文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2015年 [平成27年] 2月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

マンスリーレポート(研究業績) 2015年 [平成27年] 2月

新聞・雑誌等

鈴木隆雄 (所長室)
毎日新聞,平成27年2月12日(木)朝刊,「健康寿命」の理想と現実

柳澤勝彦 (副所長室,認知症センター長室)
日経産業新聞,2015年2月17日,病に挑む 〜「見える化」で早期治療,薬開発に生かす 

柳澤勝彦 (副所長室,認知症センター長室)
週刊ダイアモンド,2015年2月21日号, 特集-認知症社会 〜診断と治療の最前線 

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
NHK,平成27年2月13日(金),あさイチ「認知症キャンペーン 親の認知症とどう向き合うか」

佐竹昭介(自立支援開発研究部)
NHK総合テレビ :「おはよう東海」金曜トーク,平成27年2月20日(金),「フレイル」って何?

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
東京新聞,平成27年2月8日(日)朝刊,核心:認知症事故社会で防止:同乗・送迎・趣味・交流の場づくり支援.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
中日新聞,平成27年2月8日(日)朝刊,核心:認知症ドライバー事故防げ:環境づくり社会一丸で.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
中日メディカルサイト,平成27年2月8日(日)核心:認知症ドライバー事故防げ:環境づくり社会一丸で.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
ベストカー,平成27年3月10日号(2月10日(火)発売),「認知症の恐れ」判定で免許更新時に医師診断が義務化へ.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
朝日新聞,平成27年2月16日(月)夕刊,体とこころの通信簿:高齢運転者と認知症:異変がないか周囲も気を配って.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK 総合テレビ:ゆうどき,平成27年2月24日(火),どう防ぐ?高齢ドライバー事故.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK ONLINE:ゆうどき,平成27年2月24日(火),どう防ぐ?高齢ドライバー事故.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
朝日新聞.平成27年2月27日(金)朝刊,ニュースQ3:認知症ドライバーの免許制限、しょうがない?

サブレ森田さゆり (看護部)
DITN, 平成27年2月5日, 高齢糖尿病患者におけるフレイルとサルコペニア.

高島明彦(分子基盤研究部)
大法輪 第82巻 平成27年2月号, 老年性うつにならないための10ヶ条.【2015年6月5日更新】

論文発表等

原著論文

Kamita M、Mori TSakai Y、Ito S、Gomi M、Miyamoto Y、Harada ANiida S、Yamada T、Watanabe K、Ono M (バイオバンク,先端診療部,院長室,運動器疾患研究部)
Proteomic analysis of ligamentum flavum from patients with lumbar spinal stenosis.
Proteomics 2015

Kim H, Suzuki T, Kim M, Kojima N, Ota N, Simotoyodome A, et al. (所長室)
Effects of Exercise Milk Fat Globule Membrane (MFGM) Supplementation on Body Composition, Physical Function, and Hematological Parameters in Community-Dwelling Frail Japanese Women: A Randomized Double Blind, Placebo-Controlled, Follow-Up Trial.
PLOS ONE. (2015) 10. e0116256.  doi : 10. 1371/ journal. pone.  0116256.

Okabayashi S, Shimozawa N, Yasutomi Y, Yanagisawa K, Kimura N. (副所長室,認知症センター長室, アルツハイマー病研究部)
Diabetes Mellitus Accelerates Aβ Pathology in Brain Accompanied by Enhanced GAβ Generation in Nonhuman Primates.
PLoS One. 2015 Feb 12; 10(2): e0117362.

Yamamoto S, Niida S,Azuma E, Yanagibashi T, Muramatsu M, Ting Ting H, Sagara H, Higaki S, Ikutani M,Nagai Y, Takatsu K, Miyazaki K, Hamashima T, Hisashi Mori H, Matsuda N, Ishii Y, Sasahara M (バイオバンク)
Inflammation-induced endothelial cell-derived extracellular vesicles modulate the cellular status of pericytes.
Scientific Reports 2015 (equally contributors)

Yamamoto N, Otsuka T, Kuroyanagi G, Kondo A, Kainuma S, Nakakami A, Matsushima-Nishiwaki R, Kozawa O, Tokuda H (臨床検査部)
Resveratrol reduces prostaglandin E1-stimulated osteoprotegerin synthesis in osteoblasts: Suppression of stress-activated protein kinase/c-Jun N-terminal kinase.
Prostaglandins Other Lipid Mediat. 116-117:57-63,2015.

Matsuda TYanase S, Takaoka A, Maruyama M (老化機構研究部)
The immunosenescence-related gene Zizimin2 is associated with early bone marrow B cell development and marginal zone B cell formation.
Immunity and Ageing, 12(1), 2015 Feb 22【2015年4月13日更新】

Kato T, Konishi Y, Shimohama S, Beach TG, Akatsu H, Tooyama I. (老化機構研究部)
Alpha1-chimaerin, a Rac1 GTPase-activating protein, is expressed at reduced mRNA levels in the brain of Alzheimer's disease patients.
Neurosci Lett. 2015 Feb 9;591C:19-24.【2015年4月13日更新】

Okuda M, Hijikuro I, Fujita Y, Wu X, Nakayama S, Sakata Y, Noguchi Y, Ogo M, Akasofu S, Ito Y, Soeda Y, Tsuchiya N, Tanaka N, Takahashi T, Sugimoto H. (分子基盤研究部)
PE859, a Novel Tau Aggregation Inhibitor, Reduces Aggregated Tau and Prevents Onset and Progression of Neural Dysfunction In Vivo.
PLoS One. 2015 Feb 6;10(2):e0117511. doi: 10.1371/journal.pone.0117511. eCollection 2015. 【2015年6月5日更新】

Goto M, Mizuma H, Wada Y, Suzuki M, Watanabe Y, Onoe H, Doi H (脳機能画像診断開発部)
 11C-Labeled Capsaicin and Its in Vivo Molecular Imaging in Rats by Positron Emission Tomography
Food and Nutrition Sciences, 2015,Feb 6, 216-220【2015年6月12日更新】

総説, その他

大島浩子,鳥羽研二,大島伸一,鈴木隆雄 (在宅医療開発研究部,総長室,名誉総長室,所長室)
治し支える医療としての在宅医療の現状と展望~在宅医療連携拠点の活動性の評価~.
カレントテラピー,33(2):192-198,2015.

谷川隆久、徳田治彦 (臨床検査部)
高齢者におけるリハビリテーションの意義 第11回 高齢者におけるリハビリテーションの阻害因子とそれに対応する一般対応 6.糖尿病.
Geriat. Med. 53(2):177-181,2015.

書物等

今泉良典 (栄養管理部)
医療の広場 第55巻 第2号, 物性測定に基づく嚥下食の安全な提供に向けた取り組み
公益財団法人 政策医療振興財団, p29-31, 2015【2015年5月21日更新】

講演等

学会・研究会等発表

Fukuoka H, Tange C, Otsuka R, Ando F, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Intraocular pressure, central corneal thickness, and Body Mass Index as risk factors for glaucoma.
25th American Glaucoma Society Annual Meeting, Feb 26th, Coronado, California, USA. 

Suzuki A, Ito Y, Kiyama S, Kunimi M, Ohira H, Kawaguchi J, Tanabe H, Nakai T  (長寿医療工学研究部)
Neural evidence for evaluation transfer in reputation learning
The Society for Personality and Social Psychology 16th Annual Meeting, Long Beach, US, February 28 (26-28). 2015

木下かほり,金子康彦,佐竹昭介,遠藤英俊 (栄養管理部,自立支援開発研究部,内科総合診療部)
介護保険制度で使用される基本チェックリストにおける栄養項目の栄養状態反映度の検討
第30回日本静脈経腸栄養学会,平成27年2月12~13日,神戸市

木下かほり,朝倉三恵子,小出由美子,間瀬広樹,金子康彦,渡邊 裕,佐竹昭介,山岡朗子 (栄養管理部,臨床検査部,薬剤部,口腔疾患研究部,自立支援開発研究部,脳機能診療部)
第30回日本静脈経腸栄養学会,平成27年2月12~13日,神戸市

佐竹昭介 (自立支援開発研究部)
高齢者のサルコペニア・フレイルについて
第6回尾北地区 骨と痛みの研究会,平成27年2月28日,犬山市

神谷正樹,大沢愛子,森志乃,植田郁恵,宇佐美和也,田口大輔,横田和代,戸田合香,村松隆二郎,近藤和泉 (機能回復診療部)
軽度アルツハイマー型認知症患者におけるVSRADを使用した海馬傍回萎縮度と記憶機能評価の関係性
第6回日本ニューロリハビリテーション学会学術集会,2015年2月21日,秋田市

浅野直也,冨岡正雄,佐浦隆一,小早川義貴 (機能回復診療部)
大規模災害時におけるリハビリテーション関連職の役割-DMAT隊員として-
第20回集団災害医学会,2015年2月28日,立川市

Matsuda T, Yanase S, Hayakawa T, Matsui N, Matsushita T, Takaoka A, Casola S, Maruyama M (老化機構研究部)
IMMUNOSENESCENCE-RELATED GENE ZIZIMIN2 REGULATES MARGINAL ZONE B CELL LOCALIZATION
The 2015 Ageing Summit, February 11, 2015, London, UK

山田潤, 羽室淳爾, 篠宮克彦, 寒川裕之, 堀内稔子, 木下茂 (老化機構研究部)
アロ角膜内皮細胞移植マウスモデルを用いたアロ感作と免疫寛容の検討
第39回日本角膜学会総会・第28回日本角膜移植学会, 2015年2月12日, 高知

岩下雄二原田種展石澤和也松田剛典、寺内邦彦、島田順一、杉本昌隆、丸山光生 (老化機構研究部)
Investigation of a cellular senescence-related gene, TARSH/Abi3bp in cellular proliferation and lung cancer metastasis
第7回NAGOYAグローバルリトリート、2015年2月13日、愛知

石澤和也岩下雄二松田剛典、杉本昌隆、丸山光生 (老化機構研究部)
Analysis of functional promoter region of a cellular senescence-related gene, TARSH/Abi3bp
第7回NAGOYAグローバルリトリート、2015年2月13日、愛知

講演など(教育、普及、広報活動)

鈴木隆雄 (所長室)
健康寿命の秘訣(認知症予防と介護予防).
三豊市市民公開講座, 2015年2月28日, 香川県

鈴木隆雄 (所長室)
Health Promotion in Super-Aged Society
プロダクティブ・エイジング:日本とオランダ組み立て案, 2015年2月18日, 東京

大島浩子 (在宅医療開発研究部)
在宅医療連携拠点の活動性の評価.地域包括ケアのあり方を考える会-在宅医療の新たな局面から今後の方向性へ-.
フクラシア東京ステーションD会議室.2015年2月28日.東京.

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
日本老年医学会東海地方会 高齢者医療研修会ワークショップ「高齢者総合的機能評価計画の作成」
2015年2月8日、名古屋市昭和区

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
日本医療マネジメント学会第12回京滋支部学術集会記念講演
2015年2月14日、京都市

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
平成26年度認知症サポート医養成研修会
2015年2月14・15日、東京都港区

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
平成26年度新潟県精神医療・保健・福祉関係者合同実践セミナー
2015年2月27日、新潟市

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
老いてこそ挑め~ぎんさんの娘さんたち、三浦雄一郎さんから学ぶ.
日進市平成26年度介護予防講演会,2015年2月13日,日進市.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
ぎんさんの娘たちに学ぶ長寿の秘訣.
四日市市健康づくり団体合同スキルアップ教室,2015年2月22日,四日市市.

中本真理子 (NILS-LSA活用研究室)
血清抗酸化ミネラル濃度が認知機能に及ぼす影響-日本人高齢者における検討.
2014年度流動研究員発表会,2015年2月25日,大府市.

Kiyama, S., Kunimi, M., Verdonschot, R., Tamaoka, K., & Nakai, T.  (長寿医療工学研究部)
A role for the basal ganglia in the age-related positivity effect during language processing.
第7回NAGOYAグローバルリトリート. 2015年2月13日. あいち健康プラザ, 愛知.

斎藤民 (老年社会科学研究部)
愛知県知多郡東浦町講演会「まちの居場所づくり講座」
2015年2月26日、東浦町

Maruyama M, Matsuda T, (老化機構研究部)
Physiological role of immunosenescence-associated gene, Zizmin2 and its family (Overall & Recent works)
Seminar at Leibniz Institute for Age Research (Prof. Dr. Karl Lenhard Rudolph), February 9, 2015, Jena, Germany

Maruyama M, Matsuda T (老化機構研究部)
Physiological role of immunosenescence-associated gene, Zizmin2 and its family (Overall & Recent works)
Seminar at University College London (Prof. Dr. David Gems), February 13, 2015, London, UK

Maruyama M, Matsuda T (老化機構研究部)
Physiological role of immunosenescence-associated gene, Zizmin2 and its family (Overall & Recent works)
Seminar at Ludwig-Maximilians University of Munich (Prof. Dr. Annette Mueller-Taubenberger), February 16, 2015, Munich, Germany

滝川修 (ラジオアイソトープ管理室)
凍結組織切片のイメージング質量分析による病原蛋白PET診断薬開発システム
メディカルジャパン2015大阪、平成27年2月5日、大阪【2015年4月6日更新】

センター内活動(セミナー等)

藤原 謙 (脳機能画像診断開発部)
軽度認知障害からアルツハイマー病への移行予測に有用な指標の探索
流動研究員発表会, 2月25日, 2015

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2015年 [平成27年] 2月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター