文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2017年 [平成29年] 2月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

マンスリー­レポート(­研究業績)­ 2017­年[平成2­9年]2月

新聞・雑誌等

近藤克則 (老年学評価研究部)
名古屋リビング新聞社「明日の健康は今の自分の体を知るところから」2017年2月11日号

島田裕之. (予防老年学研究部)
日経おとなのOFF, 効く!「算数ウオーキング」, 東京, 2017年2月18日.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
琉球新報,平成29年2月13日(月),免許返納容易な環境に:認知症の対応で手引.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
高知新聞,平成29年2月14日(火),家族向け手引きウェブ公開:返納促す具体策紹介.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
福島民報,平成29年2月14日(火),免許の自主返納環境づくり大切:認知症の運転 家族向けに手引も.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
河北新報,平成29年2月16日(木),免許返納環境づくり:認知症 家族向けに手引.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
宮崎日日新聞,平成29年2月16日(木),過疎地“足”確保ひと工夫:認知症対応で手引書.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
山陽新聞,平成29年2月17日(金),免許返納しやすい環境に:認知症と運転 悩む家族に対応法.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
山梨日日新聞,平成29年2月17日(金),免許返納しやすい環境へ:家族向け手引公開.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
秋田魁新報,平成29年2月17日(金),免許の返納推進へ模索:認知症の免許返納手引.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
大分合同新聞,平成29年2月17日(金),家族に向けて接し方を紹介.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
大阪日日新聞,平成29年2月18日(土),免許返納しやすい環境を:“認知症と運転”実践的手引.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
日本海新聞,平成29年2月18日(土),免許返納しやすい環境を:“認知症と運転”実践的手引.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
愛媛新聞,平成29年2月19日(日),免許返納促す環境へ:認知症家族向け支援ガイド公開.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
毎日新聞,平成29年2月20日(月),高齢ドライバーと家族 歩み寄るには.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
佐賀新聞,平成29年2月20日(月),返納しやすい環境へ:認知症の免許返納で手引.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
信濃毎日新聞,平成29年2月21日(火),運転免許を返納しやすく:家族向け手引 専門家が公開.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
福井新聞,平成29年2月21日(火),運転免許返納 対応法を解説.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
岐阜新聞,平成29年2月22日(水),免許返納促す環境づくり:認知症高齢者の返納で手引.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
下野新聞,平成29年2月23日(木),免許返納へ環境づくり:認知症対象に手引.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
上毛新聞,平成29年2月23日(木),「自主」促し環境整備:認知症の対応例紹介.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
山陽新聞,平成29年2月23日(木),コラム滴一滴:家族介護者のための支援マニュアルをウェブ公開.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
徳島新聞,平成29年2月26日(日),認知機能チェック厳しく:スムーズに自主返納へ.

里直行、綿田裕孝(分子基盤研究部)
朝日新聞医療サイト・アピタル, 2017年2月9日, 忘れることへの恐れやストレスを和らげる方法−−見て思い出せばいい【2017年4月17日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
東海テレビ スイッチ! 2017年2月23日【2017年5月22日更新】

論文発表等

原著論文

Kuroyanagi G, Tokuda H, Yamamoto N, Kainuma S, Fujita K, Ohguchi R, Kawabata T, Sakai G, Matsushima-Nishiwaki R, Harada A, Kozawa O, Otsuka T. (臨床検査部,院長室)
(-)-Epigallocatechin gallate synergistically potentiates prostaglandin E2-stimulated osteoprotegerin synthesis in osteoblasts.
Prostaglandins Other Lipid Mediat. 128-129:27-33,2017.

斉藤雅茂、宮國康弘、斎藤民、尾島俊之・近藤克則 (老年社会科学研究部・老年学評価研究部).
独居高齢者への見守り活動のプロセス評価: 見守り活動は支援すべき人々をカバーできているのか.
社会福祉研究(鉄道弘済会)(印刷中)

Nariaki Shiraishi, Yusuke Suzuki, Daisuke Matsumoto, Seungwon Jeong, Motoya Sugiyama, Katsunori Kondo (老年社会科学研究部・老年学評価研究部).
Effects of a Self-Exercise Program on Activities of Daily Living in Patients After Acute Stroke: A Propensity Score Analysis Based on the Japan Association of Rehabilitation Database.
Archives of Physical Medicine and Rehabilitation,98:434-41,2017

Okura M, Ogita M, Yamamoto M, Nakai T, Numata T, Arai H. (老年学・社会科学研究センター)
Self-assessed kyphosis and chewing disorders predict disability and mortality in community-dwelling older adults.
Journal of the American Medical Directors Association, in press

近藤和泉, 戸原玄 (機能回復診療部)
在宅療法での栄養サポート
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 54, 111-115, 2017

近藤和泉 (機能回復診療部)
高齢者のフレイルとリハビリテーション
The Journal of Japan Osteoporosis Society, 3, 107-108, 2017

吉村貴子,前島伸一郎,大沢愛子,苧阪満里子 (機能回復診療部)
言語流暢性課題に現れた認知症のワーキングメモリの特徴-言語流暢性課題にはワーキングメモリの中央実行系が関連する可能性がある-
高次脳機能研究, 36(4): 484-491, 2016

総説, その他

近藤克則 (老年学評価研究部)
集中講座 研究入門 第14回「Q&Aその1-学びの場、臨床と研究の両立」総合リハビリテーション45(2):157-160,2017
健康格差社会にどう立ち向かうか 臨床への提言,民医連医療 535(3月号):22-27,2017
健康格差 日本の経済成長にも影響「格差社会」の是正を急げ,くらしとからだ 91:3-5,2017

亀田義人,近藤克則 (老年学評価研究部)
地域包括ケア「見える化」システムと社会参加戦略,Geriatric Medicine 55(2月号):145-149,2017

木村泰之, 加藤隆司, 木澤剛, 伊藤健吾, (脳機能画像診断開発部、放射線診療部)
タウイメージングと診断・治療応用の現状.
Bio Industry, 34(2): 10-18, 2017

島田裕之. (予防老年学研究部)
III章 予防理学療法の実際, 5認知症の予防, 1)認知症予防.
予防理学療法学要論, pp139-145, 2017.

島田裕之. (予防老年学研究部)
特集: 地域包括ケア時代における高齢者の社会参加・社会貢献.
Seminar 3. 認知症予防のための活動と社会参加.
Geriatric Medicine (老年医学)2月号. 55(2): 165-168, 2017.

島田裕之. (予防老年学研究部)
Interview オピニオンを聞く 第9回 高齢者における運転の問題.
現代生活と密接な関係をもつ運転の問題を社会全体で考える ~運転寿命延伸プロジェクトで議論の準備を~.
Geriatric Medicine (老年医学) 2月号. 55(2): 201-206, 2017. 

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
認知症の予防 認知症予防の最前線:日精診ジャーナル43巻1号,34-44,2017.2【2017年5月22日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
内科医からみる認知症と地域包括ケア:日本社会精神医学会雑誌、第26巻、第1号,78-81,2017.2【2017年5月22日更新】

近藤克則 (老年学評価研究部)
今週の一言「健康格差社会への処方箋」,法学館憲法研究所 2017.2.13【2017年8月16日更新】

書物等

近藤克則 (老年学評価研究部)
健康格差社会への処方箋,2017.医学書院

玻名城隼、丸山光生 (老化機構研究部)
2016 Cold Spring Harbor Laboratory Mechanism of Aging Meeting参加報告記
基礎老化研究 41(1); 37-38 , 2017

引地博之,近藤克則 (老年学評価研究部)
QOLと現代社会「生活の質」を高める条件を学際的に研究する
第6章 地域社会とQOL-ソーシャル・キャピタルと心の健康、139-164 明石書店,2017【2017年8月16日更新】

講演等

学会・研究会等発表

荒井秀典(老年学・社会科学研究センター) 
サルコペニアに対する運動療法
第51回 糖尿病学の進歩 2017年2月17日 京都

荒井秀典(老年学・社会科学研究センター)
糖尿病における脂質異常症管理の意義
第51回 糖尿病学の進歩   2017年2月17日 京都

乾好貴、太田誠一朗、外山宏、市原隆、宇野正樹、豊田昭博、石黒雅伸、西堀弘記、木澤剛加藤隆司伊藤健吾 、岡沢秀彦、山崎孝浩、佐久間肇、大橋一郎 (放射線診療部、脳機能画像診断開発部)
123I-IMP標準プロトコールに基づいて作成した統計解析用共通正常データベースの臨床的評価
日本核医学会第84回中部地方会 2017年2月25日、津市

島田裕之. (予防老年学研究部)
Quality ~未来へつなぐ専門性~, 高齢者リハビリテーションの『今』 ~長寿社会におけるPT戦略~.
第28回長崎県理学療法学術大会in島原, 基調講演, 長崎市, 2017年2月18日.

大沢愛子 (機能回復診療部)
認知症に対するリハビリテーション.
第40回 日本リハビリテーション医学会中部・東海地方 教育講演, 2017年2月18日, 名古屋

志水正明 木下かほり 佐竹昭介 (栄養管理部, フレイル研究部)
地域包括ケア病棟における栄養状態と予後に関する研究
第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会 2017.2.23-24 岡山

木下かほり 佐竹昭介 (栄養管理部, フレイル研究部)
糖尿病と認知症を患う患者とその夫への継続的な栄養指導-生活習慣病管理とフレイル予防の両視点の重要性―
第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会 2017.2.23-24 岡山

小嶋紀子 木下かほり 小出由美子 伊藤史朗 鈴木葉子 志水正明 佐竹昭介 山岡朗子 (栄養管理部, 薬剤部, 看護部,フレイル研究部, 脳機能診療部)
長期絶食によるADL低下が懸念された頸部膿瘍患者に対する多職種介入の一例
第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会 2017.2.23-24 岡山

白井禎朗大塚礼加藤友紀西田裕紀子丹下智香子富田真紀子今井具子,栗木清典,安藤富士子下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
Habitual high intake frequency of green tea suppressed cognitive decline in elderly Japanese individuals: the National Institute for Longevity Sciences-Longitudinal Study of Aging (NILS-LSA).
第9回 NAGOYAグローバルリトリート,2017年2月10日,大府市.

西田裕紀子 (NILS-LSA活用研究室)
知能のエイジング:15年間の学際的縦断研究から.
神戸大学人間発達環境学研究科 生涯発達心理学セミナー,2017年2月24日,神戸市.

Shingo Takeuchi, Sachi Okabayashi, Nobuhiro Shimozawa, Yasuhiro Yasutomi, Nobuyuki Kimura. (アルツハイマー病研究部)
Type II diabetes mellitus accelarates age-dependent Abeta pathology in cynomolgus monkey brains.
第9回NAGOYAリトリート, 2017年2月10日, 大府市【2017年4月17日更新】

大脇駿平, 谷本正智, 田口明奈, 相本啓太, 伊藤直樹, 近藤和泉, 文堂昌彦 (機能回復診療部, 脳機能画像診断開発部)
特発性正常圧水頭症患者のシャント術後における歩行障害に対するリハビリテーションの効果 -足部軌跡の1峰性から2峰性への変化に着目して-
第18回日本正常圧水頭症学会, 2017年2月5日, 北九州市【2017年4月21日更新】

文堂昌彦、谷本正智、田中明奈、大脇駿平、澤戸稚保美 (機能回復診療部, 脳機能画像診断開発部)
特発性正常圧水頭症とサルコペニア
第18回日本正常水頭症学会 2017年2月4日 北九州【2017年4月21日更新】

講演など(教育、普及、広報活動)

佐治直樹(もの忘れセンター)
中濃臨床懇話会 認知症の臨床と研究について最近の話題 2017/2/23 関市

進藤由美(企画戦略局) 
推進員活動の実効性を上げるためのプロセス
認知症の人とその家族の支援体制の構築及び認知症ケアの向上を図るための取組みの推進(連携支援・認知症ケアパス)
平成28年度第16回認知症地域支援推進員研修,2017年2月2日,東京都品川区

近藤克則 (老年学評価研究部)
地域や社会経済状況による集団間の健康格差
ちば県民保健予防財団平成28年度ウィンターセミナー,2017.2.10,千葉県千葉市

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症と運動.
東京都健康長寿医療センター研究所「健康長寿ガイドライン」策定検討会, 東京都, 2017年2月3日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
予防理学療法の基礎を学習を学ぶとともに予防理学療法を教授できる知識を習得する.
予防理学療法研修会(基礎編)北海道ブロック, 北海道, 2017年2月4日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
平成28年度 なごや介護予防・認知症予防プログラム事業者研修会.
名古屋市健康福祉局地域ケア推進課地域支援係, 名古屋, 2017年2月17日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
第2回 高齢運転者交通事故防止対策に関する有職者会議.
警察庁交通局, 東京都, 2017年2月22日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
認知症・認知機能低下予防と身体活動の関係.
平成28年度健康運動指導士更新必修講座, 日本健康運動指導士会, 盛岡, 2017年2月25日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
認知症予防についてできること~コグニサイズのススメ~.
平成28年度青少年健全育成講演会, 神田コミュニティ推進協議会, 大府, 2017年2月26日.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
認知症高齢者の自動車運転を考える:認知症高齢者の安全と安心のために.
第16回周南地区認知症研究会(特別講演),2017年2月4日,山口県周南市.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
認知症高齢者の自動車運転を考える:当事者・家族介護者への支援の観点から.
北関東・甲信越支店 Dementia Forum 2017(特別講演),2017年2月26日,東京.

近藤和泉 (機能回復診療部)
医学とロボット-介護ロボットも含めて-.
西川流NOSS講義, 2017年2月15日, 名古屋

近藤和泉 (機能回復診療部)
地域包括ケアシステムと訪問リハビリテーション.
佐賀県医師会在宅リハビリテーション研修会, 2017年2月22日, 佐賀

鈴木隆雄 (理事長特任補佐室)
認知症行方不明者の実態と地域での対応
愛知県徘徊予防研修, 2017年2月3日, 愛知県.

鈴木隆雄 (理事長特任補佐室)
地域包括ケアに関する諸問題~認知症対策を含めて
これからの介護を考える集中講座 鈴木隆雄塾, 2017年2月6日, 東京.

鈴木隆雄 (理事長特任補佐室)
科学的根拠で取り組む
岡崎市議会 議員研修会, 2017年2月15日, 愛知県.

鈴木隆雄 (理事長特任補佐室)
認知症の人の徘徊を地域で支える-行方不明者の実態と地域での対応-
認知症医療介護推進フォ-ラム, 2017年2月19日, 愛知県.

柳澤勝彦(所長室,認知症センター長室)
「認知症の正しい理解と共生可能な地域づくりを目指して」
大府市政策課題研修、2017年2月20日、大府市

木下かほり (栄養管理部)
高齢者に求められる栄養管理と指導
第2回認知症カンファレンス~在宅医療と認知症を考える~ 2017.2.16 名古屋

木下かほり (栄養管理部)
高齢者に求められる栄養管理と指導
第1回認知症カンファレンス~在宅医療と認知症を考える~ 2017.2.15 名古屋

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
元気で楽しく生きる知恵『養生訓』に学ぶ健康長寿.
岐阜市生涯学習センター・ハートフルレクチャー,2017年2月19日,岐阜市.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
認知症予防について学ぼう~食生活・生活習慣のここがポイント~.
四日市市健康づくり団体スキルアップ教室,2017年2月22日,四日市市.

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
一般社団法人愛知県介護福祉士会「平成28年度課題改善に向けたプリセプターシップ研修」講師、2017年2月4日、名古屋市【2017年5月22日更新】

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
社会福祉法人東浦町社会福祉協議会「認知症サポーターフォローアップ講座」講師、2017年2月11日、東浦町【2017年5月22日更新】

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
一般社団法人愛知県介護福祉士会「平成28年度認知症サポーター養成講座」講師、2017年2月12日、名古屋市【2017年5月22日更新】

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
北九州医師会「かかりつけ医認知症対応力向上フォローアップ研修」講師、2017年2月13日、北九州市【2017年5月22日更新】

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
津島市役所 「認知症フォーラム」講師、2017年2月19日、津島市【2017年5月22日更新】

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
愛知県高齢福祉課「認知症地域支援推進員活動スキルアップ研修」講師、2017年2月21日、名古屋市【2017年5月22日更新】

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
磐田認知症カンファレンス「認知症診療のトピックス」講演、2017年2月22日、磐田市【2017年5月22日更新】

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
一般社団法人 愛知県歯科医師会「平成28年度歯科医師の認知症対応力向上研修会」講師、2017年2月26日、名古屋市【2017年5月22日更新】

近藤克則 (老年学評価研究部)
特別講演 「ソーシャルキャピタルと健康-科学的探究から応用へ」
新潟のソーシャルキャピタルを考える会2017、2017年2月19日.新潟県新潟市【2017年8月16日更新】

センター内活動(セミナー等)

坂本明彦 (老化機構研究部)
Involvement of Zizimin2 in the defective antibody production by aged peritoneal B-1a B cells
平成28年度 流動研究員発表会,2017年2月24日

玻名城隼  (老化機構研究部),
Role of cellular senescence-related gene, TARSH/Abi3bp in cellular proliferation and lung homeostasis
平成28年度 流動研究員発表会, 2017年2月24日

文堂昌彦 (脳機能画像診断開発部)
特発性正常圧水頭症とサルコペニア
CAMD報告会,2017年2月8日【2017年4月17日更新】

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2017年 [平成29年] 2月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター