健康長寿支援ロボットセンター)
歩行車ロボットを用いた歩行運動の体力増進効果に関わる研究
第8回ニューロリハビリテーション学会, 2017年4月22日, 富山県富山市

Suzuki M, Naito M, Ota K, Kondo I (リハビリテーション科部)
VALIDITY OF THE JAPANESE VERSION OF QOLIBRI-OS (QUALITY OF LIFE AFTER BRAIN INJURY-OVERALL SCALE).
11th International Society of Physical and Rehabilitation Medicin (ISPRM) World Congress, 30 April - 4 May, 2017, Buenos Aires, Argentina

Osawa A, Maeshima S, Ueda I, Kamiya M, Kondo I (リハビリテーション科部)
AWARENESS AND THE BURDEN OF CAREGIVER FOR THE DEMENTIA IN OUT-PATIENTS REHABILITATION CLINIC.
11th International Society of Physical and Rehabilitation Medicin (ISPRM) World Congress, 30 April - 4 May, 2017, Buenos Aires, Argentina

Kondo I, Ozaki K, Tanioku T, Taguchi D, Sato K, Ito K, Takano E, Satake S, Kinoshita K, Matsuo H, Ohsawa A,  Itoh N, Hirano S, Kagaya H, Saitoh E, Shintani K (健康長寿支援ロボットセンター, リハビリテーション科部, フレイル研究部, 栄養管理部)
EFFECTIVENESS OF BALANCE ASSIST EXERCISE ROBOT (BEAR) FOR PEOPLE WITH FRAILTY AS COMPARED TO EXERCISE CLASS AND AMINO ACID SUPPLEMENT.
11th International Society of Physical and Rehabilitation Medicin (ISPRM) World Congress, 30 April - 4 May, 2017, Buenos Aires, Argentina

Takano E, Teranishi T, Aimoto K, Itoh N, Kondo I (健康長寿支援ロボットセンター, リハビリテーション科部)
DECREASING THE FALL RISK IN A WARD FOR COMMUNITY REHABILITATION IN JAPAN.
11th International Society of Physical and Rehabilitation Medicin (ISPRM) World Congress, 30 April - 4 May, 2017, Buenos Aires, Argentina

Kitamura S, Kimura Y, Ichise M, Seki C, Shimada H, Shinotoh H, Kubota M, Takahata K, Takado Y, Moriguchi S, Ishii T, Zhang M-R, Suhara T, Higuchi M, (脳機能画像診断開発部)
PET quantification of binding of a novel tau radioligand, 18F-AM-PBB3, in consideration of time-dependent changes in its plasma free fraction,
BRAIN & BRAIN PET 2017, April 2-4, 2017, Berlin

Kubota M, Kimura Y, Ichise M, Seki C, Takahata K, Kitamura S, Moriguchi S, Ishii T, Zhang M-R, Higuchi M, Suhara T, (脳機能画像診断開発部)
Binding of a metabotropic glutamate receptor subtype 5 radioligand, (E)-[11C]ABP688, in human brains assessed by test-retest PET scans,
BRAIN & BRAIN PET 2017, April 2-4, 2017, Berlin

S. Satake, K. Senda,  H. Shimokata,  K. Senda, H. Arai, K,Toba (フレイル研究部、呼吸機能診療科、在宅医療・地域連携診療部、老年学・社会科学研究センター)
Predictive ability of seven domains in the Kihon Checklist for the new incidence of 2.5-year dependency and mortality
The International Conference on Frailty & Sarcopenia Research2017 (ICFSR 2017) APR.27-29,2017, Barcelona, Spain

Arai H(Moderator)(老年学・社会科学研究センター)
Sarcopenia Research Update since the Asian Consensus.
ICFSR 2017 (International Conference on Frailty & Sarcopenia Research) Apr. 28 2017 Barcelona, Spain

Sakurai T, Sugimoto T, Saji N, Arai H, Toba K, Liang CK, Chen LK. (もの忘れセンター、老年学・社会科学研究センター、理事長)
Longitudinal Association of Cognitive Frailty with BADL decline in patients with MCI.
ICFSR 2017 (International Conference on Frailty & Sarcopenia Research) Apr. 28 2017 Barcelona, Spain

Torii M, Hashimoto M, Fujii T, Furu M, Ito H, Hanai A, Hamaguchi M, Terao C, Yamamoto A, Uda M, Nin K, Mimori T, Arai H. (老年学・社会科学研究センター)
Prevalence and risk factors of sarcopenia in elderly patients with rheumatoid arthritis.
ICFSR 2017 (International Conference on Frailty & Sarcopenia Research) Apr. 28 2017 Barcelona, Spain

Kinoshita K, Satake S, Furuzono S, Senda K, Hong YJ, Nishihara K, Kawashima S, Endo H, Arai H. (栄養管理部、フレイル研究部、呼吸機能診療科、高齢者総合診療科、長寿医療研修センター、老年学・社会科学研究センター)
Malnutrition assessed by the new ESPEN consensus definition and frailty status by the CHS criteria in Japanese geriatric outpatients.
ICFSR 2017 (International Conference on Frailty & Sarcopenia Research) Apr. 28 2017 Barcelona, Spain

Okura M, Ogita M, Yamamoto M, Nakai T, Numata T, Arai H. (老年学・社会科学研究センター)
Associations between self-assessed kyphosis and chewing disorders in frail community-dwelling elderly individuals.
ICFSR 2017  (International Conference on Frailty & Sarcopenia Research) Apr. 28 2017 Barcelona, Spain

Kim DH, Arai H, Kim SH. Social activities are associated with cognitive frailty in older Koreans. (老年学・社会科学研究センター)
ICFSR 2017 (International Conference on Frailty & Sarcopenia Research) Apr. 27 2017 Barcelona, Spain

Arai H, Tabara Y, Takah Y, Setoh K, Kawagu T, Nakayama T, Matsuda F. (老年学・社会科学研究センター)
SMALL DENSE LDL CHOLESTEROL AFFECTS ARTERIAL STIFFNESS IN JAPANESE: THE NAGAHAMA.
85th EAS Congress Apr. 24 2017 Prague, Czech

福岡秀記丹下智香子大塚礼安藤富士子,外園千恵,下方浩史 (先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
地域在住中高年者の眼圧の縦断変化・測定月に関する検討.
第121回日本眼科学会総会,2017年4月7日,東京都.【2017年6月14日更新】

Nobuyuki Kimura, Eriko Samura, Keiko Suzuki, Sachi Okabayashi, Nobuhiro Shimozawa, Yasuhiro Yasutomi. (アルツハイマー病研究部)
Dynein Dysfunction Reproduces Age-Dependent Retromer Deficiency: Concomitant Disruption of Retrograde Trafficking Alters APP Metabolism.
AD/PD2017, April 1, Vienna【2017年7月20日更新】

M. Sekiya, N. Fujisaki, M. Wang, Y. Sakakibara, M.E. Ehrlich, E.E. Schadt, B. Zhang, S. Gandy, K. Ando, K.M. Iijima. (アルツハイマー病研究部)
ECTOPIC EXPRESSION OF HUMAN TREM2/TYROBP IN DROSOPHILA GLIAL CELLS NEGATIVELY AFFECTS TRANSCRIPTIONAL PROGRAMS INDUCED BY ABETA42 AND WORSENS TAU-MEDIATED NEURODEGENERATION
AD/PD2017, April 1, Vienna【2017年7月20日更新】

講演など(教育、普及、広報活動)

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防を目的とした運動療法の効果.
昭和区医師会学術講演会, 名古屋, 2017年4月8日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防に対する新たなアプローチ ~最先端の研究から~.
ケアマネージャー、地域住民、入居施設の管理者、相談員、介護職員、機能訓練指導員等向け講演会, 長野, 2017年4月13日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
脳を刺激して認知症を防ぐ生活の知恵.
2017年菊池養生園祭, 熊本, 2017年4月16日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症に負けない.
蒲郡市民公開講座, 蒲郡, 2017年4月23日.

丸山光生 (老化機構研究部)
基礎老化研究の最前線と健康長寿社会への取り組み
第13回加齢皮膚医学研究会, 2017年4月29日, 福島市

近藤和泉 (リハビリテーション科部)
嚥下リハビリテーションについて-その基礎的な事項-
沼津リハビリテーション病院研修会, 2017年4月6日, 沼津市

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
認知症と自動車運転:ご本人と家族介護者への支援(プレナリー).
アルツハイマー病研究会 プレナリーセッション2,2017年4月22日,東京.

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
PET検査の臨床使用ガイドライン(適正投与量を含む)
日本核医学会春季大会PET研修セミナー 2017年4月22日 東京

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
PET検査の臨床使用ガイドライン
日本核医学会春季大会核医学指導者コース 2017年4月23日 東京

徳田治彦(臨床検査部)
長寿ドックとフレイル・骨折予防について
知多半島健康寿命延伸セミナー
2017年4月27日 国立長寿医療研究センター教育研修棟 大府

斎藤民 (老年社会科学研究部)
地域でできる気軽で楽しい健康づくり
こぐこぐ教室第1回健康講座地域在住高齢者100名、2017.4.10長寿医療研修センター研修棟

Nakashima M. (幹細胞再生医療研究部)
Induction of pulp regeneration by mobilized dental pulp stem cells: a pilot clinical study.
Symposium “Saving the Natural Tooth by Pulp and Dentin Regeneration”. American Association of Endodontics (AAE) 2017. New Orleans April 27, 2017.【2017年6月14日更新】

Iohara K.., Fujita M., Ariji Y., Yoshikawa M., Watanabe H., Takashima A., Nakashima M. (幹細胞再生医療研究部)
Assessment of pulp regeneration induced by stem cell therapy by Magnetic Resonance Imaging (MRI).
The 2017 Journal of Endodontics Awards. American Association of Endodontics (AAE). Apr. 26, 2017.【2017年6月14日更新】

進藤由美 (企画戦略局)
「BPSDケアレジストリ アドミニストレーター研修」
認知症の人の地域生活を支援するケアプログラム推進事業,東京都医学総合研究所, 2017年4月18日,東京都世田谷区【2017年6月14日更新】

Shimada H. (予防老年学研究部)
Agriculture activity for a senescent person and prevention of dementia through physical activity in Japan.
International Symposium on the Agro-healing in Busan, keynote lecture, Busan, Korea, April 20, 2017.【2017年6月14日更新】

近藤克則 (老年学評価研究部)
Community based intervention for elderly health through data- driven measurement and monitoring: JAGES project
ヘルシーエイジングに関するシンポジウム(AMEDロンドン事務所主催)、2017.4.12、英国ロンドンの王立内科医協会(Royal College of Physicians)【2017年8月16日更新】

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
一般社団法人 富山県介護福祉士会「介護福祉士プリセプター養成講座」講師、2017年4月8日、富山市【2017年10月25日更新】

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
名古屋文理大学短期大学部「栄養士のための食・栄養健康に関する現代社会の実情ならびに課題について」講師、2017年4月20日、名古屋市【2017年10月25日更新】

センター内活動(セミナー等)

 

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2017年 [平成29年] 4月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター