文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2015年 [平成27年] 11月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

マンスリーレポート(研究業績) 2015年[平成27年]11月

新聞・雑誌等

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK 総合テレビ:ほっとイブニング,平成27年11月9日(月),認知症の事故防止 家族もともに考える.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK 総合テレビ:ニュース845,平成27年11月9日(月),認知症の事故防止 家族もともに考える.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK ONLINE:NHK東海 NEWS WEB,平成27年11月9日(月),認知症の運転考える講演会.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
Yahoo! JAPAN ニュース,平成27年11月9日(月),頻発する高齢ドライバーの事故 運転から「卒業」させるには.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
AERA(朝日新聞WEEKLY),平成27年11月16日号,高齢ドライバーによる事故.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
西日本新聞,平成27年11月21日(土)朝刊,認知症者の運転事故防止:代替交通手段の拡充必要.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
西日本新聞電子版,平成27年11月21日(土),認知症者の運転事故防止策は 医師が警察に患者届け出 代替交通手段の拡充必要.

柳澤勝彦 (所長室,認知症センター長室)
「国立長寿医療研究センター・認知症先進医療開発センターの取り組み」公衆衛生情報, 45(8):16-17 

島田裕之. (予防老年学研究部)
NHK総合「ほっとイブニング」, 2015年11月13日, ワースト愛知返上のために どうする 認知症と自動車の運転.

島田裕之. (予防老年学研究部)
NHK総合「NHKスペシャル シリーズ認知症「認知症を予防せよ」」, 2015年11月14日,

島田裕之. (予防老年学研究部)
NHKきょうの健康 体の痛み・不調を改善!らくらくシンプル体操63 DVD付, 体を動かして認知症を予防. 

松下健二 (口腔疾患研究部)
歯っぴーライフ ~歯と口の健康づくり
平成27年11月5日、東海テレビ【2016年2月15日更新】

論文発表等

原著論文

鄭丞媛・井上祐介・趙恩暻・斎藤民 (老年社会科学研究部)
韓国における認知症対策および家族介護者支援の取り組みの現状と課題
海外社会保障,192:46-51,2015

加藤清人・近藤克則・竹田徳則・鄭丞媛 (老年社会科学研究部)
手段的日常生活活動低下者割合の市町村格差は存在するのか−JAGESプロジェクト−
作業療法,34:541−554,2015.

Makizako H, Tsutsumimoto K, Doi T, Hotta R, Nakakubo S, Liu-Ambrose T, Shimada H. (予防老年学研究部,)
Effects of exercise and horticultural intervention on the brain and mental health in older adults with depressive symptoms and memory problems: study protocol for a randomized controlled trial.
Trials, 16(1): 499, 2015.

Asai T, Misu S, Sawa R, Doi T, Yamada M. (予防老年学研究部)
Multi-chronic musculoskeletal pain is a useful clinical index to predict the risk of falls in older adults with normal motor function.
Aging Clin Exp Res. 27(5): 711-716, 2015.

Makizako H, Shimada H, Tsutsumimoto K, Lee S, Doi T, Nakakubo S, Hotta R, Suzuki T. (予防老年学研究部)
Social Frailty in Community-Dwelling Older Adults as a Risk Factor for Disability.
J Am Med Dir Assoc, 16(11): 1003.e7- 1003.e11, 2015.

Sawa R, Doi T, Asai T, Watanabe K, Taniguchi T, Ono R. (予防老年学研究部)
Differences in trunk control between early and late pregnancy during gait.
Gait Posture, 42(4): 455-459, 2015.

Shukuri M, Mawatari A, Ohno M, Suzuki M, Doi H, Watanabe Y, Onoe H.(脳機能画像診断開発部)
Detection of cyclooxygenase-1 in activated microglia during amyloid plaque progression: PET studies in Alzheimer’s disease model mice,
J Nucl Med. 2015 Nov 19. pii: jnumed.115.166116. [Epub ahead of print]【2016年1月14日更新】

Mishima A, Nihashi T, Ando Y, Kawai H, Kato T, Ito K, Terasawa T. (脳機能画像診断開発部)
Biomarkers Differentiating Dementia with Lewy Bodies from Other Dementias: A Meta-Analysis.
J Alzheimers Dis. 2015 Nov 30. [Epub ahead of print]【2016年1月14日更新】

Kitaguchi N, Hasegawa M, Ito S, Kawaguchi K, Hiki Y, Nakai S, Suzuki N, Shimano Y, Ishida O, Kushimoto H, Kato M, Koide S, Kanayama K, Kato T, Ito K, Takahashi H, Mutoh T, Sugiyama S, Yuzawa Y. (脳機能画像診断開発部)
A prospective study on blood Aβ levels and the cognitive function of patients with hemodialysis: a potential therapeutic strategy for Alzheimer's disease.
J Neural Transm. 2015 Nov; 122(11):1593-607. doi: 10.1007/s00702-015-1431-3. Jul 31. [Epub ahead of print]【2016年1月14日更新】

総説, その他

C Sutu, H Fukuoka, NA Afshari (先端診療部)
Mechanisms and management of dry eye in cataract surgery patients.
Current opinion in ophthalmology (review)(in press)

H Fukuoka, C Sutu, NA Afshari (先端診療部)
The impact of cataract surgery on cognitive function in an aging population.
Current opinion in ophthalmology (review)(in press)

大塚礼,加藤友紀 (NILS-LSA活用研究室)
中高年におけるたんぱく質摂取の実態,対象特性に応じたたんぱく質・アミノ酸の摂取.
体育の科学,65:794-800,2015.

書物等

 

講演等

学会・研究会等発表

高島明彦 (分子基盤研究部)
Strategy of tau related therapy.
第55回日本核医学会学術総会 シンポジウム, 2015年11月6日, 東京都新宿区

T Saito, C Murata, S Jeong, K Kondo. (老年社会科学研究部)
Does the quality of patient-physician communication affect health care seeking behavior among the old? The 143rd American Public Health Association Annual Meeting. 1, November, 2015. Chicago, USA (poster presentation)

T Saito-Kokusho, C Murata, S Jeong, K Kondo, and JAGES Group. (老年社会科学研究部)
Depression in older Japanese male and female caregivers: The Japan Gerontological Evaluation Study (JAGES).
The 143rd American Public Health Association Annual Meeting. 2, November, 2015. Chicago, USA (poster presentation)

斎藤 民, 井上祐介, 鄭 丞媛, 国井由生子, 村田千代栄 (老年社会科学研究部)
全国自治体における家族介護者支援事業の実態(第2報): 実施困難自治体の特徴.
第74回日本公衆衛生学会総会, 2015.11.4, 長崎市. (ポスター発表)

井上祐介,鄭 丞媛,国井由生子,村田千代栄斎藤 民 (老年社会科学研究部)
全国自治体における家族介護者支援事業の実態(第1報): 都市区分別の実施状況と課題.
第74回日本公衆衛生学会総会, 2015.11.4, 長崎市. (ポスター発表)

鄭 丞媛,井上祐介,近藤克則,宮國康弘 (老年社会科学研究部)
物忘れとソーシャル・キャピタル関連指標との相関:JAGESプロジェクト
第74回日本公衆衛生学会総会, 2015.11.5, 長崎市. (ポスター発表)

尾島俊之,竹田徳則,鄭丞媛村田千代栄,岡田栄作,中村美詠子,斉藤雅茂,相田潤,近藤尚己,近藤克則 (老年社会科学研究部)
認知症になりにくい地域特性に関する研究
第74回日本公衆衛生学会,2015.11.4-6 長崎市. (ポスター発表)

村田千代栄 (老年社会科学研究部)
医療アクセスの関連要因―JAGESプロジェクトの知見を中心に―
第74回日本公衆衛生学会総会, 2015.11.5, 長崎市.(シンポジウム)

石原眞澄 (老年社会科学研究部)
写真鑑賞におけるポジティブ・ディスカッションがもたらす心理効果
第4回日本ポジティブサイコロジー医学会学術集会, 2015.11.28, 東京都港区. (ポスター発表)

中本真理子,大塚礼,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
地域在住中高年者の味噌摂取がその後の全死亡および癌死亡に及ぼす影響.
第74回日本公衆衛生学会総会,2015年11月5日,長崎市.

加藤隆司, 岩田香織, 藤原謙, 乾好貴, 深谷直彦, 新畑豊, 中村昭範, 伊藤健吾, MULNIAD Study Group (脳機能画像診断開発部、放射線診療部、脳機能診療部)
PiB PET皮質平均SUVR値の治療効果検出に必要な症例数の検討
第55回日本核医学会学術総会, 2015年11月5日(木)~7日(土), 東京

藤原謙, 加藤隆司, 木村裕一, 岩田香織, 深谷直彦, 新畑豊, 乾好貴, 伊藤健吾, 中村昭範, MULNIAD study group (脳機能画像診断開発部、脳機能診療部、放射線診療部)
PiB皮質集積数値指標の比較:DVR(Logan, SRTM2)とSUVR
第55回日本核医学会学術総会, 2015年11月5日(木)~7日(土), 東京

近藤和泉 (機能回復診療部)
摂食・嚥下機能に対する加齢の影響 高齢者に多い疾患の嚥下障害
公益社団法人愛知県看護協会:摂食・嚥下看護認定看護師教育課程 専門基礎科目摂食・嚥下障害病態各論
2015年11月10日, 名古屋市

近藤和泉 (健康長寿支援ロボットセンター)
外骨格ロボット
第31回日本義肢装具学会学術大会, 2015年11月7日, 横浜

近藤和泉 (健康長寿支援ロボットセンター)
認知症に対するロボットを用いたリハビリテーション
第33回日本神経治療学会総会, 2015年11月27日, 名古屋市

根本哲也, 村澤裕介, 磯貝善蔵, 伊藤安海, 小倉崇生, 近藤和泉 (健康長寿支援ロボットセンター, 先端診療部)
皮下結合組織解析による皮膚損傷履歴の推定
日本法科学技術学会第21回学術集会, 2015年11月12日, 柏

大丸祥平, 伊藤安海, 鍵山善之, 岸田亮太郎, 渡邊桃子, 根本哲也 (健康長寿支援ロボットセンター)
FEM解析による骨折荷重測定評価 −指骨骨折に関する検討−
日本法科学技術学会第21回学術集会, 2015年11月13日, 柏

水野洋子,荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
運転免許を返納した独居要支援者の外出・移動支援:市区町村に対する非同居家族の要望.
第74回日本公衆衛生学会,2015年11月6日,長崎市.

野口知里,荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
栄養状態の異なる家族介護者の介護負担・抑うつ症状の比較.
第74回日本公衆衛生学会,2015年11月6日,長崎市.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
老化とフレイル―早期発見と効果的な介入をデータから考える―.
第33回東北理学療法学術大会, 仙台, 2015年11月28日. 

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
新しい高齢者医療とケア~認知症と終末期看護を中心に~
第18回日本腎不全看護学会学術集会 特別講演2、2015年11月15日、名古屋市

吉田和央、戸高玲子、片山和彦、中西 章 (老化制御研究部、遺伝子治療研究室)
Role of minor capsid protein VP2 during murine norovirus life cycle.
第63回日本ウイルス学会学術集会、2015年11月22日、福岡

庵原耕一郎、藤田将典、村上真史、中島美砂子(幹細胞再生医療研究部)
「同種移植による抜髄後歯髄再生治療法の開発」
第143回日本歯科保存学会秋季学術大会 東京 2015年11月13日

Takenori Matsuda, AkinoriTakaoka, Mitsuo Maruyama (老化機構研究部)
Murine Zizimin2 and Zizimin3 are Involved in B1 Cell Development in Peritonium Cavity
第44回日本免疫学会、2015年11月20日、札幌市【2015年12月21日更新】

奥野海良人吉見立也、奥村弘一、澤田和明、滝川修 (ラジオアイソトープ管理室)
イオンイメージセンサを用いたアルツハイマー病原因物質の高速高感度測定装置の開発
メッセナゴヤ2015(機器展示)、2015年11月4 – 6日、名古屋【2016年1月14日更新】

奥野海良人吉見立也、奥村弘一、澤田和明、滝川修 (ラジオアイソトープ管理室)
イオンイメージセンサを用いたアルツハイマー病原因物質の高速高感度測定装置の開発
Tech Biz Expo 2015(機器展示)、2015年11月18 – 20日、名古屋【2016年1月14日更新】

Okuno A, Yoshimi T, Okumura K, Sawada K, Takikawa O. (ラジオアイソトープ管理室)
Development of High-speed and Super Sensitive Device for Detection of Amyloid-β Peptide Using an Ion Image Sensor.
26th IEEE International Symposium on Micro-NanoMehatronics and Human Science in 2015, Novebber 23 - 25, 2015, Nagoya, Japan.【2016年1月14日更新】

山田きよ子、王 静舒、指宿敦子、松下健二、金蔵拓郎 (口腔疾患研究部)
高濃度グルコースの局所塗布はアトピー性皮膚炎モデルマウスにおける上皮障害を修復する:HMGB1関与の可能性
第45回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会、2015/11/21、松江【2016年2月15日更新】

TOKUDA MASAYUKI, KAWAI JUNYA, SAKUTA TETSUYA, OYAMA TORU, MIYASHITA KEIKO, EMOTO MAKIKO, MORIMOTO YOKO, TORII MITSUO, MATSUSHITA KENJI (口腔疾患研究部)
Antimicrobial effects of Hericium erinaceus extracts. In vitro and in vivo studies.
4th International Conference on Probiotics, Functional and Baby Foods, 2015/11/5, Valencia, Spain.【2016年2月15日更新】

木下かほり (栄養管理部)
健康寿命を支える~認知症患者の“食べる支援”と“差し控える支援”~栄養士としてのアプローチ
肝属地域給食施設連絡協議会 第2回研修会, 2015.11.2, 鹿児島【2016年8月12日更新】

講演など(教育、普及、広報活動)

細川 彩 (老年学・社会科学研究センター長室、長寿保健科学研究室)
回想からの語りを紐解いて -回想法講座からの気づき-.
回想法講座「とめカフェ」講演会, 2015年 11月28日,宮城.

大島浩子 (在宅医療開発研究部)
平成27年度 老年家族関係論.
高齢者の退院支援における課題と多職種連携による地域連携ケアシステム.
多職種連携による退院支援の実際;事例検討.
愛知県立大学大学院看護学研究科,11月16日,名古屋.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
~老いてこそ夢に挑め~健康長寿そして認知症予防へ.
認知症予防講演会,2015年11月13日,大阪市.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
認知症予防を目指して~栄養・運動・心理からのアプローチ~ 老いてこそ夢に挑め~健康長寿そして認知症予防へ.
第76回日本体力医学会中国・四国地方会,地域公開講座,2015年11月21日,高知市.

西田裕紀子 (NILS-LSA活用研究室)
認知症予防を目指して~栄養・運動・心理からのアプローチ~ 心理面からの認知症予防.
第76回日本体力医学会中国・四国地方会,地域公開講座,2015年11月21日,高知市.

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
認知症予防を目指して~栄養・運動・心理からのアプローチ~ 食生活からの認知症予防.
第76回日本体力医学会中国・四国地方会,地域公開講座,2015年11月21日,高知市.

安藤富士子 (NILS-LSA活用研究室)
認知症予防を目指して~栄養・運動・心理からのアプローチ~ 運動・身体活動からの認知症予防.
第76回日本体力医学会中国・四国地方会,地域公開講座,2015年11月21日,高知市.

伊藤健吾(脳機能画像診断開発部)
核医学領域の平成28年度診療報酬改定要望について
日本放射性医薬品協会 拡大健保委員会,2015年11月26日、東京

根本哲也 (健康長寿支援ロボットセンター)
大府市「第9回産学官連携交流会」 展示・講演
2015年11月25日, 大府市

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知機能を高める体操「コグニサイズ」をみんなで体験しよう!
愛知県警察, すこやか交通宣言!フェスタ, 知立, 2015年11月1日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知機能を高める体操「コグニサイズ」をみんなで体験しよう!
愛知県警察, すこやか交通宣言!フェスタ, 名古屋, 2015年11月3日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
運動による認知症予防の可能性.
ADカンファランス in 西知多, 知多, 2015年11月5日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防講座.
むべの里健康フェスタ, 宇部(山口), 2015年11月6日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
自分でできる認知症予防(コグニサイズのすすめ)について.
北杜市介護予防講演会, 北杜(山梨), 2015年11月7日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
介護予防の実際.
日本理学療法士協会必修研修会(介護予防), 静岡, 2015年11月8日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症の進行抑制.
静岡市認知症疾患医療センター主催一般市民公開講座, 静岡, 2015年11月8日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
今日からできる!新しい認知症予防.
川越市介護予防普及啓発事業講演会, 川越, 2015年11月10日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
老化制御学.
信州大学大学院医学系研究科博士課程疾患予防医科学系専攻講義, 松本, 2015年11月13日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
楽しく認知症予防.
緑区認知症普及啓発推進事業講演会, 名古屋, 2015年11月18日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知機能を高める体操「コグニサイズ」をみんなで体験しよう!
愛知県警察, すこやか交通宣言!フェスタ, 大口町, 2015年11月23日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
ボケたくなければ歩きなさい.
公益社団法人名古屋市老人クラブ連合会主催 第31回女性リーダー研修会, 名古屋, 2015年11月27日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防に対する新たなアプローチ ~最先端の研究から~.
ツクイ・サンフォレスト相模原主催公開講座, 相模原, 2015年11月27日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
運動と脳の健康:認知症予防最前線.
第10回日本リハビリテーション医学会, 東京, 2015年11月28日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
高齢者機能健診(認知機能).
コグニサイズ指導者研修, 大府, 2015年11月26日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
認知症予防概論及びコグニサイズの有効性について.
平成27年度神奈川県委託事業 認知症予防のためのコグニサイズを教える研修会, 小田原, 2015年11月19-20日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
運動による認知症予防.
長岡市長寿はつらつ課 介護予防研修会, 長岡(新潟), 2015年11月18日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
認知症をくいとめる方法.
横浜市南区福祉保健センター 介護予防講演会, 横浜, 2015年11月17日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
自分でできる認知症予防. ―イスに座って簡単エクササイズ―.
SBS学苑静岡校, 静岡, 2015年11月14日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
自分でできる認知症予防. ―イスに座って簡単エクササイズ―.
SBS学苑沼津校, 沼津, 2015年11月14日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
頭と体を動かして認知症予防!~コグニサイズを知ろう~.
小牧市認知症フォーラム, 小牧(愛知), 2015年11月7日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
コグニサイズのススメ―効果と実践―.
NPO法人青山まちづくりネットワーク, 滋賀, 2015年11月3日.

堤本広大. (予防老年学研究部)
コグニサイズ等認知症予防プログラムの実践.
むべの里健康フェスタ, 宇部(山口), 2015年11月6日. 

鈴木隆雄(理事長特任補佐)
「認知症予防-本当にできる!?-」
神戸市中央区健康福祉フェア, 平成27年11月13日, 神戸.

鈴木隆雄(理事長特任補佐)
「高齢者の保健、医療、介護(福祉)の課題と動向」
北広島市介護サービス連絡協議会研修会, 平成27年11月20日, 札幌.

鈴木隆雄(理事長特任補佐)
「認知症研究、特に予防の最前線」
日本赤十字豊田看護大学, 平成27年11月27日, 名古屋.

鈴木隆雄(理事長特任補佐)
「エビデンスに基づく介護予防」
全国消費生活相談員協会公開シンポジウム, 平成27年11月30日, 東京.

中西 章 (老化制御研究部、遺伝子治療研究室)
血液脳関門の薬剤通過メカニズムとその実験的評価法
技術情報協会主催、 2015年11月13日、東京 

丸山光生 (老化機構研究部)
癌と老化
中部大学 老化基礎医科学 第9・10時限、2015年11月5日、春日井市【2015年12月21日更新】

丸山光生 (老化機構研究部)
老化機構の解明に向けた挑戦
エイジングメタボリズム研究会 2015年11月6日 京都市【2015年12月21日更新】

丸山光生 (老化機構研究部)
健康長寿を目指した基礎老化研究の取り組みについて
不二製油株式会社 2015年11月13日 つくばみらい市【2015年12月21日更新】

丸山光生 (老化機構研究部)
生体防御論
至学館大学 健康科学部栄養学科3年講義、2015年11月17日、大府市【2015年12月21日更新】

丸山光生 (老化機構研究部)
生体防御論
藤女子大学 人間生活学部食物栄養学科第5限、2015年11月18日、石狩【2015年12月21日更新】

松下健二 (口腔疾患研究部)
健やかに老いるためのお口のケアのすすめ -口腔と全身の関連性-
平成27年度「8020よい歯の高齢者表彰・お口と身体の講習会」 2015/11/23、大垣市【2016年2月15日更新】

センター内活動(セミナー等)

佐治直樹 (もの忘れ外来部)
もの忘れセンター家族教室, 11月17日.

中村昭範(脳機能画像診断開発部)
認知症高齢者とのコミュニケーションはどうあるべきか?
CAMD報告会 2015年11月12日

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
認知症高齢者の自動車運転を考える.
特別講座:認知症家族サポーターの会 楽ちん,2015年11月9日,大府市.

岩下雄二 (老化機構研究部)
二種類の細胞老化における長鎖非コードRNAのトランスクリプトーム解析
ADサロン 2015年11月27日 大府市【2015年12月21日更新】

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2015年 [平成27年] 11月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター