文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2016年 [平成28年] 12月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

マンスリーレポート(研究業績) 2016年[平成28年]12月

新聞・雑誌等

島田裕之. (予防老年学研究部)
RIETI Highlight Winter62, 2016年12月, BBL Seminar開催報告, 健康寿命延伸に関するエビデンスと課題.

島田裕之. (予防老年学研究部)
KGA GOLFER’S NEWS, 2016年12月26日発行, 「ゴルフで楽しく認知症予防」プロジェクトのゴルフ教室を実施中です.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK 総合テレビ:日曜討論,平成28年12月11日(日),日曜討論「どう防ぐ?高齢ドライバー事故」.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHKラジオ第1:日曜討論,平成28年12月11日(日),日曜討論「どう防ぐ?高齢ドライバー事故」.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK ONLINE:日曜討論,平成28年12月11日(日),日曜討論「どう防ぐ?高齢ドライバー事故」.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK 総合テレビ:おはよう日本,平成28年12月27日(火),納得できる免許証の自主返納を.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK ONLINE:おはよう日本 特集ダイジェスト,平成28年12月27日(火),納得できる免許証の自主返納を.

里直行、綿田裕孝 (分子基盤研究部)
脳の萎縮予防へ「マイ・エブリサイズ」の提案
2016年12月8日、朝日新聞医療サイト・アピタル連載「糖尿病予防は認知症予防」シリーズ:どうやって防ぐか

近藤克則、村田千代栄 (老年学評価研究部、老年社会科学研究部)
NHK「NHK東海ニュース」認知症の予防をテーマにした講演会開催が愛知県東海市で開催~2016年12月13日

近藤克則 (老年学評価研究部)
中日新聞「長寿研 高齢者27万人調査へ」、2016年12月24日夕刊

近藤克則 (老年学評価研究部)
しんぶん赤旗「健康格差社会」に警鐘、2016年12月27日

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
NHK あさイチ 2016年12月26日【2017年5月22日更新】

論文発表等

原著論文

西守隆, 今岡真和, 呉本冬馬. (予防老年学研究部)
要介護高齢者の歩行速度とステップ長の運動学的要因の関連について.
日本生理人類学会誌, 21(4): 167-172, 2016.

Nishita Y, Tange C, Tomida M, Ostuka R, Ando F, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Personality and global cognitive decline in Japanese community-dwelling elderly people: A 10-year longitudinal study.
J Psychosom Res, 91: 20-25, 2016. 

Saito T , Wakui T, Kai I.(老年社会科学研究部)
Effect of spousal illness on self-rated health in older couples: role of gender and proximity to adult children.
Geriatrics & Gerontology International, 16(12):1332-1338, 2016.

近藤和泉 (機能回復診療部)
高齢者のフレイルとリハビリテーション.
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 53, 860-865, 2016

Omiya Y, Suzumura S, Itoh N, Osawa A, Tateno R, Mizuno A, Kondo I (機能回復診療部)
Effect of adaptations to the living environment on ADL abilities and self-perception of performance/satisfaction - Based on experience from post-discharge home visits -.
Japanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Science, 7, 95-101, 2016

Matsuo H, Sonoda S, Maeshima S, Watanabe M, Sasaki S, Okuyama Y, Okazaki H, Okamoto S, Kondo I (機能回復診療部)
Contribution of physical impairment or imaging findings in the prediction of ADL outcome in stroke patients with middle cerebral artery infarction.
Japanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Science, 7, 119-129, 2016

Nakayama H., Iohara K., Hayashi Y., Okuwa Y., Kurita K., Nakashima M.: (幹細胞再生医療研究部)
Enhanced regeneration potential of mobilized dental pulp stem cells from immature teeth.
Oral Dis. 2016. Dec 14. DOI 10.1111/odi.12619. in press

Nakashima M., Iohara K., Murakami M., Nakamura H., Sato Y., Ariji Y., Matsushita K.: (幹細胞再生医療研究部)
Pulp regeneration by transplantation of dental pulp stem cells in pulpitis: A pilot clinical study.
Stem Cell Res Therapy (in revision)

近藤和泉 (健康長寿支援ロボットセンター)
リハビリロボット
BIO Clinica, 32, 33-36, 2017 年1月【2017年1月17日更新】

Fujita R, Matsui Y, Harada A, Takemura M, Kondo I, Nemoto T, Sakai T, Hiraiwa H, Ota S (先端診療部, 病院長, 健康長寿支援ロボットセンター)
Does the Q − H index show a stronger relationship than the H:Q ratio in regard to knee pain during daily activities in patients with knee osteoarthritis?
The Journal of Physical Therapy Science, 28, 3320-3324, 2016【2017年1月17日更新】

Aoki T, Shimada K, Sakamoto A, Sugimoto K, Morishita T, Kojima Y, Shimada S, Kato S, Iriyama C, Kuno S, Harada Y, Tomita A, Hayakawa F, Kiyoi H (老化機構研究部)
Emetine elicits apoptosis of intractable B-cell lymphoma cells with MYC rearrangement through inhibition of glycolytic metabolism
Oncotarget 2016; doi: 10.18632/oncotarget.14393【2017年1月17日更新】

総説, その他

島田裕之. (予防老年学研究部)
特集 運動の実践と効果, 認知症に対する運動療法.
日本医師会雑誌, 145(9): 1909-1912, 2016.

佐治直樹、島田裕之、櫻井孝、武田章敬、柳澤勝彦、鈴木啓介、伊藤健吾、鳥羽研二. (もの忘れセンター、予防老年学研究部、認知症センター、治験・臨床研究推進センター)
日本における認知症克服の取り組み.
Medical Science Digest 2016;42(14):670-673.

書物等

進藤由美 (企画戦略局)
「地域で認知症の人を支えるために:地域ケアシステム」
認知症ケア標準テキスト改訂5版 認知症ケアにおける社会資源, 日本認知症ケア学会編,株式会社ワールドプランニング, 東京, pp195-205, 2016

講演等

学会・研究会等発表

今岡真和. (予防老年学研究部)
プレサルコペニアおよびサルコペニアが新規要介護発生リスクへ与える影響. 保健医療学学会第7回学術集会, 大阪市, 201112月4日.

西田裕紀子,中村昭範,加藤隆司,岩田香織,大塚礼,丹下智香子,富田真紀子,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室,脳機能画像診断開発部)
地域一般高齢者の海馬の加齢変化及びその影響因子-大規模縦断疫学研究より-.
第35回日本認知症学会学術集会,2016年12月1日,東京都.

大島浩子 (在宅医療開発研究部)
認知症ケアの登録制の開発に向けた認知症高齢者の介護支援に関する実態調査.
第36回日本看護科学学会学術集会,12月11日,東京.

大島浩子,梶田真子,篠崎未生,近藤和泉,佐竹昭介,川嶋修二,山岡朗子,竹村真里枝,新畑豊 (在宅医療開発研究部,看護部,脳機能診療部,機能回復診療部,フレイル研究部,治験・臨床研究推進部,先端診療部)
フレイルという側面からみた地域包括ケア病棟の意義に関する研究:高齢者の健康関連QOL評価.
第4回QOL/PRO研究会学術集会2016,12月17日,名古屋.

里直行 (分子基盤研究部)
認知症の予防の最前線ー糖尿病が認知症を促進する分子メカニズムの解明
脳心血管抗加齢研究会2016、シンポジウム6:認知症におけるTopics(周辺情報・在宅も含めて).2016年12月18日、東京

石黒亮, 野間崇志, 木村展之, 昆隆英, 石浜明 (アルツハイマー病研究部)
mRNAグアニン四重鎖の酸化はTDP-43による特異的結合を低下させる.
第39回日本分子生物学会, 2016年12月1日, 横浜市

野間崇志,山本遼介,下理恵子,木村展之,石黒亮,昆隆英 (アルツハイマー病研究部)
mRNAグアニン四重鎖との分子間相互作用に影響するTDP-43 ALS変異の同定.
第39回日本分子生物学会, 2016年12月1日, 横浜市

木村展之、岡林佐知、下澤律浩、保富康弘 (アルツハイマー病研究部)
Ⅱ型糖尿病発症カニクイザル脳組織を用いた生化学的検索.
第35回日本認知症学会, 2016年12月2日, 東京

Sasaki Y, Aida J, Miyaguni Y, Tsuji T, Nagamine Y, Tani Y, Saito T , Kakimoto K, Kondo K. (老年社会科学研究部、老年学評価研究部)
Can types of residence after the Great East Japan Earthquake predict the incidence of depressive symptoms? The Iwanuma project, The JAGES prospective cohort study.
The 31th Annual Meeting of Japan Association for International Health, Kurume, Japan, O-02-02, 2016.12.03

近藤和泉 (機能回復診療部)
QOL評価に関する考察-評価尺度作成の観点から-.
第4回QOL/PRO研究会学術集会特別講演, 2016年12月17日, 名古屋

坂倉健司、古賀一輝、佐藤浩司、藤田智洋、杉山宗平、浅野敦. (臨床検査部)
CD3抗体を用いた免疫組織化学染色精度管理調査結果報告
平成28年度日臨技中部圏支部医学検査学会(第55回) 2016年12月11日. 金沢.

渡邉淳 (共同利用推進室)
アルツハイマー病患者の血漿中のApoEの解析.
第35回日本認知症学会学術集会, 2016年12月2日, 東京【2017年1月17日更新】

吉田裕孝 (共同利用推進室)
タウの細胞外放出機構についての解析.
第35回日本認知症学会学術集会, 2016年12月2日,東京【2017年1月17日更新】

Iwashita Y, Sugimoto M, Maruyama M (老化機構研究部)
Exploration and functional analysis of cellular senescence-associated long non-coding RNAs
第39回日本分子生物学会年会、2016年12月1日、横浜【2017年1月17日更新】

Aoki T, Shimada K, Sakamoto A, Sugimoto K, Morishita T, Kojima Y, Shimada S, Kato S, Iriyama C, Kuno S, Harada Y, Nakamura S, Tomita A, Hayakawa F, Kiyoi H (老化機構研究部)
Emetine elicits apoptosis of intractable B-cell lymphoma cells with MYC rearrangement through inhibition of glycolytic metabolism
58th ASH Annual Meeting. Dec 4, 2016. San Diego, CA, USA【2017年1月17日更新】

坂本明彦玻名城隼、高岡晃教、丸山光生 (老化機構研究部)
Concomitant deletion of Zizimin2/3 for mimicking impaired protective immunity in aged mice
第45回日本免疫学会学術集会、2016年12月6日、沖縄【2017年1月17日更新】

 玻名城隼、坂本明彦、丸山光生 (老化機構研究部)
The murine immunosenescence-associated gene Zizimin2 promoter region and its transcriptional regulation with aging
第45回日本免疫学会学術集会、2016年12月6日、沖縄【2017年1月17日更新】

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
座長 シンポジウム6「実臨床のAD;治療には何が一番役立つか?」
第35回日本認知症学会学術集会 2016年12月1日(木),東京【2017年5月22日更新】

講演など(教育、普及、広報活動)

島田裕之. (予防老年学研究部)
運動による認知症予防.
東海北陸理学療法士作業療法士連絡協議会主催研修会, 名古屋, 2016年12月3日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
運動による認知症予防の理論・実践、認知症予防・介護予防活動のためのリスク管理と生活習慣.
山口県介護予防PT・OT・ST指導者養成研修会, 山口県理学療法士会, 山口, 2016年12月3日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
認知機能障害への理学療法.
第20回 栃木県理学療法士会学術大会, 栃木県理学療法士会, 栃木, 2016年12月4日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
自分でできる認知症予防 ~最新予防法コグニサイズとは~.
中区認知症市民講演会, 名古屋市中保健所、中区地域ケア推進会議認知症専門部会, 名古屋, 2016年12月7日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
地域で取り組める認知症予防.
区中央部地域リハビリテーション合同研修会, 東京慈恵会医科大学, 東京, 2016年12月8日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防について, コグニサイズ(脳賦活運動).
平成28年度なごや介護予防・認知症予防プログラム説明会, 名古屋市, 2016年12月16日.

進藤由美 (企画戦略局)
「認知症施策の推進に向けて~行政職員と認知症地域支援推進員との協働~」
平成28年度認知症地域支援推進員ネットワーク会議, 愛知県, 2016年12月21日, 愛知県庁舎

近藤克則 (老年学評価研究部)
シンポジウム「社会参加で認知症予防」
厚生労働科学研究・研究成果等普及啓発事業による成果発表会、2016.12.13愛知県東海市

村田千代栄 (老年社会科学研究部)
シンポジウム「ポジティブ感情と認知症」
厚生労働科学研究・研究成果等普及啓発事業による成果発表会、2016.12.13愛知県東海市

石原眞澄(老年社会科学研究部)
ワークショップ形式の講演による普及と広報活動「対話型写真鑑賞ツアー 写真鑑賞によるうつ及び認知症予防への可能性」仙台ニコンプラザ東日本大震災復興支援イベント、2016.12.10宮城県仙台市

近藤和泉 (機能回復診療部)
転倒転落予防について.
山形県立中央病院医療安全研修会, 2016年12月8日, 山形

谷本正智 (機能回復診療部)
クリニカルリーズニング.
NPO法人愛知県理学療法学会 教育局生涯学習部 新人教育プログラム, 2016年12月4日, 名古屋

Takao Suzuki (理事長特任補佐室)
Aging and Geriatrics Research in Japan
JICA, 2016年12月5日, 東京.

鈴木隆雄 (理事長特任補佐室)
高齢者の健康状態の現状と課題~フレイル、ロコモ、サルコペニア
高齢者のヘルスケアを学ぶ「鈴木隆雄 塾」, 2016年12月6日, 東京.

鈴木隆雄 (理事長特任補佐室)
健康長寿とセルフプロモーション
日本セイフティプロモーション学会, 2016年12月10日.京都.

中島美砂子 (幹細胞再生医療研究部)
歯髄・象牙質再生治療の現状と展望
九州臨床再生歯科研究会 講演 福岡 2016年12月10日

村田千代栄、斎藤民、鄭丞媛 (老年社会科学研究部)
「地域で認知症を支える」平成28年度徘徊高齢者の効果的な捜索に関する研究等事業講演会
2016.12.14.愛知県美浜町【2017年2月9日更新】

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
稲沢市老人クラブ連合会 「三市一町老人クラブ大学講座」講師、2016年12月2日、稲沢市【2017年5月22日更新】

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
岐阜県社会福祉協議会 「平成28年度認知症高齢者介護研修」講師、2016年12月4日、大垣市【2017年5月22日更新】

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
愛知県厚生事業団 「平成28年度愛知県厚生事業団職員管理者研修」、2016年12月6日、名古屋市【2017年5月22日更新】

センター内活動(セミナー等)

 

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2016年 [平成28年] 12月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター