文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2016年 [平成28年] 7月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

マンスリーレポート(研究業績) 2016年[平成28年]7月

新聞・雑誌等

近藤克則 (老年学評価研究部)
中日新聞 「歯少ないと『閉じこもり』2.5倍」 2016年7月21日

島田裕之. (予防老年学研究部)
埼玉新聞, 2016年7月3日, 「日高で認知症シンポ」.

島田裕之. (予防老年学研究部)
YAHOO! JAPANニュース, 2016年7月3日, 中嶋常幸プロらがパネリスト ゴルフで認知症予防を日高で呼び掛け.

島田裕之. (予防老年学研究部)
NHK NEWS Web, 2016年7月9日, 認知症予防に向けゴルフの効果を検証へ.

島田裕之. (予防老年学研究部)
Aging & Health, No.78, 長寿フロントライン 地域における認知症予防のスキームの構築.

島田裕之. (予防老年学研究部)
春日井医師会ニュース, 2016年7月, 434号, 運動による認知症予防.

島田裕之. (予防老年学研究部)
関東ゴルフ連盟 KGA GOLFER’S NEWS, 2016年7月 No.121 夏号, 「ゴルフで楽しく認知症予防」.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK 総合テレビ:ニュース7,平成28年7月1日(金),介護殺人 半数以上3年以内に.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK BS1:BSニュース,平成28年7月1日(金),介護殺人 半数以上3年以内に.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK ONLINE:NHK NEWS WEB,平成28年7月1日(金),「介護殺人」半数以上が介護始めて3年以内に発生.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK 総合テレビ:ニュースウォッチ9,平成28年7月1日(金),「介護殺人」6年で138件も.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK BS1:BSニュース,平成28年7月2日(土),介護殺人 半数以上3年以内に.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK 総合テレビ:ニュース7,平成28年7月3日(金),“介護殺人”当事者たちの告白.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK ONLINE:NHK NEWS WEB,平成28年7月3日(金),「介護殺人」考えた介護経験者4人に1人アンケート調査.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK BS1:BSニュース,平成28年7月3日(金),“介護殺人”当事者たちの告白.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK 総合テレビ:NHKスペシャル,平成28年7月3日(金),私は家族を殺した “介護殺人”当事者たちの告白(取材協力).

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK BS1:BSニュース,平成28年7月4日(月),“介護殺人”当事者たちの告白.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
毎日新聞,平成28年7月12日(火),大阪で認知症シンポ:認知症の人とその家族をどう守るか?

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
朝日新聞,平成28年7月25日(月),フォーラム:認知症と運転:受診早く症状知って.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
朝日新聞デジタル,平成28年7月25日(月),(フォーラム)認知症と運転:受診早く症状知って.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
朝日新聞デジタル,平成28年7月25日(月),電動自転車の免許証、認知症の父へ手作り 家族の体験談:早期受診で症状知って.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
毎日新聞,平成28年7月31日(日),シンポジウム:認知症800万人時代 認知症の人とその家族をどう守るか?「認知症高齢者の自動車運転 認知症高齢者の安全と安心のために」:本人の安全確保、受診を.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
毎日新聞ニュースサイト,平成28年7月31日(日),特集「認知症800万人時代 認知症の人とその家族をどう守るか?」支え合える社会に.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
読売新聞 ,平成28年7月4日夕刊,「認知症リスク8要因」

安藤富士子 (NILS-LSA活用研究室)
CBCラジオ 多田しげおの気分爽快!! 朝からP・O・N,平成28年7月15日,「脂肪」

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
NHK総合テレビ クローズアップ現代プラス,平成28年7月20日,「糖質制限ブーム! ~あなたの“自己流”が危険を招く~」

論文発表等

原著論文

Yamamoto N, Tokuda H, Kuroyanagi G, Kainuma S, Matsushima-Nishiwaki R, Fujita K, Kozawa O, Otsuka T. (臨床検査部,メディカルゲノムセンター)
Heat shock protein 22 (HSPB8) limits TGF-beta-stimulated migration of osteoblasts.
Mol. Cell. Endocrinol. 436:1-9,2016.

Harada K, Lee S, Park H, Shimada H, Makizako H, Doi T, Yoshida D, Tsutsumimoto K, Anan Y, Uemura K, Suzuki T. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
Going outdoors and cognitive function among community-dwelling older adults: Moderating role of physical function.
Geriatr Gerontol Int, 16(1): 65-73, 2016.

Shimada H, Makizako H, Doi T, Tsutsumimoto K, Lee S, Suzuki T. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
Cognitive Impairment and Disability In Older Japanese Adults.
PLoS One, 11(7): e0158720, 2016.

島田裕之, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 中窪翔. (予防老年学研究部)
軽度認知障害を有する高齢者の転倒の実態.
日本基礎理学療法学雑誌, 19(2): 48-54, 2016.

大沢愛子, 前島伸一郎, 植田郁恵, 神谷正樹, 近藤和泉 (機能回復診療部)
高齢者によくみられる疾患・障害とそれに対するリハビリテーション 1. 認知症 3)認知症における家族指導
Geriatric Medicine, 54, 723-726, 2016

Takano E, Teranishi T, Watanabe T, Ohne K, Kitaji S, Sawa S, Kanada Y, Toba K, Kondo I (健康長寿支援ロボットセンター, 理事長)
Differences in the effect of exercise interventions between pretrial older adults and older adults without frailty
Geriatr Gerontol Int, 23 May 2016, DOI: 10.1111/ggi.12853

総説, その他

島田裕之, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦. (予防老年学研究部)
増大特集 認知症の危険因子と防御因子.
運動・身体活動による認知症予防.
Brain Nerve. 68(7): p799-808, 2016.

島田裕之. (予防老年学研究部)
Seminar6. 運動・生活習慣からみた認知症の予防.
Geriatric Medicine 老年医学, 54(5): 465-470, 2016.

書物等

福岡秀記 (先端診療部)
感覚器機能低下としての視力障害
これからの在宅医療-指針と実務 p101-107、初版、グリーンプレス社

和田忠志,太田秀樹,大島浩子 (在宅連携医療部,在宅医療開発研究部)
「これからの在宅医療-指針と実務」各章へのアプローチQ&A.
これからの在宅医療-指針と実務,大島伸一(監修),鳥羽研二(編集代表),株式会社グリーンプレス,p15-34,2016.

大島浩子 (在宅医療開発研究部)
在宅医療連携拠点事業の活動性の評価.
これからの在宅医療-指針と実務,大島伸一(監修),鳥羽研二(編集代表),株式会社グリーンプレス,p347-355,2016.

大島浩子 (在宅医療開発研究部)
在宅医療・介護連携推進拠点の継続評価.
これからの在宅医療-指針と実務,大島伸一(監修),鳥羽研二(編集代表),株式会社グリーンプレス,p356-364,2016

進藤由美(企画戦略局)
「地域資源の理解とケアへの活用」
認知症介護実践者研修標準テキスト,認知症介護研究・研修センター監修,株式会社ワールドプランニング,東京,pp189-205, 2016

講演等

学会・研究会等発表

A Hosokawa, T Muramoto. (老年学・社会科学研究センター長室、長寿保健科学研究室)
Autobiographical memory recollected and shared in group and cognitive aging:  Content analyses based on evaluating and categorizing components in life story narratives.  
6th International Conference on Memory. 19, July, 2016. Budapest, Hungary. (Oral/ Individual paper presentation) 

A Hosokawa. (老年学・社会科学研究センター長室、長寿保健科学研究室)
Effects of reminiscence in group session on mental activities in later life.
The 31st International Congress of Psychology. 29, July, 2016. Yokohama. (Rapid Communication) 

邑本俊亮, 細川彩 (老年学・社会科学研究センター長室、長寿保健科学研究室)
震災体験談の分析:何が語られ、何が記憶に残るのか.
第 37 回 IRIDeS 金曜フォーラム 東北大学災害科学国際研究所 平成 27 年度特定プロジェクト研究成果報告会. 2016.7.10.(ポスター発表)

荒井秀典(老年学・社会科学研究センター)
在宅療養患者における脂質異常症管理
第18回日本在宅医学会大会 第21回日本在宅ケア学会学術集会 合同大会 2016年7月16日~17日 東京

荒井秀典(老年学・社会科学研究センター)
冠動脈疾患の既往を有する脂質異常症患者の脂質管理及び薬物療法現状:日本の大規模診療データベースの後ろ向き解析
第48回日本動脈硬化学会 総会・学術集会2016年7月14日~15日 東京

荒井秀典(座長)(老年学・社会科学研究センター)
新しい脂質異常症の治療戦略-PCSK9の役割と抗PCSK9阻害薬の将来展望に迫る-
第48回日本動脈硬化学会 総会・学術集会 2016年7月14日~15日 東京

荒井秀典(座長)(老年学・社会科学研究センター)
各ガイドライン編集委員が語る脂質異常症治療戦略
第48回日本動脈硬化学会 総会・学術集会 2016年7月14日~15日 東京

荒井秀典(座長)(老年学・社会科学研究センター)
スクリーニング基準の設定から患者管理まで
第48回日本動脈硬化学会 総会・学術集会 2016年7月14日~15日 東京

Makizako H, Shimada H, Doi T, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Makino K, Suzuki T. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
Comorbid mild cognitive impairment and depressive symptoms predict future dementia in community older adults: a 24-month follow-up longitudinal study.
2016 Alzheimer's Association International Conference, Toronto, Canada, July 25, 2016.

Shimada H, Makizako H, Doi T, Tsutsumimoto K, Lee S, Suzuki T. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
Impact of cognitive frailty on daily activities in older persons.
2016 Alzheimer's Association International Conference, Toronto, Canada, July 26, 2016.

Doi T, Shimada H, Makizako H, Tsutsumimoto K, Verghese J, Suzuki T. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
Motoric cognitive risk syndrome and risk of Alzheimer’s disease.
2016 Alzheimer's Association International Conference, Toronto, Canada, July 27, 2016.

Park H, Shimada H, Bae S, Lee S, Lee S, Harada K, Harada K, Makizako H, Suzuki T. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
The influences of less active and sedentary behavior on cognitive and neural efficiency in older adults.
2016 Alzheimer's Association International Conference, Toronto, Canada, July 27, 2016.

榊原早苗,高梨早苗,木下かほり,山田和正,千田一嘉, 佐竹昭介 (看護部,栄養管理部、呼吸機能診療科、フレイル研究部)
「フレイル」「サルコペニア」「ロコモ」の認知度にかんする 検討第2報.
日本老年看護学会 第21回学術集会. 2016.7.23-24 埼玉

舘野理恵鈴村彰太大宮嘉恵水野亜紀 伊藤直樹,浅野直也,大沢愛子近藤和泉 (機能回復診療部)
当センター回復期リハビリテーション病棟における退院後家屋訪問の取り組み~QOLの向上を認めた一症例~
第18回日本在宅医学会大会 第21回日本在宅ケア学会学術集会合同大会, 2016年7月17日, 東京都

尾崎健一 (機能回復診療部)
フレイル高齢者に対するバランス訓練ロボットの効果
第3回イノベーティブリハビリテーション研究会, 2016年7月16日, 東京

庵原耕一郎、中島美砂子 (幹細胞再生医療研究部)
歯内療法領域における再生医療 「歯髄幹細胞を用いた抜髄後歯髄再生治療臨床研究の報告」
日本歯内療法学会 シンポジウム 名古屋2016年7月24日

中島美砂子 (幹細胞再生医療研究部)
「歯髄の再生療法」
香川デンタルスタディグループ 講演 高松2016年7月16日

中島美砂子 (幹細胞再生医療研究部)
「ナノバブル薬剤導入法による歯内除菌と感染根管歯の歯髄・象牙質再生医療への応用」
先端医療振興財団 講演 神戸2016年7月21日

Nakamoto M, Otsuka R, Nishita Y, Tange C, Tomida M, Kato Y, Imai T, Ando F, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Total bean intake reduces the risk of cognitive decline in female elderly.
Alzheimer's Association International Conference 2016, Jul 27th, 2016, Toront, Canada.

Tange C, Nishita Y, Tomida M, Otsuka R, Ando F, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Time until death and attitude toward death in Japanese middle-aged and elderly.
31st International Congress of Psychology, Jul 27th, 2016, Yokohama.

Tomida M, Nishita Y, Tange C, Otsuka R, Ando F, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Types of work-family balance and mental health in middle-aged and elderly people, from the perspective of work-family conflict and work-family facilitation.
31st International Congress of Psychology, Jul 27th, 2016, Yokohama.

Nishita Y, Tange C, Tomida M, Otsuka R, Ando F, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Age-related changes in psychological well-being in middle-aged and elderly Japanese: a five-year longitudinal study.
31st International Congress of Psychology, Jul 28th, 2016, Yokohama.

Nishita Y (NILS-LSA活用研究室)
Personality development in a Japanese elderly population
31st International Congress of Psychology, Jul 28th, 2016, Yokohama.

松井康素,竹村真里枝 (先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
地域在住中高齢者における膝関節痛と歩行との関連.
第8回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会,2016年7月29日,福岡市.

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
第13回日本高齢者虐待防止学会 市民公開講座 「高齢者虐待と認知症」,2016.7.15(金)横浜【2016年9月15日更新】

講演など(教育、普及、広報活動)

徳田治彦 (臨床検査部)
“骨が減る骨粗鬆症”
栄中日文化センター春の連続講座「ロコモやフレイルを知ろう!いくつになっても動くからだを保つために」2016年7月14日 栄中日文化センター 名古屋

大島浩子 (在宅医療開発研究部)
継続看護システムの課題と戦略.
複雑な医療・看護ニーズをもつ高齢者に対して、切れ目なくケアを継続できるための継続看護システム構築の取り組みの実際と課題および戦略を解説する.
愛知県立大学大学院看護学研究科,7月18日,名古屋.

進藤由美(企画戦略局)
「推進員活動の実効性を上げるためのプロセス」
「認知症の人とその家族の支援体制の構築及び認知症ケアの向上を図るための取組みの推進(連携支援・認知症ケアパス)」
平成28年度第4回認知症地域支援推進員研修,2016年7月26日,名古屋

島田裕之. (予防老年学研究部)
地域の力で認知症を防ぐ.
一般社団法人セカンドライフファクトリー公開講座, 千葉, 2016年7月1日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
コミュニティーで創る認知症予防のスキーム.
第13回「もの忘れ」フォーラム, 徳島, 2016年7月2日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防と改善のカギは〇〇!
認知症予防講演会, 横須賀市, 2016年7月5日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
健康寿命延伸に関するエビデンスと課題.
BBLセミナー, 東京, 2016年7月7日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
毎日の運動で認知症を予防する.
第19回運動(コグニサイズ等)による認知症予防講演会, 東京, 2016年7月7日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防.
ベネッセスタイルケア主催市民公開講座, 豊田, 2016年7月9日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防運動プログラム コグニサイズの取り組み.
Alzheimer Experts Seminar 2016, 東京, 2016年7月10日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
「活動」と「参加」―どう評価・計画し、いかに介入するか―.
第34回全国デイ・ケア研究大会, 千葉, 2016年7月22日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
楽しく始める認知症予防 ~コグニサイズのすすめ~.
健康百寿の郷まつり基調講演, 兵庫, 2016年7月24日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防運動プログラム コグニサイズの取り組み.
Alzheimer Experts Seminar 2016, 東京, 2016年7月30日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
自分でできる認知症予防. ―イスに座って簡単エクササイズ―.
SBS学苑浜松校, 静岡, 2016年7月9日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
高齢者のリハビリテーション.
第3回南東北第二病院リハビリテーション研修会, 南東北第二病院, 郡山, 2016年7月10日.

村澤裕介, 根本哲也, 磯貝善蔵, 近藤和泉 (健康長寿支援ロボットセンター, 皮膚科)
力学的負荷が皮下結合組織に与える影響の解析,
第12回北海道結合組織研究会, 2016年7月09日, 江別

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
認知症高齢者の自動車運転を考える:ご本人および家族介護者への支援の観点から.
放送大学愛知学習センター第38回公開講演会,2016年7月2日,名古屋市.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
認知症高齢者の自動車運転:認知症高齢者の安全と安心のために.
毎日新聞社主催シンポジウム第2回認知症800万人時代 認知症の人とその家族をどう守るか?(基調講演).2016年7月10日,大阪市.

鈴木隆雄 (理事長特任補佐)
超高齢社会を元気で暮らしていくために.
岡山県消費生活センター,2016年7月8日, 岡山.

鈴木隆雄 (理事長特任補佐)
老年学から見た高齢者の特性.
政策科学大学院大学研修講義, 2016年7月27日, 東京.

内田育恵 (先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
聴力と認知機能 -補聴器の役割-.
第17回補聴器適合研修会,2016年7月3日,名古屋市.

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
牛乳・乳製品と認知機能との関連 ~地域住民を対象とした長期縦断疫学研究~.
椙山女学園大学生活科学部 3-A-Day実践セミナー,2016年7月19日,名古屋市.

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
認知症予防のための食生活.
名古屋市西区認知症講演会,2016年7月22日,名古屋市.

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
2016年度朝日高齢者福祉セミナー 「認知症の予防と治療の最前線」講師、2016年7月3日、名古屋市【2016年9月15日更新】

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
聖路加国際大学教育センター 「認知症病態論(認知症の原因疾患と治療)」講師、2016年7月9日、東京都【2016年9月15日更新】

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
一般社団法人回復期リハビリテーション病棟協会「平成28年度第34回看護介護研修会」講師、2016年7月9日、東京都【2016年9月15日更新】

センター内活動(セミナー等)

 

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2016年 [平成28年] 7月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター