文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2015年 [平成27年] 12月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

マンスリーレポート(研究業績) 2015年[平成27年]12月

新聞・雑誌等

高島明彦(分子基盤研究部)
読売新聞, 2015年12月17日朝刊, 認知症抑える物質発見.

高島明彦(分子基盤研究部)
中日新聞, 2015年12月17日朝刊, 不整脈薬、認知症に有効.

高島明彦(分子基盤研究部)
朝日新聞, 2015年12月17日朝刊, ぜんそく薬、アルツハイマー原因を制御.

高島明彦(分子基盤研究部)
毎日新聞, 2015年12月17日夕刊, 不整脈薬 認知症に効果.

柳澤勝彦 (研究所長室,認知症センター長室)
認知症特集 トップインタビュー「認知症の進行を止めるため、治療薬や早期診断技術の開発に挑む」ふれあいの輪, 29(4):3-7   

島田裕之. (予防老年学研究部)
NHK総合「あさイチ」, 2015年12月16日, いつやめる?高齢者の運転.

島田裕之. (予防老年学研究部)
NHK BS1 シリーズ医療革命「ついにわかった!認知症予防への道」, 2015年12月19日, MCI(軽度認知障害)を早期発見 新しい取り組み.

島田裕之. (予防老年学研究部)
日経おとなのOFF 脳が老化しない!習慣&ドリル, 「算数ウォーキング」が脳の老化を食い止める.

島田裕之. (予防老年学研究部)
NHKきょうの健康 1月号, ピンピン長寿のヒケツ10 認知症予防に効果!コグニサイズを始めよう.

島田裕之. (予防老年学研究部)
週刊朝日 1月1-8日合併号, 高齢者が安全に運転し続けるには.

論文発表等

原著論文

Soeda Y, Yoshikawa M, Almeida OF, Sumioka A, Maeda S, Osada H, Kondoh Y, Saito A, Miyasaka T, Kimura T, Suzuki M, Koyama H, Yoshiike Y, Sugimoto H, Ihara Y, and Takashima A. (分子基盤研究部・脳機能画像診断開発部・アルツハイマー病分子病態治療開発PT)
Toxic tau oligomer formation blocked by capping of cysteine residues with 1,2-dihydroxybenzene groups.
Nat Commun. 2015 Dec 16;6:10216. doi: 10.1038/ncomms10216.

Saji N, Ogama N, Toba K, Sakurai T. (もの忘れ外来部, メディカルゲノムセンター)
White matter hyperintensities and the geriatric syndrome: an important role of arterial stiffness.
Geriatr Gerontol Int. 2015; 15 (Suppl. 1): 17-25.

Ogama N, Saji N, Niida S, Toba K, Sakurai T. (もの忘れ外来部, メディカルゲノムセンター)
Validation of a simple and reliable visual rating scale of white matter hyperintensity comparable with computer-based volumetric analysis.
Geriatr Gerontol Int. 2015: 15 (Suppl 1): 83-85. 

Yamamoto N, Tokuda H, Kuroyanagi G, Kainuma S, Ohguchi R, Fujita K, Matsushima-Nishiwaki R, Kozawa O, Otsuka T.(臨床検査部)
Amplification by (-)-epigallocatechin gallate and chlorogenic acid of TNF-a-stimulated interleukin-6 synthesis in osteoblasts. 
Int. J. Mol. Med. 36:1707-1712;2015.

Iohara K, Fujita M, Ariji Y, Yoshikawa M, Watanabe H, Takashima A, Nakashima M. (幹細胞再生医療研究部)
Assessment of pulp regeneration by stem cell therapy by Magnetic Resonance Imaging (MRI). J. Endod. 2015, in press.

Uemura K, Shimada H, Makizako H, Doi T, Tsutsumimoto K, Lee S, Umegaki H, Kuzuya M, Suzuki T. (予防老年学研究部, 理事長補佐室)
Effects of mild cognitive impairment on the development of fear of falling in older adults: a prospective cohort study.
Journal of the American Medical Directors Association, 16(12): 1104.e9- 1104.e13, 2015.

Doi T, Shimada H, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Suzuki T. (予防老年学研究部, 理事長補佐室)
Effects of white matter lesions on trunk stability during dual-task walking among older adults with mild cognitive impairment.
Age, 37(6): 120, 2015.

Doi T, Verghese J, Shimada H, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Suzuki T. (予防老年学研究部, 理事長補佐室)
Motoric Cognitive Risk Syndrome: Prevalence and Risk Factors in Japanese Seniors.
Journal of the American Medical Directors Association, 16(12): 1103.e21-1103.e25, 2015.

Doi T, Shimada H, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Suzuki T. (予防老年学研究部, 理事長補佐室)
Mild Cognitive Impairment, Slow Gait, and Risk of Disability: A Prospective Study.
Journal of the American Medical Directors Association, 16(12): 1082- 1086, 2015.

Washio M, Takeida K, Arai Y, Shang E, Oura A, Mori M. (長寿政策科学研究部)
Depression among family caregivers of the frail elderly with visiting nursing services in the northernmost city of Japan. IMJ 2015; 22(2): 250-253.

豊島泰子,福田清香,鷲尾昌一荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
在宅で要介護高齢者を介護する家族介護者の介護負担.臨牀と研究 2015;92(3):87-91.

近藤和泉, 尾崎健一, 加賀谷斉, 平野哲, 才藤栄一 (機能回復診療部)
フレイル克服に向けたロボットの活用
2015 PROGRESS IN MEDICINE 11, vol.35 No.11 p55-58

近藤和泉, 大沢愛子 (機能回復診療部)
認知症高齢者のリハビリテーション
成人病と生活習慣病 vol.45 No.11

伊藤 直樹, 近藤和泉  (機能回復診療部)
SIDEによる立位バランス能力の評価
リハビリナース, MCメディカ出版, 72-77,  2015

Tahara T, Zhang Z, Ohno M, Hirano Y, Hasaka N, Doi H, Suzuki M, Onoe H. (脳機能画像診断開発部)
A novel [11C]-labeled thymidine analog, [11C] AZT, for tumor imaging by positron emission tomography
EJNMMI Res 2015, Dec;5(1):124. doi: 10.1186/s13550-015-0124-0. [ Epub 2015 Sep 4. ]

Soeda Y, Yoshikawa M, Almeida OF, Sumioka A, Maeda S, Osada H, Kondoh Y, Saito A, Miyasaka T, Kimura T, Suzuki M, Koyama H, Yoshiike Y, Sugimoto H, Ihara Y, Takashima A. (脳機能画像診断開発部)
Toxic tau oligomer formation blocked by capping of cysteine residue with 1,2-dihydroxybenzene groups
Nat Commun. 2015 Dec 16;6:10216. doi: 10.1038/ncomms10216.

Goto M, Mizuma H, Wada Y, Suzuki M, Watanabe Y, Onoe H, Doi H, (脳機能画像診断開発部)
Synthesis of 11C-Labeled Capsaicin and Its Application for In Vivo Molecular imaging in Rats by Positron Emission
Food Nutrit.Sci. 2015(6), 216-220

Hagiwara K, Ishii H, Murakami T, Takeshima SN, Chutiwitoonchai N, Kodama EN, Kawaji K, Kondoh Y, Honda K, Osada H, Tsunetsugu-Yokota Y, Suzuki M, (脳機能画像診断開発部)
Aida YSynthesis of a Vpr-Binding Derivative for Use as a Novel HIV-1 Inhibitor. PLoS One. 2015 Dec 23;10(12):e0145573. doi: 10.1371/journal.pone.0145573

Ota K, Oishi N, Ito K, Fukuyama H; SEAD-J Study Group; Alzheimer's Disease Neuroimaging Initiative. (脳機能画像診断開発部)
Effects of imaging modalities, brain atlases and feature selection on prediction of Alzheimer's disease.
J Neurosci Methods. 2015 Dec 30;256:168-83. doi: 10.1016/j.jneumeth.2015.08.020. Epub 2015 Aug 28.

総説, その他

Duriye D. Sevgi, Hideki Fukuoka, Natalie A. Afshari.  (先端診療部)
20 Years of Advances in Keratoprosthesis.
Curr Ophthalmol Rep (in press)

佐治直樹 (もの忘れ外来部)
血管性認知症について.
脳卒中障害者がつくる情報誌一歩いっぽ, 33: 10-11, 2015.

関谷倫子, 飯島浩一 (アルツハイマー病研究部)
システム生物学を用いてアルツハイマー病を遺伝子ネットワークから読み解く (総説)
(2016) Vol. 52 No. 2, p121-126 ファルマシア

水野洋子,荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
認知症高齢者の外出・移動支援の現況および家族介護者から求められる支援の在り方.老年精神医学雑誌 2015;26(12):1388-1393.

安藤富士子,幸篤武,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
サルコペニアの疫学;地域在住高齢者における頻度の現状,日常診療に役立つサルコペニアの知識.
MB Orthop,28:31-40,2015.

松下健二 (口腔疾患研究部)
第11章 認知症 腸内細菌・口腔細菌と全身疾患
シーエムシー出版、pp.176-182【2016年2月15日更新】

Matsushita K (口腔疾患研究部)
Periodontal Disease as a Possible Risk Factor for Alzheimer's Disease.
Proceedings of 6th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, pp.25-27, 2015.【2016年2月15日更新】

書物等

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
Zarit介護負担尺度日本語版(J-ZBI)および、その短縮版(J-ZBI_8).
山内俊雄・鹿島晴雄,編.精神・心理機能評価ハンドブック.東京:中山書店,2015:465-468.

幸篤武,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
サルコペニアの概念と診断基準.
サルコペニアとフレイル~医療職間連携による多角的アプローチ 初版,荒井秀典編,医薬ジャーナル社,p14-21,2015.

講演等

学会・研究会等発表

大島浩子 (在宅医療開発研究部)
地域包括ケアシステムの構築における市町村・医師会による在宅医療・介護連携推進活動の検討.
第35回日本看護科学学会学術集会,12月6日,広島.

住岡暁夫, 後藤麻子, 添田義行, 高島明彦 (分子基盤研究部)
脂質によるタウ病変制御
第38回日本分子生物学会年会 第88回日本生化学会大会 合同大会 ワークショップ, 2015年12月2日, 神戸市

Ohta E, Nihira T, Uchino A, Imaizumi Y, Okada Y, Akamatsu W, Takahashi K, Nagai M, Ohyama M, Ryo M, Ogino M, Murayama S, Takashima A, Nishiyama K, Mizuno Y, Mochizuki H, Obata F, Okano H. (分子基盤研究部)
I2020T mutant LRRK2 iPSC-derived neurons in the Sagamihara family exhibit increased Tau phosphorylation through the AKT/GSK-3beta signaling pathway.
International Anesthesia Research Society 2015 Annual Meeting and International Science Symposium, 2015年12月9日, Honolulu, Hawaii.

Sato C, Hoshino M, Ikumi N, Oba K, Koike A, Kobayashi T, Machida T, Furudate H and Kimura T. (分子基盤研究部)
Contribution of Nucleus Accumbens Core (AcbC) to Behavior Control during a Learned Resting Period.
第40回日本比較内分泌学会大会・日本比較生理生化学会第37回大会 合同大会, 2015年12月11-13日, 広島市

Kawai A, Yanagisawa K, Takahashi K, Hiramoto T, Kawanishi M. (治療薬探索研究部, 研究所長室,認知症センター長室)
Effort to develop a pre-emptive treatment of Alzheimer disease targeting GAβ.
The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem), December15, 2015, Honolulu Hawaii

Ueda N, Tomita T, Yanagisawa K, Kimura N. (アルツハイマー病研究部, 研究所長室,認知症センター長室)
The involvement of retromer in Presenilin 1 localization.
第88回日本生化学会大会、2015年12月2日、神戸

Kimura N. (アルツハイマー病研究部)
Dynein dysfunction is involved in age-dependent Aβ pathology via endoytic disturbance.
第88回日本生化学会大会、2015年12月2日、神戸

飯島浩一, 榊原泰史, 藤崎尚規, 関谷倫子 (アルツハイマー病研究部)
認知症に対する次世代創薬・診断に向けた展開
アルツハイマー病型神経細胞死への脆弱性に関わる遺伝子ネットワークの同定
第38回日本分子生物学会・第88回日本生化学会大会、2015年12月4日, 神戸

牧迫飛雄馬, 島田裕之, 土井剛彦, 堤本広大, 上村一貴, 李相侖. (予防老年学研究部)
地域在住高齢者における脳の健康維持のための活動と認知機能との関連.
第2回日本地域理学療法学会学術集会, 千葉, 2015年12月13日.

島田裕之, 牧迫飛雄馬, 鈴川芽久美. (予防老年学研究部)
高齢者における歩行時の脳の糖代謝における運動の効果検証―ランダム化比較試験―.
第2回日本予防理学療法学会学術集会, 札幌, 2015年12月19日.

牧迫飛雄馬, 島田裕之, 土井剛彦, 堤本広大, 李相侖, 鈴木隆雄. (予防老年学研究部, 理事長補佐室)
地域在住高齢者における軽度認知障害と要介護の発生.
第2回日本予防理学療法学会学術集会, 札幌, 2015年12月19日.

土井剛彦, 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 堤本広大, 中窪翔, Joe Verghese, 鈴木隆雄. (予防老年学研究部, 理事長補佐室)
Motoric cognitive syndromeの有病率と関連因子.
第2回日本予防理学療法学会学術集会, 札幌, 2015年12月19日. 

吉見立也、川畑慎一郎、奥野海良人三河隆太、田中耕一、滝川修 (ラジオアイソトープ管理室)
AIMS:親和性化合物イメージング質量分析スクリーニングシステム
BMB2015(第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会)、2015年12月3日(ポスター発表)、12月4日(口頭発表)、神戸

Nemoto T, Kondo I, Harada A. (健康長寿支援ロボットセンター、院長室)
Analysis of reinforcing effect for the femoral neck fracture by FEM.
The 22nd Winter International Scientific Conference on Achievements in Mechanical and Materials Engineering,8 December 2015,  Zakopane  Poland.

Kondo.I, Ozaki K, Hirano S, Saitoh E, Osawa A, Matsuo H, Fujinor Y. (機能回復診療部)
Speculated mechanism in which balance exercise assist robot(BEAR) improved balance ability of older adult with frailty
3rd European Congress of NeuroRehabilitation 2015, 1-4 December,2015.Vienna,Auustria

森志乃, 大沢愛子, 前島伸一郎, 近藤和泉 (機能回復診療部)
Cube Copying Testを用いた認知機能評価と日常生活活動との関連について
第39回日本高次脳機能障害学会, 2015年12月10日-11日, 東京

佐藤 健二 (機能回復診療部)
認知症に対するBEAR練習の経験
第二回トヨタリハビリロボット研究会, 2015年12月12日, 名古屋市

鄒 岑、松田剛典、岩下雄二、杉本昌隆、丸山光生 (老化機構研究部)
マウス免疫老化関連遺伝子Zizimin2のプロモーター領域における機能解析
第38回 日本分子生物学会、2015年12月1日、神戸市

丸山光生 (老化機構研究部)
老化の分子メカニズムと関連する老年疾患
BMB2015ワークショップ, 神戸, 2015年12月2日

杉本昌隆 (老化機構研究部)
Pathophysiological roles of cellular senescence in pulmonary aging.
BMB2015ワークショップ, 神戸, 2015年12月2日

岩下 雄二、石澤 和也、杉本 昌隆、丸山 光生 (老化機構研究部)
二種類の細胞老化における長鎖非コードRNAのトランスクリプトーム解析
第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会、2015年12月2日、神戸

石澤 和也、岩下 雄二、松田 剛典、杉本 昌隆、丸山 光生 (老化機構研究部)
細胞老化関連遺伝子 マウス TARSH/Abi3bp のプロモーター領域の解析
第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会、2015年12月2日、神戸

龍訥丸山光生南山誠、丸山和佳子、本山昇 (老化機構研究部)
The depletion of FOXO3 transcription factor promotes neuronal phenotype of α-synuclein Lewy Body models.
第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会、2015年12月2日、神戸

松田亜沙実、勝見章、天野陸紀、永田泰之、小野孝明、丸山光生、清井仁、直江知樹 (老化機構研究部)
血球特異的Rhoファミリー蛋白RhoHはT cell activation GTPase activating protein (TAGAP)を介してRacを不活性化する
第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会、2015年12月3日、神戸

Koyama H, Doi H, Suzuki M, (脳機能画像診断開発部)
Evaluation of TlOH Effects for Pd0-Mediated Cross-Coupling of Methyl Iodide and Excess Boronic Acid Esters toward 11C-Incorporated PET Tracer Synthesis,
PACIFICHEM 2015 The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015. Honolulu, Hawaii, USA December 15-20, 2015.

Han C, Doi H, Kimura J, Nakao Y, Suzuki M, (脳機能画像診断開発部)
11C-labeling of the C(1)-C(10) dihydroxy acid moiety for the study on the synthesis of kulokekahilide-2 PET tracer, Research area (10) Bench to Bedside: Chemistry of Health Care, Poster 214,
PACIFICHEM 2015, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015. Honolulu, Hawaii, USA December 15-20, 2015.

Goto M, Kurai S, Yamamoto R, Kanamitsu T, Suzuki M, Watanabe Y, Doi H, (脳機能画像診断開発部)
Rh(I)-mediated rapid [11C]carboxylation using [11C]CO2 and organoborate at atmospheric pressure, Research area (10) Bench to Bedside: Chemistry of Health Care, Poster 227,
PACIFICHEM 2015, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015. Honolulu, Hawaii, USA December 15-20, 2015.

鈴木隆雄(理事長特任補佐)
今後の認知症予防戦略 -特に地域高齢者を対象とした脳の可塑性に基づく予防対策―」
AMED 革新的医療技術創出拠点プロジェクトプロジェクト連携シンポジウム(脳と心). 平成27年12月17日, 東京.

戸高 玲子、村上 耕介、朴 英斌、吉田 和央中西 章、片山 和彦(老化制御研究部、遺伝子治療研究室)
細胞内ノロウイルス複製モニタリングシステムの構築
第38回日本分子生物学会 2015年12月2日 神戸

吉田 和央、周 妍、中西 章(老化制御研究部、遺伝子治療研究室)
血液脳関門移行モチーフのスクリーニングに関する研究
第38回日本分子生物学会 2015年12月3日 神戸

J.Wang, M.Hagiwara, A.Takada, K.Matsushita (口腔疾患研究部)
Correlation between Dynamics of Nitric Oxide and Ca2+ Induced by Short Exposure to Mechanical Stresses in Human Endothelial Cell Cultures.
ASCB2015 2015/12/15, San Diego, USA【2016年2月15日更新】

松下健二石田直之、石原裕一、多田浩之、王 静舒高田鮎子、石田和人、道川 誠 (口腔疾患研究部)
歯周病がアルツハイマー病の分子病態ならびに認知機能障害を増悪させる機序の解明
第21回日本エンドトキシン・自然免疫研究会総会、2015/12/5、東京【2016年2月15日更新】

多田浩之、高瀬 彩、松下健二、高田春比古 (口腔疾患研究部)
Porphyromonas gingivalis ジンジパインによるヒトマスト細胞からのIL-31産生誘導
第21回日本エンドトキシン・自然免疫研究会総会、2015/12/5、東京【2016年2月15日更新】

王 静舒、萩原 真、高田鮎子、松下健二 (口腔疾患研究部)
短時間の機械的ストレスによるヒト血管内皮細胞内一酸化窒素とカルシウムイオンの動態
第38回日本分子生物学会年会 2015/12/1 神戸【2016年2月15日更新】

萩原 真、多田浩之、石田直之王 静舒高田鮎子松下健二 (口腔疾患研究部)
NOによるニトロシル化修飾を介したファゴサイトーシス促進機構
第38回日本分子生物学会年会、2015/12/1、神戸【2016年2月15日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
「尊厳を支える認知症ケアの実践」
第22回日本介護福祉士会 全国大会in みえ 第3分科会 座長 、2015年12月17日~18日、三重県桑名市【2016年5月18日更新】

講演など(教育、普及、広報活動)

中島美砂子 (幹細胞再生医療研究部)
「歯の延命化による健康長寿を目指した歯髄・象牙質再生治療法の現状と展望」シンポジウム「健康長寿と再生医療」日本
学術会議歯学員会主催、日本歯科医学会・日本歯学系学会協議会共催 東京2015年 12月13日

島田裕之. (予防老年学研究部)
運動による認知症予防の効果.
ベネッセスタイルケア主催市民公開講座, 府中, 2015年12月5日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
コグニサイズ.
東海臨床リハビリテーション研究会主催講演会「知症予防の理論と実際」, 名古屋, 2015年12月12日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
運動による認知症予防へ向けた取り組み.
市制45周年記念事業 市民フォーラム2015 元気な幸齢社会を迎えるために「今、わたしにできること 認知症を予防しよう」, 大府, 2015年12月25日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
認知症予防のための運動効果―コグニサイズのススメ―.
愛知県ヘルパー連絡協議会(知多ブロック), 阿久比(愛知), 2015年12月5日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
運動による認知症予防~コグニサイズのススメ~.
国立長寿医療研究センター市民公開講座2015, 大府(愛知), 2015年12月12日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
認知症予防のための運動療法―効果メカニズムと介入手法―.
第2回日本理学療法学会学術集会,千葉,2015年12月13日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
認知症予防概論及びコグニサイズの有効性について.
認知症予防のためのコグニサイズを教える研修会, 平成27年度神奈川県委託事業, 藤沢, 2015年12月14日.

巖后顯範. (予防老年学研究部)
実践 コグニサイズ.
市制45周年記念事業 市民フォーラム2015 元気な幸齢社会を迎えるために「今、わたしにできること 認知症を予防しよう」, 大府, 2015年12月25日.

Arai Y. (長寿政策科学研究部)
Driving capacity and dementia: a support manual for caregivers in Japan (Invited lecture). Hong Kong Psychogeriatric Association (HKPGA) Capacity Conference cum Annual General Meeting 2015, 2015 December 5, Kowloon, Hong Kong.

村田千代栄 (老年社会科学研究部)
認知症ボランティア養成講座修了者向けフォローアップ研修part3「ボランティア活動を地域で立ち上げるには」
2015.12.21、常滑市

伊藤直樹 (機能回復診療部)
生涯学習と理学療法の専門領域
平成27年度NPO法人愛知県理学療法学会 新人教育プログラム, 2015年12月20日, 名古屋市

谷本正智 (機能回復診療部)
クリニカルリーズニング
平成27年度NPO法人愛知県理学療法学会 新人教育プログラム, 2015年12月20日, 名古屋市

鈴木隆雄 (理事長特任補佐)
「超高齢社会の現状と課題-これからの介護予防と介護-」
RECARE, 平成27年12月1日, 東京.

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
認知症サポーターフォローアップ講座及び介護事業者向け認知症講座、2015年12月7日、東浦町【2016年5月18日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研究センター)
山口県国民健康保険団体連合会「平成27年度認知症予防研修会」講師「認知症を地域で支える~認知症予防を中心に~」2015年12月11日、山口市【2016年5月18日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研究センター) 
「平成27年度認知症県民フォーラム」講師「認知症の予防と早期発見、治療について」2015年12月19日、名古屋市【2016年5月18日更新】

遠藤英俊 (長寿医療研究センター)
一般社団法人愛知県介護福祉士会 「ファーストステップ研修」・認知症介護実践者研修」2015年12月20日、名古屋市【2016年5月18日更新】

センター内活動(セミナー等)

木村哲也 (分子基盤研究部)
脳神経系における加齢変化とタウ病理発生機序
CAMD報告会, 2015年12月10日

佐治直樹 (もの忘れ外来部)
2015年度高齢者医療・在宅医療 総合看護研修, 12月1日, 大府.

中島美砂子 (幹細胞再生医療研究部)
「歯髄幹細胞を用いた歯髄・象牙質再生治療」NCGG-RI研究発表会 2015年12月8日

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2015年 [平成27年] 12月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター