文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2016年 [平成28年] 1月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

マンスリーレポート(研究業績) 2016年[平成28年]1月

新聞・雑誌等

高島明彦(分子基盤研究部)
Newton, 2016年3月号, アルツハイマー病治療薬の実現へ大きな一歩.

高島明彦(分子基盤研究部)
日本経済新聞, 2016年1月24日, 認知症、「脳のごみ」除き予防-検査装置や治療薬開発進む-.

内田育恵 (先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
 NHK Eテレ 団塊スタイル,平成28年1月15日,「あきらめないで!聴力の老化」

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
中日新聞 ,平成28年1月19日朝刊,「隠れメタボ試算900万人 肥満ではないが「代謝性疾患」」

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
日本経済新聞,平成28年1月7日(木),高齢者の運転ミス目配り:家族がサポート、納得いく「卒業」を.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
日本経済新聞電子版,平成28年1月7日(木),高齢者の運転ミス目配り:家族がサポート、納得いく「卒業」を.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
関西テレビ:ゆうがたLIVEワンダー,平成28年1月14日(木),高齢者が気をつけるべき運転行動のチェックリスト.

島田裕之. (予防老年学研究部)
中日新聞朝刊, 2016年1月1日, 体動かし認知症予防、大府 効果的方法 市民が体験.

島田裕之. (予防老年学研究部)
読売新聞, 2016年1月22日, 「コグニサイズ」頭・体の体操.

島田裕之. (予防老年学研究部)
NHKきょうの健康 2月号, ピンピン長寿のヒケツ11 認知症予防にみんなでコグニサイズ!

島田裕之. (予防老年学研究部)
名古屋市老人クラブ通信 なごやかひろば 第43号, 講演要旨「ボケたくなければ歩きなさい」.

島田裕之. (予防老年学研究部)
Aging & Health No.76, 長寿たすけ愛講演会2015 愛知県名古屋市 ウインクあいち.

島田裕之. (予防老年学研究部)
Aging & Health No.76, 第16回若手研究者表彰事業―「長寿科学賞」― 研究課題名:「地域における認知症予防のスキームの構築」.

島田裕之. (予防老年学研究部)
大丈夫!何とかなります 物忘れ 認知症は改善できる, 主婦の友社, 序章 物忘れと軽度認知障害「早歩き、軽い筋トレ、記憶力ゲームで脳を回復させる」.

島田裕之. (予防老年学研究部)
大丈夫!何とかなります 物忘れ 認知症は改善できる, 主婦の友社, 第2章 手足を動かしながら、脳を若く保つ「最新の脳科学情報から 軽度の認知症(MCI)から回復する切り札“コグニサイズ”とは」.

島田裕之. (予防老年学研究部)
大丈夫!何とかなります 物忘れ 認知症は改善できる, 主婦の友社, 第2章 手足を動かしながら、脳を若く保つ「最新の脳科学情報から 認知症予防の運動プログラム“コグニサイズ”のやり方」.

柳澤勝彦 (所長室,認知症センター長室)
日本経済新聞, 2016年1月13日, 認知症前兆、血液検査法開発の取り組み

柳澤勝彦 (所長室,認知症センター長室)
朝日新聞, 2016年1月16日, がん検査法を認知症診断に 〜血液での判定も研究

柳澤勝彦 (所長室,認知症センター長室)
週刊日本医事新報,2016年1月2日号「アルツハイマー病の発症を阻む」〜新春随筆 炉辺閑話2016

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
東海テレビ スイッチ! 2016年1月7日【2016年5月18日更新】

論文発表等

原著論文

福岡秀記日野智之、木下茂 (先端診療部)
網膜色素変性に対する網膜神経節細胞複合体厚測定の有用性の検討
あたらしい眼科 33, 1, 151-154, 2016

Saji N, Toba K, Sakurai T. (もの忘れ外来部).
Cerebral small vessel disease and arterial stiffness: Tsunami effect in the brain?
Pulse 2015;3:182-189.

Sakuta K, Saji N, Aoki J, Sakamoto Y, Shibazaki K, Iguchi Y, Kimura K. (もの忘れ外来部)
Decrease of hyperintense vessels on FLAIR predicts good outcome in t-PA patients.
Cerebrovasc Dis. 2016;41:211-218.

Tsutsumimoto K, Makizako H, Shimada H, Doi T, Suzuki T. (予防老年学研究部, 理事長補佐室)
Set-Shifting Ability Is Associated with Gray Matter Volume in Older People with Mild Cognitive Impairment.
Dement Geriatr Cogn Dis Extra, 5(3): 395-403, 2015.

近藤和泉,小野木啓子 (機能回復診療部)
小児のリハビリテーションの基本
京都リハビリテーション医学研究会 会誌 第2巻, 2016年2月7日

伊藤直樹,近藤和泉 (機能回復診療部)
SIDEによる立位バランス能力の評価
リハビリナース第9巻1号,メディカ出版, 2016年1月10日

近藤和泉,大沢愛子,尾崎健一,加賀谷斉,平野哲,才藤栄一,寺西利夫,長谷川泰久,中川翔太郎,福田敏男 (機能回復診療部)
高齢者の健康長寿を実現するためのロボット
CLINICAL REHABILITATION, vol.25, No.1 2016, 医歯薬出版株式会社

Yoshio S, Sugiyama M, Shoji H, Mano Y, Mita E, Okamoto T, Matsuura Y, Okuno A, Takikawa O, Mizokami M, Kanto T. (ラジオアイソトープ管理室)
Indoleamine-2,3-dioxygenase as an effector and an indicator of protective immune responses in patients with acute hepatitis B.
Hepatology. 63:83-94, 2016.【2016年4月11日更新】

総説, その他

佐治直樹(もの忘れ外来部)
特集3 不安を解決! 認知症なんでもQ&A 医療スタッフの疑問編 Q3 糖尿病ケア 2016; 1:38- 39.

佐治直樹(もの忘れ外来部)
特集3 不安を解決! 認知症なんでもQ&A 医療スタッフの疑問編 Q4 糖尿病ケア 2016; 1:40- 42.

佐藤貴洋、佐治直樹、小林和人、芝崎謙作、木村和美. (もの忘れ外来部)
MRIで多発性微小脳動脈瘤を示唆する点状低信号を認めた心臓粘液腫による心原性脳塞栓症の1例.
臨床神経 2016;56:98-103.

牧迫飛雄馬, 島田裕之, 土井剛彦, 堤本広大, 中窪翔, 堀田亮. (予防老年学研究部)
認知症予防のための運動効果とこれからの課題.
理学療法学, 42(8): 811-812, 2015.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
「コグニサイズ」で認知症を予防―第1回コグニサイズとは―.
安全と健康, 17(1): 12-13, 2016. 

伊藤健吾(脳機能画像診断開発部),
認知症の診療における核医学診断と今後の展望
NEURO・IMAGING CONFERENCE 筑後・佐賀 症例集2014, 19:1-4, 2015

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防と運動.
理学療法, 33(1): 54-59, 2016.

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
「認知症予防 内科医からみた認知症予防」 日精診ジャーナル,42巻1号,31-38,2016.1【2016年5月18日更新】

書物等

 

講演等

学会・研究会等発表

宮國康弘,佐々木由理,鄭丞媛,谷友香子,岡田栄作,斉藤雅茂,近藤尚己,近藤克則 (老年社会科学研究部)
社会参加,社会的ネットワーク,社会的サポートと要介護認定の関連
JAGES縦断研究 第26回日本疫学会学術総会,2016.1.21-23 鳥取県

竹中章倫、外山宏、木村裕一、山田貴史伊藤健吾乾 好貴、三宅 力(脳機能画像診断開発部,放射線診療部)
自動採血装置を使用したマウスのCMRGlc定量解析
日本核医学会第82回中部地方会、2016年1月30日、名古屋

近藤和泉 (健康長寿支援ロボットセンター)
健康長寿支援ロボットセンターの現在
名古屋商工会議所視察会, 2016年2月4日, 大府

滝川修 (ラジオアイソトープ管理室)
(1)化合物溶液の長期保存バックの開発(2)在宅型の血液1滴認知症早期診断装置の開発(3)細胞特異的リキッドバイオプシーの紹介
ウェルネスバレー構想推進事業 医療系ニーズ・シーズ発表会、2016年1月27日、大府【2016年4月11日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
「内科医から見る認知症と地域包括ケアシステム」
第35回日本社会精神医学会 シンポジウム5 、2016年1月29日、岡山県【2016年5月18日更新】

講演など(教育、普及、広報活動)

木村哲也(分子基盤研究部)
高齢者の脳の特徴と能力開発
株式会社自分楽主催 産業ジェントロジー(老年学)によるシニア人材活用「60歳からの適応能力開発」

鄭 丞媛 (老年社会科学研究部)
日本リハビリテーション・データベース協議会(JARD)統計セミナー 講師
日本福祉大学名古屋キャンパス 2016.1.30、名古屋

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
健康的に老いる~シニアライフを輝かせる考え方.
熱田生涯学習センター公開講座,2016年1月14日,名古屋市.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防に対する新たなアプローチ~最先端の研究から~.
ツクイ・サンフォレスト横浜戸塚南主催公開講座, 横浜, 2016年1月12日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防について.
第5回富士リハ臨床研究会, 富士市, 2016年1月17日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
虚弱とサルコペニアについて、介護予防におけるリスク管理について、認知症予防運動(コグニサイズ)について.
山口県介護予防PT・OT・ST指導者養成研修会, 宇部市(山口県), 2016年1月23日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防について.
平成27年度なごや介護予防・認知症予防プログラム事業研修会, 名古屋, 2016年1月26日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
地域での認知症予防のスキーム・認知症予防へ向けた評価とプログラム・認知機能低下予防のための運動プログラム作成・認知機能低下予防のための運動プログラム実践のポイント.
公益財団法人健康・体力づくり事業財団「スキルアップ研修・認知機能低下予防運動コース」, 東京, 2016年1月17日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
運動による認知症予防の可能性.
国立水俣病総合研究センター第8回介助技術講習会, 水俣, 2016年1月23日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
地域での認知症予防のスキーム・認知症予防へ向けた評価とプログラム・認知機能低下予防のための運動プログラム作成・認知機能低下予防のための運動プログラム実践のポイント.
公益財団法人健康・体力づくり事業財団「スキルアップ研修・認知機能低下予防運動コース」, 大阪, 2016年1月24日. 

柳澤勝彦 (所長室,認知症センター長室)
脳内アミロイド蓄積の検出に有用な血液バイオマーカー
認知症カンファレンス2016,2016年1月14日, 東京

伊藤直樹 (機能回復診療部)
新人教育プログラムの概要
平成27年度NPO法人愛知県理学療法学会 新人教育プログラム, 2016年1月17日, 岡崎

伊藤直樹 (機能回復診療部)
ADL評価・転倒転落予防およびリハビリテーションを取り入れた退院支援等
平成27年度愛知県理学療法士会 チーム推進事業, 2016年1月30日, 名古屋

宇佐見和也 (機能回復診療部)
脳卒中片麻痺患者に対する促通反復療法
平成27年度促通反復療法, 2016年1月24日, 名古屋

根本哲也 (健康長寿支援ロボットセンター)
ウェルネスバレー医療系ニーズ・シーズ発表会, 2016年1月27日, 大府

鈴木隆雄 (理事長特任補佐)
高齢者の活動能力指標について.
一億総活躍推進レクチャー,2016年1月20日,東京都.

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
京都大学こころの未来研究センター 立命館大学産業社会学部 現代人とヘルスケアSB学生への講義「老年期のココロとカラダ」「ヘルスマネジメント論」2016年1月6日、京都市【2016年5月18日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
平成27年度愛知県厚生事業団職員研修 看護職員研修「最新認知症医療の施設ケアへの展開」講師 、2016年1月9日、名古屋市【2016年5月18日更新】

遠藤英俊(長寿医療研究センター)
一般社団法人愛知県介護福祉士会 「認知症サポーター養成講座」講師、2016年1月10日、大府市【2016年5月18日更新】

遠藤英俊(長寿医療研究センター)
愛知県社会福祉協議会「第18回愛知県介護支援専門員実務研修」講師、2016年1月15日~17日、名古屋市【2016年5月18日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
平成27年度第6回認知症サポート医養成研修会 講師、2016年1月23日24日、福岡市【2016年5月18日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
一般社団法人愛知県介護福祉士会 「課題改善に向けたプリセプターシップ研修」・認知症介護実践者研修」講師、2016年1月31日、名古屋市【2016年5月18日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
東浦町社会福祉協議会 介護事業者向け認知症講座 講師、2016年1月28日、愛知県【2016年5月18日更新】

センター内活動(セミナー等)

 

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2016年 [平成28年] 1月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター