文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2016年 [平成28年] 9月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

マンスリーレポート(研究業績) 2016年[平成28年]9月

新聞・雑誌等

佐治直樹(もの忘れセンター)
「認知症の早期発見.家族も症状知って」
読売新聞(宮城県版)、2016年9月2日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
毎日新聞(香川), 2016年9月14日.
認知症予防にコグニサイズ.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
TBSテレビ あさチャン,平成28年9月28日,「糖質制限食とかくれメタボ」

柳澤勝彦 (所長室,認知症センター長室)
検査:血液〜アルツハイマー病と新オレンジプラン
Clinical Neuroscience, 34(9): 1017-1019, 2016

里 直行(分子基盤研究部)
薬事日報、2016年9月23日(金)、認知症治療に期待される新薬開発

近藤克則 (老年学評価研究部)
「職業」「地域」「家族構成」「経済力」でこんなに差がつく- あなたの「死に方」に直結する「健康格差」という問題
週刊ポスト 2016年10月7日号,34-37

近藤克則、村田千代栄 (老年学評価研究部、老年社会科学研究部)
NHK TV 「NHKスペシャル 健康格差」2016年9月19日

中村昭範 (脳機能画像診断開発部)
「特集:リラックス効果から冷え性.むくみ軽減、変形性股関節賞の予防・改善まで、足を小刻みに動かす“貧乏ゆすり”の意外な効能あれこれ」
雑誌 健康365:2016年11月号(2016年9月16日発行) 発行:H&I株式会社

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
東海テレビ スイッチ! 2016年9月16日【2016年12月8日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
朝日新聞,平成28年9月21日(水)「教えて!2025年問題 識者に聞く 地域包括ケア身近な成功モデルを」【2016年12月8日更新】

論文発表等

原著論文

Lee S, Lee S, Suzuki T,et al. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
Relationship between chronic kidney disease with diabetes or hypertension and frailty in community-dwelling Japanese older adults.
Geriatr Gerontol Int. 2016 Sep 27. doi: 10.1111. [Epub ahead of print]

Makizako H, Shimada H, Doi T, Suzuki T, et al.(予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
Comorbid Mild Cognitive Impairment and Depressive Symptoms Predict Future Dementia in Community Older Adults: A 24-Month Follow-Up Longitudinal Study.
J Alzheimers Dis. 2016 Sep 2. [Epub ahead of print]

Shimada H, Makizako H, Suzuki T, et al. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
Impact of Cognitive Frailty on Daily Activities in Older Persons.
J Nutr Health Aging. 2016;20(7):729-35. doi: 10.1007.

Shimada H, Doi T, Suzuki T. et al. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
Cognitive Impairment and Disability in Older Japanese Adults.
PLoS One. 2016;11(7):e0158720. doi: 10.1371, 2016.

Nakakubo S, Doi T, Suzuki T, et al. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
Sleep Duration and Excessive Daytime Sleepiness Are Associated With Incidence of Disability in Community-Dwelling Older Adults.
J Am Med Dir Assoc. 2016;17(8):768.e1-5. doi: 10.1016.

Doi T, Verghese J, Suzuki T, et al. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
Gray matter volume and dual-task gait performance in mild cognitive impairment.
Brain Imaging Behav. 2016 Jul 9. [Epub ahead of print]

Doi T, Shimada H, Suzuki T, et al. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
Insulin-Like Growth Factor-1 Related to Disability Among Older Adults.
J Gerontol A Biol Sci Med Sci. 2016; 71(6):797-802.

Shimoyama T, Kimura K, Uemura J, Saji N, Shibazaki K (もの忘れセンタ-)
Post stroke dysglycemia and acute infarct volume growth: a study using continuous glucose monitoring (CGM).
Eur Neurol. 2016 Sep 20;76(3-4):167-174.

Arai H(editor)(老年学・社会科学研究センター)
Need for the comprehensive and multidisciplinary management of fall.
European Geriatric Medicine. in press

Tsutsumimoto K, Doi T, Shimada H, Makizako H, Suzuki T. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
Effects of group exercise programmes on quality of life in older adults with mild cognitive impairment: preliminary results from a randomized controlled trial.
Psychogeriatrics, 16(5): 327-328. 

Ahmed NE., Murakami M., Kaneko S., Nakashima M. (幹細胞再生医療研究部)
The effects of hypoxia on the stemness properties of human dental pulp stem cells (DPSCs).
Scientific Reports, in press. 

丹下智香子,西田裕紀子,富田真紀子,大塚礼,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
成人中・後期における「死に対する態度」の縦断的検討.
発達心理学研究,27:232-242,2016.

近藤和泉 (機能回復診療部)
5章 摂食嚥下機能と発達,加齢 3 フレイルと栄養障害
摂食嚥下リハビリテーション第3版, 117-119, 2016

近藤和泉, 伊藤直樹, 向野雅彦 (機能回復診療部)
3 脳卒中リハビリテーションにおけるコアセットの活用
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 53, 681-685, 2016

Mizuno Y, Arai Y. (長寿政策科学研究部)
Is our society tolerant enough to give the necessary priority to vulnerable adults when they need mobility support?
J Am Geriatr Soc 2016; 64(8): 1741-1743. 

Ando K, Oka M, Ohtake M, Hayashishita M, Shimizu S, Hisanaga S.& Iijima KM. (アルツハイマー病研究部)
Tau phosphorylation at Alzheimer's disease-related Ser356 contributes to tau stabilization when PAR-1/MARK activity is elevated.
Biochem Biophys Res Commun. 478(2): 929-34. 

Yamanouchi A、Yoshimura Y、Matsumoto Y、Jeong S (老年社会科学研究部)
Severely Decreased Muscle Mass among
Older Patients Hospitalized in a Long-Term Care Ward in Japan..Journal Of Nutritional Science And Vitaminology、62(4)、229-234、2016

Kato T, Inui Y, Nakamura A, Ito K. (脳機能画像診断開発部, 放射線診療部)
Brain fluorodeoxyglucose (FDG) PET in dementia.
Ageing Res Rev. 2016; Sep 30C: 73-84

Yamada J, Ueno M, Toda M, Shinomiya K, Sotozono C, Kinoshita S, Hamuro J (老化機構研究部)
Allogeneic Sensitization and Tolerance Induction After Corneal Endothelial Cell Transplantation in Mice.
Invest Ophthalmol Vis Sci. 2016 Sep 1;57(11):4572-80. doi: 10.1167/iovs.15-19020.PMID: 27603721

Toda M, Ueno M, Yamada J, Hiraga A, Tanaka H, Schl嗾zer-Schrehardt U, Sotozono C, Kinoshita S, Hamuro J (老化機構研究部)
The Different Binding Properties of Cultured Human Corneal Endothelial Cell Subpopulations to Descemet's Membrane Components.
Invest Ophthalmol Vis Sci. 2016 Sep 1;57(11):4599-605. doi: 10.1167/iovs.16-20087.PMID: 27598865

総説, その他

鈴木隆雄(理事長特任補佐室)
地域で高齢者が元気に過ごすために-低栄養防止・重症化予防等の推進-.
日本栄養士雑誌 59: 3-6, 2016.

島田裕之. (予防老年学研究部)
特集 . 2コグニサイズと認知機能アンチエイジング.
日本抗加齢医学会雑誌, 12(4): 27-32, 2016.

島田裕之. (予防老年学研究部)
特集 ヒューマンダイナミクス, 脳科学からのアプローチ, 活動と脳の健康.
Journal of Society of Automotive Engineers of Japan, 70(10): 17-22, 2016.

大塚礼,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
栄養と認知機能アンチエイジング,特集:認知機能とアンチエイジング.
日本抗加齢医学会雑誌,12:33-38,2016.

近藤克則 (老年学評価研究部)
「集中講座 研究入門」第9回 データの収集と分析
総合リハビリテーション44(9)827-830
「市町村における子供医療費助成制度導入前後の受診動向-制度導入前後のA市レセプト分析より-」
社会保険旬報No.2652 16-22

伊藤健吾,乾好貴,新畑豊,加藤隆司 (脳機能画像診断開発部, 放射線診療部, 神経内科)
SPECT/PETとアミロイドイメージング
Clinical Neuroscience vol34. (9)1011-1013, 2016.9月

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
認知症初期集中支援チーム:日本医事新報No.4821,2016.9.15発行【2016年12月8日更新】

書物等

島田裕之. (予防老年学研究部)
23. フレイル, サルコぺニア, ロコモティブシンドロームと転倒.
武藤芳照, 鈴木みずえ, 原田敦(編), 転倒予防白書2016, 日本医事新報社, 東京, 2016, pp206-211.

近藤克則 (老年学評価研究部)
「ケアと健康-社会・地域・病い」近藤克則(編著)
序章「ケアと健康の関係を考える-新たなケアと健康観の確立に向けて」近藤克則
第5章「健康の社会的決定要因としてのソーシャル・キャピタル-その作用機序と実証の方法」相田潤,近藤克則
「臨床医マニュアル第5版」編集,執筆
臨床医マニュアル編集委員会編,医歯薬出版株式会社,2016

村田千代栄 (老年社会科学研究部)
第2章 「ソーシャルサポートと健康」 「ケアと健康-社会・地域・病い(『ケア講座』第4巻)」近藤克則(編著)

講演等

学会・研究会等発表

山田洋介,松本昇也,西原恵司,川嶋修司,佐竹昭介,遠藤英俊,荒井秀典 (高齢者総合診療科、フレイル研究部、長寿医療研修センター、老年学・社会科学研究センター)
1か月以上持続する発熱、浮腫を生じたHelicobacter cinaedi菌血症の一症例.
第27回日本老年医学会東海地方会. 2016.9.17 名古屋

松本昇也,西原恵司,山田洋介,川嶋修司,佐竹昭介,遠藤英俊,荒井秀典 (高齢者総合診療科、フレイル研究部、長寿医療研修センター、老年学・社会科学研究センター)
RS3PEと診断した1例.
第27回日本老年医学会東海地方会. 2016.9.17 名古屋

荒井秀典(老年学・社会科学研究センター)
超高齢社会における老年医学の意義とは
一般社団法人日本脳神経外科学会 第75回学術総会 2016年9月29日~10月1日 博多

土井剛彦.(予防老年学研究部)
教育講演(5)「軽度認知障害の早期発見と運動効果に関する最新のエビデンス」
第35回日本臨床運動療法学会学術集会, 横浜, 2016年9月3日.

池内まり, 今岡真和, 七川大樹, 藪陽太, 中村貫照, 児玉佳奈子. (予防老年学研究部)
認知症短期集中リハビリテーションで効果が上がる利用者の特徴について.
第27回全国介護老人保健施設大会, 大阪, 2016年9月15日.

丹下智香子 (NILS-LSA活用研究室)
成人中・後期における「死に対する態度」の縦断的検討.
H28年度国立長寿研究センター&東京都健康長寿医療センター研究交流会,2016年9月2日,東京都.

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
「国立長寿医療研究センター・老化に関する長期縦断疫学研究(NILS-LSA)」の紹介と栄養疫学研究成果.
大阪大学老年学研究会 第8回小講演,2016年9月7日,大阪市.

加藤友紀,大塚礼,今井具子,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
地域在住中高年者の血漿アミノ酸濃度と骨格筋量との関連.
第63回日本栄養改善学会総会,2016年9月8日,青森市.

西田裕紀子 (NILS-LSA活用研究室)
Personality and physical health in a Japanese elderly population.
日本パーソナリティ心理学会第25回大会,ワークショップ,2016年9月15日,吹田市.

下方浩史,安藤富士子,幸篤武 (NILS-LSA活用研究室)
サルコペニア・フレイルの長期縦断疫学研究.
第71回日本体力医学会大会,シンポジウム,2016年9月24日,盛岡市.

進藤由美、永田久美子(企画戦略局)
「認知症地域支援推進員における、介護福祉士資格の有無と地域の現状の把握状況~介護福祉士のキャリアアップにむけて~」
第24回日本介護福祉学会大会、2016年9月3-4日,長野県上田市

大沢愛子 (機能回復診療部)
認知症リハビリテーションの実際
第27回日本老年医学会東海地方会教育企画講演, 2016年9月17日, 名古屋

児玉勝也, 坂井健宣, 戸沢優介, 中村博明, 相本啓太, 若山修一, 蔭山健介, 長谷和徳, 太田進 (機能回復診療部)
膝関節音および膝角度を用いた変形性膝関節症の簡易診断
日本実験力学会 2016年度年次講演会, 2016年9月2日, 大阪府

近藤和泉 (健康長寿支援ロボットセンター)
国立長寿医療研究センターにおけるロボットの実証実験の実施について
第5回医療・介護等分野ロボット実用化ワーキンググループ, 2016年9月26日, 大府

近藤和泉 (健康長寿支援ロボットセンター)
教育講演4「ロボットリハの骨関節疾患への応用」
第127回中日本整形外科災害外科学会・学術集会, 2016年10月1日, 松本

林下幹輝、斎藤太郎、久永眞市、飯島浩一、安藤香奈絵  (アルツハイマー病研究部)
Ribosomal protein S6 kinaseはアルツハイマー病関連Ser262サイトのリン酸化を介してタウタンパク質を安定化し毒性を悪化させる.
第59回日本神経化学会大会、2016年9月8日、福岡

岡未来子、鈴木えみ子、久永眞市、飯島浩一、安藤香奈絵 (アルツハイマー病研究部)
軸索での加齢依存的なATP量減少とミトコンドリア分布の関係
第59回日本神経化学会大会、2016年9月10日、福岡

木村展之上田直也、富田泰輔、柳澤勝彦 (アルツハイマー病研究部、所長室)
Presenilin-1の細胞内局在調節:RetromerとERADによる共役機構
第59回日本神経化学会大会、2016年9月10日、福岡

木村展之、佐村英里子、鈴木恵子、岡林佐知、下澤律浩、保富康弘 (アルツハイマー病研究部)
Dyneinの機能障害はretromer輸送を阻害してAPPのエンドソーム内蓄積を促進する
第89回日本生化学会大会、2016年9月25日、仙台

里 直行(分子基盤研究部)
糖尿病と認知症 − 原因と結果の双方向の関係
第40回日本神経心理学会学術集会、公募シンポジウムⅡ「認知症の食行動異常」、2016年9月16日、熊本

竹田徳則、平井寛、近藤克則、村田千代栄、尾島俊之 (老年社会科学研究部)
認知症になりやすいまちはあるか?―チェックリストを用いた30 市町村比較
第6回日本認知症予防学会学術集会、2016.9.23-25 宮城県仙台市

Ikenuma H, Koyama H, Kawasumi Y, Abe J, Kato T,  Takashima A, Ito K,  Suzuki M, (脳機能画像診断開発部)
Synthesis of (R,S)-[11C]Isoproterenol via Reductive Amination of [2-11C]Acetone with (R,S)-Norepinephrine ,
2016 World Molecular ImagingCongress (Jacob K Javits Convention Center, New York, USA, Sep 7, 2016).

Koyama H, Ikenuma K, Natsume A,Toda H, Kato M, Abe J, Wakabayashi T,Ito K, Suzuki M (脳機能画像診断開発部)
Efficient Synthesis of a PET probe, 06-(3-[11C]methylbenzyl)guanine by Pd0-mediated rapid C-[11C] methylation toward imaging the DNA repair protein 06-methylguanine-DNA methyltransferase in glioblastomas
2016 World Molecular ImagingCongress (Jacob K Javits Convention Center, New York, USA, Sep 7, 2016).

Doi H, Sato K, Shindou H, Sumi K, Koyama H, Hosoya T, Watanabe Y, Shimizu T, Tsukada H, Suzuki M (脳機能画像診断開発部)
Investigation of blood-brain barrier permeability of 7a-[18F]-and O-p-[11C]methylbenzyl ginkgolide B In momkey and rat brains
2016 World Molecular ImagingCongress (Jacob K Javits Convention Center, New York, USA, Sep 7, 2016)

倉坪和泉、加藤隆司、岩田香織、木村ゆみ、新畑豊、伊藤健吾、中村昭範、MULNIAD study group (脳機能画像診断開発部,治験・臨床研究推進センター、神経内科)
認知機能正常高齢者における近時記憶スコアの長期学習効果に影響する因子
第40回日本神経心理学会学術集会 9月16日 KKRホテル熊本 熊本市

本田 愛中村昭範、加藤隆司、新畑豊岩田香織倉坪和泉、佐藤弥生、鈴木啓介、伊藤健吾、MULNIAD study group (脳機能画像診断開発部, 治験・臨床研究推進センター, 神経内科)
臨床研究におけるアミロイドPET検査のインフォームドコンセントと結果開示の留意点に関する検討
第16回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2016IN大宮 大宮ソニックシティ、2016年9月18日【2017年1月13日更新】

Matsuda T, Zou C, Hanashiro J, Sakamoto A, Sugimoto M, Takaoka A, Maruyama M (老化機構研究部)
Gene regulation of Zizimin2 and its impact on immunosenescence
Cold Spring Harbor Laboratory Meeting (Mechanism of Aging), 27 SEP, 2016, Cold Spring Harbor, NY, USA

Iwashita Y, Sugimoto M, Maruyama M (老化機構研究部)
Exploration and functional analysis of cellular senescence-associated long non-coding RNAs
Cold Spring Harbor Laboratory Meeting (Mechanism of Aging), 27 SEP, 2016, Cold Spring Harbor, NY, USA

講演など(教育、普及、広報活動)

大島浩子 (在宅医療開発研究部)
家族が認知症になったら?~在宅介護の備え~
中日健康フェア 市民公開講座,9月3日,名古屋.

鈴木隆雄 (理事長特任補佐室)
ビタミンDと転倒抑制~最新の知見~
エディロール発売5周年記念講演会, 2016年9月10日, 東京.

鈴木隆雄 (理事長特任補佐室)
認知症高齢者の徘徊捜索ネットワーク・見守り体制づくり~認知症高齢者の徘徊対応マニュアル・視聴覚教材の活用~
認知症高齢者の「徘徊」対応ネットワーク研修会, 2016年9月15日, 愛知県.

鈴木隆雄 (理事長特任補佐室)
骨粗鬆症・転倒・骨折予防におけるVitamin Dの意義.
運動器疾患 骨・関節フォーラム, 2016年9月17日, 神戸.

佐治直樹(もの忘れセンター)
認知症とその予防.
3ナショナルセンター合同セミナー 未来貢献プロジェクトー未病を考えるー 「がん」・「循環器病」・「長寿医療」のこれから.仙台、2016年9月1日.

佐治直樹(もの忘れセンター)
これが知りたかった!認知症.
平成28年度瑞穂保健所認知症講演会 名古屋、2016年9月6日.

佐治直樹(もの忘れセンター)
平成28年度認知症サポート医養成研修会(第3回) 京都、2016年9月24日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
「かがわ認知症予防シンポジウム」
認知症講演会, 香川, 2016年9月2日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
認知症予防のためのコグニサイズ.
熱海市認知症予防講演会, 熱海市健康福祉部健康づくり課, 熱海, 2016年9月5日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症の発症を減らす 運動と脳のトレーニング.
認知症講演会, 恵那市, 2016年9月11日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防の最新研究と取り組み.
第16回 抗加齢医学の実際2016, 東京, 2016年9月19日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
認知症予防概論およびコグニサイズの有効性.
平成28年度認知症予防のためのコグニサイズを教える研修会, 神奈川県高齢福祉課, 厚木, 2016年9月26-27日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
軽度認知障害から認知症になるのを予防するための効果的な活動
平成28年度滝川市職員向け講話, 滝川市健康づくり課, 北海道, 2016年9月30日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
認知症予防と運動について~楽しく頭と体をきたえよう~.
第8回滝川市いきいき百歳体操交流大会, 滝川市健康づくり課, 北海道, 2016年9月30日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
軽度認知障害の認知機能の評価 ―タッチパネルを用いて―.
軽度認知症障害セミナー, 名古屋, 2016年9月27日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
老化制御学, 信州大学大学院医学系研究科博士課程疾患予防医科学系専攻講義, 松本, 2016年9月30日.

中島美砂子 (幹細胞再生医療研究部)
「歯髄・象牙質再生治療の現状と未来」
長崎大学大学院セミナー 講演 長崎 2016年9月8日

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
「養生訓」に学ぶ! 病気にならない生き方.
NHK文化センター講演,2016年9月2日,名古屋市.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
いつまでも若々しく健康に過ごすために~ぎんさんの娘さんたちや三浦雄一郎さんから学ぶ~.
第19回さわらび研究会,2016年9月10日,名古屋市.

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
牛乳・乳製品と認知機能との関連~地域住民を対象とした長期縦断疫学研究~.
第11回東海酪連酪農乳業懇話会,2016年9月26日,蒲郡市.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
認知症予防について学ぼう.
四日市市橋北地区市民センター講演,2016年9月29日,四日市市.

進藤由美(企画戦略局)
「地域における認知症の人の支援体制づくり」
平成28年度第2回認知症介護指導者研修, 2016年9月27日,仙台

植田郁恵 (機能回復診療部)
認知症に対する運動(理学・作業)療法
第27回 日本老年医学会東海地方大会, 2016年9月17日, 名古屋市

近藤克則 (老年学評価研究部)
特別講演「地域包括ケア時代の腎疾患・透析患者と健康格差」
第40回全国腎疾患管理懇話会学術大会,2016.9.26.千葉県千葉市

加藤隆司 (脳機能画像診断開発部)
「早期認知症診断のむずかしさ!? ~画像診断の立場から~」講演と討論
第32回Brain Function Imaging Conference,2016年9月24日,国立京都国際会館,京都市

杉本昌隆 (老化機構研究部)
呼吸器の加齢性変化における癌抑制タンパク質ARFの役割
第9回Symphony 東京、2016年9月18日

Maruyama M (老化機構研究部)
Immunosenescence-related gene Zizimin2 (Dock 11) and its family
IFOM, 16 September 2016, Milan, Italy

Maruyama M (老化機構研究部)
Putative function of immunosenescence related gene, Zizimin2(Dock11) and its family
Pasteur Institute, 19 SEP, 2016, Paris, France

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
公益財団法人 愛知県医師会「医療従事者の認知症対応力向上研修」講師、2016年9月10日、大府市【2016年12月8日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
一般社団法人 愛知県歯科医師会「平成28年度歯科医師の認知症対応力向上研修会」講師、2016年9月11日、名古屋市【2016年12月8日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
一般社団法人認定介護福祉士認証・認定機構「モデル研修受講者を対象とした研修会」講師、2016年9月23日、東京都【2016年12月8日更新】

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
飯田市役所 認知症講演会 「認知症予防最前線」講演、2016年9月24日、飯田市【2016年12月8日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
名古屋文理大学短期大学部「栄養士のための食・栄養健康に関する現代社会の実情ならびに課題について」講師、2016年9月29日、名古屋市【2016年12月8日更新】

センター内活動(セミナー等)

富田真紀子 (NILS-LSA活用研究室)
高齢者のフレイルタイプと心理的特性の関連.
CGSS若手研究セミナー,2016年9月6日,大府市.

丸山光生 (副所長室)
NCGGにおける老化基礎研究の戦略紹介
運営会議、2016年9月13日

木村哲也 (アルツハイマー病研究部)
アルツハイマー病/認知症の生物学的背景.
第73回 CAMD報告会,2016年9月8日【2016年12月19日更新】

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2016年 [平成28年] 9月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター