文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2015年 [平成27年] 7月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

マンスリーレポート(研究業績) 2015年[平成27年]7月

新聞・雑誌等

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
在宅介護&高齢者ホームのすべて ,平成27年7月24日,「元気の処方箋.健康長寿の決め手は「栄養」にあり」

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
TBSテレビ:報道LIVEあさチャン!サタデー 平成27年7月4日(土),高齢者の事後を防げ.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK 総合テレビ:認知症キャンペーン 2015年7月8日(水),車の運転はできるの?

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
毎日放送:ちちんぷいぷい 平成27年7月9日(木), 高齢者の親の運転、どうすればいい? 

島田裕之. (予防老年学研究部)
Medical Tribune, 2015年7月9日 Vol.48, No.28, 中等度認知機能障害を抱える高齢ドライバーの存在が明らかに.

島田裕之. (予防老年学研究部)
NHKチョイス@病気になったとき Vol.4, 脳に負担を与えて認知症を寄せつけない 自宅でできるしりとり足踏みとは?

島田裕之. (予防老年学研究部)
中日新聞社「名古屋・愛知・岐阜・三重の最新情報 在宅介護&高齢者ホームのすべて 2015→2016」, コグニサイズで認知機能を維持・向上.

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
朝日放送 たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 2015年7月7日

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
NHK総合 認知症キャンペーン 2015年7月15日

論文発表等

原著論文

Satake S, Senda K, Hong YJ, Miura H, Endo H, Sakurai T, Kondo I, Toba K (フレイル研究部、高齢者総合診療科、治験・臨床研究推進センター、在宅医療開発研究部、長寿医療研修センター、もの忘れセンター、機能回復診療部、理事長)
Validity of the Kihon Checklist for assessing fraity status.
Geriatr Gerontolo Int. 2015 Jul 14. doi: 10. 1111/ggi. 12543

Tsujimoto M, Doi T, Kuroyanagi G, Yamamoto N, Matsushima-Nishiwaki R, Iida Y, Enomoto Y, Iida H, Ogura S, Otsuka T, Tokuda H, Kozawa O, Iwama T. (臨床検査部)
aB-crystallin reduces ristocetin‑induced soluble CD40 ligand release in human platelets: suppression of thromboxane A2 generation.
Mol. Med. Rep. 12:357-62,2015.

Hiramoto M, Udagawa H. Watanabe A, Miyazawa K., Ishibashi N, Kawaguchi M, Uebanso T, Nishimura W, Nammo T. Yasuda K. (共同利用推進室)
Allele comparative analysis of type 2 diabetes-associated SNPs identifies allele-specific DNA-binding proteins for the KCNQ1 locus. 
Int. J. MOL. MED., 36, 222-230, 2015.

Xie C, Soeda Y, Shinzaki Y, In Y, Tomoo K, Ihara Y, Miyasaka T.(分子基盤研究部)
Identification of key amino acids responsible for the distinct aggregation properties of microtubule-associated protein 2 and tau.
J Neurochem. 2015 Jul 2. doi: 10.1111/jnc.13228. [Epub ahead of print]

Yoshihiro Yoshimura, Kazuki Uchida, Seungwon Jeong, Makio Yamaga (老年社会科学研究部)
Effects of nutritional supplements on muscle mass and activities of daily living in elderly rehabilitation patients with decreased muscle mass: A randomized controlled trial.
The journal of nutrition, health & aging. 08 Jul, 1-7: 2015

N.Shiraish, Y. Suzuki, T. Hirose, S. Jeong, T. Shimada, K. Okada, M. Kuzuya (老年社会科学研究部)
Predictors of decreased skeletal muscle mass in community-dwelling older adults.
J. of Aging Research & Clinical Practice. 4(2): 74-80, 2015

Kawarai T, Tajima A, Kuroda Y, Saji N, Orlacchio A, Terasawa H, Shimizu H, Kita Y, Izumi Y, Mitsui T, Imoto I, Kaji R.  (もの忘れ外来部)
A homozygous mutation of VWA3B causes cerebellar ataxia with intellectual disability.
J Neurol Neurosurg Psychiatry.このリンクは別ウィンドウで開きます 2015 Jul 8. pii: jnnp-2014-309828. doi: 10.1136/jnnp-2014-309828. [Epub ahead of print]  

Shimizu Y, Kim H, Yoshida H, Shimada H, Suzuki T. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
Serum 25-hydroxyvitamin D level and risk of falls in Japanese community-dwelling elderly women: a 1-year follow-up study.
Osteoporos Int, 26(8): 2185-2192, 2015. 

Maestu F, Peña JM, Garcés P, Gonzalez S, Bajo R, Bagic A, Cuesta P, Funke M, Makela J, Menasalvas E, Nakamura A, Parkkonen L, Lopez ME, del Pozo F, Sudre G, Zamrini E, Pekkonen E, Henson R, Becker J.(脳機能画像診断開発部)
A multicenter study of the early detection of synaptic dysfunction in mild cognitive impairment using magnetoencephalography-derived functional connectivity. NeuroImage: Clinical (2015),

Kitaguchi N, Hasegawa M, Ito S, Kawaguchi K, Hiki Y, Nakai S, Suzuki N, Shimano Y, Ishida O, Kushimoto H, Kato M, Koide S, Kanayama K, Kato T, Ito K, Takahashi H, Mutoh T, Sugiyama S, Yuzawa Y (脳機能画像診断開発部).
A prospective study on blood Aβ levels and the cognitive function of patients with hemodialysis: a potential therapeutic strategy for Alzheimer's disease.
J Neural Transm. 2015 Jul 31. [Epub ahead of print]

齊藤千晶,中村昭範,山下英美,水野純平,小長谷陽子 (脳機能画像診断開発部)
非言語性コミュニケーションシグナルを積極的に用いたリハビリテーション「にこにこリハ」: - 多施設による試験的介入‐
日本認知症ケア学会誌. 2015, 第14巻第2号(15.07.20)【2016年4月12日更新】

総説, その他

大塚礼,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
脳機能維持に対する栄養学的保護因子-認知症・うつに着目して-,アンチエイジング(抗加齢)医学の老年精神医学への寄与.
老年精神医学雑誌,26:624-631,2015.

幸篤武,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
サルコペニアの概念,評価とその意義,特集:CKDにおけるサルコペニア・フレイル対策.
臨牀透析,31:1013-1020,2015.

斎藤 民、近藤 克則、村田 千代栄鄭  丞媛、鈴木 佳代、近藤 尚己、JAGESグループ (老年社会科学研究部)
高齢者の外出行動と社会的・余暇的活動における性差と地域差:JAGESプロジェクトから.
日本公衆衛生雑誌(印刷中)

大沢愛子, 前島伸一郎 (機能回復診療部)
記憶障害の最前線
医学のあゆみ, vol25 (4). 305-307, 2015.

島田裕之. (予防老年学研究部)
身体的フレイルの意義.
Modern Physician, 35(7): 823-826, 2015.

伊藤健吾,福山秀直 (脳機能画像診断開発部)
はじめに, 特集123I-FP-CIT SPECTによる神経変性疾患の診断
臨床放射線, 60:859-860, 2015

書物等

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
老年症候群.
介護支援専門員基本テキスト7訂,一般財団法人長寿社会開発センター編,中央法規,p6-14,2015.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
バイタルサインと検査.
介護支援専門員基本テキスト7訂,一般財団法人長寿社会開発センター編,中央法規,p86-99,2015.

島田裕之. (予防老年学研究部)
序章 介護予防と認知症予防.
島田裕之(編), 運動による脳の制御―認知症予防のための運動―, 杏林書院, 東京, 2015, pp1-9.

島田裕之. (予防老年学研究部)
第1章 認知症を理解するために~総論~.
島田裕之(編), 運動による脳の制御―認知症予防のための運動―, 杏林書院, 東京, 2015, pp10-19.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
第2章 認知症の発症メカニズムと予防(改善)のメカニズム, 2-1 運動による脳機能向上の分子機構.
島田裕之(編), 運動による脳の制御―認知症予防のための運動―, 杏林書院, 東京, 2015, pp20-27.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
第3章 認知症の診断とスクリーニング検査, 3-3 軽度認知障害(MCI)のスクリーニング検査.
島田裕之(編), 運動による脳の制御―認知症予防のための運動―, 杏林書院, 東京, 2015, pp113-119.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
第2章 認知症の発症メカニズムと予防(改善)のメカニズム, 2-4 運動とシナプス機能と脳容量.
島田裕之(編), 運動による脳の制御―認知症予防のための運動―, 杏林書院, 東京, 2015, pp61-85.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
第5章 認知症予防を目的とした介入研究の先進事例, 5-1 大府研究.
島田裕之(編), 運動による脳の制御―認知症予防のための運動―, 杏林書院, 東京, 2015, pp161-177.

堤本広大. (予防老年学研究部)
第4章 認知症予防を目的とした運動プログラムと効果, 4-1 有酸素運動の方法と効果.
島田裕之(編), 運動による脳の制御―認知症予防のための運動―, 杏林書院, 東京, 2015, pp120-131.

原田和弘, 岡浩一郎. (予防老年学研究部)
第4章 認知症予防を目的とした運動プログラムと効果, 4-4 身体活動向上を目指した行動変容技法の方法と効果.
島田裕之(編), 運動による脳の制御―認知症予防のための運動―, 杏林書院, 東京, 2015, pp150-160.

講演等

学会・研究会等発表

Kinoshita K, Hayakawa E, Kojima N, Imaizumi Y, Kaneko Y, Ozaki K, Satake S, Kondo I (栄養管理部、機能回復診療部、フレイル研究部)
The effects of a β-hydroxy-βmethylbutyric acid supplementation on physical function, blood urea nitrogen and glucose levels in the elderly
The 16th Congress of PENSA 2015, Nagoya,24-26 July , 2015

Imaizumi Y, Kojima N, Hayakawa E, Kinoshita K, Kaneko Y, Satake S (栄養管理部、フレイル研究部)
Effect of substitution of emulsified oils or thick liquid food for soup stock on physical property of dysphasia diet
The 16th Congress of PENSA 2015, Nagoya,24-26 July , 2015

大島浩子,鈴木隆雄 (在宅医療開発研究部,理事長特任補佐室)
在宅医療における看護師の多職種連携・協働の検討.
第26回日本在宅医療学会学術集会,7月19日,東京.

Ohta E, Nihira T, Uchino A, Imaizumi Y, Okada Y, Akamatsu W, Nagai M, Takahashi K, Ohyama M, Ryo M, Ogino M, Murayama S, Takashima A, Nishiyama K, Mizuno Y, Mochizuki H, Obata F, Okano H.(分子基盤研究部)
I2020T LRRK2 iPSC-derived neurons exhibit increased Tau phosphorylation.
第38回日本神経科学大会, 2015年7月28日 神戸市

木村哲也(分子基盤研究部)
タウタンパクの生理機能と病理形成 (Contribution of Tau on Physiological Functions and Pathogenesis)
第38回日本神経科学大会 シンポジウム, 2015年7月28日 神戸市

Uchida Y(先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
Food consumption and hearing impairment in the aged population.
The 30th Politzer Society Meeting/ The 1st World Congress of Otology, Jul 1st, Niigata.

杉浦彩子,伊藤恵里奈,内田育恵中島務大塚礼安藤富士子下方浩史,三宅杏季,加藤大介,柘植勇人 (先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
耳鳴を主訴とする受診患者の特性.
日本聴覚医学会 第1回耳鳴・難聴研究会,2015年7月11日,東京都.

内田育恵 (先端診療部,NILS-LSA活用研究室)
耳鳴の診療ガイドライン作成に向けて:1.疫学.
日本聴覚医学会 第1回耳鳴・難聴研究会,2015年7月11日,東京都.

白石成明・松本大輔・杉山統哉・鄭丞媛・近藤克則 (老年社会科学研究部)
プロペンシティスコアを用いた脳卒中患者のSelf-Exercise効果に関する研究
第50回日本理学療法学術大会,2015年,東京都

柳澤勝彦(所長室,認知症センター長室)
認知症の最前線(基礎医学)
第9回老年医学サマーセミナー,2015年7月30日,軽井沢

Kinoshita K, Hayakawa E, Kojima N, Imaizumi Y, Kaneko Y, Ozaki K, Satake S, Kondo I. (栄養管理部、機能回復診療部、高齢者総合診療科)
The effects of a β-hydroxy-β-methylbutyric acid supplementation on physical function,blood urea nitrogen and glucose levels in the elderly.
The 16th Congress of PENSA (Pareteral and Enteral Nutrition Society of Asia) July 24-26, 2015, Nagoya.

前島伸一郎, 岡本さやか, 岡崎英人, 園田茂, 大沢愛子 (機能回復診療部)
意識障害と言語
第24回日本意識障害学会, 2015年7月.24日-25日, 浜松

新飯田俊平 , 滝川修 (バイオバンク)
アルツハイマー病と経度認知症障害のマルチオミックス研究
第38回日本神経科学大会 2015年7月28~31日、神戸

近藤和泉 (健康長寿支援ロボットセンター)
高齢者生活活動支援ロボット
第9回老年医学サマーセミナー, 2015年7月30日-31日, 軽井沢

村澤裕介, 古田勝経, 磯貝善蔵, 米田雅彦 (健康長寿支援ロボットセンター)
褥瘡治療における外用基剤はバーシカンヒアルロン酸複合体形成を介し、創傷治癒過程を誘導する
第11回北海道結合組織研究会, 2015年7月4日-5日,  江別

Matsuda T, Yanase S, Matsui M, Miyazaki T, Takaoka A,  Maruyama M. (老化機構研究部)
Immunosenescence-related gene Zizimin2 is implicated in Early BM B Cell development and splenic marginal zone B cell localization
Gordon Research Conference, Jul 22-23, 2015, Sunday River, USA

Miyazaki T, Nakagawa H, Kobatake E, Maruyama M, Kawasaki Y. (老化機構研究部)
Identification and analysis of critical genes to regulate life span and senescence
Gordon Research Conference, Jul 22-23, 2015, Sunday River, USA

鈴木隆雄 (理事長特任補佐室)
認知症予防に向けて-MCIを対象とした認知機能低下予防のRCT-
第29回老年期認知症研究会,平成27年7月25日 ,東京.

中村昭範(脳機能画像診断開発部)
認知症高齢者にはどんな話し方をしますか? 〜 聴覚認知研究によって得られるヒント 〜
大府センター認知症ケアセミナー,2015年7月1日,名古屋

萩原真、多田浩之、石田直之王静舒高田鮎子松下健二 (口腔疾患研究部)
ファゴサイトーシスはNO修飾によって調節される
第67回日本細胞生物学会大会 2015/7/2 東京【2015年8月17日更新】

Kato T, Iwata K, Kuratsubo I, Kato K, Bundo M, Arahata Y, Inui Y, Ito K, Nakamura A,  MULNIAD (脳機能画像診断開発部、放射線診療部、脳機能診療部)
Associations of the Locus Coeruleus, Education, and Digit Span Score: A Study of Magnetic Resonance Imaging, Alzheimer's Imaging Consortium, Alzheimer's Association International Conference 2015, July 18, 2015, Washington D.C. United States.

Inui Y, Kato T, Fukaya N, Ito K (脳機能画像診断開発部, 放射線診療部)
Assessment of Pre-Synaptic Dopaminergic Degeneration and Occipital Hypoperfusion in Patients with Probable Dementia with Lewy Bodies Using 123I-FP-CIT and 123I-IMP SPECT,
Alzheimer's Association International Conference 2015, July 19-23(19), 2015, Washington D.C. United States.

講演など(教育、普及、広報活動)

Shosuke Satake, Hidenori Arai (フレイル研究部、高齢者総合診療科、副院長)
Perspective on sarcopenia: Asian Working Group for Sarcopenia and International Sarcopenia Initiative,
The 16th Congress of Parenteral and Enteral Nutrition Society of Asia (PENSA) July 24-26, 2015 Nagoya

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
サルコペニア、フレイルと栄養.
NR・サプリメントアドバイザー向けレベルアップセミナー,2015年7月5日,大阪市.

村田千代栄 (老年社会科学研究部)
刈谷市公民館職員研修会「ささえあい たすけあい まじりあいの町の先に見えるもの~住民参加の取り組みが健康で豊かな人生を作り出す~」
2015年7月10日、刈谷市

柳澤勝彦(所長室,認知症センター長室)
アルツハイマー病はどこまで分かったか?〜発症予防に向けた研究の現状と展望〜
裾野市平成27年度認知症予防講演会,2015年7月17日,裾野市

尾崎健一 (機能回復診療部)
実習C 中枢性麻痺の評価
第5回 動作解析と運動学実習, 2015年7月31日~8月1日, 豊明市

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
高齢者を介護する家族の介護負担.
平成27年宇治市福祉人材研修会,2015年7月24日,宇治市.

丸山 光生 (老化機構研究部)
分子・細胞レベルにおける老化のしくみの解明をめざして
分子総合医学専攻 老化基礎科学講座
平成27年度名古屋大学大学院医学系研究科修士課程入試説明会 2015年7月4日 名古屋市

丸山 光生 (老化機構研究部)
老化のメカニズムの解明に向けて
キリン株式会社講演会 2015年7月10日 横浜市

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
迎え撃とう、老化!―認知症予防の実践とその地域づくり―.
湖西いきいきネットワーク「びわこ市民活動応援基金」助成事業 講演会, 滋賀, 2015年7月5日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
運動から認知症予防を考える~今あなたができること~.
名古屋市西区認知症講演会, 名古屋, 2015年7月9日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
自分でできる認知症予防―イスに座って簡単エクササイズ―.
SBS学苑浜松校講座, 浜松, 2015年7月11日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
今日からできる認知症予防.
新発田市高齢福祉課認知症予防講演会, 新潟, 2015年7月17日.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
認知症とその予防.
NPO法人日本健康運動指導士会 平成27年度健康運動指導者研究交流会 高知大会, 高知, 2015年7月19日.

中島美砂子 (幹細胞再生医療研究部)
「歯の延命化を目指した歯髄幹細胞自家移植による歯髄再生治療法の臨床研究」 
第33回日本骨代謝学会学術集会 東京 2015年7月24日

鈴木隆雄 (理事長特任補佐室)
科学的根拠で取り組む認知症予防・介護予防
名古屋城西病院セミナー, 平成27年7月3日, 名古屋.

鈴木隆雄 (理事長特任補佐室)
活力ある高齢者に向けて高齢者の定義を再考する
高齢社会フォーラム, 平成27年7月31日, 東京.

センター内活動(セミナー等)

新井聡 (老化機構研究部)
腸内細菌と疾患
ADサロン 2015年7月24日 大府市

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2015年 [平成27年] 7月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター