文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2015年 [平成27年] 4月分マンスリーレポート(研究業績)を更新しました

マンスリーレポート(研究業績) 2015年 [平成27年] 4月

新聞・雑誌等

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
BSフジテレビ,平成27年4月4日(土),「華大の知りたい!サタデー」

柳澤勝彦 (所長室,認知症センター長室)
週刊朝日ムック,「すべてがわかる認知症」 2015年4月10日発行, 治療編 NEWS 〜ここまで治る!未来の治療

今泉良典 (栄養管理部)
ヒューマンニュートリション栄養管理の症例と実践, -FOCUS on New Leader-
日本医療企画,p6-7,2015【2015年5月21日更新】

Doi R, Endo M, Yamakoshi K, Yamanashi Y, Nishita M, Fukada S, Minami Y (老化機構研究部)
Critical role of Frizzled1 in age-related alterations of Wnt/beta-catenin signal in myogenic cells during differentiation
Genes Cells. 2014 Apr;19(4):287-96【2015年6月8日更新】

柳澤勝彦 (所長室,認知症センター長室)
北國新聞,平成27年4月10日(金)朝刊,一から分かる認知症〜「夢の検査」実用化へ前進【2015年6月12日更新】

論文発表等

原著論文

Shimizu Y, Kim T, Yoshida H, Shimada H, Suzuki T. (予防老化学研究部, 理事長特任補佐室)
Serum 25-hydroxyvitamin D level and risk of falls in Japanese community-dwelling elderly women : a 1-year follow-up study.
Osteoporosis International. 2015 Apr 25. [Epub ahead of print]

Yamamoto N, Otsuka T, Kondo A, Matsushima-Nishiwaki R, Kuroyanagi G, Kozawa O, Tokuda H. (臨床検査部)
Rac limits TGF-β-induced VEGF synthesis in osteoblasts.
Mol. Cell. Endocrinol. 405:35-41,2015.

Makizako H, Liu-Ambrose T, Shimada H, Doi T, Park H, Tsutsumimoto K, Uemura K, Suzuki T. (予防老年学研究部)
Moderate-intensity physical activity, hippocampal volume, and memory in older adults with mild cognitive impairment.
J Gerontol A Biol Sci Med Sci, 70(4): 480-486.

Ihira H, Furuna T,Mizumoto A,Makino K,Saitoh S,Ohnishi H,Shimada HMakizako H.  (予防老年学研究部)
ubjective physical and cognitive age among community-dwelling older people aged 75 years andolder: differences with chronological age and its associated factors.
Aging Ment Health, 19(8): 756-761.

Makizako H, Kabe N, Takano A, Isobe K. (予防老年学研究部)
Use of the Berg Balance Scale to predict independent gait after stroke: A study of an inpatient population in Japan.
PM&R,7(4): 392-9.

Doi T, Shimada H, Makizako H, Tsutsumimoto K, Uemura K, Suzuki T. (予防老年学研究部)
ApolipoproteinE genotype and physical function among older people with mild cognitive impairment.
Geriatr Gerontol Int, 15(4): 422-7.

Lee S, Shimada H, Park H, Makizako H, Lee S, Doi T, Yoshida D, Tsutsumimoto K, Anan Y, Suzuki T. (予防老年学研究部)
The Association Between Kidney Function and Cognitive Decline in Community-Dwelling, Elderly Japanese People.
JAMDA, 16(4): 349.e1-5.

小野木啓子, 近藤和泉 (機能回復診療部)
Ⅲ疾患別評価 1脳性麻痺
小児リハビリテーション, p130, 2015

小野木啓子, 近藤和泉 (機能回復診療部)
A粗大運動能力尺度(GMFM)
小児リハビリテーション, p131-134, 2015

小野木啓子 , 近藤和泉 (機能回復診療部)
B粗大運動能力分類システム(GMFCS)
小児リハビリテーション, p134-137, 2015

近藤和泉 (機能回復診療部)
15発達障害(ASD, AD/HD, DCD)
小児リハビリテーション, p190-193, 2015

高野映子, 渡辺豊明, 寺西利生,  澤俊二, 金田嘉清, 近藤和泉 (機能回復診療部)
健常な地域在住高齢者における転倒を予測する評価の検討 -文部科学省新体力テストの結果を用いて-
日本転倒予防学会誌,Vol. 1, p21-28, 2015

Yamamoto T, Osako Y, Ito M, Murakami M, Hayashi Y, Horibe H, Iohara K, Okui N, Hirata H, Kurita K, Nakashima M: (幹細胞再生医療研究部)
Trophic effects of dental pulp stem cells on schwann cells in peripheral nerve regeneration.
Cell Transplantation, 2015. in press

Hayashi Y, Murakami M, Kawamura R, Ishizaka R, Fukuta O, Nakashima M: (幹細胞再生医療研究部)
CXCL14 and MCP1 are potent trophic factors associated with cell migration and angiogenesis leading to higher regenerative potential of dental pulp side population cells.
Stem Cell Res Ther, 2015. in press

Satoh J I, Kino Y, Niida S  ( バイオバンク) :
MicroRNA-seq data analysis pipeline to identify blood biomarkers for Alzheimer’s disease from public data.
Biomarker Insight 10:21-31, 2015

Sato S, Kawamata Y, Takahashi A, Imai Y, Hanyu A, Okuma A, Takasugi M, Yamakoshi K, Sorimachi H, Kanda H, Ishikawa Y, Sone S, Nishioka Y, Ohtani N, Hara E (老化機構研究部)
Ablation of the p16INK4a tumour suppressor reverses ageing phenotypes of klotho mice.
Nat. Commun., 6:7035, 2015.

Saji N, Kimura K, Aoki J, Uemura J, Sakamoto Y.(もの忘れ外来部)
Intracranial Hemorrhage Caused by Non-Vitamin K Antagonist Oral Anticoagulants (NOACs) - Multicenter Retrospective Cohort Study in Japan.
Circ J. 2015;79:1018-1023.【2015年5月19日更新】

Ito K, Fukuyama H, Senda M, Ishii K, Maeda K, Yamamoto Y, Ouchi Y, Ishii K, Okumura A, Fujiwara K, Kato T, Arahata Y, Washimi Y, Mitsuyama Y, Meguro K, Ikeda M, SEAD-J Study Group.(脳機能画像診断開発部、脳機能診療部)
Prediction of outcomes in MCI by using 18F-FDG-PET: A multicenter study.
J Alzheimers Dis. 2015 Jan 7. [Epub ahead of print] J Alzheimers Dis. 2015;45(2):543-52【2015年9月14日更新】

総説, その他

大塚礼,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
栄養とサルコペニア,骨粗鬆症のための栄養処方.
骨粗鬆症治療,14:29-35,2015.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
生きがい,栄養と健康長寿.
全栄施協月報 第655号,7-33,2015.

近藤和泉(機能回復診療部)
Ⅰ総論 1リハビリテーション評価の目的と尺度
小児リハビリテーション, p 2-5, 2015

伊藤直樹(機能回復診療部)
特集運動学で根拠がわかる生活動作別の転倒・転落予防—立ち上がり・着座-
リハビリナース,p19-25,2015

松本大輔・近藤克則・白石成明・杉山統哉・鄭丞媛 (老年社会科学研究部)
急性期病院における脳卒中患者への早期リハビリテーション実施状況に関連する要因の検討-JARDを用いた分析-
理学療法学,42(2):140-141, 2015

Yanagisawa K.  (所長室, 認知症センター長室)
GM1 ganglioside and Alzheimer's disease.
Glycoconj J. 2015 Apr 23. [Epub ahead of print]

Aoki J, Shibazaki K, Ito M, Saji N, Uemura J, Houkin K, Kimura K.(もの忘れ外来部)
Unilateral Moyamoya Phenomenon with a String-of-beads Appearance in an Elderly Patient with the c.14576G>A Heterozygous Variant of RNF213.
Intern Med. 2015;54:971-974.【2015年5月19日更新】

添田義行, 高島明彦 (分子基盤研究部)
認知症根本治療に向けたタウ標的薬剤の開発
日本認知症学会誌DEMENTIA JAPAN 29(2), 184-194. 2015【2015年6月5日更新】

書物等

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
栄養.
基礎からわかる軽度認知障害(MCI)第1版,鈴木隆雄監修・島田裕之編集,医学書院,p126-133,2015.

島田裕之, 土井剛彦. (予防老年学研究部)
認知症予防運動プログラム コグニサイズ入門(ハイブリッドDVDつき).
ひかりのくに, 大阪, 2015.

島田裕之. (予防老年学研究部)
第1章 MCIの基礎を理解する Ⅱ.MCIとは.
鈴木隆雄(監), 島田裕之(編), 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して, 医学書院, 東京, 2015. pp7-12.

上村一貴. (予防老年学研究部)
第3章 MCIの認知機能の特徴 Ⅰ.記憶機能.
鈴木隆雄(監), 島田裕之(編), 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して, 医学書院, 東京, 2015. pp58-68.

吉田大輔. (予防老年学研究部)
第3章 MCIの認知機能の特徴 Ⅳ.言語機能.
鈴木隆雄(監), 島田裕之(編), 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して, 医学書院, 東京, 2015. pp98-110.

李相侖. (予防老年学研究部)
第4章 MCIの危険因子 Ⅳ.社会的因子.
鈴木隆雄(監), 島田裕之(編), 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して, 医学書院, 東京, 2015. pp147-154.

堀田亮. (予防老年学研究部)
第4章 MCIの危険因子 Ⅴ.心理的因子.
鈴木隆雄(監), 島田裕之(編), 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して, 医学書院, 東京, 2015. pp155-162.

牧迫飛雄馬. (予防老年学研究部)
第5章 MCIの早期発見のために Ⅱ.認知機能のスクリーニング検査.
鈴木隆雄(監), 島田裕之(編), 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して, 医学書院, 東京, 2015. pp192-203.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
第6章 MCIに対する介入方法 Ⅱ.運動介入.
鈴木隆雄(監), 島田裕之(編), 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して, 医学書院, 東京, 2015. pp213-223.

原田和弘. (予防老年学研究部)
第6章 MCIに対する介入方法 Ⅳ.健康行動の促進.
鈴木隆雄(監), 島田裕之(編), 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して, 医学書院, 東京, 2015. pp237-245.

阿南祐也. (予防老年学研究部)
第6章 MCIに対する介入方法 Ⅴ.地域コミュニティを通した介入.
鈴木隆雄(監), 島田裕之(編), 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して, 医学書院, 東京, 2015. pp246-255.

李成喆. (予防老年学研究部)
第7章 認知症予防へ向けた地域保健事業の実際 Ⅰ.MCI早期発見へ向けた取り組み.
鈴木隆雄(監), 島田裕之(編), 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して, 医学書院, 東京, 2015. pp276-285.

堤本広大. (予防老年学研究部)
第7章 認知症予防へ向けた地域保健事業の実際 Ⅱ.認知症予防のための運動教室.
鈴木隆雄(監), 島田裕之(編), 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して, 医学書院, 東京, 2015. pp286-294.

中窪翔. (予防老年学研究部)
第7章 認知症予防へ向けた地域保健事業の実際 Ⅲ.認知症予防のための音楽教室.
鈴木隆雄(監), 島田裕之(編), 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して, 医学書院, 東京, 2015. pp295-302.

裵成琉. (予防老年学研究部)
第7章 認知症予防へ向けた地域保健事業の実際 Ⅳ.認知症予防のためのアート教室―アートプログラムの実際と評価.
鈴木隆雄(監), 島田裕之(編), 基礎からわかる軽度認知障害(MCI)―効果的な認知症予防を目指して, 医学書院, 東京, 2015. pp303-310.

伊藤直樹(機能回復診療部)
PT・OTのための臨床技能とOSCE -コミュニケーションと介助・検査測定編- 反射検査(腱反射・病的反射)
金原出版, p257-265, 2015

鈴木俊夫、佐藤裕邦、荒木乳根子、遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
高齢者の在宅・施設介護における性的トラブル対応法,p127-129、2015.
黎明書房

柳澤勝彦(所長室,認知症センター長室)
基礎からわかる軽度認知障害(MCI) —効果的な認知症予防を目指して— 「MCI及びアルツハイマー病の分子機構」
医学書院, 19-26, 2015

今泉良典 (栄養管理部)
経口摂取アプローチハンドブック, -臨床現場における嚥下調整食提供のための工夫-
日本医療企画,p135-141,2015【2015年5月21日更新】

木下かほり (栄養管理部)
ヘルスケア・レストラン2015年5月号, 認知症患者の摂食障害に対する介入例をとおして考える意思決定支援~患者の気持ちを推定し寄り添うことが最良のインフォームド・コンセント~
日本医療企画, p24-25, 2015【2015年5月21日更新】

 
 

講演等

学会・研究会等発表

Fukuoka H, Tange C, Ando F, Otsuka R, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Corneal endothelial damage rate in middle-aged and elderly Japanese.
World Cornea Congress VII, Apr 16th, San Diego, USA.

Fukuoka H, Tange C, Otsuka R, Ando F, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Relationship of types, sizes of astigmatism, and uncorrected visual acuity with emmetropia.
2015 ASCRS ASOA Symposium and Congress, Apr 17th, San Diego, USA.

Matsui Y, Takemura M, Harada A, Nakamoto M, Otsuka R, Ando F, Shimokata H (先端診療部,院長室,NILS-LSA活用研究室)
Utility of the CT mid-thigh cross-sectional muscle area in the diagnosing Sarcopenia -from analyses of  the association with the DXA measured skeletal muscle volume.
International Conference on Frailty & Sarcopenia Research (ICFSR 2015), Apr 24th, Boston, USA.

Tsukasaki K, Matsui Y, Takemura M, Harada A, Nakamoto M, Otsuka R, Ando F, Shimokata H (先端診療部,院長室,NILS-LSA活用研究室)
The relation of muscle strength and gait speed with muscle cross-sectional area determined by mid thigh computed tomography - comparison and skeletal muscle mass measured by dual-energy X-ray absorptiometry.
International Conference on Frailty & Sarcopenia Research (ICFSR 2015), Apr 25th, Boston, USA. 

伊藤健吾(脳機能画像診断開発部)
FDGによるアルツハイマー病の先進医療(SDAF-PET)
日本脳神経核医学研究会脳PETワークショップ,2015年4月18「日,横浜

伊藤健吾(脳機能画像診断開発部)
認知症の診療における核医学診断の現状と今後の展望
第4回「浜松脳と精神の勉強会」,2015年4月22日,浜松

大沢愛子, 前島伸一郎, 尾崎健一, 近藤和泉 (機能回復診療部)
認知症患者の外出と旅行
第14回日本旅行医学会大会, 2015年4月18日-19日, 東京

遠藤英俊、佐竹昭介、鳥羽研二 (長寿医療研修センター、フレイル研究部、理事長)
基礎疾患の異なる個々の患者に最適な具体的支援策とは.
第29回日本医学会総会,2015年4月11日(土),京都

山脇敬博, 飛田直美, 向敦史, 山田潤, 羽室淳爾, 木下茂 (老化機構研究部)
加齢黄斑変性の病態に関与する炎症増悪回路の抑制法の開発
第119回日本眼科学会総会, 札幌,2015年4月17日

Saji N, Kimura K, Aoki J, Uemura J (もの忘れ外来部)
Intracranial hemorrhage caused by Non-Vitamin K Antagonist Oral Anticoagulants (NOACs): a multicenter retrospective cohort study in Japan.
The 1st European Stroke Organisation Conference, April 19, 2015, Glasgow, UK.【2015年5月19日更新】

今泉良典、金子康彦、早川恵理香小嶋紀子木下かほり志水正明三浦久幸 (栄養管理部,在宅連携医療部)
嚥下食料理教室の取り組みと継続に向けた今後の課題の検討-第2報-
第17回 在宅医学会もりおか大会シンポジウム 2015年4月25日 【2015年5月21日更新】

講演など(教育、普及、広報活動)

島田裕之. (予防老年学研究部)
脳賦活運動.
なごや介護予防・認知症予防プログラムモデル事業研修会, 名古屋市, 2015年4月9日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
脳賦活運動.
なごや介護予防・認知症予防プログラムモデル事業研修会, 名古屋市, 2015年4月14日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症予防のための脳活性化運動.
日本抗加齢医学会専門医・指導士認定委員会主催講習会, 東京, 2015年4月12日.

伊藤健吾(脳機能画像診断開発部)
基礎・安全管理②「PET検査の臨床使用ガイドライン」
第15回日本核医学会春季大会PET研修セミナー、2015年4月25日、東京

伊藤健吾(脳機能画像診断開発部)
核医学指導者コース「PET検査の臨床使用ガイドライン」
第15回日本核医学会春季大会核医学専門医教育セミナー、2015年4月26日、東京

大沢愛子 (機能回復診療部)
脳の老化予防
第3回和歌山認知症症例検討会, 2015年4月23日, 和歌山

村田千代栄 (老年社会科学研究部)
三重県在宅保健師の会(ひまわりの会)第1回研修会:認知症予防について~高齢者にやさしい地域づくりを目指して~
2015年4月13日、津市

柳澤勝彦(所長室,認知症センター長室)
脳内アミロイド蓄積の検出に有用な血液バイオマーカー
メディカルエデュケーション「バイオマーカーによる認知症診断への挑戦」,2015年4月24日,東京

佐竹昭介 (フレイル研究部)
「フレイル・サルコペニアと栄養に関する問題」
第17回 在宅医学会もりおか大会シンポジウム 2015年4月25日

松下健二 (口腔疾患研究部)
医療保険者における歯科保健の重要性 -口腔と全身の関わりから考える-
第168回社会保険静岡特別研究会 2015/4/21 静岡【2015年7月13日更新】

加藤隆司 (脳機能画像診断開発部)
アミロイドPETで何がわかる?
ばんたね脳循環講演会,2015年4月27日,藤田保健衛生大学 坂文種報德會病院,名古屋【2015年10月9日更新】

センター内活動(セミナー等)

柳澤勝彦(所長室,認知症センター長室)
アルツハイマー病発症の起点- GAß研究、最新の知見から -
CAMD報告会,2015年4月9日

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2015年 [平成27年] 4月分マンスリーレポート(研究業績)を更新しました

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター