文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > マンスリーレポート(研究業績) 2015年 [平成27年] 1月

マンスリーレポート(研究業績) 2015年 [平成27年] 1月

新聞・雑誌等

鈴木 隆雄 (所長室)
毎日新聞,平成25年1月15日(木)朝刊,「不運への心得え」

松下健二(口腔疾患研究部)
「体とこころの通信簿 -唾液が少ない」 朝日新聞平成27年1月5日夕刊

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
朝日新聞, 2015年1月10日, 元気のひけつ 失敗も会話も楽しく 「コグニサイズ」で認知機能向上.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
介護新聞, 2015年1月22日, 「身体」「知的」「社会」3活動で認知症予防 札医大フォーラム 島田部長が講演.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
北海道医療新聞, 2015年1月23日, 複合的活動促進を 認知症予防で島田氏講演.

島田裕之, 土井剛彦. (生活機能賦活研究部, 所長室)
週刊朝日, 2015年2月6日増大号, 国立長寿医療研究センターが考案 認知症を寄せ付けない運動 「コグニサイズ」は記憶に効く!

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
朝日新聞,平成27年1月16日(金)朝刊,車社会認知症に危機感:増える免許返納自治体が後押し.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
朝日新聞 名古屋版,平成27年1月16日(金)朝刊,認知症疑い高齢運転者に受診義務案:事故が心配でも不便.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
毎日新聞,平成27年1月16日(金)朝刊,運転免許制度見直し認知症見逃さず:生活の足代替必要.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK総合テレビ:くらし解説,平成27年1月21日(水),くらし解説「どうなる?高齢者の運転免許」.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
NHK ONLINE:NHK解説委員室,平成27年1月21日(水),くらし解説「どうなる?高齢者の運転免許」.

論文発表等

原著論文

Takeuchi N., Hayashi Y., Murakami M., Alvarez F., Horibe H., Iohara K., Nakamura H., Nakashima M. (再生歯科医療研究部)
Similar in vitro effects and pulp regeneration in ectopic tooth transplantation by bFGF and G-CSF. Oral Diseases. 21(1): 113-122, 2015.

Doi T, Makizako H, Shimada H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Park H, Suzuki T. (所長室, 生活機能賦活研究部)
Objectively measured physical activity, brain atrophy, and white matter lesions in older adults with mild cognitive impairment.
Experimental Gerontology, 62: 1-6, 2015.

Kim H, Suzuki T, Kim M, Kojima N, Yoshida Y, Hirano H, Saito K, Iwasa H, Shimada H, Hosoi E, Yoshida H. (所長室, 生活機能賦活研究部) Incidence and Predictors of Sarcopenia Onset in Community-Dwelling Elderly Japanese Women: 4-Year Follow-Up Study.
J Am Med Dir Assoc, 16(1): 85.e1-85.e8, 2015.

Doi T, Shimada H, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Suzuki T. (所長室, 生活機能賦活研究部)
Association of insulin-like growth factor-1 with mild cognitive impairment and slow gait speed.
Neurobiol Aging, 36: 942-947, 2015.

Arai Y, Zarit SH (長寿政策科学研究部)
Determining a cutoff score of caregiver burden for predicting depression among family caregivers in a large population-based sample. Int J Geriatr Psychiatry 2014; 29(12):1313-1315.

Toyoshima Y, Washio M, Miyabayashi I, Haruna S, Arai Y (長寿政策科学研究部)
Depression among family caregivers of the psychiatric patients with visiting nursing services in Japan. IMJ 2014; 21(5): 463-465.

Hatano K, Sekimata K, Yamada T, Abe J, Ito K, Ogawa M, Magata Y, Toyohara J, Ishiwata K, Biggio G, Serra M, Laquintana V, Denora N, Latrofa A, Trapani G, Liso G, Suzuki H, Sawada M, Nomura M, Toyama H. (脳機能画像診断開発部)
Radiosynthesis and in vivo evaluation of two imidazopyridineacetamides, [11C]CB184 and [ 11C]CB190, as a PET tracer for 18 kDa translocator protein: direct comparison with [ 11C](R)-PK11195.
Ann Nucl Med. 2015 Jan 24. [Epub ahead of print]

Ito K, Fukuyama H, Senda M, Ishii K, Maeda K, Yamamoto Y, Ouchi Y, Ishii K, Okumura A, Fujiwara K, Kato T, Arahata Y, Washimi Y, Mitsuyama Y, Meguro K, Ikeda M. (脳機能画像診断開発部,脳機能診療部)
Prediction of Outcomes in Mild Cognitive Impairment by Using 18F-FDG-PET: A Multicenter Study.
J Alzheimers Dis. 2015 Jan 7. [Epub ahead of print]

Akatsu H, Nagafuchi S, Kurihara R, Okuda K, Kanesaka T, Ogawa N, Kanematsu T, Takasugi S, Yamaji T, Takami M, Yamamoto T, Ohara H, Maruyama M (老化機構研究部)
Enhanced vaccination effect against influenza by prebiotics in elderly patients receiving enteral nutrition.
Geriatr Gerontol Int. 2015 Jan 22. doi: 10.1111/ggi.12454.

Tetsuji Yamada, Chia-Ching Chen, Chiyoe Murata, Hiroshi Hirai, Toshiyuki Ojima, Katsunori Kondo, Joseph R.  Harris III. (老年社会科学研究部)
Access Disparity and Health Inequality of the Elderly: Unmet Needs and Delayed Healthcare.
International Journal of Environmental Research and Public Health. In press

Hayakawa T, Iwai M, Aoki S, Takimoto K, Maruyama M, Maruyama W, Motoyama N (加齢健康脳科学研究部、老化機構研究部)
SIRT1 suppresses the senescence-associated secreatory phenotype through epigenetic gene regulation.
PLOS ONE 10 (1): e0116480, 2015.

Jin, C. , Washimi, Y, Yoshida, K., Hashizume, Y., and Yazawa, I.(バイオリソース研究室、病院)
Characterization of spheroids in hereditary diffuse leukoencephalopathy with axonal spheroids.
Journal of the Neurological Sciences 2015; 352: 74-78.【2015年9月17日更新】

総説, その他

Suzuki T,  Makizako H,  Doi T , Park P, Lee S,  Tsutsumimoto K , Umemura K , Maki Y , Shimada H. (所長室, 生活機能賦活研究部) 
Review Articles. Community-Based Intervention for Prevention of Dementia in Japan.
The Journal of Prevention of Alzheimer’s Disease (JPAD),  doi, org / 10. 14283 / jpad.2015. 42 (online ahead of print article)

幸篤武,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
サルコペニアの疫学II,サルコペニアの基礎と臨床.
最新医学,70:37-43,2015.

幸篤武,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
地域在住高齢者におけるサルコペニアの実態,サルコペニア 成因と対策.
別冊「医学のあゆみ」,:11-16,2015.

松下健二(口腔疾患研究部)
機能的口腔ケアのすすめ へるすあっぷ21 1:40, 2015

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
第10章 認知機能低下予防プログラム.
鈴木隆雄, 島田裕之, 大渕修一(監), 完全版 介護予防マニュアル, 株式会社法研, 東京, 2015, pp277-326.

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
アルツハイマー病の診断に関するSPECT,PETを評価対象とした多施設共同縦断的臨床研究
Medical Imagine Technology 2015:(33), 13-18【2015年5月8日更新】

書物等

 

講演等

学会・研究会等発表

柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
アルツハイマー病先制治療薬開発の背景
アルツハイマー病先制治療薬の創出 シンポジウム(専門者会議), 2015年1月17日, 名古屋市

Otsuka R, Kato Y, Nishita Y, Tange C, Nakamoto M, Tomida M, Imai , Ando F, Shimokata H, Suzuki T (NILS-LSA活用研究室,所長室)
Dietary diversity and 14-year decline in activities of daily living among middle-aged and elderly community dwellers.
第25回日本疫学会学術総会,2015年1月21日,名古屋市.

中本真理子,大塚礼,幸篤武,西田裕紀子,丹下智香子,富田真紀子,加藤友紀,安藤富士子,下方浩史,鈴木隆雄 (NILS-LSA活用研究室,所長室)
Gait speed and sway area predict decline in activities of daily living among middle-aged and elderly women.
第25回日本疫学会学術総会,2015年1月21日,名古屋市.

河合昭好 (治療薬探索研究部)
GAβを標的とする先制治療薬開発への取り組み
アルツハイマー病先制治療薬の創出 シンポジウム(専門者会議), 2015年1月17日, 名古屋市

Yamada A, Nakamura E, Sato N, Morita Y, Ito T, Sakai Y, Yamazaki K. (生活機能賦活研究部)
Postural Sway Response to Local Vibratory Stimulation in Young, Middle-aged and Elderly People in Standing Position.
International Conference on Artificial Life and Robotics, Oita, 2015.1.10-12.

Heng GJ, Wu CY, J Archer JA, Miyakoshi M, Nakai T, Chen SHA (長寿医療工学研究部)
Age-Related Changes In Functional Hemispheric Asymmetry And Default Mode Network: An FMRI Study,
2015 Magnetic Resonance in South East Asia Workshop #14, Jan 17-18 2015, Singapore

Liu H, Lim A, Miyakoshi M, Nakai T, Chen SHA (長寿医療工学研究部)
Investigating the Aging Effect on Neural Correlates of Auditory Semantic Processing in the Japanese Language using Functional Magnetic Resonance Imaging
2015 Magnetic Resonance in South East Asia Workshop #16, Jan 17-18 2015, Singapore

Nakai T, Kunimi M, Kiyama S, Tanaka A, Chen SHA (長寿医療工学研究部)
An Attempt of Correlating Behavioral Performance with Age-Related Changes in Resting State Network Activation,
2015 Magnetic Resonance in South East Asia Workshop #20, Jan 17-18 2015, Singapore

Kato T, Iwata K, Fujiwara K, Fukaya N, Inui Y, Ito K, Nakamura A, MULNIAD (脳機能画像診断開発部,放射線診療部), Longitudinal change of PiB accumulation with one year interval in Alzheimer’s disease, amnestic cognitive impairment, and cognitively normal subjects. 9th Human Amyloid Imaging, January 14-16 (15), 2015, Miami, Florida, United States

加藤隆司,岩田香織,藤原 謙,深谷直彦,乾 好貴,伊藤健吾,中村昭範,MULNIAD (脳機能画像診断開発部,放射線診療部),PiB PET皮質平均SUVR値の縦断的変化検出に関する検討.
日本核医学会第80回中部地方会,2015年1月31日,名古屋大学医学部鶴友会館,名古屋

乾 好貴,加藤隆司,深谷直彦,櫻井 孝,鷲見幸彦,新畑 豊,武田章敬,服部英幸,遠藤英俊,伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部,放射線診療部,脳機能診療部,もの忘れ外来部,精神診療部,内科総合診療部),
Probable DLBに対するDATイメージングの初期的検討.日本核医学会第80回中部地方会,2015年1月31日,名古屋大学医学部鶴友会館,名古屋

Yatsuya Hiroshi,Tamakoshi Koji,Li Yuanying,Ota Atsuhiro,Uemura Mayu,Wang Chaochen,Hilawa Esayas H,Otsuka Rei,Murata Chiyoe,Chiang Chifa,Zhang Yan,Toyoshima Hideaki,Aoyama Atsuko (NILS-LSA活用研究室,老年社会科学研究部)
The number of metabolic syndrome components is more strongly associated with coronary artery disease than stroke
第25回日本疫学会学術総会,2015年1月23日,名古屋市.

高島明彦(分子基盤研究部)
タウの基礎研究から試みる認知症治療薬開発
シンポジウム「アルツハイマー病先制治療薬の創出」, 名古屋市, 2015年1月17日

谷川隆久、川嶋修司、徳田治彦 (臨床検査部)
早期の卵巣機能不全、アルコール多飲による両側脛骨遠位端の骨壊死に対してテリパラチドにて加療した1例
第14回日本内分泌学会東海支部学術集会、 平成27年1月24日、 岐阜市文化産業交流センターじゅうろくプラザ、 岐阜. 【2015年3月12日更新】

講演など(教育、普及、広報活動)

鷲見幸彦 (副院長室)
「多職種で認知症を診るーサポート医の役割―」
平成26年度認知症サポート医フォローアップ研修,名古屋2015年1月10日

鷲見幸彦 (副院長室)
「認知症と高次脳機能障害」
名古屋大学医学部神経内科学講座,名古屋,2015年1月21日

鷲見幸彦 (副院長室)
「レビー小体型の診断と治療―レビー小体型認知症の人にどのように対応するかー」
第4回港区医師会認知症セミナー,名古屋,2015年1月23日

鷲見幸彦 (副院長室)
「レビー小体型の診断と治療―レビー小体型認知症の人にどのように対応するかー」
第5回東郷町認知症連携会,東郷町,2015年1月24日

鷲見幸彦 (副院長室)
病院で認知症を診るー多職種による対応―
認知症を知る講演会,安城市,2015年1月26日

鈴木隆雄 (所長室)
日本人の健康寿命の現状と課題.
きょうと健康長寿推進府民会議の会員を対象とした研修会, 2015年1月15日, 京都

鈴木隆雄 (所長室)
Health Promotion in Super-Aged Society-Prevention of Geriatric Syndrome in the Community-.
2015年1月21日, 静岡県

鈴木隆雄 (所長室)
いつか行く道-認知症・骨粗鬆症の予防で健康寿命-.
高齢社会をよくする女性の会.2015年1月24日, 新潟県

柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
認知症とは、認知症予防の可能性は
認知症の予防:発症を抑え、進行を抑えよう 市民公開講座, 2015年1月18日, 名古屋市

柳澤勝彦 (副所長室、認知症センター長室)
糖鎖から探るアルツハイマー病の成立ちと治療薬開発
神奈川科学技術アカデミー(KAST)教育研修講座, 2015年1月23日, 川崎市

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
栄養と長寿.
名古屋市介護予防研修会,2015年1月15日,名古屋市.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
めざせ、健康100歳.
岐南十六会講演会,2015年1月27日,岐阜市.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
めざせ、健康100歳.
海部南部地区商工会連絡協議会講演会,2015年1月28日,弥富市.

新飯田俊平 (バイオバンク)
「NCGGバイオバンクについて」
公開シンポジウム「バイオサイエンス名古屋2015~個別化医療の実現を目指して~」
2015年1月21日, 名古屋国際センター

近藤和泉 (自立支援開発研究部)
高齢者のフレイル(虚弱)と摂食嚥下の問題
摂食・嚥下障害看護認定看護師教育課程 平成26年度 フォローアップ研修
2015年1月8日,名古屋市

伊藤直樹(機能回復診療部)
新人教育プログラムの概要、理学療法と理論
平成26年度NPO法人愛知県理学療法学会学術局生涯学習部新人教育プログラム
2015年1月18日,名古屋市

谷本正智(機能回復診療部)
実践 脳卒中の理学療法のアプローチ
平成26年度名古屋ブロック研修会
2015年1月18日,名古屋市

中島美砂子 (再生歯科医療研究部)
「歯延命化をめざす歯髄再生実用化の隘路解消」シンポジウム
文部科学省 2015年1月23日, 東京

大島浩子 (在宅医療開発研究部)
基調講演:地域医療連携推進講演会-地域包括ケアに向けた現状と課題-.
2015年1月28日, 公益社団法人千葉県医師会地域医療総合支援センター.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
これからの認知症予防のスキーム―新たなコミュニティ創出による認知症の予防.
札幌医科大学保健医療学部講演会, 札幌, 2015年1月9日.

牧迫飛雄馬. (生活機能賦活研究部)
認知症予防のための運動の実践とその効果.
認知機能低下に対するリハビリテーションフォーラム, 札幌医科大学, 札幌, 2015年1月9日.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
認知症予防に対する新たなアプローチ~最先端の研究から~
ケアマネージャー、地域住民、入居施設の管理者、相談員、介護職員、機能訓練指導員等向け講演会, 東京, 2015年1月14日.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
認知症をくいとめるには~今日からはじめる認知症予防.
介護予防講演会, 横浜, 2015年1月16日.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
50歳からはじめる認知症予防.
ココロとカラダがよろこぶ健康レッスン, 大府, 2015年1月22日.

島田裕之. (生活機能賦活研究部)
認知症予防のための運動.
可児口腔保健講演会, 可児, 2015年1月25日.

牧迫飛雄馬. (生活機能賦活研究部)
自分でできる認知症予防―イスに座って簡単エクササイズ―.
SBS学苑静岡校講座, 静岡,  2015年1月31日.

中村昭範 (脳機能画像診断開発部)
市民公開講座「心を結ぶ笑顔:認知症の介護・リハビリにおけるその効能」
2015年1月18日,名古屋

赤津裕康 (老化機構研究部)
高齢者の特徴と在宅支援
名市大病院看護部 高齢者看護推進 プロジェクト 看護セミナー、 2015年1月20日、名古屋市

丸山光生 (老化機構研究部)
生体防御論
藤女子大学人間生活学部食物栄養学科、2015年1月23日、北海道

赤津裕康 (老化機構研究部)
拠点形成事業の進捗と展望
リサーチマインドを持った総合診療医の養成 第二回合同公開フォーラム セッション2、2015年1月30日、大阪市

第47回全国保健師活動研究集会、基調講演「経済優先の政策下で住民のくらしや健康はどうなるか」(老年社会科学研究部)

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)                
かかりつけ医認知症の会 講演「認知症診療のupdate」
2015年1月30日、北九州市 【2015年3月5日更新】

センター内活動(セミナー等)

 

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター