文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2016年 [平成28年] 11月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

マンスリーレポート(研究業績) 2016年[平成28年]11月

新聞・雑誌等

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
東海テレビ スイッチ! 2016年11月24日

島田裕之. (予防老年学研究部)
日本老友新聞, 2016年11月1日, 認知症は予防できる, 「コグニサイズ」で機能低下を抑制.

島田裕之. (予防老年学研究部)
年金時代 冬 臨時増刊号, 認知症予防のエクササイズ, コグニサイズで体と脳を鍛えよう, みんなで楽しくコグニサイズ.

島田裕之. (予防老年学研究部)
月刊ゴルフマネジメント12月号, 2016年12月1日発行, ゴルフによる認知症予防検証プロジェクト, ゴルフ教室が10月18日から日高CCでスタート.

佐竹昭介 (フレイル研究部)
フレイル診断法とエビデンス
日本抗加齢医学会雑誌 アンチ・エイジング医学. Vol12.5 22-26, 2016.11

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
京都新聞,平成28年11月5日(木),社説:認知症と運転 周囲の目配りも大切だ.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NKHラジオ第1:先読み!夕方ニュース,平成28年11月11日(金),相次ぐ認知症ドライバーによる事故 どうする高齢者の免許返納.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHKネットラジオ ラジオ第1:先読み!夕方ニュース,平成28年11月11日(金),相次ぐ認知症ドライバーによる事故 どうする高齢者の免許返納.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
朝日新聞デジタル,平成28年11月12日(土),高齢ドライバーの事故どう防ぐ:「生活に車は必要」地方では不安の声.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK 総合テレビ:ニュースチェック11,平成28年11月15日(火),認知症と診断:運転中止の難しさ.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK 総合テレビ:週刊ニュース深読み,平成28年11月19日(土),高齢ドライバー事故を防ぐ方策は.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
読売新聞,平成28年11月22日(火),高齢ドライバーと社会:運転卒業へ家族を支援.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK 総合テレビ:時論公論,平成28年11月24日(木),時論公論「高齢ドライバー 相次ぐ事故を防ぐには」.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK ONLINE:NHK解説委員室,平成28年11月24日(木),時論公論「高齢ドライバー 相次ぐ事故を防ぐには」.

里直行、綿田裕孝(分子基盤研究部)
高齢者の糖尿病治療で重要な「予防の綱引き」
2016年11月17日、朝日新聞医療サイト・アピタル連載「糖尿病予防は認知症予防」シリーズ:2つの病気の接点は

近藤克則 (老年学評価研究部)
ハフィントンポスト(インターネット新聞)インタビュー
「殺せ」ブログの長谷川豊アナと「健康ゴールド免許」の小泉進次郎氏は同類なのか?2016年11月22日

論文発表等

原著論文

Sugimoto T, Ono R, Murata S, Saji N, Matsui Y, Niida S, Toba K, Sakurai T. (もの忘れセンター、メディカルゲノムセンター、先端医療部)
Sarcopenia is Associated With Impairment of Activities of Daily Living in Japanese Patients With Early-Stage Alzheimer Disease. Alzheimer Dis Assoc Disord. 2016 Nov 15. [Epub ahead of print]. 

Saji N, Murotani K, Shimizu H, Uehara T, Kita Y, Toba KSakurai T. (もの忘れセンター)
Increased pulse wave velocity in patients with acute lacunar infarction doubled the risk of future ischemic stroke. Hypertens Res. 2016 Nov 17. doi: 10.1038/hr.2016.157. [Epub ahead of print].

Funato H, Miyoshi C, Fujiyama T, Kanda T, Sato M, Wang Z, Ma J, Nakane S, Tomita J, Ikkyu A, Kakizaki M, Hotta-Hirashima N, Kanno S, Komiya H, Asano F, Honda T, Kim SJ, Harano K, Muramoto H, Yonezawa T, Mizuno S, Miyazaki S, Connor L, Kumar V, Miura I, Suzuki T, Watanabe A, Abe M, Sugiyama F, Takahashi S, Sakimura K, Hayashi Y, Liu Q, Kume K, Wakana S, Takahashi JS, Yanagisawa M.(共同利用推進室)
Forward-genetics analysis of sleep in randomly mutagenized mice.
Nature, 539:378-383,2016

島田裕之. (予防老年学研究部)
通所介護サービスにおける理学療法士・作業療法士の配置が12ヵ月後の歩行機能に及ぼす効果.
日本老年医学学会雑誌, 53(4): 412-417, 2016.

Kainuma S, Tokuda H, Fujita K, Kawabata T, Sakai G, Matsushima-Nishiwaki R, Harada A, Kozawa O, Otsuka T. (臨床検査部,病院長)
Attenuation by incretins of thyroid hormone-stimulated osteocalcin synthesis in osteoblasts.
Biomed. Rep. 5:771-775,2016.

Hida T, Shimokata H, Sakai Y, Ito S, Matsui Y, Takemura M, Kasai T, Ishiguro N, Harada A (NILS-LSA活用研究室,先端診療部,院長室)
Sarcopenia and sarcopenic leg as potential risk factors for acute osteoporotic vertebral among older women.
Eur Spine J,25:3424-3431,2016.

Uchihara T, Endo K, Kondo H, Okabayashi S, Shimozawa N, Yasutomi Y, Adachi E, Kimura N. (アルツハイマー病研究部)
Tau pathology in aged cynomolgus monkeys is progressive supranuclear palsy/corticobasal degeneration- but not Alzheimer disease-like -Ultrastructural mapping of tau by EDX. 
Acta Neuropathol Commun, 4(1): 118, 2016

Doi H, Sato K, Koyama H, Hosoya T, Watanabe Y, Shimizu T, Tsukada H, Nakanishi K, Suzuki M (脳機能画像診断開発部)
Blood-Brain-Barrir Permeability of Gonkgolide: Comparison of the Behavior of PET Probes, 7a-[18F]Fluoro- and 10-O-p-[11C]Methylbenzyl Ginkgolide B in Monkey and Rat Brains, Bioorg.
Med. 2016,Nov 1;24(21):5148-5157

Yamawaki T, Ito E, Mukai A, Ueno M, Yamada J, Sotozono C, Kinoshita S, Hamuro J. (老化機構研究部)
The Ingenious Interactions Between Macrophages and Functionally Plastic Retinal Pigment Epithelium Cells.
Invest Ophthalmol Vis Sci. 2016 Nov 1;57(14):5945-5953. doi: 10.1167/iovs.16-20604.【2017年4月17日更新】

総説, その他

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
週刊日本医事新報 NO.4828 P49,2016.11.5発行,臨床各科 差分解説 老衰

島田裕之. (予防老年学研究部)
特集 来るべき「2025年問題」への備え, 認知症予防の未来.
体育の科学, 66(11): 780-783, 2016.

安藤富士子 (NILS-LSA活用研究室)
閉経後の女性には「内臓脂肪」の危険性が!
茶の間,11:88-89,2016.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
Zarit介護負担尺度日本語版(J-ZBI)と短縮版(J-ZBI_8)の概説およびJ-ZBI_8の新たな利用法.臨床精神医学 2016;45(5):591-596

近藤克則 (老年学評価研究部)
集中講座 研究入門「第11回考察の考え方・書き方」
総合リハビリテーション 44 (11月号): 1009-1013, 2016

書物等

島田裕之. (予防老年学研究部)
6. 認知症予防のための運動の実際.
日本抗加齢学会 専門医・指導士認定委員会(編), アンチエイジング医学の基礎と臨床, 第3版, (株)メジカルビュー社, 東京都, 2016, pp305-306.

木下かほり 西川満則 (栄養管理部)
アドバンス・ケア・プランニングと意思決定支援
臨床栄養 Vol.129 No.6 2016.11 P.748-749

講演等

学会・研究会等発表

Shimada H. (予防老年学研究部)
Community Intervention for Frailty.
2nd Asia Conference for Frailty and Sarcopenia, Nagoya Japan, November 5, 2016.

Makizako H. (予防老年学研究部)
Frailty as a risk factor of disability in community-dwelling older adults: Findings from NCGG-SGS.
2nd Asia Conference for Frailty and Sarcopenia, Nagoya Japan, November 5, 2016.

島田裕之. (予防老年学研究部)
特別講演「介護予防・健康増進事業における理学療法の専門性と可能性」.
第25回新潟県理学療法士学会, 新潟, 2016年11月13日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
認知症に対する理学療法士の役割.
九州理学療法士・作業療法士合同学会2016, 鹿児島, 2016年11月13日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
MCI高齢者への運動療法効果.
第56回近畿理学療法学術大会, 日本理学療法士協会近畿ブロック, 和歌山, 2016年11月27日.

Arai H (老年学・社会科学研究センター)
How to translate older adults' need into aging reserch and well-being of older adults
10th Brazilian Congress of Adapted Motor Activity and 1st International Symposium of Physical Activity and Health Nov.23 2016 sao paulo Brazil

Arai H (老年学・社会科学研究センター)
Symposium 1 Sarcopenia and Frailty guidelines up-to-date (moderator)
2nd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia Nov.4 2016 Nagoya

Arai H (老年学・社会科学研究センター)
Sarcopenia Guideline Update in Japan 2nd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia Nov.4 2016 Nagoya

Hosokawa A. (老年学・社会科学研究センター長室、長寿保健科学研究室)
Does life review effect on memory, cognition, and QOL in later life?  The life review study in Tome. 
The Gerontological Society of America's 69th Annual Scientific Meeting.  19, November, 2016.  New Orleans, USA.  (Oral/ Paper presentation)

佐竹昭介(フレイル研究部)
基本チェックリスト総合点によるフレイル分類の有用性
第70回国立病院総合医学会. 2016.11.11-12 沖縄

松下英二,岡田喜和子,長谷川千沙,西山ゆい,佐竹昭介,葛谷雅文(フレイル研究部)
社会的孤立と1年後のプレフレイルの発生関係-NLS-HEより
第70回国立病院総合医学会. 2016.11.11-12 沖縄

千田一嘉,佐竹昭介,近藤和泉,西川満則,德田治彦,遠藤英俊,三浦久幸(呼吸機能診療科,フレイル研究部,機能回復診療部,臨床検査部、長寿医療研修センター,在宅医療・地域連携診療部)
呼吸リハビリテーション外来の高齢COPD患者における基本チェックリストによる予後予測
第70回国立病院総合医学会. 2016.11.11-12 沖縄

木下かおり,佐竹昭介,斎藤秀和,越田雅代,今泉良典,服部加世子,小嶋紀子,志水正明(栄養管理部,フレイル研究部)
糖尿病で栄養指導を受ける高齢書の血糖コントロール別にみたフレイル有病率
第70回国立病院総合医学会. 2016.11.11-12 沖縄

長谷川千沙,松下英二,岡田喜和子,西山ゆい,佐竹昭介,葛谷雅文(フレイル研究部)
健常高齢者におけるオーラル・フレイル(サルコペニア)と食物摂取状況の関連-Nagoya Longitudinal Study for Healthy Eldery より-
第70回国立病院総合医学会. 2016.11.11-12 沖縄

太田隆二,佐藤健二,伊藤直樹,佐竹昭介,近藤和泉(フレイル研究部,機能回復診療部)
地域在住高齢者を対象とした「健康長寿教室」における運動指導の効果検証
第70回国立病院総合医学会. 2016.11.11-12 沖縄

千田一嘉,西川満則,佐竹昭介,高梨早苗,榊原早苗,木下かおり,近藤和泉,遠藤英俊,三浦久幸(呼吸機能診療科,フレイル研究部,機能回復診療部,栄養管理部,看護部,長寿医療研修センター,在宅医療・地域連携診療部)
フレイルの出口戦略:高齢者と田職種協働のケア・チームのためのアドバンス・ケア・プランニングの啓発
第70回国立病院総合医学会. 2016.11.11-12 沖縄

木下かほり、佐竹昭介、越田雅代、齋藤秀和、五十川直人、今泉良典、小嶋紀子、服部加世子、本多由紀、佐藤さやか、前川豊、平田守、稲葉正彦、志水正明(栄養管理部,フレイル研究部)
管理栄養士のフレイル、サルコペニア、ロコモティブシンドローム認知度の実態と栄養指導での評価、介護予防意識に関する調査報告
第70回国立病院総合医学会. 2016.11.11-12 沖縄

Tanikawa T, Sable-Morita S, Kawashima S, Tokuda H. (臨床検査部、看護部、治験・臨床研究推進部)
The prevalence and characteristics of frailty in elderly Japanese patients with type 2 diabetes mellitus.
2nd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia Asian Forum、 2016年11月5日、名古屋.【2017年1月12日更新】

谷川隆久、川嶋修司、德田治彦. (臨床検査部、治験・臨床研究推進部)
高齢者男性糖尿病におけるサルコペニアに及ぼす因子の検討.
第26回内分泌 Up date 2016年11月19日, 大宮.

三浦ちえみ、林由美子、前川裕子、中島美雅、北川雄一、德田治彦. (臨床検査部、医療安全推進部)
2剤耐性Acinetobacterへの環境調査事例-検査方法を中心に-.
第70回国立病院総合医学会 2016年11月11日. 宜野湾.

三浦ちえみ、坂倉健司、堀貴美子、岸田昌也、林由美子、一三武二郎、川口裕二、中島美雅、德田治彦. (臨床検査部)
臨床検査技師による鼻腔咽頭からの検体採取業務開始への取り組み.
第70回国立病院総合医学会 2016年11月12日. 宜野湾.

坂倉健司、長谷川正規、岡嵜勲、岩尾文彦、中島美雅、駒野敦、德田治彦. (臨床検査部)
リンパ管侵襲・動静脈侵襲を同時・正確に判定する弾性線維染色と新規カクテル抗体の免疫染色併用による新規染色法.
第70回国立病院総合医学会 2016年11月12日. 宜野湾.

堀貴美子(臨床検査部)
シンポジウム22 臨床検査技師の役割と未来~とどけ、美ら島のちむぐる(心)~ 高齢化社会における臨床検査技師の役割.
第70回国立病院総合医学会 2016年11月12日. 宜野湾.

道田愛美、荒井有紀、サブレ森田さゆり、吉沢涼子、下薗いず美、谷川隆久、德田治彦、川嶋修司. (看護部、臨床検査部、治験・臨床研究推進部)
フレイル予防糖尿病教室におけるセルフケアアンケートの振り返り~アンケート結果から考察した効果的な指導の検討~
第70回国立病院総合医学会 2016年11月12日. 宜野湾.

荒井有紀、道田愛美、サブレ森田さゆり、吉沢涼子、下薗いず美、谷川隆久、德田治彦、川嶋修司. (看護部、臨床検査部、治験・臨床研究推進部)
フレイル予防を目的とした糖尿病教室における充実度調査~DTSQとアンケートからの検討~
第70回国立病院総合医学会 2016年11月12日. 宜野湾.

Shimokata H, Ando F, Otsuka R (NILS-LSA活用研究室)
Longitudinal studies on cognitive frailty. Symposium: Implication of cognitive assessment in frailty.
2nd Asian Confference for Frailty and Sarcopenia, Nov 5th, 2016, Nagoya.

Tange C, Tomida M, Nishita Y,  Otsuka R, Ando F, Shimokata H, Arai H (NILS-LSA活用研究室,老年学・社会科学研究センター)
Relationship between physical frailty and attitude toward death in Japanese elderly.
2nd Asian Confference for Frailty and Sarcopenia, Nov 5th, 2016, Nagoya.

Tomida M, Tange C, Nishita Y,  Otsuka R, Ando F, Shimokata H, Arai H (NILS-LSA活用研究室,老年学・社会科学研究センター)
Relationships between frailty types and psychological traits in older Japanese.
2nd Asian Confference for Frailty and Sarcopenia, Nov 5th, 2016, Nagoya.

Shimokata H, Ando F, Otsuka R (NILS-LSA活用研究室)
A study on the association of adiponectin with sarcopenia.
2nd Asian Confference for Frailty and Sarcopenia, Nov 5th, 2016, Nagoya.

Ando F, Yuki A, Kato Y, Otsuka R, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Prevalence and incidence of sarcopenia estimated by the AWGS criteria among Japanese community-dwelling elderly.
2nd Asian Confference for Frailty and Sarcopenia, Nov 5th, 2016, Nagoya.

Ando F, Otsuka R, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
The effects of successive smoking on muscle mass decline with aging in Japanese community-dwelling middle-aged and elderly men.
2nd Asian Confference for Frailty and Sarcopenia, Nov 5th, 2016, Nagoya.

Otsuka R, Nishita Y, Tange C, Tomida M, Shirai Y, Kato Y, Ando F, Shimokata H, Arai H (NILS-LSA活用研究室,老年学・社会科学研究センター)
Higher total and plant protein intake attenuates muscle mass loss in community-dwelling older Japanese men.
2nd Asian Confference for Frailty and Sarcopenia, Nov 5th, 2016, Nagoya.

Nishita Y, Tange C, Tomida M, Otsuka R, Ando F, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Positive Effects of Openness on Cognitive Aging in the Middle-aged and Elderly: A 13-Year Follow-up.
The gerontological society of America's Annual Scientific Meeting 2016, Nov 18th, 2016, New Orleans, USA.

Shimokata H, Ando F, Yuki A, Nishita Y, Tange C, Tomida M, Otsuka R (NILS-LSA活用研究室)
Risk Factors of Sarcopenia in Elderly Japanese: a 13-year Longitudinal Study.
The gerontological society of America's Annual Scientific Meeting 2016, Nov 19th, 2016, New Orleans, USA.

大塚礼,加藤友紀,西田裕紀子,丹下智香子,富田真紀子,白井禎朗,安藤富士子,下方浩史,荒井秀典 (NILS-LSA活用研究室,老年学・社会科学研究センター)
動物性または植物性たんぱく質摂取量が骨格筋量低下に及ぼす影響.
第3回日本サルコぺニア・フレイル研究会研究発表会,2016年11月6日,名古屋市.

下方浩史,安藤富士子,大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
アディポネクチンとサルコペニアの関連に関する研究.
第3回日本サルコぺニア・フレイル研究会研究発表会,2016年11月6日,名古屋市.

富田真紀子,丹下智香子,西田裕紀子,大塚礼,安藤富士子,下方浩史,荒井秀典 (NILS-LSA活用研究室,老年学・社会科学研究センター)
高齢者のフレイルタイプと心理的特性の関連.
第3回日本サルコぺニア・フレイル研究会研究発表会,2016年11月6日,名古屋市.

丹下智香子,富田真紀子,西田裕紀子,大塚礼,安藤富士子,下方浩史,荒井秀典 (NILS-LSA活用研究室,老年学・社会科学研究センター)
高齢者の身体的フレイルと死に対する態度.
第3回日本サルコぺニア・フレイル研究会研究発表会,2016年11月6日,名古屋市.

安藤富士子,幸篤武,大塚礼,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
地域在住高齢者におけるAWGS基準サルコペニアの推定発症率.
第3回日本サルコぺニア・フレイル研究会研究発表会,2016年11月6日,名古屋市.

安藤富士子,加藤友紀,大塚礼,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
地域在住高齢男性の筋量に対するカロテノイドの影響.
第3回日本サルコぺニア・フレイル研究会研究発表会,2016年11月6日,名古屋市.

西田裕紀子 (NILS-LSA活用研究室)
中高年者の知能の加齢変化.
第21回中部老年期認知症研究会,教育講演,2016年11月26日,名古屋市.

近藤和泉 (機能回復診療部)
地域包括ケアの基本的概念とあるべき形.
第70回国立病院総合医学会, 2016年11月11日-12日, 宜野湾市, 沖縄

近藤和泉 (機能回復診療部)
脳性麻痺という疾患の理解.
認定理学療法士 必須研修会「発達障害」, 2016年11月20日, 名古屋市

篠田勇介,大沢愛子,植田郁恵,神谷正樹,村松隆二郎,近藤和泉,前島伸一郎 (機能回復診療部)
アルツハイマー型認知症におけるレーヴン色彩マトリックス検査結果の特徴.
第40回 日本高次脳機能障害学会学術総会, 2016年11月11日-12日, 松本市, 長野

太田隆二,佐藤健二,伊藤直樹,佐竹昭介,近藤和泉 (機能回復診療部,フレイル研究部)
地域在住高齢者を対象とした「健康長寿教室」における運動指導の効果検証.
第3回サルコペニアフレイル研究会, 2016年11月6日, 名古屋市

近藤和泉 (健康長寿支援ロボットセンター)
看護・介護ロボット導入の現状と課題.
第70回国立病院総合医学会, 2016年11月11日-12日, 宜野湾市, 沖縄

本田愛,中村昭範,加藤隆司,新畑豊,岩田香織,倉坪和泉,佐藤弥生,鈴木啓介,伊藤健吾,MULNIAD Study Group (治験・臨床研究推進センター、脳機能画像診断開発部、神経内科)
臨床研究で実施するアミロイドPETの結果開示に関する被検者意識の検討.In 核医学看護フォーラム
第56回日本核医学会学術総会,2016年11月3日,名古屋

岩田香織,加藤隆司,中村昭範,乾好貴,深谷直彦,文堂昌彦,伊藤健吾,MULNIAD Study Group  (脳機能画像診断開発部、放射線診療部)
AD診断におけるPiB PET早期画像による脳血流/糖代謝画像代用の可能性.
第56回日本核医学会学術総会,2016年11月4日,名古屋

深谷直彦,加藤隆司,伊藤健吾 (放射線診療部、脳機能画像診断開発部)
[I-123]FP-CITシンチグラフィにおける脳脊髄液マスクがCutoff値に及ぼす影響.
第36回日本核医学技術学会総会学術大会,2016年11月3-5(4)日,名古屋

田島稔久,林絵美,日比野新,飯田昭彦,伊藤由麿,布谷隆史,後藤啓介,加藤隆司,伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
MIMneuroを用いたPiBアミロイドPET VOI自動解析,
第56回日本核医学会学術総会,2016年11月4日,名古屋

加藤隆司, 乾好貴, 深谷直彦, 岩田香織, 倉坪和泉,新畑豊, 文堂昌彦, 伊藤健吾, 中村昭範, MULNIAD Study Group1 (脳機能画像診断開発部、放射線診療部、治験・臨床研究推進センター、神経内科) 
認知機能正常者におけるアミロイド集積と記憶機能の関係.
第56回日本核医学会学術総会, 2015年11月4日, 名古屋

加藤隆司 (脳機能画像診断開発部)
FDG PETによる認知症診断 In 認知症丸わかりセミナー2.画像診断の基礎から実践,
第56回日本核医学会学術総会, 2015年11月3日, 名古屋

木村泰之, 遠藤浩信, 市瀬正則, 島田斉, 関千江, 生駒洋子, 篠遠仁, 山田真希子, 樋口真人, 張明栄, 須原哲也 (脳機能画像診断開発部)
灰白質ボクセルより参照領域を抽出する11C-PBB3 PET定量法.
第56回日本核医学会学術総会, 2016年11月4日, 名古屋

Nakamura A  (脳機能画像診断開発部)
The cutting edge of demenita research using amyloid and tau PET, Electrophysiological biomarkers for Alzheimer’s Disease.
第56回日本核医学会学術総会, 2016年11月5日, 名古屋

Kimura N, Ueda N, Tomita T, Yanagisawa K. (アルツハイマー病研究部、所長室)
Retromer and Rab2-dependent trafficking are involved in PS1 degradation by proteasomes in endocytic disturbance. 
Society for Neuroscience 2016, 14 NOV, San Diego, USA

里直行 (分子基盤研究部)
糖尿病と認知症.
第56回近畿理学療法学術大会、シンポジウム3:認知機能改善のアプローチ ―運動処方の可能性を探る―、2016年11月27日、和歌山市

Kinoshita K, Satake S, Saito H, Koshida M, Imaizumi Y, Hattori K, Kojima N, Shimizu M (栄養管理部, フレイル予防医学研究室, 高齢者総合診療科, 静岡医療センター栄養管理室, 金沢医療センター栄養管理室, 東名古屋病院栄養管理室 )
Prevalence of frailty among the elderly who received nutrition guidance and their problems in their daily living
2nd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia 2016.11.4-5, Nagoya

木下かほり、佐竹昭介、齋藤秀和、越田雅代、今泉良典、服部加世子、小嶋紀子、志水正明 (栄養管理部, フレイル予防医学研究室, 高齢者総合診療科, 静岡医療センター栄養管理室, 金沢医療センター栄養管理室, 東名古屋病院栄養管理室 )
糖尿病で栄養指導を受ける高齢者の血糖コントロール別にみたフレイル有病率
第3回 日本サルコペニアフレイル研究会 2016.11.6 名古屋

石原眞澄、斎藤民 (老年社会科学研究部)
マインドフルネス瞑想の高齢者への効果に関する文献的検討 -うつ改善と認知機能改善の可能性に向けて-
日本マインドフルネス学会第3回大会2016.11.6早稲田大学国際会議場.東京都

Ando, K., Maruko-Otake, A., Hayashishita, M., Oka, M., Ohtake, Y., Sekiya, M., Saito, T., Hisanaga, S.I. & Iijima, K.M. (アルツハイマー病研究部)
Suatained activation of CaMKII caused by depletion of mitochondria from the axons enhances tau toxicity.
Neuroscience 2016, 13 NOV, San Diego, USA【2017年1月12日更新】

Oka, M., Suzuki, E., Hisanaga, S.I., Iijima, K. & Ando, K. (アルツハイマー病研究部)
Reduction in ATP levels in the axon during aging and the role of mitochondrial distribution.
Neuroscience 2016, 13 NOV, San Diego, USA【2017年1月12日更新】

藤崎尚規,榊原泰史,関谷倫子,飯島浩一 (アルツハイマー病研究部)
The mechanism underlying neurodegeneration in a Drosophila model of Wolfram syndrome.
日本分子生物学会, 2016年11月30日, 横浜市【2017年1月12日更新】

中山英典、大桑雄太、栗田賢一、中島美砂子 (幹細胞再生医療研究部)
幹細胞治療における細胞源としてのヒト若齢根未完成智歯由来膜分取歯髄幹細胞の有効性
第61回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会 千葉 2016年11月25日~27日【2017年1月16日更新】

近藤克則 (老年学評価研究部)
特別シンポジウム「社会保障の持続可能性と健康格差対策」
日本介護福祉・健康づくり学会第4回大会, 2016.11.5.千葉県柏市【2017年8月16日更新】

講演など(教育、普及、広報活動)

佐治直樹 (もの忘れセンター)
平成28年度緑保健所認知症講演会 名古屋、2016/11/25.

佐治直樹 (もの忘れセンター)
平成28年度かかりつけ医認知症対応力向上研修セミナー 豊川、2016/11/5.

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
国際医療福祉大学大学院 乃木坂スクール「保険者マネジメントセミナーNEXT:保険者運営と健康経営戦略」講師、2016年11月11日、東京都

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
一般社団法人 愛知県介護福祉士会「平成28年度認知症介護実践リーダー研修」講師、2016年11月12日、名古屋市

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
一般社団法人日本薬局学会「認知症治療における薬剤師の役割」講演、2016年11月12日、名古屋市

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
一般社団法人 愛知県歯科医師会「平成28年度歯科医師の認知症対応力向上研修会」講師、名古屋市

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
平成28年度認知症県民フォーラム「認知症の最新情報 早期発見と医療への期待」講演、2016年11月23日、名古屋市

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
もとす広域連合 地域在宅医療連携推進事業講演会 「認知症高齢者等に対する地域在宅医療の関わりについて」講演、2016年11月26日、本巣市

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
全国パーキンソン病友の会「認知症予防の最前線」講師、2016年11月27日、大府市

進藤由美(企画戦略局)
「アドミニストレーター研修」
認知症の人の地域生活を支援するケアプログラム推進事業,東京都医学総合研究所, 2016年11月2-4日,東京都世田谷区

進藤由美(企画戦略局)
「認知症ケアパスとは」「認知症ケアパスの活用」
認知症ケアパス研修, 東京都板橋区役所, 2016年11月15日, 東京都板橋区

進藤由美(企画戦略局)
「県外市町村の認知症地域支援推進員の現状について」
認知症地域支援・ケア向上事業事例検討会, 埼玉県地域包括ケア課, 2016年11月16日16日, 埼玉県さいたま市

島田裕之. (予防老年学研究部)
軽度認知障害に対する地域包括ケアの現状とアセスメントについて.
第一三共ヘルスケア株式会社主催講演会, 東京都, 2016年11月1日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
コグニサイズのススメ.
平成28年度第2回在宅ケア講演会, 横須賀市健康福祉財団, 横須賀, 2016年11月5日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
えがおで介護予防! ~名古屋市における認知症予防プログラムについて~.
みずほ介護フェスタ‘16, 名古屋市, 2016年11月9日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
認知機能評価の概要.
平成28年度神奈川県認知機能評価研修会, 神奈川県高齢福祉課, 大和(神奈川), 2016年11月11日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
運動による認知症予防 ~コグニサイズのススメ~.
介護予防フォーラムinことうら, 琴浦町 (鳥取), 2016年11月12日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
理学療法の専門性と可能性をさぐる.
第25回新潟県理学療法士学会 特別講演, 新潟県上越市, 2016年11月13日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防の運動コグニサイズのすすめ.
介護予防普及啓発講演会, 横浜市, 2016年11月15日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防についての講義およびコグニサイズの指導・実施.
認知症予防講座, さいたま市, 2016年11月16日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防運動プログラム コグニサイズの取り組み.
第3回認知症臨床フォーラム ~かかりつけ医との連携をめざして~, 新潟県, 2016年11月17日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
コグニサイズとは.
第7回健康セミナー, 大阪府枚方市, 2016年11月25日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
老年学理学療法学特別講義.
人間総合科学大学保健医療学部, 埼玉, 2016年11月25日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
第14回 認知症予防への道.
大河講座「ひとの大学」, NHK文化センター名古屋総支社, 名古屋, 2016年11月30日.

佐竹昭介 (フレイル研究部)
健康長寿を意識した高齢者医療~フレイル・サルコペニアの概念とその利用~
Dementia Summit 2016年11月16日 東京

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
いつまでも若々しく健康に過ごすために~ぎんさんの娘さんたちや三浦雄一郎さんから学ぶ~.
愛知教育親和会講演会,2016年11月1日,名古屋市.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
生きがい、栄養と健康長寿~ぎんさんの娘さんたちや三浦雄一郎さんから学ぶ~.
名古屋市勤務栄養士会研修会,2016年11月2日,名古屋市.

Otsuka R, Nishita Y, Tange C, Ando F, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
The effect of dietary diversity on cognitive function: a 15 year-longitudinal study in the community-dwelling middle-aged and elderly.
第6 回食と生命のサイエンス・フォーラム 「ヒトの健康と腸内菌叢」,2016年11月22日,東京都.

白井禎朗 (NILS-LSA活用研究室)
緑茶摂取による認知機能低下予防に関する長期縦断疫学研究(NILS-LSA).
静岡県立大学 食品栄養科学専攻 部門セミナー,2016年11月24日,静岡市.

近藤和泉 (機能回復診療部)
摂食嚥下障害病態各論/高齢者の摂食嚥下障害.
愛知県看護協会 摂食・嚥下障害看護認定看護師教育課程, 2016年11月24日, 名古屋市

大沢愛子 (機能回復診療部)
リハビリテーションの立場からみた血管性認知症.
和歌山脳神経疾患フォーラム, 2016年11月5日, 和歌山

大沢愛子 (機能回復診療部)
認知症とリハビリテーション.
平成28年度かかりつけ医認知症対応力向上研修, 2016年11月13日, 徳島

大沢愛子 (機能回復診療部)
シンポジウム:身体障害を有する認知症者のリハビリテーションの現状と課題:認知症のリハビリテーション.
第28回 NPO法人 日本リハビリテーション看護学会学術集会, 2016年11月27日, 沖縄

伊藤直樹 (機能回復診療部)
生涯学習と理学療法の専門領域.
NPO法人愛知県理学療法学会 教育局生涯学習部 新人教育プログラム, 2016年11月13日, 名古屋市

根本哲也, 村澤裕介,磯貝善蔵, 近藤和泉 (健康長寿支援ロボットセンター)
力学的負荷が高齢者皮膚物性に与える影響の解析.
第2回日中高齢化社会政策と産業化シンポジウム, 2016年11月4日, 東京

村澤裕介, 根本哲也, 三上翔平, 磯貝善蔵, 近藤和泉 (健康長寿支援ロボットセンター)
足潰瘍治療における、皮膚部位特異的な物性の明確化;皮下細胞外マトリックス高次構造に着目して.
第2回日中高齢化社会政策と産業化シンポジウム, 2016年11月4日, 東京

中村昭範 (脳機能画像診断開発部)
「認知症のすべて 予防から治療まで」:発症前の脳を探る 
第56回日本核医学会学術総会, 市民公開講座  2016年11月5日, 名古屋

柳澤勝彦 (所長室,認知症センター長室)
近未来の診断・治療戦略はこれだ.
第56回日本核医学会学術総会・第36回日本核医学技術学会総会学術大会 市民公開講座,2016年11月5日, 名古屋市

里直行 (分子基盤研究部)
健康科学の基礎3:老いの科学.
大阪大学大学院医学系研究科 保健学専攻 統合保健看護科学分野 総合ヘルスプロモーション科学講座、2016年11月9, 16日、大阪

鈴木隆雄 (理事長特任補佐室)
後期高齢者の健康-フレイル対策を中心として-
厚生労働省 モデル事業実施自治体ヒアリング , 2016年11月2日, 東京.

鈴木隆雄 (理事長特任補佐室)
認知症になっても地域で生き生きと暮らす
健康生きがい学会, 2016年11月12日, 愛知県.

鈴木隆雄 (理事長特任補佐室)
高齢者の健康-今日から始めるサルコペニア対策-
県南西地区透析研究会, 2016年11月19日.茨城県.

Suzuki T (理事長特任補佐室) (招待基調講演)
Strategy and best practice in the community health promotion in Japan.
VISION 2025, “Common Health Forum”. 23 NOV 2016, Taipei, Taiwan.

石原眞澄 (老年社会科学研究部)
フォトセラピー入門—うつ予防、認知症予防としての写真活用—
リトリート&マーケット「玉結び」2016.11.12半六邸.愛知県半田市

Maruyama M (老化機構研究部)
Cellular senescence and aging research from the standpoint of host defense or immune system.
丸の内 MY PLAZA ホール 2016年11月17日【2017年4月17日更新】

センター内活動(セミナー等)

佐治直樹 (もの忘れセンター)
平成28年度高齢者医療・在宅医療総合看護研修 大府、2016/11/30.

里直行 (分子基盤研究部)
糖尿病による認知症促進の鍵分子解明から次世代認知症治療薬の開発へ.
第75回 CAMD報告会,2016年11月10日

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2016年 [平成28年] 11月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター