文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2016年 [平成28年] 5月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

マンスリーレポート(研究業績) 2016年[平成28年]5月

新聞・雑誌等

近藤克則 (老年学評価研究部)
中日新聞 「認知症リスク前向き感情で低く」 2016年5月18日朝刊

島田裕之. (予防老年学研究部)
年金時代 臨時増刊号, コグニステップを試してみよう.

島田裕之. (予防老年学研究部)
サンケイリビング新聞社 リビング北摂中央, 2016年5月28日, 脳を活性化するための「コグニサイズ」運動と頭の体操を同時に 地域医療セミナー6月18日(土)開催.

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
朝日放送 たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 2016年5月10日

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
朝日放送 たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 2016年5月17日

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
東海テレビ スイッチ! 2016年5月19日

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
日本経済新聞,平成28年5月22日(日)

佐竹昭介 (フレイル研究部)
フレイルの概念
老年精神医学雑誌 版株式会社ワールドプランニング. Vol27.5 489-496, 2016.5【2016年7月8日更新】

論文発表等

原著論文

Saji N, Sakurai T, Suzuki K, Mizusawa H, Toba K (もの忘れセンター、治験・臨床研究推進センター)
ORANGE’s challenge: developing wide-ranging dementia research in Japan.
Lancet Neurol 2016;15:661-662.

Saji N, Kimura K, Tateishi Y, Fujimoto S, Kaneko N, Urabe T, Tsujino A, Iguchi Y, daVinci study group (もの忘れセンター)
Safety and efficacy of non-vitamin K oral anticoagulant treatment compared with warfarin in patients with non-valvular atrial fibrillation who develop acute ischemic stroke or transient ischemic attack: a multicenter prospective cohort study (daVinci study).
J Thromb Thrombolysis. 2016 May 20. [Epub ahead of print].

Kainuma S, Otsuka T, Kuroyanagi G, Yamamoto N, Matsushima-Nishiwaki R, Kozawa O, Tokuda H. (臨床検査部)
Possible involvement of AMP-activated protein kinase in PGE1-induced synthesis of osteoprotegerin in osteoblasts.
Exp. Ther. Med. 11:2042-2048,2016.

Tokuda H, Kuroyanagi G, Tsujimoto M, Matsushima-Nishiwaki R, Akamatsu S, Enomoto Y, Iida H, Otsuka T, Ogura S, Iwama T, Kojima K, Kozawa O. (臨床検査部)
Thrombin receptor-activating protein (TRAP)-activated Akt is involved in the release of phosphorylated-HSP27 (HSPB1) from platelets in DM patients.
Int. J. Mol. Sci. 2016, 17(5),737; doi:10.3390/ijms17050737.

Saito T, Sugisawa H, Harada K, Kai I. (老年社会科学研究部)
Population aging in local areas and subjective well-being of older adults: Findings from two studies in Japan. Bioscience Trends, 10(2):103-12, 2016.

Vandenberg CJ, Motoyama N, Cory S (老化機構研究部)
FoxO3 suppresses Myc-driven lymphomagenesis.
Cell Death Dis 7, e2046; doi:10.1038/cddis.2015.396, 2016.

Gokare P, Navaraj A, Zhang S, Motoyama N, Sung SS, Finnberg NK (老化機構研究部)
Targeting of Chk2 as a countermeasure to dose-limiting toxicity triggered by topoisomerase-II (TOP2) poisons.
Oncotarget 7, 29520-29530, 2016.

Otsuka R, Kato Y, Nishita Y, Tange C, Nakamoto M, Tomida M, Imai T, Ando F, Shimokata H, Suzuki T (NILS-LSA活用研究室,理事長特任補佐室)
Dietary diversity and 14-year decline in higher-level functional capacity among middle-aged and elderly Japanese.
Nutrition, 32: 784-789, 2016.

Doi T, Shimada H, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Suzuki T. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
Insulin-like Growth Factor-1 Related to Disability among Older Adults.
J Gerontol A Biol Sci Med Sci. 71(6):797-802,2016.          

Tsutsumimoto K, Doi T, Shimada H, Makizako H, Yoshida D, Uemura K, Anan Y, Park H, Suzuki T. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
Self-reported exhaustion associated with physical activity among older adults.
Geriatr Gerontol Int. 16(5):625-630,2016.

Suzumura S,Osawa A, Nagahama T, Kondo I, Sano Y, Kandori A (機能回復診療部)
Assessment of finger motor skills in individuals with mild cognitive impairment and patients with Alzheimer’s disease: Relationship between finger-to-thumb tapping and cognitive function.
Japanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Science Vol 7, 19-28, 2016

近藤和泉, 小野木啓子 (機能回復診療部)
11.小児神経疾患 A 病態と治療
神経症候障害学 病態とエビデンスに基づく治療と理学療法, 356-369, 2016

近藤和泉 (機能回復診療部)
2 小児リハビリテーション分野で使用する評価尺度について
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 53, 353-358, 2016

Arai H, Teramoto T, Daida H, Ikewaki K, Maeda Y, Nakagomi M, Shirakawa M, Kakikawa T, Numaguchi H, Johnson-Levonas AO, Vaidya S, Blaustein RO. (老年学・社会科学研究センター)
Efficacy and Safety of the Cholesteryl Ester Transfer Protein Inhibitor Anacetrapib in Japanese Patients with Heterozygous Familial Hypercholesterolemia.
Atherosclerosis, in press.

Ishibashi S, Yamashita S, Arai H, Araki E, Yokote K, Suganami H, Fruchart JC, Kodama T, for the K-877-04 Study Group. (老年学・社会科学研究センター)
Effects of K-877, a novel selective PPARα modulator (SPPARMα), in dyslipidaemic patients: A randomized, double blind active-and placebo-controlled, phase 2 trial.
Atherosclerosis 249: 36-43 2016

Kim DH, Arai H, Kim SH. (老年学・社会科学研究センター)
Social activities are associated with cognitive decline in older Koreans.
Geriatr Gerontol Int. in press.

Chen LK, Lee WJ, Peng LN, Liu LK, Arai H, Akishita M, Asian Working Group for Sarcopenia. (老年学・社会科学研究センター)
Recent Advances in Sarcopenia Research in Asia: 2016 Update from the Asian Working Group for Sarcopenia.
Journal of the American Medical Directors Association. in press.

Ueda N, Tomita T, Yanagisawa K, Kimura N. (アルツハイマー病研究部,所長室・認知症センター長室)
Retromer and Rab2-dependent trafficking mediate PS1 degradation by proteasomes in endocytic disturbance.
J Neurochem, 137(4): 647-658, 2016【2016年7月14日更新】

総説, その他

谷川隆久、荒井秀典 (臨床検査部、高齢総合診療科)
腎と透析 サルコペニア・フレイルの概念
東京医学社 80(5):587-590,2016.

山越貴水 (老化機構研究部)
細胞老化と慢性炎症
日本老年医学会雑誌, 53(2), 88-94, 2016.

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
食品摂取と認知機能の関連~長期縦断疫学研究・最近の成果から~,食事と認知症.
食品と科学,58:61-66,2016.

島田裕之. (予防老年学研究部)
Seminar 6.運動・生活習慣からみた認知症の予防.
Geriatric Medicine 老年医学, 54(5):465-470, 2016.

大沢愛子,前島伸一郎,植田郁恵神谷正樹近藤和泉 (機能回復診療部)
認知症のリハビリテーション
Geriat Med 54(5), 479-483, 2016

前島伸一郎,岡本さやか,岡崎英人,園田茂,大沢愛子 (機能回復診療部)
高齢者によくみられる疾患•障害とそれに対するリハビリテーション 認知症−対応の原則
Geriat Med 54(5), 507-510, 2016

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
地域包括ケア/オレンジプラン,臨床精神医学45(5):651-656, 2016.5

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
認知症疾患治療ガイドラインの有用性,日本医事新報No.4802,2016.5.7発行

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
アルツハイマー型認知症の薬物治療,日本医事新報No.4804,2016.5.21発行

関谷倫子、飯島浩一 (アルツハイマー病研究部)
統合生物学的手法を用いて遺伝子ネットワークの変化からアルツハイマー病発症機序に迫る
Dementia Japan, 30巻2号, p246-256【2016年7月14日更新】

書物等

丸山光生 (老化機構研究部)
総論Ⅱ 高齢者の易感染性 加齢に伴う生体防御機構の変動
高齢者感染症 長高齢社会の課題と特徴、光山正雄(編)、医薬ジャーナル社、p59-68、2016

土井剛彦. (予防老年学研究部)
Ⅴ.認知症ならびに軽度認知障害に対する理学療法. 認知症・MCIに伴う認知機能障害の理解と理学療法介入.
阿部浩明(編), 高次脳機能障害に対する理学療法, 文光堂, 東京都, 2016, pp199-236.

講演等

学会・研究会等発表

Saji N, Kimura K, Shibazaki K, Inoue T, Uemura J, Aoki J, Iguchi Y: daVinci study group (もの忘れセンター)
Definitive anticoagulation for acute ischemic stroke patients with atrial fibrillation: a multicenter prospective cohort study.
The 2nd European Stroke Organisation Conference 2016 2016年5月12日 Barcelona.

佐治直樹、木村和美、芝﨑謙作、井上剛、植村順一、青木淳哉、井口保之 (もの忘れセンター)
心房細動を伴う虚血性脳血管障害急性期における抗血栓療法の実態調査
第57回日本神経学会学術集会 2016年5月19日 神戸.

谷川隆久、川嶋修司、徳田治彦 (臨床検査部、内分泌代謝内科)
高齢者2型糖尿病におけるサルコペニアと糖尿病関連因子の検討
第59回日本糖尿病学会年次学術集会、 平成28年5月20日、 みやこめっせ、 京都

サブレ森田さゆり谷川隆久、大倉美佳、荒井秀典 (看護部、臨床検査部、高齢総合診療科)
高齢糖尿病患者における身体機能障害に繋がる健康障害事象発生とフレイルの検討
第59回の本糖尿病学会年次学術集会、 平成28年5月21日、 国立京都国際会館、 京都

木村展之、岡林佐知、小野文子 (アルツハイマー病研究部)
アストログリア細胞における老年性エンドサイトーシス障害とAβ病理
第39回日本基礎老化学会、2016年5月27日〜28日、伊勢原

柳澤勝彦 (所長室,認知症センター長室)
アミロイドβ蛋白重合開始の分子機構〜神経糖鎖の病的意義
第57回日本生化学会 中国・四国支部例会 シンポジウム,2016年5月27日, 高知

岩下雄二、杉本昌隆、丸山光生 (老化機構研究部)
細胞老化関連long non-coding RNAsの探索と機能解析
第39回日本基礎老化学会大会、2016年5月28日、伊勢原市

Yamawaki T, Yamada J, Ito E, Kinoshita S, Sotozono C, Hamuro J (老化機構研究部)
Inflammatory vicious cycle between retinal pigment epithelium (RPE) and macrophages reduces the phagocytic function of RPE
88th Annual meeting of the ARVO (Association for Research in Vision and Ophthalmology). Seattle. WA. U.S.A. 1 May ,2016

Yamada J, Ueno M, Toda M, Shinomiya K, Sotozono C, Kinoshita S, Hamuro J(老化機構研究部)
Allogeneic sensitization and tolerance induction post corneal endothelial cell injection into the anterior chamber.
88th Annual meeting of the ARVO (Association for Research in Vision and Ophthalmology). Seattle. WA. U.S.A. 4 May, 2016

Imai T, Otsuka R, Kato Y, Ando F, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
A study on the usefulness of I Phone/I Pad applications to monitor the Health in Japan.
13th International Congress on Obesity (ICO), May 1st, Vancouver, Canada.

西田裕紀子,丹下智香子,富田真紀子,大塚礼,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
高齢期の認知機能の維持に効果的なパーソナリティ特性とは:10 年間の縦断データの解析.
日本発達心理学会第27回大会,2016年5月1日,札幌市.

竹村真里枝,松井康素,原田敦,大塚礼,安藤富士子,下方浩史 (先端診療部,院長室,NILS-LSA活用研究室)
地域在住中高年者の骨粗鬆症有病率と治療率の検討.
第89回日本整形外科学会学術総会,2016年5月14日,横浜市.

内田育恵,杉浦彩子,鈴木宏和,植田広海,中島務 (先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
一般地域住民を対象とした難聴発症を予測する因子の縦断的検討.
第117回日本耳鼻咽喉科学会通常総会・学術講演会,2016年5月20日,名古屋市.

杉浦彩子,鈴木宏和,内田育恵,中島務 (先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
一般地域住民におけるADL低下と聴力の関連.
第117回日本耳鼻咽喉科学会通常総会・学術講演会,2016年5月21日,名古屋市.

鈴木宏和,杉浦彩子,内田育恵,中島務 (先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
一般地域住民における補聴器装用と認知機能の関連.
第117回日本耳鼻咽喉科学会通常総会・学術講演会,2016年5月21日,名古屋市.

小林修, 林悠太, 波戸真之介, 今田樹志, 島田裕之. (予防老年学研究部)
男女別にみた要支援・軽度要介護高齢者の重度化に対する運動機能評価の有用性 大規模集団における3年間の追跡調査による検討.
第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月27日.

島田裕之, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 中窪翔, 牧野圭太郎. (予防老年学研究部)
認知機能低下と関係する歩行パラメーター.
第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月27日.

堤本広大, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 中窪翔, 牧野圭太郎, 島田裕之, 鈴木隆雄. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
軽度認知障害を有する高齢者における灰白質容量と遂行機能は関連するのか?
第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月27日.

牧野圭太郎, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 井平光, 木原由里子, 石田豊朗, 志水宏太郎, 伊藤一成, 山口亨, 古名丈人. (予防老年学研究部)
積雪寒冷地域に住む後期高齢者の冬期間の身体活動量低下がその後3年間の認知機能の変化に及ぼす影響 地域在住後期高齢者の冬期間の身体活動量低下がその後3年間の認知機能の変化に及ぼす影響.
第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月27日.

志水宏太郎, 井平光, 牧野圭太郎, 木原由里子, 石田豊朗, 伊藤一成, 山口亨, 牧迫飛雄馬, 島田裕之, 古名丈人. (予防老年学研究部)
地域在住後期高齢者における筋肉量の低下に対するself-efficacyおよび活動能力の影響について.
第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月27日.

上村一貴, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 朴眩泰, 梅垣宏行, 葛谷雅文, 鈴木隆雄. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
軽度認知障害を有する高齢者では遅延再生課題中の前頭前野における脳血流が低下する.
第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月27日.

山口亨, 井平光, 牧野圭太郎, 木原由里子, 石田豊朗, 志水宏太郎, 伊藤一成, 牧迫飛雄馬, 島田裕之, 古名丈人. (予防老年学研究部)
積雪寒冷地域における非冬期の転倒は後期高齢者の運動機能低下を顕在化.
第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月27日.

木原由里子, 井平光, 牧野圭太郎, 石田豊朗, 志水宏太郎, 伊藤一成, 山口亨, 牧迫飛雄馬, 島田裕之, 古名丈人. (予防老年学研究部)
地域在住高齢者の社会的サポート低下を予測する因子の検討.
第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月27日.

林悠太, 波戸真之介, 今田樹志, 小林修, 島田裕之. (予防老年学研究部)
軽度要介護高齢者,重度要介護高齢者の要介護度改善に影響を及ぼす運動機能 7096名における2年間の追跡調査.
第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月28日.

土井剛彦, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 堤本広大, 中窪翔, 牧野圭太郎, 鈴木隆雄. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
軽度認知障害を有する高齢者における歩行と白質病変の関係.
第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月28日.

牧迫飛雄馬, 島田裕之, 土井剛彦, 堤本広大, 中窪翔, 堀田亮, 牧野圭太郎, 鈴木隆雄 (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
地域在住高齢者における下肢機能評価と要介護の新規発生.
第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月28日.

伊藤一成, 井平光, 牧野圭太郎, 木原由里子, 石田豊朗, 志水宏太郎, 山口亨, 牧迫飛雄馬, 島田裕之, 古名丈人. (予防老年学研究部)
地域在住後期高齢者における身体活動量の縦断調査と関連要因の検討.
第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月28日.

中窪翔, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 土井剛彦, 堤本広大, 堀田亮, 牧野圭太郎, 鈴木隆雄. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
地域在住高齢者における睡眠時間と身体的フレイルの関連性.
第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月28日.

今田樹志, 林悠太, 波戸真之介, 小林修, 島田裕之. (予防老年学研究部)
脳血管疾患の既往がある要支援及び軽度要介護高齢者の重度化に関わる運動機能 637名における2年間の追跡調査.
第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月29日.

波戸真之介, 林悠太, 今田樹志, 小林修, 島田裕之. (予防老年学研究部)
運動機能の低下が要支援から要介護への移行に及ぼす影響 大規模集団における36か月間の縦断研究.
第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月29日.

平井達也, 牧迫飛雄馬, 石川康伸, 若月勇輝, 吉元勇輝, 藁科弘晃. (予防老年学研究部)
地域在住高齢者における転倒および転倒不安の有無による日本語版改訂GES得点の違いと運動機能との関連.
第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月27日.

三栖翔吾, 浅井剛, 土井剛彦, 澤龍一, 山田実, 小野玲. (予防老年学研究部)
地域在住高齢者における栄養障害は歩行時の姿勢安定性低下と関連する ―1年間の縦断研究―.
第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月27日.

石田豊朗, 井平光, 牧野圭太郎, 木原由里子, 志水宏太郎, 伊藤一成, 山口亨, 古名丈人. (予防老年学研究部)
地域在住高齢者における身体機能が転倒恐怖感に及ぼす影響.
第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月27日.

井平光, 牧野圭太郎, 松田夕香, 小野道洋, 石川和真, 佐藤昌則, 石合純夫, 加藤淳二, 古名丈人. (予防老年学研究部)
外来化学療法を施行中の進行性がん患者に対する理学療法介入の効果検証 ランダム化比較試験.
第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月27日.

北川智美, 樋口由美, 藤堂恵美子, 今岡真和, 上田哲也, 安藤卓, 水野稔基, 安岡実佳子, 高尾耕平. (予防老年学研究部)
専業主婦の座業時間短縮および健康改善のための効果的な介入方法.
第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月27日.

今岡真和, 板垣香里, 黒﨑恭兵, 七川大樹, 中村貫照, 池内まり, 藪陽太, 児玉佳奈子.
体圧分散性能が高い車いすを長期使用することによる入所者への影響について. (予防老年学研究部)
第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月27日.

今岡真和, 樋口由美, 藤堂恵美子, 上田哲也, 北川智美, 安藤卓, 高尾耕平, 安岡実佳子, 黒﨑恭兵, 池内まり, 七川大樹. (予防老年学研究部)
介護老人保健施設入所者のOsteosarcopenia有病率についての調査研究.
第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月28日.

安岡実佳子, 樋口由美, 藤堂恵美子, 北川智美, 今岡真和, 上田哲也, 安藤卓, 水野稔基, 高尾耕平, 大垣昌之, 長岡正子. (予防老年学研究部)
大腿骨近位部骨折患者の骨折前の外出状況と機能回復の関連.
第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月28日.

上田哲也, 樋口由美, 今岡真和, 藤堂恵美子, 北川智美, 安藤卓, 高尾耕平, 服部玄徳, 野村日呂美. (予防老年学研究部)
転倒を起因とした骨折により急性期病院へ入院した高齢患者の特徴.
第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月28日.

安藤卓, 樋口由美, 今岡真和, 藤堂恵美子, 上田哲也, 北川智美, 水野稔基, 安岡実佳子, 高尾耕平. (予防老年学研究部)
要支援・軽度要介護高齢者の非利用日の歩数とその関連要因.
第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月28日.

水野稔基, 樋口由美, 今岡真和, 上田哲也, 藤堂恵美子, 北川智美, 安藤卓, 安岡実佳子, 高尾耕平. (予防老年学研究部)
大腿骨近位部骨折術後患者に対する体幹筋群のトレーニング効果の検証 ~回復期リハビリテーション病棟における予備的研究~.
第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月29日.

藤堂恵美子, 樋口由美, 今岡真和, 北川智美, 上田哲也, 安藤卓, 水野稔基, 安岡実佳子, 高尾耕平, 脇田英樹, 池内俊之. (予防老年学研究部)
訪問リハビリテーション利用者の生活空間拡大に関連する要因.
第51回日本理学療法学術大会, 北海道, 2016年5月29日.

Nakamura A, Pablo Cuesta, Kato T, Arahata Y, Bundo M, Iwata K, Kuratsubo I, Ito K, MULNIAD study group(脳機能画像診断開発部、脳機能診療部、治験・臨床研究推進センター)
Early functional network alternations in asymptomatic elders at risk for Alzheimer’s disease
第57回日本神経学会学術大会 2016年5月20日 神戸

I.Kondo, M. Suzuki, K. Ota, M. Naito, E. Saitoh, N. von Steinbüchel, K. Von Wild, H. Poinstingl (機能回復診療部)
Preliminary study for criterion valdity of the Japanese version of the QOLIBRI (Quality Of Life After Brain Injury )
9th World Congress NeuroRehabilitation, 10-12 May, 2016, Philadelphia, USA

I.Kondo, S. Suzumura, A. Ohsawa, T. Nagahama, A. Kandori, Y. Sano (機能回復診療部)
A device with using magnetic sensor can detect difference of finger dexterity between people with cognitive disorder and age matched healthy peers
10th International Society of Physical & Rehabilitation Medicine (ISPRM) World Congress,
29 May-2 June, 2016, Kuala Lumpur, Malaysia

I.Kondo, M.Lissens (機能回復診療部)
Physical and rehabilitation medicine diagnostics, 座長
10th International Sociery of Physical & Rehabilitation Medicine (ISPRM) World Congress,
29 May-2 June, 2016, Kuala Lumpur, Malaysia

近藤和泉 (機能回復診療部)
Music and Mind : The Impact of Music on Emotions, Human Skills, and Social Life. Chances for Neurologic Music Therapy in NeuroRehabilitation and Physical Medicine, 座長
第7回日本ニューロリハビリテーション学会学術集会, 2016年5月21日, 神戸

村松隆二郎,大沢愛子,植田郁恵,神谷正樹,近藤和泉 (機能回復診療部)
多彩な認知機能障害を呈し病態把握が困難であった若年性アルツハイマー型認知症の一例
第7回日本ニューロリハビリテーション学会学術集会, 2016年5月21日, 神戸

松尾宏, 園田茂, 前島伸一郎, 渡邉誠, 佐々木祥, 奥山夕子, 岡崎英人, 岡本さやか, 近藤和泉 (機能回復診療部)
初発・片側の脳梗塞患者の退院時ADL帰結予測における病型・病巣の寄与
第7回日本ニューロリハビリテーション学会学術集会, 2016年5月21日, 神戸

小野木啓子, 近藤和泉, 星野美香, 大河内由紀, 才藤栄一 (機能回復診療部)
NICU,GCUでリハビリテーションを施行した新生児の現状調査
第7回日本ニューロリハビリテーション学会学術集会, 2016年5月21日, 神戸

神谷正樹,大沢愛子,植田郁恵,宇佐見和也,田口大輔,松田佳恵,横田和代,村松隆二郎,松尾宏,近藤和泉 (機能回復診療部)
認知機能は低下したが家族の介護負担感は軽減した外来認知症患者の一例
第24回愛知県作業療法学会, 2016年5月15日, 名古屋市

佐藤健二小笠原友香里浅野直也近藤和泉,内山靖 (機能回復診療部)
ステップ動作時の姿勢安定性に予測的姿勢調整の潜在エラーが及ぼす影響
第51回日本理学療法学術大会, 2016年5月27-29日, 札幌市

岩田彩加,佐藤健二,越山悠人,竹内芳典,上村一貴,内山靖 (機能回復診療部)
選択的注意課題を用いたステップ動作練習の効果 -予測的姿勢調整に与える影響と課題特異性の検証-
第51回日本理学療法学術大会, 2016年5月27-29日, 札幌市

相本啓太,太田進,近藤和泉 (機能回復診療部)
インパルス応答法を用いた膝関節振動計測方法の検討
第51回日本理学療法学術大会, 2016年5月27-29日, 札幌市

遠藤英俊 (国立長寿医療研究センター)
呼吸商(糖消費)に対する人工炭酸泉の効果
第81回日本温泉気候物理医学会総会・学術集会,2016年5月15日(日),群馬

Arai H (老年学・社会科学研究センター)
How to screen and manage frail older people in daily practice.
7th IAGG Master Class on Ageing in Asia. Hangzhou, May. 5, 2016.

Arai H (老年学・社会科学研究センター)
Update of Strategies for Managing Frailty.
International Seminar on Frailty Cohort & Intervention Study. May 16 2016. Seoul, Korea

荒井秀典 (老年学・社会科学研究センター)
フレイル・サルコペニアの概念と対策
日本予防理学療法学会 2016年5月27日~29日 札幌

荒井秀典 (老年学・社会科学研究センター)
高齢者糖尿病患者における身体機能障害に繋がる健康障害事象発生とフレイルの検討
第58回日本糖尿病学会年次学術集会 2016年5月19~20日 京都

荒井秀典 (老年学・社会科学研究センター)
Implication of sarcopenia in diabetic management
第59回日本糖尿病学会年次学術集会 2016年5月19~21日 京都

講演など(教育、普及、広報活動)

Suzuki T. (理事長特任補佐)
OSHPE Cohort Study – Focusing on the Prevention of Frailty, Dementia and Geriatric Syndrome -.
International Seminar on Frailty Cohort and Intervention Study,May 16-17, 2016, Seoul Korea.

Suzuki T. (理事長特任補佐)
“Prevention Strategy of Dementia in Community- based Approach.”
Embassy of Canada , May 18, 2016, Tokyo Japan.

柳澤勝彦 (所長室,認知症センター長室)
わかるアルツハイマー病最前線〜血液で発症兆候がわかるのか?
第57回日本神経学会学術大会,生涯教育コース,2016年5月18日, 神戸市

鄭丞媛 (老年社会科学研究部)
教育講演「超高齢社会における保健医療-病院から地域へ」
2016.05.26 檀国大学校, 天安, 韓国

石原眞澄 (老年社会科学研究部)
寿大学開会式「写真で元気に!健康づくり、幸せづくり」2016.5.18 大府市吉田公民館
東浦町ふれあいサロン連絡会「ポジティブな写真鑑賞プログラム − その効果と実践 —」2016.5.30東浦町福祉センター

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
すこやかな高齢期をめざして ~食生活からのアプローチ~.
ふれあい看護フォーラム2016,2016年5月9日,名古屋市.

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
食事による認知機能低下予防~老化に関する長期縦断疫学研究から~.
平成28年度 第2回静岡県立大学食品栄養科学専攻 月例セミナー,2016年5月17日,静岡市.

島田裕之. (予防老年学研究部)
地域で支える快GO!予防.
善常会・健康フェスタ2016, 名古屋市, 2016年5月8日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
運動による認知症予防.
第13回春日井認知症臨床の会, 春日井市, 2016年5月14日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
非薬物療法による認知症予防.
研究室所属教員、学生及び共同研究者, 材料健康科学寄付講座, 東京, 2016年5月20日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
怖いなら動いて防ごう認知症~みんなでコグニサイズに取り組もう~.
コグニサイズ講演会, みよし市(愛知), 2016年5月24日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
運動による認知症予防の可能性.
認プロFD講演会,金沢医科大学.金沢,2016年5月13日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
運動による認知症予防の理論と実践~認知症予防に向けた運動コグニサイズ~.
平成28年度日本健康運動指導士会京都支部研修会, NPO日本健康運動指導士会,京都,2016年5月14日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
認知症予防について~コグニサイズで楽しく頭と身体を鍛えよう~.
平成28年度認知症予防講演会,保土ヶ谷区高齢・障害支援課.横浜,2016年5月18日.

牧迫飛雄馬.(予防老年学研究部)
リスク管理・コグニサイズ理論・実践と解説.
平成28年度認知症予防体操推進リーダー養成研修,兵庫県但馬長寿の郷.兵庫,2016年5月30日.

大沢愛子 (機能回復診療部)
認知症とその治療的取り組み
平成28年度和歌山音楽療法研究会, 2016年5月14日, 和歌山

伊藤直樹 (機能回復診療部)
フレイルと転倒-バランス評価と練習を考える-
桂名会木村病院(内部研修会講師), 2016年5月20日, 名古屋市

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
公益社団法人日本看護協会看護研修学校「平成28年度認定看護師教育課程」2016年5月12日 東京

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
京都大学こころの未来研究センター 全学共通科目「超高齢社会の生活論」2016年5月24日 京都

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
京都大学こころの未来研究センター 全学共通科目「超高齢社会の生活論」2016年5月31日 京都

遠藤英俊 (長寿医療研究センター)
一般社団法人 愛知県認知症グループホーム連絡協議会,「認知症ケアと地域との共生」講演、2016年5月6日、名古屋

遠藤英俊 (長寿医療研究センター)
日医生涯教育協力講座セミナー 認知症に寄り添う「認知症診断・治療のポイントと新オレンジプラン」講演、
2016年5月7日、宮崎市

遠藤英俊 (長寿医療研究センター)
日医生涯教育協力講座セミナー 認知症に寄り添う「認知症の治療」講演、2016年5月14日、名古屋市

佐竹昭介 (フレイル研究部)
筋肉が減るサルコペニア
栄中日文化センター 2016年5月11日 名古屋【2016年7月8日更新】

佐竹昭介 (フレイル研究部)
糖尿病の治療法と生活調整、療養支援
平成28年度 認定看護師教育課程 2016年5月24日 東京【2016年7月8日更新】

杉本昌隆(老化機構研究部)
「Rejuvenation of pulmonary organ by eliminating ARF-expressing senescent cells (呼吸器の加齢性変化における細胞老化の役割)」
首都大学東京、2016年5月26日(木)、東京都【2016年10月18日更新】

センター内活動(セミナー等)

飯島浩一 (アルツハイマー病研究部)
遺伝子ネットワークの変化からアルツハイマー病発症機序を読み解く.
第70回 CAMD報告会,2016年5月12日

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2016年 [平成28年] 5月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター